私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



私は名探偵 完全犯罪をつぶせ! (1982)

該当番組画像募集
私だけが知っているのような推理クイズとして記憶に新しいのが、
この『テレビ推理劇場 私は名探偵 完全犯罪をつぶせ!』。
テレビ東京の番組なので見ていた人は多くないだろうけど、
特殊な番組なので、見ていた人はよく覚えていると思う。
大島渚率いる東軍と、藤本義一率いる西軍が、
一週間交代で相手側の出す問題にチャレンジという形式。
東軍探偵局メンバーは、探偵長大島渚を筆頭に、
芹沢博文、大和田獏、あべ静江という構成。
西軍は、探偵長藤本義一、桂文珍、江本孟紀、秋野暢子
といった面々で、これに毎週ゲストが一人加わります。
ゲストは山村美紗とか作家が多かったですね。
天の声が小池朝雄で、音楽はかの山下毅雄でした。
と言っても、音楽はよく覚えてないんですが。

まず、『私は名探偵 完全犯罪をつぶせ!』とタイトル表示され、
出題側の探偵長がミステリートンネルを歩いてくるオープニング。
出題側探偵長がその週の問題はどんな事件かを紹介する小話をして、
回答側探偵局メンバーの紹介となります。
ここで「この番組は~の提供でお送りします」と最初のCMに入り、
CM明けてフィルムによる出題ドラマ。
この問題というのがなんか時代遅れの感じで、
ワタクシが子供の頃に読んでいた学習雑誌の付録とかに有った
推理クイズのトリックと、あんま変わらないレベルでしたもんね。
中にはもっとトンデモな話も有ったように思います。
一年近く続いているので、ネタ切れしたんでしょうけど。
私だけが知っているの稿で書いた仏像盗難事件の話も、
この番組でも使われた事があります。
トリックはさすがに違ったものだったんでしょうが。
出題ドラマが終わると中CM。

またCM後にスタジオに戻って、いよいよ回答側探偵局による
侃々諤々の議論となります。
それに先立って、事件のポイントを抜き出しての説明があり、
それを受けて、犯人、動機、手口を推理し合い、
時間を見計らって探偵長がとりまとめて、局として回答するという、
本当に『私だけが知っている』の踏襲ですよね。
週交代で回答チームが入れ替わる点だけが目新しいくらいで。
回答が提示されるとCMに入り、CM明けに解答編ドラマ。
大体、エーッて感じの声があがってたと思いますが。
解答ドラマを見た後、メンバーによる感想コメント。
そして回答側探偵長が、来週はこちらがやらせてもらいますよ
みたいな挑戦の言葉を述べて、それを受けた出題側探偵長が、
望む所です受けて立ちましょう!みたいなコメントで締めてました。
で、翌週は攻守交代となり、前週の回答側だった探偵長が
オープニングに登場して出題側となる、という番組でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
同時ネット
この番組、岐阜放送で同時ネットしてたんですよねー。当時のテレビ東京系はまだテレビ大阪だけだったので、同時に見られた地域はかなり限られていたはずです。
 見てなかったですけど。
2007/03/07(水) 23:30:40 | URL | かじか
テレビ大阪
テレビ大阪にはネットされていたようです。
2007/03/08(木) 00:52:52 | URL | ごいんきょ
私は昼に見ていました!
私が住んでいる仙台では、土曜午後3時から放送していました。その前の2時30分からは「気分はパラダイス」で、4時からは「おもしろ演芸決定版」と、ずっとテレビ東京番組で埋まっていました。

この時代のクイズ番組と言えば、タレントがギャーギャー騒ぎながら答えるスタイルが主流でしたが、この「私は名探偵」は、スタジオに観客も一切入れず、暗いセットの中で推理クイズをタレントが真面目に解いている光景が印象的でもあり、テレ東的でもありました。

VTRを見る際、パネラー席がスクリーンを見られるようにぐるっと動く光景がスリル感を更に煽っていました。この番組って、確かイースト制作でしたっけ?イーストは斬新なパネラー席のセッティングが得意ですよね。

今、こういった異色の番組をテレ東は作らなくなってしまい、とても残念ですが。
2007/03/11(日) 22:29:03 | URL | ケン
追伸
番組のオープニングテーマで、確か「ルルルルル探偵っ」と何度も繰り返していたのを覚えていますが、この作曲、山下毅雄さんだったのですね。分かる気がします。「タイムショック」「アタック25」「ヤマカン」…。曲調、似ています。
2007/03/11(日) 22:33:49 | URL | ケン
ルルルルル探偵っ
東北の情報を教えてくれる人って少ないんで助かりますね。
しかし、この番組はやはり夜に見たい気が(苦笑)。
気分はパラダイスもやはり夜が更けないと感じ出ないなあ。

そうですね。制作はイーストで、フィルム部分は国際放映です。
テレ東は他局よりは味のあるテレビ制作をしている方だと思いますよ。
今、経済原理を導入しろと五月蠅い大金持ち様が物言う株主なんで、
どうなるかわかりませんけど(笑)。
テレビ局は株式なんぞ公開すべきじゃなかったんですよ。

ルルルルル探偵っって、うっすらと有った気がしますが、
今ひとつ思い出せないです。
うーん、消化不良…(苦笑)
2007/03/12(月) 22:47:57 | URL | ごいんきょ
ビデオあります
ベータビデオの整理をしていたらこの番組が出てきました。「美容師殺人事件」の回。音声も画像もよくないのですが。
2008/09/29(月) 17:17:14 | URL |
これを録画していたというのは素晴らしいです。
なかなか貴重なんじゃないでしょうか。
見てみたいものですね。
2008/10/19(日) 10:14:38 | URL | ごいんきょ
動画アップしました
ユーチューブにアップしました。ただし、タイトルバックの映像はかなり荒れてます。昔のビデオは頭部分に録画し、経年すると、てきめん、こうなりましたね。
「私は名探偵」で検索してください。
2009/01/03(土) 20:08:12 | URL | 想
うーん、よく覚えてないんですが、
しばらくしてだんだんと思い出しつつあります。
最後、タイムトンネルのような部分を通ってくるのは印象的ですね。
2009/01/13(火) 06:57:58 | URL | ごいんきょ
見てました
確か、大和田獏氏の推理が1番冴えていたハズです

OPテーマは独特の山下節で
♪チュッチュチュチュル(スキャット)サ~ンセット
だったと思うのですが、、、

CM入りの音楽(番宣CMと同じ)が凄く怖い上に
EDで出てくる黒猫が不気味だったのでトラウマ番組の1つです。。。

2009/01/15(木) 18:25:35 | URL | もりす
なんか内容はほとんど覚えてないんですよね。
獏さんもあまり。
両探偵長の無駄な偉ぶりだけが印象的ですね(笑)。
2009/01/20(火) 07:15:12 | URL | ごいんきょ
見ていましたよ
小学生の頃に母と見ていました、ミステリーが好きな子供なので楽しみにしていました。独自の雰囲気がとても好きで、まるで推理小説の中に自分がいるような気分を味わっていました。でもたまに「なんだ、この結末は・・」みたいな話があり、ちょっとコミカルな番組でもありましたね。出来ればまた見たいです。
2009/10/30(金) 00:49:23 | URL | (ハンドル未記入)
サブマリン
大阪在住の当時、小学校3年生でした。藤本義一さん、大島渚さんが出ていたのは覚えています。1年後の再放送ではサンテレビで放送されていたと思います。エンディング曲は「ルルル、探偵」でしたよね。推理番組(殺人)だったので、曲もこわかったです。印象の残る番組ですね。
2009/12/14(月) 10:55:02 | URL | (ハンドル未記入)
返信が遅れまして申し訳ないです。


● 未記入さん(前)
そうなんですよ。なんだこの結末はってのがね。
ワタクシの記憶では、ほとんど毎週だったのですが(笑)。


● 未記入さん(後)
再放送が有ったのですか。
またCSででもやってくれないかな。
2013/12/01(日) 11:27:51 | URL | ごいんきょ
仙台在住です。
上記で仙台在住の方が書かれましたが、多分、テレ朝系列の東日本放送で放送していたような気がします。テレビ東京の系列局がないので、それなりの遅れての放送だと思います。もしかすると、関東より、仙台在住の方のほうが、この番組の認知度は高かったかもしれません。特に、子供は半ドン(死語)で、家に帰って見れていたので。ヤンヤン歌うスタジオも仙台では、土曜日の午後の放送でした(日本テレビ系列の宮城テレビの放送でした)。
自分が印象に残っているのは、真夏竜さんが出た回です。探偵のみなさんに、犯人を探してほしいと言っておきながら、自分が犯人だったというのは、純真な田舎の少年(当時小学校6年生?)を驚愕させたのでした。ネタばれですみません。
エンディング曲「ルルル、探偵」の最後に、鉄格子が施錠される音がなり、それが印象的でした。
ヤマタケさんの音楽は最高でしたね。



2015/11/18(水) 17:22:52 | URL | (ハンドル未記入)
へー。
そちらではわりと知っている人が多いのですか。
依頼者が犯人というのは、推理ものの世界ではとっくに使い古された手でしたけどね(笑)。
子供相手ならたしかに意外性あるでしょう。

んー。鉄格子の音、有ったような。
2015/11/24(火) 05:15:25 | URL | ごいんきょ
確かに岐阜放送で同時ネットしていて
見てました。
普通は犯人が誰かを当てるのですが、
一回だけ「刑事コロンボ」のように
初めから犯人が分かっていて、
どういう経緯で犯人を見つけたかを
推理させた回がありました。
「天の声」がコロンボの小池朝雄だった
からかもしれませんが、
その時の刑事の名前が「ボロンコ」で、
東野英心が刑事役でした。
2016/09/26(月) 15:15:41 | URL | じゅん
いわゆる当叙法というやつですね。
たしかに有った気がします。
ボロンコとか英心さんとか、よくご記憶で。
2016/09/27(火) 06:31:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ