私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ライオンズアワー (1978)

該当番組画像募集

パ・リーグは昭和時代、あまりにも不遇でした。
パ・リーグの球団も選手も、そしてファンも。
試合はほとんどテレビ放送されない。読売の試合がほぼ全て放送される。
結果として読売球団やその対戦相手であるセ・リーグばかり露出され、
選手はどんな名選手であろうとその名を覚えられる事は無かったし、
ましてやプレーを見て貰うチャンスも絶望的だった。
ファンも、優勝争いすら見る事が出来ず、やり場の無い怒りを抱えながら、
読売球団の消化試合にチャンネルを合わせたりしていたものです。
CS放送が身近になり、こうした不満は、お金さえ出せば
解消できるという、いい環境にはなりました。
あとは、地上波の読売戦がもっと落ち込んで放送されなくなれば、
野球界全体で新たなシステムを作る動きも加速してくると思います。
まあそうした全体的な話も混ぜつつ野球談義を出来る番組を模索していて、
当初はちょっと別の番組を考えていたんですけど、
時節柄こっちをやりたくなりましたので、そちらはまた別の日に。
野球番組が多くなっちゃいますけど、人気を考えれば仕方ないでしょう。

さて、そんなパ・リーグの惨状に心を痛めていたプロ野球ファンに、
昭和53年末、ちょっと異質なニュースが飛び込んできます。
西武鉄道がライオンズを買収。
それまで、太平洋クラブだのクラウンライターだの、
よくわからない企業に転々と扱われていた往年の名門・ライオンズを、
西武鉄道が買収するというニュースは、野球ファンをワクワクさせる、
久々に明るいパ・リーグのニュースでした。
なにしろ当時の堤オーナーは、金は出すが口は出さないという
プロ野球オーナーとしては理想とも思える姿勢を打ち出し、
実際に次から次と発表される計画は、胸躍らせてくれるものでした。
埼玉県にフランチャイズを移転し、新球場を建設。
球団マスコットに手塚治虫のジャングル大帝のキャラクターを使い、
レオ軍団として球団をイメージアップ。
チームカラーも明るいスカイブルーとなり、
長らく黒い霧事件の余波でくすんでいたライオンズは一気に再生されました。
それどころか年俸もそれまでのプロ野球の常識に革命をもたらす額を提示し、
一気にパ・リーグの盟主とも言える役割を請け負うべく輝きました。

更には系列のプリンスホテルにも野球部を創設し、
アマの音に聞こえた選手を次々と入部させるという平行作戦。
もしプロに行けなくても、当時は安定企業だったプリンスホテルの幹部として
一生を保障されるという条件に、石毛宏典はじめ有名選手が続々加入。
勿論、それら選手の多くは時期を見計らって西武に指名され、プロ入団。
ドラフト対策に当初から金と手間をかけていた企業でした。
しかしここまでは、裏は知りませんが、少なくとも表向きは
ファンにも納得できるばかりでなく、そこまで野球を盛り上げてくれるのを
本当に有り難く見守っていたものです。
もし西武がパ・リーグに革命をもたらせなければ、
1980年代にパ・リーグは消滅していた可能性も、かなり高い。
そうであったなら北海道や東北の今の盛り上がりも、きっと無かったでしょう。
ワタクシは、ここの部分をきちんと認識した上で、
今のニュースを見て欲しいと思います。

このライオンズアワーは、西武の発足と同時にスタートしたはずで、
しかも、テレビ埼玉の発足とも時を同じくしています。
この辺、きっと裏には、例によって出来レースが有るんでしょう(笑)。
放送業界というのは実に伏魔殿であります。
そんな詮索は当時はまったく思いつかないですし(笑)、
新しくまばゆいばかりに存在感を発揮し始めた西武ライオンズの
試合を見たいという野球ファンに、唯一応えてくれる貴重な枠でした。
テレビ埼玉は決して電波も強くなく、地理的にも離れていたので、
我が家では雨降り映像でしたが、それでも見たくなる訴求力が、
発足当初の西武球団には有ったのです。正にパ・リーグのエポックでした。

松崎しげるの歌うライオンズ応援歌『地平に駆ける獅子を見た』というのが
西武ライオンズ発足当初から各メディアでよく流されましたが、
所沢球場でもしょっちゅう流していたので、この枠の主題歌のようでした。
番組自体は、当たり前の野球中継ですから特に書く事も有りません(笑)。
けれどもパ・リーグの試合をこれだけ本格的に放送するというのは、
例えUHFでも当時は画期的な事態で、昨今また言われている
地方密着という動きを最初に出した関東のチームは、西武でした。
但し、それはまだ中途半端な形であったために、
残念ながら大輪の花とは咲きませんでしたが、綻んだ蕾ではあったでしょう。
今回の件を契機にしっかりと再生して、ファンの方々も支えてあげて欲しいと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
琴線に触れました
 プロ野球ファンです(笑)。といっても興味を持ったのは90年代の半ばくらいですから、ライオンズの黄金時代は末期ですかね。最初に応援してたのはよりによって打つだけだったダイエーホークスです。西武や近鉄には年間5勝しかできないとかいう話にならない頃でした。
 うーん、しかし西武のドラフト戦略はだいぶ「そんなのありかよ」って目で見られてたと思うんですがね。プリンスホテルも堂々とした囲い込みととられても仕方ないですし(ただ、ライオンズ買収よりプリンスホテル野球部設立の方が先だそうです)。事前に入団拒否宣言してた選手が西武に指名されるや一転入団合意とか。

 さて、ライオンズアワーは関西でもU局がネットしているケースが多く、こちらでも見ていました。代表的なのは西武の創始者堤康次郎の生誕の地であるびわ湖放送へのネットですが、サンテレビでもダイエー戦かオリックス戦でライオンズアワーが流れていました。サンテレビはダイエーが大株主だった時代は、阪神戦と並ぶ勢いでダイエー戦中継をやっており、福岡に中継車は常時配備、U局制作の中継は多数ネットという状況でした。あの頃は女子バレーのダイエーオレンジアタッカーズの試合もよく中継してましたし、裏事情というよりあからさまでしたね。

 さて、かつてのライオンズナイターで特徴的だったのが、アナウンサー1人だけで中継する「ワンマンナイター」とでも言うべきスタイルの中継でしょうか。聞くに堪えない解説者もいるなかで、アナウンサーが実況しているだけの放送は当時新鮮に感じたもので、マニア的嗜好でサンテレビでの西武対ダイエー戦は必ず見ていたものです。
 ちなみに、オリックスが球団としての初優勝を決めたのが西武球場の西武戦でした。このときはサンテレビがライオンズナイターをネットした上で、サンテレビの谷口英明アナウンサーをゲストとして派遣、優勝決定の瞬間は谷口アナウンサーが実況を務めるという珍しい放送がおこなわれたりもしています。

 余談ですが、独立U局のパ・リーグ集中中継の記録は1971年~1972年、千葉テレビが東京スタジアムでのロッテオリオンズ主催ゲームを全試合完全中継を行ったのが初だそうです。2年でやめになったのは、千葉テレビが見限ったというわけではなく、東京スタジアムが閉鎖されたためで、次の年から仙台を仮本拠地としたいわゆるジプシー時代がスタートしたためです。
2007/04/07(土) 23:10:45 | URL | 通勤急行
ドラフト戦略
ダイエーも買収当初はかなり明るいニュースでした。
西武と共にパ・リーグを更に盛り上げてくれるだろうという来たいが有りましたし、
実際にそうなっていくわけですけど。

プリンスホテル創部は西武球団より前ですね。
石毛選手と中尾選手あたりが一期だったかな。
プリンス→西武というのは有りでしょう。
空白の一日をデッチ上げてるわけではないし(笑)、
表向きはルールに沿って希望球団を選択しているわけですし、
プロに行かないでプリンスで全うした選手も多いと思いますよ。

テレビ埼玉の株も西武が持っているようですし、
その辺は企業事情として仕方無いと言えば無いんでしょうね。むしろTBSなんか横浜戦をもっと中継しなければいけないのに、
ここいらにも視聴率至上主義の弊害が出てます。
読売がプロ野球中継を始めた当初は、
テレビで放送したら誰が球場まで見に来るんだと揶揄されたものでした。
リスクを負って今の地位を築いてはいるんですよね。

解説がいない時期も有ったですが、
予算の問題だろうとあまり気にしてませんでした(笑)。

地域密着を意識した、東京というチームが有ったんですよね。
しかし、千葉テレビが全試合放送していたとは知りませんでしたね。
後に川崎に移転したのもその辺の繋がりなのかな。
2007/04/08(日) 00:02:35 | URL | ごいんきょ
TBSも
TBSにも「ナイスプレー!ライオンズ」という応援番組がありましたね。TBSなんて「西武に買収されるかも」なんて話もあったくらいで。
この局とテレビ朝日はけっこう西武戦を放送してました。

もちろんTVSの功績も忘れてはいけませんが。
2007/04/08(日) 00:25:31 | URL | かじか
西武地上波奪取動向
西武黄金時代、西武が地上波を持てばパ・リーグはたちまち人気が上がる
と考えていた関係者は多いようです。
ワタクシは、非常に甘い見通しだったと思います。
テレビ黎明期ならたしかにその可能性は有りましたが。
やはり南海あたりが地上波を持っていたら、
パ・リーグも違っていたかもしれません。
もっとも、正力御大はその辺も考えて毎日をパ・リーグ側に置いたのですが、
毎日が何故だかやる気を無くしてしまったのが全ての元凶でした。
で、その毎日系列のTBSを西武が取得という構想が有ったんですが、
逆にTBSがセ・リーグの横浜を買収しちゃいましたもんね。
野球と放送と政治は非常に入り組んだ伏魔殿で、
下々の人間にはわかりづらい事が多いのです(苦笑)。
2007/04/08(日) 21:03:12 | URL | ごいんきょ
今はホントに恵まれてます
今はCSでほぼ全試合完全中継なので助かってますが、実を言いますと、関西ではここ数年準キー局のパ・リーグ中継が皆目なくなってしまいました(深夜の録画中継くらいです)。
 阪急・南海・近鉄と私鉄球団揃い踏みの時代、在阪局では各球団の中継が基本的に住み分けされており、阪急が関西テレビ、南海が毎日放送、近鉄が朝日放送でした。南海時代は私も知らないのですが、基本的にこの関係で土・日にデーゲームを90~120分、年に数回ゴールデンタイムのローカル枠か二元中継で延長なしのナイター中継というのが定番でした。それが数年前からオリックス戦中継がほとんど消え、近鉄戦もやってもデーゲームにしかもダイジェストだけとかいう状況になり、まともにみれる状態ではなくなってしまいました。

 ちなみに、阪急~関テレと近鉄~朝日はこれまた株主という関係でなっているんですが、南海についてはテレビ黎明期、鶴岡親分だった強い頃に独占契約をしていた名残だそうで、南海のメモリアルビデオを毎日放送がライブラリーから映像を調達し、制作して販売したそうです。

 ロッテの川崎移転は横浜スタジアムの完成時に大洋ともめにもめた末の決着だったかと。そうそう、これも西武が絡んでます。拙HPにもその手のこと書いてますのでよろしければどうぞ。
2007/04/08(日) 23:24:25 | URL | 通勤急行
関西私鉄戦争
プロ野球黎明期、鉄道が球団保有に意欲的だったんですね。
球場に来る客を引っ張れるだろうという。
関西の私鉄もこぞって参加してプロ野球を形成していたんですが、
阪神があんな事になってしまい、当時からのチームは無くなりましたね。
しかし、関西ではそんなにパ・リーグの試合が放送されていたというのも驚きです。
やはり在京キー局で流されないと何の力にもならないんですね。

あれ。そちらにはプロ野球のページも有ったんですか(笑)。
おいおい拝見しようと思います。
2007/04/09(月) 02:06:39 | URL | ごいんきょ
戦慄
近鉄ってKBS京都もやってましたね。同局の「近鉄エキサイトアワー」は、岐阜近鉄百貨店があるせいか岐阜放送でも流れてました。
 球団って電鉄が持てば輸送にも貢献してくれますしね。

 パリーグの悲惨さを長らく目の当たりにした私にとって、スカパーの「てってーてき、プロ野球」という宣伝文句に戦慄を覚えたもんです。
2007/04/10(火) 02:15:17 | URL | かじか
近鉄エキサイトアワー
ライオンズアワーのようなものが有ったんですね。
しかしUHF放送は、関係者の当初の目論見を
おそらく大幅に下回る惨状だったでしょうから(笑)、
なーんの力にもならなかったんですよね。

なんで戦慄なんですか?(苦笑)
2007/04/10(火) 19:10:14 | URL | ごいんきょ
関東ではかるべからず独立U
まあ、独立Uという意味では関東の環境が最悪でしょうね。サンテレビでの阪神戦にあたるようなキラーコンテンツもないですし(おかげでサンテレビは独立U唯一の視聴率調査対象局)、かつてのサンや京都を含めて関東以外の独立Uは東京12というまがりなりにも番組供給元があったわけですし、中心都市に対抗する力も関東より東海や関西のほうが強かったわけで。
 関東の独立Uで独立Uのパワーをはかってはいけません。もっとも放送法の趣旨に反してキー局が全国ネットの供給元になるという反則技もあってこそですけどね。
2007/04/11(水) 01:46:24 | URL | かじか
ほぉ
サンテレビやKBS京都って、関西ではそんなにメジャーですか。
しかしKBSって経営破綻しませんでしたっけ?
2007/04/11(水) 04:40:16 | URL | ごいんきょ
原因は本業ではありません
KBS京都が破綻したのは、本業が悪かったからではありません。きっかけは破綻10年前に社長が不動産投資で失敗した簿外債務です。そこを、東京から来た元美術商である新社長にいいように扱われた挙げ句、ダイエーファイナンスの抵当にKBS京都の土地と建物とが入れられたのです。発覚後、経営陣はダイエーによる増資で切り抜けようとしたのですが、労組はダイエー系になることを嫌って、労働債権をタテに会社更生法を申請したのです。
 サンやKBS京都がもともとはテレビ東京の番組をネットしてたこともあって、両局の番組表は広域局と同じサイズで広域局と一緒に載ってますよ。こういう掲載のされ方は他地域ではみられないですね。

 そうそう、戦慄というのは、パを中心に巨人がらみ以外の中継などソッポを向かれる中で、12球団の試合の完全中継に挑む姿がすごいと思ったんですよ。
2007/04/11(水) 11:34:10 | URL | かじか
サンテレビ
 少なくともサンテレビやKBS京都は一歩抜きんでているかと思いますね。サンテレビのタイガースへの傾倒ぶりはライバルであるはずの他局ですら取り上げますし。あと、電波自体が大阪方面にも意外に飛んでるのと、ケーブルテレビで流してる地域が相当数あるので視聴可能な人が多いというのもあるかと思います。それでいて、独立U独特のチープな匂いは薄れたといえまだ健在ですし、過去の記憶とかもひっくるめて独立Uの筆頭格としてサンテレビは上げられやすいかなと。「サンテレビ」という響きも覚えやすいですしね。
 KBS京都はなんだかんだで老舗中の老舗ですしね。ただ、個人的にはラジオの深夜放送は全国的にも特筆されるものは聞いたことありますが、テレビの方ではエリア外なのでちょっと?です。そういや、経営再建の途上で社名が「近畿放送」から「京都放送」(そもそも開局時は京都放送だったそうですが)に変わってるんですよね。どっちもKBSですけど。
2007/04/11(水) 23:32:19 | URL | 通勤急行
KBS
ワタクシも昔、全国のビデオマニアと情報やりとりしてましたけど、
KBSを受信できる人ってかなり少なかったんですよね。
たまーに受信できる人に録画してもらっても、画像は若干ノイジーでしたし。
だからKBSがそんなにメジャーとは意外なんですが。
サンテレビはたしかに、関西の方は大概受信可能でした。
しかし、関西ではそんなに認知されている局だとは思わなかったですね。


あと、最初の通勤急行さんが指摘したプリンスホテルの件ですが、
あれも創部当初はかなり明るいニュースとして野球ファンを欣喜雀躍させたのです。
当時もう社会人野球も斜陽だったのですが、
プリンスが破格の条件で有名選手を集めて参入し、活性化した事は、
当時の野球ファンは期待を持って見守っていたというのが有ります。
そしてプロの西武ライオンズでも耳目を集めるわけで、
当時の西武グループの野球への傾倒ぶりは、大いに期待を持たれていたのでした。
通勤急行さんは関西の人ですし、年齢的に当時の空気も知らないでしょうから、
若干温度差を感じるのかもしれません。
2007/04/12(木) 18:16:34 | URL | ごいんきょ
偉大なるサンテレビ
 サンテレビの話題が出てきましたので、お邪魔します。

サンテレビは昔から、アニメファン及び。私のようなCMマニアにはいつも味方でいてくれた素晴らしいTV局です。

各VHF局が待望のアニメの再放送をしても、予告編はほとんどの場合カットされます。

でも、サンテレビは違います。予告編、エンディングをカットすることなく、完全に放送してくれます。(昔、ビデオのなかった時代に、これでデビルマン、キューティーハニーを完全視聴できたのです。)

先日には、めったに再放送されない、「翔べ、必殺うらごろし」もやってくれました。
(和田アキ子 対 一文字隼人 の夢の対決も観れました。)

さらに、珍しいCM,変なCMをやってくれるので、放送番組を観るより、CMを観てる方が面白いという現象も起こっていました。
(どこの世界に昼間っからソープやキャバレー、ホストクラブ、解体業者、産業廃棄物処理業者のCMを流すTV局がある?ひと昔前には、伝言ダイヤルのCMをAVギャル憂木瞳を起用して放送してました。)

近年はさすがにホテル(ご休憩2800円)のCMを深夜に流すだけになってしまいました。

現在では、かつてほどの変なCMは流してませんが、それでも兵庫県播州地方や、明石、丹波笹山など地域産業のCMを流し、ローカル局らしさは健在です。
2007/04/13(金) 14:06:59 | URL | なにわオタ
UHF
たしかにTVKも、南東京・横浜地区ならアンテナ無くても結構見られる画質で入りますし、
やっている番組も昔からきちんとしてますし、貴重な再放送も有りました。
横浜大洋時代から横浜戦の中継も勿論やってます。
だからって、ごく一般人でTVKを普段の生活で意識している人というのは、
非常に限られた存在だったように思います。
ここはテレビマニアの人が集まっているので、UHFも普通に認識しているでしょうが、
本当にごく一般の方々がそれらをVHF局なみに認知しているのか、
特にKBSなどはそうですけど、非常に疑問を持っているんですが。
サンテレビの阪神戦っていうのは当たり前に見られてるんですかね?

UHFでの再放送は、CM自体が集まらないので(笑)
本編の時間を普通に取る事が出来るため、
本来のフォーマットで再放送されるのがマニアには嬉しかったですね。
それは関東でも同じですよ。
そして、そういう広告量の差が、所詮UHFの立場を如実に表していると思いますが。
2007/04/14(土) 04:45:00 | URL | ごいんきょ
シングルジャンル
えーと関東の独立Uは、特定のジャンルに特化した番組を多く制作してます。そうするとコアなファンは見てくれる、という計算です。いちばん多いのが音楽番組で、特にTVKの音楽レベルの高さはピカイチです。後はお笑いや自動車などがありますね。
 系列局が出来始めた頃のテレビ東京も、そうした路線をパクってました。新しいところだと住宅バラエティを始めたのもテレビ東京です。TXは今でもマイナーであることを生かしてはいますけど、シングルジャンルというほどではなくなってます。
2007/04/14(土) 11:36:47 | URL | かじか
特化ジャンル
特化ジャンルは、コアなファン層の獲得という利点も有りますし、
何よりも営業がやり易いでしょうね。
パチンコNOWのスポンサーはダイコク電気だったり。
テレ東のゴルフ番組などでもそうですよね。
まあテレビ東京の往年の流れ含め、ローカル局ならではです。
2007/04/14(土) 20:44:58 | URL | ごいんきょ
それほど簡単でもなさそう
えーと、パチンコNOWはいちおうCBCが配信してるんですよ。制作はCBCじゃないですけど。
 「新車情報」はスポンサーに車メーカーをつけるわけにはいかず苦労したと聞きます。結果的に部品メーカーがつきましたが。

ということで、シングルジャンルだからといってそう簡単にはいかないようです。
2007/04/15(日) 01:24:11 | URL | かじか
うん
簡単というと語弊が有りますが、営業の方向はつけやすいでしょう。
2007/04/15(日) 07:58:42 | URL | ごいんきょ
田淵選手のゲスト出演した子供向けドラマ
あけましておめでとうございます。さて、元旦に入浴中、唐突に思い出したのですが、昭和50年頃の子供向けドラマに田淵選手がゲスト出演したおぼろげな記憶があります。クラスや仲間内で目立たない子が「田淵選手から貰った。」と嘘をつき、名前入りの鉛筆を見せびらかし周りの人の気を引くのですが、なんかのきっかけで嘘がばれてしまい窮地に立たされたところへ本物の田淵選手が登場。みんなの前ではその子の顔を立ててくれるのですが二人きりになった時「嘘はいけないよ。」と諭してその少年も反省し仲間とも打ち解けてめでたしめでたし。みたいなストーリーだったと思うんですがなんていう番組でしょうか?ごいんきょさんはじめ皆様のご教示お待ちしています。自分の中で、ライオンズ勃興期=田淵選手という無理矢理なつながりでこちらのスレに書き込んでしまいました。
2013/01/04(金) 23:16:20 | URL | とらお
あけましておめでとうございます。

最初期の西武は、まだ戦力的に未知数の選手も多く、知名度と経験を補うためでしょうけど、
野村克也選手とか田淵幸一選手とか、いわゆるロートル枠でも話題をさらいました。
田淵さんは、そこそこ西武でも活躍しましたね。
それにしても阪神というのは、何故か大スターを冷遇する不思議な球団です。
関西人気質に関係しているのかな?

ドラマ、なんかそんなの有ったですかね。
田淵さんは見た目もなかなか良かったので、見映えしたでしょうね。
2013/01/06(日) 08:00:11 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。