私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



大リーグ中継 (1978)

該当番組画像募集

いよいよメジャーリーグ開幕という事で、やってみましょう。
放送開始年度は調べられず、当方の記憶です。
昨今、日本人メジャーリーガーが増えた事によって、
大リーグの試合中継も当たり前のようになってますけど、
昭和時代は日本人大リーガーなんて、騙し討ちのような
マッシー村上くらいのものですし、アメリカ人同士の試合を
中継しようなんて発想は、昭和でなくとも難しいでしょう。
数字が取れないのはミエミエですから、むしろ
日本人メジャーリーガーのいない大リーグ中継なんて、
まだ視聴率至上主義が今ほど酷くない昭和時代ならではだったのですね。
その先鞭は、フジテレビがつけました。
それ以前も、日米野球などで秋に来日する大リーグのチームと
日本のチームとのエキジビションは数年毎に実現されていて、
それら試合は勿論、テレビ中継もされていました。
それが、日本人である我々がテレビで実際にメジャーリーガーの
プレイを見られる唯一の機会だったのです。

中継レギュラー化まで盛り上がるそもそもの下地は、
1977年のワールドシリーズでヤンキースの当時の主砲、
レジー・ジャクソンが3打席連続本塁打という
史上初の偉業を達成したニュース映像が、
日本でもセンセーショナルに流された事だったと思います。
その時のジャクソンの体躯やスイング、打球の迫力は凄いもので、
やはり大リーグは何枚も上手だと痛感させられたものでした。
この一件と、78年には恒例の秋の親善試合として、
シンシナチ・レッズが来日する事が決定していた事。
そしてその当時のレッズは、大リーグ史上でも屈指の強豪チームで、
特に打撃陣の充実ぶりは傑出していて、ビッグ・レッド・マシン
という異名で本場でも怖れ持て囃されていた存在だった事。
そんなメジャーの破壊力に期待した、濃い野球ファンが注目しだしたんですね。
それで、その78年だか翌79年だかから、フジテレビが試験的にですが、
大リーグ試合中継をレギュラー放送として導入するのです。

最初はたしか、日曜の午後にやっていたと思うんですね。
日本の野球中継は読売グループにいいようにされてきているフジ、
なんとか独自のキラーコンテンツを開拓したい思惑も有ったんでしょう。
ワタクシは最も野球にノメッていた頃ですので、
レベルが数枚上手の本場野球は、本当に有り難いコンテンツでした。
が、一般的には当然と言えば当然ですが、ウケなかったと思います。
だって、一般人には誰が誰かわかりませんからね。
ワタクシは当時毎週週刊ベースボールを購読していましたから、
全チームとめぼしい選手、最新の情報などは知ってましたので、
普通に野球中継を見る感覚で見る事が出来ました。
我が叔父も、ワタクシのような予備知識は無いはずですが、
日本の野球よりレベルが上なので大リーグの方が面白いと言ってました。
今はどうだか一概には言えませんが、当時は素人目に
ハッキリそのように映ってましたね。日米の彼我の差は大きかったです。

中継を見てちょっと目新しかったのが、天井からの視点。
グラウンド全体を俯瞰視点でカメラが映す構図を多用してました。
あれは日本では見られなかったアングルでしたが、
人物が小さく映るので、ワタクシは好きじゃなかったです。
ただ、ピッチャーの投げる球の軌道はよく見えました。
そして向こうのピッチャーは、みな球が速かった。
球速150キロは出てるだろうという剛速球が当たり前でした。
それともう一つ、解説の伊東一雄の甲高い声も耳新しかった。
やはり初の本格的大リーグ中継という事で、
解説者も、名前よりも大リーグ通である点を重視したんでしょう。
球団の歴史みたいな事情とか豆知識も提示しなければいけないですから。
この伊東一雄は後に何故かパンチョ伊東と砕けたネーミングとなります。
やはりこの頃に江川問題を契機として始まったと思う、
ドラフト会議中継での甲高い声での読み上げで有名になりましたが、
この頃はほとんど無名だったと思いますね。

ワタクシは前述のような時代ですので、やはりレッズに一番注目してました。
なにしろ当時のレッズは、ピッチャーが後の300勝投手トム・シーバー、
キャッチャーがやはり大リーグ史上屈指の捕手ジョニー・ベンチ。
強烈なバッテリーをサポートするメンバーだって、
史上最多安打のピート・ローズや、息子のJr.も史上に残るスラッガーで、
シーズン50本以上の本塁打を久々に記録したスラッガー、ケン・グリフィー、
更にはジョー・モーガンなど、本当に大選手がゾロゾロ。
それを率いていたのがスパーキー・アンダーソン。
そりゃ黄金時代を築かない方がおかしいってくらいのもの(苦笑)。
なので、このチームを特に楽しみにしてましたが、
もちろん他の試合も凄かったですね。
やはり打撃もそうなんですが、守備でも肩、送球ですね。
この辺が格段に日本と差を感じました。
それも含めた全体のスピード感とか、日本のはチャチく映ってしまいました。
今、日本人でも大リーグで活躍する選手が増えてますけど、
ほとんどはピッチャーですもんね。
投手としてなら、昔でも江夏・堀内・平松・鈴木啓示あたりは
間違いなく通用していたと思います。

ただ、野手は通じた選手は少なかったと思う。
ずっと時代が下って、イチローが出てくると、これはもう、
全てがメジャークラスの選手でしたけどね。
それと松井秀喜。彼の体躯も、当時の日本人よりも本格的で、
この二人は或る程度通用するであろう事は察しがつきました。
松坂大輔も当然、15勝以上できる能力を持っています。
できれば初の20勝を記録して欲しいものですが。
その分、日本の野球の空洞化が危惧されますけど、
ワタクシはメジャーできちんと活躍する選手が増えるなら、
それだけ憧れる人間も増えるので、総体的には決してマイナスと思いません。
手放す球団に限って言えば、ハッキリとマイナスになりますけどね。
でも、これだけ見られる試合が増えたと言っても、偏った球団ばかり。
いろんな組み合わせの試合が見られたこの当時の方が、
真のメジャーファンにとっては恵まれていた時代でした。
当時のフジは、なるべくいろんなチームの試合を見せてくれるように
カードを選んでいたように思います。
パンチョさんのセレクトだったんでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
月曜日の夜
私はこの中継は月曜日の夜9時に見た記憶があります。
当時は私も小学生でちょうど高校野球やプロ野球に興味を持ち始めた頃でした。
そんな中録画中継とはいえ、本場の大リーグ中継はすべてにおいて衝撃的でした。
派手でかっこいいユニフォーム(特にパイレーツやロイヤルズ)、派手なプレー(特にピートローズのヘッドスライディングやオジースミスのダイビングキャッチ)そして、派手な乱闘(私の見た記憶では両チームとも監督が審判に抗議して退場してしまった試合をみたことがある)1つ1つのプレーに迫力を感じました。

ついでに、私は月曜日のプロ野球ニュースも好きでした。理由は、好プレー珍プレー(ナレーションbyみのもんた)も好きでしたが、何よりもその週のメジャーリーグの順位や動向を紹介するコーナーがあったからです。もちろん、このコーナーの担当はパンチョ伊東さんでした。
2007/04/04(水) 00:21:05 | URL | yig
枠移動
おお。yigさんもご覧でしたか。
実は、最初は日曜午後にやっていたのですが、
やはり数字が上がらなかったんでしょうね。
翌年だったか、深夜に移動になりました。

プロ野球ニュースも人気が鰻登りだった頃ですね。
まだ綿貫某が人気球団の実権を握る前で、
従ってプロ野球に余計な口出しもせず、
プロ野球は最も人気が有った頃でした。
伊東さんの大リーグコーナーも有りましたね。
2007/04/04(水) 01:57:27 | URL | ごいんきょ
シンシナティと広島
そういえば、当時のレッズとカープはなぜかカブる部分が多かったような気がします。

例:ユニフォームのロゴの色
  (どちらも赤基調)
  帽子の”C”マーク
  充実の投手陣と打線
  (当時の広島といえば、投手は
   北別府や大野、打線は山本浩   二や衣笠が有名)
  監督のキャラetc……

いまや両者共地味になってしまったのもそっくりかな?
  
2007/04/23(月) 23:42:10 | URL | yig
と言うか、ハッキリとパクッたんでしょうね(笑)。
同じCをイメージロゴに出来るからというのと、
レッズがどんどん出てきていた頃ですからね。
ルーツ監督が決めたのかな?
2007/04/24(火) 18:10:57 | URL | ごいんきょ
「噛みタバコだか何だか知らないが…」
日曜午後の中継、月曜ゴールデンの中継とも、見ていました。
ピート・ローズ、レジー・ジャクソン(ヤンキース)はこれで名前を覚えました。
しかし、うちの親連中はいつも、これを見てるとしかめっ面をしていました。
その原因は、プレー中の選手たちがよく、ガムや噛みタバコを噛んでいて、
口をクチャクチャと動かしていた事にありました。
曰く、試合の途中にクチャクチャやってるなんて行儀が悪すぎ。その点日本
の野球をみろ、そんな事をしないでちゃんと真面目に試合をやっている、と。
いまやその日本の野球にも、茶髪にピアスという選手も多くなりましたが、
ガム(噛みタバコ)を噛んでプレーする選手はさほど見ないような…。
2007/04/26(木) 15:37:10 | URL | 部隊長
文化の差異
あれはたしかに嫌ーな感じでした。
しかも、ぺって吐くしね。
そもそも噛み煙草って日本人にはよくわからないですからね。
でも、タバコふかしながら野球やってたら、なんだコイツとなるでしょうし(笑)、
ガムを噛みながら平気で授業を受けたり、文化の違いはいかんともしがたいです。
やたら西洋が文明的と卑屈になってる人間の気がしれません(苦笑)。
2007/04/27(金) 00:59:49 | URL | ごいんきょ
'78年、春、スタート!
'78年4月9日(日)のオールナイトニッポンを録音したテープを保存してあるんですが、その中でこんなCMが流れています。

大リーグが投げる!打つ!走る!
すさまじいスピード、パワー、この迫力
アメリカ大リーグの公式戦、いよいよ、第8チャンネル・フジテレビに登場
ファン待望のアメリカ大リーグが、今、太平洋を越えてやって来る!
2007/05/22(火) 19:08:35 | URL | 石毛零号
やはり78年だったのですね。
レジー・ジャクソンが活躍したワールドシリーズが注目されたのが
直接の切っ掛けだと思ってるんですが、どうなんだろう。
2007/05/23(水) 06:06:55 | URL | ごいんきょ
確かに
レジー・ジャクソンの影響も少なくなかったと思いますが、ヤンキースが優勝したというのも大きかったのでは。日本でも知名度はあったが、勝てない時代が長く続いた名門チームが、金をかけて選手を集めたとはいえ、久しぶりに王座に返り咲いたわけです。なにせ前年77年、ワールドシリーズに勝ったのが、16年ぶりのこと。話題にはなったと思いますよ。

個人的は、あのチームで一番好きだったのは選手ではなく、監督のビリー・マーチンでした。喧嘩っ早くて、オーナーや選手と何度もぶつかり、そのたびクビと復帰を繰り返して…。ほんとに楽しませてくれました。

でも同じ監督なら、レッズのスパーキー・アンダーソンはもっと気に入っていました。レッズ時代もそうですし、タイガースに移ったあとも、投打に好選手を揃えバランスのとれた強いチームをつくっていましたから。

来日したレッズの選手では、まずジョージ・フォスターの打球のスピードに度肝をぬかれましたね。確か横浜スタジアムでのゲームで、バットからはじき返されたボールは低い弾道であっというに左中間フェンスを直撃。あれなら、50本以上ホームラン打つのも当然だなと。

ケン・グリフィーについても触れられていましたが、たぶん(いまレッズにいる)息子のJrの印象が強いので勘違いされたのでは。グリフィー父は俊足・巧打で内野安打も多いアベレージ・ヒッターで、打順は二番が多かったようです。

また、ピート・ローズの影響で一塁にヘッドスライディングする選手がプロ・アマ問わず増えましたよね、本当は走り抜けた方が早いのに…。彼も賭博好きでなければ、いまごろは殿堂入りしていただろうに。

ただ、この時はレッズは野手は揃っていたが、投手が少し見劣りしました。それでも全然相手にならないのだから、その力の差は歴然。シーズンオフでこれですから、真剣勝負…なんて思いもよらなかった。

番組については、記事でも触れられていましたが、各チームまんべんなく放送してくれて、とても好感がもてました。アストロズやロイヤルズなどには、観たい選手もいましたし。いまの国営放送の中継は明らかに偏りすぎです。
サッカーの中継でもそうですが、観たいカード、当然中継するだろうと思われるカードが意外と放送されない。不信感を抱いている視聴者も少なくないのでは。

担当アナは、岩佐徹さんがやっていたような印象が。ほかの中継であまり記憶になかったので、このときの放送がよかったので名前をおぼえたのかも。

ちなみに、78年4月から(首都圏を基準に)月曜は午後8時、日曜は午後1時からの放送スタートでした。
2008/06/28(土) 18:36:43 | URL | カントスカン
うーん、ヤンキース優勝だけではインパクト少ないですよね。
ワタクシはジャクソンのニュース映像で衝撃を受けましたし、
周りの同級生連中も度肝を抜かれてました。
やはりあれが最大要因だと思います。
今と違い、普通のニュースで大リーグの内容が報じられるなんて、まず無い時代ですしね。

グリフィーに関する記述の部分は、ジョージ・フォスターとの混同です。
書いてしばらく経って気付きましたが、指摘されてから直せばいいかと(笑)。
わざわざ恐れ入ります。
とにかく凄い打撃陣でした。
投手のトム・シーバーもシブかったですからね。
核になるエースとあれだけの打撃があって、監督がスパーキーですから、
そりゃ優勝するでしょう(笑)。

日米野球では、このレッズが一敗もしなかったですね、たしか。
往事の日米野球は常にそんな結果で、日米の力の差は歴然としてました。
今は拡張拡張で、大リーグのレベルもかなり平均的に当時よりは落ちてますから、
一概には言えません。

ピートの殿堂入りはどうなんでしょうねえ。
本国の人たちには、やはり認められないのかな。
ただまあ、タイ・カップを数字だけは上回ってますけど、
球団拡張後のトップ・バッターとして打席数を稼いだ賜物ですからね。
その辺で、評価は割り引かれているというのも有るんでしょう。

あ。そう言えば月曜八時もやってたかな。
でも駄目。
裏が水戸黄門ですもん(笑)。
我が家では絶対に有り得ない選択。
2008/06/29(日) 22:33:54 | URL | ごいんきょ
まったく
わかっていて直さないなんて、ごいんきょも人が悪い。

弱いことは承知しています。
レジーのあのすさまじい打撃を見て、すわっ放映権を押さえ、来春から放送だと考えれば、確かにわかりやすい。

ただ、あの当時の放送は現地にアナウンサーを派遣し、向こうからダイレクトに送っていたような覚えがあるのです(あくまで記憶ですが)。

そうなると当然、ある程度準備期間が必要になるでしょう。放映権を押さえたのも、もう少し早い時点ではなかったのではと思った次第で。

まぁ、詮無い話はこのくらいにして。
私も同じように、あのレジーの打棒は学校でも数少ない大リーグの話ができる友人と、話題にしていました。

また当然、来日したレッズの話もずいぶんしました。が、奴が言うには、レッズは強かったが、71年に来たオリオールズはもっと強かった。4人の20勝投手に両ロビンソンなど、その力は圧倒的で、しまいにはノーヒットノーランまで食らったんだぞと。71年当時の試合を観ていなかった私は、ただ聞いているしかありませんでしたが。

話は違いますが、もう7年ぐらい前のこと。ある集まりがあって、そこで現役をリタイアした年齢の方々数名が話し込んでいた。その内の一人が、離れた席にいた私にも聞えるような声で言い放った。

「昼間大リーグの試合を観たら、夜日本の野球なんて観てられないよ!」

もちろん皆が皆そうだとは思いませんが、こうした大リーグの浸透度。78年当時と比べ、(特定の球団への偏りはあるでしょうが、)やはり隔世の感がありますね。
2008/06/30(月) 22:40:38 | URL | カントスカン
すみません、いいかげん魔なもので(笑)。
それと、本記事を公表してわりと経ってから気付いたので、
黙って書き換えちゃうよりは、コメント欄での訂正がいいかなと。
でも、自分からコメント欄に書き出しだすとキリがなくなって
自演掲示板みたくなるので(笑)、指摘されるのを待ってました。
そういうのは他にもまだ有りますし、本当に気付いていないものも多いでしょう。
お気づきの点は遠慮無く指摘して欲しいと思います。

準備ですが、ワールドシリーズは前年秋。
翌春からの放送までかるく3ヶ月以上の猶予が有りますし、
当時としてみれば、大リーグ側としては渡りに船みたいな話でしょうから、
交渉はそんなに難しくなかったと思うんですがね。
ただまあ、それ以前から少しずつの意思伝達みたいな事はあったかもしれませんね。
いつかやる際にはよろしくみたいな。

オリオルズはワタクシも実見はしていませんが、投手陣は史上最強クラスですからね。
当然日本は手も足も出なかったわけです。

そうですね。
純粋にプレーの充実度を楽しみたいタイプの人は、そういう感想になるだろうと思います。
大リーグのレベルが往時より落ち気味の今ですらですから、
当時のエッセンスだけでも見られた我々は恵まれていたんでしょう。
2008/07/02(水) 07:01:15 | URL | ごいんきょ
野球中継が変わった
レジー・ジャクソンが3発のホームランを打ったフジ放送開始前年のワールドシリーズですが、第1戦をNHKが中継しました。ヤンキース対ドジャースでした。おそらく、それが日本初のメジャーリーグの中継だなのではないでしょうか。その時、初めて、センターにあるカメラからの映像をメインにした中継を目にしたのだと思います。それまでの日本の野球中継は、バックネット裏からの映像がベースでした。NHKアナと解説者が「斬新な映像だ」としきりに話していたことを覚えています。投手が投げるボールのコースが良く見えて、ストライク、ボールの判定にうるさい日本の視聴者にも好評でした。これをきっかけに、日本の野球中継がセンターからの映像中心に変わりました。一方で、キャッチャーのサインが丸見えなので、選手も頭を悩ませたと記憶しています。
2009/10/17(土) 13:07:19 | URL | (ハンドル未記入)
レッズ VS アストロズ
1979年、私は山口県で中学3年の野球少年でした。初めて見た大リーグが、アストロズとレッズの首位攻防戦で、JRリチャードというアストロズの黒人エースがジョニーベンチなどの打線に打ち込まれたのですが、このリチャードが長身で足が長く、そして見たこともない速いボールを投げるのにびっくり。当時は中日の小松が150キロで速いといわれてましたが、全然違いましたね。
今、ネットで調べてみると、103マイルで計算すると165キロ、スライダーも94マイルで151キロ。そりゃ速いわけです。

http://www.allamericanspeakers.com/speakerbio/James_Rodney_Richard.php

その後、当時最速といわれたノーランライアンも見ましたが、リチャードの方が腕が上から出てくる純粋なオーバースローで、角度があり、速く感じました。
その後、リチャードは若くして病気でリタイアしたことを、高校時代に週間ベースボールで読んだ記憶があります。
色々ネットで見ましたが、その後ホームレスになるほど波乱万丈の人生を送っていますね。

2010/07/19(月) 12:01:20 | URL | ドナルド
● 未記入さん
NHKで放送したんでしたっけね。
だからNHKのニュースで扱ったのか。
第1戦だけだったんですか。

センター方向から映すのは、捕手のサインが丸見えになりますから、
かなりのすったもんだが有って、日本ではかなり経ってから導入されましたね。


● ドナルドさん
JRリチャード。
く~、懐かしい名前(笑)。
いま調べてみたら、かなり活躍期間が短いですね。
名前は最高だと思いましたが(笑)。
早い分、ノーコンだったようですね。

ライアンは、ワタクシも非常に楽しみにしていたのですが、
なかなか出てくれず、そのうち見過ごしておりました。
出たんですか。見たかったなあ~、最盛期のライアン。
ライアンも初期には例によって制球難だったようですが、克服して大投手になりました。
2013/12/08(日) 23:19:38 | URL | ごいんきょ
フィラデルフィア・フィリーズ
レッズで活躍したピート・ローズ選手ですが、のちに、フィラデルフィア・フィリーズ(ナ・リーグ東地区、レッズとはリーグが同じですね)へ移籍しました。
このチームも当時は上位のほうにいたチームでしたので、時折試合を見た覚えがあります。(もっとも、比較的ナ・リーグのほうが中継多かったような気が…?)

この時期、トラックバックにあるようにピート・ローズ選手はマルちゃんの「激めん」のCMに出演していましたがそういえば見たような見ないような感じがします。

ラーメンスレのトラックバックでもよかったのですが、フィリーズのユニフォームの「P」1文字の物が異様に懐かしかったのでこちらのトラックバックとさせていただきました
(フィラデルフィアもフィリーズも
アルファベットで書くと頭文字は”P”)
2016/02/11(木) 23:02:34 | URL | yig
出てましたねー、そう言えば。
なんでだっけな?
レッズで来日したからかな。
そんなに日本での人気が盛り上がった訳でもないんですが。
なんか裏の事情が有りそう。
2016/02/11(木) 23:25:33 | URL | ごいんきょ
NHK
ご無沙汰しています。ハンドルネーム「未記入」は当方です。すみません。フジ放送前年のワールドシリーズを中継したのは確かにNHKでした。ゲストは当時ヤクルトの広岡監督。メジャーに詳しいということでした。ゴールデンタイムでの放送でしたよ。第1戦のみの放送だったと思います。始球式をピッチャーズマウンドから投げたのですが、「アメリカでは通常、スタンドから投げ入れる」と伝えていた記憶が。始球式はディマジオが投げたんじゃないかなあ。
2016/02/13(土) 12:44:45 | URL | すけきよ
ディマジオさんは、既に生ける伝説のような存在でしたもんね。
アンタッチャブル・レコードは、正に今でも不可侵。
2016/02/14(日) 22:22:26 | URL | ごいんきょ
古いですが
話が相当古くなりますが、1952年ワールド・シリーズの第6戦、第7戦(ヤンクス4連覇の瞬間)のテレビ中継画面が丸々You-tubeにアップされていますな。これは凄い。大リーグのファンであれば一見の価値ありです。

ディマジオこそ前年のシーズンかぎりで引退して姿がありませんが、マントル、ベラ、リズトー、ジャッキー・ロビンソン、デューク・スナイダー…もう二度と見られない不世出の名選手が、昨日の試合を見ているように画面で生き生きと動いています。ああしたものを大切にし、60年以上経てもかなり保存のいい画質で見られるアメリカというのは、やはり何だかんだ言っても尊敬に値しますね。
2016/05/06(金) 19:44:17 | URL | 権兵衛
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「2文字シリーズ」と並行して「長いCM動画にあれこれ」シリーズを行きたいと思います。 (続けられるかな…?) 今回は「忘れた頃になると登場する」マルちゃんのカップ麺を2題。 (他のCMについてまた後日…)
2016/02/11(木) 22:46:03 | Mr.yig
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ