私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

五人と一ぴき (1969)

該当番組画像募集

郊外に新興住宅地がどんどん形成されていった1970年前後。
そんな住宅地で寄り集まった5人の子供と一匹の犬が繰り広げる
痛快冒険活劇で、NHKの国産子供向けドラマとしては
最長寿と思われる2年以上もの長きに渡って放映されました。
イギリスのエニード・ブライトンの『五人と一ぴき探偵団』を元に
日本向けにしたもので、毎週火曜18時20分からの放送でした。
このすぐ後にちばてつや原作の123と45ロクっていう
子供向けドラマがTBSで放送され、そちらは見た事あるんですが、
残念ながらこれは未見である上に、例によってNHKですから
映像が全く残っておりませんでしょう。
という事で、希少な資料を基に水増し記事を構築するという、
いつもながらの方策でお茶を濁そうと思います。
そこまで露骨に内情暴露する必要も無いんだけど(苦笑)。
しかし、ちばの番組も、あちらは一家族の話とは言え、
子供五人と一匹の犬の話でした。
こうまで露骨なパクリって、ちょっとイヤだなあ(苦笑)。

主な登場人物は以下の五人。
・中一のフクちゃん(鳥居彰夫)
パン屋の長男で探偵ごっこが大好きなリーダー格。
・中一のテッちゃん(野田哲朗)
両親が仕事でフランスへ行ったため、おじさんに預けられている。
頭が良くてサッカー好き。
こうやって外国、特に欧米となんらかの繋がりを持たせ、
当時は憧れの外国に思いを馳せさせるという手法が広く有りましたね。
・中一のミッチ(黒岩里美)
ベレー帽をかぶったおませな女の子。
人からの聞き込みが得意。
・小五のチュウ君(中条慶典)
ちょっと慌て者だけど物知り。
・小三のアーコ(山田千賀子)
フクちゃんの妹で、最年少のマスコット的存在。
犬のホームズとは一番の仲良し。
・ホームズ
満二歳のプードルが演じてました。
この頃はまだ、プードルって珍しい犬だったと思います。

チュウくんの中条慶典は猫を見るとクシャミが出る体質で、
ホームズが犬で良かったと当時コメントしておりますね。
猫を見るとクシャミが出る人って本当にいるんだ。
ちょっと焼津の半次を思い出しました(笑)。
この5人と1匹は、探偵ごっこが好きなフクちゃんを軸に、
時々ニセの事件を仕立て上げて捜査会議を開いたりしてました。
そんなある時、町はずれの怪しい家の捜査をしていて、
とうとう本物の事件に巻き込まれてしまうというお話。
そこから始まる五人と一匹の探偵譚でありました。
江戸川乱歩のシリーズの影響も有ったんでしょうが、
この手の児童探偵冒険ものって結構ありましたね。
先日書いたこども傑作シリーズでもそんな話を紹介しましたし、
アニメでもそういう回が有ったのって多かった気がします。

こういう話、きっと今では成立しづらいかもしれません。
今は、現実に子供が犯罪に巻き込まれるって話が多いですからね。
我々の子供時代にも誘拐って有りましたし、警戒もしました。
それでもテレビの中のこういう話は別世界でしたけど、
今はもっと切実になっちゃいそうな感じ。
今の子はもう、寄り道も出来なくなってますしね。本当に可哀想です。
子供を捌け口にしてしまうくらいなら、
いっそ醜い浮き世の鬼を退治て捌け口にすればですよ、
まだ世間から喝采浴びて人生終われるかもしれないだろうが。
と、ちょっと過激に言えば、ワタクシは思うのですけどね。
弱いもんに当たって終わるヤツなんざ最低品ですよ。

さて、とても愛らしい姿でアイドルだったホームズくんですが、
実はこの犬、ちっとも鳴かなかったらしいです。
ワンともクンとも言わなかったのですが、
もちろん劇中では鳴いておりました。
実は、NHK名古屋放送局の効果さんが声を当てていたのです。
という事でこのドラマはNHK名古屋制作だったらしく、
五人の子供達もみな名古屋市に住んでいたらしいです。
ストーリーは一話を何週かに分けてやっていたようですね。




【推薦関連サイト】

五人と一ぴき GO GO GO !(サイト)
  http:/http://homepage3.nifty.com/gonbe/chu/
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
チュウくんとどいとれーさん
「五人と一匹」ゴーゴーゴー!またまた懐かしいですね。放送時間は夕方6時の「子供ニュース」の後、少年ドラマシリーズの時間帯でしたっけ。主題歌もゴーゴーゴーとかシッ、シッ、シシとかかなり自由な歌詞だったと思います。
チュウくんというメンバーがいたのを覚えてます。かなり愉快な個性的な顔の子供だったと記憶しています。それから「どいとれーさん」だったかな白髪交じりの初老のおじさんが出ていませんでしたか?
とにかく当時はあだ名でみんな呼び合ってましたよね。自分の周りにも「よっちゃん」とか「あっちゃん」とかいましたよ。自分はそのころから「やまちゃん」でしたが…。そのころのCMで「若さだよやまちゃん!」きたんだったと思います。
2007/01/25(木) 14:48:02 | URL | 田毎の月
実は…
ググってわかったんですが、この番組にもファンサイトが有って、
ここで書いたような事は全て報告されております(苦笑)。
でもまあ、間口が広いここで紹介するのも無駄ではないだろうという事で、
忸怩たる思いでやってみました。

そちらをアクセスされるとより懐かしいと思いますよ。
音声が見つかったという最新ニュースも報じられています。
しかしNHKの話は地方格差が無いのでいいですね(笑)。
2007/01/26(金) 05:38:52 | URL | ごいんきょ
はじめまして ごんべと申します。
はじめまして五人と一匹ファンサイトの編集人のごんべです。
五人と一ぴき番組紹介どうもありがとうございます。

ごいんきょさんはこの幻の番組についてお詳しいですね。それにブログは我々の世代にとても懐かしい話題が一杯でとても楽しいですね。

今は仕事でNYに来ていますが来週帰国したらチュウ君(中条さん)に会う約束があるので、このブログのことを紹介しておきます。
今後ともよろしくお願いします。
2007/02/03(土) 19:37:33 | URL | ごんべ
いらっしゃいませ
はじめまして。
勝手に噂にしちゃってすみません(笑)。
でもまあ、田毎の月さんだけでなく、
きっと他にも、他番組を見ているうちにこの番組にも気付く人もいるだろうと、
まあそういう意味で無意味ではないだろうとやってみたんですが。

実は、グラフNHKを持っていたんで、まさかこの資料はまだ流れてないだろうと
エントリーしようと決めてから検索してみて、
既にそのネタも使われていたんで愕然としました(苦笑)。
が、連日投稿記録もあるし、別の番組ネタ考える気力もその日は無かったんで(笑)、
半ば無理矢理強行しちゃいました。
本当なら一端引いて、また別の資料を見つけるまで待つところなんですが。

出演者の皆さんとご一緒にサイト構築が出来るっていいですね。
数十年ほとんど振り返られなかった番組の場合、
そういう繋がりはとても微笑ましいと思います。
ここのように総合サイトですと、そういう意味では孤独です。
ご本人が来るとしてもクレームくらいですし(笑)。
見つかった音声を聞いて出演の方が泣けてしまったという話、
良かったなあと思いました。

昨今のテレビ関係者は権利主張ばかり喧しいですけど、
こうした過去の因業をもう少し斟酌して、
先にもっとやるべき事があると思うんですよね。
この辺は準備中の別ブログで詳しく提言していきたいと思ってます。
2007/02/04(日) 00:27:28 | URL | ごいんきょ
みんな消えちゃう
大好きで見ていたんですが、ストーリーも登場人物の名前も「どいとれさん」以外は覚えていませんでした。
町からどんどん人が消えてしまう話があって、「つづく」の後どうなったかを何故か見ることなく今日にいたり、悪夢のようで、それまで好きで見ていた回にも封印をしてしまったんじゃないかと思います。どいとれさんも消えちゃうんですね。
あれが最終回かと思っていたんですが、間違いでした。ごんべさんのサイトに行って、「つづく」の後も知ることが出来ました。四十年の夢から醒めたような気持ちです。
2008/04/17(木) 01:15:24 | URL | あぶもんもん
町から人が消えてしまうねえ。
なんか、ネコジャラ市を思い出します。
NHKのくせに残酷な(笑)。
2008/04/18(金) 05:00:45 | URL | ごいんきょ
勘違い
5人と一匹と書いてあったので
恐竜戦隊ボーンフリーかと・・・・・・
失礼しました(笑)
2010/02/25(木) 02:16:22 | URL | じん
初期のNHK子供向けドラマ
某サイトを見ましたら、「五人といっぴき」は、2年半もやっていたとは驚きでした。当時は見ていたし、テーマ曲も断片的に覚えているのですが、内容は、全然憶えていません。ただ、仲間の誰かが、路上で誘拐されるシーンがあったのは、おぼろげながら覚えています。犯人役の顔も憶えているのですが、あまり有名な役者さんではないので、名前は不明です。ビデオがあれば、いろいろ思い出し、懐かしさもひとしおでしょうが、無いようですし非常に残念です。
今思い出しましたが、当時は、友人と秘密基地を木の上に作ろうとか良く話していましたし、トランシーバーを使って遊んだりしましたが、この番組の影響があったのかもしれませんね。
この頃のNHKの午後6時代の子供向け番組で憶えているのは、アニメと合成の「宇宙人ピピ」、「五人といっぴき」より前にやっていた「名探偵カッチン」、今は声優の池田秀一さん主演「次郎物語」、信欣三さんが伊能忠敬役で出ていた「からくり儀右衛門」、アラン・ドロンの吹替え声優の堀勝之祐さんが準主演だった「アイウエオ」などというのがありました。
「歌はともだち」という公開音楽番組も懐かしいですね。牟田悌三さんの司会で「ひとりのときはソロで、ふたりのときはデュエットで、三人揃えばトリオだよ」とかいうテーマ・ソングでした。藤家虹二さんというクラリネット奏者の方がレギュラーで出ていました。「四つの目」も懐かしいですね。いずれもほぼ、見られないんでしょうね。
2010/02/26(金) 23:22:42 | URL | ブロンソン
よくおぼえていますよ
なぜ、あのころのTV番組には当時少年であった私たちをものすごくわくわくさせてくれる名作がちょこちょことあったのでしょうか?
「みんな消えちゃう・・」のタイトルは「そして誰もいなくなった」だそうです。私も5人と1匹をたぶん毎週のように見ていましたが、今日、内容を思い出すことのできるのは、この回だけです。しかも、1話完結でなく2回連続だったと思います。街から一人ずつ人間が消えていく。5人もついに一人ずつ消えて行ってしまう。この衝撃が、今日まで記憶をとどめている理由でしょうが、このストーリのルーツがどこにあるのか。名作だと思います。ボネガットの小説に似た内容のものがあったような気がしますが、いずれにしろ、少年の記憶に強烈に焼き付けられたドラマでありましたね。
2013/02/17(日) 00:04:27 | URL | ピエ~
● じんさん
そんなこと言ったらコンバトラーVでもいいですしね(笑)。


● ブロンソンさん
昭和も40年代までは、夕方は子供の時間って感じで、けっこう番組が充実してました。
NHKもそうで、列記された番組、どれも人気でした。
そう言えば『歌はともだち』の映像を見たこと無いですね。
あれは無いのかもなあ。


● ピエ~さん
やっぱり、先行の強みって言うのかな、そういうのも有ると思うんですよ。
後からの人は、大抵の話作りを先にやられちゃってますからね。
2013/02/21(木) 04:57:44 | URL | ごいんきょ
五人と一匹は名古屋が舞台
上原ゆかりと同い年です.

さて,ある事件で,何かの鍵とアルファベットの「A」とが事件の鍵になったことがあります.

アーコちゃんが,
「エイ,エイ,英語のエイ...」
と調子よく口にしていたのを聞いたテッちゃんが,
「そうか,アルファベットとは限らないんだ.」
と重要な指摘.
そして,それが「栄」と判明.
そして,栄のコインロッカーに到達して,事件が解決に向かい始めました.

放送当時は名古屋など行ったこともなかったのですが,後に長じて,名古屋にも縁ができ,名古屋市の中心ともいうべき繁華街と判明.

とはいえ,五人の住んでいるところは,まだまだ空き地も多いところでした.テッちゃんが空き地にできたタイヤの跡を発見し,手帳に「タイヤの跡」と書いていました.名古屋市にもこんなところがあったのですね.

2015/01/31(土) 22:57:27 | URL | ゆかりと同い年
ドイトレさん
上原ゆかりが通った東京都立代々木高校の近くに住んでいたこともあります.ただし,大学院生のときでしたが.

さて,テッちゃんのおじさん? おじいさん? で,探偵団五人が,「ドイトレさん」と呼んでいた人がいましたね.刑事だったとおもうのですが,事件に首を突っ込もうとする五人を,「子供はどいとれ」と追い返していたと思います.「どいておれ」が「どいとれ」と訛ったのですね.

2015/01/31(土) 23:00:47 | URL | ゆかりと同い年
ははあ。栄(さかえ)を「えい」と読んでいたという事ですか。
東京はスッカリ空き地も見当たらなくなってますが、
名古屋市もそんなになっているのですか。

どいとれさん、田毎の月さんが触れてくれていた人ですね。
2015/02/01(日) 06:17:43 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。