昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



パパは何でも知っている (1958)

該当番組画像募集FATHER KNOWS BEST

昭和33年放送開始という事で、本当にごく初期のアメリカドラマですね。
ただ、1990年代初頭に関東深夜で放送が有り、ワタクシもその時によく見ました。
物語は、古き良きアメリカのファミリー像が描かれている感じで、
中年夫婦と年頃の長女、生意気盛りの息子、まだ幼い末娘の家族に起きる
様々な他愛もない騒動を描く、ホームドラマ的な作品。
騒動のタネの大体は、やはり子供達が持ってくるわけですが、
そんな時に上手く誘導したり、アドバイスするのがパパというわけ。
パパのジムの声は小池朝雄がやっておりました。
やはり難しい時期の長女ベティと男の子との関係の話とか、
長男バドのわんぱくぶりからくる失敗の話なんかが記憶に残ってます。
本放送時提供は壽屋でした。
寿屋って何?って人も今では多いでしょうね。サントリーです、今の。
洋酒メーカーが外国ドラマの提供をするというのも定番だったですね。
日本語タイトルも名訳だと思います。

当時はアメリカドラマも全部モノクロ作品で、そのモノトーンの優しい画調通り、
内容も当たり障りの無い、当時の日本の世相と違和感無い展開でした。
ベティが男の子と付き合っていても、そこには肉体的な連想は全く無く、
本当にティーンエイジャーらしい爽やかな交際ばかり。
まあそれでも、パパは当然として気を揉むわけですけど。
そんな時にクッションのように入ってくるのが、ママのマーガレットでした。
彼女も、普段はパパを立てる、古き良き夫婦像。
アメリカもこんな時代が有ったんだなあと思っていたら、見る間に日本も、
離婚は当たり前で、女子高生の意識も進展だか後退だか知らねどという有様。
生活水準が上がる事によって、確実に失われるものも有るという事でしょう。
バドや末のキャシーのやらかす失敗も、子供なら誰でもやりそうな他愛も無い事で、
それを時に厳しく、しかし基本的には大らかに導いていくジムは、
外見のスマートさも有って、当時の日本の子供達にも
理想のパパ像だったのかもしれません。

当時のアメリカホームドラマと日本とさほど違和感無かったのは人物像で、
それ故にその他のホームドラマ、うちのママは世界一とか、
どれもこれも受け容れられていたんでしょうが、反面、違和感有ったのが、
劇中に於けるアメリカ家庭の生活水準だったでしょう。
馬鹿デカイ冷蔵庫にギッシリ詰まった、これまた馬鹿デカイ牛乳や肉類。
出てくる料理はどれもレストランのメニューかと見紛うばかりで、
馬鹿デカイ家に住み、馬鹿デカイ車を乗り回し、
掃除機や洗濯機、テレビを当たり前のように使っている家庭。
こうしたものへの物的憧憬が、アメリカンホームドラマがことごとく当たった
大きな理由の一つである事は、想像に難くありません。
ワタクシは、物心つく頃には家に小さいながらも白黒テレビが有った世代ですし、
掃除機も洗濯機も、機能は限られていながらも有りましたから、
アメリカドラマにそういう情感は無かったですけどね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
オープニングは
2階から子供達が降りてきて、階段の途中で順番に
「長女ベティー」
「長男バド」
「末っ子キャシー」
(みんなで)「パパは何でも知っている」
というのですね(笑)。

パパは会社から帰ってくると、自分で上着をクローゼットにしまい、替えの上着(!)に着替えてました。肘あての付いたジャケットを(!)。
我が家とは大違い!

覚えているエピソードです。
ある日、末っ子のキャシーが自分で働いてお金を稼ぎたいと思い、近所の人たちの靴磨きを思いつきました。
沢山集まって、全部ピカピカに磨き上げ、さて届きようというときに、どの靴が誰のだか分からなくなったのです。
そこでパパに相談します。
結果、キャシーはワゴンに靴を並べ、近所を廻り、自分の靴を取ってもらうことにして、無事お小遣いも手に入れました。

何故このエピソードだけよく覚えているのかしら・・(謎)。
この番組の後、何十年もバドの声優さんが出ると、バドね、と言うのが我が家のきまり(?)でした(笑)。
2007/05/06(日) 22:21:28 | URL | モデラート
あれ?
そのオープニング、なんか覚えが有りますね。
90年代に使われたフィルムではそういうシーンは無かったと思うのですが。

そうそう。
ガウンとかパジャマとか、ベッドとかも憧れましたね。
そのエピソード、いかにもこの番組という感じでありがたいんですけど、
本当になぜその回だけをって感じですね(笑)。
バドの声優さんは八代駿さんというらしいですよ、
2007/05/07(月) 00:02:51 | URL | ごいんきょ
あ~、そうでしたね
階段で順番に並んでましたね~。モデラートさんは何年生まれなんでしょうね?1950年生まれの私はリアルで見てましたが、言われなきゃ思い出せません。「うちのママは世界一」も毎回見てて、後々に乙羽信子主演の「ちょっときてママ」は、模倣作品だと思ってました;30分のアメリカドラマ懐かしいですね。「モンキーズ」や女子高生の「カレン」を見てました。カレンの主題歌はサーフィン調でヒットしてましたね。
2008/07/01(火) 17:56:07 | URL | (ハンドル未記入)
さっぽろっこさんですよね。
女性に年を聞いてはいけませんねー。
なんて言っているワタクシが一番、
モデラートさんを年齢でいじっていて、嫌われてるんですけどね(笑)。

ちょっときてママってのも有りましたね。
そうか。乙羽さんか。
昔は和洋ともドラマも30分が主流だったんですよね。
2008/07/03(木) 02:09:59 | URL | ごいんきょ
本作品を知らない世代
生まれる時期が遅くてまったく世代ではありません。ただ昔「こち亀」で「パパは何でも知っている」というものを目にして以来、気になってました。

白黒だったんですね。夜中に放送してるみたいなんでちょっと見てみます。
2008/09/10(水) 00:13:33 | URL | 堕天使
あー。秋本さんなら見ていた世代なのかな。
一番テレビを楽しんだ人たちですね。
今やってるんですか?
2008/10/17(金) 06:53:25 | URL | ごいんきょ
教えてください
この場所が適切ではないかも知れませんが、こんな種類のアメリカホームドラマの日本語主題歌をはっきりと覚えていて、今でもしっかり歌うことができるんですが、番組のタイトルや内容は全く覚えていません。主題歌を今でも歌える位なのでしっかり毎回見ていたんだと思うのですが...
で、覚えているその歌詞は次の通りです。
デイジーの花咲いている~
とっても楽しいうちなんだ~
パパとマ~マの心配は~
誰かがどこかでまい~にち
何かをやらかすことだけさ
2008/12/10(水) 12:25:53 | URL | 心は少年
うーん、なんだろう。
知っている人が現れるのを待つしかないですね。
2008/12/13(土) 06:14:18 | URL | ごいんきょ
懐かしいです
「何でも知ってるパパと、優しいママと…」と始まるオープニング、すべてが懐かしいです。

吹き替えなしのものを見つけたのですが、アイラブルーシーのように、笑い声が録音されていてコメディードラマだったのですね。

吹き替えには笑い声が入っていなかったように記憶しているのですが、昔ご覧になった方、いかがでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/toty_2005/e/8ce53e9e1607fe26a4976939841e70e5
2008/12/17(水) 22:47:15 | URL | toty
やはりこの番組も日本語版OPが有ったのですね。
日本語版OPは現存してないものが多いようで、
テレビ史の影に埋もれているものが多いです。
当時の視聴者の皆さんによる記憶の発掘作業が望まれます。

吹き替えの笑い声に関しては、当時のものはわかりませんが、
再放送では入ってなかったはずですね。
2008/12/18(木) 06:04:48 | URL | ごいんきょ
変わったものです。
高校生の頃、視ていました。大黒柱的理想の父親像を描いていたこのドラマを、現在放映中の「デスパレートな妻達」を視ていて思い出しました。後者は、バラバラな家族と、何とかつながっている人間関係を皮肉に描いたものです。序でに、「家族は個人の集合である」という考え方に立脚する夫婦別姓法案も頭に浮かびます。「パパは何でも知っている」と「デスパレートな妻達」、アメリカも日本も、変わったものです。
2010/03/20(土) 03:43:44 | URL | 冬樹
募集中
「パパは何でも知っている」54話の日本語版DVDの権利があるので、それをに関心のある人はおりませんか?

2011/03/18(金) 14:15:26 | URL | max
● 冬樹さん
もう一年も前のコメントになるんですね。
すみません。
デスパレートはわかりませんが、いろいろ家庭像も変わってるでしょうね。


● maxさん
54話というのは、54回分という意味でしょうか。
上記の、TBSで深夜再放送していた分ですかね。
興味が無いという事は有りませんが、お金は有りません(苦笑)。
ディアゴスティーニの人とか見てませんかね(笑)。
いずれにしても、またCSなどで見られれば嬉しいです。
2011/03/23(水) 01:07:56 | URL | ごいんきょ
アンクルトリス
アンクルトリスのCMを観たのはこの番組だったかなぁとちょっと思い始めています。
アンクルトリスがトリスを飲んで、顔がだんだん赤くなる映像(白黒テレビでしたが)。
私は鼻の高いアンクルトリスがアメリカ人でトリスもアメリカのお酒だと思っていて、アメリカのドラマにはアメリカの宣伝(当時我が家ではコマーシャルのことをこう言ってました)が流れるのだわと一人で納得していました。
相変わらずぼんやりとした記憶なのですが。
2012/04/12(木) 18:13:54 | URL | モデラート
壽屋当時のサントリーは、特に洋画系で提供してました。
この番組も、「洋酒の壽屋」提供です。
アンクルトリスの顔色が変わるのは有名ですよね。
かなり長い間放送されました。
アンクルものは長寿のものが多くて、昭和30年代制作のものも、
白黒時代のザ・ガードマンでよく流れてましたね。
2012/04/26(木) 04:17:17 | URL | ごいんきょ
その後の調査結果
「デイジーの花咲いている~」の主題歌を持つアメリカドラマについてその後も調査を続けていた結果、判ってきました。多分、「PLEASE DON'T EAT THE DAISIES」という原題のSitcomの様です。邦題がなんていうのか判りませんが、その日本版主題歌が先出のもので、タイトルは「6人1ぴき」というらしいです。で、歌っていたのが、藤村有弘氏なんだそうな...今でもフルコーラス歌えますが、歌っていたのが藤村氏だったなんて!でもyoutube等いくら検索してもその歌を聞くことはできませんでした。残念!!ここで大きな疑問が2点。
1.今でもフルコーラス歌えるのに、内容も何も覚えていないのは何故?
2.「PLEASE DON'T EAT THE DAISIES」という原題の「EAT THE DAISIES」ってどういう意味なんだろう?
2012/07/23(月) 10:03:22 | URL | 心は少年
ははあ。『ぼくら1ぴき6人』でしたか。
http://teleplay.seesaa.net/article/10768467.html
『5人と一匹』とか『123と45ロク』など、
何故か大家族+犬という構成のドラマが頻出した時期でした。
疑問にワタクシなりにお答えしてみますと、

1.そういう番組ってよく有ります。ワタクシにも有りますよ。
2.犬が牧羊犬なので、野の花を食べちゃうのをやめてって事なのでは?
2012/07/29(日) 20:26:11 | URL | ごいんきょ
ロバート・ヤング
パパは何でも知っているは、40年前の深夜のテレビ放送で見たことがあります。
ローバート・ヤングというと、NHKで放送していた、「ドクター・ウェルビー」でのベテラン医師を思い出してしまいます。

私の記憶にあるアメリカファミリーものは、「ビーバーちゃん」確か主人公の声は三輪勝恵さん?お小遣いを自家製レモネード売って、稼ぐシーンを何故か覚えています。
2017/10/02(月) 21:19:14 | URL | 昭和はますます遠く
 ドクター・ウェルビーは昭和46年ですが無名で、、ビーバーちゃんはかなり古いので、どちらも情報が非常に少ないですね。
 ビーバーちゃんの声は、田上和枝さんだったようです。
2017/10/29(日) 19:39:35 | URL | ごいんきょ
故ロバート・ヤング氏
1998年に91歳で天寿を全うしましたが、その10年ほど前までは現役でした。ママ役のジェーン・ワイアットも2006年、96歳で没と、こちらも長寿でしたね。「パパは…」は1977年にリユニオン版が制作され、これは一部、日本でも放送されたことがあったかと思います。「ドクター・ウェルビー」の方も、放送終了後何本か単発ドラマ版が作られ、ヤングの最後の出演も、やはり最後のウェルビーもの(1988年、日本未放映)でした。同じ古き良きアメリカの父親像を演じても、「パパ大好き」のフレッド・マクマレーはどちらかというと三枚目的ですっ呆けた役柄だったのに対し、ロバート・ヤングの方は、特に記憶に残る番組の後期では、年を取ったせいもあってか、とことん真面目で優しそうで、それでいて頼りになりそうな小父さんというのが、一幼稚園児の最初の印象でした。

ご隠居のご教示通り、ビーバー(ジェリー・マザーズ)の吹替えは田上和枝だったように思います。こちらはアメリカより2年遅れの1959年=昭和34年放送開始でしたから、日本では「パパは何でも」より一年遅れ。どちらもアメリカ製連続テレビ映画としては相当古い部類ですね。親父さん(ヒュー・ボーモン)は剽軽で理解があるという印象が強いようですが、「ビーバー!口答えはやめなさい!」と時々ピシャリと叱るなど、幼児には結構おっかなかったですな。何だかジェリー兄ちゃんと一緒に怒られているようで。この人も先の二人の父親と同じく「明治生まれ」。どれだけ遠い昔の話か分かろうというものです。

以上の50年代の3作とも、ドラマの中で黒人やインディアンの子供は一度も見た記憶がありません。これを当時のアメリカの底知れない深い闇と取るか、それとも単に「良き時代」の現れと取るかは、見た人間によって様々なのでしょうが。
2017/10/29(日) 22:49:00 | URL | 権兵衛
ジェーン・ワイアット
ごいんきょさん、権兵衛さん、レスありがとうございます。
ビーバーちゃんは、曽我町子版オバQの正ちゃんやピュンピュン丸の田上さんでしたか。

「パパは…」の妻役のジェーン・ワイアットは、スタートレックのスポックの地球人の母アマンダ役ですね。映画版のスタートレックⅣにも出ていました。
2017/10/30(月) 21:42:22 | URL | 昭和はますます遠く
ストーリー
パパは、何でも知っているで覚えているストーリーが有ります。

一つは、インド人の女性を自宅の夕食に招待した時に、パパが食後の皿洗いをしているのを見て、カルチャーショックを受けると言う物です。
近年は、世界の文化の違いは、よく知られるようになったので、珍しい話ではないと思いますが。当時は、新鮮な気がしました。

もう一つは、バドがアルバイトに応募する時に、履歴書に本当の事を書くように、パパに言われてそのようにしたら、嘘ばかり書いた友人の方が採用されたという話です。

どう終わらせるのかと思っていたら、雇用主に、友人の嘘がばれ、首になり、バドが採用されました。

本当に懐かしいホームドラマでした。

その後、別のTVドラマで、長女が薬剤師かなんかの役で、登場しているのを発見して、大きくなったのだと感動したのを覚えています。

古き良きアメリカ、懐かしいです。
ママは、専業主婦でしたしね。
2017/10/31(火) 01:51:10 | URL | 団塊世代
田上さんと聞いて
田上さんは娘がかないみかと言う声優だと聞きました。親子で声優やってしかも売れている人はなかなかいませんね。
2017/10/31(火) 01:56:40 | URL | つるや食堂
パパは何でも
いや。とても、リアルタイムではっきりと記憶されている方には敵いません。こちとらはまだチビのチビで、ほんのわずかな記憶しか残っていませんので、本来は語る資格さえ怪しいのですが、ともかく赤面の至りです。

ただ、ローレン・チェイピン(末娘のキャシー)は、だいたいいつも頭に大きなリボンをくっつけていましたから、何とか覚えています。吉永小百合や松島トモ子と同じ1945年生まれですので、彼女ももう70・・・歳になる訳ですが、まだバリバリの現役女優だそうです。

最後に、前投稿で「ドクター・ウェルビー」をうっかり50年代の仲間に入れてしまいましたが、1969年の放送開始(日本オンエアは1971年)でしたね。謹んで取り消し、訂正させて頂きます。
2017/10/31(火) 04:09:31 | URL | 権兵衛
団塊の世代さん
はじめまして。

まだウーマンリブとかの兆しが全くない頃ですね。専業主婦でアメリカ人って今はいるんでしょうか?アメリカの女性は活動的なイメージだから私にはわからない。
2017/10/31(火) 08:06:28 | URL | つるや食堂
つるや食堂さん
この当時は、アメリカの裕福な家庭の場合は、専業主婦の方がおられた時代なのでしょう。

米の場合は、ボランティア活動も盛んですから、収入には結びつかなくても、専業主婦と言う方は少ないと思われます。

なお、米の昔のTV番組に、愛情物語と言う番組が有りましたが、覚えておられますでしょうか。映画も有りましたが、それのTV版で、色々なストーリーが有りました。

ショパンのノクターンで始まる愛情に泣ける番組でした。

今でも覚えている一つが、次のストーリーです。

後妻となった母親に対して、先妻の子供として、長女、長男が居ました。
小学校中学年と幼稚園というような年齢でした。
長男は、すぐにお母さんと呼んでくれたのですが、長女は呼びません。

ある時、学校に持っていく、長女のおもちゃが晩になって壊れてしまいました。
母親は、閉まっているおもちゃ屋等を、長女を連れて訪ねて、何とか修理してもらえました。
その後に、初めて、長女が「おかーさん」と言ったのです。
本当に泣ける番組でした。

この当時の米のTV番組の良い母親役の女性のヘアースタイルは、皆同じだったような気がしています。
2017/11/02(木) 21:57:13 | URL | 団塊世代
団塊の世代さん
ありがとうございます。

そしてわざわざ長文での返事に感謝します。

アメリカはボランティア活動や寄付が盛んなのはキリスト教の影響あるんでしょうか?多民族国家故の事情あるんでしょうかね?

愛情物語は初耳です。映画もあるんですね。詳しいですね。

しかしお母さんと呼ぶまでのシーンまでに色々と感動シーンあるんですね。日本で継母と言えばいじめシーンしか浮かばないのは日本の悪い国民性でしょうか?いじめに耐えるドラマもありですが、こういう愛情物語みたいなものも見たいですね。

日本はドラマは愛情より哀情物語が受けそうですが。
2017/11/03(金) 00:30:37 | URL | つるや食堂
愛情物語
アメリカのボランティアは、キリスト教にも関係しているでしょう。
イギリス発祥ですが、ボーイスカウトなども、地域への奉仕をしており、マインド的に共通な物を感じます。

愛情物語では、他のストーリーとして、金持ちの地域の子供にプレゼントを配るように依頼された子供たちが、貧しい人たちの所を通ったら、可哀そうに思い、そこの子供達に配ってしまったというような話がありました。

しかし、大人がそれを理解し、了解したというような話でしたが、こういう内容の番組は、最近は有りませんね。
また、見てみたいものです。

確か、それが了解されるのに、牧師様の説得があったような気がします。
やはり、キリスト教の影響は大きいと思います。
2017/11/03(金) 19:52:16 | URL | 団塊世代
● 権兵衛さん
 リメイク版は12チャンネルで放送したようです。
 なにしろ FATHER KNOWS BEST ですからね。
 正に大黒柱的なお父さん像で、ヤングさんもそれに合っていました。

 ビーバーちゃんは、昭和40年頃まで断続的に放送されていたようです。
 アメリカドラマは年間の半分は休むので、日本での放送も不定期的になりますね。

 キャシーがもう70とか…(苦笑)。


● 昭和はますます遠くさん
 凄い細かい役を突いてますねえ(笑)。


● 団塊世代さん
 お。実写アトムスレからの出張、ご苦労様です(笑)。
 当時のインドは食器を洗うという習慣が無かったのかな。
 これも現在のアメリカでは恐らく放送は難しいでしょうね。
 アジア人への差別感が根っこに感じられそうなので。

 嘘の話は、現実には要領の良い方が上手く行く場合も多いですがね。
 確かに嘘がばれたら信頼を失うので、良い話だと思います。

 愛情物語というとどうしても映画の話題ばかりですし、テレビではTBSが制作していたドラマも有りますが、アメリカドラマでもあったのですね。
 こういう、あまり扱われない番組の情報は特に貴重なので、思い出すごとに書いて戴けますと助かります。
 そのキリスト教文化も、近年では大っぴらに出来なくなっているようですよね。


● つるや食堂さん
 本当だ。
 近年、芸能関係者の二世三世があまりに多くて辟易していましたが、田上さんが亡くなったのは寂しかったので、なんだか救われたような思いに。

 言われれば日本には”虐め”を描いたドラマが多いですねえ。反面、アメリカドラマだとあまり思いつかない。
 これは日本人の”悪い国民性”という話ではないでしょう。というのは、”虐め”そのものは人間社会であればどこにでも存在するでしょうからね。
 では何故アメリカドラマには無く日本のドラマには多いのかというと、日本という国、国民の単一性に拠ると思います。
 虐めが多少有っても、最終的には理解し合えるというような。つまり、”虐め”を描いても悲惨さを実感しづらかったのでしょう。
 ましてドラマ等の場合、実際にそういう”救い”が描かれる場合が殆どでしたから。
 近年の子供社会では、そういう感覚も無くなってきているような気もしますが。
2017/11/04(土) 05:56:45 | URL | ごいんきょ
田上和枝
驚きました。いつ亡くなられたのでしょう? Wikipediaその他ではまだご存命になっているのですが。
2017/11/04(土) 08:00:59 | URL | 権兵衛
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ