私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



犯される (1977)

該当番組画像募集

昼ドラも枠としてはほとんど扱いました。
TBSのポーラテレビ小説、花王愛の劇場。
フジのライオン奥様劇場、東海ドラマ。
さて、日本テレビとNETの昼ドラってどうだったんでしょう?
と考えるに、どちらも本格的にはやってなかったと思います。
ただ、日本テレビの方は、地味ながらも13時半から有りました。
ごちそうさまとかおしゃれの1時台前半はご記憶の方も
多いでしょうが、これは覚えている人は少ないでしょう。
しかしワタクシは、一作、強烈に覚えているドラマが有ります。
まあ、このタイトルをご覧になればご理解戴けると思いますが(笑)。
『犯される』。
昼の1時半から、『犯される』。
新聞テレビ欄でこのタイトルを見た時、見る!と固く誓いました。
誤解の無いように申し上げておきますが、あくまでも文化的欲求。
昼の日中からこんないかがわしい番組をやっていた
けしからん事が有ったという記憶をとどめておこうという、
知的希求に他なりません。
女性を陵辱する事を売りにする番組なぞ言語道断ですし、
タイトルを聞いただけで吐き気がするほどの嫌悪感でしたが、
こういう番組も有ったと記憶しておく事は大事な事だと。
そして今、その時の判断を活かす機会となっているわけです。
つくづく、当時の自分を誉めてやりたい。
あんな女性を冒涜したドラマを、本当は嫌で嫌で仕方なかったのに、
我慢して視聴を試みた自分を。

タイトルを見てすぐにどんな低俗な番組なのか確認したかったのですが、
そこはそれ、当時のワタクシは学校も嫌いではありませんでしたから、
と言うか好きでしたから、休んでまでは見るわけにはいかない。
もう少し経つと、お笑いスター誕生のグランプリ挑戦を見る為になら
休んじゃうようになって、どんどん転がり落ちていくわけですが(笑)。
で、初めて見たのはおそらく第2回だったと思います。
チクショー! もし第一回から低俗なシーンが有ったらどうすんだ!
その酷い有様を記憶し、伝え残す事が出来ないではないか!
ワタクシは焦りながらその回を観ましたら、冒頭、前回のあらすじが。
うわー。嫌な予感は当たってしまった。
そのレイプシーンはダイジェストで紹介されてしまいました。
夫の口にどくどくとウイスキーを流し込み正体不明にした後、
妻に襲いかかる暴漢。画面に映るずらされたパンストのかかる足。
凄い。凄すぎる。昼の日中からこんな描写。
けしからん! けしからん過ぎるではないか!
しかし何よりけしからんのは、ワタクシが見られる時に流さなかった事だ。
こんなダイジェストでは納得でき~~~ん!!
パンストをずらすシーンがどんな描写だったのかがわからない。
あらすじ紹介画面なので女優の悲鳴とかの音声も無い。

せっかく文化的好奇心で見ているのに、ちょっと欲求不満が残りました。
が、あの描写はたしかに昼ドラでは突出したものだったでしょう。
これが好視聴率を挙げたのか?、この後しばらく、
昼ドラ描写の低俗度が増していたような気がします。
ついには、おっぱいも完全に映ったソフトレズ描写が、
TBSの13時半、つまりこの時間帯の真裏ですが、
そのドラマの一つで実現し、新聞記事にもなりました。
ワタクシはこれも記事で知り、やはり文化的好奇心から視聴を決意。
友人達が麻雀をしに来たので、おそらく中間テストかなんかで
早く学校が終わった日だったと思うのですが、
テレビの神様のご加護でそのシーンを見る事が可能でした。
それはまたその番組を語る時に詳しく語る事にしましょう。
とにかく、昼ドラの性描写がエスカレートした
けしからん時代が有った事をこうしてお伝えできるのも、
そんないかがわしい番組を嫌々ながら使命感で見た賜物です。
滅私の文化の語りべ。それがワタクシです。

そんな汚れ役のヒロインは服部妙子で、夫が川地民夫。
この夫が人が良いと言うか馬鹿で(笑)、
自分がそんな目にあって酔いつぶれている間に
妻がどんな事をされたかなんて想像も心配もしない。
その後もその男は夫の知人ヅラで家に来たりするのですが、
妻はそんな夫に真実を知らせまいと葛藤するというのが
ドラマの肝だったですかね。
主題歌も大体覚えてます。
(トカトン タラタッタッタ)というドラムで始まり、
♪ 罪が私を~ なんとかでなんとかだ~
  待てば待つほど 時は過ぎてゆく~
  あなたが いない街 砂漠の ような街
  今更何を信じて 歩けと言うのです~
  女には 愛だけがいつも 明日へ 続く 道よ~
歌詞から想像するに、夫に真実を知られ、
夫は妻によそよそしくなってしまったのでしょうか。
だとしたらつくづく阿呆な夫でありますが。
エンディングも、これが流れて放送終了でした、

しかしこのドラマ、調べたら5月6月頃に放映されてるんですね。
なんで見る事が出来たんだろうと考えるに、連休中に見たんでしょう。
5月2日が第一回のようですから、やはりワタクシが見たのは第2回。
なんでもう一日遅く始まらなかったんだ!
悔しい。 文化的に(笑)。
そんなわけで最後の方は残念ながら見る事が出来ませんでした。
ただ、放送途中に新聞の投書欄に主婦からの投稿があり、
曰く、タイトルから心配したが意外に心情描写がしっかりしており、
好感の持てるドラマであるという誉めた内容でした。
ふーん、そんな見方をする人がいたんだ。
てっきりレイプシーン目当てで見る下衆な連中ばかりと思ってた。
ワタクシ以外は(笑)。
この時間帯の提供は、花王がメインでした。
TBSでやはり他社相乗りの愛の劇場をやった後、
局を替えてこちらでも相乗りでCM露出を続ける戦略。
ライオンが奥様劇場を一社提供で力を入れていたのとは
戦法が違っていたわけです。
この当時は、「ヘアスプレー ケェプ♪」っていうのが有りました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
伝説の昼ドラ?
某掲示板でこのドラマの存在を知り、ずっと気になっていました。日テレの作品だったのですね。
・・・それにしても、単刀直入なタイトル。すごい内容。今じゃ放送は無理ですね。案外、フイルムは残っていそう。(VTRか?)
主人公の服部妙子さんを乱暴する男は、平泉成さんが演じていたとか。今は数々のドラマやCMで活躍されてますね。
この枠だと、藤田弓子さんが出ていた「おてんば人生」というドラマを母が見ていた記憶があります。(♪熱海の海岸散歩する~、という歌を歌っていた記憶がある。夫婦漫才のドラマっぽかった)
この頃の花王といえば、やっぱり「ザブ」でしょうか。ライオンに比べるといま一つな感じがします。「アタック」の発売がターニングポイントだったのかも。
一時、東海テレビのドラマのスポンサーにもなっていたとウィキペディアに出ていたような。
ライオンもTBSで「奥さま8時半です」が始まる前は、同局昼2時の帯ドラマのスポンサーをやっていたとか。
2007/02/23(金) 16:17:45 | URL | 北国の人
平泉成さん
今じゃ難しいかな?
でも、おっぱいとか映すわけじゃなかったんで、
不可能という事も無いでしょうけどね。
難しいと言えば難しそう。
ちなみにフィルムですから、CSではそのうちやるんじゃないかな。
と言うか、是非やって戴きたい(笑)。

平泉成さんって知りません。
今も(笑)。
藤田弓子さんのも見たかもしれないなあ。

頑固な汚れに~ ザブ♪って、わりと前から有りますよね。
アタック~♪はいつ頃だったか。

ウィキペディアの記事は必ずしも正確ではありませんので注意が必要ですね。
花王愛の劇場も、花王の一社提供と書かれていますが、
事実とは違うようです。
東海ドラマの枠でライオンが提供していたかは、今のところ思い出せませんが、
これはそうかもしれませんね。
2007/02/23(金) 21:38:46 | URL | ごいんきょ
ザブ
ザブのCMって
 青空と 一暴れ
 頑固な汚れに ザブがある
って覚えてますが・・・どうでしょう?
アタックは
 ♪アタックの~ ギ・フ・ト
ってのもあったと思います。

 学研の某中学生向け雑誌で「ありえない部活」に「ザ部(洗剤研究部)」というのがありました。考えることは同じか・・・。
2007/02/24(土) 00:15:47 | URL | かじか
CMソング
二つとも今のとこ思い出せないですね。
ザ部って… 楽な仕事してるなあ…(苦笑)。
2007/02/24(土) 05:16:26 | URL | ごいんきょ
失礼しました。m(_ _)m 東海は花王です
タイトルの通り、東海テレビ枠は花王がスポンサーに入っていた時期があったと思われます。ライオンは裏のCBC制作のドラマ(TBS系昼1時45分枠)だったと思います。
三波豊和さんのブログに「ぬかるみの女」についての話があり、その中に当時の新聞広告が出ていました。
http://toyokazu.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/__1.html
その中に、当時のスポンサーも書かれています。(かなり文字が小さいです)
平泉成さん、ブレイクされたのはつい最近かもしれませんね(^_^;)。とあるお笑いタレントが物まねをしたのが(木村拓哉さんのドラマに出ていた平泉さんの演技をまねしていた)きっかけだったと思います。この昼ドラマに出ていた頃は「平泉征」という名前だったとか。
江利チエミさん主演の「赤帽かあちゃん」という作品もこの日テレ昼ドラマ枠で放送されていました。
2007/02/24(土) 19:35:07 | URL | 北国の人
ライオンと花王
結構入り組んで昼の戦争をやっていたんですね(笑)。
調べたら、TBSは1時台は全部花王がやってました(笑)。
ので、ライオンがやっているはずはないですね。
年代によるんでしょうか?
ちなみに、ずっと以前の1時45分からの枠では、P&Gもやってます。
から、ライオンがやっていてもおかしくはないんですが。

ああ、平成のドラマはほとんど見てませんのでわからないっす(苦笑)。
赤帽かあちゃん有りますね。
2007/02/24(土) 20:39:05 | URL | ごいんきょ
やっと見つけた~
この作品は、私が、高校生位の時に見たものだと思いますが、当時は、物凄い衝撃をうけたのを、おぼえています。私もまだ高校生だったのでなぜこれをみれたのか憶えてないのですが、2回位は見たような気がします。(たまたま病欠でもしてたのか?)ぜひもう一度第1話~最終話までじーーーっくりと見てみたいものです。(笑)
2007/05/06(日) 17:19:45 | URL | ゾロ
本当に衝撃的だったですよね。タイトルも映像も。
おそらく連休中に2回見られたという事じゃないでしょうか。
ワタクシもそんな感じだったような。
CSでぜひ発掘して欲しい作品の一つですね。
2007/05/06(日) 23:39:59 | URL | ごいんきょ
この作品見ました。男の子がいて服部さんがとてもかわいい若妻役でした。もういちど拝見したいですね。
2007/05/19(土) 00:05:14 | URL | 服部妙子さん好き
あ、男の子いたかもしれないです。
でも、犯されてる最中には子供の描写が無いです。
是非CSに発掘して欲しいですね。
2007/05/19(土) 04:25:41 | URL | ごいんきょ
帰ってきたウルトラマンにも
服部妙子さんは、「帰ってきたウルトラマン」の「怪鳥テロチルス」の回にゲスト出演してますね、石橋正次演じるストーカーに狙われるという役です。
このドラマは、中学生の時に友達の間で大騒ぎになっていて、何度か見た憶えがあり、その時にこの女優さんは見たことがある! と思っていて、後年確認することになります。
2007/05/23(水) 05:58:38 | URL | つー
ああ、なんかそう言えば名前のクレジット見た気もします。
そこでもストーカー被害って…(苦笑)
やはりクラスで大騒ぎになりましたか(笑)。
2007/05/23(水) 06:47:11 | URL | ごいんきょ
タイトルでちょっと引いてしまって(^^)、記事を読むのを後回しにしていたんですが、すごいドラマですね。
私は見たことがありませんでした。当時高校二年でしたから
・・というのは言い訳になりません。たぶん「犯される」の少し後の「赤とんぼ」という昼メロを夢中になって見た記憶がありますから。セットで見ていた「嵐の庭」(長門裕之・南田洋子)はエロではありませんでした。両方ともテーマ音楽は耳に残ってます。
「赤とんぼ」は榊原るみ! です。
旦那が山本学でレイピストが宮内洋だと思っていたんですが、念のために調べたら佐藤仁哉だったみたいです。
それにしてもタイトルがえらい違いですよね。「赤とんぼ」じゃ学校を休んだ小学生が間違って見ちゃうかもしれない。
2008/03/05(水) 20:02:34 | URL | あぶもんもん
赤とんぼ、おそらく再放送かCSかで見たこと有ります。
犯されるってタイトルの方が、健全な小学生男子が見たがると思いますよ(笑)。
2008/03/06(木) 07:31:07 | URL | ごいんきょ
「犯される」について
この昼ドラは服部妙子が犯された後
泣きながらシャワーを浴びるシーン
が衝撃的で、全裸の後ろ姿があらわ
にされる当時清純派だった女優がこんなことをして良いのかと思い、今でもそのシーンが脳裏に焼き付いてます。また、このシーンを何度も放送前に日テレで宣伝していたので特に記憶に残っています。
2008/06/12(木) 14:14:31 | URL | 乃木大将
この番組の映像については、ワタクシの義憤に共感された方から提供が有りまして(笑)、
会員制の方で公開中であります。
シャワーシーンでは、後ろ姿どころかおっぱい丸見えです(笑)。
よくまあ昼ドラでここまでやっていたなという感じですよ。
その後また犯される描写もあります。
昔の暴行ドラマってそういうロクでもない描写多いですね。
女性が心のどこかで暴行を喜ぶみたいなの。
これに関しては、心底ふざけるなと感じますが。

番宣では後ろ姿とはいえシャワーシーンを流してましたか。
それも凄いなあ。
2008/06/13(金) 06:50:21 | URL | ごいんきょ
このドラマ、覚えてます
 自分が中学生の時、5月の連休中に見ました。レイプシーンから始まる回で、その音声を録音したんですが(まだビデオは家になかった)、カセットテープがどこかへ行ってしまって…何とかもう一度あのシーンを見てみたいです。
2008/07/26(土) 20:15:10 | URL | 通りすがりの一中年
連休初日が放送二日目だったんですね。
だから初回からぶっ飛ばした内容だったけど、
二日目の回想シーンでは、肝心の部分はあまり映ってなくて、
休日故の配慮だったという事ですね。
ワタクシもビデオが有ったら絶対に録画してました。
俗悪番組研究のため(笑)。
2008/07/29(火) 05:47:16 | URL | ごいんきょ
服部さんの画像
 カセットテープはなくなりましたが、この番組を宣伝した新聞記事をコピーしたものがあります。(全部ではなく、新聞コピーなので画質もよくありませんが、服部妙子さんの画像です)アップローダーなどを利用して、ここに掲載してもいいものでしょうか。お答えいただければありがたいです
2008/07/29(火) 16:46:01 | URL | 通りすがりの一中年
昭和テレビに関する事実でしたら基本的になんでもアリですので、
紹介して戴けるとむしろありがたいですけど。
画像投稿できるBBSをそのうち復活させますので、
お急ぎでなければそちらをお待ちになられてはどうでしょうか。
2008/07/30(水) 06:34:16 | URL | ごいんきょ
やっとたどりつけました
この作品が子供のころから気になって、ずっと探していました。六年前に知り合った友人も、同じトラウマ(笑)を共有して、話していたんですよ。テレビガイド40年史も購入し、探していました。今は、興奮してかきこみはこんなところです。
2008/09/11(木) 10:48:07 | URL | みっきー
そうですか。
なかなかこういう作品にここまで赤裸々に言及する人間も少ないでしょうからね(笑)。
番組を見た時はもっと興奮しましたよね(笑)。
2008/10/17(金) 06:54:56 | URL | ごいんきょ
わが命あり
私は「犯される」は見ていませんでしたが、それに因んで、幼心をうづかせてしまった昼メロとして覚えているのは「わが命あり」です。
昭和44年ごろじゃなかったかと思います。風邪で学校を休んだか何かして、何回か見ました。
うろ覚えですが、主演は寺田農だったような気がします。ヒロインは北川めぐみだったと思うんですが、ネットで検索した画像を見てもピンときません。当時大大大好きだった(この昼メロで好きになったんですが ^o^)のに、記憶とは薄情なものです。
寺田農(だと思う)が不治の病(白血病?)にかかっていて、治療など無意味だと自宅にこもっている。ヒロインは(元?)看護婦で、個人的感情から献身的につくす。そんな内容でした。
長い前置きですみません。印象に残っている回では、ヒロインが寺田農(?)に再び治療を受けるよう説得するためにアパートを訪ねます。頑なに閉じた心の寺田農はとりつく島も無く、終始ヒロインの方を見やりもせず、挙げ句の果てに「部屋に上がれ」「灯りを消せ。ついでに服も脱げ」
で、北川めぐみ(だったと思う)がブラジャーとショーツ姿になり、寺田農の前に坐って説得を試みるのですが、私の記憶はここで途切れています (*^^*)。
翌日友人に話すと、「そのあとキスしちゃったのか」と訊かれ、何を言ってるのか解らなかった覚えがあります。小学校中学年だった私はまだ、ハダカと性行為と愛情表現が頭の中でつながっていなかったようです。ハダカにさせたのは、一種のエッチないじめのように受け取っていたんだと思います。あの友人はませてたなあ。
それはともかく、風邪で熱出してそんな場面を目にした私の脳は爆発しそうでした。下着は今のものより遥かにおとなしく、白黒の画面ではありましたが。

また別の場面では、寺田農の勤めるラーメン屋の主人が、どんぶりを落として割った瞬間に顔を曇らせ、理由がわからず訝しむ北川めぐみに
「ただ割れたからじゃないよ。どんぶり、きれいに二つに割れた。これ中国では悪いことのあるシルシね」
と言ってましたが、この迷信はむしろ日本のものじゃないかなあと思います。私が訊いたかぎりでは中国人はそういうジンクスは知らないと言いました。
2009/01/05(月) 21:19:01 | URL | あぶもんもん
島かおりだったかもしれません
書き忘れました。「わが命あり」のヒロイン、覚えている顔はどちらかというと島かおりに近いです。名前は「北川めぐみ」が記憶にあるのですが。どなたかご記憶ではないでしょうか。
2009/01/05(月) 21:35:10 | URL | あぶもんもん
調べたところ、1970年に高木門さんと北川めぐみさんのキャストで、フジテレビで放送されたものですね。
そんな時期に下着丸出しシーンが有ったなんて驚きです。
是非CSに発掘して欲しいです。
どんぶりの割れ方については、おそらく亀甲占いみたいな事を言いたかったんでしょう。
中国から日本に来たものだったと思います。
2009/01/15(木) 06:34:26 | URL | ごいんきょ
犯されるについて
この「犯される」は番組の予告編がクラスでも話題になっていました。

ロケ地は東急田園都市線の梶ヶ谷近辺だったと思います。

OPの主題曲は「あかずの踏み切り」で
歌っている人は真夜中のギターでお馴染みの「千賀かほる」さんです。

幸せに続く路には 開かずの踏切がある
目の前を横切る列車は 想い出行きの急行
無理に渡れば 悲しみに連れ去られ
待てば待つほど 時は過ぎてゆく
あなたのいない街 砂漠のような街
今更何を信じて 歩けというのです
女には愛だけがいつも 明日へ続く路よ

2009/01/25(日) 00:43:57 | URL | おっちゃん
ワタクシは番宣CMは見てないんですよねえ。
それも見たかったな。

主題歌情報は目ウロでした。
千賀かほるさんだったとは。
それにしてもワタクシは耳が悪いな。
無理に渡ればの行が無理矢理な解釈でデッチ上げられてますね(苦笑)。
待てば待つほど以降はそのまま正しかったですね。
2009/01/26(月) 07:13:17 | URL | ごいんきょ
梶ヶ谷ですか・・・
ドラマの設定として、なんとなくわかる気がします。今でこそ洒落たイメージの田園都市線ですが、昭和50年代半ばまではまったく田園ばかりで、とくに梶ヶ谷駅など、背の高い草むらをかき分けて改札を見つける感じでした。狸もいたはずです。
ちなみに、あのあたり(直線距離は遠いけど)で開かずの踏切というと南武線武蔵中原附近が有名でした。今は高架になりましたが、当時は一時間開かないこともザラで、バスもエンジン止めて運転手さんが寝てました。OP が「開かずの踏切」というのは偶然でしょうけど、妙にピッタリ合います。
2009/01/26(月) 17:49:08 | URL | あぶもんもん
田園都市線というのは田園の見える都市だったわけですよね。
東急は街作りが上手いんでしょうね。
代官山なんて今でこそオシャレの街みたいになってますが、
ワタクシの子供時代はてんで普通の下町でしたので、
持ち上げる連中がちょっと滑稽に感じます。
2009/01/27(火) 06:19:30 | URL | ごいんきょ
千賀かほる「あかずの踏み切り」について
この曲はレコードも出てまして、私も高校生の時に買いました・・。
作曲は「ルパン3世」の大野雄二。当時は落ち目?だった千賀かほると、「人間の証明」で大ブレークした大野が一緒に昼ドラのテーマを作るという摩訶不思議な話でした。
「犯される」は75年4月から始まった「愛のサスペンス劇場」シリーズ枠での放送だったのですが、大野はその前身の「火曜日の女」シリーズから音楽を担当してました。
76年の放送から30年以上経っても風呂でこの曲の鼻歌を歌ってるのは日本で私だけかと思ってましたが、こんなに覚えている方がいるとは感激です・・
そういえば服部妙子さんは同時期に「傷だらけの天使」でも男に騙される?地味なOL役を演じてましたけど、幸せ薄そうな役をさせると天下一品でしたね。
2009/02/17(火) 12:39:14 | URL | (ハンドル未記入)
大野さんのファンだったんでしょうか。
あの歌が大野さんとは結びつかないですね。
ごく普通の歌謡曲という印象です。
火曜日の女も見てました。
ちょっとおどろおどろしい感じの番組だったと思いますが、映像の方が印象強いです。
この歌は、ワタクシも時々思いだしては口ずさみます。
てっきり、そんなヤツは日本でワタクシだけだと思ってました(笑)。
服部さんは傷天でも見られますか。
2009/02/18(水) 06:54:40 | URL | ごいんきょ
傷天つながりで・・・・
服部サンと同時期に傷天で水谷豊を振回すワガママ娘を演じた志摩みずえサンも75年にライオン奥様劇場「義姉弟」で主役を演じています。
これが「犯される」以上に強烈なストーリーでした。

兄嫁(志摩)に横恋慕した医者の弟が、自分の精子を兄嫁に人工授精してしまい、志摩は知らずに出産。夫に浮気の子だと疑われ虐待を受ける・・・と今なら放送できないような内容でした。

珍しく男性が歌う主題歌も、
「何も知らないあの人の~肩を叩くな~夜の雨。誰にも言われぬ恋ゆえに、犯した罪が巳を責める。妙子~妙子~いとし~の君よ~」
という犯人の弟の側に立った身勝手な?歌でした・・・

「義姉弟」の前の「白い恐怖」も中山仁演じる当り屋が南田洋子を恐喝しながら自分のモノにしていくストーリなど・・・75-76年頃は昼メロは完全に無法地帯と化していました。
そんな中で市毛良江の「私は泣かない」という超健全ホームドラマが登場して大ヒット。これを機にどの局もドロドロ無法地帯からホームドラマ路線に脱して行くのでした。
無法化が社会のキャパを越してしまって激しい揺り戻しが起きたのです。
2009/04/03(金) 23:12:47 | URL | (ハンドル未記入)
昼メロという言葉が生まれたのはけっこう古い事ですし、
当時からよろめきドラマとして非難の的でしたけどね。
ご指摘の時期には更に過激な描写も可能になっていて、
たしかに行くとこまで行ってる感じでした。
義姉弟は覚えてませんけど、ワタクシも他に過激な昼メロ覚えてます。
あれらが真っ昼間の番組だったんだからなあ(苦笑)。
市毛さんの『私は泣かない』!
わが子よに並ぶ名昼ドラマですね。
2009/04/03(金) 23:35:06 | URL | ごいんきょ
質問です
『この番組の映像については、ワタクシの義憤に共感された方から提供が有りまして(笑)、会員制の方で公開中であります。』・・・とありますが、この会員制サービスについて教えてほしいのたーですが・・・。
2009/07/01(水) 16:16:26 | URL | final joke
「犯される」で2度もレイプされる役服部妙子
日テレで30年前に昼ドラ「犯される」で服部妙子さんが第一話目に、平泉征に襲い掛かれてレイプされるシーンは、今更ながらでも凄いシーンでした。夫役の川地民夫が酔い潰され、服部妙子が毛布をかけてると、平泉征が酒を飲みながら服部妙子の後ろ姿を、舐める様に見ているの築き、台所へ向かおうとしたところで平泉征に抱き着かれ様とされ、あわてて玄関に逃げようとしたが、腕ずくで連れ戻して、更に服部妙子が抵抗しながら2階に逃げようとした時に、平泉征に階段の途中で抱き止められて、「奥さん子供が起きたらどうすんだ」って言われながら服部妙子を連れ戻され抱きすくめられた後、和室に押し倒されてしまい、平泉征にブラウスを引きちぎられ、ブラジャーを下げ、更に服部妙子のスカートを下げ、脚を掴みながらパンストとパンティを一気に剥ぎ取り、両脚を開きズボンとパンツ脱いで一気に服部妙子の中に挿入し、オッパイを揉みしだきながら服部妙子をレイプした。レイプ後平泉征は、「奥さん良かったよ」言い残し家を出て行った。レイプされてしまい茫然としつつ、時計を見ると朝の5時を過ぎていて、夫の母親が朝に訪ねて来るのを思い出し、先に下着のまま、レイプされた体をシャワーで泣きながら洗うシーンがそそられた。その時、服部妙子のオッパイが丸出しで乳首、乳輪丸見えだったの思い出す。その後第何話かは、忘れましたけど、平泉征にどや街の宿泊所に服部妙子に来るように、電話で呼び出され、そこの宿泊所で再び押し倒され抱き着くと、服部妙子に辞めてと言ったけど、着ていたコートを開き、スカートの中に手を入れてパンストとパンティを再び脱がされてレイプされてしまい、遣り終わると服部妙子が泣きながら服を直すと、平泉征にお金を渡してどや街宿泊所を出ようとした時、どや街宿泊所仲間とすれ違い、早々に立ち去った。どや街仲間に「さっきの女アンタのこれか」と言われたが黙っていたシーンでした。其からは、ドラマ見てないので、平泉征に服部妙子が何回レイプされたかは分かりませんが、当時高校2年だった私は、たまたま見たときが学校の試験と試験休みだったので、服部妙子さんのレイプシーンと丁度良い大きさのオッパイが見れたのがラッキーでしたけど、当時ビデオデッキ高いので、家になかったので、仕方無いんだけど、放映が終わって2年後だったか、深夜2時頃に再放送があったと思ったと思います。服部妙子さんって良い体だったの思い出す。
2010/02/10(水) 23:20:51 | URL | ヤッサン
● final jokeさん
最上部に書いてありますので、そちらでご覧下さい。
最近そちらの更新停滞してますけどね。


● ヤッサンさん
朝9時42分に投稿されたコメントでしたけど、二重投稿の良い方を間違えて消してしまい、
ワタクシが投稿し直させて戴いております。


なるほど。臨場感溢れるレポートありがとうございます(笑)。
やはり話の全体像はわからないのですね。
CSでやってくれないかな。
2010/02/11(木) 03:06:18 | URL | ごいんきょ
確かこんなシーンも…
「犯される」ですが、この間に少なくとももう一度レイプされたシーンがあった記憶が…

夫がパチンコをしに行って、留守の家に一人居る光子(服部妙子)、そして再び現れた浅岡(平泉征)が家にズカズカと入ってくる……
再び犯されるという恐怖から、家の中を逃げ回る光子だったが、二階へ逃げようとする途中、階段の所で浅岡に捕まってしまう。
そして、そのまま怪談の途中で背後から犯される光子……
「もうやめて!」
と犯されたまま、泣きながら訴える光子だったが、浅岡は光子を背後から犯したまま……
「どうぜ一度、犯らせたじゃねぇか!」
と無慈悲な返事をしつつ、更に光子を背後から犯していくのだった……

と言うシーンがあった筈です。

2010/02/13(土) 00:56:09 | URL | カエル
おそらく今村昌平監督の『赤い殺意』あたりが源流なんでしょうけど、
女性が犯されるのを内心待っているみたいな描写は、
冗談抜きで許せない描写で、性犯罪者の言い訳にもなっていそうです。

コメントを読んでいると、昭和40年代エロ漫画そのままですね。
ワタクシも文化人類学的に検証するために読んだ事が有ります(笑)。

「どうせ一度やらせたじゃねえか」
「口じゃそう言ってもここはそう言ってないぜ」

うーむ…(苦笑)
2010/02/23(火) 00:04:37 | URL | ごいんきょ
どやで
私も高校生でしたが、なぜか3回くらい見た記憶があります。
やはり連休とか試験だったのかなあ。
どやに呼び出されて、押さえつけられて犯されているときに、宿のおばさんが階段の下から不審そうに心配そうに二階をうかがっていたのを覚えています。
それにしても高校生にとって、インパクトは強かったです。
2010/03/16(火) 11:46:58 | URL | サハラ
ズリネタでした
懐かしいですね~
先日スカパー!で「必殺シリーズ」を見て服部妙子が出てました。
まさしく私が15歳の時に「犯される」に出ていた女優です!
当時の私には衝撃的なドラマでしたね~
学校休んで見ながらシコシコした思い出が・・・
押し倒されてタンスの前でパンストズリ下げられて犯されるシーン・・・
そのパンストの色まで鮮明に覚えてます・・・
子供ながら二タイプの女優だったので・・・
今もたまーにTVで見かけますが相変わらず可愛いというかそそられますね。
もう62歳だそうですが、一発お願いしたいです・・・
当時を思い出しながら久々にシコシコしてしまった49歳の男です・・・

2011/09/20(火) 21:46:35 | URL | レイパー
● サハラさん
そう言えばそんなシーン有ったかな。
高校生なら、中間テストで時間が有ったんでしょう。
勉強どこじゃないですよね(笑)。


● レイパーさん

当ブログも対象年齢は高めですけどね(笑)、一応はアダルトカテゴリではないので、
あまり直截でなく上手く言い回して戴けますと助かります。
まあどれだけ格好つけたって、男どものやるこたぁ一つなんすけどね(苦笑)。
一応は淑女の皆さんもアクセスされてますんで、ご配慮お願いしますです。

休んでまで見ましたか=。
ワタクシもそうすりゃ良かったんだな(笑)。
2011/09/22(木) 00:48:54 | URL | ごいんきょ
感動もんです
服部妙子さんで検索していてたどり着きました。ドラマ「犯される」がこんなに詳細に紹介されているのに吃驚しました。私も中学生か高校生時に観た記憶があります。その後、ずっと気になっていました。「俺達の勲章」でも儚げな女性を演じていますね。
「往生安楽国」という映画でも活躍されています。
2011/11/27(日) 15:04:27 | URL | ジュリスト
ですよね。
こんな赤裸々にこの番組の記憶を書く人、いるとは思わないでしょうから(笑)。
しかしその決断の甲斐あって、こんなに多くの同志が表に出てきてくれて感激です。
しかも、映像の提供まで戴いて。本当に果報者です。
2011/11/27(日) 20:38:34 | URL | ごいんきょ
たしかこんなシーンも… の続き
たしかこんなシーンも…のカエルさん、私もこの回をたまたま観て覚えてます。服部さんの叫び声はあまりにもリアル。当時26歳だったそうですね。あんな声、今の二十代のAV女優じゃ出せません。
上に着てたスリップがずれて乳首が見えそうになったとき(そして私が半分鼻血を出しかけたとき)、男優が手で元に戻してしまったのにはがっくりしたのを覚えています。
2012/03/01(木) 01:01:20 | URL | ヘビ
そんなシーン有ったんですか。
つい力入れすぎて、「あ、いけね」と思ったんだろうなあ(笑)。
2012/03/20(火) 08:39:22 | URL | ごいんきょ
にっかつロマンポルノ
私もタイトルに惹かれて学校が休みのときに一度見ましたがその日には過激なシーンはありませんでした。夫が酔いつぶれている間に犯されるシーンからしてにっかつロマンポルノで宮下順子さんが主演した映画と原作は同じようですね。
2012/05/10(木) 23:07:29 | URL | りい
返信が遅れて申し訳無いのですが。

にっかつでもやりましたか。
原作がちゃんと有るんですかね。
2013/12/01(日) 11:19:06 | URL | ごいんきょ
ほんと
ほんとけしからん番組ですね!
残念ながら、「犯される」は見てなかったんですが、ほぼ同時期に、20才位の女優さんがお手伝いとして雇われた家で短いスカートで廊下を拭き掃除してたら、やにわにそこの主人が欲情して犯されてしまうというドラマが、やはり昼の1時半位にやってました。女優さんの名は里美?さんだったかと思います。

2015/02/01(日) 21:42:03 | URL | 総天然色
女性が暴行を受けるというドラマ、一時期の昼ドラで結構あったんですよ。
只今『昭和エロテレビ史』執筆中につき、エロ番組の情報はどんどん欲しいです(笑)。
2015/02/08(日) 07:39:03 | URL | ごいんきょ
また見たい
犯されるも見たいですが、小林千登勢さんの幻の殺意も凄かったですね。ごいんきょさんの力でまた見てみたいです。
2015/12/11(金) 12:55:15 | URL | 僅僅
凄かったというと、どのように凄かったのでしょう。
ぜひ聞かせて戴きたいですなあ。
でも、小林千登勢さんでは期待できないというか、
いい場面が有ったとしても、おそらく吹き替えだったでしょうね。
2015/12/13(日) 19:33:20 | URL | ごいんきょ
感想
小林千登勢さんがおっぱい丸出しで犯されるシーンで昔の恋人に無理矢理やられ、男性が荒々しく腰を動かす場面などリアリティーがありました。
2015/12/14(月) 12:43:23 | URL | 僅僅
おっぱい丸出しの場面が有ったのですか。
当然、吹き替えに違いないのですが。
しかし昭和51年の昼メロで、既におっぱい丸出し有ったんですね。

他にも昼ドラマでエロイのをご記憶の方、情報お待ちしております。
2015/12/20(日) 11:20:46 | URL | ごいんきょ
このサイトは驚きです
犯されるは、当時タイトルだけ記憶をしていました。内容はこのサイトでし知って驚きでした。私も小林千登勢さんの、幻の殺意を見た覚えがあります。着物姿の小林千登勢さんが犯されるシーンを2回見た覚えがあります。ごいんきょさんの、ご指摘どおり吹き替えかもしれません。おっぱいのシーンはアップで撮られていましたから、ただ残念ながら、初回で犯されるシーン(私は見ていない)では、着物ではなく普段着だったようなので、本人のおっぱいかも知れません。当時、プレイボーイにヌードグラビアを発表していましたので、もし出来ることなら、犯されるの映像があれば拝見できれば
悔いなく人生を終われます。よろしくお願いします。
2016/04/20(水) 01:05:22 | URL | マロンの里
えっ! と驚いて検索したら、本当に千登勢さんヌードになってたんですね。
あんな上品そうな人が。驚き。

『幻の殺意』絶対に見たいなあ。
昼ドラは、文字通りまだまだ未発掘の宝庫ですよ。
どんどん発掘して戴きたいものです。

『犯される』の映像は会員制の方にまだ有るはずですが。
その後、OP映像も提供して戴いたのですが、
どうもBBSの調子がおかしくて、アゲられない状況なんですよね。
今度の連休でそちらも手直ししようかな。
2016/04/29(金) 12:55:07 | URL | ごいんきょ
昼メロ
この犯されるというドラマ、私も学生の時に見ました。服部妙子さんに一目惚れしましたね!というか、役の光子にオーバーラップしてけなげさに感じてしまったところです。最後までかなり見た記憶が残ってます。今は結構大御所的な平泉成が野球選手崩れの強姦男をやり途中で殺されて、夫の川地民夫が疑われ逮捕され、その無実を光子が晴らす(犯人は三浦真弓演じる愛人)これにすっかりファンになってその後服部妙子さんの出演作を随分見ましたね。ちなみに映画の往生安楽国も見ましたね。
2016/05/15(日) 16:46:57 | URL | おっちゃん
エロい昼メロ
あの頃見た昼メロで何かものすごくエロい記憶が残っているのは、むらさき心中というドラマだったような気がします。多く見られたわけではないのだけれど見た回の時は必ず激しいラブシーンだったような気がします。渡辺美佐子と小野寺昭が激しくしていた?(年上の女と若い坊や)がすごかった!どなたか記憶にありますか?
2016/05/15(日) 17:12:31 | URL | おっちゃん
昼メロ全盛期は
 1970年代になるのでしょうか。
 幼児だったので母親と一緒に見ていたと思うのですが、「花くらべ」という東海テレビのドラマがあったような。
 三味線演奏で♪タカタカターン タカタカターンというゆるい感じのテーマ曲が40年経った今でも頭の片隅に残っています。
 調べてみると、夫の不能を治すために愛人を作らせて云々…というストーリーだとか。
 五月みどりさんの「欲望の河」というドラマも再放送で1回見たことがあります。(80年代に)
 内容はともかく、重苦しい感じのテーマ曲とどしゃ降りの中に映る西洋の城が出てくるOPが記憶にあるのですが…。
2016/05/15(日) 23:58:17 | URL | 北国の人
● おっちゃんさん
おぉ。詳しい内容をありがとうございます。
なんと平泉さんの役は途中で殺されるのですか。
犯人はどういう理由で殺したんでしょうね。

『むらさき心中』がそんなに過激だったなんて。
と言うか、渡辺美佐子さんでは露出の方は期待できない気がしますが、どうだったのでしょう。


● 北国さん
『花くらべ』はともかく、『欲望の河』は80年代の五月さんという事で、かなり期待できますね。
ワタクシもその河で泳ぎたいのですが(笑)、どこか発掘してくれないかな。
2016/05/19(木) 23:40:08 | URL | ごいんきょ
春泥尼
 自称「昭和昼メロ研究家」として、皆様のコメントを喜んで拝読しています。納得のゆく作品名が並んでいますね。『義姉』大好きです。ごいんきょ様が『芸者っ子』のところで紹介して下さったNMCの制作です。大橋社長が「五条雅之」のペンネームで全編を書き、タイトルバックの演出もした、まさに大橋カラーが横溢したドラマでした。弟役の松橋登は『サイコ』のアンソニー・パーキンスを彷彿とさせるような?怪演で一見の価値があります。
 今日はまだどなたも言及していない番組から『春泥尼』を取り上げます。ライオン奥様劇場で『義姉弟』と同じ75年に放送されました。「しゅんでいに」と読みます。これもNMCです。大橋社長フル回転です。お昼から尼さんが大勢出てきます。尼寺を舞台にした作品は昼ドラ55年の歴史で唯一無二、おそらくテレビドラマ全史を俯瞰してもほとんどないと思います。今東光の原作は河内が舞台ですが、本作では東京郊外の柿生に移し、小野恵子演じる女子高生が、父の使い込みの代償として心ならずも尼寺に入れられ、複雑な愛情関係に巻き込まれてゆく本筋と併行して、同じ寺で修行する春鏡という尼僧が、煩悩を断ち切れず変装して町へ出ては複数の男と関係を結ぶというサイドストーリーが展開します。聖と俗とを行きつ戻りつする女の業を、黒沢のり子が魔性のオーラ全開で演じました。描写としてはそれほど過激性はないのですが、強烈な官能美に溢れていました。75年頃はそんな時代だったのですね。ちなみにこのドラマの主題歌『女の石段』が笹みどり最後の昼メロ主題歌になりました。『芸者っ子』から10年で18曲、一時代を築きました。
2016/09/28(水) 15:58:50 | URL | 高校教師
んん!
この造詣の深さ、文の内容。
貴方様はもしや、ワタクシがテレビ主題歌に興味を持つ切っ掛けとなった、別冊テレビジョンドラマ・テレビサントラコレクションの執筆者様では!?

いやー、昼ドラを語れる人は希少ですからね。
ご指摘の『芸者っ子』、『異母兄弟』など昼ドラスレも幾つか有りますので、ぜひ多くの知見をお寄せ戴きたいです。


春泥尼も、語れる人はほとんどいないと思いますからねー。かなり貴重なお話です。

笹みどりさんの主題歌数、ワタクシもその後、レコードを集めるようになって数えてみたのですが、もう一度確認してみます。
2016/10/04(火) 07:06:02 | URL | ごいんきょ
恐れ入りました
 はい、ご賢察の通り、テレビサントラコレクションの50、51Pの記事を書いたのは私でございます。それにしてもごいんきょ様のご慧眼、感服致しました。古い、マイナーなものだけに驚愕至極です。とともに大きな感動も頂きました。ありがとうございます。あの本の編集人のS氏とは、氏の主宰するドラマの研究会に参加していた関係で執筆の依頼を受け、ジャケットの提供もしました。肩書はどうすると聞かれたので一任したところ、フリーライターになってましたが、私は当時も今も高校の教師です。本名も出てましたね(笑)。私の知るところでお役に立つならば、いくらでも情報の提供を致しますので、宜しくお願い致します。
 笹みどりの主題歌の件ですが、ミスをしました。すみません。正確には昼メロは17曲、20番組になります。夜のドラマも入れての18曲でした。数が合わないのはリメイクや続編で同一曲を使っているからですが、詳細は近いうちに「芸者っ子」のスレに書き込みます。
 また、「男の償い」への質問が「異母兄弟」のスレにありましたので、これも近いうちに書き込みます。「マリンコング」のスレで、NMCとトランスグローバルの関係について関心をお持ちの方がいましたので、近いうちにお答えします。近いうちばかりですが(笑)、それは、自宅にパソコンがあると睡眠時間が限りなく失われるであろうとの予測のもと自宅には設置せず、勤務先の学校で日中、授業の合間にちょこちょこと書き込んでいるからなのです。ということで、今後ともゆるゆるとお付き合い下さいませ。
 長文失礼しました。
2016/10/13(木) 15:06:05 | URL | 高校教師
ワタクシがあの本でテレビ主題歌に興味を持つこととなった事は、
個人誌の後書きにも書いたことですから。
あの本がワタクシの目標でしたし、なんとかあそこに掲載されているレコードを
全部この手にしたいというのも目標なのですが、
いまだに成されておりません。
今となっては一万円でも入手できない物も複数あって、叶わぬ夢となりそうです。
それでも、8割以上は入手できましたが。

昼ドラの情報をこれだけお持ちの人なんて、おそらく現在では日本随一でしょう。
是非その知見を、少しでも多く残して戴きたいと思います。
と言うか、ワタクシがやっている「探偵団」の方で取材させて戴きたいくらいで。
http://showatv.blog.jp/

お盆に、初めて一般の方ともお話しし、すぐ後に、
朝日ソノラマで数々の子供番組主題歌のソノシート化を手掛けられた橋本一郎様にもお話を伺いました。
どちらも既に記事は出来上がっていて、ご両人の許諾待ちの状態です。

Webネームでも構いませんし、電話取材でも構わないのですが、
もし、話しても構わないという気になりましたら、お手数ですがメールを頂けますと幸いです。
sammadaisensei@yahoo.co.jp


そこまでの気は無いという事でしたら、お気軽にここでのコメントだけして戴ければと思います。
でも、なるべく多くの話を聞きたいな~(笑)。


笹さんの主題歌ですが、夜の番組も有るんですね。幕末姉妹ですか。
まさか、これもご覧だったとか。
詳細、是非お待ちしております。

あ、本当だ。ワタクシに甲斐性が無いもので『男の償い』へのリクエストが浮いてますね。
お願いできましたら幸甚でございます。

ワタクシは、よく十年以内にはなんて言ってますが(苦笑)、
それよりは近いうちにお願いしたいなと(笑)。
楽しみにしております。
2016/10/15(土) 04:18:38 | URL | ごいんきょ
新参者から失礼致します。
拝啓 よろしくお願いいたします。実は初めてこの「犯される」のスレッドにお邪魔致しましたら、やはりあの達人「高校教師様」が訪問され、不思議な程にこの番組が、皆様の記憶に刻み込まれていた事に改めて驚きました。当時自分は確か18歳の終わりか?平リーマン病気退職して再就職先を探し、やっと念願の音楽関連の仕事にありつける直前でしたこの番組を予告で知ったのは、、、。記憶では第一回は「準主役の平泉性では無かった(失礼)成さんが、クレジットではサングラスの男」となっていました。あまり面白そうな展開では無さそうで、次回はどうしようか?と思っていたときに観た第二回目は、いや物凄かったですね。その強烈な印象は未だ忘れる事が出来ません。これはもう「皆様方が上記に書いておられる通り」です。この準主役のサングラスの男、確か記憶では「朝丘」と言う名前で、「主役の服部妙子さんの亭主の古いワルダチ」の様で、かなり以前に「宝石を闇で捌いてやった腐れ縁」だった記憶があります。この平泉成さんは、今でこそ実直生真面目な親父役や爺役が似合いますが、かつては「旧大映ガメラシリーズの末期作=ガメジャイで万博会場警備のガードマンキャップ」と言う実に格好良い役で登場し、当時は毛髪黒々痩せて凛々しかった。後に「東映のアイフルだかバーディーで、悪党役で登場し、むかっ腹のタツ」なんてぇ名前で出ていました。服部妙子さんは「NHK少ドラの末っ子物語」等で観たのが最初期かなぁ?と。音楽も「何故かジャズ系の大野雄二さん」で、妙に地味な曲だなぁと感心したものです。とにかくBGMが少なくて、例のシーンでは全くBGMが無く、非常にリアルだった事が思い出されます。おそらくはビデオでは無くてフィルムだったと記憶しており、その後音楽関連に再就職して最後までは観られませんでしたが、何故か「地方巡業中=早く言えばドサ周り中の北海道札幌市で、偶然再見した」のは驚きました。何かと本当にお世話になりました言を改めて御礼申し上げます(?) この後に深夜、再放送らしきが行われていた事を知ったのは、かなり後でした。ぜひもう一度再会したい、再見したい、そんな番組でした。
敬具
2017/06/30(金) 15:26:53 | URL | よしたかくん
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
犯される 1977/5/2 ~ 7/1 日本テレビ 13:30-14:00 原作:佐治乾、脚本:須川栄三ほか、演出:井上芳夫 出演:服部妙子、川地民夫、平泉征ほか 新興住宅街に住む主婦が、夫が連れてきた嫌な感じのする男に 押し倒され、乱暴されそうに。 <『テレビドラマ全史』東京ニュース
2007/04/25(水) 19:36:14 | 昭和テレビ大全集 資料版
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ