私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



バイオニック・ジェミー (1977)

該当番組画像募集THE BIONIC WOMAN

イカハゴクヒジョウホウ サイコウキミツ
バイオニックカイゾウシュジュツカルテ
ジェミー・ソマーズ オンナ ニジュウナナサイ
モトプロテニスプレイヤー ショクギョウキョウイン
ヒンシノジュウショウ スカイダイビングチュウノジコ
フショウカショ リョウアシ ミギウデ ミギミミ
シュジュツナイヨウ バイオニックソシキイショク
セキニンシャ オスカー・ゴールドマン ヒヨウゴクヒ


コンピューターチックな女声ナレーションで始まる印象的なオープニング。
日曜の夜、このナレーションと、それに続く耳心地のよいテーマを聞くのが楽しみなものでした。
個人的には、外国テレビドラマを面白く見た最後の作品だったと思います。
ワタクシばかりでなく、この頃から少しずつ、あれほど日本人を魅了してきた
アメリカドラマの神通力が衰えていくことになるのですね。
昭和50年代に入ると、それだけ日本も総中流に近い感じになってきて、
冷蔵庫も洗濯機もテレビも電話もどこの家にも有るという状況で、
アメリカドラマの中での憧れは、せいぜいが広くて大きい家くらい。
これだけは、狭い島国ゆえにとうとう行き渡らずに終わるわけですけれども、
あとはセックスとドラッグと銃・暴力、多民族故の複雑な社会等々、
アメリカドラマから見えてくるのは、当時の日本がパラダイスに感じるような体たらく。
平成の日本は、誰の差し金か、徐々にアメリカに近づいているわけですけども、
ともあれ当時は、日本人の憧憬としてのアメリカTVドラマに寿命が迫ってきた頃です。

そんな中、この1977年は偶然か否か、強い女性を主人公としたシリーズが複数勃興しました。
ワンダーウーマン、チャーリーズ・エンジェル、そしてバイオニック・ジェミー。
中でもチャーリーズ・エンジェルとこのジェミーは、日本テレビの日曜夜、
同じ枠で続けて放送され、「地上最強の美女(たち)」という副題を冠せられました。
でもワタクシは、圧倒的にこちらが好きでしたね。
それはなぜかと考えるに、第一にはやはり冒頭のオープニングが訴求力あった事。
ちなみに、あのナレーションが黒柳徹子さんって本当なんでしょうかね?
でまあ、なんと言っても、主役のリンゼイ・ワグナーのチャーミングさに尽きました。
ワタクシが一番好きなアメリカ女性はエリザベス・モンゴメリーですけど、
次はやはり、このワグナーになりますね。
ただ、おっぱいが小さくてね。
うーん・・・ リンゼイがこの文を目にしたら、ワタクシ多額の慰謝料を請求されるかも(苦笑)。
つーか、いちいち女性を胸で評価するセクハラ男はけしからん!
って俺か(苦笑)。でも、見ていて気になったのは事実なんです。
ごめんなさい、ごめんなさい(苦笑)。

まあ、そんなチャーミングなリンゼイが(笑)、ちょっと力を入れちゃうと
テニスボールを握りつぶしたり、そんなミスマッチなスーパーウーマンぶりが良かったです。
そのバイオニック・パワーを使うときに、「シャキキキキキ・・・」という、
ちょっと言葉で言い表せない効果音が使われるんですけど、あれも好きでしたね。
馬鹿の例によって真似をしましたよ(笑)。
軟球を手にして、力入れてひしゃげさせてみて、頭の中であの効果音鳴らしてね。
当時もうそこそこいい年だったのに、本当に馬鹿だなといま思うと呆れます(苦笑)。
元もとは『600万ドルの男』という番組の中に出てきた1キャラクターだったようですが、
ワタクシ、その番組は一回も見たこと無いんですよね。
で、その時にはバイオニック手術を施されるも敢え無く死亡したらしいですが、
視聴者の抗議によって実は蘇生していたという事になり、
単独シリーズ別番組として蘇り、ついには元シリーズを上回る人気を獲得したと言えましょう。
その最大の理由は、どうしたってリンゼイの魅力なんだろうと思いますね。
また、バイオニック・ドッグというのも後半に登場しました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
効果音と史上最強の美女たち日テレ日曜
 私は夕方の再放送で見ていました。インスタントコーヒー「ユーバン」とブルボン「ルマンド」とともにある記憶(^o^)

 私もあのスローモーションで表現されるバイオニックパワーのシーンの「シャキキキキキ」という効果音が、時々頭をよぎります。重いものを持ち上げる時とか(^o^) 野球でボールを投げる時には、『巨人の星』の「ピシューッ」という音を口に出してしまいます(^^ゞ 効果音ではありませんが、飛び降りる時には未だに「トウ!」と言ってしまいますし(^^ゞ

 私は『チャーリーズ・エンジェル』の方が好みでした。ファラ・フォーセットやシェリル・ラッド(この2人は途中で入れ替わって、姉妹の設定でしたネ)がお気に入りでした。ブロンドに弱かったのですが、今ならジャクリーン・スミスもお気に入りです。
 ファラは『600万ドルの男』のリー・メジャースと結婚していたのですよネ。

 あの日曜日の日テレのアメリカTV枠は好きでした。『白バイ野郎ジョン&パンチ』、『アメリカン・ヒーロー』など、高校生の頃は楽しみに見ていました。
2007/05/03(木) 13:39:11 | URL | 自由人大佐
夕方の再放送ってのは記憶に無いですね。土曜日かな?
やはりよぎりますか、バイオニック効果音(笑)。
しかしビシューやトウは、そろそろやめた方がよろしいかと(笑)。

この当時はアメリカドラマ最後の華でしたね。
特に日テレのは良かったです。
2007/05/03(木) 22:04:10 | URL | ごいんきょ
シャキキキキキキキ
この効果音に瓜二つな音が格闘ゲームの主にストリートファイターシリーズでの超必殺技の際に流れていたと思うのは気のせいだろうか

ちなみにバイオニック犬が出た時にキャシャーンか今リバイバルもある旧タカラの変身サイボーグ一号も思い出したっけかな

ちなみに今のところ個人として最後に気に入ったメリケンドラマは今も再放送しているフルハウスかな
2007/05/03(木) 22:56:32 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
SFの頃にはもうゲームやらなくなっていたのでわからないですけど。
バイオニックドッグ、フレンダーのパクリかもしれませんね(笑)。
2007/05/04(金) 08:39:18 | URL | ごいんきょ
見てた、見てたよ!
日曜は休日なんだけどTV三昧だったよ♪
朝は、生き物バンザイ、世界のお料理ショーね。
夜は、知られざる世界を見て、そのあとバイオニックジェミーね♪
オイラの薄い記憶の中では、効果音は、
キーーーーーーーーーーーンの印象かな。
走るときには、スローもションになるし、
遠くの音を聞くときに髪の毛をクイッとやると、プーッ、プーッ、プーッって効果音が出てたような…。
電話の話中のような感じね。
冒頭映像で、重そうな食器棚見たいのを軽々動かすシーンがあったけどさ。
腕も足も強化されてるけど、腰は生身でしょ。
腰痛にならないか、心配したよ。
総合的には、ジェミーが大好きだった。
超能力社っぽいところが、チャリーズエンジェルより好きだったな、うん。
2007/05/04(金) 09:29:17 | URL | ハナユビ
アメリカン・ヒーロー
このへんのドラマは中京では深夜でしたが・・・。ワンダーウーマンもバイオニックジェミーもジョン&パンチも・・・
自由人大佐さん、見てましたよ「アメリカン・ヒーロー」! 3歩助走しないと飛べない! 何とも情けないというか身近というか、そういうキャラが憎めなかったですね。
2007/05/04(金) 13:25:51 | URL | かじか
あれれれそうだったっけか
かじか殿ならご存知の中京のローカルの五時SATのやる前の土曜五時枠天才クイズとメーテレ発ロボ物の草創期のザンボットとかとガチンコしていたと記憶しているのだが

ちなみにライダー物でよくある敵に襲われてサイボーグになるという風でなく事故で大怪我して市サイボーグになるというのは後のメーテレのロボ物のガオガイガーでもある
2007/05/04(金) 21:10:01 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● ハナユビさん
世界の料理ショーも是非やりたいですね。
そう。知られざる世界からの流れね。
そうそう。バイオニックな部分は一部だけなんだから、
他の生身の部分に絶対に影響有ると思うんですよね。
アメリカ人はあんまそういうのは気にしないのかな。


● かじかさん、ガッツさん
中部地区に関して意見が分かれましたが、いずれにせよ同時ネットではなかったという事ですね。
じゃあ関西も違ってたんだろうな。
事故からサイボーグとして復活するというのは、日本ではリミットちゃんが先に有りますね。
女の子がミラクルパワーを使うという点でも、元祖と言えると思います。
2007/05/04(金) 21:24:49 | URL | ごいんきょ
フェムボットの逆襲
フェムボット、って、ありましたよね。局長や秘書の女性(名前はなんだったかな。仲良しの、背の低い人)にそっくりの、敵のロボット。でも、すごく重いので、走ると遅くて、ロボットかどうかが解る、…って、こんな話、誰ともしたことがないので、記憶を紐解きつつ、なんだか不思議な気分です。
音は、シャキキキキキキキ、ですか。私は、シュワワワワワ…と口に出しながら、ジェミーごっこをしたものでしたが。
2007/05/04(金) 21:27:28 | URL | 秋桜
調べたら、どうやら3部作だったらしいですね。
そんな大作がジェミーに… というか、
アメリカドラマに有るというのは意外でした。

そうですねえ。こんなにツッコんだテレビの話、
ワタクシもまず社会人になってからした事ないですね(笑)。
そこいらがネットならではの新たな関係って事です。
効果音、人によって聞こえ方が違うとは思いました。
シュワワワですか。
2007/05/04(金) 21:42:37 | URL | ごいんきょ
時期によるかな
>ガッツィンガーさん
うーん、ザンボット3っていうとかなり前というか、まだアニメが平面的に見えた頃ですよね。5時SATマガジン開始前というのがまた古いですし。
 1982年頃にやってたワンダーウーマンは間違いなく深夜です。再放送マークはありませんでした。新聞では「赤い旋風ワンダーウーマン」と書いてありましたが、中京で作ったとおぼしきタイトルフリップには別の枕詞が書かれてました。
 あとは再放送とかだったかもしれませんね、深夜分については。こちらはちょっと記憶が不確かです。
2007/05/05(土) 00:16:26 | URL | かじか
ワンダーウーマンは関東でも11時過ぎでした。
2007/05/05(土) 13:57:51 | URL | ごいんきょ
ネットワークタイム
ワンダーウーマンは中京では深夜0:55でした。

以前、東海地方でのウィークエンダーと大江戸捜査網との関係をどっかで書いたと思うんですが、その23:55からの大江戸捜査網が終わった後、天気予報を挟んでワンダーウーマンだったんですよ。
2007/05/05(土) 14:36:15 | URL | かじか
ガッツさんの言う土曜夕方って再放送じゃないんですかね?
関東ではそんな感じで再放送が有ったような。
ワンダーウーマンはフジ系ですからそもそも局も違いますしね。
2007/05/05(土) 17:47:36 | URL | ごいんきょ
外国ドラマの場合
ごいんきょさん。どうもですね、外国ドラマって民放で受ける場合は、地域によって放送局が必ずしも系列通りにならないみたいです。
 ただし、夕方ニュースから最終ニュースまでの間など同時ネット枠なら、まず同時ネットですが(でもその例外がNTV22:30枠のようなローカル枠だったりするんですよね)。例えば「ナイトライダー」なら、これは間違いなく朝日系のある地域では朝日系で流れてます。
2007/05/06(日) 01:06:47 | URL | かじか
ワンダーウーマン
 『ワンダーウーマン』の記事はまだ無かったのですネ。ここで語ってしまうと、正規の記事の時に言うことが無くなってしまうか‥‥。

 『ワンダーウーマン』は東京だと日曜日の午前中だったと記憶しています。(『兼高』の裏?)私はこの時間枠の『爆発デューク』が大好きでした。
 「ワンダーウーマン」の声は由実かおるさんが吹き替えていましたよネ。

 『ジェミー』の再放送はけっこう頻繁にあったと思います。ウィークデーの4時頃、三井奥様劇場の『大岡越前』や『水戸黄門』の再放送枠の裏だったかな? 『水もれ甲介』や『飛び出せ!青春』の再放送と同じ枠だったように記憶しています。(その後の時間はNETの特撮やアニメを見ていたので、5時よりも前だと思います。)

 「トウ!」はもう体に染み付いているので、今さらやめられません‥‥(^^ゞ
2007/05/06(日) 10:04:17 | URL | 自由人大佐
たぶん歌唱は声優・田島令子
♪私の身体を駆け抜ける
バイオニックの激しさが
私を よみがえらせるぅ~
(歌詞うろおぼえ)
…という日本語詞の歌を、再放送で聴きました。
田島令子は、「ベルばら」のオスカルの声とか、役者としてドラマに出てるのも見たことがありますなぁ。
2007/05/06(日) 18:59:37 | URL | 桃
● かじかさん
地方局が少なかった当時はそういうもんだったんでしょうね。
この時期は外国ドラマも数字取れなくなり始めてたんで余計でしょう。


● 大佐殿
由美さんバージョンは日曜11時からですね。
その前に夜11時台に帯でやっているようです。
その時の声は二宮さよ子さんとの事です。
ワタクシは日曜午前は全く記憶に無かったです。
ジェミーの再放送も、土曜にやってたのしか覚えてないですね。


● 桃さん
平仮名のももさんと上手く登場時期がズレますね(笑)。
その歌は知らないです。劇中歌?

田島玲子さん調べました。
ジェミー以外はほとんどワタクシの見ていないものでした(苦笑)。
2007/05/06(日) 23:15:39 | URL | ごいんきょ
ジェミーとスティーブ
田島令子の日本語版テーマ「ジェミーの愛」は高視聴率に伴い製作されたもので
第二シーズンから予告編のバックに流れていました。
作曲・渡辺岳夫、編曲・小六禮次郎というある意味豪華な曲でした。

近畿地方ではジェミーは平日夕方に何度も再放送をしていました。
フェンボット編は本国では1話がジェミー、2話は600万ドルの男、
3話がジェミーとクロス放送でしたが日本ではジェミー枠で放送されています。
これは放送権を600万ドルの男がテレビ朝日、ジェミーが日本テレビが獲得したためで、
そのため600万ドルの男の1挿話として作られたジェミー誕生編は
日本テレビのジェミーの本放送が終わるまではテレビ朝日で放送されませんでした。
また同じくジェミー復活編は視聴率低下により600万ドルの男が打ち切りになったため
日本では放送されていません。
そのためジェミー第一話は何故ジェミーとスティーブ・オースティンの関係や、
何故記憶を失っているのかよく分からなくなっています。

600万ドルの男での好評を得、スピンオフされることになったジェミーですが
シリーズ化に辺り当初は違う女優が予定されていました。
600万ドルの男に出演した時のリンゼイ・ワグナーは大部屋女優であり、
出演後ユニバーサルは出演契約を更新しなかったからです。
しかしABCからの強い要望があり、結局ユニバーサルは依然とは違う高額の契約を
結んで出演させることになりました。

ちなみに局長秘書がキャラハン、Drルディの助手がリンダでした。

高視聴率にもかかわらず、第3シーズンはキー局がABCからNBCに移りますが
これはABCの新しい社長がジェミー成功のおかげでシリーズ化したチャーリーズ・エンジェルと
番組コンセプトが被るという事で打ち切ったため
リンゼイ・ワグナーと新シリーズの契約を結んでいたユニバーサルがNBCに売り込んだためでした。
(ちなみに第5シーズンまで契約していたそうです)
そのため、600万ドルの男・スティーブと新しい恋愛が進みかけていたジェミーは
キー局が違うため相互出演がなくなり、最終回は違う男性と結ばれて終わります。
ただ視聴者から見た場合、説明もなしにスティーブが出演しなくなり
唐突に出てきた男と結ばれると言うのは納得できないものでした。

そのまま永遠に結ばれることは無いと思っていた二人が
80年代後半から90年代前半にかけて作られた3本のスペシャルで再会し結婚したのは
まさに奇跡的な結末でした。
2007/05/08(火) 00:24:28 | URL | 飛鳥
キャラハン!!
☆ごいんきょさん(一人一人への書き方をマネさせてください。)

>調べたら、どうやら3部作だったらしいですね。
そんな大作がジェミーに… というか、
アメリカドラマに有るというのは意外でした。

確か、本にもなっていて、図書館で借りて読んだ記憶があります。
表紙はジェミーの写真でした。それに惹かれてかりましたが。
マンガのような内容かと期待しましたが、実際は字ばっかりでしたので、中学生だった私は、ちょっとがっかりしました。


☆桃さん

その歌、知っています。今でも歌えちゃう。…全然嬉しくないけど。

>声優・田島令子

当時、リンゼイの人気が出た為、ジェミー出演以前に出ていた映画「ふたり」(…だったと思います)を日テレが放映したことがあります。その時の声も、彼女がやっていました。
その後、リンゼイ主演の「過去を旅した女」がNHKで放送された時、全く別の声優さんの声だったので、大変違和感がありました。


☆飛鳥さん

>ちなみに局長秘書がキャラハン、Drルディの助手がリンダでした。

キャラハン!そうそう。
彼女が中心のお話があったことを思い出しました。
キャラハンが、イケメンの美容師に恋をするんです。でも、利用されていただけだった、みたいな…。


ああ、ジェミー、見たくなりました。
2007/05/08(火) 23:34:09 | URL | 秋桜
● 飛鳥さん
随分と力作コメントありがとうございます。
なるほどー、予告の時の歌ですか。

この番組と600万ドルの男は切っても切れない関係なのに、
日本での版権が煩雑になっているため、ファン無視の感じなのが嫌ですね。
90年代、アメリカドラマは過去作のスペシャル版が流行りましたが、
この番組にも出来ていて、しかも二人が結婚してしまうなんてねー。
なんか、ありきたりすぎてワタクシは幻滅しました(苦笑)。
リメイク嫌いだから余計ですけどね。


● 秋桜さん
600万ドルの男は数冊ノベライズ版が出てたようですが、その一つかな。
考えてみれば、リンゼイ出演作ってこの番組しか知らなかったです。
2007/05/09(水) 00:54:06 | URL | ごいんきょ
人気投票
あの頃、スクリーンか、ロードショー、どちらかの映画雑誌で、並み居る映画女優さんたちをさしおいて、リンゼイが一位になっていたことがありましたね。

確か、日本で特別に人気があるということで、何かのコマーシャルにも出ていたと思うのですが…。馬に乗って、爽やかな笑顔のリンゼイが出てくるのは覚えているけど、肝心の、商品を思い出せないなんて。

>600万ドルの男は数冊ノベライズ版が出てたようですが、その一つかな。

あ、きっと、そうですね。検索して調べてみたら、ミカサノベルズというところから、何冊も出ていたようです。

DVDは、本国でも出てないようですね。最近、再放送もないし。もう一度見ることはできないのかしら。
2007/05/11(金) 13:26:33 | URL | 秋桜
ははあ、やはり日本人ウケする顔立ちなのかな。
CSでは、アクションチャンネルでやっていたようですね。
ワタクシは見逃してしまいました…
もっとも、あそこは局ロゴがウザイので、
もっときちんとしたとこで放送して欲しいです。
2007/05/12(土) 06:40:17 | URL | ごいんきょ
教えていただきありがとうございます
それにしても、三部作とは知りませんでした。
てっきり、600万ドルの人と結婚して終わったのかと思ってました。

田島令子さん…何年か前にTV埼玉で80年代の時代劇の再放送に出てたのを見たら、声のイメージと着物姿にやや違和感。
クイーンエメラルダスとか、オスカルとか、ゴージャスボイスのイメージがあったんですよね。
でも、お母さん役とかでも、時折見ます。
2007/05/13(日) 20:36:27 | URL | 桃
三部作というのは、フェムボットというのが登場する回だけの事で、
アメリカドラマではあまり前編後編に分けるって例が無いので、
すごく珍しいと思うんですけどね。
列記されたアニメも、どれもまともに見た事ないんです(苦笑)。
2007/05/14(月) 02:08:27 | URL | ごいんきょ
軟球を潰す遊び
私もやりました。
兄たちと・・・
拾ってきたテニスボールを
カッターで切って、わざわざ
小道具を作った事もあります。
馬鹿兄弟です。
あの効果音は私の脳裏にも深く刻まれています。
スロウモーションは、すべてあの効果音でOKです。
2007/05/18(金) 01:58:08 | URL | はずれ
シンガーのリンゼイ
おはつです。懐かしいですね。
私、大阪ですが、高校生の時4時台から再放送をやってたので、授業が終わって急いで帰ってました。
田島令子の歌懐かしいですね。リンゼイのコマーシャルは、チョコレートでマリブの潮風とか何とか言う商品名でしたよね?
それと、リンゼイの声って、田島令子さんとは全然違う声質ですよね。
バイオニックジェミーの中でも、カントリーシンガーとなってレコーディングで歌う場面や、確かミスコンの参加者で、参加者が才能を披露する場面で、ジェミーは「フィーリング」を歌ってました。結構ハスキーな声でした。歌は上手でしたよ。確か、スクリーンだかロードショウーでは、あれは本人の声だとか読んだ記憶があります。
いや、ホント懐かしいです。
2007/05/18(金) 19:57:52 | URL | かせき
● はずれさん
さすが漫画家さん(?)らしくブログの面白いはずれさんですが。
なるほどー。そこまでやるとは、たしかに馬鹿かもしれない。
いや、賞賛の意味で(笑)。

そう言えば、ワタクシが軟球と書いているのは、
勿論テニスボールの軟球です。
野球の軟球なんぞ潰してたら本当にバイオニックです(笑)。
狭い場所で野球をやる際に使っておりました。
当時は庭球庭球呼んどりましたが、
一方で、ちゃんとした球に硬球というのが有るわけで、
素人が使うから「ていきゅう(低級)」で、
熟達者が使うから「こうきゅう(高級)」なのか?
という素朴な疑問を抱きながら使っておりましたです。
テニスの日本語が庭球だなんて知りませんでしたしね。


● かせきさん
はじめまして。
マリブの潮風ってなんか有りましたね。
でも、リンゼイがやってたなんてまったく覚えてません。
外国作って歌のシーンとかになるとそこだけ原語になって、
声が替わったりするのがなんか奇異でした。
そこも日本人が歌うようにするのは演奏の関係で難しいんでしょうけどね。
2007/05/19(土) 02:59:53 | URL | ごいんきょ
ニセジェミー
かせきさん、こんにちは。
リンゼイのコマーシャル、ご記憶でしたか?良かった~。私の記憶違いじゃなかったんですね。教えてくださり、ありがとうございました。
ミスコンのお話、ありましたね。懐かしい。
つられて思い出したのが、ニセジェミーの出るお話。確か、一人二役で、キレイな言葉遣いの上品なジェミーと、言葉の荒いニセジェミー、って演じ分けていました。「もう一人のジェミー」だったかな。

ごいんきょさん
>考えてみれば、リンゼイ出演作ってこの番組しか知らなかったです。
「過去を旅した女」(過去へ、だったかも)、この時の声優さんの方が、実際のリンゼイの声に近かったかもしれません。落ち着いた感じで。
この話では、古いドレスを着るとタイムスリップするのですが、過去へ行く時の音が、バイオニック効果音を意識した作りになっていた記憶があります。
役名もジェニーだったし。
その後しばらくは、バイオニック・ジェミーのイメージがつきまとっていたのかもしれませんね。
2007/05/21(月) 16:43:34 | URL | 秋桜
ニセ何々って洋の東西を問わず定番なんですね(笑)。
2007/05/22(火) 06:43:45 | URL | ごいんきょ
リンゼイの出ていたCMは・・・
秋桜様
リンゼイの出ていたCMは、ガーナチョコレートのCMです。
私は今でも、あのパッケージを見ると彼女を思い出します。
大好きだったなぁ。
ちなみにこのドラマは、1年ほど前、TV埼玉で放送されていました。
途中で引越しをして見れなくなってしまいましたが、今でもやっているかもしれません。
2008/01/25(金) 00:36:08 | URL | ゆかりん
お。
マリブの潮風説とガーナ説がぶつかりましたね。
もうしばらく情勢を見守りたいところです。

テレビ埼玉でやってましたか!
うーん… それは是非録画しておきたかった…
テレ玉などと書かないあなたは立派ですよ(笑)。
2008/01/26(土) 23:44:08 | URL | ごいんきょ
CM
☆ゆかりんさん、はじめまして。お返事が遅くなり、ごめんなさい。

リンゼイのCMについて教えてくださりありがとうございます。
>リンゼイの出ていたCMは、ガーナチョコレートのCMです。
そうですか…。
私、なんのCMだったのか、ホントに全然記憶にないんですよね…。悲しいくらい。
私が憶えているのは、馬に乗っていた、ということだけ。
あ、でも、ここで不安が。
馬に乗っていた、という記憶は、合っているのでしょうか。
なんだか、実はメリーゴーランドだったのかも…、なんて、どんどんと自分の記憶力に自信が無くなってきている今日この頃。
>ちなみにこのドラマは、1年ほど前、TV埼玉で放送されていました。
まぁ。TV埼玉、素敵!!
今、札幌のTV局でやってくれたら、ゼッタイに録画して、DVDにして、永久保存なのになぁ。


☆ごいんきょさん、お久しぶりです。

>マリブの潮風説とガーナ説がぶつかりましたね。
いずれにしても、チョコレートのCMだったのは、間違いないようですね。
私は、綺麗なリンゼイばっかり見ていたせいか、肝心の商品を全然思い出せないんです。
ひょっとして、あんまり素敵な人でCMを作っちゃうと、見とれちゃって、CMの効果、薄いのかもしれませんね。
私だけかしら。
2008/02/08(金) 23:20:19 | URL | 秋桜
うーん。
ワタクシはよく覚えておりませんのでねえ。
マリブの潮風のような気もするし。

好感度高い人が推奨すると、買ってみようかな
という気になる場合が多いんじゃないですか。
2008/02/09(土) 04:04:42 | URL | ごいんきょ
限定サントラ盤出ました!
 2008年3月、「ゴールドマン局長暗殺指令(Parts 1 & 3)」のエピソードのサントラ盤CDが発売されました。下記から通販で買えますが、1,000枚限定盤なのでお早めに。
 
http://www.joeharnell.com/bionic_woman_v1_cd.html
2008/05/05(月) 00:49:02 | URL | ハイパースラスト
情報ありがとうございます。
しかし本国からの購入はハードル高いなあ。
ドル安なのでお買い得なんでしょうが(笑)。
2008/05/07(水) 01:49:51 | URL | ごいんきょ
週刊「昭和タイムス」36号(昭和54年)
 最新号のTV欄は昭和54年4月2日(月)なのですが、午後4時から『ジェミー』の再放送があります。
この日は『100人に聞きました』『ルックルックこんにちは』『2時のワイドショー』『プリンプリン物語』『マー姉ちゃん』が始まった日なんですネ。
 再放送では『ど根性ガエル』『白い滑走路』『魔法使いサリー』『大江戸捜査網』『破れ傘刀舟』『非情のライセンス』などが‥‥。
 『夕やけロンちゃん』も『ぎんざNOW!』も『紅白歌のベストテン』も『ほんものは誰だ!』も放映中。この時代に行きたいなぁ。

 ちなみに、『マンガのくに』枠では『逃げろや逃げろ猛レース』となっています。
2008/06/15(日) 13:49:31 | URL | 自由人大佐
週刊昭和タイムス
今回、表紙が怖くて怖くて…。
猟奇的な事件は、ネット社会のせいと言う識者もいるみたいだけど、違うかと。
TV欄は興味深くて懐かしいけれど、部屋に置いておくと、やっぱり…怖いです。
生き残った方や遺族の心の傷は、ケアされているんだろうか?
2008/06/15(日) 15:09:45 | URL | 桃
● 大佐殿
その時代に戻ったら、素敵な奥さんやかわいい子供と別れ別れでしょ。
その辺も含めて、戻りたいと言ってるのかな?(笑)

● 桃さん
表紙はなんだろう。
昭和54年って猟奇的事件ありましたっけ?
ああ。銀行立てこもりのね。
どうなんだろう。
ネット社会に起因する猟奇事件だって有るんじゃないのかな。
あれだけの事件に巻き込まれて、通常の生活はもうできないでしょう。
ワタクシは過去、幾度も他人様に迷惑を及ぼしながら生きてきておりますけれども、
もちろん人の生死に関わるような問題ではないにも関わらず、
何十年経っても、本人にとっては生々しい現在で、
それは死ぬまで重い足枷を引きずる人生のようなものです。
ワタクシ如き他愛もない事で、しかも自分が悪い事でもです。
まったく非も無くいきなり惨劇にみまわれた関係者が、
通常の精神状態に戻れる日など、とても有るとは思えません。
しかも場合によっては、犯人は更正まで考えてもらえるんですからね。
正直者を虐げる法社会など非常に欺瞞だと思います。
2008/06/19(木) 00:12:41 | URL | ごいんきょ
サンテレビにてバイオニック・ジェミー放送中!!
突然ですが、サンテレビにて「地上最強の美女 バイオニック・ジェミー」が放送中です。関西在住の方は見てください。今週は、ブログ内でも話題になっていた三部作「ゴールドマン局長暗殺指令(Parts 1 ~ 3)」の放送が終わったところです。
2008/11/13(木) 15:58:35 | URL | 心は少年
うわーぉ。
それは羨ましい。
早くスーパーチャンネルでもやって欲しいな。
2008/11/14(金) 20:14:36 | URL | ごいんきょ
残念!!!
せっかく楽しみ見ていたのに、2ndシーズンまでで終了するみたいです。なんで3rdシーズンは見せてくれないんでしょうか?非常に残念です!!!
ちなみに、Amazon.comでBionic WomanのDVDを見付けて早速購入しましたが、これ最近のリメイク版でした。すぐさまネットで調べてみたところ、世間の人はやはりオリジナルへの思い入れが強く、視聴率が取れずに途中打ち切りになったんだとのこと。逆にこのリメイク版DVDにプレミア付いたりしないかな??
2008/11/25(火) 18:13:29 | URL | 心は少年
3重投稿になっていましたので、うち2つを削除しようとしたら、
たしかに2つだけしかチェックしてないのに全部消えてしまいました。
なので、当方でメールから書き起こして再投稿させて戴きました。
実際には13時4分に投稿されていたものです。

途中終了は残念でしたね。
でも、大作の三部作を見られただけでも羨ましいです。
リメイク版はワタクシも興味ないですね(笑)。

2008/11/26(水) 00:37:13 | URL | ごいんきょ
ありがとうございます、ごいんきょ様
昨日は、何故かシステムに嫌われた感じで投稿がうまくいかず、「招かれていないのかな」なんて自虐的に思ったりしていました。気をとりなおして本日トライしようと思ったらなんと!!すでに対応済みとのことで大変恐縮しごくです。ありがとうございました。
2008/11/26(水) 12:07:43 | URL | 心は少年
ああ、ここの管理者さんはですね(笑)、
来る者拒まず 去る者追わず 再び来る者涙して迎える
が信条のようですね。ワタクシが考えた言葉ですが(笑)。
昭和のテレビに関して語っていて、ひどい中傷が無ければ、
あとはどんなコメントもここの糧になると思っております。

と言うか、心は少年さんの投稿で招かれざる部分なんて無いですよね?
もう少しふてぶてしく参加して戴いて結構ですよ(笑)。
2008/11/29(土) 03:04:14 | URL | ごいんきょ
Bionic Womanリメイク版
全8話を昨日見終わりました。設定はバイオニックジェミーですが、全体の印象がまるで違い、米ドラマ「ALIAS」に近い印象です。オリジナルとの違いは、全体的に少しダークでシリアスな作りになっているとの印象です。バイオニックジェミーと近い設定のスパイドラマと捉えればSFXもそこそこの出来で見れないことは無いと思います。
ところで、全8話の後の方では、NBCのクレジットが外れているのに気が付きました。恐らくは放送打切りが決定された後のエピソードからクレジットが外れたんでしょうが、さすがというか恐るべしアメリカさんですね。
2008/12/01(月) 12:08:33 | URL | 心は少年
リメイク版について
昔人気の高かった番組のタイトルでもって客寄せをしようというリメイク版は、オリジナルへの思い入れが高いほど期待外れとなり易くリメイク反対派が多い訳ですが、そんな中で、たったひとつだけ、リメイク版の方が良いと私が思う作品があります。それは、2000年頃テレビ東京系で1年間放送されていたサイボーグ009です。非常にクォリティーが高く、原作の世界観がうまく反映できていて、テレビ作品として始めて誕生~脱出~ヨミ編から「どこに落ちたい?」までしっかり描ききっており私としては非常に高く評価しています。石森ファンの方は一見の価値有と思います。
さて、それほどではないですが、そこそこうまくいっていると思うリメイク品には、キューティーハニーthe Live、実写版セーラームーンがあると思います。一方現在放送中のヤッターマンやキャシャーンについては、期待外れの部類に入りますね。
「その齢になってまだマンガ見とんのかい!!!」と自己ツッコミしておきます。
2008/12/01(月) 12:21:21 | URL | 心は少年
ワタクシは最近のドラマはまったくわからないのですが、
通じる人には通じるんでしょうね。
リメイク版に関しても、人それぞれ、作品それぞれで違うでしょう。
サイボーグ009に関しては、ワタクシはどうしても幼少時に見た白黒版になっちゃいますね。
2008/12/02(火) 06:15:50 | URL | ごいんきょ
リンゼイ? リンジー?
はじめまして
楽しく拝見させていただいてます。
当時、学生だった私は
外人女性=巨乳のイメージがあり
リンゼイをみて少しがっかりし
胸もバイオニックしてもらえばと
思ってました。
 懐かしい思い出です。
2008/12/08(月) 12:20:45 | URL | 丸刈りおじさん
はじめまして。
男にとって女性の胸はふるさとのようなものですからね(笑)。
2008/12/09(火) 06:52:46 | URL | ごいんきょ
再度視聴の機会が欲しいのは私だけでしょうか
本日(09Feb15)ある切っ掛けでバイオニックジェミーを追っかけていたらこのサイトを見つけましたので書き込みさせて頂きます。
DVD化を望むサイトや思い出を語るサイトはほかにも会いました。ヤ○ーでもxxチューブでも扱ってました。でも実現は難しそうです。
私も子ども時代にジェミーに魅せられ夜中までおきて見たものです。
英語版だとUSに有料サイトがあるようですが田島玲子さんの声でないとあの頃に戻れない気がします。
このブログを見られた皆さん、是非DVD化(たのみこみ等)やケーブルTVでの視聴にお力をお貸しください。
2009/02/15(日) 14:01:11 | URL | ひらき6008
そうですか。コメントありがとうございます。
DVD化は難しいんですか?
何が障害なんでしょう?
2009/02/16(月) 00:55:45 | URL | ごいんきょ
フェムボット
ちょっと思い出したので、フェムボットについてです。多分、
Feminine+Robot=Fembot
なんでしょうね。ドラマ内のセリフにも「理想の女性だ」みたいな発言もあったはず。ところが、このフェムボット君が、何故か所長に化けていました。所長は絶対に男性だったと思うんですが.....
2010/03/21(日) 00:12:12 | URL | 心は少年
ペーパーチェース
教授の娘役。
映画は面白かったような。音楽もよかった。
TBSの月曜ロードショーで放送されたけど、吹き替えはだれでしったけ?

田島令子は、最近「派遣のオスカル」でオスカルの声で出演されていたけど、最近の吹き替えで印象に残るのは、「バットマンリターンズ」(ビデオ版)のキャットウーマン(ミシェル・ファイファー)かな。
2010/03/22(月) 14:27:51 | URL | (ハンドル未記入)
関西でも・・・
一番最初は日曜日の午後10時半からの放送でしたよ。
またコメントにもあるように、夕方の4時再放送をやってて、自分もそちらを主に観ていた感じです。(特に第1シーズン)
エピソードはやはり第1シーズンのほうが面白いですよね。

ジェミーは学校の先生という設定で、当初は生徒たちとの交流もあったりしてたんですが、途中からこの設定も特に説明もなくなくなってしまったような・・・

コメントされている方もおられましたが、アメリカ本国での製作局がABCからNBCに変わったため、細かい設定等でつじつまの合わないところがあちこちに見受けられるようになった気がします・・・

私はフェンボット登場のエピソード(第2シーズンにも再度登場しますよね)や、地球を破滅に導こうとする巨大コンピューターとの対決を描く「ジェミー地球壊滅を救え」などが印象に残っています。
2013/04/22(月) 23:00:24 | URL | ほけみん
● 心は少年さん
所長は絶対に男性ですよね(笑)。


● 未記入さん
田島令子さん、どことなくジェミーの雰囲気ありますね。
元々、アニメ版ベルサイユのばらでオスカルをやっていたんですね。


● ほけみんさん
学校の先生でしたっけ。
あんまり印象に残ってないです。
第3シリーズは評価低いですね。
2013/04/27(土) 05:00:27 | URL | ごいんきょ
リンゼイワグナーの最新作はドラマ「アルファズ」シーズン1の第5話、「ウェアハウス」シーズン2の第7話、第11話です。
2013/11/03(日) 23:34:45 | URL | (ハンドル未記入)
おぉ~。
健在なんですねえ。
2013/12/16(月) 23:11:04 | URL | ごいんきょ
関西では同時ネットだった筈
当時、この番組が放送された当時の読売テレビの日曜10時30分からの1時間枠は日本テレビとの同時ネットだった筈ですよ。
間違いなく日曜夜のこの時間(「知られざる世界」の後の時間)で観た記憶があります。
1980年代に入って(wikiで調べた限りでは1982年)長年続いた日テレ同時ネットの米国ドラマ枠を終了して、自社制作「おもしろサンデー」を開始し、以来現在の「大阪ほんわかテレビ」まで自社制作ローカル枠となっています。

ちなみに中京テレビは(日経資本の関係で事実上の東京12準系列局となっていた事より)1970年代からこの時間を東京12→テレ東枠に充てていた様で、テレビ愛知の開局に伴い自社制作枠に変更したとの推移みたいですね。
2013/12/21(土) 08:37:17 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
ほお。
12チャンネルの番組がそんな中央に出ていたなんて(笑)。
2013/12/23(月) 12:02:15 | URL | ごいんきょ
リンゼイ ワグナーの最近の出演作は、ドラマ「アルファズ」シーズン1第5話、「ウェアハウス」シーズン2第7話、11話、シーズン3第3話、シーズン4第6話、「NICS」シーズン13第10話です。
2017/03/04(土) 01:21:52 | URL | 田中
へぇ~。
ご健在、ご活躍なんですねえ。
2017/03/05(日) 22:46:20 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ