私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

たのきん全力投球! (1980)

該当番組画像募集

3年B組金八先生に出演していたジャニーズ事務所の
田原俊彦、野村義男、近藤真彦の3人。
それぞれの頭一字を取ってつけられた愛称が、たのこんトリオ。
じゃあないんだなこれが(笑)。
なぜか知らねど、たのきんトリオ。
今、日刊ゲンダイにて玉置宏が、あの人あの歌という
名連載を執筆してますけど、
http://gendai.net/?m=list&g=geino&c=070&s=160
ここで彼が指摘するように、昭和時代というのは
やたら三人くくりが多かった。
昭和も末期に近い50年代後半でも、
このたのきんのヒットに触発され、やたらトリオが出ましたっけ。
御三家→新御三家の流れを受けたとも言えるこのトリオ、
大きく違うのは、三人とも同じ事務所という事。
もっとも昔の三人娘の方には、ナベプロ三人娘ってのが有って、
昔ナベプロ今ジャニーズという流れの端境、
潮の変わり目のような番組だったと言えますかね。

番組開始当初は、まだ田原のデビュー間もない頃で、
近藤も正式レコードデビューしてませんでした。
ほどなくスニーカーぶる~すで近藤がデビューするや、
彼らの人気は決定的となり、番組人気も最高潮。
結局2年以上も続く事となりました。
ヨッちゃんはこの番組中にデビューできたのかな?(笑)
ただ一人持ち歌が無いんで、他の二人に比べて露出も少な目で、
最初から二人の引き立て役みたいな位置だったかと(苦笑)。
彼らだけではほとんど女性しか見なくなってしまうので、
女性アイドルの招聘にも力を入れてました。
当初は金八の繋がりで三原順子がいたと思いますが、
途中から松田聖子が女性陣の筆頭として君臨し、
他にも河合奈保子、松本伊代、石野真子、石川ひとみなど、
トップアイドル達の歌や様々な娯楽がギッシリ詰まった、
なかなか贅沢なショーだったと思います。好きな人には(笑)。

三人が「たのき~ん!」と叫ぶと客席が「全力投球~!」と返し、
テーマソング『ミスター・フライング』で番組はスタート。
田原 夢のボールを追いかけて
野村 キミは走るよ大空を
近藤 人は皆だれも生まれた朝に
三人 白い翼 心に抱いてる
そして清水アキラや轟二郎などと軽いやり取りがあって、
前半のメイン、たのきんバラエティーへ。
これはたのきんの三人が演じるシチュエーションコントで、
まあコントとしては他愛ないものでしたが、
トップアイドルがメインで繰り広げるコントというのも、
この辺が最初だったのではと思われます。
カックラキンとかは、やはりマチャアキがメインでしたからね。
中盤はたのきんドラマと題して、三人が演じるマジドラマ。
駐在さん親子を描いた『おやじはポリス』では、
ヨッちゃんが主役っぽかったですね。

そして後半が会場の女の子も参加するゲームコーナー。
ワッハッハッハとバズーカマンが案内するクリームバズーカ。
回転するテーブルにたのきんと女の子三人が交互に座り、
40秒後にクリームが顔めがけて発射される、
さあ誰に当たるかという、なんとも無体なコーナー(笑)。
女の子にそんな企画、よくまあ考えたものだ…
そして番組最後はまた、冒頭のように
「たのき~ん!」「全力投球~!」で締められました。
途中途中には勿論、三人やゲストの歌が豊富に挟まれ、
本当の意味でのバラエティ番組だったとは言えるでしょう。
昨今はこうしたショー番組の王道形式も見ない気がします。
提供は、東急百貨店とロッテでした。
田原と聖子はグリコアーモンドチョコのCMを後にやるのですが、
あれはこの番組の終了後だったんでしょうね。
ロッテのCMって彼らやってたっけな?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
メジャー
この枠って、かつては「クイズ列車出発進行!」「日本縦断クイズ合戦」の枠でしたよね。どちらもあまり視聴率が高くなかったとみえ、「体力ゲーム・ドンGAMBA」になったんですけど、これも惨敗。で次がたしかこの「たのきん全力投球!」だったんですが、この番組になったとたん、各方面がこの番組に注目してました。やっぱりたのきんの威力は絶大だな、と思うと同時に、メジャーなものでないと日本はダメなのか、と改めてガッカリしました。
 ヨッちゃんは結局たのきん時代にはデビューしなかったんじゃないかな。彼は歌手じゃなくてギタリストでしたし。田原は俳優、近藤は歌手と、実は職業バラバラなんですねぇ。
 とはいえ、私たちの世代にとってはティーンズになる頃に登場しハタチになる頃までが人気だったたのきんは、私たちの世代を語るのには欠かせませんが。
2007/03/13(火) 01:13:49 | URL | かじか
伝説のアイドル?
田原俊彦・松田聖子のご両人と言えば、チョコレートのCMの反響がすごかったそうですね。歌番組では絶対隣同士に並ばなかったり、新聞のテレビ欄でも一緒に活字が並ぼうものなら、ファン(ほとんどがトシちゃんの?)からものすごくクレームがきた、という伝説があったとか。江崎グリコのCMに出ることは、アイドルのステイタスだったのですね。
この番組は木曜日の夜7時にやっていて、その後日曜日に移ったような。木曜時代、北海道は東洋水産か日糧パンがスポンサーになっていたと思います。(記憶は定かではありません)
東急百貨店は札幌にもあり(1973年ごろに開店)、午後のローカルワイドショーでCMを流していました。
いつの日か、百貨店CMの特集をお願いいたします。まったく関係ない締めになりましたね(^_^;)。
2007/03/13(火) 17:21:15 | URL | 北国の人
仁義
● かじかさん
クイズ列車出発進行!、日本縦断クイズ合戦、体力ゲーム・ドンGAMBA、
全部わかりません(笑)。そら惨敗だわな(笑)。

たのきんとしての括りは、この番組開始当初はメジャーという程でもないでしょう。
少なくとも夜7時という時間を考えると大冒険としか思えませんでしたが、
前番組のタイトルを列記されてみて、ダメ元だったんだなと納得しました(笑)。
ヨッちゃんはとにかくレコードデビューが遅れましたから、
この番組中には間に合わなかったと思いますね。
デビュー曲が『待たせてソーリー』でしたか。
ザ・ベストテンのスポットライトコーナーに出演した時、
マッチが「最初で最後のベストテンだと思いますけど」とエール(?)を送ったら、
その言葉通りになってしまったという悲しい笑い話が有名ですね(苦笑)。


● 北国の人さん
ベストテンでは久米さんがその辺の呼吸を上手くネタにしてましたね。
しかし、ロッテ提供の番組で大きくなった二人が、その後にすぐ
グリコのCMに出演するというのも、複数提供時代ならではって感じです。
あの個人主義・合理主義の代表みたいだった巨泉さんですら、
自分の番組スポンサーだった企業のライバル会社のCMや番組に出るなんて、
あの当時は考えられなかったですからねえ。

そうです。日曜のお昼に移りましたね。
お昼に移ってからのスポンサー、北海道のスポンサーについてはわかりません(笑)。
百貨店CMですか。あんま記憶に残るようなのは無かったと思いますが、
折角のリクエストですので、大佐殿に先にやられる前にやりましょうか(笑)。
2007/03/13(火) 21:34:45 | URL | ごいんきょ
うれしゅうございます
いつの日か、楽しみに待たせていただきます。m(_ _)m
さて、木曜時代のこの番組(枠)はローカルセールスだったのではないでしょうか?日曜日に関しては、全国ネットのスポンサーがついていたかと。
かじかさんにとってこの番組は、日曜日に見ていたという印象が強いのですね。某掲示板で、CBCの当時の木曜夜7時は松坂屋提供のローカル枠だった、というのを見た記憶があります。その中のひとつに「アーノルド坊やは人気者」というアメリカのテレビドラマがあったとか?(間違っていたらすみませんm(_ _)m)北海道でもSTVで平日の夕方5時半からやっていました。
昔、新潟に行ったときに図書館で地元紙のテレビ欄をコピーして来たのですが、1980年4月の木曜7時、TBS系のBSN(新潟放送)では料理天国が放送されていました。一方、ライバル局のNST(新潟総合テレビ。当時は日テレ、フジ、テレ朝から番組ネットを受けていた)はクイズタイムショックを放送しています。

2007/03/13(火) 22:59:06 | URL | 北国の人
あったなあ、クイズ列車出発進行
列車1両貸しきってクイズを行う番組でしたよね。しかも、解答できないと列車から降ろされたりして……

「鉄道少年 松宮一彦」のフレーズも思い出してしまいました。
2007/03/13(火) 23:13:54 | URL | yig
えと
● 北国の人さん
よそからの引用については、名称を記述しても当方は問題ないですよ。
きっと2ちゃんでしょうけど(笑)。
料理天国が7時かあ。
今更ながら、地方事情って想像を超えてます。


● yigさん
松宮さんの司会ですか。
2007/03/13(火) 23:59:46 | URL | ごいんきょ
木曜19時だったとは
え、「たのきん全力投球!」って最初は木曜7時だったんですか。全然知りませんでした。そりゃ話がかみ合わないわな・・・。せめて本文中に時間が書いてあれば気づいたんですが。
 TBS系のゴールデンのローカル枠って私はTBSが「そこが知りたい」だった80年代中盤の火曜22時以降しか知らないんです。これが木曜20時になり、現在は19時なんですよね。もしこれが本当に「たのきん・・・」以来元に戻った枠であるのならスゴイですけど。
 ちなみに日曜は、私が書いた前身番組群時代からずっとロッテがついてたと思います。もしかしてロッテ歌のアルバム以来だったりして。だから余計に勘違いしたのですけど。

 どっかに書いたかなあ? CBCでは土曜18時がローカルニュース枠だったため「料理天国」が同時ネットできず、「料理」制作局も自局より絶対早く放送させたくないらしくて結局1週遅れになっていたので、CBCの7月14日放送で司会者が「さーさーのーはーさーらさら~、さあ皆さん、きょうは七夕ですね!」と言った瞬間「この番組は関東地方で7月7日に放送されたものです」とテロップが出たそうです。これがTBS系基幹局しかも5局地帯のCBCの実態でした。しかし、地方発の番組だと都市圏では早くネットされることもあるんだよなぁ。

>北国の人さん
 そうそう!アーノルド坊やは19時でした。あの枠かぁ・・・。私、てっきりTBS系の番組と思ってたんですが、海外ドラマは日本の系列の実態に合わないことが多いですよね。

>yigさん
 ちなみに「日本縦断クイズ合戦」も、単にタイトルと音楽が変わり、「落っこちクイズ」に「ひきさきクイズ」が加わった程度のリニューアルでした。ただ、「列車」のつかないタイトルに変わったのに変わり映えしないのをスタッフが引け目に思ったのか、最終回だけ鉄道を全く入れてませんでしたが。
 でも「クイズ・・・」もこの番組も、元々は「アメリカ横断ウルトラクイズ」のパクリの気がする。
 ちなみに私には松宮さんといえばベストテンではなくこちらです。
2007/03/14(水) 01:27:32 | URL | かじか
たのきん
え、クイズ列車出発進行!、日本縦断クイズ合戦、体力ゲーム・ドンGAMBA、って
日曜12時だったんですか。全然知りませんでした。そりゃ話がかみ合わないわな。
せめてコメント中に時間が書いてあれば気づいたんですが(笑)。

という事で、日曜に移った時期には、マッチもとっくにデビューしてますし、
人気絶頂ですよね、もう。
人気が上がってから平日7時から日曜12時に移行って、
なんか通常と逆の動きですよね。
歌のアルバムからの流れとはまた違うでしょう。
たしかこの時期でも、歌のアルバムはやっていたと思います。
2007/03/14(水) 07:10:41 | URL | ごいんきょ
連敗からの脱出
ごいんきょさん。たぶん、「人気絶頂のたのきんなら、日曜12時に移しても視聴率が取れる!」とTBSはみたんでしょうね。あの人気だと、おそらく目的は果たしたのではないかと。
 この後だったか「歌のアルバムNOW」というのはありましたね。当時は「歌のアルバム」知らなかったので何も感じなかったんですけど。
 平成になってから、渡り鳥シリーズをモチーフにした「勇者特急マイトガイン」というアニメがあったんですけど(当初は「勇者旋風マイトガイン」という案だったらしい。ちなみに名古屋テレビ製作)、ファン向けCDアルバム集の一つにまで「歌のアルバム」というタイトルつけてました。ここまで凝ってるのもすごいですね。
2007/03/14(水) 16:32:51 | URL | かじか
枠移動
いや、夜7時より日曜昼を重視するというのはおかしいですから、
視聴率としてはそれほどでもなかったか、
視聴率が高くなってスポンサー料の問題で何か有ったか、
どちらかじゃないでしょうか。
2007/03/15(木) 06:38:46 | URL | ごいんきょ
木曜7時のアイドル枠
この時間帯は、いろいろなアイドルが30分番組をやっていましたね。
たのきんの前は、榊原郁恵さんと大場久美子さんが出ていた「少女探偵スーパーW」。郁恵さんが宇宙人かなにかの役で、鏡に映った自分の姿を見て失神する場面が記憶にあります。
さらにさかのぼると、やはり榊原郁恵さん出演のものがいくつかあったと思います。そのうちのひとつはピンクレディーとの共演(タイトル失念)で、パンツマンというキャラクターも出ていました。(この作品は水曜の夜7時半からの放送で、その後「ナッキーはつむじ風」などのドラマ枠になったため木曜日に移った気がするのだが・・・
たのきんの後は、柏原芳恵さんと松本伊代さんの「ピンキーパンチ大逆転」、伊代さん、堀ちえみさん、小泉今日子さんの「パリンコ学園No.1」と続きました。
たのきん(1980年頃)を境に、女性アイドルの顔ぶれががらっと変わったように感じます。
最後に「冗談は顔だけにしろよ!」(アーノルド坊やは人気者より)
特に意味はありません。こういう決めゼリフがあったもので、つい書いてしまいました。見なかったことにして下さい(^o^;)
2007/03/15(木) 16:22:45 | URL | 北国の人
ナッキーとピンキーパンチとパリンコ学園
そうですね。そんな番組の数々、有りました。
どれもいつかは扱うでしょう。
ピンキーパンチは郁恵さんが最初出てましたか。
たのきんを境というか、80年は百恵さんの引退もあって、
ちょうど女性アイドルの交代期だったですね。

アーノルド坊やは関東ではまともに放送された事が無いので通じません。
ワタクシは千葉テレビで見た事が有るのでわかりますけど。
2007/03/16(金) 03:05:51 | URL | ごいんきょ
この時間のアイドル番は
恐らくそれより古い例は思い当たらない面もあるとして天地真理氏系のものが初なのではなかろうか

しかし天地真理てというこの名はどう考えても例えばガリレオのような森羅万象の何かとてつもない求道者みたいな名だと思えて仕方ないかも
2007/03/16(金) 22:53:45 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
真理ちゃんシリーズ
ああそうか。
この時間でしたっけか、真理ちゃんシリーズ。
あれもいつかは扱わないとなあ。
天地真理というのは梶原一騎氏の漫画に出てくるヒロイン名で、
後に真理さんが熟女ヌードなど出して転落してヒロイン像が汚されたという事で、
使用を許可しなければ良かったと晩年著書でこぼしてました(苦笑)。
2007/03/17(土) 06:21:40 | URL | ごいんきょ
「たのきん全力投球!」開始当初のメインスポンサー東急百貨店のテレビコマーシャルの事で。
「たのきん全力投球!」で思い出しました。「たのきん全力投球!」開始当時のメインスポンサーに東急百貨店がありましたよね??番組内の東急百貨店のテレビコマーシャルで、東急百貨店各店の催し物のご案内をしていたような気がします。そのテレビコマーシャルの初めと終わりに、♪東急、東急、東急百貨店♪とジングルが流れていたような。どなたか「たのきん~」開始当初の番組内の東急百貨店のテレビコマーシャルで、この時に流れていた、この♪東急、東急、東急百貨店♪のジングルを覚えている方はおられますか??
2011/07/02(土) 16:39:35 | URL | マスダっち
関東私鉄はあまりテレビ番組と深く関わった成功例が少ないのですが、
中で東急は、傑出して深くテレビと関わった部類です。
NETに深く関わり、あちらが朝日系列と相思相愛になる頃から、
TBSとの連携番組が増えていった感じです。
ワタクシはこの番組は通して見た事は無いので、CMも記憶に有りません。
ご記憶の方、コメントをお待ちしております。
2011/07/03(日) 13:25:29 | URL | ごいんきょ
東急百貨店
東急関係の書きこみが分散してすいませんが、たのきん全力投球も東急グループの提供だったとおもったら、これは東急百貨店のみの提供だったんですね。

たのきん全力"投球"だから、東急がスポンサーだったんでしょうか。

3月は、東横線地下化、および副都心線相互乗り入れのニュースで持ちきりで、あの特徴的な地上駅が廃止になるということで、特に最終日の3月15日は、終電が終わっても、渋谷駅からは人が帰る気配がありませんでした。

地上駅の廃止と同時に、東横百貨店以来78年続いた東館が閉店し(工事支障と老朽化と、百貨店の売り上げ縮小のため)、地上駅とともに解体されます。

また、東館にあった東横のれん街は、かない離れて、渋谷マークシティ(井の頭線の駅があるビル)に移転します。

渋谷駅の地下化で、他にも変わったことが数多くありますが、また鉄道中心の話題になってしまうので割愛します。

個人的には、東横線はそんなに頻繁には乗らないし、混乱続出の地下化も、渋谷の発展には必要なことかとおもいますが、やはり、昭和の風景や習慣がまた一つ消えるのはさびしいことだとおもいます。
2013/04/01(月) 20:58:32 | URL | 10000k
上を見ると、あの頃マスダっちさんは全角だったんだなあと再発見(笑)。

● 10000kさん
おー。なるほど。それは気がつかなかった。
東急提供だから、全力投球だったんですね。
これまた再発見。
その昔の「ものまね読本(トクホン)」のパターンですか。

ああ、渋谷の件ね。
開かずの踏切廃止と言い、最近鉄ヲタさんが脚光を浴びるニュースが続いてますが(笑)。
2013/04/03(水) 00:06:54 | URL | ごいんきょ
ほけみん
この番組ほとんど(もしかしたら一度も?)観たことがありません。

特にたのきんを毛嫌いしていたわけでもないのですが、観る機会がほとんどなかった理由は・・・

やはり関西在住だったから(^_^;)
実はこの番組が放送していた枠は、関西ではローカル枠だったため、当初は放送が見送られていたようです。

しかしたのきん人気が爆発し、関西では観られないことに激怒したファンからテレビ局に抗議が殺到したらしく、土曜日の朝というイレギュラーな時間帯ではありましたが、晴れて放送が実現した次第・・・

しかし、自分としては、わざわざそんな時間でも観たいほどのファンではなかったため、結局ほとんど観ることがなかった、ということです。

確か松本伊代ちゃんが、この番組でトシちゃんの妹か何かの設定でデビューし、のちにメジャーデビューすることになったんじゃなかったでしたっけ?
2013/04/23(火) 20:31:38 | URL | 実は・・・
すみません
↑さっきのコメ、タイトルとハンネの入力箇所を間違えてしまいましたね。。。
すみませんでした・・・お恥ずかしい限りです(恥)
2013/04/23(火) 21:06:23 | URL | ほけみん
え。この番組を土曜の朝にですか。
関東では土曜の朝はまったりとしておりましたが(笑)。
そうですね。そう言えば伊代さん出てましたが、この番組で元々バック・ダンサーだったのかな。
田原さんの妹として売り出したんですね。
2013/04/27(土) 05:33:56 | URL | ごいんきょ
すっごい企画
木曜日の時代に最後にクリームバズーカーと言うのがあり、たのきん三人が会場の女の子を三人チョイスして六人で回転して40秒後にクリームが大砲から発射しました半分の確立で女の子に命中でした!!顔に当たった娘も居れば胸やお腹の上辺りにひっとした娘も!!すっごい企画でした
2016/09/22(木) 18:00:53 | URL | コール
んー、なんか見た気がするな。
ジャニ周りの女の子って、なんでも引き受けちゃうんだなと(笑)。
でも、やはり女の子がいたぶられる絵は、あまり見映えしませんね。
2016/09/27(火) 06:46:40 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。