私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

雑居時代 (1973)

該当番組画像募集

パパと呼ばないでの後番組ですね。
やはり石立鉄男主演の一連のシリーズなんですが、
このシリーズって大体パターンは同じなんですよね。
お調子者で一本気な石立がズッコケたりもしながら
時々いろんな人たちに怒鳴り散らして
登場する美女達みんなに恋い慕われていくという。
そりゃ不細工とは申しませんけどサ、そこまで二枚目かい?
ってのは、おくさまは18歳の頃からずっと思ってたんですけど。
石立作品は大抵好きでしたけど、その点はいつも引っかかってました。
で、パパと呼ばないでは好きでよく見てたんだけど、
この番組になってからは、ベスト30歌謡曲とか銭形平次に変えたかな。
水もれ甲介はまた見だしたんで、たまたまなのかもしれませんけど、
やはり一連のパターンに飽きたってのはあるかもしれません。
もっとも、結局は再放送でハマるんですが(笑)。

上村一夫の劇画『同棲時代』が大ヒットした頃で、
タイトルはそこから拝借したんでしょうね。
大坂志郎演じる男が親友から格安で買った家には、
彼の勘当中の息子が同居人として付録に付いていたという話。
大坂には五人の娘がいて、順に富士真奈美、大原麗子、川口晶、
山口いずみが、それぞれ春夏秋冬の一字が入った役名でした。
パパと呼ばないでからのスピンオフ配役が目立ちますが、
末娘に当の杉田かおる演じるあまりっていうのがいて、
やはりこまっしゃくれた演技をしてましたっけ。
主題歌がけっこう好きでしてね。
この枠はいつも主題歌がいいんですけど、以前は歌詞無しだし、
パパと呼ばないではドラマと無関係の歌詞で違和感あったので、
歌詞に娘たちの名前同様に春夏秋冬が入っていただけで、
より親近感が増したものでした。

この枠では目新しい感じの大原が勿論この番組のマドンナ役で、
石立演じる十一(じゅういち)っていう変な名前の
通称ジャックと、どうくっついていくかという、いつものパターン。
まあ、良きマンネリズムと申しますか。
で、他の女性達も例によってジャックに惹かれていくんだけど、
中でも川口晶演じる秋枝が一番いじらしかったですね。
だいこんの花と同じ脚本家・松木ひろしの引きなんでしょうが、
石立ドラマでは彼女も目新しかった感じ。
この番組では珍しくお手伝いさんじゃないんだけど(笑)、
例によって男勝りで、最初の頃はジャックに憎まれ口ばかりだったのが、
だんだんと惹かれていって、大原の夏代と彼がくっついていくのを
複雑な心境で見守るという役だったかと思います。
それでも強がって、好きじゃないそぶりを見せ続けるというね。
或る意味、一番美味しい役どころだったと言えるでしょう(笑)。

長女の春子を演じる富士は、気になる嫁さんや
おくさまは18歳にも出ていたこの手の番組の常連ですが、
この番組では、他の番組ほど光ってなかったような。年齢的にも
周りの恋愛沙汰に割って入れないし、一人だけ超然とした姉でした。
富士個人としても、この時期に結婚話が出てたと思いますから、
どうも役の方は突っ走っていけなかった感じですね。
山口いずみはいろんな意味で本当に地味でした(苦笑)。
大坂志郎はいつも通りの人のいいおじさんだった(笑)。
あまりの杉田はなかなか可愛かったし、同年代なんだけど、
なぜか彼女を異性として憧れの目で見た事は無いな。
あくまでも子役としか見てなかったですね、ずっと。

物語中盤、このあまりが、実は一人だけ実子ではないという
衝撃の事実が明らかになります。
それは、それまでの話の流れが非常に明るいものだったので
殊更ショッキングな展開で、ワタクシなんぞは、これから
どう物語が展開していくんだろうと楽しみにしたんですが。
なぜかこの話はまったく展開していかず、
物語は尻切れトンボのように平坦化していく感じでした。
あれではあの設定が無意味で、その辺で消化不良の作品です。
たしか、あまりの実父は犬塚弘だったかな。
日テレドラマではけっこう脇を抑えてた存在ですが。
提供は、月桂冠、明治生命というこの枠を支えていた二つと、
パパと呼ばないでから参入の小林製薬に、
コカコーラと日本ハムが加わりました。
♪ ブンタタブンタ~「日本ハム」 という、
ブタのアニメCM有りましたっけ。この時期かは知りませんが。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
石立鉄男さん、好きでした。
でもこれはあまり見た記憶がなくて、もっと好きだった(笑)原田大二郎さんの出てた「水もれ甲介」はしっかり見てました。
2007/02/08(木) 11:47:30 | URL | chanan
雑居時代だぁ!
雑居時代、本当に好きでした!
一連の石立鉄男モノでは、一番好きかもしれません。
第1話で、ジャックとあまりが初めて遭遇するとき、ジャックが「キミ、お米屋さんの2階に住んでなかった?」とたずねるシーンが、前作のパロディになっていて感心したものです。
2007/02/08(木) 21:25:03 | URL | Mr.テレビっ子
継続性
● chananさん
ああそうですか(笑)。
それでは水もれ甲介やった時にまたお願いします。
かなり先になると思いますが。
ちなみに、気になる嫁さんとパパと呼ばないでは既述ですよ。


● Mr.テレビっ子さん
あ、なんかそんなセリフ有ったかも。
でもそんなこと言ったら、
米屋のおじさんその人がいるじゃないですかねぇ(笑)。
2007/02/09(金) 02:08:40 | URL | ごいんきょ
雑居時代
懐かしい?いや楽しかった子供の頃が浮かぶ文章ですね。
最終回か覚えていないのいですが、
脅かされ、大原の夏代に抱きついて
「少し考えさせてくれ」とか何とかのセリフが有ったような気がします。子供心に何故か憧れたなぁ~
それから杉田かおるは、何時出演していたのかな?
2007/02/11(日) 14:33:22 | URL | rc3410003
あまり
この番組も最終回は忘れました。
ワタクシは何度見ても新たな気持ちで楽しめる、
大変得な性質の持ち主のようです(笑)。

杉田さんは末娘の役ですから、普通に出演してましたよ。
2007/02/11(日) 23:58:30 | URL | ごいんきょ
先日の変な記憶、もしかしたら、一連の石立鉄男モノで「おひかえそばせ」?なんてTVドラマありませんでしたか?
2007/02/23(金) 22:46:59 | URL | rc3410003
おひかえあそばせ
有りますね。CSのNECOで放送されましたが。
それ以前はあまり注目されなかったんじゃないかな。
幻のドラマでしたよね、一種の。
2007/02/24(土) 04:55:43 | URL | ごいんきょ
おひかえあそばせ
やはり有りましたか。自分の記憶では、同じような設定で、女性が宮本(マルサの女の主人公)ではなったかな?4女はすぐ泣くから「ベソ」と呼ばれていたような気がする。
2007/02/25(日) 08:48:02 | URL | rc3410003
おひかえあさおばせは
まだ見てないんで絡めなくて申し訳ないんですが。
宮本信子さん出てた気がしますね。
2007/02/25(日) 20:52:06 | URL | ごいんきょ
石立鉄男さん
先日テレビ東京の番組「俳優座養成所同期会」で久々に見ました。ずいぶん老けましたね。
彼は確かに二枚目ではないでしょう。良い役に恵まれたのは父親の佐分利信さんのおかげもあるのではないでしょうか。佐野周二、上原謙とともに三羽ガラスでしたから。とにかく、おひかえあそばせ、気になる嫁さん、パパと呼ばないで、雑居時代、奥様は18歳、夜明けの刑事など乗りに乗っていた時代ですね。
雑居時代の主題歌は山口いづみさんが歌っていましたが、好きな曲でした。ほのぼのとしたパパと呼ばないでの主題歌とともに聞くととても懐かしく、レコードが欲しいと思う今日この頃です。
2007/03/20(火) 18:06:29 | URL | furata
俳優座養成所同期会
そんな番組が有ったんですか。見たかったな。
石立さんが佐分利さんの子供というのは勘違いではないですか?
そんな話は聞いた事が無いですし、ちょっと調べてみましたが、
そういう記述も見当たりませんでしたよ。

雑居時代を歌っていたのは山口いずみさんでしたっけ。
うーん、そう言えばそんなクレジットだったかも。
パパと呼ばないでや気になる嫁さん、そしてこの番組。
ユニオン映画っていい主題歌多いです。
2007/03/20(火) 21:35:10 | URL | ごいんきょ
失礼しました
私も調べてみましたが、石立さんと佐分利さんの血縁関係はないようですね。失礼しました。私は映画の役柄と私生活を勘違いした話を鵜呑みにしたようです。今日までずっと信じていました。(苦笑)
2007/03/20(火) 23:35:21 | URL | furata
何故
どうしてそういう認識になったのかという理由を解明したくなりました(笑)。
2007/03/22(木) 00:16:22 | URL | ごいんきょ
石立鉄男さん
はじめまして。
CSのチャンネルnecoで、この雑居時代とおひかえあそばせを見て、石立鉄男さんのファンになりました。

ドラマの雰囲気が、ほのぼのしてて好きでした。
お互い好きなのに、はっきりしない態度なのがいじらしくて(笑)
2007/03/28(水) 22:48:44 | URL | いまころ
CS
はじめまして。
ワタクシも日テレ再放送でハマッた感じのが多いですが、
好きな人間は何度見てもいつ見ても楽しめる作品ですね。
今は超幻の見合い恋愛をやっているNECO。
昔から、料金は安いのにプログラム内容や放送姿勢が鋭くて、良い局でした。
2007/03/29(木) 23:01:38 | URL | ごいんきょ
最近またケーブルテレビでまた始まりました。
私も好きなドラマの一つです。
「おひかえあそばせ」に続いて?
「雑居時代」のストーリーの方が好きです。
女性ばかりの5人姉妹。一人っ子の私にとって憧れでもありました。
当時はカメラマンが流行りだったのでしょうか?
「サボテンとマシュマロ」でも沖正也さん演じる主人公がカメラマンでした。
石立鉄男さんは、どこか男の色気を感じる俳優さんでした(って今もお元気ですが・・)
主演のどのドラマも味のある演技をされてますよね。

2007/04/16(月) 22:05:54 | URL | もも
チャンネルNECO
そうなんです。ワタクシも録ってます(笑)。
画質が異様にいいんでビックリしました。
カメラマンって当時の流行でしたっけ?
篠山紀信さんとか注目されてたかな。
石立さんのドラマって、好きな人間はついつい見ちゃうんですよね。
NECOが石田鉄男シリーズやっているのも頷けます。
2007/04/17(火) 04:55:07 | URL | ごいんきょ
そよ風のように
主題歌が良かった旨書かれてますが、私も同感です。
確か主題歌の時に出演者とその配役名が流される時、そのバックに使っていた絵もすごく良かったような記憶があります。歌詞に合っていたような記憶があります。

私の場合、これは再放送だけで3回ぐらいは見たんじゃないかな。何回見ても飽きませんでしたねぇ。当時これは。
2007/05/27(日) 06:34:39 | URL | わんぱくフリッパー
この枠は歌詞が無い曲が続いていたんですが、どれも良かったです。
これは歌詞も付いたんで、歌えるという事でより身近になりました。
バックの絵も、シリーズで基調が統一されてましたよね。
2007/05/28(月) 05:02:13 | URL | ごいんきょ
合掌
このまえテレビで見た時は元気だったのに…。あれが最後に見た石立さんです。タバコの吸いすぎですよ。
2007/06/04(月) 10:17:18 | URL | furata
動脈瘤破裂という事と、ヘビースモーカーぶりを考えると、
本当に煙草に殺されたなという感が強いです。
2007/06/05(火) 04:38:59 | URL | ごいんきょ
雑居時代
石立さん、ドラマでもタバコは離せなかったですもんね。ハイライトだったかな?14話の古紙回収のケン坊=水野哲さん。友人ですw
2008/02/17(日) 22:14:00 | URL | キング
ハイライトかあ。
そう言えばウチの親父も昔はハイライトを愛飲していて、
厄年の頃に狭心症になったんですよね。
偶然だろうか。

お。
何かお友達経由の話せる裏話が有ったらお願いしますね(笑)。
2008/02/17(日) 23:16:36 | URL | ごいんきょ
懐かしいドラマ
石立ドラマの中で、一番面白く見てました。前作の「パパと呼ばないで」は、あまり見てなかったのですが・・。「雑居時代」は、石立鉄男と大原麗子のやりとりする会話が、テンポもよく、また適度にユーモラスだったことを憶えてます。とにかく、ある意味、あり得ないけど、見てるとホツトするようなドラマでした。
2009/03/30(月) 17:00:19 | URL | (ハンドル未記入)
石立さんの主演ドラマって、なんでついつい見入っちゃうんでしょうね。
かっぱえびせんのような不思議な魅力が有ります。
2009/04/01(水) 06:04:49 | URL | ごいんきょ
ショックです…
大原麗子さんの訃報を聞きました。62歳なんて早すぎますね。しかも孤独死だったなんて…

石立鉄男さんの時と同じくらいのショックを受けております。

2009/08/06(木) 23:29:33 | URL | nardo
ハッピーエンド
大原「わたしたちの10年後って、どんな感じなのかしら?」
石立「じゅうねえんごかああ」

そういう終わり方でした。
2010/04/12(月) 01:49:56 | URL | 北極
大原さん、石立さん
成城学園に行くと
このドラマのことを思い出します。
「もうお二人はいらっしゃらないんだなあ」と思います。
2010/04/17(土) 17:31:48 | URL | 北極
大原麗子がキラキラ
丁度今、チャンネルNECOで再放送してますね。まもなく最終回ですが、録画して見ています。当然、結末は知っているのですが、なんかワクワクしてしまいます。大原麗子さんが本当に綺麗で可愛いですね。早くに亡くなられたのは残念でした。
2012/03/23(金) 11:42:42 | URL | ジュリスト
ソフトロック風主題歌
この枠の一連の石立鉄男ドラマの主題歌って、当時流行っていた(というより下火になりかけていた)ソフトロック風が多いですね。

あと、同じく石立鉄男が出ている「おくさまは18才」のテーマも、ソフトロック風で、これはもろに「サン・ホセヘの道」のパクリです。

石立鉄男本人も、「水もれ甲介」の挿入歌で、「さみしいナ」というレコードを出しています。

石立鉄男と、バート・バカラック風ソフトロックというのは、不思議な縁がありますね。
2012/03/25(日) 06:57:08 | URL | 10000k
● nardoさん
訃報からかなりたっての返信でなんなんですが…
孤独死って言うより、孤高死ですね。
自ら臨んで一人を選んでいるのですから。


● 北極さん
あ。これはハッピーエンドですか。
ただ、あまりちゃんの話を掘り下げられなかったのが画竜点睛ですかね。
あのあたりで撮影してたんですか。


● ジュリストさん
放送関係ならぬ法曹関係の方ですかね。
小悪魔的女優と言えば、加賀まり子さん、秋吉久美子さん、
そして大原さんの三人のために有るような言葉だったなあ。
いつまでも可愛らしいというね。


● 10000kさん
ははあ。
日本ではソフトロックというのは、むしろメロディアスな認識なんですね。
大野雄二さんもその範疇かあ。
おくさまは18歳、なるほどね。まあ切っ掛けにはなってそうですが、こちらの方がはるかに出来が良い感じ。
特にアレンジが秀逸だと思うんですよ。
さみしいナは、水もれ甲介のA面ですね。
2012/03/25(日) 07:56:16 | URL | ごいんきょ
石立鉄男




初めまして。一連の石立ドラマは当時リアルタイムでも、再放送でも見てました。特に雑居時代は、一番好きな物で、DVDも発売と同時に購入しました。石立ファンで見始めたのですが、段々と、夏代を演じる大原麗子様に惹かれて・・・孤独死を聞いた時は暫く、放心状態でした。今の日本人が、忘れてしまっているものを、表わしているような気がします。再放送の際に?流れていたと思いますが、三島パサディナタウンという、不動産のTVCMが妙に懐かしくて、どこかにUPされていたら、教えてくだされば幸せです。過ぎ去った昭和の時代を形に残して、いただけるこのサイトに感謝します。
2015/06/05(金) 15:01:18 | URL | (ハンドル未記入)
はじめまして。
発売と同時という事は、結構な値段ですよね。
かなりお好きだったのでしょう。
三島パサディナタウンにつていは、現在のところ動画は無いようですね。
2015/06/07(日) 09:13:30 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
第三回 \"座・東京みかん”公演 「新・ひばりの子どもたち/金子みすずの世界〈3〉見えぬけれどもあるんだよ」 に出演させて頂きます。 いよいよ、17日~稽古が始まりました☆ 最近の子供達は、空を見上げなくなった様です。 でも、でも、空には、北斗七...
2009/01/24(土) 20:57:24 | goo goo g’joobな散文日記/水野 哲
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。