私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ワン・ツー・ソニー (1961)

該当番組画像募集
こんな番組、誰も知らないと思います(笑)。
でも、だからこそワタクシが書いておかないと、
テレビ史の谷に埋没してしまう。
昭和30年代の夜10時過ぎと言えば、かなり夜も更けた印象で、
落ち着いたドラマか報道系番組がほとんど。
希少なバラエティーも、NHKの夢であいましょうのような
やはり落ち着いたトーンのもので、クイズ・ゲームなどは
おそらく皆無だったのではと思われます。
この番組も、一応タイトルからはクイズ番組っぽいですけど、
実はゲームに近いクイズ番組と違い、ソニー広報のような感じでした。
回答者というのが出演するわけではなく、出題だけ。
回答するのはテレビの前の皆さん、という事で、
葉書で回答を募集して、正解者にソニー製品をプレゼントするという、
まるで午前午後の奥様向け番組のようなものが、
こんな時間にも有ったのでした。
露骨なタイトルと言い(笑)、古き良き時代です。

ただ、こうしたスポンサー名をそのまま付けたタイトルは、
当時と言えども新聞のテレビ欄には載せられません。
大体は、スポンサー名を省いて、例えば大正テレビ寄席なら、
テレビ寄席とだけ書いて紹介するという感じですね。
ところがこの番組の場合、そうはいかない。
ワン・ツーじゃパッとしませんもんねえ(笑)。
ではどうしたか。
実は、クイズ種目として広報されていた言葉、
『トリプルクイズ』というのを一般的には使っていました。
当時の新聞テレビ欄を調べても、トリプルクイズとしか出てないはず。
もしワタクシがこの実タイトルを発表しなければ、
或いは永遠にテレビ史に埋もれていたかもしれません。
それを考えれば、ソニーさんはワタクシに
PS3送るくらいの事をしても罰は当たらないでしょう(笑)。

当初は土曜日で、裏番組はあの、夢であいましょう。
いくら日真名氏飛び出すから続きの番組と言え勝てるわけない(苦笑)。
という事で途中から木曜になり、司会もその時に
三國一朗から芥川隆行に替わったのでした。
内容は、フィルムで3つのヒント映像を出し、
最後にアナウンサーがキーワードを言うので、
それらから連想される正解を書いて、葉書で送るというもの。
例えば、展覧会場への絵の搬入風景→「秋来る」。
真珠のネックレス→「海から採れる」。
汽車がトンネルに入っていく→「煙い」。
これら3つのヒント映像を流し、キーワードは「季節のものです」。
この正解は、『さんま』という事になるわけです。
但し『さんま』と書いて送るだけでは駄目で、
3つのヒントの答えの方も全て書かなければいけないという、
なかなかご無体な番組でした。
正解だけでなく、迷答賞というのも五人まで選ばれてました。

商品は、概ねソニー商品。
トランジスタラジオのセールスマン・ソニーの(笑)、
小型テレビやポータブルラジオ、テープレコーダー等が貰えました。
他にお楽しみの箱があって、この中身は毎週わからない。
正解に関係した何か、という事でしたが、
「生きてる動物が出てくるなんてのも出てくるでしょうし、
 そんなモノ貰っても困る、なんてのがあるかもしれません。
 でも、当たった以上受け取ってくださいね」
だって(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
PS3、来ました?
いや~、全然覚えてないわ。関東地方でもやってたかしら。きっと裏番組を見ていたのでしょうね。
ところで、ソニーはダメで「ナショナルキッド」は良かったのかしら?
2007/03/12(月) 22:28:36 | URL | オンデン1970
反則タイトル
ゲーム機なんかべつに要りませんけどね(笑)。
もうゲームやる年でもないし、転売しても大した額にはならなそうだし。
昔だったら、プロフィール(モニター)を希望したんですが(笑)。

もちろん関東でやってましたよ。
制作はTBSですから。
1970年生まれのオンデンさんは当然知らないでしょう(笑)。

ナショナルキッドも卑怯なネーミングでしたね(苦笑)。
三菱電機提供テレビ探偵団ではNGでしたが、
松下電器が社名でナショナルというのは普通の英語ですから、
その辺でギリギリセーフだったんでしょうか?
2007/03/12(月) 23:40:04 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ