私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



名犬ラッシー (1957)

該当番組画像募集Jeff's COLLIE
LASSIE

おそらく世界で最も有名な動物主人公じゃないでしょうか。
元は映画で当たったようですが、昭和29年には早くもテレビドラマ化。
日本でもそれが昭和32年に放送開始と、本当にテレビの創生期にスタートし、
年数で言えば十年もの長きに渡って親しまれただけでなく、
その後も、類例シリーズは断続的に制作され続けたので、
そのような知名度を得ているのだと思われます。
ワタクシの世代以後だと、なかなかモノクロシリーズは知らないでしょう。
一旦そのシリーズが終わった後、カラーでリメイクされたシリーズが
昭和50年代初頭に放送されているので、それは見た人もいるかもしれません。

しかし、先般CSで第1シリーズが字幕ながらも放送され、
それを見てみたんですが、やはり凄いですよね。
大体が、子供と動物には勝てないっていうのが映像の世界なのに、
その両者が揃い踏みで名演を披露するんだから、こんな卑怯な話は無い(笑)。
そもそもラッシーとジェフ少年とどちらが主人公なのかという問題が有りますが、
これまで『 LASSIE 』と資料で伝えられてきた原題が、
実は『 Jeff's COLLIE 』だった事も判明。
ただの『ジェフくんのコリー犬』ってだけのタイトルで、
主役は文句無くジェフ少年の方だったのでした。

とは言え、そのジェフくんの演技も少年としては卓越してるんですけど、
やはりラッシーの演技には驚かされますね。
物語は、おじさんの遺産相続の話から始まるのですが、
その内ジェフに与えられた財産がラッシーだったという導入部。
最初の内は、主人が亡くなった哀しみを引きずって、
ジェフにも一向になつかないという出だしなんですけど、
これが本当にそのような演技をするんですよ。
普通の飼い犬だったら、よく知っている子供がそばにいたら
尻尾ふりふりのなつきまくりじゃれまくりになるでしょう。
それが、本当に素っ気ない態度で、おやと思うんですが。

で、物語が進んでいくうちに、悪漢をジェフと一緒に撃退して絆が深まっていき、
その回の最後には無事なついて、名実ともジェフの犬となるんですけどね。
その辺の演じ分けが、主演女優賞ものなんですよ本当に(笑)。
そうそう。ラッシーが雌犬だというのも再発見でした。
テレビが普及するまで、日本で犬と言えば柴犬とか秋田犬とかだったんでしょうが、
この番組でコリーというのがかなり持て囃されたと思います。
まあ、小金持ちが庭付き一戸建てを購入すると、
大概犬小屋にはコリーが鎮座しているという光景が有りました(笑)。
セントバーナードも有名だったけど、デカ過ぎるしね。
でも、たまに「どうしてそこまでデカイ犬を飼うんだ」とツッコミたくなる
犬の散歩風景も見たりしますけど(笑)。

日本での提供は、ミツワ石鹸。
ワ・ワ・ワ~ ワが三つ♪ のCMは、ワタクシの世代までは記憶に残る、
忘れじのモノクロCMの代表作ですね。
この番組の日本版主題歌では、最後の部分で、
♪ ミツワ ミツワ ミツワのラッシ~ と歌われていたようです。
テレビ初期は吹き替えすらも生だったので、日本語音声は残っておらず、
だから先のCS放送でも字幕公開となったんでしょうけど、
そんな具合だから日本語版オープニングなんて絶対に残ってないですわな。
初期の外国TVドラマでは、こうした作品が非常に多そうで、
テレビマニアとしては非常に残念な事態であります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
二代目ラッシー
昭和32年から放送されたそうですが、その頃の大阪には民放は大阪テレビしかなくて、ネットワークされていませんでした。ABC朝日放送が開局して、ようやく見られるようになりましたが、平日(木曜日)の放送だったため、家にテレビがなかった我が家では毎週見ることは無理でした。我が家にテレビが来たのが昭和34年4月のことで、ようやく毎週「名犬ラッシー」も見ることができるようになりました。しかし、ジェフ少年一家の話はもう終盤近くなっていて、やがて主役はティミー坊や(7、8歳)に変わりました。従って、私には二代目のティミー坊や(ジョン・プロヴォスト)とラッシーの話というイメージが強いですね。
実は私も先日のCSで第1シリーズの集中放送を字幕で初めて見て、ジェフ少年とのなりそめを知りました。
主役が交代したのは、多分ジェフ役のトミー・レデックが成長して少年というより青年に近くなってきたからでしょう。
主役の交代した回の話はよく覚えています。次のようなものでした。
ジェフの祖父ジョージが亡くなったため、母親のエレンだけでは農場がやっていけなくなり、マーチン夫妻に農場を売ることになります。マーチン夫妻には子供がいなかったので、孤児のティミー坊やを養子にもらいます。一方ジェフたちは都会へ引越しをするので、大型犬のラッシーを連れて行くことができません。そこで、養子に来たティミー坊やの遊び相手としてラッシーはマーチン一家に引き取られて農場でそのまま暮らすことになったのです。
 なお、お母さん(養母・ルース・マーチン)役のジューン・ロックハートは、「名犬ラッシー」シリーズが終わると、すぐにSFシリーズ「宇宙家族ロビンソン」のお母さん役で出ていました。
 また、ジェフの親友だった太っちょのポーキーはティミーが主役になっても初めのうちは出ていましたが、そのうち出なくなりましたね。

ラッシーが牧場の柵を飛び越え、森を抜け田舎道を走るオープニングの日本語版主題歌(児童の合唱)はいまでもそらで歌えます。
♪ラッシー ラッシー 
 ラッシー ラッシー  バウバウバウ
 ラッシーがワーンワン吠えるとき
 きーっと何かが 起こります
 今日のお話 なーんでしょ 何でしょう
 ラッシー ラッシー 頑張ーれラッシー
 ミツワ ミツワ ミツワのラッシー ♪

若い女性三人の人形がフラフープを回しながら
「♪輪、輪、輪、輪が三つ~
  輪、輪、輪、輪が三つ~
  ミツワ ミツワ ミツワー石鹸♪」
と単純にスポンサー名を連呼しながら歌い踊る人形アニメは印象に残るCMの代表作ですね。
歌っていたのは、ジャズコーラスグループの「スリー・バブルス」でした。♪スカッとさわやか♪の「コカ・コーラの唄」も歌っていました。
この頃は、♪山の娘ロザリア~♪の「スリー・グレイセス」や♪わーかい娘は ウッフン♪の「スリー・キャッツ」(後年「ゴールデン・ハーフ」も歌ってヒットしました)、♪いや-かなわんわ~♪の「トリオこいさんず」、♪she's my トランジスター・シスター♪の「ベニ・シスターズ」など、トリオの女性コーラスがいろいろ出ていました。
2007/05/11(金) 23:26:08 | URL | 漫中老
いつもながらよくご記憶で驚くのですが。
なるほどー、そんなきちんとした主役交代だったのですか。
ラッシーはかなりの長期放送になってしまったので、
少年役が成長しちゃったという事なんでしょうが、
当のお犬様も替わっているんでしょうね。

ラッシーの歌、きっと漫中老さんなら教えてくれると思いました(笑)。
いやあ、ポパイの歌といい、当時の主題歌は毒が無くていいなあ(笑)。

ミツワのCMは当時からそれでしたか。
昭和40年代始めまでずっと同じCMだったんですね。
2007/05/12(土) 06:54:36 | URL | ごいんきょ
トラックバックします
これを読んでいて、「わ・わ・わ」のフレーズを使うCMを2つほど思い出しました。
「ラッシー」とは全く関係ありませんが、よろしければTB記事をご覧下さい。
2007/05/26(土) 12:19:05 | URL | うみがめ
なるほどねー。そんな切り口で来ましたか(笑)。
大和観光はこちらでもちょくちょくネタにしてますけどね。
日光結構は強烈でしたが、わわわは思い出さなかったです。
2007/05/27(日) 02:56:34 | URL | ごいんきょ
ラッシーの演技は凄かったですねぇ
我が家にテレビは小1の時・S31年から来たのですが、札幌ではその時はNHKだけだったような・・名犬リンチンンチンってのも無かったですか?確かにお金持ちそうな家にはコリーがいましたね。で、みんな「ラッシーと同じ犬?」って言ってましたね^^
2008/07/01(火) 19:19:12 | URL | さっぽろっこ
昭和31年からというと、かなり早い部類ですね。
お金持ちでいらしたと想像します(笑)。
その時代のテレビを知っている人は、ネットでは特に貴重なので、
お気づきの点は書き残してくれると嬉しいですね。
名犬リンチンチンも当ブログ既述ですよ。
最上部検索窓をご利用下さい。
2008/07/03(木) 02:40:19 | URL | ごいんきょ
カラー版にて
そのopテーマの一つに♪行け急げよ遅れるな息が続くまで駆けろ~行けボヤボヤしているな川を渡ったらそこだ~という風にコキ使うのみの様な歌も使われていたと記憶している
一体誰の作詞作曲歌なのかはテロップ等には出なかったとも覚えている
でもEDテーマとされる曲はラッシーへ一仕事終えたであろうその身への労いの言葉のような歌詞であったとしつつ歌い手はOPと同一人物であったとも忘れていない

このカラー版は確か松坂屋提供のCBCローカルのものだと記憶しているが関東等では如何なのやら

ちなみにモノクロ版のミツワ石鹸のネタとしてあの3人組のバトンガールズ以外に少なくとももう1人パペットが存在しておりその人形のCMはザブやブルーダイヤみたいな粉末の洗剤でありYOUTUBEにも今のところ映像がある
2008/10/19(日) 15:37:39 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
貼り付け未経験なので
上に書いたミツワの洗剤即ちミツワプラスの画像の直リンはここでは不可能なのでm<__>m
それでもみた方なら御存知の通りモノクロ時代の産物とは思えないような特撮テクの作品でありメジャーさで勝るとされるバトンガールズのものよりも見映えのするものではなかったろうかな

どこかでこのプラスちゃんのフィギュア創らないのかな
2008/12/20(土) 15:25:57 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
あら。
たまにやるんですが、これはガッツさんにレスし忘れてたんですね。
常連の方ならまだわかってくれそうなんですけど、
日が浅い方にこれやっちゃうと可哀想だよなあ。

それにしても、ガッツさんが歌詞を書くと、
そこだけ普通のしゃべりになるので面白いですね賞。
カラー版の新ラッシーOPについては、会員制の方で話題になりました。
フィンガー5が歌ってたんですよね。

プラスちゃんって、勝手に名前つけてません?(笑)
なんかカワイイですよね。
2008/12/22(月) 19:34:08 | URL | ごいんきょ
アメリカの子は個室の自分のベッドで寝るのに食事のシーンは不味そうに食べてた覚えがある
2014/05/07(水) 09:10:05 | URL | (ハンドル未記入)
まずそうでしたかね(笑)。
もしかすると、落ち込んでいながら食べていた場面だったかも。
2014/05/08(木) 07:08:32 | URL | ごいんきょ
名犬ラッシー
伴奏~♪
口笛で呼ぶ

優しい瞳に
朝日が映える
今日も明日も
君と共に
進めラッシー
嵐もなんのその
進めラッシー
ほえろ ほえろ ほえろ
世界の名犬
僕らのラッシー

知ってる人いませんか
2014/08/06(水) 14:07:00 | URL | 名犬ラッシーの歌 歌えます
最後は、♪ ミツワ、ミツワ、ミツワのラッシー
だったかと思いますので、そちらの歌は、少し後のものですかね。
ラッシーは何度か別シリーズで放送されてました。
2014/08/07(木) 20:44:53 | URL | ごいんきょ
北国の人
 この頃がそうだったのかな?
 名犬ラッシーの写真が載った販促(お中元やお歳暮時期に使う)用のポップもあったそうです。
 昭和40年代になるとライオンがエメロンブランドで石鹸やシャンプーを発売したり(当時のライオンは化粧石鹸のシェアが弱かった)、それに負けじと花王や資生堂、牛乳も製品開発や広告に力を入れる一方、ミツワはそれなりのシェアは維持していたけれど、他社に比べて出遅れの感があったような。
 そんな中、日本サンホームの設立に参加したわけですが、P&Gとの合弁に反対して脱退したものの、一方では豊年リーバと手を組んでラックス石鹸の製造を行っていたそうです。
 復活後も原材料の高騰、設備投資計画の失敗(富士工場をつくったが、従業員から遠すぎると反発を受け川口にも工場をつくった)、新商品の不発(唯一のヒット商品は男性向けボディシャンプーのデミスといわれている)などがたたって資金ショートを起こしてしまい、再建のために業務提携を画策していた相手先にもそっぽを向かれ、倒産の憂き目にあった、とありました。(いつもの日本粧業の記事やいろいろググって見つけた記事をまとめてみました)
 この時代になるとスーパーなど量販店が販売の中心になっていたので、そういう所からあまり相手にされなかったのかな~、とも思うのですが、どうなんでしょう?
 日本サンホームの離脱で信用を失った、それも原因の一つかもしれない。
 結局P&Gサンホームに富士工場と一部の商品を26億円(今の価値だと120~130億円ぐらい?)で買収され、その工場でキャメイを作ることになろうとは。(ラックスは玉の肌石鹸が製造を引き継いだ)
 ミツワ石鹸も数年は作っていたようですが、当時CMは流れていたかなぁ。
 ミューズのCMを見かけるようになったのはこの頃(50年代)だと思うけど…。
 
 
 
 
 
2016/06/11(土) 23:25:33 | URL | ミツワ石鹸の全盛期
何故か石鹸業界に詳しい北国さんですか(笑)。
業界周辺の方なのかな。
色々と知っている名前の知らなかった結び付きがわかりました。
2016/07/04(月) 07:08:00 | URL | ごいんきょ
私はコリーのラッシーより名犬リンチンチンのセパードの方が好きでした。
2016/09/22(木) 23:16:21 | URL | 入れ歯
なるほど。
ワタクシなんぞは犬猫なんでも好きですが。
2016/09/27(火) 06:44:25 | URL | ごいんきょ
私が憶えてるのは おじいさんがジーンズをはいてて カッコいいなあと思ったものです。
ティミー少年は たしかサーカスから逃げてきたんじゃなかったかなあ?
2016/11/24(木) 23:26:07 | URL | (ハンドル未記入)
ジーンズと言えばアメリカの田舎って感じかな。
カントリー。
2016/11/27(日) 18:42:42 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「私的昭和テレビ大全集」の「名犬ラッシー」にトラックバックしています。(以下引用)日本での提供は、ミツワ石鹸。 ワ・ワ・ワ~ ワが三つ♪ のCMは、ワタクシの世代までは記憶に残る、 忘れじのモノクロCMの代表作ですね。 この番組の日本版主題歌では、最後...
2007/05/27(日) 10:04:18 | うみがめのスローライフ
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ