私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



チャコねえちゃん (1967)

チャコねえちゃん (1967)

只今、子供向けドラマカテゴリーを特集中でございます。
子供向けドラマと言えば、どうしてもヒーローものが多い。
しかし、子供を中心として一家揃って楽しめる、
子供向けホームドラマというのが昭和時代は有りましたし、
人気もかなり高かったですね。
中でも代表格が、チャコちゃん・ケンちゃんシリーズでしょう。
ケンちゃんシリーズ最盛期には視聴率30%を突破。
ワタクシの世代の人間なら、まず一作は必ず見ているはず。
なのに、なぜか反響薄いんだなあ、このシリーズ扱っても(苦笑)。
なぜかと考えるに、どうも、親たちの方で選んでいて、
子供たちはそれほど熱中しては観てなかったのかもしれないですね。
まあいいんです。子供向けドラマの代表なのは間違いないんで、
とにかくこのシリーズを扱わないわけにはいかない。
反響無くても(笑)。
で今回は、ケンちゃんこと宮脇康之初登場となるこのシリーズです。

爪色の光を振りまいて さえずりたい 私は小鳥
翼ひろげて真似てみる 風のはやさを
黙って見ているパパとママの目の前で
ほんのちょっぴり背伸びしながら 私はめくる
夢いっぱいのカレンダー

「チャー姉ちゃん、大変大変」
「なあにケンちゃん、どうしたっていうの?」
「大変なんだよ、一大事件」
「まあ少し落ち着きなさいよ。しょうがない人ね」
「へえ、チャコ姉ちゃんって、だんだんママに似てくるね」


この頃はまだ宮脇康之も、滑舌おぼつかぬカワイイ語りでした。
ところが、話し方は幼児そのものではあっても、
その演技力たるや、ちとそれまでの子役常識を一変させる素晴らしさ。
お姉ちゃん役で本来は主役である、この枠をずっと引っ張ってきた
四方晴美・チャコちゃんが、アッと言う間に霞んでしまう注目度。
そう。そもそもこのシリーズはチャコちゃんシリーズであって、
やはり四方晴美がまだ喋りもたどたどしかった頃、
その子供らしさと大人びた社長役とのギャップがウケた
『チャコちゃん社長』から一気に人気が爆発したシリーズでした。
それにどうして弟役を入れたのか、ちょっとわかりかねる部分です。
いずれにせよケンちゃんの加入で人気は正に鰻登り。
次作・チャコとケンちゃんまで二人でやった後、
次々作・ジャンケンケンちゃんからはチャコちゃんが降板。
正式にケンちゃんシリーズへと主役禅譲されるのでした。

考えてみればチャコちゃんの人気って、女の子女の子していない、
お転婆な活躍にあったわけで、中学生とかになってしまうと、
それはもう描けなくなるのは自明でしたから、
自然とバトンタッチできるよう、姉弟路線を間に挟んだんでしょうが。
で、この番組ではチャコちゃんは、弟ができたもんで
より一層お転婆ぶりに磨きがかかります。
ケンちゃんの仲間はずれを助ける為に、仲間はずれにした子らを
譴責して泣かせてしまい、そこからその子らの姉たちと戦争になったり。
落とし穴に落ちて、すり傷・たんこぶをこさえて帰宅。
パパやママは心配するは、これでも女の子かと呆れるは。
意気盛んで二言目には食ってかかり、取っ組み合いも辞さない。
そんな強いお姉ちゃんがチャコちゃんでした。
一方のケンちゃんは、調子が良いというか、八方美人。
でもカワイイから、パパもママも何も言えないし、
お姉ちゃんもしょっちゅう喧嘩するけど、最終的には許しちゃう。

舞台となるのは田中家で、お父さんは佐藤英夫、お母さんは高田敏江。
チャコちゃんの役名は比佐子で、ケンちゃんは普通に健一。
これら設定は次作の『チャコとケンちゃん』でも引き継がれました。
そこではケンちゃんの腕白ぶりがより強調され、
チャコちゃんはちょっとだけ、ほんのちょっとだけだけど(笑)、
女らしさとかお姉さんらしさが出されてましたっけ。
でも、このシリーズまではチャコちゃんもまだ四年生という事で、
バリバリのお転婆で、ケンちゃんとの喧嘩もしょっちゅうだったよなあ。
提供はモチのロンでライオン油脂&ライオン歯磨。
オープニングのライオンこども劇場スタイルや、エンディングの
♪ ラーイオ~ン 「バイバイ」「バイバイ」「また見てね」
のご挨拶で終了スタイルも、この頃から有ったと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
チャコちゃんは
私が、物心ついたころ見ていました番組です。懐かしいですね!四方晴美さんは、今は千葉のマクドナルドの店長さんだそうですよ!
2007/01/23(火) 22:57:03 | URL | gonbe
四方晴美さん
ああ、なんかそんな噂聞いた事有りますね。
かなり前の話ですが、今でもなんでしょうか。
2007/01/24(水) 01:13:26 | URL | ごいんきょ
悩み相談
「少女フレンド」に悩み相談のコーナーがあり、3ページ半にわたって再現ドラマ風な記事で悩みが書かれているのですが、残りの半ページでチャコちゃんとご両親、お姉さんの一家4人が話し合いながら回答していました。
いつも家族の写真が載っていて、チャコちゃんは3,4年生くらいでした。
回答の最後が大抵、「おうちの人に相談しましょう」という感じだったのが物足りなかったです(笑)。
2007/02/09(金) 20:49:36 | URL | モデラート
私の知らない世界
さすがに少女漫画雑誌に関しては全くの知識空白区ですので(笑)、
こういう話はとても有り難いです。
あの、『パパと育児手帳』の出演一家という事ですね。
ああ、お姉さんがいたんですね。
そう言えばパント・ポップ・ショーの写真でも、
チャコちゃんともう一人女の子が映ってました。

>おうちの人に相談しましょう
いいオチだなあ(笑)。
2007/02/09(金) 21:17:36 | URL | ごいんきょ
四方正美さん
チャコちゃんのお姉さんは、確か四方正美さんという名前だった気がします。
いくつかドラマにも出てたのかも・・・。
あと、チャコちゃんは、今でもマックのすごい優秀な店長さんらしいです・。(週刊誌で読みました。)
2007/02/11(日) 22:42:47 | URL | たけし
パパの育児手帳
には当然出てたんでしょうけどね。
他のドラマでも子役やってたんですか。
あまり聞かないですね。

今でもマックの店長ですか。
ワタクシ、個人的には嫌いな食べ物ですけどね(苦笑)。
2007/02/12(月) 00:16:17 | URL | ごいんきょ
約100分の12
「チャコちゃんシリーズ」は観ていた筈なんですが、エピソードは全く憶えていません。でも1シーンだけ印象的に憶えているシーンがあります。それはケンちゃんがバスから降り遅れる(実際には降り遅れそうになる)場面です。あのシーンがもう一度観たい、でも観られないというジレンマに駆られていたんですが、数年前に発売されたDVDを観てびっくり。そのエピソードが入っていたんです。チャコちゃんとケンちゃんが共演しているのは、約2年間で約100エピソード。DVDは12話セレクトされているんですが、その内の1本に選ばれるなんて、もう奇跡を感じました。

そのDVDには、もっとびっくりするシーンが入っていました。南国の温泉地へ行くエピソードがあり、当然入浴シーンがある訳で、果たしてどのように見せるのかと思っら・・・チャコちゃんは全裸で走ったり、はしゃぎまくっていました。もうお転婆を通り越してワンパクです。もちろん下半身は気持ち程度に手ぬぐいを巻いていましたが。子供とはいえ、チャコちゃんももう高学年だったはず。よくあんなシーンを演じたなあ。よくDVDの発売を許可したなあ。

チャコちゃんの実姉・四方正美は、「チャコちゃん」(「ねえちゃん」に一つ前)に「いとこの雅美ちゃん」の役で出演していましたよ。
2008/02/29(金) 13:44:00 | URL | 石毛零号
髪型を
子どもの頃,チャコちゃんしばりにしていました。
外見は変わった髪型ではありませんが,頭の中央の髪をまとめ,輪ゴムで縛るだけ。商店街まできて,恥ずかしくなって取ってしまいましたが・・・。そりゃ,おいら男だもん。
2008/02/29(金) 21:30:01 | URL | いくちゃん
ごらんになったDVDは「チャコねえちゃん」かな。
ワタクシも全3巻見ましたよ。
入浴シーン有りましたけど、ただの子供の裸って感じですが…
おっぱいも特に膨らんでなかったように思いますし。
でも、本人にしてみれば恥ずかしい感じの人も多いでしょうか。
美しき裸像の思い出と思えばね(笑)。
昔、日テレのお昼のワイドショーの1コーナーだった美しき裸像の思い出。
どれだけ心待ちにしていたコーナーだったか(笑)。
正美さん、他でもなんか名前見たんですけどねえ。思い出せません。
NHK少年ドラマシリーズだったかなあ。

● いくちゃんちゃん
チャコちゃんしばり、ああ有ったかな。
昔の子はこまっしゃくれたオシャレなんかしてなくて良かったです。
だから裸が映っても、ただの子供の裸って感じの時代でしたね。
そんなのが映って喜ぶ大人も子供もいませんでしたし、
いたとしたら本当にごくごく一部の特殊な人間でしょう。

ちゃん付けハンドルはその当時の名残なんでしょうか(笑)。
2008/03/01(土) 07:07:33 | URL | ごいんきょ
リカちゃん
もう一度見てみたい話といいますか、1作だけ物凄く記憶している話が。
弟のケンちゃんがいたのでおそらく「チャコねえちゃん」ではないかと思います。

お話は、ある日チャコちゃんが物音に目覚めるとリカちゃんが語りかけてきていて、楽しくお話しした後リカちゃんハウスに招待されるというものでした。
ところが、何か事件があってあわててリカちゃんのベッドの下に隠れる。でも目覚めたら自分のベッドの下で「なんだ夢だったのか」ってチャコちゃんは思うのですが、そのあとお母さん(だったと思う)が、掃除をしていると、リカちゃんサイズのチャコちゃんのハンカチを拾う。……でお終い。な話だったかと。
時代的に学生運動ともかけたような、内容だったようにおぼろげに記憶しています。

幻想的というか、当時めちゃめちゃ流行っていたリカちゃんとお話ししているというのが羨ましかったのとで、なんだかこれだけピンポイントにお話を覚えてます。

チャコちゃんにしろ、ケンちゃんにしろ日常の話より、こういうちょっと不思議系のエピソードのときはワクワクして見ていた記憶がありますね。
2008/05/13(火) 18:27:44 | URL | みょむ。
夢オチ
そうなんですよねえ。
このシリーズって、異常に夢オチが多かったんですよ。
あれはなんでなんだろう(苦笑)。
ケンちゃんシリーズでも年がら年中やってましたよ(笑)。
2008/05/16(金) 05:54:04 | URL | ごいんきょ
夢オチ 私も覚えてますヨ
弟のケンジ君はお兄ちゃんのケンイチ君とキャッチボールの約束をしていました。
ところがケンイチ君は体調が悪くて出かける気になれません。
でもケンジ君は「約束したモン!」と強引に公園へ…
結局ケンイチ君は寝込んでしまいました。
往診に来たお医者さんが帰った後、ケンイチ君の部屋へ謝りに行くケンジ君。
そこで見たものは、何と「お薬」と称して置かれた大量のお菓子!?
ケンイチ君に「食べてもいいよ」と言われて大喜びのケンジ君。

気がつくと、ケンイチ君のフトンのそばで眠っていたケンジ君でした。
もちろんお菓子もありません…という夢オチ。
お菓子はたぶん「明治製菓」のものだったんでしょう(笑)

ちなみに札幌市内のある青果店の看板には、「フルーツケンちゃん」と
書かれたお店がありました(今もあるのかな?)
2008/05/17(土) 12:27:13 | URL | みゅう
初期のこのシリーズなら、夢の中でお菓子の精にいびられて、
お兄さんの病気を悪化させたからこんな目に遭うのだ
とかいう説教風な話になったものですが。
ただお菓子を食べて終わりですか(苦笑)。
ところで、なんで明治製菓なんでしょう?
ケンちゃんって明治のCMやってましたっけ?

昭和のお店屋さんは、よく「~屋ケンちゃん」ってネーミング有りました。
最も有名なのが洗濯屋でしょうけど(苦笑)。

2008/05/18(日) 09:13:41 | URL | ごいんきょ
明治
正式なスポンサーではないけど、協賛会社や協力会社という形で、番組の小道具提供ということはよくあります(例:「太陽にほえろ→スポンサーではないが、トヨタ自動車が車両提供)。

とおもったら、ケンちゃんシリーズのルーツの「パパの育児手帖」という番組が別トピにありますね。

しかも、この番組のスポンサーが明治乳業。

正式なスポンサーではないものの、ケンちゃんシリーズと明治のつながりは、このあたりからあるみたいですね。
2012/09/30(日) 20:16:28 | URL | 10000k
ケンちゃんシリーズに出ていたお菓子は、みんな明治だったという事ですか。
それは気付かなかったというか、まったく気にしてなかったけど(笑)。
だとすれば、やはりご指摘の繋がりからなんでしょうね。
2012/09/30(日) 22:04:14 | URL | ごいんきょ
新参者よりご挨拶
拝啓 よろしくお願いいたします。ちょうど年齢的に主役の四方晴美さんとは同年齢?なので最初から見ておりました。以前の徹底したリサーチにより製作元の「国際放映」には、当時ネガもポジも全て保管されている事が確認されております。ただ音楽テープについては詳細が不明ですが、まず無いだろうとと言われていますが、如何なものでしょうか。結論として「東映系より東宝系」が保存が良いと。敬具
2017/03/25(土) 11:34:34 | URL | よしたかくん
東映より東宝が保存が良いというのは意外ですが、
東映はアレなので(笑)大体は完全な形で再現してくれるのに対し、
東宝はあまりに簡単に作品を隠してしまいますねえ。
そこが非常に勿体ないなと。
2017/03/27(月) 00:49:45 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ