私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

怪獣王ターガン (1969)

該当番組画像募集HERCULOIDS

宇宙の平和を乱すヤツは地獄の底へ突き落とせー
ターガン ターガン スーパー馬力の怪獣王


いきなり「地獄の底へ突き落とせ」という歌詞が、なんか痛烈に感じましたっけ。
ハンナ・バーベラ作品って、日本の作品からヒントを得てるんじゃないの?
って思うものが幾つか有るんですが、これも怪獣王子パクってないですかね。
もっとも、日本の漫画家がバビル2世としてこれをパクる事になるわけですが。
歌詞で「宇宙の平和を」と歌っているし、実際に
よく宇宙っぽい描写も有ったんだけど、それでいてターガンは原始人スタイルで、
使う武器はパチンコ、ブーメンランと、こちらも原住民スタイル。
物凄い違和感は有りましたが、問題なく見てました(笑)。
敵の襲来が有って出動する時には、ゴムで出来た蜘蛛の巣のようなものに降り、
プロレスラーのようにロープの反動を利用して飛び出してました。
敵は最新鋭の宇宙船で来襲するのに。

で、畏れ多くも怪獣王であらせられますから、しもべである怪獣達もいます。
タングロー。タンクタンクローから命名? 鼻の筒から砲弾を連発する。
リキラー。岩石で出来たゴリラのような巨人。怪力。ポセイドンではない。
マリュー。光線を出す怪鳥。ノコギリも有ったかも。ロプロスではない。
ヒューヒュー、ポーポー。粘土のように伸縮自在に変形。ロデムではない。
この二体は「ウニュニュニュニュ」という妙な発声で喋り、兄弟なのか常に二体で行動。
トランポリンのようになって、落下するターガンをよく救ってたかと。
その発声も、点だけの目もなんかカワイくて、人気は高かったと思いますね。
ターガンにはたしか奥さんもいて、一緒にタングローに跨ってたような。

ハンナ・バーベラ作品の日本語版と言えば高桑慎一郎演出という事になりますが、
この作品もそうで、ご多分に漏れず日本語版の主題歌が懐かしいです。
オープニングは冒頭に書いたもので、これはご記憶の方も多いでしょう。
ところで、この番組には日本語版エンディングも有りました。
しかし、この番組の日本語版OP・EDは紛失されてしまっているようで、
一時販売されていたソフトに収録されていたOPも当時のものではないですし、
何よりも、エンディングが完全に無視されていたのが悲しいです。
ハンナ・バーベラ作品のOP・EDは、OPが歌詞の1番だけで、
EDが、同じ歌の2番、または3番まで歌われるというのが多かったです。
が、ドラドラ子猫とチャカチャカ娘などのように、
たまにOP・EDそれぞれ違う歌を流す場合も有りました。
このターガンもその部類で、EDは違う歌だったんですね。
  青く輝くイカルス星は 僕らの地球のお友達(?)
だったかな? で始まって、
  走れー 走れー 怪獣王~
で終わる歌だったですね。
レコードにはカップリングされてるでしょうから調べはつくでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
宮内國郎氏と怪獣たち
 そうそう、ターガンは蜘蛛の巣のようなものに飛び降りて、3回くらいあちこちに跳ね返ってから飛び出していきましたネ。

 私はED主題歌は記憶にありません。再放送では流れなかったのでしょう。

 主題歌は故・宮内國郎さんが作曲されたものでしたネ。ギターのリフがカッコよく、当時流行の他の特撮・アニメ番組の菊池俊輔氏や渡辺宙明氏と同様に、マイナー調の勇ましいメロディです。『ウルトラマン』と好対照ですネ。
 「飛べ!マリュー!」の部分だけがメジャーになるところにヒネリがあります。「たのむぞ!ヒューヒュー、ポーポー!」の後のサックスのフレーズが彼らの劇中での声に似せてあって、これも工夫されています。

 タングローはトリケラトプス、リキラーはゴリラ、マリューしドラゴンと、どこかで見たことがあるデザインソースで、それほどオリジナリティはありませんネ。ヒューヒュー、ポーポーは不定形で、彼らはオリジナルなのでしょうか。
 しかし、
タングローは装甲が厚く、脚がたくさんある。角の先から砲弾を発射
マリューは尾の先と目から光線を発射
と、どれも特徴があり愛着があります。
 ヒューヒュー、ポーポーはごいんきょさんが書かれているように、トランポリンのようになってターガンを助ける他に、パラシュート状になったり、伸びて敵に巻きついたりと、かなり活躍の場面がありました。
 これらの怪獣のニセモノが登場するエピソードが強く記憶にあります。
2007/05/05(土) 12:10:56 | URL | 自由人大佐
EDは再放送でもしばらく使われてました。
スーパースリーでもそうですけど、日テレでの再放送までは流れていたと思います。

いつもながら細かい音楽解説ですなあ(笑)。なるほどね。
ヒューヒュー&ポーポーはパラシュートにもなってましたっけ。
橋になってみたり、一番重宝した存在でした。
バビル2世のロデムも同様でしたね。
2007/05/05(土) 14:08:04 | URL | ごいんきょ
エンディング
ごいんきょ様がご記憶のとおり、再放送でもよく流れたエンディングですが、
♪青く光ったアンドロメダは ぼくらの星の仲間たち
赤く燃えてるイカルス星は ぼくらの星のお友だち
宇宙の平和 守るため 嵐の中を光のように
走れ 走れ 怪獣王

という歌詞で、赤間寛という方が歌ってました。この方、お世辞にも上手とは言えない歌唱力で、あの上西弘次さんといい勝負でした。テレビでは1コーラスと2コーラス流れる2パターンがあったと記憶しています。
2007/05/05(土) 17:21:02 | URL | Mr.テレビっ子
ああそうそう。そんな感じの詞でした。
画面は、岩石砂漠のようなおそらくターガンの星の空に、
宇宙空間が見えるという感じだったかと。
2番ってどんなだったでしょうかねえ。
2007/05/05(土) 17:52:33 | URL | ごいんきょ
自然界には
テッポウウオ等々の本能的に飛び道具の装備のある生物やアメーバ等々の形の変わる生物も確認されているものの人体の脅威となり他の生態系も狂わすであろう物質を撒き散らしたのはゴジラが初なのではなかろうか
例により万が一これより古い例が確実にフィクション界にあるのなら御一報を
2007/05/05(土) 21:43:57 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
見てた…
…のに、記憶がメチャ曖昧ですわ。
オープニングで海獣達のソロ画面が出てきて、最後に
”頼むぞ~!ヒューヒュー!ポーポー!”
とセリフが入った後、ターガン♪ターガン♪ぼ~くらの味方ぁ~♪
見たいな感じ??
カミさんもそうだけど、ガキも居たよね。息子かな?
狂言回しで、タングローとノコノコ出かけて行っては、人質になっちゃ足りして。
オイラはマリューが好きだった。
頭が良さそうだったから♪
リキラーは力だけだし、タングローは進むだけ。
あっ、ヒューヒュー達も頭良かったな、うん。
ごいんきょさんが言う通り、宇宙の平和を守る、アボリジニーって感じで、ギャップはなかなか買いカナと…。
2007/05/05(土) 23:59:04 | URL | ハナユビ
● ガッツさん
ヒューヒュー、ポーポーってアメーバから来てるのかな。
タングローはテッポウウオからじゃないでしょうが(笑)。
光線系の元祖ってなんでしょうね。
生体から出すのは、ゴジラが元祖かもしれないです。


● ハナユビさん
「ゆけ!タングロー」「リキラー、頑張れ!」「飛べ!マリュー」
「頼むぞ、ヒューヒュー、ポーポー!」
って感じだったですかね、主題歌。
子供もいたんですよね、印象薄いけど、そう言えば捕まったりしてた。
マリューって頭良さそうですかね。
と言うよりは、リキラーとタングローが足りなそうと言うか(笑)。

怪獣王子の主題歌も、「宇宙の正義守るんだ」とか歌ってて違和感感じたので、
どうもこの番組って怪獣王子のパクリっぽく感じるんですよね。
実際はやっぱり、ターザンをインスパイアしたんでしょうけど。
2007/05/06(日) 23:02:23 | URL | ごいんきょ
よーやくタイトルが判明しました!
ヒューヒュー&ポーポーの名前だけ覚えてまして、ああスッキリいたしました!マンガキッドボックスの枠での再放送でしたかね?それより「犯される」って番組名として当時はセーフだったの?すごいね。
2007/05/24(木) 16:32:35 | URL | tapi
ハンナ=バーベラ作品っていろんな局のいろんな枠で
再放送されてたんですよ。
ワタクシは、この番組はキッドボックスでの印象は無いんですけど。
日テレ夕方で見たのは覚えてます。
2007/05/25(金) 05:58:42 | URL | ごいんきょ
取り上げてくれて感謝
毎週毎週、飛びつくように見ていました。ヒューヒュー&ポーポー、好きでした。オープニングで一体ずつ紹介するような部分も好きでした。
2007/12/20(木) 10:41:37 | URL | T&C
ヒューヒュー、ポーポーは人気高いでしょうね。
タングローの放談は、鼻くそ飛ばしにしか見えなかった(笑)。
2007/12/21(金) 06:18:12 | URL | ごいんきょ
ニコ動に…
おはようございます。
ニコニコ動画にターガンありました。
私は見覚えがないけど…(うっそーっ!)
速攻で削除される可能性もあるので早めにGO!
2008/01/08(火) 07:45:40 | URL | オンデン1970
ターガンはソフトにもなりましたから、さほどは珍しい映像じゃないですね。
ちなみにワタクシも持ってます。
放送当時のOPや、ましてEDが有ればねえ…
2008/01/09(水) 06:52:07 | URL | ごいんきょ
《ターガン》系列に入れていいかわかりませんが…
『怪獣王ターガン』すごく懐かしいですね。ED曲も哀愁があってとても好きでした。さて多分同じ系列からリリースされていたのだと思いますが『アストロ超人ジャンボ』という作品ご記憶の方いらっしゃいますか?原始時代を舞台にしている関係上、服装がターガンに近いせいか両作品が私の中でごちゃごちゃになっています。『ターガン』は最近復権著しく映像資料も比較的手軽に入手できるのですが『ジャンボ』はさっぱりなんです。。。
2008/02/18(月) 19:43:15 | URL | ぱんだころん
前に一度、コメント欄で話題にはなりましたよ。
ジャンボーって叫んで巨大化するとか。
ワタクシも知らないんですけど。
ジャンボはまったく見られませんね。
ハンナ&バーベラ作品でも、埋もれているものは非常に多いです。
2008/02/19(火) 06:28:32 | URL | ごいんきょ
そうなんですか
●ごいんきょ さま
そうですか、以前話題になっていましたか。すみません、最近おじゃましたもので過去のものをよくみていませんでした。ここの広場は、かなりの博識の方々がのびのびとお話をなさっていて拝見して本当に愉しいし目から鱗が落ちることも多々ありまし、いっぺんで好きになってしまいました。お邪魔にならない程度にこれからも参加させていただければありがたいです。。個人的にはハンナの「銀河トリオ」とか「怪獣ロロ」とかマイナー系にすごく興味があるのですが、復刻してくれないかなあ、なんて思っています。
2008/02/19(火) 13:02:33 | URL | ぱんだころん
いや、過去ログ全部読む人なんていないでしょう。
銀河トリオ、ワタクシの中ではメジャー級なんですけどね(笑)。
よく考えてみればそうでもないか。
ロロは完全マイナーですね。
ワタクシもほとんど覚えてないです。
2008/02/20(水) 06:00:26 | URL | ごいんきょ
昔の海外アニメは最高!
ご隠居さま、いえ、ご隠居!
大変ご無沙汰しております。
以前、ハンナ・バーベラ関連でお世話になりました1963です。
すっかりご無沙汰してしまいました。
TV専門ではないのですが、私の拙いブログで昔の海外アニメについて触れてみました。
当方のブログでは「さむがい」という名ですので、今後1963改め「さむがい」でお邪魔します。
幾つか画像もあります。
「怪獣王ターガン」もあります。
なかにはタイトルが思いだせないものも多く…。ご隠居、またこちらにいらっしゃる方にも、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
2008/02/28(木) 14:14:53 | URL | さむがい(1963改め)
はいはい。
そのハンナ&バーベラ傾倒ぶり、よく覚えておりますよ。
画像、懐かしいですね。
前に紹介された海外アニメ資料ページ、いつの間にか無くなっていて、
保存していたのですがそれも紛失したため、難儀しております。
もし制作してた人がこれを読んだら、また再開して欲しいのですが(笑)。
とにかく海外アニメは資料が激少なんで困ります。
2008/02/29(金) 04:46:30 | URL | ごいんきょ
Re:昔の海外アニメは最高!
覚えていただいていて光栄です。
また、お名前を漢字変換しており失礼しました。
ごいんきょに紹介させていただいた海外アニメのページ、ある日突然無くなってしまい、私もショックでした。
が、しかし!昨夜発見しました!!
以下その新URLです。
http://zaqro34.hp.infoseek.co.jp/HOME/TV/TV_Cartoon50.html
コピペで検索下さい。
改めて今後ともよろしくお願い申し上げます。
2008/02/29(金) 10:35:11 | URL | さむがい(旧1963)
お。これこれ。
よく探してくださいました。
昭和時代までは、古ーい作品もけっこう放送されていたんですよねえ。
あれらフィルムはどこにお蔵入りしてるんだろう。
2008/03/01(土) 06:51:45 | URL | ごいんきょ
パクッたのは日本!
元々は「マイティーハッキュリー」というもっと昔のアニメ。歌もまるっきり違う。日本のものは何もかも西洋のものをうまく真似したものばかり。よく調べてみて!
2009/05/04(月) 08:39:02 | URL | ETHEL
いや、歌とかじゃなくてねー、怪獣を従えるという発想がね。
ハーキュリーはそういう内容じゃないですし。
どうでもいいけど、もう少し普通に書き込めないのでしたら自重された方が宜しいと思いますよ。
2009/05/05(火) 07:36:30 | URL | ごいんきょ
少年ケニヤは
大蛇ダーナに乗っていました。怪獣王子に出会った時、構図が似ていると思った覚えがあります。
 少し上の、ぱんだころんさんのコメントに出ていた怪獣ロロも懐かしいです。
 怪獣ロロは~白ナンバー
 今で申せば自家用車~
とかいう歌でしたが、当時は白ナンバーという言葉を知らず、「しろばんば」(学級文庫にあったので)だと思っていました。
2009/05/05(火) 16:12:39 | URL | あぶもんもん
ダーナが味方だ ウ
のダーナとは大蛇だったのですね。
大蛇の作り物に跨ってたのかな?
怪獣ロロはしろばんばは笑いました(笑)。
2009/05/06(水) 09:32:19 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。