私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



パンチDEデート (1973)

該当番組画像募集

一目会ったその日から!
恋の花咲く事もある!
見知らぬアナタと!
見知らぬアナタに!
デートを取り持つ パンチDEデート!


素人お見合い番組というのが流行った時代が有ったんですよねえ。
その先導的役割を果たしたのがこの番組でした。
DEというタイトル部分がとても新鮮でしたね。
オープニングは、電子オルガンによるブリッジで、
♪ タラッタッタ タッタラ タタ タッタッタタッタ ブワ~
という感じで番組が始まり、左右袖から両司会者が中央に来る形でした。
冒頭、司会の桂三枝と西川きよしが軽いやり取りをして、
一段落つくとおもむろに片方が「一目会ったその日から!」
と切り出して、交代で口上を述べてCMへ突入。
三枝ときよしは、この番組で関東、ひいては全国的な人気者となりました。
特に三枝は、この番組の頃は正に絶頂期。
次から次と流行語を生み出しては、CMなどで使っておりましたっけ。

番組人気と三枝人気、どちらが本線だったのか判然としませんが、
とにかく番組も夜遅い時間としては異例の大ヒット。
この当時のフジ日曜夜は、ラブラブショーからパンチDEデート、
そしておもろい夫婦と、切れ目無しという感じでした。
更にその前の時間も、どてらい男やオールスター家族対抗歌合戦、
名作アニメ、サザエさんとなるわけですから、
日曜は笑点の後はずっとフジテレビという家も有ったでしょう。
番組人気が最高潮に達した頃、三枝きよしで
この番組のテーマソングを吹き込んでレコードまで出しました。
♪ 一目 あ~ったその日から 恋の花咲く事もある
ハッキリ言って、あまりさえない歌で(苦笑)、勢いで出しただけでしたけど。

番組は、素人男女が二組登場して、間にカーテンが有るので
お互い姿を見る事が出来ないのを、三枝やきよしが
面白おかしく取り持っていくというものでした。
それぞれが自分の担当した出場者にマイクを向けて、
相手方が出してきた質問に答えさせていき、
時間を見計らってそれぞれの理想のタイプを聞きます。
そしてカーテンに設けられた小窓から司会者が交代で向こう側を覗き、
相手の出場者を三枝やきよしが面白く例える部分がキモでした。
「~と言うよりも、なんとかなかんとかという感じ」
結構無茶苦茶な例えしてましたけどね(笑)。

そのお定まりが終わるとすぐ、「ご対~面~」でカーテンが開き、
出場者が向かい合って数分直接話をします。
なんか、この部分が見ていて妙に照れました(苦笑)。
そして両者会場正面を向き、スイッチを手にして
気に入った場合はスイッチオンでハートの片方を点けるのですが、
大体男性側だけが押してブロークンハートの形になるパターン。
もちろん両者が押せばきちんとしたハートマークが出来上がって
ハッピーエンドという番組でした。
ごく稀ですけど、女性だけが点けたパターンも有りましたよね。
そういう時は男の方をぶち殺したくなりました(笑)。
両方点けなかったのは有りましたかね?
二組終わるとまた冒頭同様のキャッチフレーズ。
一目会ったその日から!
恋の花咲く事もある!
見知らぬアナタと!
見知らぬアナタに!
デートを取り持つ パンチDEデート!
と締めて、会場の拍手で番組は終わってました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ガチンコなんです
拙者は1983年秋に出演しました。
事前に男女は本当に会わないし(会場入り時間も違うし控え室に缶詰)、脚本もありません。西川さんとの打ち合わせは直前に2分位話すだけでした。また男性にボタンを押す義務はなく、ハートが点いて付き合う人もいれば付き合わない人もいました。愉快だったのは本番前にたまに逃げる奴がいるらしく、出演決定までに何度も確認の電話をさせられるし、交通費・出演料は収録後(当然ですが)にいただきました。
他には菱屋からブランド商品、AKAIのカセットデッキ、サイパン旅行をいただきおいしかったです。
2007/03/22(木) 13:11:43 | URL | furata
およよ…っ。
三枝もきよしも特に好きではなかったけど(爆)次の日学校で話を合わせるのに、宿題しながらよく見てましたね。面白かったけど。素人さんってああいう具合にイジるのかぁ。なんて思ってみてました。
男性の方は、マナーとして必ずスイッチを押すことになってる、なんいう噂を聞いて男の人って大変だなぁと思ってましたけど、そうではなかったみたいですね。
2007/03/22(木) 15:36:20 | URL | オンデン1970
貴重な体験談
● furataさん
ここもたまに出演経験者が話を聞かせて下さるようになり、
貴重な話が提示できるようになったのは嬉しいです。
事前に会わないとか脚本が無いとか、ボタンを押す義務とか、
ワタクシは疑った事も有りませんでしたが、そんな噂でも有ったんでしょうか。

本番前に逃げるって、たしかにあの手の番組では有りそうですね(笑)。
そんな時は仕込みの人を出してたんだろうなあ (^_^;
そうそう。ああいう視聴者参加番組でも、出演料は有るんですよね。
サイパン旅行をゲットという事は、見事ハートが点灯したんですね。
おめでとうございます!
いま言われても意味無いですか(笑)。


● オンデンさん
うわー… 宿題しながらですか…
ワタクシ、家で勉強した記憶が無いんですよね (^▽^;
中3の時はさすがに多少やったものですが、
それまでは家での勉強時間はほぼ0で、
テレビ視聴に全力を傾注してました(苦笑)。

>素人さんってああいう具合にイジるのかぁ。なんて思ってみてました。
あまり素人さんらしからぬ見方でんな(笑)。


本当に稀にですけど、女性だけが押した時や、
どちらも押さなかった時も有りましたよね。
でもほとんどは男だけ押すパターン。
これは男が大変というか、男っつのはあの番組に出てくる程度の
ルックスを持った女性なら、基本的に誰にでもその気になれるのです (^_^;
2007/03/23(金) 00:07:03 | URL | ごいんきょ
バヤリースオレンジ
どうでもいい話ですが、パンチDEデートで飲んでた飲み物です。
個人的にはラブ・アタック!の方が好きでした。
2007/03/23(金) 14:33:04 | URL | gfh01137
正しくは
バャリースですよね。
どう発音すればよいのかずっと不思議でしたが、
綴りを見てなんとなく納得しました。
ジュースは有ったと思いますが、なんで銘柄までわかるんですか?(笑)
2007/03/23(金) 23:23:46 | URL | ごいんきょ
バャリース
すみません。よく調べずに書きました。

正しくはバャリースオレンヂのようです。
そして1987年12月からバヤリースオレンジと2ヶ所変わったらしいです。

なぜ銘柄がわかるかというと、その頃、そう書かれていた雑誌の記事を読んだ記憶があるからです。
(記憶違いの可能性5%ぐらい)
2007/03/24(土) 00:47:30 | URL | gfh01137
珍バン
あら。
今はバヤリースでいいんですか。
すみません。よく調べずに書きました(笑)。
やはり脳味噌が昭和で止まっているのかも(苦笑)。
バャリースと言えば、なんと言っても珍パンCMですよね。
それはまた、別の機会で語る予定なんですが、
もんの凄く先の事になりそうです。

しかし、その雑誌も随分と細かいとこを調べましたね(笑)。
2007/03/25(日) 00:09:06 | URL | ごいんきょ
キャンディーズ
 furataさん、AKAIのカセットデッキもらえたんですか、いいなーっ。
83年ならメタルテープ対応のやつですか?
2007/04/13(金) 01:14:16 | URL | なにわオタ
メタルテープ
うーん、まだfurataさんご覧かな。
ああいうのはメーカー最新の製品が貰えると思いますから、
やはりメタル対応でしょうね。
83年じゃほとんど一般的になってたと思いますし。
2007/04/13(金) 07:15:04 | URL | ごいんきょ
メタル対応
1981年にアキバの電気屋でバイトしてまして、その少し前から「ハイポジション」のテープが一般的に、1984年ごろには私ごとき貧民(笑)でも使用するほど一般的でしたよ。
当時のラジカセも最低でも聞くのには対応していたんですよね。

でも最近の普及品のカセットレコーダー(高級品については無知)はまったく対応していなくて、古いメタルテープとか聞くとめちゃくちゃです。悲しい…。
2007/04/13(金) 11:54:45 | URL | ダイアナ・シールズ
無責任一大業種
今は再生できないんですか。
あそこまで普及させておいて対応を考えてないって、
オーディオ業界もかなり無責任ですね。
そこまで難しいフォーマットなら普及させるべきじゃないでしょうに。
2007/04/14(土) 04:31:52 | URL | ごいんきょ
「パンチDEデート」は本当自分のことのようにドキドキ見ていました。
「プロポ-ズ大作戦」に通じるものがあったような気がします。
本当日曜日の夜だというのにラブラブショー、パンチDEデート、おもろい夫婦。今思うとゴールデンタイムのような番組が勢ぞろいでしたね。
2007/04/14(土) 18:42:03 | URL | もも
日曜フジ
いやホント。
二人がご対面して会話するシーンって照れました(苦笑)。
プロポーズ大作戦は5対5ですし、
5番がオチを担っていたのもあって気楽に見られました(笑)。
2007/04/14(土) 20:52:51 | URL | ごいんきょ
自分が見ていたのは辛うじて本当に番組の最晩期、土曜23時の「MIZUNO」枠へ移行してからの1年ぐらいしか記憶がないんですけど、あまりにも内容がシンプルなだけにいまだに「カーテンオープン!」の三枝の掛け声といい、真ん中のハート型の巨大な電光掲示板のようなセットといい、記憶に強く刻み込まれています。

この番組は関西テレビですけど、こういった「模擬お見合い番組」というのは本家はやはり朝日放送で、「ラブアタック」「ただいま恋愛中」「プロポーズ大作戦」いずれも大ヒット番組でしたね。
なんか、わいわいがやがや「お見合い」の形式をちゃんと整えながらもその範囲内で騒ぎ、ゲームのごとく(ラブアタックはそもそも最馬場ルゲーム形式でかぐや姫と対面するというないようですけど・・・)楽しむというのがいかにも「昭和」の匂いがあり、また、関西のお祭り好きなテイストとも合致していたりと、今見るとこれらの番組も「絶妙なセンス」があったな、と思いますね。
2008/02/13(水) 06:01:43 | URL | K&Y
ああ、最後は土曜11時だったんですか。
それでクイズDEデートに繋がるんですね。
クイズDEデートはよく見ました。
あれもいつか扱いたい番組です。

関西お見合い番組のノリとはまた違った新機軸を打ち出したのが、
更にその枠のずっと後年の、ねるとん紅鯨団ですね。
2008/02/13(水) 19:55:38 | URL | ごいんきょ
ハートのランプ
この番組を観て、関西では大学1年生のことを1回生というのだと知りました。

初めの頃はハートのランプが点くかどうか、一緒に観ていた家族と当てっこをしたりドキドキしたりしていました。
男の子の殆どがスイッチを押すのは、女の子に恥を掻かせないための優しさなのかしらと思っていました。

この番組にも知り合いが出たのですが、彼女は凄い美人でしかも付き合っている彼氏もいました。その上、
出場する前からスイッチは押さないと言っていたのです。
「お見合いしたいというよりも、テレビに出たいという感じ」だったのでしょうか。

そう言えばコメントにも書きましたが、プロポーズ大作戦の愛のキューピットで告白成功した知人も、番組が終わってそれきりだったと言ってました(苦笑)。
2008/10/22(水) 19:43:10 | URL | モデラート
ん?
一回生とかって関西での呼称なんですか。
男がとにかく押すのは、男の優しさも有りますけど、
この番組に出てた子はみな可愛かったから、
単純にカワイイ子ならなんでも良かったんでしょうね。
男は大抵そうです(笑)。
いろんな番組と縁があるモデラートさんですが、
やはりその知り合いも美人だったから出演したんでしょうしね。
しかし、彼がいるのに出演するというのは、
動機も彼氏の気持ちも、ちょいわからんです。
2008/10/24(金) 19:12:47 | URL | ごいんきょ
X回生というのは
確かに関西、というか京大での呼称ですね。
京大から広まっていった言い方ですな。中国地方では(俺が通った大学だけかも(笑))在籍年数をX回生、実際の学年を○年として「△学部□学科X回生○年」という折衷でしたが。
2008/11/02(日) 09:19:15 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
ふむー。
東大へのライバル意識の現れなのかな。
2008/11/02(日) 12:22:37 | URL | ごいんきょ
小窓を覗き
>相手の出場者を三枝やきよしが面白く例える部分がキモでした。
>「~と言うよりも、なんとかなかんとかという感じ」

三枝さんは男の子を見て、結構無茶苦茶な例えをして笑わせていましたが、きよしさんは女の子なのであまり酷いことも言えず、中々例えが出てこないことがあったり、例えても面白くなかったりしたような気がします。
きよしさんは三枝さんと比べてちょっと不利だなって思いましたが、優しい人だなぁとも感じました。
2010/05/09(日) 17:48:53 | URL | モデラート
そうなんですよね。
お笑いとしては、三枝さんの方が有利で。
でも、きよしさんも健闘してました。
2013/12/08(日) 21:37:33 | URL | ごいんきょ
この番組は一時期、関テレと東海テレビを除いて放送時間が土曜の夜7時になったことがありました。
この番組の最盛期には、日曜が国政選挙となった場合に、三枝きよし両師匠が総合司会で「パンチDEセンキョ」というタイトルで開票速報番組を行なったとか。長閑な時代ですね。79年の衆院選の時の放送の模様がYouTubeにアップされてまして、この時は政治家二世の出馬が目立ったから(今も昔も政治の状況は変わってませんな)、「パンチ…」も二世の御対面をやろうと、「パンチDEラブラブ」と銘打ち、大村崑さんの御長男とキャロライン洋子さん(洋子さんの母親は一般人で、二世というニュアンスは該当しないと思うのですがそれはさておき)が御対面する場面でしたが、この場面をアップしたのがなんと大村崑さんの御長男御本人。調べたところ3年前からYouTubeに動画を配信しているみたいです。芸能界に居た時期もあったようですが御苦労されてる感じです。
2014/01/19(日) 16:20:17 | URL | ナベチン
パンチDE選挙ありましたね。多分、見たと思いますが、内容は忘れました。
動画、見当たらないですね。
消されたのか、消したのか。

さすがお坊ちゃまと言いますか、当時からビデオを持ってたんですね~、羨ましい。
崑さんの息子さんは、崑の村という所をやってらして、
当ブログ初期に、ちびっこのどじまんの稿でしたか、
崑の村さん名義のコメントを頂いた事が有ります。
その流れでリンクも左側面に貼ってございますが、
その後、手放されたようですね。
あれだけの施設、維持・運営も大変なのでしょう。
2014/01/19(日) 21:57:09 | URL | ごいんきょ
パンチDEセンキョ
倉庫の掃除をしていたらS52年7月10日付の北海道新聞を発見し、ラテ欄を見るとUHBで「決定版!!オールスターパンチDEセンキョ」なる番組を発見しました。
この日は参院選が行われていましたが、フジ系以外の各局がガチガチの開票速報を放送する中、フジ系はこの頃から開票速報にエンタメの要素を取り入れていたのかなと思ったものでした。
ちなみに司会は西川きよしさん、泉ピン子さん、宮田輝さん。「輝け!!選挙で一言大賞」なる企画もありました。
2017/01/31(火) 22:53:31 | URL | TSUSHIMA
崑さんの倅さんの話ですが、崑の村をやっていらしたのはご長男、
いまYouTubeに映像を色々とアゲているのは次男の方だろうと思います。


● TSUSHIMAさん
多分、ワタクシも見たと思うのですが、単に司会があの二人というだけで、
他はほとんど代わり映えのしない選挙速報だった気がするなあ。
2017/02/02(木) 23:26:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ