私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



宇宙大作戦 (1969)

該当番組画像募集STAR TREK

まあ、今更ここでやる必要も無いくらいの著名シリーズですけどね。
しかも、ワタクシはまるで詳しくないし(笑)。
でも、外すわけにもいかないシリーズで、いつかはやらねばなりませんので、
外国作品シリーズのドサクサの内にやっておこうと思います(笑)。
そもそも日本での初放映は、本国初放映から2年以上も過ぎて、
しかも日曜夕方4時からという、半端な扱いでした。
当時はまったく注目されてなかったんでしょうかね。
日曜夕刊挟んで テッテケスチャラカ チャンチャン パフ の笑点だもんね。
ムードも何も無いでしょ(笑)。
その時のタイトルは、『宇宙大作戦』。スポンサーの無い枠でした。
この時代に見た人ってのは相当に限られると思いますよねー。
かくいうワタクシなんぞずっと遅くて、80年代の再放送ですからね、初見。
その時に初めてテーマ曲を聴いて、ウルトラクイズのテーマはこれだったかと、
とても感激したものです。大好きでしたからね、あのテーマ。

どんなエピソード書いてもどっかで誰かが既に書いてるだろうから(笑)、
個人的に面白かった話でも書くしか無いんですけども、
異常に能力が発達した星の話が面白かったですね。
その星は、文明がはるかに進んでいるとかいう話だったんだけど、
実際に行ってみるとなんだか原始的な生活をしているようにしか見えない。
その星の人たちはなんでも言う事を聞いてくれる、悪く言えばお人好しで、
クリンゴンも労せずして進出しており、エンタープライズの面々は、
クリンゴンから助けてあげようと助言をするのですが、
これがまた煮え切らない態度で、ひたすら戦闘を嫌がるだけ。
あげくは、助けてあげようと一生懸命な彼らまで、
クリンゴンと同じように好戦的で、どうしてなんだ?と言ってくる始末。
そんな態度を腑抜けと考えるカーク船長たちは、半ば呆れながらも
独自にクリンゴンとの戦闘を始めようとするんですな。

すると、その星の人々がまったく穏やかな物腰のまま、
「どうしてもわかっていただけませんか。仕方ありません」と言うや、
何も触れずにエンタープライズやクリンゴンの面々をはねのけ、
双方の全てを無力化してしまったんですな。
要するにこの星は文明が極限まで進んでいて、戦闘の概念が死滅しており、
文明の象徴のようなエンタープライズの威容も、カークらの行動も、
子供だましにもならない取るに足らない存在だったという話でした。
その星の人々の容貌も仙人然としており、かけ離れた力と相まって、
あたかも神のような存在の星人だったですね。
全てが終わったエンタープライズの中で、カーク船長が、
戦闘という事について思索を巡らすようなシーンが有ったと思います。
自分達の正義の実現のためなら他民族を殺戮・蹂躙する事など屁とも思わぬ
というのが、ワタクシのステレオタイプなアメリカ観ですけど(笑)、
こういうエピソードはちょっと珍しいなと思いました。
日本の作品では嫌ってほど有りますけどね、この手の戦闘をたしなめる話。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
題名が…
途中から…いや、再放送の時に「宇宙パトロール」と邦題が変わったのでややこしいことになってしまったんですよね。素直に「スター・トレック」でよかったのにねえ。
古い雑誌の解説によると
「わが国では、69年4月よりNTV系で32本放送されましたが、時間帯が悪かったためか今ひとつ盛り上がりがなかったようです。今度(72年?)4月14日(日曜日、午前11時から11時30分)からフジテレビで2回完結式でスタートしました。」
と、いうことです。

私はなんと言っても副船長のスポック博士ラヴ(はぁと)でした。バルカン星人と地球人のハーフで何か超能力みたいなのも使えるし、確か耳がとがってましたよね。そんな彼と、はたして結婚とかできるのかしらとアホな乙女は悩んでました。
2007/05/10(木) 21:08:48 | URL | オンデン1970
大作戦ブーム
1967年4月から放送された「スパイ大作戦」のヒットで、それまでめったにつけられなかった(戦争映画ならありそうですが、「バルジ大作戦」ぐらいしか思いつかない)「大作戦」とつけた題名がそれ以後やたらと増えました。この「スタートレック」が「宇宙大作戦」とつけられたのもそうですが、テレビでは円谷プロの「怪奇大作戦」、東映の「河童の三平 妖怪大作戦」、映画が「特攻大作戦」、「脱走大作戦」、「アンツィオ大作戦」、「北極の基地/潜航大作戦」、東映の特撮「ガンマ3号 宇宙大作戦」などなど。その後も戦争映画のみならず、「喜劇 三億円大作戦」や「プロポーズ大作戦」「アイフル大作戦」「バーディ大作戦」などいろいろな分野の映画、番組に「大作戦」が連発されました。

「スタートレック」シリーズについては、「オリジナル」「ネクスト・ジェネレーション」「デープ・スペース・ナイン」「ヴォイジャー」と見てきましたが、最新作の「エンタープライズ」は未見です。
2007/05/10(木) 22:46:12 | URL | 漫中老
● オンデンさん
宇宙パトロールってのは知らなかったですけどね。
昔は、意味の通じる日本語で表現しようという人がいたんですよ。
スター・トレックとただタイトルしても、どんな番組か想像できないですから。
ミスター・スポックが好きですか。ワタクシには理解できないですけど(笑)。
宇宙人との合いの子なんですよね。
レナード・ニモイさんを見ると、もうスポックにしか見えない(苦笑)。


● 漫中老さん
ですね。それも書き忘れたんですけど、スパイ大作戦の影響によるタイトルですね。
逆に言えば、スパイ大作戦というのがそれだけ優れた邦題だったですね。
2007/05/11(金) 04:32:29 | URL | ごいんきょ
ごいんきょさんの記事に出ていた回、オルガニアって星の話でしたね。私もあの話が一番好きでよく覚えています。純粋なエネルギー体で、光の塊みたいな体でしたね。あともう一つ、岩石怪獣ホルタが出てくる話が好きでした。
アメリカ的独善主義はどうしようもないですが、時代がベトナム戦争の頃でしたから、暴力について反省して考えるようなところが見えて、いいですね。
第二次世界大戦当時の地球に行ってしまう話があって、カーク船長がナチスの軍服を着るんですが、この回はドイツでは放送禁止です。もちろんファンは英語版を見ているようですが。
関係ないですが、少林寺など昔の香港映画のちゃちいセットって、スタートレックのどこかの惑星の風景にそっくりでした。
2008/04/22(火) 22:14:01 | URL | あぶもんもん
あー。オルガニアでしたかね。
なるほど。あれもベトナム戦争の影響ですか。
ただ、アメリカが今のように暴力的に他国に乗り出していくのは、
ユダヤ人の金融支配が進んでからって印象なんですけどね。
こんな事を書いたらこのブログ閉鎖に追い込まれるかもしれませんが(笑)。
ドイツでのナチスに関する一切の表現禁止に追い込んだ勢力ですからね。
2008/04/24(木) 07:17:22 | URL | ごいんきょ
宇宙パトロール・・・
オンデンさんも書いてるけど、このドラマは改題された事があります。
'72~'73年頃だったと思いますがラテ欄で、フジテレビ土曜朝7時30分の枠に「宇宙パトロール」のタイトルを発見。土曜日を待ちわび、ワクワクしながらチャンネルを合わせたんですが、始まった映像を見てガッカリしました。

「ホッパじゃない・・・」
2009/12/02(水) 08:35:20 | URL | 石毛零号
ウラ中尉
 アーノルド坊やの記事に「奥様は魔女」のことが書いてあって、そういえばと思い出しました。
 シリーズ最後近く、惑星プラトンとかいう星の独裁者が念力で他人を思いのままに操る能力を持っていて、カーク船長とウラ中尉がギリシャ・ローマ時代の衣裳を着せられ猿芝居をやらされた挙げ句、ラブシーンを演じさせられます。
 私の記憶では抱き合ったところまでで、キスには至らなかったと思うんですが、解説書には「キスシーン」と書かれているので、もしかしたら初回放映後にカットされたのかもしれません。とにかくこの回、テレビで白人と黒人のラブシーン、しかもカーク船長の、というので大騒ぎを引き起こしたそうです。
 この回が制作されたのはたぶん「水玉姉妹」より一、二年前じゃないかと思います。
 去年つくられた新作映画スタートレックで若き日のカークとウラがきわどいシーンを見せていましたが、隔世の感があります。
2010/02/26(金) 22:34:31 | URL | (ハンドル未記入)
↑名前入れ忘れました
 ついでに書かせていただくと、奇しくも邦題で同じ「大作戦」がついた「スパイ大作戦」とこの番組、両方とも黒人がレギュラー出演しており、本国では同じ年の同じ月(昭和41年9月)に放映が始まっているようです。日本での放映では「宇宙大作戦」の方が遅れをとりましたが。
2010/02/26(金) 22:51:52 | URL | あぶもんもん
久松保夫さん
'72年、日曜日の午前中放送時に結構見て、すっかりはまってしまった記憶があります。その後、ビデオ・レンタルでもあるだけ借りて見ました。当時の海外SF番組というと、「宇宙家族ロビンソン」「タイムトンネル」「サンダーバード」などがありまして、それぞれに面白かったのですが、このドラマはSF的エンターテイメントとともにかなりヒューマンな人間ドラマを意識しており、やや大人向けのドラマだったと思います。難解ではないですが、お色気もそこそこあったり、心理的な物語が多かったですからね。しかし「宇宙大作戦」というのは、安直な題名ですね。漫中老さんのおっしゃるように当時の流行だったのでしょうね。華麗なる・・・のような。
ミスター・スポックの声をあてている久松保夫さんという方は、「ララミー牧場」の主役ジェスの声や、映画のバート・ランカスターの声優として有名ですが、スポックの声としてぴったりですね。少し慇懃ですが男らしい声音です。今はこういう個性的な声の声優さんは少なくなりましたね。
ちょっと前まで、NHK-BSでデジタル・リマスター版で全話再放送していましたが、あいかわらず面白く、全話見てしまいました。
2010/02/27(土) 01:14:48 | URL | ブロンソン
中学時代です。
私がこの番組を見た覚えがあるのは中学時代で、平日の午後4時頃の放送でした。中学時代は部活をしていたので、めったに見れませんでしたが、テスト週間にはダッシュで帰って見た覚えがあります。でも内容は全く覚えていません。だいぶ後になって見直して、面白さを確認しました。ただ、ワープエンジンを開発したコクレーン博士がどこか辺境の星で、ガス生命体に愛されていたり、宇宙の帝王カーンが優勢戦争の生き残りだったりと面白い設定が色々あるんですが、放送されたエピソードを見ただけでは、そこまですぐびは理解できないのが残念ですね。私の様な所謂おたく組がいろんな解説書で勉強して始めて判ったりするんですね。奥が深いスタートレックの世界にはまるのもうなずける。ちなみに新スタートレックもなかなか面白いです。
2010/02/28(日) 23:34:44 | URL | 心は少年
水玉姉妹じゃないけれど
 シリーズの後半に、人種差別をするどく諷刺する話があったのを思い出しました。たしかロカイとかいう男がエンタープライズに「助けてくれ」と逃げ込んできます。ロカイは顔の左半分が黒くて右半分が白い(逆だったかもしれません)。少し後にロカイを追ってもう一人の男がやってきますが、この男はロカイとは白黒が反対なだけで、たしか同じ役者が演じていたトリック撮影だったと思います。
 視聴者には違いがわかるけれど、カーク船長たちには二人の見分けがつかない、という「ザラブ星人」みたいな設定で話が進みます。
「お前たちは同じ種族なのになぜ憎み合っているのか」と訊くと、「冗談じゃない。あんな奴らと一緒にしないでくれ。全然ちがうじゃないか!」 なおも狐につままれたカーク船長たちに「あいつらは左が黒で右が白じゃないか。あんな奴らは宇宙から消えればいいんだ!」
 最後は取っ組み合ったままどこかへ転送されてしまったように思います。
 奥様は魔女では取引先の社長が人種差別の誤りに気づくという終わり方でしたが、こちらでは「いやはや広い宇宙にはいろんな連中がいるもんだね。次いってみよう!」といった感じのラストでした。
2010/04/17(土) 18:46:20 | URL | あぶもんもん
● 石毛さん
フジテレビに移ってから改題になったんでしょうかね。
たしかにワタクシでもホッパの方が見たかったかと(笑)。


● あぶさん
少しずつ、黒人が出演するようになった頃なんですね。
だから、色々と喧しかったろうとは思いますが。
ワタクシが想起する「アメリカ」とは異質のドラマが多そうです。
白黒左右の話も、敢えて締めなくても言いたい事わかるでしょって終わり方はいいですね。
日本はそういうところが本当に駄目で、作者が言いたい事が十あったら、
二十も三十も映像や言葉で説明しないとって感じですから。
つくづく、娯楽後進国だと思います。


● ブロンソンさん
本放送は日曜16時だったのですが、終了後に結構な数の再放送要望が有ったらしく、
マメに再放送されて地味な人気を誇ったんですね。
きちんと作られているから、いま見ても面白いですね。


● 心は少年さん
間違い探しかな?とも思ったんですが(笑)、単純に重複当稿らしいので最後のだけ残しました。
きちんと背景が出来ているから、馬脚を現さないんですね。
適当に話を転がしていく物は、たしかに勢いで面白くなる時もありますが、そうでないと悲惨ですからねえ。
2013/12/22(日) 18:47:17 | URL | ごいんきょ
宇宙人からすれば、地球人なんかチンパンジーみたいなものでしょうね。だからノーベル賞とか言って騒いでるの馬鹿みたいですね。他の惑星では何千年も前に発見されてるちゅーのに。
2016/12/31(土) 12:29:17 | URL | (ハンドル未記入)
カトーっていうの、どう見ても日本人じゃないでしょう。おそらく中国人じゃないかと思います。
2016/12/31(土) 12:34:01 | URL | (ハンドル未記入)
カトーというのは日本版での事らしいですが、本家でも名前は”ヒカル”らしいので、やはり日本人を意識はしたんですね。
2017/01/05(木) 20:01:34 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ