昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



タイム・トラベラー (1972)

連続ドラマタイムトラベラー

ワタクシはドラママニア、特撮マニア、アニメマニア、
そのどれでもないし、その全てでもあります(笑)。
ワタクシはテレビマニアなんですよ。
そしてここは、全ジャンルのテレビ番組、
そして有名無名の隔てなく、なるべく多くの番組を扱うブログです。
むしろ、無名の番組ほど、それを覚えている人が出てきてくれると
こういう企画をやって良かったなと思うんです。
今、カテゴリ別の特集をやっていて、今後また、報道番組とか
音楽番組の特集になった際、知らねーよというのも多々出てくるでしょう。
そういう時は、黙ってスルー(笑)。
毎日更新と思わずに、月一更新ブログと思っていれば腹も立たないでしょう。

さて、只今は子供向けドラマを特集しております。
これとかアニメカテゴリの番組は、実はやっているワタクシの方は、
気乗りが薄い方のジャンルなのです。
だって、他で多くの人がいっぱい語っちゃってるからね。
まあそれでも、ワタクシしか書き得ない情報をなるたけ書く様にして、
当記事の差別化を図ってはおりますが。
ともあれ、わりと一般ウケしやすいカテゴリだとは思います。
今回はそんなジャンルから、このブログの初期に複数の方にリク戴いた、
NHK少年ドラマシリーズのタイム・トラベラーをやる事にしました。
その時も回答したんですが、当時ワタクシは観ていなかったんですね。
それと、語っている人がいやというほどいるという事で、
慌てて書く気が起こらないと返答させて戴いたんですが。
実際、このシリーズに関しましては、独自の情報は何も有りません。
ですがまあ、全番組踏破を究極目標にしておりますので、
陳腐な記事になるのも厭わず、いつかはやらねばならないのでありました。
まあ、単に個人の感想文の類ですが、無意味でもないでしょう。
リクへの応答がかなり時間を隔ててて申し訳ないんですが、
時を駆けるブロガーという事でご容赦願います。
よーわからん表現で煙に巻きつつ(笑)、始めます。

1803年3月24日。
今の、茨城県の海岸に、なんとも奇妙な形の船が流れ着き、
調べてみると、誰も見た事がないような
おかしな服装の女が一人乗っていたと言います。
この事は、天保年間、江戸で出版された梅の塵という本に記録され、
挿絵には、まるで空飛ぶ円盤のような形の船が描いてあります。
その船はなんだったのか? 宇宙船だったのでしょうか?
それとも、もしかしたらタイムマシーンではなかったのか?
とすれば、中に乗っていた女というのは………、
時間の流れを飛び越える事が出来る人間、タイムトラベラーが、
今にも、たった今にも姿を現すかもしれません。
しかも、あなたの身近な所へ……


ギィ~ッという古めかしい音で扉が開くと、暗闇で顔の見えぬ
一人の男がこちらを向いて椅子に腰掛けており、
毎回毎回違ったエピソードで、摩訶不思議な余韻を残す導入部が、
あの城達也の深みのある声で語られて始まっておりました。
ツカミからしてテレビの前の少年達を鷲掴みにする演出。
これぞあの、伝説の名番組、タイム・トラベラーであります。
ワタクシは少年ドラマシリーズはリアルタイムでは見ておらず、
凄かったという噂は方々で散々聞かされていたものの、
マスターテープは書き換えてしまったという話も知っておりましたから、
絶対に再見は出来ず、見ていた人たちの話を聞かされて終わるのだろうと
ずっとずっと思っておりました。が、事態は20世紀末、激変します。
簡潔に言えば、本当に信じられない事に、この番組を録画・保存してた人が
現れ、NHKがそのテープの再生に成功したのでありました。
これはもう、アーカイブでも流されておりますし、多くの方がご覧でしょう。
ソフト化もされ、ワタクシはそれを観てのこの記事であります。

単刀直入に言えば、やはり多くの人が賞賛するだけのモノであるなと。
いや、もっと言えば、あの時代として考えずとも、今だって、
これだけ視聴者を惹き付ける子供向けドラマが有るのでしょうか?
ワタクシはつくづく唸ったものです。
特撮も、当時の作品として、そしてNHKのスタジオVTRドラマとして、
まさかここまで表現できていたとは全く思っていませんでした。
話の方も、全6回と決まっていて話を過剰に膨らます必要が無いので、
演出に無駄が無く、まったく飽きずに見終わってしまいました。
名前だけは異常に有名なタレント、顔だけは非常に見栄えするアイドル、
そんなのは一人も出ていないのに、これだけ面白く作れ、
何十年も評価の覆らぬ作品を作れるという事を、
今のテレビ人にもう少し考えて欲しいなとも思いましたが、
システム的にもう後戻りはできないので、
なんらかのアクシデントが無いと、テレビが己を取り戻す日は来ないでしょう。
今また、テレビ東京の大株主として、
会社は株主の物とほざく大金持ち様が君臨あそばしていらっしゃいます(笑)。
テレビ局が営利追求企業となってしまっている以上、
この言に反論できる業界人なんていやしないはずなのです。

ストーリーは、中学三年生の芳山和子が、理科室でラベンダーの香りを嗅ぎ、
それから何故か時間を行ったり来たりするようになってしまい、
そこから始まるSF的ストーリーで、筒井康隆の原作として有名です。
謎めいた同級生・深町くんは、そんな和子の状況を解説して見せますが、
何故そんな事を知っているのかという事に関しては、
今はまだ言えないと口ごもるだけなのでありました。
結論を言ってしまえば、この深町くんは未来人ケン・ソゴルで、
最後は和子の協力もあって未来へと帰る事が出来るのですが、
なんとか独力で未来に帰還するための薬を調合していたところ、
和子が反応してしまってタイムトラベラーになったという話でした。

物語が進み、ケンは未来人である事を現代の人々に告白するのですが、
未来に戻る際、全ての人からケンに関する全ての記憶を消す事を告げます。
この、ケンの記憶が消えてしまうという事を巡っての、
ケンと和子の想いが、とても麗しく表現された佳篇でした。
ベタベタした恋愛感情ではなく、かと言って、通り一遍の友人でもない、
複雑な状況での複雑な関係がもたらす複雑な感情が、
とても慎ましやかに、されど確かな輪郭を持って表現されている、
一テレビドラマとして観ても、紛う方無き傑作です。
こういう作品を少年少女期にリアルタイムで観る事が出来、
記憶の中に宝物としてお持ちの方々は、とても幸運な人だと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
確かに、
今のTV業界に学ぶべき点があるドラマですね。

私は浅野真弓さん(当時は違う芸名だったと思います)
に憧れ(またか・・・)見ておりましたが。

この後の「謎の転校生」「その花を見るな」(その街を消せでしたか)「幕末未来人」と少年の心を揺さぶる名作を送り出してくれました。
2007/01/15(月) 08:53:15 | URL | nenkorhoads
少年ドラマシリーズ
ですよね。
今はほとんど、まずキャスティングありきですからね。
おかげで、いつでもどこでも似たような顔ぶれ。
もっとハッキリ言えば、なんでもかんでもジャニタレばかりでうんざりです。
彼らにはもちろん罪は無いんですが。

浅野真弓さんの雰囲気がまた、このドラマに品性をプラスしてますよね。
このシリーズをご覧だった方が羨ましいです。
2007/01/15(月) 23:42:44 | URL | ごいんきょ
私も好きでした。
男性は木下清さんでしたか?
印象に残ってます。
原作が読みたくて探したら当時は絶版でした。
「七瀬ふたたび」もこのシリーズでしたっけ?
2007/02/01(木) 14:59:10 | URL | chanan
七瀬ふたたび
そうですね。
ケン・ソゴル役は木下清さんのようですが、
何か他にやってましたっけ?

七瀬ふたたびもこの枠ですね。
2007/02/02(金) 00:50:41 | URL | ごいんきょ
木下清さん
そういえば他のドラマとか記憶にないですね。
2007/02/02(金) 23:57:48 | URL | chanan
http://www.threeweb.ad.jp/~elephant/tuiseki/h/k2.html
ここでその後が報告されてますね。
2007/02/03(土) 06:47:48 | URL | ごいんきょ
かなりたくさん見てました
NHKドラマシリーズ、私はかなりたくさん見てました。

タイムトラベラー、七瀬ふたたび、nenkorhoadsさんが挙げている3本(2本目は確か、その街を消せ、が正しいと思います)の他に、夕映え作戦、赤外音楽、未来からの挑戦、赤い月、というのを覚えています。

夕映え作戦は確か山田隆夫が主役で、他にもずうとるびメンバーが出てたような気がします。
夕映え作戦と幕末未来人はともに武士の時代へ行くので、実は私の記憶は少し混同している気もしますが。
確か、幕末未来人は沖田総司が出てきて、主人公(2人いたと思いますが)のうち一人が、歴史年表から判断すると、未だ沖田は死なないはずだといって、誰だったか忘れましたが強い剣客を倒してもらうようお願いしたら、その最中に沖田が咳き込んでしまったことで逆に切られ、死んでしまう、というシーンが記憶に残っています。

夕映え作戦は、確か大きなビニールを張った向こう側から敵(侍)に、ここまでおいでー!みたいなことを言って、切りかかってきたのをビニールで巻いてしまって捕まえる、というシーンが記憶に残っています。

赤外音楽というのは確か、犬笛で使っているような、通常人間には聞こえない周波数の音を聴くことができる人間だけを集めて、どーのこーの、というものだったと記憶しています。

未来からの挑戦は、薬師丸ひろ子主演で映画にもなった、狙われた学園、が原作じゃなかったかな?でもこれらはまったく内容が違ってたような気もするなぁ。記憶が定かじゃないけど。

赤い月はタイトルぐらいしか覚えてません。誰かに内容を教えてもらうと、そうそう!見たいな感じで思い出すかもしれませんけど。

これらのSFやサスペンス系以外に、比較的ほのぼのとした学園ドラマっぽいのもありましたね。私の記憶の中ではこれらもNHKドラマシリーズだったことになってますけど、もしかしたら違うシリーズだったかな?
覚えているものとしては、確か原牧子という女の子が主役のドラマがあって、仲の良い男の子がこの女の子へ送るつもりで、M.Hさんへ愛を込めて、とかいうくだりで学内放送に曲をリクエストしたつもりだったら、間違えて、H.Mさんへ愛を込めて、と流されてしまい、学内にH.Mのイニシャルは松本浜子という女の子一人しかいなくて、その子が勘違いをしてどーのこーの、とかいう話があったような。ドラマのタイトルは忘れましたけど。

その他にも、断片的に覚えているものはいろいろとありますけど、あまり自信がありません。
どなたか記憶をたどって書いていただけると、それをヒントに思い出しそうな気もしますが、今までのコメント状況からすると難しそうですね。
2007/05/14(月) 06:29:15 | URL | わんぱくフリッパー
山田隆夫さんはNHKと繋がり深いですからね。
幕末未来人では沖田総司さんが斬られちゃうんですか?
それは歴史と大きく違いますね(苦笑)。
色々と記憶を綴ってもらって助かります。
ビデオが残ってないシリーズも多いようですから、こういう証言で残す他ないですからね。
少年ドラマシリーズは内容にかなり幅が有ったようです。
ほのぼの系もコミカルなものも有ったと思いますよ。
今までのコメント状況というと、コメントが少ないという事かな(笑)。
まあ、コアな人気が有るシリーズなので、よそでも大きなサイトが有りますからね。
2007/05/15(火) 06:30:36 | URL | ごいんきょ
「続・タイムトラベラー」
「タイムトラベラー」、実に懐かしい番組ですね。と思ってごいんきょの書かれたストーリーを読んでいたら、あれ?何か私の記憶してたストーリーと全然違うぞ、おかしいな、と思ってネットで調べてみたら、私が観てたのは「続・タイムトラベラー」の方で、「タイムトラベラー」は観てないことが下記のサイトで分かりました。配役、放映日など詳しい情報もこちらに載っていました。

http://www.h2.dion.ne.jp/~tinei/nhk.html

Wikipediaにも、「タイムトラベラー」は取り上げられていても続編の方は取り上げられていませんでしたので、私の観た、「続・タイムトラベラー」について、皆さんにぜひ教えて頂きたいことが数々あります。

ストーリーなのですが、まるでケン・ソゴルに記憶の一部を消されてしまった(?)かのごとく、何とも断片的なものになってしまっているんです。

27世紀から、なぜかケン・ソゴルは21世紀に戻って来てるんです(これも違ってますか?)。そして砂漠の中に秘密基地を作って、そこにやって来た和子にこう説明します。「この基地は砂漠の中に造られてて、外から見ただけでは全く分からないようになってるんだ」

そんなもん、目視で分かんなくてもレーダーや衛星に捕捉されて簡単に発見されるわい、と今なら突っ込み入れたくなりますが、小学生だった当時は何の疑いもなく思わず納得してました。

ところで一旦未来に戻った筈のケンがなぜまた過去にやって来たのでしょうか?これが第一の疑問です。私の断片的な記憶では、未来人のうち何人かが「時間のひずみ」(この言葉も懐かしい!)に迷い込んだのか何だか忘れましたが、とにかく20世紀に行ってしまったので連れ戻しに来た、というようなことをケンが和子に説明してたような気がするんですが、でも本当のところ、何しに来たんでしょうか?

次に、最初に2人が行った所が昭和42年の東京のとある病院。なんでこれを覚えているかというと、ここで和子が看護婦さんに「今何年ですか?」ときいたからです。病院といってもとってもシンプルで、廊下に「内科」「外科」とあってそれぞれの方向の矢印だけが書かれてるだけのもの。で、和子が看護婦さんに本名と自宅の電話番号を告げ、確かめてもらうと、確かにそういう名前の子はいるが小学校5年生だとの答え。その後、看護婦さんに怪しまれたのか、ケンと和子の2人が看護婦さん達に追っかけられるんですが、なんでここで追っかけっこが始まっちゃったのかがよく分からないんです。

それと、ここで探し人に出会えたのかどうかが分かりません。どうも病院での追っかけっこばっかり記憶にあるもんですから。

次に2人が行ったのは、昭和32年の東京。和子の自宅のすぐ近くらしいことは、ケンが後で調べて分かりますが、ポンポン船の音や、波止場特有の警笛、海鳥の鳴き声などが聞こえてくるのは、まだこの頃の東京は埋め立てられていなくて、東京湾が都心のすぐ近くにあったことを示していたのだと思います(ドラマでは海のシーンはなくて音のみ)。

ここで2人は探し人に会うことができたのですが、住んでいる場所がアパートのあるはずのない部屋。部屋番号までは記憶にありませんが、例えば201~204号室までしかないアパートなら205号室に住んでいる、という意味です。

で、ケンは彼を27世紀に連れて帰ろうとするんですが、なぜか彼はここが気に入ったらしく、帰りたくないと言う。ケンは戻るよう説得しますが、それでも彼は首を縦に振らない。ケンが何しに過去にやって来たのかが私には全く覚えがありませんから、なんでここがいい、残りたいと言っている27世紀人を無理矢理連れ戻そうとしたのかも全く分かりません。

それとこれは小学生だった当時思った疑問ですが、和子は、昭和32年の時、「今何年だなんてきいたら頭がおかしいって思われるからきけない」とひとりごつ場面があるんですが、昭和42年の時は他人(看護婦さん)に自分の行った年をきいたんですから、きけばいいのに、と思いました。

最後は昭和47年。場所は覚えていませんが、どこかの地方の海辺の一軒家のような記憶があります。そこでカレンダーに昭和47年とあるのを見つけた和子が「昭和47年!やったわ!帰れたんだわ!」と叫んで周りの人から変な目で見られます。ただ、たしかこの話の時に、この家の中にものすごい「時間のひずみ」が襲ってきて(?)、ケンと和子がそれに押しつぶされそうになって床を這っていたような記憶があるんですが、これは一体どういう現象だったんでしょう?

最終回ではたしか和子は21世紀の秘密基地にいて、そこで基地が発見され攻撃を受けてしまいます。彼女は昭和47年でなくそのままその時代に残ったような記憶がおぼろげなからあるんですが、これも記憶としては定かではありません。

私の記憶があまりに断片的で、これでは一体全体何の話なんだか分からないと思います。どなたか分かり易く、「続・タイムトラベラー」のストーリーを解説して頂き、私の疑問を解き明かして下さいませんでしょうか?
2007/12/22(土) 14:35:51 | URL | espoir
随分たくさん書いて戴いてありがとうございます。
続タイムトラベラーとタイムトラベラーについては、音声は全て残っていて、
少年ドラマアンソロジーIというDVDに収録されています。
映像も正の最終回や他の番組が収録されていて、
結構なお買い得品だと思いますよ。
ワタクシも持っていたのですが、つい先だって、
金に困ってオークションで捌いてしまいました(笑)。
2007/12/23(日) 13:04:34 | URL | ごいんきょ
音だけのDVD、ですか?!
ごいんきょさま、こんばんは!

>随分たくさん書いて戴いてありがとうございます。

ええ、まずこの番組がすごく懐かしかったこと、それでもってこの番組
について書ける「場」があったのが嬉しかったこと(嬉しいとつい長々と書いてしまうのは私の悪い癖でして…(^^ゞ)、あとはなぜか正編のストーリーについてはネットで見つかったのに、私がかじりつくように観ていた続編についてはネットのどこをどうやって探しても全く見つからなかったので、それで既に断片的になってしまった記憶を手掛かりに、どなたかご存知の方がいらしたら、私の記憶の点と点とが、東京駅の横須賀線13番線ホームから4分間だけ「あさかぜ」の見える「線」へと繋げて頂けないものか、と思ったのは、前回書いた通りです。

最早中年の仲間入りをしてしまった私ですが、ほんの少しでも、空想科学少年だったあの頃(?)に、ほんの一瞬だけタイムリープできるのがこのブログの素晴らしいところだと思っておりますので。(^_^)v

>続タイムトラベラーとタイムトラベラーについては、音声は全て残っていて、
>少年ドラマアンソロジーIというDVDに収録されています。

おっ、音声だけ残っていて、それがDVDになってるんですか?!それじゃまるでテレビでラジオ聴いてるみたいですね。(^_^;)

>映像も正の最終回や他の番組が収録されていて、
結構なお買い得品だと思いますよ。

ウーン((+_+))。それがお買い得と思うかどうかは個人の価値判断の問題だと思われますが、その部分だけしか映像がないというのは、これはあくまでも私の個人的な考えですが、買いたいとは思いませんねぇ。(>_<)

確かにネットで検索しているとアマゾンなどで販売されているようですが、中身が見れないので手を出しませんでした。

ただ、ごいんきょの書かれていた、ビデオが正編・最終回分しか残っていないという事実は、TBSのテレビ探偵団やNHKの番組でも以前やっていたのを観たことがありますので、知ってはいましたけれど……。

ごいんきょさま、大変貴重な情報をご提供下さって、どうもありがとうございました。<(_ _)>

まあ、どなたか続編のストーリーを私よりも詳しく憶えてらっしゃる方のご登場を、ここで気長に待つことに致しましょう。(^^♪
2007/12/25(火) 22:36:52 | URL | espoir
少年ドラマアンソロジーIは、タイムトラベラーの最終回と、
明日への追跡の1,9,最終回を収録した物で、
音声についてはあくまでオマケです。
しかしオマケとしては、ファンにとっては最上の物でしょう。
全話というのがいいですね。
そもそも存在自体が幻だったものですので、
その辺での思い入れ度が大きく左右すると思われます。

テレビ探偵団の頃は、タイムトラベラーの映像は残っていないという状態でした。
1話でもいいから残っていて欲しいというのがファンの夢でしたし、
まさか残っているだろう作品でもないとワタクシも思っていたので、
その映像が見つかったという事は、
昭和テレビファンのワタクシにとってすら、
ただごとではない有り難さなのです。
2007/12/26(水) 00:10:52 | URL | ごいんきょ
もう一話
こんにちは、タイムトラベラーの映像はNHKにもう一度観たい番組の投稿がありましたがアナウンサーの方がNHKにも映像が残っていないと回答していた番組を電気店の息子さんが店に展示してあったレコーダーに保存していたのを思い出して局側へ連絡しビデオ出版化にこぎつけたそうです。話によると、もう一話 録画されているそうなのでこちらも何かの機会に見せてもらいたいです。ただ夜の番組(大人の)も録画されていた為、その方は見せたくないと言われていました。ちなみに私は当時テープレコーダーに音声だけ録音していた一人です。
2007/12/29(土) 23:10:00 | URL | トラ
そうなんですね。
その話を聞いた時、ワタクシは本当に神の存在を信じたくなりましたが(笑)。
有り得ないんですよ、本来。
この番組が残されているなんて。
当時はネット上で探索活動している人達を見ましたが、
NHKで公募したら一発で見つかったんですね。
つくづく地上波テレビの影響力を思い知らされます。
それにしてももう一話あるというのは初耳です。
なんで収録しなかったんだろう?

昭和テレビマニアとしては、その夜の番組の方も非常に気になります。
既にバックアップは出来ているのでしょうか?
ぜひ見てみたいものです。

音声収録していた人はそんなにいたんですね。
それだけ鮮烈な印象を与えた番組だったんでしょう。
実際の映像を見て、それまで伝えられていた神話が
決して過大表現でなかったと知ることができて、本当に良かったです。
そしてつくづく、当時の映像を消してしまったテレビ関係者は罪深いと思います。
2007/12/30(日) 09:00:04 | URL | ごいんきょ
続タイムトラベラー
こんばんは、続タイムトラベラーのストーリーですが脚本家の石山透さんが25~27年ほど前に番組のシナリオをそのまま本にして出版しています。たぶん中古本市場を探せば出てくると思います。
正、続の写真入りでです。私は当時購入しましたが、残念な事に紛失してしまいました。

『どてらい男』も同時代でビデオテープの単価が非常の高かった為、残されていませんね。フィルムだったら残っていたかも

2007/12/30(日) 22:15:22 | URL | トラ
ああ、有りましたね、タイムトラベラーの脚本本。
テープが高価だったというのが当時の関係者の言い訳ですが、
どう考えても一からの制作費の方がはるかに高いわけで、
それはコストの問題よりも日本人の文化に対する意識の方が、
はるかに大きく関わっている問題だと思います。
2007/12/31(月) 01:51:08 | URL | ごいんきょ
「続・タイムトラベラー」ストーリー
「続・タイムトラベラー」のオンエアー当時、未だ小6のガキんちょだったにも関わらず、ヒロイン役の島田順子さんにポッとTV越しに一目ぼれしていた淡い思い出があったりします。。
当時、TVシリーズのオンエア後に出版された石山徹さんの本を買って何度も読み返していました。。^^;
#残念ながら、本はもはや実家にも残っていないと思いますが(。。)

>まあ、どなたか続編のストーリーを私よりも詳しく憶えてらっしゃる方のご登場を、
>
結構、ストーリー展開が悲劇的で、アンハッピーエンドな結末だった覚えがあります。

私も少々記憶があいまいながら、覚えている範囲で。
(微妙に間違ってたらごめんなさい)

1.続編は、タイムトラベル薬を完成させたケンが、27世紀から21世紀への時間跳躍実験を実施した後話。という設定でスタートする。
2.時間跳躍実験の被験者は3名(ブラド、レム、ロック)。しかし、薬のミスか事故で被験者は21世紀に到着できず、20世紀後半に遭難してしまう。
3.27世紀人は2001年の砂漠の真ん中に基地を設営して捜査を開始する。(で、和子が遭難者の捜索を手伝う羽目になる。。)
4-1.病院でブラドと会う。が、遭難した時の影響か薬の副作用で急速な老化現象が起きていた。
(確か、老化を止めようとして病院の薬局から薬泥棒をしていたような^^;)
4-2.ブラドは和子と会えたが、21世紀への最後のタイムトラベル中に力尽きる。和子に看取られて「時間のひずみ」の中で老衰死。
5-1.レムは、昭和32年の東京のアパートに隠れ住んでいた。
5-2.レムは27世紀で娘(レリ)と死別していた。20世紀で、偶然、レリと瓜ふたつの女の子(タマエ)に遭遇し、親子として一緒に生活していた。確か、タマエが昭和32年に死別していた父親もレムと瓜ふたつだった。とか言うこじつけ的設定だったような。。。
5-3.ケンがレムを説得して、21世紀の基地に一度出頭して残留意思を表明する様に仕向ける。(しかし、ケンはレムに大して騙し討ちを食らわす)
5-4.レムは21世紀の基地で逮捕され27世紀へ強制送還。(20世紀の記憶は送還時に消去されてしまう。)
6.3人目のロックは海辺の別荘に立寄ったが「エネルギー装置」かを置いて行ったまま行方知れず。
7.ロックの捜索中に、21世紀人がタイムトラベル基地を発見して一方的に攻撃を仕掛けて来る。(21世紀人は基地をエイリアンの地球侵略円盤基地だと思い込んでしまう。)
##ちなみに、エイリアンだと思い込んで基地を一方的に攻撃した2001年の人間(中年)って私とほぼ同世代人って事になるんですが。。(^w^;)
8.和子とケンは海辺の別荘から、21世紀の基地にいったん帰還する。
9.しかし、基地が21世紀人の攻撃で破壊されそうな危機的状態となり、ロックの捜査中止が決定。
10.ケン達27世紀人は自分達の世界(27世紀)に帰還。
11.和子も20世紀の自分の世界に戻り・・・ケンとの冒険の記憶は忘却の彼方へ・・・。
2008/01/03(木) 02:45:54 | URL | 1963年生まれのオジサン
Fw::「続・タイムトラベラー」ストーリー

>当時、TVシリーズのオンエア後に出版された石山徹さんの本を買っ

石山透さん の誤記でした。すみません。
2008/01/03(木) 02:56:00 | URL | 1963年生まれのオジサン
Fw2::「続・タイムトラベラー」ストーリー
後で見たら、もう1つ誤記(それも重大な、、)がありました。追記訂正。

>「続・タイムトラベラー」のオンエアー当時、未だ小6のガキんちょだったにも関わらず、ヒロイン役の島田順子さんに
>

島田淳子さんですね。 
#初恋(かなあ~ ^^;。)の女性の名前を間違えるとは。。OTL

今思い返すと、
「続・タイムトラベラー」のストーリーのバックグラウンドには、当時の社会問題にたいする問題提起も(視聴していたティーンエイジャーの子供たちを意図して)織り込まれていたのかも知れませんね。。
#公害、交通事故、戦争、核兵器&人類滅亡兵器、etc
2008/01/03(木) 21:27:18 | URL | (ハンドル未記入)
リメイク嫌いのワタクシだったら、きっと当時ガッカリしていたであろう続編(笑)。
生粋のタイムトラベラーファンの皆さんは、拍手喝采だったんでしょうか。
ずいぶんと長い投稿をありがとうございます。
espoirさんもきっとお喜びでしょう。
2008/01/03(木) 22:25:13 | URL | ごいんきょ
ありました
タイムトラベラーのストーリー本、倉庫の奥に発見しました。『1984年2月29日弟1刷発行 タイムトラベラー 石山透著 大和書房より』最後の場面は『さなよえるインド人の秘密』10人ぐらいのインド人の後姿に和子が『ロック』と大声で叫びロックであるかどうかを確認する。しかしインド人は否定し『私たちの舟は時間のひずみに入ってしまいました。それ以来、こうして歩き続けています。でもどこにも出口はない。今まで大勢の人に会いました。ロックという人がいてラジオを、そうですこの位の……それを……』朝 目覚めた和子は大きくのびをし壁のカレンダーを見て『あらいやだ、今日は日曜だったっけ』ナレーションが『……そしてケン・ソゴルについての記憶はもうなにも残っていないのでしょうか?』まだ続編が作られるのではと当時思っていました。

冒頭のナレーションに使われている不思議な話は後日、実際にあった話を語っている事がわかりました。

それにしても良く人物名まで覚えていましたね。
2008/01/03(木) 22:52:27 | URL | トラ
これはこれは、結構なお手間を。
それにしても、和子というのは正編のヒロインですよね。
あの二人が別れる時に、記憶が消えるのにもう逢えなくなるというのが、
物語を盛り上げる大変重要な事だったわけで、
それが実は、ケンが逢おうと思えばいつでも逢えるのであれば、
あの正編の感動が消えてしまう気がするんですけどねえ。
ワタクシは、だからリメイク物が嫌いなんですが、
当時の多くのファンは、単純に続編が作られた喜びの方が大きかったのかなあ。
2008/01/06(日) 04:22:10 | URL | ごいんきょ
奈良岡江里さん
この番組を見たのは小六の時でした。ケン・ソゴルが歴史のテストに「ナポレオンとヒットラーが戦った」と書いてクラス中に笑われ、「中世の歴史は苦手で…」と言ってまた笑われる場面がありましたが、当時の私にはどうして可笑しいのか分かりませんでした。ナポレオンもヒットラーも名前を知ってるだけで、中世の人かどうかさえ知りませんでした。
この番組は幸い六回とも全部見て、本当に面白かったです。あまり面白かったので、後続の「満員御礼」が全然つまらなくても「いつか面白くなるんじゃないか」と思って結局最後まで見て、しかも尚メゲずに少年ドラマシリーズはたいてい見たほどでした。すべてタイム・トラベラーの御威光ですね。
面白いドラマは色々ありましたが、出演者を特に覚えているのは「ぼくがぼくであること」。歌のサビは今でも歌えます。奈良岡江里ちゃんに萌えていました。
主人公の少年との再会シーンで「子供のドラマではこのへんのシーンはさらりと流す」笑いました。
私は80年代に新聞の広告で再会しました。当時はエアロビクス・インストラクターをされていたようです。レオタード姿の写真に、小さく名前が出ていました。面影は…あるような無いような。
柳葉敏郎がやはり番組放映以来ずっと彼女のファンで、後に念願叶って会えたと言う話を聞き、有名人はいいなーと悔しかったですね。
2008/05/09(金) 00:54:54 | URL | あぶもんもん
ヒトラーを中世の人と言ってる部分も笑われているんですね。
再会シーンは続タイムトラベラーでのナレーションでしょうか。
すると二人は再開時にキスでもしたんですかね。
ケンに関する記憶は消えているはずなのに。
2008/05/09(金) 07:03:31 | URL | ごいんきょ
再会シーン
上に書いた再会シーンというのは、少年ドラマシリーズ「ぼくがぼくであること」の中のものです。勝手に別のドラマに話題を変えておきながら、そのうえ説明も足りませんでした。毎度ながら自己中心コメントですみません。
尻拭いしておくと、主人公の少年(12歳)が今で言うプチ家出をして、人里離れたところで二人暮ししているお爺さんと少女・夏代(奈良岡江里さん)に会います。少年は一旦家に帰りますが、また家出してきて夏代と再会します。で、嬉しそうに走り寄る二人ですが、抱き合うといっても相手の肩に手を置く距離で再会を喜びます。で、少年の声のナレーションで「子供のドラマではこのへんのところはサラッとしている」。

タイム・トラベラーの方のエピソードは、ちょうど芳山和子がケン・ソゴルの身上を怪しみ始めたところで、先生がケン・ソゴルの答案を読み上げてクラス中がどっと笑う中、訝しげな顔をする芳山和子の心の声「中世?? ヒットラーが中世??」が響いていました。

タイム・トラベラー、ぼくがぼくであること、ひょっこりひょうたん島・・・これらの失われてしまった名作を思う時、私は「昔の人ももう一度明治大正の三代目小さんや圓朝が聴きたかったろうな、九代目團十郎が見たかったろうな」と思って慰めることにしています。
2008/05/10(土) 00:29:14 | URL | あぶもんもん
ああ、そうですか、わかりました。

失われた名作については、当時既に残す選択肢が有ったにも関わらず、
些少な経費節減のために文化財を消してしまった意識が問題なわけで、
それはキッチリと指摘しておかないと、今後も似たような過ちを繰り返しかねませんからね。
2008/05/10(土) 07:08:50 | URL | ごいんきょ
番宣
たしか・・・第一回放映の前に、あるいはシリーズ放映中に、番宣があったような気がします。私が第一回から見ることができたのは、たまたま番宣を見たからだったように思います。
どんな番宣だったかは覚えていません。城達也のオープニングと同じような映像だった気もするし、ハイライトシーンだったような気もします。
タイム・トラベラーの後続番組「満員御礼」の番宣は何となく覚えています。写真スタジオの中、桂小金治演じる写真屋のカメラのそばか前に子供たちがいて、全員で「満員御礼~」と叫んでいました。
さらにその後の、NHKでやっていた少年ドラマシリーズや海外少年ドラマには必ず印象的な番宣がついていたと思います。コロンボにもありました。
番組そのものすら消されてしまった作品について、番宣がまた見たいなどと思っても夢のまた夢ですね。
2008/05/16(金) 00:51:11 | URL | あぶもんもん
NHKはまめに番宣やりますから、有ったんでしょうね。
番宣でもフィルムで作られているものも有って、
ふしぎな少年なんかは、手塚治虫氏自ら出演している映像が残っています。
2008/05/17(土) 07:12:50 | URL | ごいんきょ
トンカツ
自分でもいやになるくらい細かい断片ばかり覚えていて、特に食い物関係は異様に覚えているんですが、少年ドラマシリーズの一つで、両親が家にいないか離婚したかで、小学から中学ぐらいの女の子がおばあちゃんの家でトンカツを食べる場面がありました。料理自体はあまり映らないんですが美味しそうで・・・肝心のドラマは覚えていません。こういう視聴者ばかりだったら、ドラマを作る人も張り合いがないだろうな・・・
2008/06/04(水) 20:59:03 | URL | あぶもんもん
トンカツがご馳走の時代も有ったんですよね。
肉屋で買うものと言えばコロッケだけ。
そんな時代が我が家も長かったです。
もっとも、揚げたてのコロッケは美味かったですがね。
2008/06/07(土) 23:59:53 | URL | ごいんきょ
いもフライ 白い石の秘密
トンカツはご馳走です! コロッケもご馳走です!(笑) でもたしかに昭和45年頃の川柳で「夕ご飯 罐詰、コロッケ いつもこれ」(五七五の最初の字を拾って読むと「ゆかい」)というのがありましたし、もっと前はコロッケの歌もありましたから、安くて簡単なお惣菜の代名詞ですね。栃木県には「いもフライ」というおやつも売ってました。串に刺したジャガイモのフライにソースをかけて十円。使い回した油の匂いがたまらなくいいんです。あれで育った私は、フライドポテトなんてキザなもの食べる気しません。

少年ドラマシリーズの時間帯に、海外物もやってました。スウェーデンの「白い石の秘密」などは好きでした。番宣も美しかったです。アメリカ版少年探偵団もの(73年頃放映)とか、77年頃のナンシー・ドルーなども好きでした。あと、イギリスかどこかの話で、身寄りのない男の子がたった一人の親族である金持ちのおじいさんに引き取られて・・・というのがありましたが、タイトルが思い出せません。そのおじいさんは、私が今までテレビや映画で見た中で一番美しくナイフとフォークを使う人だったと記憶しています。
2008/06/09(月) 20:19:24 | URL | あぶもんもん
海外ドラマもやってたんですか。
ナンシー・ドルーって、何しとるから取ってるんですかね。
違うか(笑)。
2008/06/12(木) 01:34:13 | URL | ごいんきょ
ナンシー・ドルー
原作はもう80年近く続いているアメリカの素人少女探偵ものらしいです。昭和52年頃、土曜6時台にNHKで放映していたのは、同じくロングセラーの少年兄弟探偵もの「ハーディー・ボーイズ」と代わりばんこにやってたシリーズで、たまに両方の主人公(ハーディー兄弟とナンシー)が一緒に出たりしていたと思います。野郎の方はどうでもよかったんですが、ナンシー役がポセイドン・アドベンチャーにちょっと出ていたパメラ・スー・マーティンで、好みのタイプなので見ていました。吹き替えの高島雅羅も良かったです。
野球の応援(かっとばせ~○○○、××倒せ~)の音楽、途中の「ラ、ララソファソ」という部分を聞くと、ナンシー・ドルーのテーマ音楽を思い出します。
2008/06/17(火) 01:23:32 | URL | あぶもんもん
向こうでは犯罪捜査の探偵って一般的なんでしょうかね?
なんかそんな作品が多い感じなので。
2008/06/19(木) 00:53:30 | URL | ごいんきょ
木下清さん
続タイムトラベラーでの木下清さんに恋しちゃいました、当時の私は。
小学校低学年でしたが「将来子供が生まれたら絶対清かケンと言う名前にする」とまで考えていました。(現実には女の子だったんで叶いませんでしたが)
最終回間近だったか?室内の壁に胎児のシルエットが映りグルグル回るシーンが今も忘れられません。
2009/02/22(日) 22:12:13 | URL | 緑のおばさん
あらー。女の子らしいカワイイ妄想ですね(笑)。
シーンの描写は、映像が現存しない今では記憶語りが貴重です。
2009/02/23(月) 21:08:24 | URL | ごいんきょ
残念
あの胎児のシーンは現存しないんですかー。
残念です。
ようつべでも探してみたんですが、見つからないわけですねぇ。
2009/02/23(月) 21:32:26 | URL | 緑のおばさん
続タイムトラベラーに関しては、音声は全てソフト化されてますが、
映像は今のところ一つも発見されていないと思います。

2009/02/23(月) 21:44:08 | URL | ごいんきょ
秘密の白い石
 以前のコメントに「白い石の秘密」と書いてしまいましたが、よく考えたら逆さまでした。
 OP は植え込みの葉にキラキラ陽がさしている前で北欧の子供(少年と少女?)が白い石を手渡していて、ピアノのメロディー
 ラどファラ レ、レ、レ ファラレファ ドーミファー (平仮名は上の音階です)
という(ちょっと不正確です)のが流れていました。
 ほかにもう一度聞きたい番組のメロディーはいくつかありますが、次の曲など番組名も思い出せなくて困っています。
 ラーソーファー れー (2回)
 ラーソーファーミー どー ソーファーミーレー
 ピアノ曲ですが、上の音階の「れー」は弾き方が特殊だった(和音を使っていた?)気がします。もしかしたら「小さな目撃者(Torino Nera)」というイタリア映画かもしれませんが、その映画の情報もまったくわからないので確認できません。
 
2010/05/21(金) 00:55:06 | URL | あぶもんもん
ワタクシはこのシリーズ見てなかったのでまったくわかりませんが。
ピンと来た方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加下さい。
2010/05/28(金) 04:56:36 | URL | ごいんきょ
秘密の白い石 小さな目撃者
 自己解決しました。YouTube に、den vita stenen で検索すると TV シリーズ「秘密の白い石」、torino nera で検索すると映画「小さな目撃者」がアップされています。「小さな目撃者」のテーマ曲はパート1の2分15秒ぐらいから流れています。「秘密の白い石」はスウェーデンの TV シリーズ全13話(各話30分)だそうで、タイム・トラベラーの翌年に制作。YouTube には同じ人が初めの6話分くらいをアップしています。こんなに綺麗に残っているなんて・・・タメ息。
2012/03/10(土) 06:48:55 | URL | あぶもんもん
しかし、海外ドラマも流していた枠とは知りませんでした。
日本の連中が作っていたらこれも残ってなかったでしょうね。
2012/03/14(水) 23:02:22 | URL | ごいんきょ
消耗品?
正編オンエアしたらかなりの人気で、再放映。だから続編も制作。つまり人気番組だったのは局側も十分承知していて、その上で消去。
いやはや何たる事でしょう。
人気が出た作品ならフィルム化もできたでしょうに。つまり少年向けSFはその程度の認識だったという事なのでしょうか…。
2012/12/12(水) 00:58:04 | URL | まりん
まあ第一には、著作権法の絡みも有ったんですよね。
でも、そんなものは幾らでも働きかけが出来たはずで、根本的には、
当時の制作者側に残そうという意識が、絶望的に希薄だったのです。
2012/12/16(日) 20:40:40 | URL | ごいんきょ
なつかしひ・・・
少年ドラマシリーズ! 見ていたはずですが、ほとんど忘れています。しかし、印象に残ったのは「なぞの転校生」「地獄の才能」ですか。なぞ転のヒロインの女の子が大好きでした。
2013/06/27(木) 08:28:35 | URL | さいたう
昭和48年だったと思います
 アメリカのハイスクール仲良しグループが犯罪事件を解決するシリーズがありました。
 第1話は麻薬の受け渡しか何かの情報をたまたまキャッチして(電話の混戦だったか?)・・・という話。麻薬バイヤーの声優はわかりませんが、妙にうわずった声で
「受け渡しの場所はいつものタイラントキングのところがいいなぁ」
 実はこのシーン、番宣で何度も見ていて、ティラノサウルスのことじゃないのかと思っていたら、ホントにそうでした。
 番組では「タイラントキング」の謎が解けなくて、大人達は頭から信じないけど、高校生だけに「そうだ! もしや暴君竜のことでは?」と遂に謎を解き、博物館の骨格標本の前に全員で急行という展開でした。
 英語では「タイラント」という言葉を普通に使うから秘密の暗号にもなるんでしょうけど、日本語では「タイラント」も「暴君」も日常の言葉ではないから、暴君竜ティラノサウルスであることがバレバレなんですね。例によって番宣は加賀美アナだったような・・・私の頭の中ではNHKの番宣はぜんぶ加賀美アナになってしまうんですが。
 それにしても麻薬(だったと思う。盗品かも)の取引やらマフィアやらを相手に高校生グループが立ち向かうというのは、五人と一匹とは世界が全然ちがうなーと思って見ていた記憶があります。今考えるとかえって危ない設定ですね。昔はアメリカものどかだったようです。
 で、その高校生グループというのはコンピュータークラブか何かのメンバーで、高校の一室にパソコン(という言葉はまだ無かったけど)が何台もあり、それを駆使して(まだグーグルもウィキも無かったけど)事件解決に挑む、しかも町なかの移動は、記憶が正しければスケートボードだったような・・・当時のアメリカの最新の若者風俗だったんだと思います。遠い世界の物語でした。
2013/07/01(月) 21:42:00 | URL | あぶもんもん
↑「ロンドン大追跡」でした。
 ためしに tyrant king で YouTube で検索してみたら一発でヒットしました。バレバレの「タイラントキング」が原題だとは思いませんでした。で、いもづる式に邦題と、やはり昭和48年(少年ドラマシリーズの割と初期)だったことが判明しました。タイムトラベラーは残ってないのに、このシリーズや「秘密の白い石」は本国で残っているとは・・・
 ようつべにあるのは一昨年出たDVDの宣伝で、物語の発端シーンが見られます。電話の混戦ではなくて、幽霊屋敷を探検に行ったら悪者の隠れ家かなにかで、悪者が電話してるのを盗み聞きしたようです。
 当時の私にとって外国はみな一緒でしたから知りませんでしたが、イギリスだったんですね。てことはブツの受け渡しは大英博物館のティラノサウルス前?? ギャングにとってもあまりいい場所とは思えませんが。だって捜査員が観光客に交じっていても分からないし、人が多すぎます。40年前は空いてたんでしょうか。
 私の記憶にあるスケートボードも少し怪しくなってきました。なにか日本では見慣れない移動手段を使っていたとは思うんですが。あるいは別の少年推理ものとゴッチャになってるでしょうか。
 それにしても何ともタイムリーと言うか、「悪いヤツを捕まえるためなら電話を盗み聞きしたっていいじゃん」精神が40年前に、少年ドラマに現れていたとは。
2013/07/03(水) 20:39:30 | URL | あぶもんもん
● さいたうさん
なぞの転校生はソフトでも見ましたし有名ですが、地獄の才能というのはあまり聞かないですね。
どんなドラマだったのでしょう。


● あぶさん
ロンドンが舞台だけど、登場人物はアメリカ人なんですね。
タイラントってティラノの事だったのか。
怪獣とかの名前でも使われてました。
2013/11/19(火) 20:40:06 | URL | ごいんきょ
名作
この作品は、強烈な印象を残した名作でしたね。ラベンダーって植物を初めて知って、浅野真弓(当時は確か島田順子)さんを好きになって。私の同級生が大ファンでファンレターを書いてたけど、返事は来たのかなー?
あまりの人気のために、NHKは続編を作りましたが、あれはいただけませんでしたね。まあ、とりあえず、和子とケンが再開できたことくらいかな、よかったのは。
世間的には「時をかける少女」と言えば、原田知世さんなんでしょうが、私らの代では、浅野真弓さんなんですよね、やっぱり。
少し前に仲里依沙さん主演で「ときかけ」ありましたが、その中で、1970代の和子を石橋杏奈さんが演じてましたが、これは浅野真弓さんを彷彿させる演技で、われわれ世代を密かによろこばせましたね。

2014/08/14(木) 11:04:08 | URL | みのモンタナ
ああ、時をかける少女って言われると、あの破壊的音声が頭の中に蘇ってくるなあ(苦笑)。
角川もきちんとした歌手に歌わせて欲しかった、。
演技もアレだったし、日本ならではって感じですかね、原田知世さんに人気が出たのは。
実力が有ると評価されないという、摩訶不思議な国です。今でも。

続編で再会したのは良かったですか。
ワタクシ、当時を見てないので言う資格も無いんでしょうが、
あれはあのまま終わった方が作品としては正解だったように思います。
2014/08/15(金) 07:37:35 | URL | ごいんきょ
なぜこの作品が?
この作品は視てませんが、少年ドラマシリーズはよく見てました。
SF以外では「兎の眼」とか、この掲示板でも扱ってほしいですね。
2015/01/28(水) 22:32:35 | URL | (ハンドル未記入)
何故と言いますか、非常に有名ですからねえ。
ワタクシがソフトで見て感動したというのが直接の理由ですけど。
残っていたという事にも感動しましたが。

『少年ドラマ』に関してなら酷いスレ違いでもないと思いますので、
何かございましたら是非ここに書いて戴きたいですね。
2015/02/01(日) 05:39:51 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶
拝啓 ごいんきょ様や古くからの条件様に混じり書かせていただく事に感謝いたします。この「タイムトラベラー始めNHKの少ドラは全て観て」おりました。中には幾つか記録してもありますが、ここで思う事は「現在の様な銭金かけ放題、絢爛豪華なやりてぇ放題」でしたら我々には何の感動も記憶も無いだろうと。あの当時の「安い予算、セコイセット、狭いスタジオ収録」と言う限界点の中でもがきながら生み出されていたからこそ、つまり一種の開き直りから生まれたのだろうと。只大変残念なのは当時の制作上層部の「映像音声の保管、二次利用、歴史的価値の概念」が全て欠如していた事。また当時の製作者側も「テレビはその場で消えうせる物、その一瞬に命をかける」なんてぇ聞いた様な馬鹿な事を言う者も多かった。これは確かに「当時の未熟な技術に演技、若かりし頃の若気の至り、あまりほじくられたくない昔の古傷」もあるには在るでしょうね。しかし良く考えて欲しい。当時の視聴者さんなりお客さんたちは「その未熟な技術や芸に、高い受信料や対価を黙って払ってくれていた」と言う事実を。今になって未熟な芸だの技術だの、著作権や隣接権を盾にとった傲慢無礼な暴論でしか無いと。だったら当時の視聴者や客に対して銭金返せと。出来るか?そんな事?
しかも一番我々が腹がたつのは、「素材が存在するのに何かの障壁障害で出ねぇ出せねぇ」と。こういうとんでも無ぇ作品に限って裏でこっそり仲間内で楽しんでいる奴らがいたとしたら?腹がたちますよね。今日の様なネットの時代とは、確かに賛否両論ありましょう。権利者にしてみれば「ハラワタが煮えくり返る思い」でしょう。しかし貴重な映像音声がアップされている事、誰でも見られる事、例えダウンロードできなくとも観る事だけは出来る事」素晴らしいではないですか。またごいんきょ様のこのような自由活発な議論の場を提供して下さる度量の深さに、感謝しています。かつてNHK番組で「正倉院の宝物が盗まれたのか何だか?一般人の手に渡っていた事」を取材した番組があった。この中で当人は「こういう物を手に入れられる者には何かそういう見えない何かがあったのだろう、そういう立場に居たのだろう」と。例えば?某フィルムやテープが外部に流出するなんてぇ事は、現代でもあることであり、特に遥か以前の適当な時代、今日の様な二次利用や個人アーカイブス等が夢だった時代、何をかいわんやでしょう?世の中は双方証拠が無ければ推定無罪なのですから。おそらくはこれらNHKの少ドラについて、まだまだ何処かに隠されている作品は必ずあるはず。ビデオテープは保管さえ良ければ数十年は無事だが、そろそろやばくなってきています。もう一度「文化とは何なのか、後世に価値を引き継ぐと言う事の意味、そして個人の利害や一私企業の思惑、著作権だの何だのの機械的な障壁」等は何の意味も持たないということを解らなくてはならないと、思うのです。
敬具
2017/03/20(月) 10:17:54 | URL | よしたかくん
少年ドラマシリーズ
このシリーズでは1番印象に残ったのは「未来からの挑戦」で主題歌を歌っていた人はまず素人だったと思います。また「ねらわれた学園」の本を読んでいると「栄光塾」や「高見沢みちる」などが出てきてドラマを思い出しました。(「ねらわれた学園より」と書いてありましたっけ。)この主題歌は歌いたくなることがあります。
 冷たいしぶきに声上げて
 はだしで波を追っている
 まだ春知らぬ冬の渚
 憧れに胸は高鳴る・・・
ここから先は忘れてしまいましたがあまりの音痴が脳に焼き付いています。

2017/03/21(火) 11:36:59 | URL | クッキーモンスター
● よしたかくん
絶対に現存してないだろうと思われたのに、最終回が見つかった聞いた時には、
本当に奇跡だと思いましたがね。
NHKはYouTubeでも、当時音声とかを殺しまくってます。
ま、NHKに限らずほとんど全てのテレビ局がやっているでしょうけど。
徹底的に根絶やしにしないと気が済まないようですね。


● クッキーモンスターさん
陶山寿雄さんですか。
プロの方のようですが。
名人級の上手さではないですね、たしかに(苦笑)。
2017/03/23(木) 07:09:59 | URL | ごいんきょ
マリコで
和子とケンのふたりがまた「マリコ」で共演していました。冒頭でストーブをひっくり返し小火騒ぎを起こすとふたりが不良をかばうシーンが印象深く感じました。
2017/03/23(木) 09:27:29 | URL | クッキーモンスター
これですね。
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010264_00000
現在の所、動画で見る事が出来ます。
2017/03/27(月) 00:26:30 | URL | (ハンドル未記入)
その後の追跡調査 他
拝啓 その後の追跡調査についてご報告いたします。此処でDVD化するために過去映像を見聴き点検しておりまして、主役の「木下清さん浅野真弓さん等のほか番組映像」を見ました。特に「木下清さん」は、東映のボディーガード等にも出られており、太陽に吼えろにも出演されていたらしく探しています。また「浅野真弓さん」は、日テレの数々のドラマや、TBS笑って笑って60分内のドラマにも出演されておられ、今過去テープを確認しています。探せば木下清さんも色々出てきそうで楽しみです。容姿が特に変化していなかったのが嬉しいですね。今回、当時放映されていた「NHK少年ドラマ」を改めて検索研究してみますと、かなりの本数をオンエアしていた中で「海外ドラマ」がありましたね。録画テープの中で数十年前に、地方U局で放映された「荒野の王子」他のタイトルが確認されました。おそらくは「テレビ埼玉、千葉テレビ」と思われますが、こういった例もありましたね。つまり当時は何処かにフィルム配給元があり地方U局にフィルム配給していたと。この辺はつっこみどころかもしりません。更に30数年前、今は連絡がつかなくなってしまったが、「某有名な某氏から聞き取り調査と録音テープをもう一度確認」した所、以前かなり話題になった「某個人が密かに所有するタイムトラベラーの2インチマスターテープ」について、よくよく読み返し聴き返しした所「この情報の出所は、その張本人が当時某専門雑誌に自らが投稿していたもの」だと言うのです。この某男を調べますと、相当にもの凄い男で、その世界では名が通っていましたね。この事実は当時「NHKも調べた形跡があり、その後かなり経過して少年ドラマ関連の本が出版された際、当時の関係者インタビューで、NHKとしても調べたが眉唾だった」と。この眉唾と言うのが曲者で、つまり否定も肯定もしていないのです。この当時、現在の様な著作権保護だの隣接権利だのやかましい事は表面上は出なかった、、、というよりも今日の状況等考えられもしなかった。つまり某映画会社の重役様からのご指摘は「流出するとしたら処分する時だろう」と。この時に「NHK自ら処分するのか外部に委託するのか?立ち会うのか否か?」意外と隙があることが解ります。現に「NHK本体で、某ドキュメンタリーのキネレコが大量に個人宅から発見された」例が何より物語ります。こいつは当時の番組スタッフでしたが、番組廃棄を惜しんで自宅にキネレコを隠した、、、これは立派な窃盗罪であり犯罪ですよネェ。何故こいつだけが現在賞賛されるのですか?おかしくないですか犯罪者ですよ。こうした経緯から処分寸前のビデオテープが持ち出されても何ら不思議では無い。当時はまだ「2インチVTRの中古品など幾等も売っていた」のです。一度再生して変換してしまえば用済みで、他に協力者がいたのかもしれません。こういう事はNHKは絶対に言わないでしょうからね。身内の恥をさらすことになりますしね。こうしいた例とは別に、過去「映画のフィルム等が大量に個人に渡るケース」もあります。これは借金のカタや引き継ぐ者がいなかった場合等もあります。当然ビデオテープ等は割りと簡単に(フィルムから比べれば)移動もできますからね。ましてや局内外に協力者がいればなおさら有利でしょうからね。しかし此処で自分の疑問、皆様の疑問ですが、、、「こいつらは、はたしてタイムトラベラーのマスターテープしか持ち出さなかったのか?他には何か持ちださなかったのか?」と。当然の疑問ですね。だからこそ自分は、まだまだとんでもない作品が隠されており、誰かがこっそりと自慰行為している?とみているのです。此処は皆様のご意見や情報が欲しいですね。
敬具
2017/05/08(月) 13:10:11 | URL | よしたかくん
NHKの少年ドラマが、関東U局で再放送されていたのですか。
未来少年コナンの後の話かな。それなら意外ではないですが。
2017/06/11(日) 13:30:45 | URL | ごいんきょ
ごいんきょ様 皆様へ
拝啓コメント有難うございます。この事実は当時、もう30数年前になりますが「関東U局=テレビ埼玉、千葉テレビ」等で、NHK少年ドラマの海外物「荒野の王子」他、間違いなくオンエアされておりまして、自分も当時「U局専用の最大35素子アンテナ、ローテーター装備の最大投資」で全ての関東U局をエアチェック=録画しておりました。当時のテープは残っております。此処で「オーケストラがやって来た」とか「でっかいかあちゃん」等がオンエアされていたのですね。もちろんアニメでは無くて「NHK少ドラの海外番組」だけでしたが。ご参考になりましたら。ついでにと言っては恐縮ですが、上記の「タイムトラベラーのマスターテープを持つ男?」ってぇ野朗は、皆様がご存知の某いんきち有名人?とは名前が異なる様です。なお「やはりかなり名前の知られた某氏からの情報」では、当時関西の某メーカーがこの男のテープを使い市販する予定があったらしい、、、。しかし何故か莫大な金額をふっかけて頓挫したと。またこの男「全話数を持っていたのでは無くてどうやらごく一部の話を持っていた」らしいと聞き及びました。何せそろそろ40年近く昔の話ですから現在穿り返す事も難しいですが、今後とも自分はこの「闇の世界=ごく一部の特権野朗が良い思いをしている?」嫌な恥部に、切込みを入れたいと思います。敬具
2017/06/11(日) 14:03:04 | URL | よしたかくん
タイム・トラベラー
初めまして。
「少年ドラマ伝説」の方からこちらに辿り着きました。宜しくお願い致します。
「タイム・トラベラー」懐かしいですね。
放送当時中学1年で、年末に「タイム・トラベラー」の番宣をやっていたそうですが全く気付きませんでした。元旦の新聞のテレビ欄を見て、NHKで「タイム・トラベラー」が放送されると知り、面白そうだなと先入観がない状態でドラマを観ました。そして御多分に洩れずハマってしまいました。
2月5日の最終回をカセットテープに録音したほどです。
同年7月の集中再放送は、「続・タイムトラベラー」の出来にガッカリした分嬉しくて嬉しくて仕方なく、テレビの前に噛り付いてカセットに全話を録音しました。しかし、そのテープは今では行方不明です。
DVDに収録されている音声はこの再放送分ですね。各話のエンディングでストーリーテラーの故城達也氏が「また明日」と言っているからですが、本放送は毎週土曜日の放送だったため、「また来週」でした。
本放送を観終った後、何か心にポッカリと穴が空いてしまったかの様な状態になったことを記憶しています。
勿論、原作本「時をかける少女(正続)」、シナリオ本「タイム・トラベラー」は入手し、NHKの「スタジオパーク」と「アーカイブス」で放送された「タイム・トラベラー」はビデオに録画しましたが、流石にネット上の本放送のシナリオまでは手が出ませんでした。
また「タイム・トラベラー」以降の「時かけ」の映像化作品も全て観ましたが、「タイム・トラベラー」と同等以上の作品はまだありません。
原田知世の「時かけ」が何故評価されるのかさっぱりわかりません。私の記憶の美化かもしれませんが、角川映画のアイドル路線に乗せられた日本人特有のみんなと一緒の集団心理の結果かなと思います。同時上映の薬師丸ひろ子・松田優作の「探偵物語」の方が遥かに出来が良かったです。
最近の作品は話にならない位の低レベルで、黒島結菜の「時かけ」は本当に酷かったですね。あの悪名高い南野陽子の「時かけ」をも超える出来で、脚本家の人選ミスに尽きます。
このコメントを書いていたら、年ドラの他のドラマのことも思い出しましたので、また寄らせて下さい。
2017/09/02(土) 10:18:35 | URL | DON
訂正します
先のコメントで、「タイム・トラベラー」の再放送の前に「続・タイムトラベラー」が放送されたように書込みしてしまいました。「続・タイムトラベラー」は11月に本放送があり、翌年3月に再放送がありましたね。間違えてしまい申し訳ありません。
「続・タイムトラベラー」は「タイム・トラベラー」よりSF色が濃くなってますが、薬の匂いを嗅いだ本編よりも遠くにタイムトラベルしたり、ストーリーが学校関係のことから放送当時の社会問題関係にシフトして面白くなくなってしまいました。期待が大きかった分その出来にガッカリしました。個人的には内田有紀版と仲里依紗版の「時かけ」の方が出来は上だと思います。
また、和子とケンとの心情の変化をみても、「タイム・トラベラー」では和子に淡い恋愛感情のようのものがだんだんと湧いてくるのに対し、「続・タイムトラベラー」ではケンを助けることに終始し、事務的な対応で心情の変化は殆どなかったように思えました。
ただ、第3話で島田淳子さんの顔がテレビ画面に映し出されたワンシーンで前作より少し綺麗になったと思えたことを思い出しました。
2017/09/03(日) 23:05:46 | URL | DON
少年ドラマシリーズ「悲しみは海の色」
今回は「タイム・トラベラー」以降の私が実際に見ていた作品について放送順にコメントします。
第2話の「満員御礼」は「タイム・トラベラー」の放送が終って予告編がありましたが、全く面白味を感じなかったため見ていません。
第5話の「悲しみは海の色」は女の子の初恋を扱った全4話の小品ですが、何故か「タイム・トラベラー」の次に気に入っている作品です。多分主役の桐林芙美役の飯島洋子さんに憧れの想いがあったのでしょう。当時自分の身近にはいないタイプで、中学3年生には見えませんでした。ムック本の「NHK少年ドラマシリーズのすべて」の写真を見て懐かしさを覚えるました。
気に入った作品ではありますが、「タイム・トラベラー」ほど放送されたシーンや映像を思い出せません。
・第1話で、芙美が親友ちか子と下北半島を旅行する時のバスのシーン
・第1話で、和也が描いた目玉の様な湖の絵
・第4話で、自分が孤児だと知り、自殺をするため仏ヶ浦へ向かう夜行列車で、向かいの席のおばさんにおにぎりを勧められるシーン
・第4話で、仏ヶ浦へ向かう船着場近くの浜辺で芙美の自殺を思い止まらせた和也に芙美が駆け寄るシーン
・最終回のエンディングで、波が打ちつける岩場の映像にピアノに弦楽器が加ったテーマ曲が重なるシーン
この位しか記憶にありません。
美術部が舞台でしたが、胸像やトルソをはじめ、文化祭の絵画、教室や自宅等のシーン等は全く思い出せません。
Youtubeに初回の音声と第4話最終回のエンディングがアップされていて、よく聞いています。
2017/10/01(日) 12:56:23 | URL | DON
 いや~、非常に濃い話を沢山ありがとうございます。
 なるほど。DVDの音声特典は再放送ですか。それだけ待ち望んでた人が多かったんでしょうねえ。
 元祖『タイムトラベラー』は、記憶の美化なんかではないですよ。大人になったワタクシが初めて見て、あれほど素晴らしい出来と感じたテレビドラマは数少ないと思いますからね。
 演じている人たちも非常に上手かった。演技というより、あの世代の空気が出ていたと思います。
 宝石箱のような映像ですよね。

 二人の感情については、局がNHKという事と、時代とがやはり大きいのでしょう。
 あの時代、中学生や高校生の恋愛感情を描くというのはほぼ御法度で、しかもNHKでは有り得ない事でした。

 色々細かくありがとうございます。
 なにしろ映像が残っていないものが多いので、皆様の記憶を残すという事がより大切な作品群と思いますね。
2017/10/29(日) 19:47:20 | URL | ごいんきょ
ごいんきょ様、はじめまして。
「タイム・トラベラー」はそれまでに放送されていたSFドラマとは一線を画す新しいドラマでした。
スタジオセットでこれといった特撮もなく、人気俳優も使わなかったにも拘らず、視聴者と同世代のほぼ無名の若手俳優を起用し、よく練られた脚本と秀逸な演出で当時の小中学生の心を鷲掴みにしました。
「タイム・トラベラー」等のSF作品だけではなく、「ユタとふしぎな仲間たち」、「つぶやき岩の秘密」、「巣立つ日まで」、「家族天気図」等の秀作を世に出した「少年ドラマシリーズ」を多感な時期に見ることが出来たのは、今考えると幸運だったと思います。特に精神面での成長に良い影響を受けたのではないかと思います。
2017/11/09(木) 21:03:58 | URL | DON
ごいんきょ様、はじめまして。
「タイム・トラベラー」はそれまでに放送されていたSFドラマとは一線を画す新しいドラマでした。
スタジオセットでこれといった特撮もなく、人気俳優も使わなかったにも拘らず、視聴者と同世代のほぼ無名の若手俳優を起用し、よく練られた脚本と秀逸な演出で当時の小中学生の心を鷲掴みにしました。
「タイム・トラベラー」等のSF作品だけではなく、「ユタとふしぎな仲間たち」、「つぶやき岩の秘密」、「巣立つ日まで」、「家族天気図」等の秀作を世に出した「少年ドラマシリーズ」を多感な時期に見ることが出来たのは、今考えると幸運だったと思います。特に精神面での成長に良い影響を受けたのではないかと思います。
2017/11/09(木) 21:36:03 | URL | DON
間違えました
間違えて、同じコメントを2回投稿してしまいました。申し訳ありません。
2017/11/10(金) 12:25:29 | URL | DON
木下清
「ポンポン大将」のレギュラーでもあった売れっ子子役でしたが、もう引退しているためもあり、同時代の子役で瀬川雅人や白田肇、植木まり子などと同様、個人的なプロフィールやその後の消息などは不明な部分が多いですね。Wikipediaにも項目は今のところありません。彼の最後のテレビドラマ出演は、1977年6月1日放送の「特捜最前線」(テレビ朝日)ですが、NHKのソースによると1951年3月8日生まれですから、「タイムトラベラー」出演時には、中学3年どころか、既にもう21歳の「オッサン」になっていた勘定です。
2017/11/10(金) 22:42:02 | URL | 権兵衛
熊谷俊哉
彼は2年ほど前に癌で死去されました。彼の出ていたドラマはかなり見ていたような気がします。子役のときは「明るい仲間」に出演されていました。特に印象深かった作品は「未来からの挑戦」、「その町を消せ」です。「未来からの挑戦」で印象に残ったシーンは戦時中の東京にタイムスリップした時スパイに間違えられ一人の少女が彼らを助けるが爆撃を受け死んでしまいます。現代に戻ってラストには飛鳥が消えてしまった。考えられることはその少女が飛鳥の母だったのでは・・・
 彼のご冥福を祈ります。
2017/12/14(木) 10:33:28 | URL | クッキーモンスター
どっちがどっち
少年ドラマシリーズの第6作の「怪人オヨヨ」は、「タイム・トラベラー」の石山透氏の脚本によるドラマでした。ドラマの中の作家が作り出すストーリー展開とドラマの展開とが複雑に交錯し、出演者がテレビを見ている視聴者に突然話しかけたり、スタジオの大道具の裏側を見せたり等の今までにない実験的な作品でしたが、私は頭の中が混乱した状態で見ていました。そのため、あまり記憶には残っていません。
第8作の「どっちがどっち」は、松下隆子・昌子姉妹が主役のコメディドラマでした。実際に双子である2人は本当によく似ていましたね。ドラマを見ていて、たまにどっちがどっちなのかわからなくなってしまったことがありました。
このドラマも映像としての記憶が思い出せなくなっています。ドラマのオープニングかエンディングで、陸橋(跨線橋)の向こうから2人が歩いてくる姿がだんだん見えてくる映像のみが記憶に残っています。
2002年にドラマ愛の詩で放送された「どっちがどっち!」は、大林宣彦の尾道3部作の映画「転校生」で有名な山中恒の「おれがあいつであいつがおれで」が原作の別物でした。
2001年にドラマ愛の詩で年ドラ第29作の「まぼろしのペンフレンド」のリメイク版「幻のペンフレンド2001」が放送されたので、大いに期待してドラマを見たのですが、同名異作とは残念でした。ドラマ自体は面白かったですね。ビデオに録画しています。
2017/12/16(土) 23:40:41 | URL | DON
暁はただ銀色
前のコメントで表現がわかり難い部分がありましたので、補足します。
2001年に「幻のペンフレンド2001」がリメイクされため、2002年の「どっちがどっち!」(山中恒原作)を「どっちがどっち」(大木圭原作)のリメイク版と勘違いしてしまいました。「!」の有無がありますが、NHKも紛らわしいタイトルをつけたものです。
さて、ここからが本題です。
少年ドラマシリーズ第12作の「暁はただ銀色」は光瀬龍氏の原作で、佐山泰三さん、山田隆夫さん、テレサ野田さんが出てました。
この作品についても記憶がかなり薄れてきており、宮城リカ役のテレサ野田さんが何か不思議な雰囲気(上手く表現出来ません)を醸し出していた記憶があります。大昔に宇宙から来た異星人で、自分の母親役もやっていたように思います。写真に写っていただけかもしれません。
主役のケン役の佐山さんの記憶は全くありません。
断片的な記憶として、一組の男女が社交ダンスのようなダンスを踊っているシーン、住んでいた家が焼失してしまったシーン等が映像として記憶に残っています。
また、NHKのあるスポット番組で「暁はただ銀色」を取り挙げ、リカが壁の中に消えていく場面の撮影シーンの紹介がありました。
廊下の壁になる部分に何台もの照明を当て、映像として白い壁があるように見えていました。当時は勿論CGはなく、特撮と呼ばれるアナログ技法が使われていました。
2017/12/18(月) 07:03:25 | URL | DON
お話が非常に興味深くなりつつありぜひ一言
拝啓 よろしくお願いいたします。まず「旧作 どっちがどっち」は自分も良く観ておりこれは「松下姉妹がとても可愛くて」楽しみでした。最終回はとても良く覚えており、外人さんの若く偉い人が、姉妹の姉?にぞっこん惚れてしまい「大きくなるまで待ちます」と言う台詞が思い出されます。また二人ともチェックのミニスカで、、、現在「ようつべでごく一部の音声」と、過去発売された資料写真集でのみしか知る事は出来ませんこれが残念です。他に印象に残るのが「マッティと大ちゃん マッティと愉快な仲間たち」で、やはり主役の光崎玲子さんがかなり気になっていましたからね。この作品も音声どころか写真が数枚しか現存しない様子ですが、主役の光崎玲子さんはインタビューで「地方に修学旅行の際、あっマッティだっと数々の写真に撮られた」と。これらの写真が残っていれば、ぜひ見たいですね。実は、今回どうしてもごいんきょ様やご訪問の皆様にお話させて頂きたかったのは、この「少年ドラマと言われる前に、製作されていた数々のいわば擬似少年ドラマ?」とも言うべき作品が多数あったのはご存知と思われます。まず「次郎物語 たっちゃん(横浜が舞台で港祭り等が出ていた) それと記憶では確か極若い頃の橋爪功さん?が後藤っと言う役柄で出ていた作品?とか、、、更には例の少年スターだった佐山泰三さん主演の「からくり義右衛門 確か伊能忠敬役で信欣三さんが出ていた?」と。このテーマ曲は何か記憶に残っており「フレンチホルンの鋭いソロ」が思い出されます。皆様のご記憶に何かありましたらぜひぜひ此処にご教示下さい。既に今日大元のNHKにさえ何も無く、記憶すらも曖昧で主役や出演された方々さえも霧の中っと言う今日、どうしてもご訪問の皆様方のお力が必要です。何かご存知の方、ぜひご訪問下さい。心よりお待ちしております。 敬具
2017/12/18(月) 21:17:17 | URL | よしたかくん
つぶやき岩の秘密
少年ドラマシリーズ第18作「つぶやき岩の秘密」は、山岳小説で有名な新田次郎氏の原作を鎌田敏夫氏が脚本を書き、「タイム・トラベラー」の佐藤和哉氏が演出した非常にクオリティが高い作品でした。今放送されているドラマより優っていると思えるなかなか硬派のサスペンスドラマでしたね。
どんどん引込まれて行くストーリー展開もさることながら、陽光煌めく海原を史郎が漕ぐ小舟が進む映像と石川セリが歌う「遠い海の記憶」が強く記憶に残っています。勿論DVDも買いました。「遠い海の記憶」はカラオケにもありましたね。
また、小林先生役の菊容子さんがドラマが放送された2年後に亡くなるとは驚きでした。
因みに、真偽のほどは定かでないのですが、「タイム・トラベラー」の最終回で掃除のおばさん吉川さんの娘よしこ役だった大石佐登美さんは、実は菊容子さんだったそうですね。
2017/12/20(水) 06:44:59 | URL | DON
夕ばえ作戦
年ドラ第25作の「夕ばえ作戦」はタイムトラベルもののSF作品でありながらコメディドラマでした。
中学生の砂塚茂(山田隆夫さん)がゴミ捨て場で拾ったタイムマシンで江戸時代にタイムトラベルし、現代の科学技術を駆使して代官所と敵対する風魔忍者と戦うストーリーでした。
放送されたシーンの殆どを忘れてしまっていますが、意外と面白かったという印象がありました。反面、中学生の科学知識で本当に忍者に対抗出来るのかな?と疑問を感じながらドラマを観ていた記憶があります。
風魔忍者の頭領の妹の風魔陽子(志摩みずえさん)が茂とともに現代(昭和)にタイムトラベルしてしまい、茂の妹と仲良くなるなど争いのない平和な世の中を知ることになります。忍者の装束からミニスカートのワンピースになった陽子の姿が印象的でした。
江戸時代に戻った陽子が兄の頭領に代官所側との和議を勧めるものの、逆に切捨てられてしまいます。このシーンでは、とても虚しさを覚えたのを今でも思い出します。
服部克久さん作曲のテーマ曲もいい曲でした。このドラマの放送の後、他局のドラマに流用されてましたね。
2017/12/20(水) 23:52:55 | URL | DON
アシガール
先週12月16日まで全12回で放送されていた土曜歴史ドラマの「アシガール」ですが、上記の「夕ばえ作戦」を彷彿とさせるドラマでした。
走ることしか取り柄のない高校生の唯(黒島結菜さん)が弟が作ったタイムマシンで戦国時代にタイムトラベルし、そこで見初めた若君(健太郎さん)の足軽となって活躍するストーリーです。
ドラマの設定からして、年ドラをリスペクトし、「夕ばえ作戦」へのオマージュを感じる作品です。
怪我をした若君をタイムマシンで現代(平成)に送って治療をさせ、若君は平和な世の中を体験することになります。このシークエンスは「夕ばえ作戦」のパクリ?と言えるほどです。
黒島結菜さんは、去年日テレの「時をかける少女」で、脚本家の人選ミスから大いに転けまくりましたが、このドラマではクリーンヒットをかっ飛ばしたようです。
また、若君役の健太郎さんは、舞台の「続タイムトラベラー」に出るそうですね。
NHKの「アシガール」の掲示板はおばちゃん(失礼)のコメントで溢れかえっていますね。一見の価値ありです。
2017/12/21(木) 00:52:39 | URL | DON
夕映え作戦 音楽について
拝啓 よろしくお願いいたします。
この「夕映え作戦のテーマ曲と、その後民放でオンエアされた江戸の疾風P-2テーマ曲の激似性」については、知っている人は当初から気付いていましたね。担当された「服部克久氏」は元々はパリコンセルバトワール出身の超エリート と思われがちですが実は、デビュー作はおそらく21歳頃「日本テレビの遊星王子」でした。その後29歳頃にあの名作「光速エスパーの音楽を、父上の良一氏 BGMを克久氏と親子共演」を果たしました。決してこういった「子供向けと言いますかSF作品を軽んじていた訳では決して無い」と言えます。しかしこの「夕映え作戦のテーマ曲」は、当時始めて聴いた際、「オーケストレーションは、4リズムロック=エレクトリックベース、セットドラム、エレクトリックギター&リズム(サイド)ギター プラスしてフルート」と言う超緊縮編成の上にあまりに短かった、、、、こんなに短いテーマ曲も珍しかったと思います。その後やはり日本テレビの「江戸の疾風」がオンエアされますが、当初P-1では「山倉たかし/卓大介」のお二人が連名で音楽担当されました。ご承知の様に「城街周り同心とは?」と言う迫力あるナレーションに被って各パート共通のイントロダクション?と言うかガイドMがありその後テーマ曲が始まりますが、「山倉&卓コンビのテーマ曲」はアップテンポでマーチングと言うか変形ウェスタン?の様な迫力ある名曲でしたね。この「山倉&卓コンビの役割分担」ですが、おそらくはどちらかがメロディー担当でどたらかがアレンジ担当でしょうね。卓大介と言う人は全く未知の人でこの他何の情報もありませんが、山倉たかしさんは作曲編曲共にかなりの作品をのこしています。ではこの「服部克久氏のテーマ曲」は、間違い無く夕映え作品と全く同一の主題モティーフメロディー」ですが、アレンジは全く異なっておりテンポも遅くなっています。まずオーケストレーションはかなり大きくなり「ブラスセクションやアナログシンセも加わり、途中のサビから全く違うメロディーも加わり、実は全くと言って良い程の違う曲?」 とも聴こえるのです。この服部克久氏は実は、伊福部昭先生と同様に「素材の使いまわしが何となく感じられる」部分があり、また多作の方程以前の作品を覚えていない?事も多く、ある意味仕方無いかもしれませんね。しかし、名曲である事は確かです。自分も当時「安いカセットテープにテーマやドラマの一部を録音」してありますが、動く映像が無いってぇのは本当に残念で辛いです。  敬具

2017/12/21(木) 09:14:41 | URL | よしたかくん
マリコ
年ドラ第26作の「マリコ」は、ガンのために夭逝した高谷玲子さんの「静かに自習せよ」を原作としたドラマで、「タイム・トラベラー」の島田淳子さん(芸名浅野真弓)と木下清さんが3回目の共演を果たしました。
大ヒットのSF作品から少しレトロな学園ものになったせいか、私の中では何か違うこうじゃないという思いを懐きながら観ていた記憶があります。否定的な感情で観ていたため、ストーリーも映像も殆ど忘れていますというか覚えていません。
また浅野さんの「タイム・トラベラー」の時のヘアバンド(カチューシャ?)をした髪型を見慣れていたためか、「マリコ」での髪型には半端ない程の抵抗がありました。
この様なネガティブな感情の状態でドラマを観ても何も残らないのは当然ですね。
2017/12/21(木) 22:56:52 | URL | DON
まぼろしのペンフレンド
年ドラ第29作の「まぼろしのペンフレンド」はNHKに映像やシナリオ等がないように、毎回(全9話)確かに観ていたにも拘らず私の頭の中には何も残っていません。
渡辺明彦役の山賀裕二さん、伊原久美子役の池上季実子さん、本郷令子役の加藤小代子さんの名前は覚えていましたが、放送当時の出演者の顔やシーン等の映像、テーマ曲は全く記憶がありません。ムック本の「NHK少年ドラマシリーズのすべて」にあるドラマのあらすじを読んでも、また眉村卓氏の原作を読んでも全く思い出せません。
かなり前に「少年ドラマ伝説」のブログでテーマ曲を聞いたことがありましたが、こんな曲だったんだとまるで初めて聞いたような感じだったことを覚えています。
尚、「未来からの挑戦」復刻のNHKアーカイブスの記事の中で、「まぼろしのペンフレンド」のテーマ曲が視聴出来る(NHKに保存済み?)のコーナーの写真が出てましたね。
NHKからドラマの写真等を記したライナーノーツ付きの「少年ドラマシリーズテーマ曲集」なるものを出してほしいですね。
2017/12/23(土) 18:45:22 | URL | DON
ユタとふしぎななかまたち
年ドラ第30作の「ユタとふしぎな仲間たち」は「まぼろしのペンフレンド」に続けて観ていました。
三浦哲郎氏の原作、先日逝去された早坂暁氏の脚本、「タイム・トラベラー」等年ドラではお馴染みの佐藤和哉氏の演出、「悲しみは海の色」のテーマ曲の作曲者で現在もジャズバンドで活躍中の渋谷毅氏のテーマ曲と、総てがベストマッチした優れた作品です。
金田一温泉での1年間にわたるロケを行い、画面に広がる景色が美しかったですね。
主役の勇太(ユタ)役の熊谷俊哉さんを食ってしまっている座敷童のペドロ役の佐藤蛾次郎さんがとても良い味を出してました。
また、座敷童のセンロ役が「タイム・トラベラー」最終回の精神病棟の医師役の和久井節夫さんだったとは気がつきませんでした。
独身の頃、会社の上司と飲みに行った新宿2丁目のスナックで、佐藤蛾次郎さんを見かけたことがありました。風貌は何時もの髪型と髭のままでした。
2017/12/24(日) 14:27:08 | URL | DON
「なぞの転校生」
少年ドラマシリーズ第54作の「なぞの転校生」は、高校の夕方からの課外授業で帰宅時間が遅くなっていたため、久し振りに観た作品です。
石油コンビナートの空撮に池辺晋一郎氏作曲の非常に特徴的なテーマ曲が重なるオープニングは忘れられません。
異星人の典夫(星野利晴さん)が主人公の広一(高野浩幸さん)の住むマンションに住み始め、偶然2人がエレベータートラブルに遭遇すしたことからストーリーが展開されます。
台詞の中に核問題や放射能のことが出てきますが、「続・タイムトラベラー」の時ほど前面に出てなかったため、あまり気にはなりませんでした。
脚本や演出の妙かもしれません。
新しく移り住んだ地で虐げられて広一の住むマンションに戻って来た典夫の仲間たちの姿が古代ギリシヤ時代の様な装束だったのには???でした。
オールスタジオ制作のため、運動会のシーンは限界がありましたね。
また、時々画面に出ていた広一が住むマンションと思われる模型はあまりにも出来が悪く、素人が手を抜いたのではと思うほどの代物でした。
2017/12/29(金) 22:29:26 | URL | DON
明けましおめでとうございます
ごいんきょ様、明けましおめでとうございます。
昨年はいろいろコメントを書き込みさせて頂き、有難うございました。
書き込みしたコメントを読み直して、幾つか思い出したことがありましたので、記したいと思います。
「続・タイムトラベラー」で和子の同級生の女子生徒があのアニメ「うる星やつら」のラムちゃんこと平野文さんだったそうですね。
また、「タイム・トラベラー」の福島先生役の浜田晃さんは「二十四の瞳第2部」で大石先生の旦那役を、和子の同級生の敬子役の小川悦子さんは「悲しみは海の色」で主人公桐林芙美の親友ちか子役を、交通事故に遭う木下さん家のおじさん役の及川広夫さんは「明日への追跡」で竹下清治の身元引受人の兄役を、去年のクリスマスパーティで和子に悪態をつく柳沢由美役のテレサ野田さんは「暁はただ銀色」で異星人の宮野リカ役と「未来からの挑戦」で栄光塾の田中レイ子役を、校長先生役の西国成男さんは「なぞの転校生」でも校長先生役をしてました。
この他にも「ユタとふしぎな仲間たち」に女子大生役で声優の鵜飼るみ子さん、「未来からの挑戦」にも女子生徒役で声優の日高のり子さんが出てましたね。
2018/01/01(月) 21:27:30 | URL | DON
誤記訂正します。
上記のコメントと年末に書き込みしましたコメントに誤記がありましたので訂正します。
上記の誤記は「明けましておめでとうございます」の「て」が抜けています。
また年末に書き込みした「暁はただ銀色」で「宮野リカ」を「宮城リカ」と変換ミスをしてしまいました。
訂正してお詫び致します。
2018/01/02(火) 08:48:34 | URL | DON
明日への追跡
「少年ドラマシリーズ」の第63作「明日への追跡」は、前記の「なぞの転校生」と同様に久し振りに観た作品でした。
確か初回と最終回にロケ先の映像があり、他のシーンはスタジオ撮影のものでした。
主人公の落合基役の沢村正一さんは「年ドラ」の常連で、椿芙由子役の斎藤友子さんは本当に可愛いかったですね。竹下清治役の長谷川諭さんはこのドラマで初めて知ったのですが、「年ドラ」の「野菊の墓」、「安寿と厨子王」、「あんずよ燃えよ」の他、海外作品の吹替え等意外と「年ドラ」の常連でしたね。浦川礼子役の森田あけみさんは斎藤友子さんよりも気になっていました。
光瀬龍氏の原作は同じく「年ドラ」に採用されているSF作家の筒井康隆氏や眉村卓氏の作風と違うため、最終回に浦川礼子の身体から宇宙人が出てきたのには、まあしょうがないかというおおらかな気持ちで観ていました。
また、大野雄二氏作曲のテーマ曲は気に入っている曲のひとつです。
現在、DVDには第1話、第9話、第12話(最終回)の計3話が収録されていますが、再放送用の編集版全6話が発掘されて、NHKで補正修復作業中とのことです。近いうちに初回から通しで観ることが出来るかもしれません。
2018/01/07(日) 01:50:54 | URL | DON
なぞの転校生
 なぞの転校生は、たしかニューヨークの摩天楼に旅客機が突っ込んだのと同じ年だったように思いますが、NHK が深夜に再放送しましたね。主役を演じた二人、伊豆田依子さんと星野利晴さんがゲストで登場して放映当時の話をされていました。番組の終わりに一言話すところで、星野さんは山沢典夫になりきって挨拶し、伊豆田さんが苦笑していたのが面白かったです。
 どっちがどっち、全然見ていなかったのですが、二段ベッドが羨ましかったのと、主演の女の子の逆立ちだけ何故か覚えています。壁に足をつけていたかもしれませんが、倒立のまま腕を曲げて、床のソフトクリームを舐めているのを見て仰天しました(記憶が確かなら)。
 怪人オヨヨも全身覆面男のオヨヨ大統領が三輪車を乗り回したりするオフザケについて行けず、あまり身を入れて見ていませんでしたが、ショッカー首領(納谷悟朗)の素顔が見られたのが驚きでした。グル二ヨン〜グル二ヨン〜フランスからや〜って来〜た
2018/01/12(金) 00:38:28 | URL | あぶもんもん
幕末未来人
「少年ドラマシリーズ」第82作「幕末未来人」は第16話最終回の途中から観ました。
たまたま新聞のテレビ欄でNHKの18時代に「幕末未来人」という番組を見つけ、もしかしたら「年ドラ」かなと興味を持ちテレビを点けました。
画面にはシリーズ常連の伊藤役の沢村正一さんと和田役の星野利晴さん、そしてゆき役の古手川祐子さんの3人が映っていて、崖のスタジオセットでこれは「年ドラ」だとすぐにわかりました。昭和47年正月に放送された「タイム・トラベラー」からまだ続いているんだと感慨深い思いが湧いてきたのを覚えています。
海中から浮き上がって現代に戻った和田が、ボロボロの学生服で逗子マリーナをフラフラしながら歩いていく後ろ姿には「年ドラ」らしさを感じました。
眉村卓氏の原作「名残の雪」とは全く別物のドラマで、蓬莱泰三氏の脚本が上がり次第撮影に入っていたそうです。DVDも買って第1話から通しで見てみましたが、全16話はちょっと長過ぎると感じました。
古手川祐子さんはこのドラマがデビュー作で、大分から通っていたそうですね。見惚れてしまう位可愛かったですが、昨年ふくよかになってしまった姿を見て愕然としました。

2018/01/14(日) 09:15:15 | URL | DON
時をかける少女
現在Youtubeで内田有紀版の「時をかける少女」(ビデオ編集版)を観ることが出来ます。
但し、一部音声が消えてしまい作品の状態はあまり良くないですが、通しで観ることは出来ます。
この作品は1994年にフジテレビの「ボクたちのドラマシリーズ」で全5話で放送されたドラマを編集したものです。
ドラマはフジテレビにしては脚本も演出もかなり力を入れて真面目に制作しています。
NHKの「タイム・トラベラー」を観て以来「時かけ」10作品を観てきた中でも「タイム・トラベラー」に次ぐ出来だと高評価しています。
但し、ビデオの方は約2時間に編集されているため、ストーリーの繋がりが荒くなっているように思えます。
出演者は和子役の内田有紀さん、妹美代子役に今時の人の安室奈美恵さん、ケン・ソゴル役にアパ不倫?の袴田吉彦さん、幼馴染の吾郎役に河相我聞さん、親友の真理子役にテレビで見なくなった鈴木蘭々さん、福島先生役に浜田晃とは全くタイプが違う佐藤B作さん、寺の住職役に原作者の筒井康隆氏が出ています。個人的には、英語の先生役の森口瑤子さんが印象に残っています。
劇伴の作曲は久石譲氏で、テーマ曲の「Girl」(河合英里バージョン)が気に入っています。
ドラマの劇伴の殆どは北野武監督作品から流用された曲で、一部NHKで放送された「NHKスペシャル 人体」の曲も流用されています。
多作音楽家によく見受けられますね。キツイ言い方をすると手抜きですね。
こちらもビデオ化にあたり挿入曲の一部が差し替えられています。
2018/01/20(土) 13:06:09 | URL | DON
時をかける少女
現在Youtubeで内田有紀版の「時をかける少女」(ビデオ編集版)を観ることが出来ます。
但し、一部音声が消えてしまい作品の状態はあまり良くないですが、通しで観ることは出来ます。
この作品は1994年にフジテレビの「ボクたちのドラマシリーズ」で全5話で放送されたドラマを編集したものです。
ドラマはフジテレビにしては脚本も演出もかなり力を入れて真面目に制作しています。
NHKの「タイム・トラベラー」を観て以来「時かけ」10作品を観てきた中でも「タイム・トラベラー」に次ぐ出来だと高評価しています。
但し、ビデオの方は約2時間に編集されているため、ストーリーの繋がりが荒くなっているように思えます。
出演者は和子役の内田有紀さん、妹美代子役に今時の人の安室奈美恵さん、ケン・ソゴル役にアパ不倫?の袴田吉彦さん、幼馴染の吾郎役に河相我聞さん、親友の真理子役にテレビで見なくなった鈴木蘭々さん、福島先生役に浜田晃とは全くタイプが違う佐藤B作さん、寺の住職役に原作者の筒井康隆氏が出ています。個人的には、英語の先生役の森口瑤子さんが印象に残っています。
劇伴の作曲は久石譲氏で、テーマ曲の「Girl」(河合英里バージョン)が気に入っています。
ドラマの劇伴の殆どは北野武監督作品から流用された曲で、一部NHKで放送された「NHKスペシャル 人体」の曲も流用されています。
多作音楽家によく見受けられますね。キツイ言い方をすると手抜きですね。
こちらもビデオ化にあたり挿入曲の一部が差し替えられています。
2018/01/20(土) 13:17:31 | URL | DON
時をかける少女その2
前記の内田有紀版と同じくYoutubeに仲里依紗版の「時をかける少女」がアップされています。こちらも音声が一部消えてしまい作品の状態はあまり良くないです。内田版と同じYoutuberの方がアップしてますね。
作品の設定は芳山和子の娘あかり(仲里依紗さん)が主人公となり、和子の意向により深町一夫(石丸幹二さん)に会いに行くというストーリー展開となっています。石丸幹二さんの深町一夫には想定外で驚きました。
あかりが1972年4月に行くべきところを間違えて1974年2月にタイムトラベルしてしまい、大学生の凉太(中尾明慶さん)たちと知り合うことになり、筒井康隆氏の原作とは違う展開となっています。
脚本や演出がしっかりしており、この作品も内田有紀版の次に出来が良いと高い評価をしています。NHKの「続・タイムトラベラー」よりも完成度は高いと思います。
2018/01/20(土) 15:29:48 | URL | DON
時をかける少女その3
あの悪名高い南野陽子版の「時をかける少女」もYoutubeにアップされています。
この作品は1985年にフジテレビの「月曜ドラマランド」で放送された単発ドラマです。
ケン・ソゴル役として中川翔子さんのお父さん中川勝彦さんが出ています。線が細く繊細な感じがしますね。
フジテレビお得意の内輪だけが喜んでいる低レベルな脚本と演出で、南野陽子さんを使い切れてないですね。
同じフジテレビでも、後年制作されたハイレベルの内田有紀版と比べると雲泥の差です。
脚本と演出が如何に大事かということがはっきりわかります。日テレの黒島結菜版の「時かけ」も脚本家とジャニタレの人選ミスにより大コケしましたね。
2018/01/20(土) 16:18:52 | URL | DON
時をかける少女 追記
上記の内田版「時かけ」のコメントが二重投稿になってしまい申し訳ありません。
この作品には、和子のバスケ部のチームメイトとして菅野美穂さんも出てましたね。
また、ケンから架空の記憶のことを知らされ、和子が深町家の温室を飛び出してからの多摩川の護岸の道路を泣きながら歩いていくシーンはビデオではカットされています。このシーンに河合英里さんの「Girl」が使われていました。河合英里さんの「Girl」はCD化されておらず、河合さんは夭逝されたため、現在このビデオでしか聞くことが出来ません。
2018/01/20(土) 22:01:37 | URL | DON
七瀬ふたたび
内田版「時かけ」のコメントで、福島先生役の浜田晃さんに敬称を付け忘れてしまい、申し訳ありませんでした。
「少年ドラマシリーズ」第90作の「七瀬ふたたび」も新聞の番組欄で偶然目にし、途中から観ました。テレビを点けると七瀬たちが船で北海道に渡るシーンでした。
「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」の七瀬三部作は既に読んでいましたので、ドラマには抵抗感なくすんなりと入っていけましたが、スタジオセットの雰囲気と特撮(含効果音)は昔とあまり変わってないなと感じていました。
また、少年少女向けの「年ドラ」なのに寧ろ「朝ドラ」を観ているような気がしてなりませんでした。テーマ曲とナレーターの芥川隆之さんの口調によるものかもしれません。
当時私は大学生になっていたためか、七瀬たちの命を狙うゾンビー軍団なるものには流石になんじゃこりゃと閉口してしまいました。
最終回七瀬たちが逃げ惑う白樺林でのシーンはとても印象に残っています。
このドラマの七瀬は多岐川裕美さんのはまり役ですね。リメイク版でこの多岐川裕美版を超えるものはないと思います。
因みに、七瀬の初映像化作品の「七瀬ふたたび」は1978年に放送予定でしたが、NHKの都合で翌1979年8月に放送されています。そのため、TBSの「東芝日曜劇場」枠で同じ七瀬役の多岐川裕美さん主演の「芝生は緑(家族八景)」(福岡のRKB毎日放送制作)の方が同年2月に先に放送されることになりました。
2018/01/27(土) 09:28:08 | URL | DON
時をかける少女
2年前に日テレ系で放送された「時をかける少女」は、悪名高かった南野陽子版「時かけ」をも遥かに凌ぐ出来の悪さで、低視聴率が逆に話題になるほどの歴史的な大コケした原因は、脚本家とジャニタレの人選ミスに尽きます。
オリンピック特番と次のメインの番組間の隙間の穴埋めとして日テレも全く力を入れてなかったとはいえ、知名度が極めて高い原作「時をかける少女」を取り上げるには制作側の力不足が否めませんし、視聴率は社内では懲戒処分レベルの酷さでしたね。
喜んでいたのはジャニタレのファンのみでした。
主役の芳山未羽役の黒島結菜さんは、テレ朝の「サムライ先生」やNHKで大ブレイクした「アシガール」を見ても若手俳優として決して悪くはないです。また幼馴染の浅倉吾郎役の竹内涼真さんも「仮面ライダードライブ」、TBSの「陸王」等を見ても、こちらも全く問題なしです。
この2人に比べ、ケン・ソゴル役の某ジャニタレくんは、ジャニタレありきが見え見えのドラマなのに、タレントとしての華がなく、幼稚園のお遊戯会の園児たちにも及ばない低レベルの演技(演技とはおこがましくて、とても言えません)で、見るに耐えないものでした。ジャニタレにはきちんと演技が出来る人材は掃いて捨てるほどいますから、明らかに人選ミスですね。
それにもましてこのドラマを潰してしまったのは、シナリオでした。
タイムトラベルものを含むSFについての科学的、論理的な知識が皆無としか思えない脚本家にシナリオを書かせた人選ミスによりますね。制作サイドとして事前にチェック出来なかったのでしょうか。
ネット上でもシナリオの出来の悪さは早くから指摘されており、同郷の投稿者からは「愛媛の恥だ」とまで言われてます。
脚本家とケン・ソゴル役さえちゃんと人選されていれば、逆に高く評価される作品になっていたと思います。
2018/03/18(日) 16:48:58 | URL | DON
DON様へ 還暦爺から
拝啓 ご無沙汰いたしておりました。
何故かDON様の独断場になりつつある(苦笑)このスレッドですが、確かに一部同意できる部分はありますね。
原作者の筒井康隆さんは「既に原作発表から半世紀 良く稼いでくれる孝行娘」と。これはともかくとして、DON様がどの世代に属しておられるのか?不明なのですが、実は1972年NHK初回放映時にも、今日に近い様な話題性があったと記憶しています。何せ自分が中学生の頃ですが、やはり主役お二人の「島田淳子、木下清 各さん」の人気は凄まじいもので、クラスメートの女の子たちは、皆ケンソゴルとの恋愛を夢想していましたね。
今日でも、確かにジャニーズ系統のタレントのみにおんぶして、つまりストーリー性やテクニカル的な部分を手を抜いても解らねぇだろう程度の発想で作られている作品もあるようです。
しかしよくよく考えて見ますとね、あの1972年当時の、少ない予算、狭く貧弱なセット、限られた時間、子供っぽい特撮?めいた部分など等、相当に幼稚な部分もあったのですね。
それらをある意味、脚本の力強さや製作者サイドの熱意と努力で補っていたのが当時であり、只単に有名タレントのネーミングとPC使って何でも出来るSFX使いまくって視聴者を煙に巻く安易な作り方=あえて創るとは書かない の相違ではないでしょうか。
NHKのもはや数十年前に放映され、録画素材が世界中探しても無いっ無いっ
無い無い無いよヘソが無いっ等と、刷り込まれて育った我々の世代の思い入れってぇのは、ある意味危険でもあります。これは例えば「数百年前より残っているクラシック音楽のオリジナルスコア(総譜) これさえ残っていれば未来永劫変わらないっと思うのは大変な間違い。既に当時とは楽器も変わりピッチも変わり編成も大きくなりスコアが同じでも全く当時と同じ音にはなり得ません。此処がまぁ音楽の面白い所ですが、この「原作 時を駆ける少女」ってぇのも今後益々様々な形でリメイクされるでしょうが、こういう真の名作をリメイクする時にこそ、製作者サイドの「ある意味真の実力、やる気」ってぇのが試されると思います。  敬具
,
2018/03/19(月) 14:03:58 | URL | よしたかくん
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
トラベラートラベラー(Traveller)はGDW(:en:Game_Designers'_Workshop|Game Designers' Workshop)より1977年に発売されたサイエンス・フィクション|SFテーブルトークRPG|ロールプレイングゲーム。デザイナーはマーク・W・ミラー。198
2007/02/05(月) 06:03:38 | ポイズン ゲーマーミーティング
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ