私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



美人はいかが? (1971)

該当番組画像募集

子供向けドラマ特集やってます。
子供向けドラマの老舗である東映は制作本数もズバ抜けて多く、
今回も既にバロム1、くらやみ五段、こども傑作シリーズと、
三作品も扱っております。
東映に次ぐ位置が国際放映で、今回はチャコねえちゃん。
他に映画会社系ですと東宝日活松竹大映となりますが、
東宝はレインボーマン、日活はハレンチ学園を扱いました。
で、今回は大映から何かと思ったんですがね。
大映の子供向けドラマと言えば、なんと言っても
一連の岡崎友紀のシリーズなんですけど、それは取っておきたいのと、
ちょっと時節柄と言いますか、不二家アワーのね(笑)、
作品をやろうかなと思ったんですよ。
最初は笛吹童子にしようかなと思ったんだけど、
特撮系ばっかでも仕方ないんで、この番組にしてみました。
マイナーぶりはどっちもどっちだしね(笑)。

これはですね、男4人に末っ子の女の子一人という5人兄妹の話でして、
この妹が男ばかりの中で育ったもんで、大変な男まさり。
たしか両親はいない設定のはずで、兄貴連中はそんな妹を
なんとか女らしくしようと悪戦苦闘という話でした。
大映子供向けドラマらしく、ややコメディータッチなんですが、
あんまウケなかったですね、これは。
この番組の前までは、サインはV→アテンションプリーズ→
美しきチャレンジャーと、堂々たる時間帯だったのですよ、不二家枠。
それがこの番組でガクンと落ち込んじゃって、
そのまま盛り返す事が出来ずに不二家オワタになったんですけどね。
いやいや、不二家終わってない終わってない(苦笑)。
不二家アワーが終了となってしまったんですが。
不二家は心機一転で頑張って下さいよ。
昔のミルキーやパラソルチョコは本当に美味かったんだから。

この番組の前に大映テレビがやっていたのが、
同じTBS曜日違いのおくさまは18歳ですが、
あちらで岡崎友紀が超ミニスカで健康的なお色気を振りまいて
人気を獲得した路線を狙ったのか、この番組はもっと凄かった。
主人公は丸と書いてまろいって言うんだけど、
みんなからまろ、まろと呼ばれているんですが。
このまろが、まったく女っぽくないという設定から、
上のワイシャツいっちょの姿でいっつも大腿部丸出し。ふともも。
もうね。ちょっと背伸びするとおパンツ見えるだろって世界ですよ。
こういう話になると活き活きしてくるのがここの特徴ですが(苦笑)。
まあ、アクセス数稼ぎの為に嫌々やってます、本当はね。
ワタクシは実は、報道番組とか教育番組だけ語っていたい。
でも、そういう利己的な欲求を抑えて、
多くの男(ひと)が見たがるであろう番組も、嫌々やってます。;

それはさておきおパンツの話ですが、あ、いや、まろの話ね。
そんなあられもない姿でうろちょろする妹を、
当初兄たちはさかんに注意して女らしくしろとたしなめます。
だって、そんなカッコであぐらかいたりするんだからね。
はしたない事この上ない、たしかに。
言葉使いももちろん男言葉だし、遊びも男遊びばかりだしね。
で、いくら言っても直らない妹と、そんな妹を優しく見守る兄たち
という話だったのです、当初は。
ところが途中、この丸だけ血が繋がっていない事を兄たちが知り、
ここから話がビミョーに変化してまいります。

実の妹と思っていたからなんでもなかったあられもない姿が、
血が繋がっていないと意識しだすと、だんだん変な気になってくる。
妹を段々と女として意識してしまうようになり、
年の近い兄を演じていた内田喜郎などは発狂寸前(苦笑)。
この内田くん、大映映画の方でもよく見た顔です。
やはりちょっとエロティックな映画で、
屈折した青年の役でよく見ましたが、テレビでも結構見ました。
おくさまは18歳では、映画では見なかった明るい役をやっていたかと。
が、この番組では微妙に映画での役割に近づいた(苦笑)。

彼が三番目の兄なんですが、上二人は凄いよ。
長兄は寺尾聰。彼もおくさまは18歳からの流れですね。
まろの血が繋がっていない事がわかると、
兄貴4人は全員がまろに首っ丈になっちゃうんです。
兄四人で取り合いみたいな様相になっちゃう。
それまで十何年も兄妹として一緒に暮らしてきて、
それでいきなりそんな目で見るなんてと、
ワタクシはちょっとこの辺の描写が不愉快だったんですが、
さすがに寺尾演じる長兄は、多少年が離れている事もあって、
徐々に冷静さを取り戻し、まろをいたわるようになります。
一人事実を知らされずにそれまでと変わらず屈託無く接するまろに、
父のように優しい顔で接する演技が彼にピッタリでした。

次兄は夏夕介。こないだ丁度ヒューマンやったがな(苦笑)。
でも、この番組ではあまり目立ってなかったです。
寺尾と内田の濃い二人に挟まれて、夏と末兄は存在感薄かった。
ただ、夏もわりと年の離れた感じだったのに、
彼の方は寺尾と違って、けっこう本気でまろを見てました。
お前はエエ年して何を考えとるんじゃと、
CSで観ていた時には思ってましたね。
ああそうそう。
ワタクシ、これはCSのキッズステーションで初めて観ました。
当時CSはまだスカパーも出来る前で、ホテルとかマンションとか
ケーブルテレビとかに番組配信する為の存在だったんですね。
ワタクシはもう、病的なテレビマニアでしたから、
この番組だのアイちゃんが行く!だの、とても地上波で観られない
番組を幾つもやっているのを知って、矢も楯もたまらず
自分でアンテナ&チューナー購入から設置までやったんですが。
その後しばらくしてPerfecTVとして一般人も見られる放送となり、
すぐ後にSKY・Aって言ったかな?もう名前もうろ覚えですが(苦笑)、
ができて、合併して今のスカパーSkyPerfecTVとなったわけですね。
ちなみにDirecTVってのもできたけどすぐ潰れました。
あの当時のマニアは出費が嵩んでどうしようもなかったです。
ああ。マニアの出費が嵩むのはいつもですな(苦笑)。

かな~~り話が回り込んじゃいましたけど(苦笑)、
最終的に、まろも秘密は知ってしまうのですが、
それで物語がどう終わったかは忘れてしまいました。
人間の脳というのは、何度も楽しめるように出来ているらしい。
ワタクシだけか?(苦笑)
この丸、タイトルから言っても美人でなければいけないはず…
なんですが、ワタクシはあまりピンと来ませんでした。
たしかに大腿部丸出しの体当たり演技なんですけどね。ふともも。
でも、男勝りの演技のせいもあるんだろうけど、
ちっともエロティックではなかったですね。
岡崎友紀などはるかに足下にも及ばぬ健康的お色気…
いや、お色気的視線はまったく抱く事ができなかった健康的存在。
それが彼女、奈良富士子でした。
きっと誉め言葉にはなってないだろうけど(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
日曜夜のTBS定番番組
「美人はいかが?」の奈良富士子さんは、最近、「おもいっきりテレビ」によくゲストで出ていますよね。失礼ながら、昔よりきれいな気がします。
この番組は、「美しきチャレンジャー」の後番組でしたか。この辺の順番は思い出せないのですが、これも観てました。
兄貴の名前が、東、西、南、北だったのは憶えています。この4人が血の繋がっていない妹を取り合うといううような筋立ての、岡崎友紀ドラマと同一路線のコメディでした。頼りない寺尾聰の兄貴も出ていましたし。兄弟で張り合うというのは、ちょっと「お荷物小荷物」に似たシチュエーションでしたよね。
あと小林麻美さんも出ていたようですね。全く忘れていましたが。
このドラマで憶えているのは、皆、二階に住んでいて、下に下りてくるときに、消防署のように、鉄棒をつたって降りてくるというシーンです。
話の筋は、全く覚えていませんが、また観たいドラマのひとつです。
TBSチャンネルでやってくれないですかね。
2007/01/23(火) 21:48:03 | URL | ブロンソン
ティーン向け(?)30分ドラマ
これには、記憶がないけれど…忠津陽子原作の少女まんがらしいですね。
最近、文庫になってるのを書店で見かけました。
幼稚園~小学生の時、吉沢京子の「さぼてんとマシュマロ」とか岡崎由紀の「小さな恋の物語」あたり見てました。
高校生になったら、ああいうおしゃれな毎日があるかと思ってましたが…んな、わけないです。
2007/01/23(火) 21:56:09 | URL | 桃
奈良富士子さん
● ブロンソンさん
奈良さんそうだ、近年はそういう番組に出てますわ。
この記事書くまでこの番組の丸だという事を忘れてたんで、気付かなかった。
この番組をリアルで観ていた人というのは貴重な気がしますね(笑)。
そうそう、東西南北の字が男一人一人に当てられてるんですけど、
読みはなんだか特殊な読みだったんですよね。
小林麻美さんいたかもしれません。
そうそう! 棒で降りてくるんです。さすが(笑)。


● 桃さん
そう。原作はそのようですね。
しかし、さぼてんとマシュマロとか小さな恋のものがたり、
またまたシンクロニシティ、今日の記事であります(苦笑)。
2007/01/24(水) 00:54:41 | URL | ごいんきょ
確か北兄と丸はキスをした…
 美人はいかが?観てましたよ。僕は、あの頃、小学校の高学年の男子。ちょうど思春期に入りかけの頃で、忘れられない印象のシーンが数々ある番組でした。
 特に強烈に印象が残っているのが次のようなシーン。確か、一番下の兄の北兄と丸が二人っきりで、居間のソファに腰掛けていて、北兄が丸に、ある童話を話しているうちに、二人が自然の流れで、キスをしてしまうシーン。あの時は、北兄は、丸が血の繋がらない妹だと知っていたが、丸は、まだそのことを知っていなかったはずの頃。えぇ!っと思って、画面を見つめていたのを覚えています。
 主演の奈良富士子さん、最初の頃は、全然、美人じゃないじゃんと思っていましたが、番組が進むにつれて、確かに綺麗になっていったように思えました。ぜひ、また観てみたい番組です。
2007/01/28(日) 05:33:31 | URL | 徳利窯
キスシーン…
おお。またしてもリアル視聴者の方が。
しかしキスシーンは忘れてしまいました。
まろがまだ秘密を知らない頃ですか。
そんなようなシーンがあった気はしますが、気持ちがそうなりかけるだけで
実行まではいかなかった気がするんですけど。
でもまあ、それだけ鮮烈なご記憶があるなら確かなんでしょう。

うん、最初のボーイッシュな頃は、本当に
いろけのいろはのいの字も無かったですね(苦笑)。
あれだけ大腿部丸出しでも色気を感じさせないというのは、
一種の映像芸術の世界かも(笑)。
秘密を知ってからだったか、女の子の格好をするようになって、
さすがにちょっとカワイクなりましたね。
2007/01/28(日) 06:45:55 | URL | ごいんきょ
夏休みの思い出
初めまして。「美人はいかが」で検索したらこちらにたどり着きました。
これあまり当たらなかったのですか・・・知らんかった。
小学生の夏休みの時、お昼の1時半頃から再放送やってました。今から30年近く前の話です。もうその当時からかなり古い番組っぽく見えました。でもたまたま見たらすごく面白かった。すぐに新学期が始まって見れなくなったのが本当残念で。クラスでもちょっとした話題になってましたね。だからコケたと知って意外だなあと。
今ではもうどんな話だったか誰が出てたかとかほとんど忘れてしまいました。ただ面白かったなあという思い出だけです。さすがに寺尾聡さんだけは覚えてますが。この数年後に例の大ヒット曲があったので。あとオープニングの曲。出だしの部分だけですけど。そうそう、あの登り棒みたいなので降りるのも印象的でした。
・・・・女の子役の女優さんてそういう名前だったかなあ。他のドラマと混同したかな。
随分前「テレビ探偵団」でちらっと見た時は嬉しかったですねえ。けどもう二度と見る事は無いかも。ウチの部屋は北向きでアンテナ付けれないんですよ。引っ越す予定も今のところ無いし。トホホ...
2007/02/12(月) 02:11:23 | URL | 通りすがり
再放送?
はじめまして。
通りすがりというのにこの挨拶もアレですが(笑)。
通りすがりさんというのも名無しさんみたいなハンドルで、
ずいぶんと数多く見てきました(笑)。

あまり当たらなかったと思いますよ。
知っている人は結構少ないんじゃないかな。
再放送はワタクシも知りませんでした。
地方が違うのかな。

奈良さん、テレビ探偵団に出ましたっけ?
それはぜんぜん覚えてないですね。
あの番組はほとんど全回観ていたのですが。
でも、この番組が映された事は有った気がするので、
出演したのかもしれませんね。
CS映らないと再見は困難ですよね。
ちょっとソフト化されるとは思えないし(苦笑)。
2007/02/12(月) 05:03:30 | URL | ごいんきょ
東西南北
兄たちの名前が、東=はじめ、西=きよし、南=たかし、北=おさむ、だったでしょ。
西が「きよし」なのは「西川きよし」で、北が「おさむ」なのは「北山修」だからかなぁ~、なんて思ってました。
「はじめ」と「たかし」がいまだにわからない!!
2009/09/14(月) 20:52:07 | URL | ななお
よくそんな覚えづらい事をご記憶ですね(笑)。

はじめは単に、長男だからでしょう。
南は、おそらく西川きよしさんとの争いに敗れて、
西岡たかしさんが下ってきたんじゃ無いでしょうか(笑)。
2013/11/20(水) 06:45:57 | URL | ごいんきょ
ストーリーはみなさん同様、一部しか記憶になく。
四人の兄たちを、とうにい、さいにい、なんにい、ほくにい
と呼んでいたような記憶があります。

結構好きでしたね
2015/06/05(金) 20:10:47 | URL | 見てました。
とうさいなんほくで呼んでましたっけ。
覚えてないものだなあ。
2015/06/07(日) 09:06:49 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ