私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



超人バロム・1 (1972)

超人バロム1

さて、子供向けドラマ特集に突入したわけなんですけど、
そこで、少し前にBBSの方ではずれさんにリク戴いた
コイツをやってしまおうと思います。

マッハロッドで ブロロロロー ブロロロロー ブロロロロー!
ぶっ飛ばすんだ ギュンギュギュン
魔神ドルゲを ルーロルロロ
やっつけるんだ ズバババーン!


ワタクシは放送当時、まだ子供と言える年齢でしたけどね。
この歌詞には辟易致しました(苦笑)。
歌えない。馬鹿馬鹿しくて(苦笑)。
或る時、同級生の男子がこれを歌おうと言い出して、
思いっ切り本気で歌い出したんですが、その様子を見ていて、
コイツは本気でバカか?と思ったくらいです(苦笑)。
ワタクシが子供番組を蔑みの目で見だして少し離れたのも、
よくよく考えてみればこの辺りの経験が切っ掛けでした。
ずっと後年、ダウンタウンの松本が漫才のネタで、
やはりこの歌詞のあまりの知性の無さを憤ってましたけど、
ああ、やはり自分だけの感覚では無かったんだなあと思いました。
でも、四十過ぎた今なら平気で歌えるんですけどね(笑)。

主人公は頭のいい健太郎と喧嘩の強い猛という少年二人で、
彼らが正義のエージェント・コプーから授かったのが、
バロム1への変身能力とボップというアイテム。
宇宙で格闘を繰り広げてきた悪のドルゲと正義のコプーが地球に到来し、
ドルゲは地球上で悪の活動を始めたため、それに対抗する超人として
コプーは二人を抜擢、自らは倒れてしまうというのが物語の始まり。
コプーとかドルゲという語感が斬新で、どこか滑稽で、印象に残りました。
元はさいとうたかを原作の漫画なんですけど、
さいとうのこういう作品ってかなり特別で、おそらく唯一でしょうね。
それがテレビ企画となっていろいろと付け加えられていくんですけど、
とにかくTVスタッフは、仮面ライダーとはまた別のものを
という意識に苛まされながら作っていたようです。
怪人の名前が~ゲルゲで統一されているのもその一つですね。
しかし、いきなりフランケルゲって、ムリヤリだろとツッコミました(笑)。
少しするとアンモナイルゲという、更に上回る無理矢理ネーミングが(笑)。

この~ゲルゲ路線でライダーと別物を模索していたスタッフは、
人体モノでとうとう活路、本道を見出したわけです。
クチビルゲ、ノウゲルゲ、ウデゲルゲ… たしかにこの人体シリーズは、
見ていてグロさが際立つし、インパクトが強烈。
PDの平山亨も後年インタビューで、始めからあの路線にしてないと
と回顧しておりますが、これにて脱ライダーは果たせるかの活路が見えた
正にそのタイミングで、あのドルゲ事件が起きてしまうんですね。
日本のどこかに住むドイツ人少年ドルゲくんが学校で虐められると訴え、
なんと裁判所が放送中止勧告を出してしまったという事件。
これにより、まともであれば4クール52本制作されたであろう番組は、
35回という中途半端な回数でもって終了を余儀なくされたのでした。
しかしこんなこと言い出したら、日本人の名前の悪役って無数にいるし、
その名前だからからかわれてた子供だって無数にいるはずなんですよ。
ドイツ人だからって逆差別ですか?
って、今ならネットで祭りが起きていると思いますが(笑)、
当時は一般人が理不尽に感じても、それを発露する場は有りませんでした。

映像も結構目を惹いた描写が多くて、やはり子供二人が合体して
一つの超人になるという設定は、ごっこ遊びの対象になりましたね。
何かと言えばバロムクロスで友情を確認し合ったかと(笑)。
あと、バロム1になった後に二人が言い合う時に、
両目それぞれに二人が映るシーンも印象強いです。
あれ、特撮かと思ってたらああいう巨大セットを実際に作ってたんですね。
ボップも強烈だった。
手のひらに収まっているモノを放り投げたら、マッハロッドという
馬鹿デカイ車になっちゃう。なんでやねん(笑)。

そのボップには友情バロメーターも付いていて、5まで目盛りが有り、
数値が3以上でないと二人はバロム1に変身できない。
タイプが違う二人は何かにつけて言い争いとなり、そんな時、
「この時、二人の友情バロメーターはゼロを指していた」
というナレーションが流れ、バロメータが0を指す映像が使われました。
そうなるとバロム1の変身は解けちゃうし、人間状態の時は、
いくらバロムクロスをしても変身できず、ピンチとなります。
で、ピンチになると二人は反省しちゃって、「悪かった」と言い合い、
たちまちのうちに友情バロメーターが回復。
例のナレーションが流され(笑)、最高値のメーターの映像が映されて、
バロームクロス!で二人は変身というのがパターンでした。
友情ってそんな安易にメーターが振れるものなのか?(苦笑)
あと、主人公が小学生だから、怪人がやたらと子供を襲ってましたね。
ヤゴゲルゲのヤゴヤゴヤーゴの子守唄。これも松本がネタにしたっけ(笑)。

提供は、日テレ子供番組では毎度お馴染みの浅田飴、それにセイカノート。
たしかポピーもやっていたかと思います。
ボップのオモチャが出てましたもんね。ただ光るだけだけど(笑)。
セイカノートは勿論、バロム1がデザインされたやつを出してたんですけど、
浅田飴はどういう企業メリットを感じてたんだろう?(苦笑)
意地悪ばあさんが7時台に移って以降、長年ずっと
この時間帯で何か子供番組を提供し続けていたと思います。
咳・声・喉に、浅田飴。永六輔がやってましたけど、
透き通ってないあの声で、よく抜擢されたよなと不思議です(苦笑)。
ちなみに、バロム1バロム1書いてきましたけど、
タイトル画面では何故か小さい・が間に入っています。
細かい話ですみません(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
やっとわかる番組の番になりました
 最近の記事はマニアック過ぎでしたよ~。全くわかりませんでした。

 主題歌は擬音部分を抜かして
「マッハロッドでぶっ飛ばすんだ
魔神ドルゲをやっつけるんだ」
というだけの内容なんですよネ。でも2番は違うか‥‥。

 ドルゲ魔人はとにかくグロテスクなモチーフを目指していましたネ。
『仮面ライダー』のショッカーのような、初期の動植物モチーフの魔人にしたって、「オコゼ」「ナマコ」「ウミウシ」ですから。強さなんかどうでもよくって、不気味さが優先されていました。
 人体魔人では「ノウゲルゲ」「クビゲルゲ」「ヒャクメルゲ」あたりが最悪(つまり最も番組カラーが表れた)魔人ですかネ。

 薄っすらとした記憶で、今お騒がせの不二家がスポンサーだったような気がするのは、戦闘員の「アントマン」が「ノースキャロライナ」に似ているからでしょうか?
2007/01/14(日) 01:14:33 | URL | 自由人大佐
主観の問題
いけませんねー、大佐殿。
マニアたるもの、自ら客観性を意識しないと。
誰がどう見ても、すばらしい世界旅行の方がバロム1より知名度上です(笑)。
バロム1なんて、たしかに子供番組に詳しい人間ならけっこう知ってるんでしょうが、
一般的にはそんなに有名な番組じゃないと思いますよ(苦笑)。

それと、ここはテレビ番組全てを扱うブログなんで、
わからねーという番組はこれからも続々と出します。
世界でワタクシしか語らない番組。google検索独り占め(苦笑)。

不二家が提供のわけ有りません。
真裏じゃないですか、TBSの不二家枠の(笑)。
でも、そうそう。キャンディーに似てるんですよね。
だからアントマン?
2007/01/14(日) 01:27:18 | URL | ごいんきょ
きたよ~!
来た来たキタ~!
オイラはバロム1が大好きなんだ。
イカゲルゲの黒いタイツなんて最高!
キノコルゲの、セリフの最後に”ダス”って、大ちゃんみたいな方言が入るのも素敵っ!
とにかく、怪人のほとんどがダサダサでね♪
変身ヒーロー大好き変身ベスト3の一つさ。
1番はサナギマン、2番はバロム1、3番はXライダー(セットアップ編ね)。
それにしても、目の中でガキが2人で会話するシーン。
セットだったとは、驚きだ。
レトロだったんだなぁ。
アントマンの話も出てるけど、オイラの好みの戦闘員は、キカイダーの奴。
耳がでかかったような…。
それにしても、主題歌の評判が悪いなぁ…。
2007/01/14(日) 11:45:13 | URL | ハナユビ
あ、どっかでみたことあると思ったら
「金八先生」の第2シリーズの最初に、昔の教え子が出てくる話がありまして。
その昔の教え子役、どっかで見たことある~…と。
よくよく考えたら、「パロム1」の高野浩之でした。

関係者には申し訳ないんですが、学生になって、近現代史の中で“ゾルゲ”という名前が出てきて、とっさに“なんとかゲルゲ”が脳裏に…。
ゲル化剤なんて、食品表示見ても然り…。
2007/01/14(日) 14:23:09 | URL | 桃
さいとう氏の原作は
未見であるもののヒーローの容姿はデビルマンと同じく対する怪人と同じ風な感じでその作品とヒーローのスタイルがテレビ的に変更が加えられたという風である

そしてドルゲ魔人には人体や海洋生物の他に虫の幼虫覚えている限りではヤゴゲルゲや蓑虫のミノゲルゲとかも居てもし4クール前後オンエアされていたらどんな怪人が追加されていたのか残念でもある

でも元祖ライダーからの怪人の固定概念は後の戦隊シリーズとかで再三覆されているのだが
2007/01/14(日) 16:23:51 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
名鉄特急まで
ガッツィンガーさん。当時の名鉄はいろんな名前をつけた臨時特急を走らせてたんですが、その一つに「バロム1」号というのもあったんですよ。いかに子どもたちの心をとらえてたかですね。
 しかし当時放送してたのは名古屋テレビか中京がどっちでしょうね?抜け目のない名古屋テレビに1票。
2007/01/14(日) 22:03:12 | URL | かじか
いま二人の体は別々
● ハナユビさん
ブログ引っ越し、大変ですね。
FC2をお勧めしようと思ってたんですが、SeeSaaもたしかに高機能です。
レスポンスなど操作性まで含めれば、間違いなくFC2がダントツですけど。
機能もSeeSaaと同等以上ですしね。

うーん、大好きと言うだけあって、どれもいいネタだなあ(笑)。
ダスって…(笑)。

アントマンは大佐殿同様、ワタクシも不二家のノースキャロライナを見ると、
アントマンを連想しておりましたですね。
たしかキャロライン洋子ちゃんが宣伝してなかったかな?
名前から勝手に連想してるだけかな?

あの主題歌は破壊的革命的歌詞でしたよ(苦笑)。


● 桃さん
あ、金八に高野さん出てましたか。
高野さんはアニメリメイク版のバロム1にも出ていたり、
今でもバロム1関連はじめ消息が知られているんですが、
相方の子は消息不明とか書いてありましたですね。

ゾルゲ事件とドルゲ事件。日本史の暗部です(苦笑)。


● ガッツさん
デビルマンと同じというか、ワタクシはマグマ大使を連想しました。
もし原作通りのバロム1になっていたら、パイロット版マグマ大使のように、
きっと笑いモノになっていた可能性が高いと思います(笑)。

しばらくは人体シリーズ続ける気だったようですよ。
当初の怪人はライダーをやっているなと自嘲していたらしいですが、
あのシリーズは平山さんも会心だったようです。

ゴレンジャーもかなり逸脱してましたね(笑)。


● かじかさん
名鉄はそんな列車やってたんですか。
京急・東急はそんなの無かったなあ(笑)。
よみうり制作だから普通に中京じゃないんですか?
2007/01/15(月) 00:22:24 | URL | ごいんきょ
当時のNTV系はまず名古屋テレビ
あらら、ごいんきょさん。中京テレビが日本テレビ系列に一本化するのは昭和48(1973)年で、それまでは名古屋テレビがNTV系とNET系とでエエトコドリしてたんです。しかもNTV系メインで。ということは、名古屋テレビの目に狂いがなければ(笑)、バロム1は名古屋テレビが取ってたはずなんですよ。
 中京はおかげで業績がひどく低迷してたそうです(おまけに当時、唯一のUHFでしたし)。そこに東京12チャンネルが救いの手を差し伸べたため、NTV系になった後もテレビ愛知開局までは在名局の中では12chの番組が多いほうだったんですよ。ウィークエンダーのかわりにスポンサーつき大江戸捜査網というのもコレでしょうね。いま中京の送信所にテレビ愛知の送信所が同居してるのも、このときの名残りだといわれています。これも2011年までですけど。
2007/01/15(月) 10:23:01 | URL | かじか
やったぁぁぁ!!
バロムワンダァァァ!!
私の記憶に眠っていた名前が沢山で
嬉しく読ませていただきました。
バロムワンのキャラは沢山覚えてるのに、ゴレンジャーは覚えてない・・・
仮面ライダーもカードが山ほどあったのに覚えていない・・・
何が私の心を掴んだのかは未だに謎です。
それに、事件によって放送が終ってしまったなんて・・・
残りの放送してくんないかなぁ??
もっと凄いキャラが出ていたかも知んないのにぃぃ。
皆さんのコメントも興味深く読ませていただきました。
ごいんきょありがとう!!
他の皆さんもありがとう!
次は何をリクエストしようかなぁ。(笑)
2007/01/15(月) 16:07:44 | URL | はずれ
人体シリーズ
● かじかさん
詳しい解説ありがとう、地方局の鉄人(笑)。
得心しました。


● はずれさん
放送打ち切りと言っても、制作それ自体が打ち切りですから。
制作されたモノは一応全部流されたんですよ。
あの後はどんな魔神があったんでしょうね、そう言えば。
もっと凄いキャラって、シリゲルゲとか○○○ルゲって感じのヤツですか?(笑)
2007/01/16(火) 00:19:02 | URL | ごいんきょ
○○○ルゲ??
女の子にはわかんなぁ~いぃ!
ってことにしときます。
幾つも浮かんだ私はやっぱり
おばさんだわ!!
私の回答があってるのかが
少し気になるけれど・・・
2007/01/17(水) 09:57:32 | URL | はずれ
これこれ
オチを付けたつもりの部分にレスを付けるとグダグダになってまいまんがな。
お笑いの基本やで。
って、そんなの知らないですよね(笑)。
まあそれはともかく、この手のネタをほじくられても返しようがないですしぃ(笑)。

いくつも浮かびましたか。
どれ、おじさんに聞かせてごらん。
その口で言ってみてごらん。

なんて書きたくなってしまいましたが、
人格を疑われるのも不本意なんでやめておきます(苦笑)。
○○○ルゲだとキノコルゲとキャラかぶりだよなあ
なんて書かなくて良かった(笑)。

しかし、小学生レベルのレスしてるなあ、おで(苦笑)。
2007/01/18(木) 00:10:50 | URL | ごいんきょ
やっぱヤゴゲルゲでしょ
バロム1王道ですね(笑)
EDの♪行く手を遮る黒い影~というのと放送時間の関係でこの音楽を聴くと休みは終わり、学校へ行かなあかんという悲しみが渦巻いていました。
バロム1というとやっぱヤゴゲルゲでしょ。♪ヤゴヤゴヤゴの子守歌~子供心にしっかと残っています。大人になってDVD見たときも真っ先にチェックしたですよ。
2007/01/22(月) 22:20:50 | URL | 南 うなみ
ヤゴゲルゲの仕返し
南うなみさん。以前ナイトスクープでも、その歌を歌われて怖い思いをしたので、歌った兄に歌で仕返しをしてほしい、という依頼が来たことがありました。で、大学のグリークラブに歌わせたのですが、逆に笑えてしまうような仕上がりになってしまい果たせませんでした。
2007/01/22(月) 23:36:02 | URL | かじか
ヤゴヤゴヤーゴの子守歌
● うなみさん
ワタクシなんぞはやはり夕闇に包まれだす時間帯の笑点やサザエさんでしたね、その感覚。
あの歌はキョーレツですもんね(笑)。


● かじかさん
ナイトスクープでやりましたか。
でもダウンタウンもネタにしたくらいですけど、
当時から既に笑いの種だったけどなあ(苦笑)。
2007/01/23(火) 01:18:49 | URL | ごいんきょ
ドルゲ事件 元ネタおしえて!
日本のどこかに住むドイツ人少年ドルゲくんが学校で虐められると訴え、
>なんと裁判所が放送中止勧告を出してしまったという事件。
>これにより、まともであれば4クール52本制作されたであろう番組は、 35回という中途半端な回数でもって終了を余儀なくされたのでした。

これって、元ネタなんですか?
ごいんきょさんの独自の情報網?

てか、当時のドラマって、きっちりとクールで終わらない番組いくらでもあったし、バロム・1はもともと視聴率的に振るわなかったとか、ドルゲくんは主要因じゃないというのが関係者のインタビューでは定説ですが?

どうでもいいけど、裁判所の「放送中止勧告」って、まともな大人の常識では使わない言葉ですね。
裁判所は「勧告」なんてしませんよ。

ぜひ、元ネタ教えて下さい
2007/02/24(土) 10:58:52 | URL | たけちゃん
クロスファイル
超人バロム1クロスファイルという本で、
関係者が述べていたと記憶してるんですけどね。
放送中止勧告という言葉も、その本に載ってたと思いますよ。

>まともな大人の常識では使わない言葉ですね。
そういうご指摘をなさる割にはかなり主観が色濃い表現ですな。
誤りを指摘して下さるのは有り難いですし、
過去にも枚挙に暇ありませんが(笑)、
他人に喧嘩を売るような発言は削除させて戴きますので。
どうしてもそういう文言を混ぜないと論旨を述べられないのなら、
以後はメールの方でお願いします。
sammadaisensei@yahoo.co.jp
2007/02/24(土) 20:37:27 | URL | ごいんきょ
その本持ってるけど・・・
さすが、ごいんきょですね。
バロム・1といえば、クロスファイルですよね。オレももってます。
何頁でしたっけ、ドルゲくんの話。

いま読み返しているんですけど、見つけられなくって。

この本の●頁を読め!ってバシっと言ったらいいと思いますよ。
そしたら、文句言う人いなくなると思います。
2007/02/24(土) 20:43:01 | URL | ぽっくん
147ページですね
平山亨さんが語っているのですが、なるほど「勧告」という言葉は
ワタクシがこの記事本文を書く時に思いついた言葉のようですね。
平山さんは、『「放送するのをやめなさい」って裁判所には言われちゃうし』
ってインタビューに答えてます。
が、これも記憶の話をインタビューのその場で語っているのですから、
どの辺までが事実かというのは掴みづらいですけどね。

でもまあ、ワタクシは当時の空気から、概ね合点がいってます。
新聞でもかなり騒がれて社会的問題になっちゃいましたからね。
「事件がなければもっと放送は続いていたはずなんで」
とも語っておられますね。
2007/02/24(土) 21:06:09 | URL | ごいんきょ
小学生にして、当時の空気読むってさすが!
ありましたよ、ごいんきょ!
147頁、まぁ、平山プロデューサーですから、キチンと全文読むと、ごいんきょが引用したり、断言した表現より、よっぽどボカシテいて、裁判所云々も判決とかそういうのと違うみたいですね。
単に、ドルゲくん達が民事で訴えたから、普通に和解調停をしようとして、その中で裁判官が話した言葉に過ぎないんですよね。

はじめから、元ネタの引用を明らかにしていれば、余計なツッコミされなかったと思いました。

当時、小学低学年のごいんきょが「ワタクシは当時の空気から、概ね合点がいってます。新聞でもかなり騒がれて社会的問題になっちゃいましたからね。」なんて言うと、余計に突っ込まれますよ。

あと、「事件がなければもっと放送は続いていたはずなんで」とは言っていても、キチンと読めば、そのせいで”打ち切り”になったとは書いていませんね。
その本全部読んだら、当初2クールの予定ではじめて(それが当時の子供番組の定石らしいですよ)もう2クールの延長はダメだけど、後番組もないので、そのつなぎで3クールの途中まで番組作ったって、トーンで理解するのが妥当だとオレは思いましたよ。

突っ込んだ相手も礼儀知らずだけど、ごいんきょにも非があったなぁってのが、オレの感想です。
2007/02/24(土) 22:21:52 | URL | ぽっくん
いいかげん魔
記事の誤りの指摘は、ちっとも余計な事ではありません。
実際、過去にも何度もされていますしね。
明らかな間違いが有れば指摘して下さる事は、
それ自体は有り難い事です。
内容によりますがね(笑)。

ソースの提示については、ここは基本的に詳細にやるつもりはありません。
論文・論証サイトではないし、要望が有れば言える範囲では言いますが、
読んだ記事の記憶も多いので、必ずしも回答できるわけではないからです。
今回はたまたま覚えていて、本も手元に有りましたけどね。
そういう事も含めて、記憶で語っていると断っているわけです。

否も何も、はなから記事の内容は基本的にデタラメですと断ってますよ。
ここは百科事典サイトでも論証サイトでもなく、
一個人の記憶・思いを残しておくサイトです。
もしそこに誤謬が有っても、そういう誤解を抱いた人間がいた
という事実を残しておくのが目的であって、
真実を語る事が目的では有りません。
あとは、どうしてそういう誤解が生じたのかという検証は、
後世のやりたい人がやるでしょう。
2007/02/24(土) 23:06:34 | URL | ごいんきょ
バロムクロスごっこ
当時あまり観ていなかった番組ですが、後年(20才位の頃)バイト先で高野くんと一緒だったことがあり、バイト仲間でよく「バロ~ムクロス☆」と遊んでおりました。
あと「謎の転校生ごっこ」とかも(笑)
(↑それはちょっと嘘です)
2007/05/17(木) 12:53:52 | URL | えな
なんかいろんな人が来るブログだなあ(笑)。
なんで皆さんそんなに著名人と出会うんでしょう。
まあ、高野さんと一緒にその年代で働いていたら、
ワタクシも絶対にそれやってますけどね(笑)。
2007/05/18(金) 01:00:15 | URL | ごいんきょ
ちなみに
そのバイト先は、「Gメン75」の千葉裕氏のお店(洋風居酒屋&ライブ)でした。
アットホームというか何というか…厳しくも愉快な仲間達(従業員もお客様も)で構成された場所でした。
住宅地にあったそのお店は、地元の常連さん達と千葉ちゃん絡みのゲーノー人さん達で、夜毎賑わっていました~。
「Gメン」のセーラもしょっちゅう来てました。お手伝いに(笑)
高野くんとは仲良くしてもらいました(懐)
気さくすぎて、いいのか「バロムクロス☆」しても!?って思ってました(笑)
千葉ちゃんは、青春ものを地でいってくれてました♪
2007/05/18(金) 01:48:47 | URL | えな
へー、千葉さんの!
と言ってもすみません、存じ上げませんです(苦笑)。
でもなるほねー、そういうお店ですか。
元アイドル候補のえなさんならゲーノー人に混じっても遜色なかったでしょう。
2007/05/19(土) 02:46:53 | URL | ごいんきょ
むしかえすようで申し訳ありません。放送打ち切りとドルゲ君事件が関係あるとは知りませんでした。当時、新聞記事「魔人ドルゲは僕じゃない」でドルゲ幸(ゆき)君の写真も見た覚えがあります。彼ももう四十歳を超えてるんでしょうね。その後日本嫌いになったのかなあ。
アメリカの大統領選にゴアという名前が出ているのを見たときはびっくりしました。大統領になったら演説で My name is ゴアゴアゴアゴア とエコーをかけるのじゃないかと。つまらないネタですみません。
2008/02/14(木) 05:08:36 | URL | あぶもんもん
打ち切りと事件が関係ないとしてる人もいるんですね。驚きでした。
当時は39回予定だったようですからね。
明らかに途中打ち切りと思われるし、そんな偶然あるのかと(笑)。
関係者も、どうせ視聴率も大して高くないしと、嫌になっちゃったんでしょう。
因果関係がゼロだとする説には与しません。
そりゃ説明を求められれば、局関係者は当たり障りなく答えるでしょうが(笑)。

ドルゲくんもかわいそうと言えばかわいそうだけど、
べつに日本人でも、同じような状況のからかわれ方をした人って多いでしょうからね。
ちょっと大騒ぎしすぎだったと思います。
マイノリティの被害者意識も、行き過ぎないようにしないと逆に危険だと思います。

ゴアさんも、我々世代にはグッと来るネーミングですよね(笑)。
2008/02/15(金) 06:03:45 | URL | ごいんきょ
高野浩幸と言えば
ドルゲ問題については半ば都市伝説化していて、疑問視する意見もあるようです。
ドイツ人の名前で「ドルゲ」なんて聞いたことがないという人も。
http://hellobyebye.sblo.jp/article/13825155.html
ひょっとして、抗議してきたのは実は「ゾルゲ」さんだったりして?
・・・などと思っていたら、あぶもんもんのおっしゃる新聞記事の実物をupしているブログを発見。
http://blog-imgs-23.fc2.com/b/e/a/beatarai/barom07723-5.jpg
うーん、画像が小さくて正確なところが判りませんorz

高野浩幸と言えば『金八先生』は観ていなかったのですが、昔観た寺山修司の映画『田園に死す』の主役の少年が『バロム1』に出ていたあの高野浩幸だと後で知り、驚いたことがあります。
2011/10/17(月) 23:12:40 | URL | (ハンドル未記入)
すみません
Webネーム未記入で書き込んでしまいました。
上の書き込みは私です。
2011/10/17(月) 23:16:49 | URL | esme
あー、その記事、ワタクシも持ってます。
おそらく、ある同人誌から転載した物だと思いますけど。
なにしろ持っている資料も多種多様なんで、後から存在を思い出したりするんですよね。

その記事の内容で大事な事を箇条書きにしますと、

・ドルゲくん側が氏名権をタテに名前使用の差し止めの仮処分申請を行った
・戦う姿勢だった局側が折れて和解となった
・和解内容1 12月1日以降はドルゲの文字や音声は使わない
・和解内容2 10月15日から11月末までの放送ではドラマの前にフィクションの旨を明示する
・和解内容3 過去放映分などの再放映については2と同じ内容の断り書きを放映する

2で決まった文言は、「このドラマにでてくるドルゲはかくうのもので、じっさいのひととはかんけいありません」でした。
原告側は、ほぼ全面的にこちらの言い分が通ったと満足げ。
被告側である局は、「当初から11月いっぱいで打ち切る予定だったし…中略…和解に応じる事にした」
とコメントしており、ここで解釈がわかれるんでしょうね。
ただワタクシの解釈としては、局は当初かなり強行で、話し合いは7回にも及んでるんですね。
それは、こんな言い分を通すと、他のドラマ制作にも影響してくるわけです。
ユスリ・タカリの輩が増える事も容易に想像できますし。

だから当初から11月いっぱい云々は、「決してそちらの言い分を通して終了するわけではないよ」という方便なんだろうと思います。
だって本当にそうなら、7回も言い争う必要無いじゃないですか(笑)。
ちなみに仮処分申請は、和解の1ヶ月ほど前にすぎません。
そんな表向きのコメントを文言上だけで解釈しても意味無いんじゃないかな。
原告側が、言い分がほぼ全面的に通ったとコメントしてる事からも、
たけちゃんが言っていた「大人の常識」とやらが有れば判断できそうですけど。
ちなみに新聞見出しは「悪玉ドルゲ、童心に降参」「○君の言い分通る」と、大人の常識で表記してますね。
決して、「もうすぐ終了するので○君も納得」とは書いておりません。

あと、裁判沙汰になってしまったという事で、スポンサーサイドが難色を示した事も想像できるんですよ。
まして相手は子供ですしね。 子供番組のスポンサーであれば、おそらく間違いなく。
そんなこんなで、局内でも打ち切り論が主流になったっていうのが真相なんじゃないかな。
一人の人間が聞いた事あるだの無いだの言っても意味なくて(笑)、
現に裁判所が間に入っていたわけですし、偽名云々は論外でしょう。
ゾルゲかドルゲかについては、本人達がどのような日本語表記を選択したかに拠るのかもしれないです。
2011/10/18(火) 02:45:32 | URL | ごいんきょ
おお詳細ありがとうございます!
上にURLを貼った都市伝説の記事、伊集院光が語ってるとのことですが、調べてみると↓のようなことが真相のようで、むしろ伊集院の広めている説自体が「都市伝説」だったっぽいですね。

http://www.zetubou.com/nikki/2010/11/16/199.htm

以前から伊集院の語る雑学や蘊蓄には間違いや記憶違いが多いとは感じていましたが。
2011/10/18(火) 09:24:22 | URL | esme
ドルゲ幸くん
 esmeさん、ありがとうございました。なんか懐かしいのと、私が以前のコメントで
、うろ覚えで書いた記事の見出しが合っていたのでホッとしました。
 ドルゲ幸くんは左斜めにうつむいた写真だと思っていましたが、記憶違いでした。
 たしか「魔神ドルゲは僕じゃない」という
記事の中には、ドイツ語で「ドルゲ」というのは意味がある
単語ではなくただの人名だと書いてありました。それと、ドルゲ幸くんもこの番組が好きで毎週見ているのに、
と書かれていて、かわいそうだなと思った記憶があります。
2011/10/18(火) 13:28:27 | URL | あぶもんもん
>あぶもんもんさん

こんばんは、レスありがとうございます。
コメ欄を読み返してみて、蒸し返すべき話題じゃなかったかな?と後で焦りましたが、ごいんきょさんが丁寧に説明してくださって有り難かったです。
2011/10/18(火) 20:27:02 | URL | esme
● esmeさん
そんな話よりも、第七の男を見たいなあとまず思いました(笑)。
主題歌は鹿内孝さんだったかと思います。

で、すみません。
請求開始が和解の一ヶ月前というのは勇み足で、
あくまで最初の報道がその頃というにとどまります。
そしてそこで局側は、ドルゲの名前を変えるのは無理。
そんな事をしていたらドラマなんてできないとコメントしてます。
そして、実際にドラマそのものをやめてしまったわけです。
これが物凄い人気番組だったなら、悪の首領を替えるなりしてでも続けたんでしょうが、
やや健闘しているというだけで、そこまでして続ける意味も見出せなかったんでしょうね。


● あぶさん
かわいそうではありますが、そういうかわいそうな子は古今東西、きっと溢れてますからね。
大久保清さんなんか、怒りの持って行き場が無い分、はるかに可哀想なわけですが。
学校側できちんと対処してあげれば当時なら収まった問題だと思ってます。
本人たちやマスコミ含めて、ちょっと騒ぎ過ぎだったんじゃないかな。
おかげで、数十年経ってもこうして扱われてしまうわけで。
2011/10/24(月) 00:18:26 | URL | ごいんきょ
ポーギ
初めまして、こんばんは
大分昔のレスですが、載せたままということは、管理人さんの考えが今も変わらないと考え、意見させていただきます。
管理人さんが上の方で、最初から自分が間違ってる可能性があると書いているから、私には非はないと言ってますが、それはどうかと…
もちろん、記憶違いは誰にでもあるでしょうし、仕方がないと思いますが、それは他の人が言うことであって、自分で開き直ってしまうのは問題があると思います。
インターネット上では不特定多数の人間が見ているわけですから、情報の正確性というのは大事ですしね。

すぐ↑の「騒ぎすぎたんじゃないかな」という点に対しては同意です。
まぁ、日本人とドイツ人では考え方に対して違いが出るのかも知れませんし、灰皿の上のボヤを消す際、コップの水で消すよりも、バケツの水で消したほうが確実で良い方法なのかも知れませんが…
2012/03/14(水) 21:18:01 | URL | (ハンドル未記入)
↑失敬
タイトルとネームを間違えました。
2012/03/14(水) 21:19:20 | URL | ポーギ

はじめまして。
真面目に書いてらっしゃるのでいろいろ書こうかとも思いましたが、
基本、当サイトを理解されていない方に一から説明するのはいろいろ難しいのでやめました。
ご意見をご意見として掲載しておきます。
どうしても説明をご希望でしたら、メールにてお願いします。


このサイトをご覧の方にくれぐれも念を押してお願いしたいのは、
ここは記憶語りに誤謬、錯誤、錯綜が含まれる事は織り込み済みで、
そういう事を気にせず書いて下さって大丈夫な場所です。
ここはコメント欄も含めて全ての文責を管理人である当方で負っております。

大事な事なのでもう一度書きますが、
ここは情報の正確さが大事な場所では有りません。
どうか気軽にご記憶を教えて下さい。
2012/03/14(水) 22:27:11 | URL | ごいんきょ
高野浩行さん
NHK少年ドラマシリーズ、謎の転校生の人ですよね?今、民放の深夜ドラマで謎の転校生を放送中ですが、高野浩行さん、主人公の父役で出演されてるらしいですよ。私は観てませんが。σ^_^;
2014/02/09(日) 19:13:32 | URL | ろみたん
あー、そうですね。ワタクシは見てませんでしたが。
ほお。またドラマ化されてるんですか。
いいですねえ、父親役というのは。
2014/02/10(月) 01:43:50 | URL | ごいんきょ
バロム・1のボディの色
ヒューマンのコメントで書きましたが、東海地方では当時仮面ライダーが日曜19:00からの放送で、ライダーとバロム・1が連続して放送するという、子供にとってはまさに夢のような時間でした。(ちなみにどちらも名古屋テレビです)

ところで、これは私の記憶違いかもしれませんが、バロム・1のボディ(腹から下の部分)の色って緑色でしたけど、中盤のほんの一時期だけ黄色に変わったような気がするんですが...。
なにしろ子供の頃の記憶なんで、勘違いかもしれませんが、いまだに気になってます。(どうでもいい事なんですけどね)

あとマッハロッドの後ろに風車がついていたと思うんですけど、大人になってから友人と「あんなもんつけたら、スピード出ないよなあ」と突っ込んでいました。(実際はどうなのかわかりませんが)


2014/06/27(金) 05:26:15 | URL | でんちゅう
バロムワン
バロムワンの左目に入っている人と右目に入っている人がバロムワンの中で言い合いを始めてしまって、バロムワンの動きまでがチャカチャカとおかしくなってしまった回を覚えています。(笑)
2014/06/28(土) 14:04:29 | URL | kyoko
● でんちゅうさん
へえ。地方事情にはちょくちょく驚かされます。
でも関東だって、ライダー&キカイダー&デビルマンが連続していたのだから負けませんけどね(笑)。
色はさすがに覚えてませんが。
あの風車はブレーキ用なんです、多分(笑)。


● kyokoさん
そうそう。両目の中に二人がいるんですよね。
なんか寸法が合いませんが(笑)。
喧嘩になると変身が解かれてしまったかと。
2014/07/03(木) 06:55:40 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
マ~ッハロッドでブロロロロォ、ブロロロロォ、ブロロロロォ~! やばいっ。 オイラはまっちゃう、この泣く子も黙る超人バロム1っ。 昭和40年代後半だぞぉ~。 オイラこういう、弱点抱えたヒーローに惹かれる傾向があるなっ。 なんてったってコイツ、2人の
2007/01/14(日) 11:26:31 | 1965’s 盛り上がりの夜空に☆
 「スカパー!」の「東映チャンネル」で先日放映していたのをたまたま見てみた。 「バロム・1」は、子供の頃何度も何度も再放送されていたので、強く印象に残っている。 「クチビルゲ」など、同世代の男子なら、知らない者はいないだろう。「ヤゴゲルゲの子守歌」とか・
2007/04/30(月) 22:57:00 | トラッシュボックス
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ