私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

突撃!ヒューマン!! (1972)

該当番組画像募集

土曜夜7時半と言えば仮面ライダー。
小学生男子のいる家なら、有無を言わさず仮面ライダー。
そんな時代が有ったと思いなせえ。
こういう時、他局としては思案に暮れるわけでありやしてね。
ほんで時々、突拍子も無い事をやっちゃう。
そんな時代の徒花としてひっそりと閉じていった番組の数々が、
誰もがチャンネルを合わせていた番組の裏に、
ひっそりと咲いていた事を君知るや。
ううん、絶対知らない。誰もヒューマンの事なんか(笑)。
でもワタクシは、この番組を見た事がある貴重な人間の一人です。
勿論、仮面ライダーもバリンコ観ておりましたが、
8時からは局を替えた8時だヨ!全員集合を中心拠点とした、
ザッピング・ジプシー生活がどうせ待っていたんでね。
その前のこの時間も、ザッピングに厭いは無かったんです。
小学館の学習雑誌は、当時絢爛を極めていた変身ヒーローブームを
テレビマガジンのように何故かプッシュした記事が満載でして。
雨後の筍の如く量産されていたヒーロー物ほとんど全て、
その最新情報を知らせるコーナーとかが有りました。
何故かとか書いちゃったけど、そらセールスの為なんだろうけど(笑)。
で、たしかこの番組の情報も、小学館学習雑誌で知ったんだと思います。

本邦初の、特撮アトラクション。本邦最後ともなりますが(笑)。
仮面ライダー人気絶大なりし折り、全国の百貨店・スーパーなどで
アトラクション・仮面ライダーショーが人気の高い呼び物となってました。
我が地元でも当然やった事があり、白眉は地獄大使が来た事です。
キノコモルグさんとか普通の怪人も来たんですが、
そうした普通の怪人連中は、中に誰が入っているや知れん。
名も無き素人がやっているのはガキから見てもミエミエなわけです。
が、地獄大使は顔が出てるんだから(笑)。紛う方無き潮健児本人。
ワタクシは午前の部も午後の部も物好きに両方とも観て、
地獄大使に「君はさっきもいたな」と苦笑された想い出があります(苦笑)。
地元に密着したスーパーや百貨店が、客引きも兼ねたサービスとして、
郷ひろみだのアグネス・チャンのようなバリバリのアイドル・ショーとか、
こうした子供向けキャラクターショーを当たり前のようにやっていた。
昭和時代っていうのはそういう温かい時代でもありましたっけ。

で、そんな人気のアトラクショーを、テレビ番組でやっちゃおうという企画。
それがこの突撃!ヒューマンなんですが、ワタクシ、当時子供ですけどね。
絶対当たらないとわかりましたし、何か勘違いしてるなと見てました(笑)。
別にアトラクショーを好んでいるんじゃなくて、
あくまで実際に見られるというのが大きいんでね。
それでなかったら、小さな舞台で小さな人間がエイヤットーとかやってるのを
客観的に見せられたら、ガキらは嘲笑の対象にしかしないでしょう(笑)。
あのウルトラマン前夜祭もそれに近い雰囲気が有りましたけど。
見る前からそんな想像がついていたこの番組に
ワタクシがチャンネルを合わせたのは、もちろん嘲笑の為(笑)。
どんなもんだか見ておこうという好奇心が湧いたのは確かです。
そういう意味では、話題作りにまんまと乗せられた視聴者なんですけど(笑)。

舞台は正に8時だヨ!全員集合のような普通の会場。
そこに主人公・岩城淳一郎を演じる夏夕介が登場して始まったその世界は、
期待通りの脱力的客観アトラクショーの寒々とした映像(苦笑)。
勿論、スーパーのアトラクショーなんかと段違いに金はかかっているので、
照明とかドライアイス、音響などを駆使した演出で
一生懸命盛り上げようとはしているんですが、
どうしたってチープな感じは払拭できるものではありませんでした。
体操教師の岩城淳一郎が体操などをして活動しているところへ、
キング・フラッシャーの操る怪獣たちが暴れ込んでくる。
真っ赤な照明を当てられ、ドライアイスの煙モクモクの中(笑)。
さあ、岩城先生のピンチだ。みんなでヒューマンサインを回そう!
ってな感じで、会場の子供達が一斉にヒューマンサインをクルクル回すと、
岩城先生はヒューマンに変身。ってな流れでした。

このヒューマンサインってのは表と裏で色が違う紙製の円盤で(笑)、
おそらく会場で配られてたんでしょうが、指を入れて回すモノでした。
その時は会場に画面が移るんですけど、回している子供達の
気乗りのしていない表情を、ワタクシはいまだに忘れられません(笑)。
そらそうですよねー。おそらくまだ放送開始前なんだろうし、
特撮映像に比べればチープな感じが否めないアトラクショーを見せられ、
会場隅にいるADの合図で強制的に回させられてたんでしょうから(笑)。
ガキってけっこう醒めてる部分も有るからね。
人気が沸騰してからなら企画意図通りの反応をしてくれたんだろうけど、
海のものとも山のものともしれぬ存在が相手では、そんなもんでしょう。

こんな具合ですから、裏のライダーを脅かすなど有り得るはずもなく(笑)、
たったの1クールで終了という、或る意味予想通りの結末でした(苦笑)。
キャンディーズ直前のスーちゃんがミニスカで頑張ってたんだけどね。
夏夕介と田中好子が後に有名になった事が、せめてもの救いでしょうか。
テコ入れの為に、たった1クールの番組だというのに、
主人公が死んじゃうかもって話が学習雑誌でスクープされたもんでした。
おいおい。ついこないだ登場したばっかだろ(笑)。
そして弟ヒューマンが登場するのでみんな見よう!みたいな煽りでした。
ところが弟ヒューマンが大々的に出たその翌週、
兄のヒューマンもしっかりと生きていて、ダブルヒューマンが実現。
ダブル・ライダーで盛り上がったのをそのままパクるのはまあ良いとして、
あまりに性急過ぎませんかね、たった1クールの間に(笑)。

そんなこんなの、始めから終わりまで脱力感満載の徒花ヒーロー物でしたが、
時が経てばまた観てみたくなってしまうのも人情。
ところがこれ、ビデオ撮りだったもんで、どうも一度再放送した後、
例によって消されてしまった可能性が高そうです。
日テレは民放第一局でありながら、文化的にテレビ界を引っ張るという
意識は皆無だったようで、残存映像の少なさに呆れます。
さあ、数少ないこの徒花を観た当時の少年達よ。
せめて記憶語りでこの番組の姿を伝え残して行こうではありませんか。
と呼び掛けても、観ていた人は本当に少ないだろうなー(苦笑)。
提供は明治乳業とかやっていたようですけど、
裏のライダーを提供する前だったんでしょうか?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
かすかな記憶
ファイヤーマンに似た顔をしていたこと、会場で実演していたこと、子供たちのヒューマンサインで変身すること、敵がキングフラッシャーであったこと等は憶えていますが、細かなストーリーを含め、敵の怪人もよく憶えてません。・・・ヒューマンは棒状の武器を使っていましたか?突撃ヒューマンにもライダー・カードみたいなカードがあったんですよね。手持ちのカードの中のニューマンがステッキのような棒を持っていたような気がするので・・・。そんな朧な記憶がありますが、子供でも「B級」だとわかる番組でした。
2007/01/17(水) 12:17:33 | URL | ザンジバル
何回か見た記憶が
 いくら大人気の『仮面ライダー』でも、一時期は飽きてしまったこともありました‥‥。今はファンを名乗っていますが(^^ゞ

 そんな時、この『突撃!!ヒューマン』を見たことがあります。

 変身シーンは、TVでは逆光でライトが当たり、画面が真っ白になる描写でした。会場ではどうやっていたのでしょう‥‥。

 「ヒューマン・サイン」は雑誌の付録に付いていました。ヒューマン2号が登場する頃には、会場の子どもも一所懸命に回していましたヨ(笑)。

 「ヒューマン」のデザインは『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』でヒーローや怪獣のデザインを手掛けていた成田亨氏によるものです。カメラの映り込みを気にせず、また照明効果を上げるために、ギラギラのステンレス製なのですよネ。

 成功する番組とは思えませんでしたが、振り返ってみると意欲的な番組だったと思います。
2007/01/17(水) 16:55:04 | URL | 自由人大佐
意外と見られていた?
● ザンジバルさん
ファイヤーマンに似ているとは思いませんでしたけどね。
なんか、梅干し食べたみたいな顔に見えましたが(笑)。
大佐殿が書いているように、アルミ箔まとった感じでした。
ヒューマンのカードなんて見たこと無いですねえ。
1クール終了なのに作る余裕有ったんでしょうか。


● 大佐殿
ああ、変身シーン、そんな感じでしたね。
会場でもやはりライトで眩しくしてたんじゃないですか。
そう言えば、この番組を会場に見に行った人って聞かないですね。
みんななんの番組かわかってなかったからなんだろうな(苦笑)。

付録に有った気しますね。
会場の子供も一生懸命回してましたか?
じゃあ、もう少し辛抱すれば多少は伸びたかもしれないですね。
1クール終了って、本気でやる気が有ったんだか(苦笑)。
あのアルミスタイルも考え込まれたものでしたか。
そんな成田氏の苦労も1クール終了では…
2007/01/18(木) 00:27:50 | URL | ごいんきょ
ライダー派でしたが(笑)
何故か見た記憶があります(笑)
山田康雄氏のナレーションもかすかに記憶が・・・
何故だろう?
(ちなみに関東在住ですが)

♪ヒュヒュヒュー
   ヾ
風が吹くように
どこからとも無く現れて、
強い身体に(へ?)鍛えようと・・・

といった歌い出しもかすかに・・・
意外にインパクトが強い番組だったのかも知れませんね。
2007/01/18(木) 15:35:25 | URL | nenkorhoads
夏夕介さん&西嶋明彦さん
「突撃!ヒューマン」とは懐かしい!そう、ありました。
当地では「仮面ライダー」はネット局の都合なのでしょうけど、土曜日の夕方5時か、日曜日の午前10時の放送だったので、「ヒューマン」は
土曜の夜にチャンネル権を持つ父親
が留守だったので、夜更かし土曜の
一番手として、夕食後に見た覚えがあります。舞台中継といった雰囲気で、8時からの全員集合ともども懐かしく思い出しました。
さて岩城淳一郎役の夏さんといえば芸能人運動会で走り高跳びなどで長い足でスター・にしきのや身軽なあいざき進也と首位争いを演じていたのを思い出します。この「ヒューマン」でも体操教師役で舞台上で側転やばく転をスタントなしでこなしておられたのではなかったかと思います。
弟のカメラマンの淳二郎役・西嶋さんも負けず劣らず体操は得意だったようで、前後して出演されていた「ウルトラマンT」の上野隊員役でも怪獣から側転で逃げていたのを思い出します。結局体操ができるのが配役の決め手だったのでしょうね。
夏さん西嶋さんともに中々のイケメンでした。
よく覚えてるのは、「兄のヒューマンが殺されてしまうシーンで、淳二郎が人質としてつかまり、怪獣に目を潰されたヒューマンが剣で止めを刺されて淳一郎に戻り、弟の手の中でお前にヒューマンを譲る」というシーンがあったように思います。映像では出せない情緒あふれるシーンだったと記憶しています。会場でも涙を流している子供がたくさんいました。いずれにしてももう一度見たいなと思います。
2007/01/18(木) 16:33:59 | URL | 田毎の月
実はメジャー?(笑)
うーん…
まさかこの番組を見ている人がこんなにいるとは、完全に予想外でした。
男の常連さんの多くが見てるんじゃないですか(笑)。
視聴率なんて一面的なものに過ぎないわけですね。


● nenkorhoadsさん
あれ? ナレーションは山田さんでしたっけ?
それは覚えてなかったです。

主題歌は舞台上と客席でみんなで歌うんですよね。
たしかエンディングでも歌ってたかな?


● 田毎の月さん
田毎の月が見える雅なご当地では、ライダーほどの人気番組でも
そんな辺鄙な時間帯に放送されていたんですか。
うーん、つくづく地方事情は奥が深い…。
しかし、この貴重マイナー番組をリアルで完全に観られるという副産物も有ったんですね(笑)。

芸能人運動大会でにしきのさんが大活躍したのは勿論よく見てましたが、
あいざきさんとか夏さんが活躍していたのは覚えてませんでした。
体操教師の役でしたから、その手の運動やってましたよね、舞台上で。
たしかマット運動みたいな事もしてて、全員集合とのカブリ感が増幅されたような(笑)。

弟ヒューマンはまったく覚えてません。
ウルトラマンタロウに出てたんですか。
特撮に強い大佐殿も見逃していたようですね。
まだ特撮番組の鉄人の名は与えられないなあ(笑)。

弟との交代シーンは貴重な話ですね。
そんなに盛り上げたのに、翌週に出てくるって…(苦笑)。
しかし、会場の子供も泣いちゃってたって、
結構いい反応出始めてたんじゃないですか。
ちょっと性急すぎますよね、1クール終了って。
或いは、いくらなんでもライダーの裏にもってこなければ
もう少し可能性も有っただろうに。
2007/01/19(金) 03:04:37 | URL | ごいんきょ
北海道では…
バッチリ「ライダー」の真裏でしたので、時々敵情視察(?)のつもりで観てました。キャンディーズでデビュー以前の田中好子さんがレギュラーでしたし、舞台劇ということで、「マジック(今で言えばイリュージョン)」のテクニックを使って、胴切りや串刺しみたいな事もやっていたように思います。ヒューマン2号は明らかに「ライダー」の影響を受けてのテコ入れ策だったのでしょうが、結果は…でしたねぇw
でも、後年ヒューマンのマスクがステンレスの叩き出し!というのを知り、ちょっと感動したものです。それにしてもあの顔つき、成田デザインだけあって、やはり「セブン」を彷彿とさせるなぁ、と思うのは私だけ?
2007/01/20(土) 02:06:22 | URL | おやじバンザイ
連貼りすいません…追記
そういえば、最終回でビリー・バンバンの「さよならをするために」を出演者が大合唱(?)していたのですが、子供心に「唄えねぇ…」とひいてしまったのを思い出しましたw
2007/01/20(土) 02:11:58 | URL | おやじバンザイ
たぶん私も
記憶にあります。
円盤ぐるぐる…小学館の学習雑誌の付録についてたような。
2007/01/20(土) 22:07:42 | URL | 桃
でっかいどー!
男の常連さん、ほとんど見てはるがな(苦笑)。
こんな事態になろうとはつゆ思わず。


● おやじバンザイさん
胴切りに串刺しですか(苦笑)。
でも、串刺しはなんとなく覚えてます。
人物が或る場所から消えて、いきなり別の場所に現れるっていうのは有った気がします。
そう言えば、万国ビックリショーみたいな番組で、
よく人体胴切りやってたっけなあ。
あれはハラハラドキドキだった。
造形、セブンの雰囲気は多少感じますね。


● 桃さん
小学館学習雑誌の付録にあったかもしれませんね。
2007/01/20(土) 23:02:01 | URL | ごいんきょ
1回だけ見ました
ヒューマンたしか見たのは1回だけだったはず。仮面ライダー見てましたから・・・。なのに、強烈な印象があっったらしく、「ケロロ軍曹」にパロディが出てきたとき、即座に思い出しました。同僚に話したら、彼も見た覚えあると言ってました。1回見たらたぶん忘れられないのでわ・・・。会場に行ったことある人のお話聞けたら楽しそうですね。
2007/01/21(日) 13:04:20 | URL | Daaw
ケロロ軍曹
でヒューマンのパロディですか?
見てないのでなんとも言えませんが、あんなマイナー番組パロディにするもんですかね?
この辺はもしかしたらガッツさんあたりが書いてくれるかも(笑)。
2007/01/21(日) 20:26:38 | URL | ごいんきょ
見てました
小学一年生でしたので、
なんとなく覚えています。
それなりにおもしろかったです。
目を潰したシーンはショックでした。
2007/05/17(木) 22:06:58 | URL | もも
目を潰したシーンというのは、おそらくヒューマン兄が死ぬ回ですよね。
しかし想像以上に見ていた人が多い番組でした。
2007/05/18(金) 01:03:38 | URL | ごいんきょ
生放送
本作品は全て見ました
私は当時小学生で 仮面ライダーが嫌いな変な子供でした
(何がキライかって どんなに戦っても涼しげに立ち振る舞うその姿...)  ^^;
 
たまたま 一回目放送を家族で見た時の事...
番組後半 純一郎の額から
滝のように流れる汗の 顔のアップが映った時
母が「うわぁ..」と叫び
ヒューマンが敵を倒し決めのポーズをした時の
肩で息をする姿を見た父が「こりゃ大変だ...」と呟きました
純一郎のフラフラになりながら セリフを喋る姿をみて 
私はリアルヒーローの誕生と←(子供のレベルで)
興奮したのを覚えています

舞台装置は 今で言うイリュージョンですね
ロッカーに閉じ込められた純一郎が姿を消したり
舞台に居た筈が 観客席から現れてみたり

ヒューマンの空を飛んでの登場も 毎回では有りませんでした
「チェンジ!」と同時に煙りが上がり ヒューマンが現れる変身から
物陰で入れ替わるだけの 単純な変身まで
中には大人も驚く変身が(伝説のギロチン変身)
しかも その変身は会場の皆の声援が少ないと失敗してしまうので
会場の子供達は 狂った様に声援を送ってました

因みに煙りの変身は 声援が少ないと
純一郎が咳き込んで失敗しますw

あと カードですが私も50枚ほど持ってます
変身ベルトよりも カードが欲しかったのでw

それから 生放送もやってましたよ
私にとって この放送で見たヒューマンが
最初で最後の「リアルヒーロー」です


 
2008/02/07(木) 11:16:51 | URL | ラクア
これはこれは、ヒューマンのようなマイナー番組で、
これだけリキ入れたコメントくださる人がいるのは嬉しいです。
ヒューマン全話視聴は貴重な人材のように思いますよ。

ライダー、いつも涼しげでしたっけ?(笑)
ワタクシはむしろ、いつも苦悩の表情を浮かべていたイメージなんですが。
ああ、なるほど。
ヒューマンはアトラクヒーローですから、その場で動きながら
セリフもしゃべっているわけですもんね。
アフレコ特撮のライダーとは、そういう意味での臨場感は違っていたかも。

うん。まあ、単純な仕掛けだろうと子供心にも推察できましたが(笑)、
イリュージョンのような見せ場もまま有りましたよね。
物陰での変身もたしかに有った(笑)。
ギロチン変身だの煙の変身だの、様々な変身バリエーションが有ったんですか。
なんか、会場でクルクル円盤を回すだけかと思ってました。

ヒューマンのカードって有りましたっけ?
今もお持ちって事ですか?
出品したらかなりの値がつきそう。
2008/02/08(金) 01:10:03 | URL | ごいんきょ
みんな、レッドサインを回せ!回すんだ!
♪ヒューヒューヒュー
 ヒューヒューヒュー
 風が吹くようにどこからともなく
 現れて
 「強い身体をきたえよ」と
 僕らに教えてくれる人
 その名は岩城淳一郎
 チェンジするんだ正しい男
 突撃ヒューマン 突撃ヒューマン
 僕らの先生

っていう主題歌だったなぁ。我慢できなくて、唄っちゃったぁ。ヒーローの歌じゃなくて、岩城先生の歌だね。

ところで「突撃!ヒューマン」って放映の2週間前に公開録画されたんですよ。つまり公録を観た子供達が家に帰ると2話前のエピソードが放送されていて、「1日で2度おいしい」ってシステムだったんでしょうね。だから生放送があったというのは記憶違いだと思われます。そもそもあれは生放送なんて出来ません。公録ではミスやハプニングも多かったらしいですよ。

ちなみに「ヒューマン」の企画時のタイトルが「強人!スカイダー」だったとご存じですか。企画書の日付は第1回収録の2ヶ月半前だから、直前まで「スカイダー」だったんですね。そっちの方がカッコよかったりして。
2008/02/09(土) 00:23:22 | URL | 石毛零号
うーん、どうだろう。
最終回の直前に、生放送が有ったような気もしますけど。
アトラクヒーローですからね。
やって不可能ではないでしょうし。

スカイダーだと、ライダーのパクリ色が強すぎますよね(笑)。
2008/02/09(土) 04:12:32 | URL | ごいんきょ
ヒューマン・データ
私も当時の事を完璧に憶えている訳じゃないんですけども、実はちょっとした資料を持っておりまして、それによると収録日は全て放送日の2週間前となっています。
ちなみにこの番組は関東各地の市民会館、公会堂を廻って公開録画が行なわれましたが、会場は川口、上尾、土浦、江東、足利、府中、草加、渋谷、柏、大宮、川口、江東、府中の順になっています。

ところで興味深いサイトがあります。下記のヒューマン・アドレスを回せ!(笑)
http://minicard.hp.infoseek.co.jp/ahuman.htm
2008/02/09(土) 13:18:21 | URL | 石毛零号
お詫びと訂正
ごめんなさい。アドレスが間違っていました。正しくは下記のアドレスです。

http://minicard.hp.infoseek.co.jp/ahuman/ahuman.htm
2008/02/09(土) 13:30:55 | URL | 石毛零号
ああ。収録日の資料があるんですか。
じゃあ生放送というのはきっと記憶違いなんでしょう。
ヒューマンカードって、スナックが有ったわけじゃないんですよね(笑い)。
ならわかります。
当時、我々の間ではカード飛ばしというのが流行ってまして、
机の角にカードを置いて、靴を脱いでその裏で叩いて飛ばし、
一番飛ばした人間が総取りという遊びでした。
カードはもちろん痛みますから、コレクション目的のものは使えません(笑)。
そこで、割高なスナックのオマケではない、カード売りのカードも需要が有ったのです。
2008/02/10(日) 18:41:10 | URL | ごいんきょ
ヤフートピックスで!
またも大変ご無沙汰しております。

本日、ヤフーのトップページに「幻の特撮ヒーローがDVD化」とあったので何かと思ったら、この「突撃!ヒューマン!!」がDVDの中に蘇るそうで。
当時、劇場中継だったことからライブラリーが残っていないらしく、今回もたまたまアマチュア・カメラマンが地方でショーをやった際の動画が出てきたというレベルのようですが。
でも、「仮面ライダー」の裏ながらも気になってチャンネルをザッピングしてました。
放送時、番組の怪人のコスチュームを視聴者プレゼントしていて、当時その応募先を母に控えてくれと頼んだのにしてくれず、大泣きして、飽きれた父が日本テレビに電話で問い合わせて応募先を聞いてくれたことを覚えてます。
(応募は落選しましたが。。。)
まさか、ヒューマンがヤフーのトップページ・ニュースになるなんて…意外です!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000011-ykf-ent
2010/01/14(木) 20:19:11 | URL | さむがい
コメント戴いてタイトル見た時には、え!?と驚きましたが(笑)。
8mmでは音声も無いでしょうし画質も悪いですし、
ワタクシにはどうでもいい感じのニュースだなあ。
ワタクシはあくまでもテレビ番組が好きなので、映画版すら興味無いんですよ(笑)。

コスチュームって、あの、何百万もするやつですか?
うーん、懸賞品の上限を超えてるんじゃないかな。
でも、もし持っている人がいるなら是非コメント戴きたいですね。
2010/01/16(土) 19:30:47 | URL | ごいんきょ
♪ヒューヒューヒュー
YouTubeで「ヒューマン」の主題歌(レコード)がアップされているんですが、久しぶりに客観的にその歌を聴いて、唐突に「何かに似ている」と感じました。何だっけ何だっけと考えて、そして閃きました。マージョリー・ノエルの「そよ風にのって」。日本でも多くのカバーが出ていた名曲ですが、う~ん、イントロがそっくり。
2010/01/26(火) 08:49:27 | URL | 石毛零号
ヒューヒューという語感
北風とかの擬音や冷やかすときに言う語とか10年前後くらい前の桃の天然水のフレーズに用いられていたとかであろうかな
もしかしてもう一つぐらいこのopテーマに似た曲もあるのかも

にしてもこの作品は和訳すると「突撃人間」というタイトルになりはしまいかな
2010/01/27(水) 21:16:06 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
夏夕介さんのご冥福をお祈りいたします
昨日こちらのサイトで何十年ぶりかでヒューマンのことを思い出し、また詳細に記憶されている方に感心していた所で、夏さんの訃報に接し、とてもびっくりしています。謹んでご冥福をお祈りいたします。
2010/01/27(水) 23:42:23 | URL | ぱぱち
公開録画の番組なので
関西人の自分には、公開録画=吉本新喜劇、みたいなイメージがあって、ヒーローものという感じにはならず、全くなじめずに新番組のとき冒頭を数分観てすぐにチャンネルを替えてしまいました(^_^;)
でもコメントの多さから、当時かなりご覧になった方がおられることに、今更ながら驚いています。
2013/04/20(土) 13:35:53 | URL | ほけみん
● 石毛さん
ソックリと言うか、明らかにパクリですよね。
歌詞も、「風が吹くように」とか有るし、確信犯的です。
たまに歌詞まで意識したパクリ有るんですよね。
原田真二さんのキャンディ(ビートルズ:ミッシェルのパクリ)が代表的ですが。


● ガッツさん
突撃人間、笑っちゃいました(笑)。
何故か気がつかなかった(笑)。


● ぱぱちさん
そうか。随分と若くしてお亡くなりなんですよね。


● ほけみんさん
なんと言うか、当時これでもかって程にヒーロー物が量産されたんで、
どれを選ぼうかって感じで、みんな取り敢えず一回は見ていたんだと思うんですよね。
2013/04/21(日) 06:08:24 | URL | ごいんきょ
「部長刑事」と「仮面ライダー」の争いに終始した家庭だった私には語る資格が無いでしょうが(汗)
何せ6chの「部長刑事」が「全員集合」の前座でしたので、そこをダイヤル式のチャンネルをガチャガチャと4に合わせる苦労といったら、ボタン式しか知らない昭和50年代以降生まれの人には分からんでしょうね(笑)。まして関西テレビ(フジ系列)の8chの又先の10chまで回すとなると親の目を誤魔化して「あ!回しちゃった!」と素っとぼける事すら出来ないですし(笑)。

まぁ、クロスネット局を多く抱え、又、丁度名古屋テレビを巡ってのNETとの鞘当てが佳境を迎えていた(そう、この番組が始まった月に名古屋テレビが一方的に土曜編成をNTV同時ネットからNETとの同時ネット(つまり、この時間なら「仮面ライダー」)に切り替えた訳です)ので、どうしても強烈に仮面ライダーを意識した番組を作らざるを得なかったという側面もあったんでしょうが。
仮面ライダー+全員集合って感じのコンセプトに加え、やはり子供に大人気だったピンポンパン体操等の「体操のおにいさん」要素まで盛り込もうとした意欲は認めますけどね(笑)。
後、「ハッチャキマチャアキ」(「カックラキン大放送」の前身)で、堺正章が観客席の子供と協力してウルトラ怪獣(円谷協力の本物)をやっつけるというコーナーが人気を博していたのも、この番組の企画に少なからず影響したとも言われていますね。
2013/04/30(火) 19:28:54 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
ハッチャキマチャアキも、完全なる全員集合パクリ企画でしたけどね(笑)。
まあ、子供を直接的に参加させた点が新しかったですが。
2013/05/02(木) 07:20:04 | URL | ごいんきょ
レコード持ってます
私は当時名古屋に住んでました。
(現在は同じ愛知県の一宮市在住です)
東海地方では仮面ライダーは、当時日曜の19:00に放送していて、ヒューマンは問題なく観れました。
友人も皆観ていたと思います。
ヒューマンサインも小学館の学習雑誌の付録についていたのをテレビの前で一緒に回してました^_^
ストーリーはほとんど覚えてませんが、結構熱中して観てました。
確か10月〜12月までの放送で、この年のクリスマスプレゼントがヒューマンのレコードでした!
朝枕元にこのレコードが置いてあり、「サンタクロースさん、ありがとう!」と叫んで喜びました。(笑)
ちなみにコロンビアレコードで、ジャケットには夏夕介さんによる変身ポーズの図解写真が載っていました。
成田亨さんといえば、スペクトルマンもそうですよね?
2014/05/01(木) 06:35:59 | URL | でんちゅう
空飛んでいました
つい懐かしくて読んでしまいました。
多分全話見ていたのではないかと思います。(仮面ライダーも大好きだったのですがなぜでしょう?)
記憶に残っているのは、ヒューマンサインという「うちわ」を回した後に舞台の後ろ側から出現し、舞台の脇まで空を飛び(といっても、ワイヤーに吊られた人形が移動するだけですが)そのままカーテンに人形が飛び込み、代わりにちゃんとしたヒューマンが出てくる といった感じの演出があったと思います。
高校時代に町で配っていた紙うちわに指を入れてクルクル回し、「ヒューマンサインだ」と言ったら、何人か反応したので、私と同世代の人は、それなりに見ていたのではないかと思います。
2014/06/07(土) 18:13:35 | URL | ふわらじ
● でんちゅうさん
コロムビアの、特大サイズのアレですね(笑)。
レコード店で少しでも目立つように縦長にしていたのですが、
収納性が悪くて最悪です(笑)。

え。東海でもライダーが同時ネットではなかったのですか。
うーむ。ヒューマンへのこれまでの意識変革が必要なのかもしれません。
スペクトルマンもそうですし、共通性ありますね。


● ふわらじさん
ライダー好きなのに全話見ていた人は、さすがにそうはいないでしょう(笑)。
そうそう。ワイヤーで上をヒューマンの人形が飛ぶんですよね。
そして岩陰あたりから人間体が出てくる。
ヒューマンサインがそんなに有名だったなんて。
世代を超えた普遍性はまったく無いでしょうけどね(笑)。
2014/06/11(水) 01:30:11 | URL | ごいんきょ
洋楽パクリ
突撃!ヒューマンのテーマが、マージョリー・ノエルの「そよ風に乗って」のパクリというのは有名ですが、同じ頃に放送されていた、アニメ「山ねずみロッキーチャック」のテーマは、もろに「夢見るシャンソン人形」のパクリです。

実際、Wikipediaの「夢見るシャンソン人形」の項には、〔「山ねずみロッキーチャック」のテーマは、「夢見るシャンソン人形」を元にして作られている〕というような記述があります。

番組とは直接関係ないですが、洋楽のパクリつながりと、「山ねずみロッキーチャック」のスレがなかったので、こちらに書きました。
2014/06/13(金) 05:05:18 | URL | 10000k
ああ、たしかに似てますね。
ただヒューマンの場合は確信的なんだろうなと思ってますけど、
ロッキーの方はどうなんだろう。
どういう根拠でああいう事を書いてるんでしょうね。
岩谷先生と作曲家が繋がりあるなんて、あの当時はむしろ当たり前でしょうし。
2014/06/13(金) 23:28:32 | URL | ごいんきょ
懐かしさと記憶のあいまいさ
はじめまして。
「突撃ヒューマン」、猛烈に懐かしいです! 番組が始まる前、小学館学年誌だったかに、件の円盤が付録としてついていたのを覚えています。
しかし一つ疑問がありまして、放送当時に住んでいた所(東京都多摩地域)では、記事本文にあるように土曜日夜7時半に放送していたはずなのに、私は土曜の夕方に観ていた記憶があるのです。昔の事なので、記憶があいまいになっているのでしょうか?他の番組の記憶と混同しているのかもしれません。
でも、私の中では「突撃ヒューマン」は「夕暮れ時」と結びついているのです。
2014/06/19(木) 11:33:57 | URL | 今は千葉県民
はじめまして。
やはり学年誌の付録になってましたかね。
ワタクシも朧にそんな記憶は有りますが。
一回だけ再放送したようですので、そちらのご記憶では?
2014/06/20(金) 22:35:45 | URL | ごいんきょ
藤岡弘、氏
なんかの本で読んだんですが視聴率とは裏腹に出演者やスタッフの結束は素晴らしかったとか。最終回は涙、涙、また涙。その話を聞いた裏番組の主役である藤岡氏は「試合に勝って勝負に負けた。」的な発言をされたとか。当時からサムライだったんですね。
2014/09/08(月) 20:55:32 | URL | とらお
うーん。
という事は、藤岡さんは現場の結束に満足してなかったという事なのかな。
あの事故での長期欠場でも降板させなかったこちらの現場も、
まったく負けてないと思うんですけど。
2014/09/11(木) 06:05:27 | URL | ごいんきょ
滑車で…
いやー懐かしい
「さあみんな!ヒューマンサインを回してヒューマンを呼ぼう!」のかけ声で会場のガキ共が(私もガキだが)一斉に回したら、ワイヤー+滑車でヒューマンが舞台に突っ込んで(無論、人形)、舞台袖からスッとヒューマンが登場してましたねー。
もう10年くらい経ちますかね?
夏夕介さんがお亡くなりになったのは。
2016/12/28(水) 20:50:07 | URL | 骸骨
そうそう。正にそうでした(笑)。
会場にアナウンサーの声が流れるんですね。
するとヒューマンの人形が天井を飛んできて(笑)。
岩場の影まで行くと、そこから人間ヒューマンが飛び出してくるという。

人間ヒューマンってのもおかしな表現ですが(笑)。
2016/12/31(土) 08:42:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。