私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



お菓子放浪記 (1976)

該当番組画像募集

お菓子の好きなパリ娘 ふたり揃えばいそいそと
角のお菓子屋へボンジュール よるまも遅しエクレール
腰も掛けずにムシャムシャと 食べて口拭くパリ娘


木下恵介作品もテレビドラマ史から外せません。
水曜日の木下恵介アワーと木曜の人間の歌シリーズ。
視聴率的に大ヒットという作品は無いと思いますが、
木下恵介アワーの方のおやじ太鼓とか、
人間の歌の方の三人姉妹、それぞれの秋なんてのは
けっこう知名度あるでしょうし、我が家でも見ておりました。
今回は人間の歌シリーズから、この作品をやってみます。

主人公のシゲルは孤児で、孤児院から脱走してお菓子を盗み、
報徳学院という少年院に入れられてしまいます。
谷隼人演じるここの日比野という教官が、
ホワイトサタンと怖れられる恐怖のイビリ魔で、
シゲルは特に目を付けられ、数々のイビリに遭います。
そんな過酷な施設での生活ですが、島田陽子演じる富永先生が、
シゲルのほぼ唯一の心の癒しとなってくれたのでした。
富永先生がオルガンで奏でる『お菓子と娘』の歌が、
この番組の副主題歌のように、随所で使われました。
シゲルに都家かつ江演じる引き取り手が現れて、
無事に出所できるという別れの挨拶で富永先生にこの歌をリクエストし、
先生はじめ院生らが合唱したシーンが一番象徴的でしょうか。
歌詞は冒頭記載のものですが、戦時中の話とて、
このような歌にどれほどの憧憬が込められていたことか。

院でのあまり気の合わない仲間で、石橋正次が出てました。
ホワイトサタンの谷隼人は、バーディ直後の頃で、
俳優として一番ノッていた頃ですかね。
しかし、戦直前でホワイトサタンって呼び名、有り得たんでしょうか?
お菓子と娘の歌については、劇中で日比野教官が、
時局柄こんな軟弱な歌はいかんと釘をさしてましたが。
原作は実体験を元にしているらしいですけど。
島田陽子もこの頃が一番の華だったですかねえ。
少年院の仲間に面会に来た女性で、大谷直子も出てました。
その子に毒まんじゅう食わせて自分もそのあと身投げして
心中してしまうって話でしたけどね。
ちなみに主人公のシゲルは、板東正之助。
すみません、よくわからないです(苦笑)。
歌舞伎畑の人は間違いないようですけど、
テレビではあまり聞かなかったですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
板東正之助
それは確か…と、検索したら、やっぱり!!
藤吉久美子の前の夫でした。
当時、ワイドショー漬けの母親が
「絶対、別れる」
と言ったら、ホントに別れた…こ、こわい(>_<;)
2007/02/11(日) 13:23:06 | URL | 桃
人間の歌シリーズ
では、「冬の旅」「冬の雲」を観ていました。次週はどうなるのだろうと、相当のめり込んで観ていた記憶が・・(笑)。
「冬の雲」は結構長く(半年くらい)続いていて、勿論毎週欠かさず観ていたのに、最終回の日に我が家のテレビが突然壊れ、全くドラマチックな幕切れになりました(笑)。

『お菓子放浪記』は全く覚えていませんが、『お菓子と娘』の歌は母が大好きでよく歌っていました。
西条八十さんの詞、とてもしゃれていますよね。
2007/02/11(日) 15:25:07 | URL | モデラート
坂東正之助さん
坂東正之助さんといえば、「白い巨塔」で田宮二郎を裏切る医師を演じていましたね。後に、伊藤英明が演じた役です。
あと、映画「九月の空」の主役もやり、石野真子ちゃんとのキスシーンもありました。真子ちゃんは、これが本当のファーストキスだったらしいです。
石野真子といえば、藤吉久美子の現夫の太川陽介とのレツゴーヤングの司会で仲良かった・・・。
うーん、この4人は不思議な関係・・・。
2007/02/11(日) 22:38:51 | URL | たけし
四角関係
● 桃さん
藤吉久美子さんって、名前は聞いた事あるんですけど、
どーも以前から秋吉久美子さんの亜流?って感じで(笑)。
そう言えば秋吉さん結婚されたそうで… お盛んな事で(笑)。
やはり梨園の妻は離縁する傾向にありますか。


● モデラートさん
お。じゃあ冬シリーズにしておけば良かったかな(笑)。
ホームドラマチャンネルは木下恵介アワーは発掘してくれましたが、
人間の歌シリーズはまだなんですよね。
ちょっと実際に見てからやりたいという事で、今回はパスです。
お菓子の歌は実際に戦前に歌われてた流行歌なんでしょうかね。


● たけしさん
白い巨塔や白いシリーズも有ったなあ。
まだまだ扱うべき作品は山と有る…。
藤吉さんの現夫は太川さんでしたっけか。
うーむ、たしかに妙な四角関係ですね。
2007/02/11(日) 23:54:46 | URL | ごいんきょ
この番組のテーマ曲(3拍子の歌なし)
中学生の頃にこの番組を見ていました。当時あまり音楽に興味がなかったのですが、この番組のテーマ曲(3拍子の音楽のみ)の美しさに参っていました。あるとき最終回だという事を知り、慌ててその曲を録音しようとしましたが、いい音で録音できませんでした。しかしその音楽は確実に取れたのですが、なにぶん34年前のテープの上に引越しは10回以上を越え、存在すら確認できません。

他のサイトでもこの美しい番組のテーマ曲を探している方もいらっしゃるようで、やはり本当に心を打ついい音楽でした。幸いメロディーは頭の中に入っているので、何らかの形で再現する事が出来たら、原音を持っている方も現れるかと思います。何とかあの心を震わせる美しいメロディをもう一度聴きたいです。
2009/09/21(月) 01:43:03 | URL | (ハンドル未記入)
おいらも大好きでした
毎回とても楽しみでした。

富永先生(島田陽子)のあの噛みしめるような喋り方も声もあこがれだったなぁ。
厳しい状況の中逞しく生きるシゲルの姿にも心打たれました。
それとこの番組の美しいテーマ曲もとても印象的でした。

この作品の原作者西村滋氏の作品を読み漁った事もとてもよく覚えています。

最近石巻市で「お菓子放浪記」映画化を盛り立てる市民組織も発足したとのこと、成り行きを期待して見守りたいと思っています。
2010/04/15(木) 15:40:39 | URL | ジァントン
懐かしいです。今どうしたら観られますか?
顧問をしている演劇部で戦争中の劇をやることになり、色々調べていて、このページに辿り着きました。
このドラマを観たのは自分が中学生の頃であり、とても懐かしいです。
坂上次郎さんのお巡りさんがとても温かい感じでした。また、戦争から戻った谷勇人さん演じる先生に病院で再開するシーンには戦慄を覚えました。
映画館にいたガールフレンド的存在の女優さんは何という方かおわかりでしたら教えてください。空襲で命を落とすシーンも泣けました。
もっと絶賛されていいドラマだと思っています。
2010/10/31(日) 05:59:58 | URL | (ハンドル未記入)
● 未記入さん1
お菓子と娘ではなく、OPで使われていた番組主題歌という事ですね。
三拍子だったのですか。
ワタクシもぜひ聞きたいです。


● ジァントンさん
ハンドルはジャイアント+アントンからでしょうか。
テーマ曲も忘れられない方が多いようですね。
原作本も冬至、それなりに売れたようです。
今年、映画化されてるんですね。
ドラマも発掘して欲しいですが。


● 未記入さん2
二郎さん、お巡りさんが似合いそうです(笑)。
ガールフレンドは高橋洋子さんでしょうか。
良いドラマというのは、必ずしも万人受けはしないもので、
それはそれで仕方無いとワタクシは思ってます。
ただ、埋もれさせてしまいたくはないですよね。
CSで放送して欲しいものです。
2010/10/31(日) 08:03:32 | URL | ごいんきょ
タイトルソング
「お菓子放浪記」のタイトルソングは、私も大のお気に入りで、再放送の時に(録画はできませんでしたが…)音楽は録音しました。どこかにカセットが眠っているはずです。
短いメロディですが、トランペットとストリングスの音色が本当に美しいですね!
2010/11/17(水) 07:01:54 | URL | ハイサワー
そうですか。
それはぜひ発見して、どこかで流して戴きたいですね。
2010/11/21(日) 08:33:21 | URL | ごいんきょ
昔観たドラマ・・思い出せました
映画版お菓子放浪記のニュースを目にするたびに、
昔TVでやっていたなぁと思い、♪お菓子の好きなパリ娘~のメロディーも完全に歌えるのですが、
いかんせん、かなり小さい頃の記憶で実際どんな映像だったかは思い出せませんでした。
それでも諦めず、ネット検索してみたところ、
こちらの記事に漂着できました。

記事を読みつつ、俳優陣、エピソード等の記憶が甦り、
懐かしい思い出にひたっております。

行き届いた記事に感謝します。
当時一緒に観ていた亡父の声やドラマへの感想を言っていた声まで思い出すことが出来ました。

蛇足ですが、坂東正之助さんは現在、四代目 河原崎権十郎を襲名され、
市川海老蔵パリ公演などにも参加して、
フランス語で口上も述べられるなどのご活躍などもあり、
名脇役として歌舞伎界でご活躍でいらっしゃいます。

石巻の復興を願いつつ、「エクレール・お菓子放浪記」も
観にいってみようと思います。

2011/05/22(日) 05:00:27 | URL | ちろりん
このブログをやって良かったと思うのは、
このような、あまり他で扱われないような番組に、
とても思い入れの有る人が想像以上に多かった時です。
こちらこそ、コメントを戴けまして感謝なのです。
正之助さん情報も助かりました。

そうか。石巻で撮影していたのですね。
上手く盛り上がれば良いのですが。
2011/05/23(月) 01:20:35 | URL | ごいんきょ
懐かしいです。
今日、テレビを観ていたら子役の紹介で吉井一肇くん(エクレール・お菓子放浪記'2011)を観て懐かしく思い、このページにたどり着きました。
当時、私は小学6年生で主人公のシゲルと同年代だったと思いますが、年上の先生(島田陽子)に対する憧れとも初恋とも何とも言えない大人の感情に共感しながら観たことを憶えています。
また通っていた小学校の図書室から原作の「お菓子放浪記」の本を35年間借りっぱなしなのは私です。
2012/01/17(火) 20:33:47 | URL | deniro
島田さん、かわいかったですからねえ。
本はいけませんね(苦笑)。
その感動をより多くの子に味わってもらうためにも、郵送ででも返却されると宜しいかと。
匿名でも喜ばれると思いますよ。
2012/01/19(木) 04:22:50 | URL | ごいんきょ
懐かしい歌ですにゃ~(>ω<、) (>ω<、)
今日、安田祥子さんが歌う
「お菓子と娘」のCDを見かけましたにゃ
Σ(・ω・ノ)ノ Σ(・ω・ノ)ノ

タイトルすら怪しかったので、
歌詞カードを見て納得、
検索したらこのブログにたどり着きましたにゃ
((≧ω≦)) ((≧ω≦))

まだ小学生でしたが、
この歌が大好きで、
母がモンチッチに歌わせてましたにゃ
(*^・ェ・)ノ♪ (*^・ェ・)ノ♪

ドラマのタイトルも覚えてなくて、
スッキリしましたにゃ~
(p*・ω・)p (p*・ω・)p

ありがとうございましたにゃん
(●´ェ`人´ェ`○)
2012/05/17(木) 00:33:44 | URL | すもも&こもも
江川紹子さんではないですかにゃ?(笑)

そうですか。お母さんがねえ。
うちの母親と違い、お洒落な人だったんでしょう。
2013/12/01(日) 10:18:29 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ