私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

世界の料理ショー (1974)

該当番組画像募集the gallopping gourmet

タララッタ ターラ~ タララッタ タラララ~
という脳天気な音楽が耳懐かしい料理番組。
料理番組?
これって料理番組なのかな。
ワタクシの当時の認識では、料理番組というのは、
あくまでも実際に家庭で作る料理を紹介するのが目的の番組。
でも、この番組では、そうした実用面はあまり感じなくて、
それよりも見ていて楽しいという雰囲気を味わうのがメインだったと思います。
だから世界の料理「ショー」なんですね。
ちなみに原題は、GALLOPPING GOURMET。
進行の速い美食家ってな感じになるのかな。
なんでこんなタイトルになるかというと、オーブンとかに仕込んだ材料を入れると、
次の瞬間には用意してある焼き上がった状態の物を出したりしてたからでしょう。

スタジオに観客を集めて、その前でグラハム・カーがペラペラ喋りながら、
実際に料理を進行していくという趣向。
その進行が、軽口を叩きながらなので、観客の笑いが絶えない。
外国コメディで笑い声は聞こえども観客の姿は見えずというのを
見続けさせられてきた身としては、この方式は好感が持てました。
ただ、言ってる事はそんなには面白いと思わなかったけどね(笑)。
この辺は、翻訳の難しさも有ると思いますし、文化の違いも有るでしょう。
それでも、グラハムの表情や仕草、声優の語り口など、
全体の雰囲気が楽しかったので、結構面白く見ていましたし、
それはワタクシだけではなく、東京12チャンネルの番組であるにもかかわらず
記憶している人が多そうで、皆グラハムの魅力に惹かれてたんだと思います。
やたらスティーブってのに話しかけてたんだ(笑)。
そうだろう、スティーブ。

軽口な男なのに、さすがの包丁さばき、料理さばきで、
この番組の番宣CMでは、「グラハム・カーが口八丁手八丁で」
なんて紹介してましたが、本当にそんな感じでした。
で、或る程度の仕込みが出来ると、「これをオーブンに入れて…」
とか言いながら別の所から焼き上がったのを取り出して、
「ほら、もう焼き上がった」なんて言うと観客がウケる
ってなパターンがお決まりだった気がします。
そんな料理は、およそ日本では見ないような物が多かったですね。
材料紹介で七面鳥とか当たり前のように紹介してたけど、
そんな物どうやって手に入れたらいいんだって、いつも思いました(笑)。
今なら探せば手に入るだろうけど、当時の日本では入手は至難でした。

七面鳥に限らず、材料も調味料も当時の日本では耳慣れない物が多くて、
冒頭に書いたように、少なくとも日本ではとても実用的ではなかった。
だから、一通り料理が終わると普通の料理番組のように
レシピの説明をフリップ出してするんだけど、
向こうじゃ本当にこんな料理作るのかな?って半信半疑でしたね。
大体、どれも当時の日本からしたら物凄いご馳走でしたからね。
ドカーンとでっかい肉の塊にあれやこれやの添え物。
レストランでもあんな料理お目にかかれなかった。
そんなのが毎週毎週出てくるんだから、料理番組と言うより、
本当にショーなんだと思ってました。
エンディングは、必ず観客席からグラハムが一人を選んで
食卓に案内し、一緒に料理を囲む中テロップが流れて終了というパターン。
大体は老婦人が選ばれていたように思います。
そんな本国のビデオ分が終わると、バックにテーマ音楽がかかる中、
フリップ表示による日本語エンディングとなって、予告というのは無かったですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ネットワークで再放送
この番組、メガTONネットワーク(現・TXN)が出来た後、昼の「生活・経済ニュース」が0:50から0:30に変更になってからは、12時から30分の番組としてメガTONぐるみで再放送されてました。見たことなかった私は「なんじゃこりゃ?」と思いました。
 2000年頃にはMXテレビでもタイトルを変えて放送されてました。グラハム・カーの・・・何ていうタイトルだったかな。
2007/05/20(日) 01:42:02 | URL | かじか
懐かしい~!
私にとっては日曜日の「みんなあつまれキーパッパ」とセットになって記憶に残る番組です。
兄は今コックなのですが、中学生のころ、この番組を食い入るように見ていましたね。

「溶かしバター」「スープストック」「ブーケガルニ」が良く出てくるわりには当時身近になくて非常に疑問に思いつつ、あこがれでした。

当時はめちゃくちゃ高カロリーのものばかり作っていましたが、カーご夫妻その後ヘルシー料理に目覚めて今でもご活躍とか(笑)。当時から夫婦仲がよさそうなフィルムが流れていましたね。
2007/05/20(日) 10:16:26 | URL | ダイアナ・シールズ
日曜の朝観てました。
子供心にあのグラハム・カーの
男の色気?を感じていました(笑)
大きくなって英語を勉強して
あの客席に座りグラハム・カーに
エスコートされたい!と本気で
思っていました。
レシピは当時の日本にはあり得ないというか我が家には絶対あり得ないものでした。
スーツ姿でワインを飲みながらお料理するなんてさすがアメリカ~といった感じでした。
1度だけオレンジのシャーベットだけは真似して作った記憶があります。
いまでも活躍されているとの事。
ぜひ映像でもいいので観てみたいです。
2007/05/20(日) 10:51:56 | URL | momo
あんまり?
 今日2つ目のコメントです。ブログにコメントを付けるなんてしたことなかったんですが、ごいんきょさんのアバウトな(失礼)姿勢に共感いたしまして、取り上げていらっしゃる題材も興味津々です。勿論同世代ですよ。
 ところで、この番組、私の地方では、土曜の昼頃(アバウトですが)に放送されていたように記憶しています。グラハム・カーの、というより吹き替えの黒沢良のおしゃべりだけでもたせていた番組でしたね。学校から帰ってすぐテレビの前で食い入るように見てましたが、料理そのものはあんまり旨そうに見えなかったなぁ。
2007/05/20(日) 20:53:51 | URL | つー
グラハムの声の
黒澤氏はテレ東繋がりかも知れない大江戸捜査網とかのナレーターで「死して屍拾うもの無し」の名文句でも印象的で彼も又役者なのである

でも彼のグラハムとナレーター以外の声は少なくとも個人としては聴いてない
2007/05/20(日) 22:21:31 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● かじかさん
大体お昼前後の放送が多かったようですね。
新世界の料理ショーでしょう。CSのフードチャンネルでやっているようです。


● ダイアナさん
関東では日曜の11時台にやってましたかね。
お兄さんコックですか。凄いですね。この番組が切っ掛けだったりして。
「溶かしバター」「スープストック」「ブーケガルニ」わかりませんでしたよね。
今でもよくわかりませんが(笑)。
新世界の料理ショーはヘルシーメニューらしいですね。


● momoさん
はー。男には無い視点ですな(笑)。
ワインも普通に飲んでましたが、調理酒をついでに飲んだりもしてましたよね。
デザートもやった事あるんですか。
CSに加入してれば新作は見られるんですけどね。
ちなみにカナダ作品だという話ですよ。


● つーさん
いやあ、これは今までで一番嬉しい話を。
いや、ワタクシのいいかげん魔に共感したという部分でなく(笑)、
初めてブログにコメントする気になったというのがね。
そうそう。デタラメじゃ困りますが、多少いい加減でも気楽に書いて下さい。
土曜にやっていた時期も有るような気がします。
黒沢良さんの声ってよくわかりませんが、最初の頃は違う人だったようです。
料理はいかにものドカーンドカーンって感じで、あまり食う気にはならなかったですね。

● ガッツさん
ああ、死して屍拾う者無しですか。
でも、他にも複数の人が声を当てていたらしいです。
2007/05/21(月) 06:47:30 | URL | ごいんきょ
MXのは
ごいんきょさん。新かどうかはともかく、MXでは「世界の料理ショー」という言葉を使ってなかったんですよ。1999年頃の東京新聞を見ればバッチリ載ってるのですが。
2007/05/22(火) 00:50:54 | URL | かじか
でも内容は同じだったという事なんでしょうか。
タイトルだけが違っていたと。
2007/05/22(火) 07:07:33 | URL | ごいんきょ
スティーブは?
あんまり懐かしいんでコメントしま~す。

まだ出てない話題ですが、よく料理中にグラハム・カーが「スティーブ!鍋ちゃんと洗っとけって言ったろう」、「スティーブ!~だろ」としょちゅう「スティーブ」という人物の名を口にして、それで観客がワァ~と受けるんですが、たしかこれは実在の人物じゃなくて架空の人物だって、当時の新聞のテレビ欄で解説されてたような記憶があります。

それと声優さんですが、確か何人か変わったんんだと思います。既に出てきている黒沢さんは実は印象がなくて、一番印象に残ってるのは浦野光さんでした。

ちょっと鼻声で、この方の笑い声がグラハムの顔にすっごくビッタリで。確か本人の声より顔に合ってた(?)。そう、刑事コロンボの小池朝雄さん的存在とでも言えましょうか。

この方、「奥様は魔女」のサマンサのいとこの魔法使い役(そんなに登場したことはありません。私が見たのはほんの数回です。)の声もやってた記憶があります。そうそう、「奥様は魔女」もぜひ扱って欲しい番組です!よろしくお願いします!
2007/05/25(金) 00:06:40 | URL | espoir
スティーブに関しては、実在のADだか
ディレクターだかという話も有るんですよね。
ただ、ワタクシも画面に出てきたのは見た事ありません。
ネット上では、出演した事が有るという話も見受けられます。

声優さんは替わってますね。
浦野さんと言えばやはりポパイですけど、
この番組では多少声の感じを変えていたので、
ポパイがやっている感じでは無かったと思います。
奥さまは魔女、ワタクシが外国ドラマで一番好きな作品ですので、
とっくのとうにやってます(笑)。
『奥さまは魔女』で上の検索窓をご利用下さい。
2007/05/25(金) 06:23:05 | URL | ごいんきょ
これはこれはごいんきょさま、初めまして
ご挨拶もせずカキコ致しまして失礼致しました。

そうでしたか、スティーブの目撃者がいたとは存じませんでした。

また、浦野さんがトッポジージョの声だったことも初めて知りました。

『奥さまは魔女』の件は失礼致しました。「外国作品」で探していたら見つからなかったのですが、半分眠りながら(?)探していましたので見落としてたかもしれません。

グラハム・カーの腕前で一番印象に残ってるのは「にんにくの包丁一発つぶし」です。包丁を横に寝かせ、刃でない部分でにんにくを一気につぶして料理にぶち込むんですが、彼がやると一発でつぶしちゃうんです。ご覧になった方もいらっしゃると思います。

でも、後からよく考えると、もし生ならよくあんな硬いモノをつぶせつもんだと思いました。料理の専門家の方、あるいは料理にお詳しい方、あれは生のにんにくなのでしょうか?それともつぶし易いようにゆでてあったものなんでしょうか?
2007/05/26(土) 00:38:50 | URL | espoir
これはこれは、二度目まして(笑)。
べつに馴れ合い掲示板という趣旨でもないので、
挨拶はデフォルトではないですよ、ここ。

トッポ・ジージョって山崎唯さんじゃなかったでしたっけ?
浦野さんもやったのかな。
ニンニクつぶしは知らなかったです。
粒ではなくて1個まるごとって事ですか?
それはたしかに凄いかも。
2007/05/26(土) 07:13:28 | URL | ごいんきょ
にんにくつぶし
もちろん、生のにんにくですよ。
あ、1個まるごとではなくて、粒ですね。
私もそんなに大きくないものならできますので
カー先生なら楽勝かと(笑)。

よそ見しながら玉ねぎの高速スライスなんかもよくやってましたが
良く見ると結構雑だったりして(爆)。
2007/05/26(土) 08:23:28 | URL | ダイアナ・シールズ
すいません、間違えました。
半分眠りながら書いてたので、いつの間にかポパイと書くつもりがトッポ・ジージョって書いてました。

ダイアナ・シールズさん、あれ、1個丸ごとじゃなかったんですね。どうも子供の頃観た記憶ってのは曖昧になっちまってて。フォローありがとうございます!
2007/05/26(土) 23:36:38 | URL | espoir
そうですよねえ。
なんぼなんでも丸ごとじゃ、かなりリキんでやってたんだろうなと(笑)。
それがおろしたようにキレイに潰れてたという事なのかな。
よそみして切ったりもしてましたね。
サービスですから、実際の切り口はご愛敬でしょう。
ただ、そういう調理が多かったのも、
あまり食いたいと思わなかった理由の一つでした(笑)。
2007/05/27(日) 02:47:41 | URL | ごいんきょ
いいぞぉ~ぉ…
…これを待ってたんだっ!
日曜日は、生き物バンザイ、バイオニックジェミー、知れれざる世界、ズバリ当てましょう、そして…、
世界のお料理ショーでしょぉぉぉ。
こいつの凄さはアドリブ性と、それを伝える声優のノリだね。
スティーブの存在も忘れちゃならない。
時々、オーブンに入れたものが、大変な事になっちゃうと、
スティーブぅ、君のカミサンのヘアースタイルみたいだ!
見たいなナメリケンジョークをかますんだな。
あの視線からして、スティーブはカメラマンの中に居るんじゃないかっていうくらい、ナチュラルだったよ。
料理が終ると、一人で試食開始してさ。
うっとりした顔をカメラが舐める…。
その後、客席の顔をカメラが舐める…。
グラハムにカメラが移って、両手で投げキッスをカメラにする。
観客が食卓に招待される。
あそこにオイラは招待される事は、未来永劫無いんだと諦めて、日曜日が始まる。
あの能天気なOPは、ごいんきょさんが書くカタカナの通りね。
スローな感じで、なんか萌える。
この番組…、リメンバーだな、うん。
2007/06/02(土) 09:47:49 | URL | ハナユビ
そうあの試食
私もあの試食シーンを強烈に覚えています。たいていは見たことも聞いたこともない料理だったのですが、グラハム・カーのうっとりした顔を見て「ああ食べてみたい!」、スタジオの観客から一人招待して食べさせるのを見て「なんと、なんとうらやましい!!俺にも食わせろぉーっ」。当時の貧乏子供には目の毒だったですね。
ただ、たった一つこの番組で覚えたことが、にんにくつぶしでした。
2007/06/02(土) 22:27:00 | URL | むかしはねェ~
試食シーンに欠かせないもの、それは…
キャンドル!必ず長いのが1本ありましたよね~!

あとは「しゃ(すいません、漢字が分かりません)がかかったグラハム・カーのうっとりした顔の映像!

半分目をつぶって、恍惚感に浸っているかの如き顔は、今にして思えば芝居なのか本物なのか判然としませんが、当時ガキだったワタクシの目にはただ料理が「おいしそ~♪」としか思えない表情でした。

そしてどういう基準で選ぶんだか分かりませんが客席から連れてくる栄えあるたった1人のギャラリー。

まあ、この辺りは皆様既に書かれていらっしゃいますのでこの辺にしときますが。

あと、必ずオープニングでジョーク(小話)をやるんです。これが結構面白くって。

一番印象に残ってるのはレモン絞りのジョークと新婚初夜の翌朝の夫婦の会話のジョーク。

最初のは、レモン絞り大会で優勝した人に、あなたのお仕事は?ときくと「税務署員です」というもの。

新婚初夜の翌朝の夫婦の会話のジョークってのは、昨夜のことを楽しそうに話す妻に向って夫が「もうあんな重労働はたくさんだ」というもの。当時小学生でしたけれど、今でも覚えてますよ~。

これのマネをしたのか知りませんけれど、後年、「世界まるごとHow Much!」っていう番組で大橋巨泉が必ず番組のオープニングにジョークやってましたっけ。
2007/06/03(日) 00:24:52 | URL | espoir
● ハナユビさん
ハナユビさんとこの料理ショーの記事も読みましたよ。
そうそう。声優さんの良さって絶対に有りました。
そう言えば、原題の GALLOPPING GOURMET って、
おしゃべりなグルメって感じの意味になるのかな?

そうだ。試食は最初、必ず一人でやるんですね。
前掛け首に巻いて、ペラペラ自画自賛しながら食べる(笑)。
コイツは美味そうだ~なんて感じで。


● むかしはねェ~さん
見た事も聞いた事も無い料理だから、興味本位で食べてみたいというのは有って、
本当に招待される人たちが羨ましい番組でしたっけ。
おや、にんにくつぶしを覚えている人がここにも一人。


● espoirさん
キャンドル有りましたかね、そう言えば。
流れは三枚目なんだけど、ディテールは二枚目という、本当にお洒落な番組でした。
そうそう。ハナユビさんの言う通り、うっとりと食べるんですよね、
自分の料理を(笑)。
オープニングジョークは忘れてました。
なんか、巨泉さんなみというか(苦笑)。
2007/06/03(日) 04:44:00 | URL | ごいんきょ
スティーブは何度か画面に出てました。当時録画したビデオをひっくり返せばどこかに映ってると思うんですけど・・・億劫で。番組の中でも確かグラハム・カーが「この番組見てて、スティーブってホントにいるのってお便りがしょっちゅう来るけど、ホントにいるんですよ」とか言って、カメラの横に立ってるADか誰かを映し、その男が照れている場面がありました。もっとも、これもシャレのうちかな、と当時から疑って見てましたけど。
あと煮込み料理のときネクタイが鍋の中にポチャン。で、ネクタイを舐めて味見してたのを覚えてます。
グラハム・カーって、ジョークを言ってないときでも一人で思い出し笑いして爆笑したりしてませんでしたっけ。ジョークも冒頭のは笑えないし、番組中のも「さて、このスズキ。次に取りだしたのはこの田中じゃなかったカタナ」なんていうのばっかりで、それでもしらけずに毎週見てたのはやはりカー氏の人徳と遠い世界の料理へのあこがれでしょうか。世界で37番目に所得の高い料理家だと言ってました。
浦野光さんは私の場合ウルトラセブンのナレーターの印象が強いです。
2008/02/02(土) 01:26:51 | URL | あぶもんもん
当時のビデオをお持ちとはなんと羨ましい。
見つかったら是非見せてくださいよ(笑)。
やはりスティーブは何度か画面に出てるんですね。

>さて、このスズキ。次に取りだしたのはこの田中じゃなかったカタナ

まあ爆笑はできないけど(笑)、よくできてるなとは思います。
日本語スタッフも苦労してますね。
原語ではどんな感じなんだろう。

世界で37番目に所得の高い料理家だったんですか(笑)。
そういう言い回しをワタクシより先にしてた人がいたんだなあ(苦笑)。


ところで、本文中で少し触れた、当時の番宣スポットを更に思い出しました。
あの例の音楽をバックに番組の一部を流しながら、
「世界の料理をグラハム・カーが、口八丁手八丁、
 おまけに顔まで八丁でお送りする、世界の料理ショー。
 毎週日曜日、~時から放送中です」
とナレーションするものでした。
ハンサムというのもウリでしたね。
2008/02/02(土) 06:16:59 | URL | ごいんきょ
スティーブ
前回のコメントで大言壮語してしまったようで恥ずかしいのですが、もちろん毎回録画していた訳ではなくて、ラムカレーとかココナッツアイスとか、おいしそうな回をいくつか録りました。たしかその中にスティーブがいたような気がするんですが・・・いつかそのうち探してみます。
2008/02/05(火) 04:46:54 | URL | あぶもんもん
ん?
べつに大言壮語など見当たりませんし、
現実に1回でもお持ちなら、それは凄い事ですよ。
近々、その手のサイトもオープンするので、
もしビデオが見つかったら是非投稿して下さい。
2008/02/05(火) 21:44:28 | URL | ごいんきょ
土井勝・テレビお料理教室のスレで書きましたが、カー氏が「でもってこのお皿をオーブンに入れると、次の瞬間には下のオーブンから焼き上がったのが出てくると思うでしょッ 実はそうなんですよッ」なんてやってました。焼き上がりが用意してあるというのは、真面目な料理番組はどれを見てもサリゲナクやっていて、当時すでに笑いのネタになっていましたが、それを逆手にとっていたのが素直に面白かったです。
ギャロッピング・グルメって、単にカー氏がぴょんぴょん走るからかと思っていました。登場のときと、ジョークの場面からキッチンに移動するときと、試食する観客を呼びにいくとき。ギャロップって「大急ぎ」って意味もあるんですね。
2008/02/22(金) 22:45:22 | URL | あぶもんもん
ですね。
「さー、ここでいい子にしててね」なんて感じで鳥をオーブンに入れたり。
タイトルに関しては、いろんな意味が混ざってるのかな。


番宣文句を更に思い出しました。
「料理研究家グラハム・カーが世界の料理を
 口八丁手八丁、おまけに顔まで八丁でお送りする、世界の料理ショー」
料理研究家と紹介してましたね。
2008/02/23(土) 04:37:43 | URL | ごいんきょ
刷り込み
はじめまして。おじゃまします。
「世界の料理ショー」、小学生の頃、毎週楽しみに見ていました。
気楽にパパッと作っているといった趣、よどみないおしゃべりは笑いあり、料理に関するうんちくもあり。
そしてとってもおいしそうな料理、会場のお客さんの笑顔、全部大好きでした。
でも友達の間では、ほとんど見ている子がいなかったんですよね。
彼のジョークは小学生にはあまり受けないのかな?私って、趣味がみんなと違うの?などとささやかな不安を感じたりしたのも懐かしい思い出です。
中学生になりラジオをよく聞くようになったからか、いつしかこの番組とは遠ざかりましたが、ある日たまたま目にしたら、声が変わっていたのにはショックでした。
私にとってはグラハム・カーといえば浦野光さん!と刷り込まれてしまっていたので。
翻訳も変わったのかな?
言い回しが以前とは違っていたように感じましたし。
実際はどうかわかりませんが。
ま、いずれにしても、軽妙なおしゃべり、おちゃめな顔、うっとり顔、2枚目顔、さまざまに変わるグラハムと浦野さんの声はぴったりだったと思います。
そういえば、浦野さんは「奥様は魔女」のアーサーおじさんの吹き替えもされてるんですよね。
アーサーおじさんの声が浦野さんじゃなかったらやはりかなりの違和感があるかもなぁって思います。
そう考えると、「刷り込み」って大きいですね。
2008/03/19(水) 12:30:06 | URL | かきのたね
はじめまして。
うーん。けっこう見ていた人って多い感じがしますが、
そう言えば身の回りではこの番組の話をした事は無いなあ(笑)。

あ。そうか。
アーサーおじさんの声が浦野さんね。
どうもポパイしか思い浮かばなくて。
言われればアーサーおじさんそのままの声だったな。

最初の刷り込みはやはり大きいですよね。
逆に言えば、二代目以降で成功している人は倍凄いのかもしれません。
2008/03/20(木) 18:36:28 | URL | ごいんきょ
グラハムカー
軽妙なおしゃべりと
私でも笑えるジョーク
まじめで控えめでクールで
ゆったりとした語り口の
黒沢良がアメリカンコメディの
吹き替えしてるとは思っても
みませんでした。

ポパイの声の人も吹き替えやってたんですね、知らなかったなあ。  
2008/07/11(金) 00:08:45 | URL | 梅吉
洋画吹き替えではわりと認知度高い方なのかな、黒沢さん。
ワタクシはおそらく浦野さんバージョンの方をよく覚えてます。
2008/07/24(木) 03:56:48 | URL | ごいんきょ
祝?DVD化
 来年3月25日にDVD化されるそうですネ。吹替え音声も収録されて。
↓詳しくはこちらで
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001KVDHGW?ie=UTF8&tag=dvdcatalog05-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B001KVDHGW

 でも8枚組なんて、こんなに一気にリリースされて、しかもこんなに高額で‥‥。欲しいけれど買うのに躊躇する人が多いと思われますが‥‥。

 目出度いような、そうでもないような、ビミョーな報告でした(^^ゞ
2008/11/30(日) 18:08:28 | URL | 自由人大佐
ずいぶん気の長い話だなあ(笑)。
それにしても日本語版全回っていうのは凄いですね。
たしかに欲しくなります。
ワタクシが富豪なら(笑)。

まあ、誰か富豪な人が買って飽きて安く手放してくれるのでも待つかな。
ワザワザご報告ありがとうございました。
2008/11/30(日) 21:20:10 | URL | ごいんきょ
ブック◯フへ足を運ぶ楽しみが増えました。
24%引きでも3万! さすがにちょっと考えます。・・・などと考えながら内容紹介を読んでいたら・・・ちょっと待った!
>今回の52話は、当時の制作会社に現存する日本語版のすべてであり、他に日本語版の存在を確認できていないことから、貴重な商品と位置づけられる。
実は、8月に実家に帰省した際、昔録画したビデオを多数見つけました。同じ物を何回か録画しているのもあり、タイトル(料理名)を書き忘れたのもありで、実際の数はまだ不明ですが、のべ80本あります。まさか幻のビデオ発掘なんてことはないでしょうが、もしかしたら全部録画してたのかもしれません。CM も入ってるのでその面白さもあります。ただし他のビデオテープの余り時間に3倍で録った物が多いので画質は悪いです。
追い追い調査してみたいと思います。
2008/12/02(火) 04:26:28 | URL | あぶもんもん
そうそう
実家でビデオ見ていてわかったんですが、同じジョークを何回も使ってることもありますね。
昔から印象に残っていたのは溶かしバターについてのロシア人ジョークで、ロシア人いわく「溶かしバターは俺たちが考え出した」。ここで笑いが入ります。ロシア人は何でも自分たちの発明だと言いたがるというネタです。
印象に残ってるのもそのハズで、どうやら溶かしバターを使うたびに言ってたみたいです。
実家では80本のうち一部しか見てきませんでしたが、その中に残念ながらスティーブはいませんでした。でも絶対いましたよ! 照れた横顔のモンタージュ描けるくらい覚えてます (^^;
2008/12/02(火) 04:39:31 | URL | あぶもんもん
凄いなあ。
まさか本放送時ではないでしょうが、いつ頃のテープなんでしょうか。
DVDよりそちらの方が欲しいです(笑)。

でも剣道は韓国発祥らしいですよ(笑)。
そんなグラハムさんは星野さんが育てたんでしょうし(笑)。
2008/12/02(火) 06:49:27 | URL | ごいんきょ
世界の料理ショー
スティーブというフレーズが
おかしくておかしくて。
なんだか知らないけど面白いんだよね。
2008/12/02(火) 14:33:13 | URL | 梅吉
みんなが気になるスティーブさんの正体を早く知りたいですね(笑)。
2008/12/03(水) 06:25:36 | URL | ごいんきょ
「スティーブ」の蔭に…
「先生」というのもありましたね。
なんの先生なのか…。
2008/12/03(水) 08:57:46 | URL | 葉っぱ
あれ。
先生ってのは印象に残ってないですね。
2008/12/07(日) 23:34:17 | URL | ごいんきょ
はじめまして
お初です。
この番組は日曜日の昼前放送で、我が家はいつもこの番組を見ながら朝昼兼用(当時日本にはブランチなんてシャレた言葉はありませんでしたよね)の食事を食べていました。
なつかしいですねー
これからもちょくちょく書き込ませていただきます、よろしくお願いします。
2009/01/31(土) 21:10:09 | URL | 緑のおばさん
はじめまして。
日曜昼前だったですかね。
11時半からだっかな。
これからもちょくちょく書き込んでくださいねー。
ハンドルも昭和ですね(笑)。
2009/02/01(日) 06:47:42 | URL | ごいんきょ
レスありがとうございます
調子に乗って出てきてしまいました(笑)
この番組の思い出繋がりで思い出があります。
当時小学4年生くらいで、いつも日曜日は午前中、家の前にあった池で近所の小学生たちとメダカ取ったりザリガニ捕まえたりしているおてんば少女でした。
世界の料理ショーのタイトル=小学校高学年のころの日曜日の午前中の後継が浮かびます。
ハンドルネームが昭和ですか?w
緑区に住んでるんでこうしたんですけどねw
2009/02/01(日) 15:53:34 | URL | 緑のおばさん
はいはい。どんどん調子にのって行きましょう(笑)。
スター誕生が終わってからこの番組という流れだったのかな。

今はみどりのおばさんとは言わないでしょうからね。
日生のおばちゃんは日生レディー、ヤクルトおばさんはヤクルトレディーでしょ。
グリーンレディーとか言ってるんでしょうか(笑)。
2009/02/02(月) 00:14:25 | URL | ごいんきょ
スティーブ見たような気がします。
私の勘違いかもしれませんが、一度だけスティーブらしき人物が一瞬映ったのを見た覚えがあります。後方からだったのではっきりと顔が映った訳ではありませんが、セルロイドの眼鏡をかけた栗毛頭の痩せて頼りなさそうな男性でした。間違いだったら御免なさい。
2009/02/23(月) 15:46:32 | URL | トッキー
ふーむ。あぶさんの話からするにワタクシも出演した説を採りたいとこですが、
発売されたDVDではそれが確認できるのだろうか?

ところで、日本版の番宣やEDで使われていた音楽なんですが、
他のアメリカ番組のテーマ曲だった事がわかりました。
メモしておかなかったので忘れてしまいましたが(苦笑)。
またわかったら今度はメモしておこうと思います。
2009/02/23(月) 21:28:55 | URL | ごいんきょ
ハヤミズ50周年の年の再放送
実家で DVD に起こしてきたものの、なかなか見ずにいましたが、ざっと料理名だけ見てみました。DVD-Box 未収録の料理が、あるわあるわ・・・。去年の夏に DVD に起こしたのは、録り貯めた VHS の3分の1ぐらい、約20本ですが、そのうち12本は Box 未収録でした。
DVD-Box のは全部、吹き替えが黒沢良らしいですが、私のも、この20本は全部そのようです。70年代に見ていた頃は浦野光の印象が強かったんですが。夏休みなど、ウルトラセブンの再放送と続けて見たような・・・記憶の捏造かもしれませんが。

面白いところでは「卵とベーコンのトースト」なんてのもありました。そんなの教わらなくても出来るよ・・・と思うと大間違い。こってりとしつこい味をつけたボリューム満点のオランダ料理でした。しかも附け合わせにグラタンみたいな料理が・・・メタボまっしぐらですね。「こらスティーブ、少しは痩せたらどうなのよ」なんて言ってます。
テロップで、「もとオリンピック選手で暁の超特急と呼ばれた吉岡隆徳さん死去」と出ていたので、調べたら昭和59年の再放送でした。午後2時台だったと思います。提供は東京電力。番組の後の CM には毛皮のジョリエスも出ていました。
そして、ハヤミズ50周年謝恩テレショップというのも入っていました。渋いライティングビューローや手作りっぽい椅子、スライド本棚や畳ベッドなどをお手頃価格でテレホンショッピングしていました。ということは、ハヤミズの創業は昭和9年頃のようです。
2009/04/16(木) 01:07:10 | URL | あぶもんもん
84年に再放送って事は、ワタクシが見ていた頃の70年代放送分ではないですね。
しかし、なかなか貴重じゃないんでしょうか。
今回のDVDは、日本版制作会社に現存している全てだそうですから。
気が向いたら会員制の方でも紹介して下さると助かりますが、
まあ大変な作業なんでそれはいいです。
2009/04/17(金) 00:40:47 | URL | ごいんきょ
全部 DVD に移しました
 今年も帰省して、保存してあった VHS テープから全部 DVD にダビングしてきました。
 去年のと合わせて全部で55回でした。
 テープがカビていたりして (^^;; 再生できなかったのが12回分ありましたが、調べたらこれらは全て DVD-Box に収録されている物だったので、不幸中の幸いでした。その他に一回分(タイトル不明)、これは早送りしたら最後のところでテープが切れてしまった模様なんですが、こういうテープは修復可能なんでしょうか。
 DVD-Box 未収録の回は全部で24本ありました。いつの日か必ずやご紹介したいと思います。
 肝腎のスティーブなんですが、見つかりませんでした・・・ orz
 超早送りで見たので、じっくり見ればどこかにいるかもしれません。あるいは私が昔見たのは浦野光時代だったのかもしれません。
「アップルフリッター スイス風」という回で、インカムをつけたスタッフが試食の相手に選ばれるんですが、声が小さいので名前を呼んでいるかどうか確認できませんでした。私が昔見たイメージとちょっとちがうような・・・。
 グラハム・カーって、パリ風のつく料理の回では冒頭の小噺の時にいつもノッポさん高見映みたいな帽子を被るんですが、どういう意味があったのか調べてみたいところです。
 ざーっと目を通すと、タキシードを着てる回もあったり、髪型もいろいろだし、髪の色もちょっと違っているのは染めていたのか? などなど発見がありました。登場も、若い頃(?)はゆっくり歩いてきて椅子も飛び越えなかったりしています。
 あ、ネクタイぽちゃりの回もまだ発見していません。
2009/08/22(土) 04:08:48 | URL | あぶもんもん
急いで訂正
「・・・パリ風」の回と高見映みたいな帽子とは関係ないみたいでした。冒頭ジョークの内容に合わせて時々帽子を被っていますが、ノッポさん帽子は特に意味がないみたいです。イギリス人ジョークの時は山高帽をかぶっていますが。
「フェッシュパイ ボストン風」という回で、パイ生地を円形に切り抜いて、周りの余った生地を輪投げみたいに投げて「スティーブ」の首にかけようとしていました。よけられてしまって入りませんでしたが、後ろ姿がチラッと見えました。
 浦野光が吹き替えていた頃は、エンディングで作り方をおさらいしたあと
「ではまた来週 世界の料理ショー食通入門 おしゃべりは浦野光でした」と言ってたような気がしますが、黒沢良はやってないようです。
2009/08/24(月) 19:57:37 | URL | あぶもんもん
関西では・・・
日曜日の午前中ではなく、お昼過ぎ(1時か2時頃)に放送してました。

番組の最後に、その日の料理に使った食材を紹介するんですが、エシャロットとかブーケガルニとかサフランとか、当時全く耳慣れない名前がいっぱい出てきて、あの頃このレシピで同様の料理を作れる日本人がどれだけいたんだろ?といつも思ってました(^^)

その後、ヘルシー志向の料理を紹介する「新・世界の料理ショー」は、関西では土曜日の朝に放送してましたね~
2013/04/23(火) 05:20:22 | URL | ほけみん
「関西では・・・」に勝手に補足
関西での初放送は関西テレビで、時間帯は上の通り日曜お昼過ぎ(2時頃だったかと)ですね。

この番組については東北新社が主体となって全国各局への売り込みという形をとっていた様で、地方各局への番販
も東京12とはほぼ無関係の形で行われました。
当時の東京12の地方局ネットはそういう制作会社だったりスポンサーだったり広告代理店だったりといった外部が関わった形のも数多かったですねぇ。
系列局が無く、辛うじてネット関係にあった大阪のMBSや名古屋の中京テレビにしても、それぞれメインネットとの関係が強化され、東京12枠が縮小されつつあった(特にMBSはJNN入り後、JNN排他協定もあって在阪他局とほぼ同等の極僅かの番販ネットにまで減少し、「プレイガールQ」終了をもって事実上東京12枠が消滅した。)時期でしたので致し方無かったでしょうけど。
2013/04/25(木) 14:14:45 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
まさかの復活
テレビ東京で朝8時枠で昨年秋から今年の冬にかけて再放送してましたね。テレ東のHPにはレシピまで掲載されていますが作ってみる気にはなりませんでした。
2013/04/25(木) 19:55:15 | URL | とらお
YOU&I
この番組に関しては、80年代初頭に東海地区に生まれ育った私としてはCBCか東海テレビでやっていた印象が強いです(汗)。
ただ、やっていた時間帯は相当半端な時間帯(土曜の早朝とか)で、しかもやるときもあればやらないときもあったりと、「トムとジェリー」並みにかなり雑な扱いだった印象があります(汗)。

そうそう、声を充てていたのは黒沢良さんでしたよね。黒沢さんはラジオのパーソナリティーとかローカル局の競馬中継の司会者としてものあった方ですから、アフレコでも相当量のアドリブが含まれていたのは容易に想像できますね(笑)。
2013/04/26(金) 07:05:25 | URL | (ハンドル未記入)
意外と若い人も知ってる「世界の料理ショー」(と打ちたかったのです・・・orz)

申し訳ありません。寝ぼけた頭で投稿したせいか、ハンドル名と投稿エントリーのタイトルの記入が逆になってしまいました(汗)・・・。
2013/04/26(金) 07:08:49 | URL | (ハンドル未記入)
● あぶさん
切れたテープは、きちんと専用のテープで補修する必要が有りますが、
急場しのぎならセロテープでもいいでしょう(笑)。
その場ですぐDVDに移してしまう必要が有ります。
セロテープだと糊が染み出てきて、いずれ癒着させてしまうようですので。
本国でもかなりの長期シリーズですから、いろんな変遷あるでしょうね。


● ほけみんさん
ですよね。
だから、なんとかクッキングとかなんとか料理教室ではなくて、
あくまでも『料理ショー』だったんですよね。


● TXさん
まだまだ、うちにはTXの番組ありますよ(笑)。


● とらおさん
そうそう。
絶対に、作ろうって気にはならない料理番組(笑)。


● YOU&Iさん
12チャンネルものってのは、地方でも扱いが色々だったんですね。
2013/04/27(土) 06:12:49 | URL | ごいんきょ
「世界の料理ショー」DVD未収録エピソードの録画を募集しています
はじめて書き込みさせていただきます。Siringoと申します。

「世界の料理ショー」は、最初の本放送では300回以上が放送されましたが、放送用機器やテープの変遷などが原因で、現在は2009年発売のDVDーBOXに収録された52本しか残っておりません。テレビ東京やCSのフーディーズTVでの放送も、52本のみとなっています。

そこで、DVD-BOXに収録されていないエピソードを復刻させるべく、未収録エピソードの録画を募集しております。

㈱フィールドワークス 吹替音源募集コーナー
http://www.fieldworks.ne.jp/results4.html
(コメント下のURLでも、募集を行っておりますページをご覧いただけます)

録画をお持ちで、協力してやっても良いという方は、募集ページよりご連絡をいただけますでしょうか。

昭和の海外バラエティの一本を復刻させたく、皆様のお力をお借りできれば幸いです。
宜しくお願いいたします。
2014/04/09(水) 17:16:55 | URL | Siringo
提供者が出てくれると良いですね。
2014/04/10(木) 00:17:51 | URL | ごいんきょ
パン粉!
毎回観ていた訳ではありませんが、
確か1981年~82年頃まで
富山テレビで、午前11時に放送
していました。
週一回の放送だったのか、月~金の
放送だったのか忘れましたが
学校が早く終わったときや、休みの
日に観ていたと思います。
外国人の中年男性がみんなの前で
冗談をいいながら料理を作っていた
番組の記憶があります。
日本では当時あまり見かけない料理
もありましたが、びっくりしたのは
日本の食材がとりあげられた事で
それはパン粉でした。
皿の上に袋を切ってのせられた
パン粉をさわり

「さらさらして使いやすいですね。
これは日本ではよく使われている食材でパンを乾燥させ、細かくした
物で、私もよく使用しています。」

「みんなで言って見ましょう、
パン粉!パン粉!」

と視聴者に向けて叫んでいました。
たぶん、とんかつみたいな料理を
作ったのだと思われます。



2014/04/11(金) 09:41:03 | URL | くも
あら。
パン粉が日本の食材だなんて、考えてもみませんでした。
本当に「panko」で流通しているらしいですね。
うーむ、目ウロ。
2014/04/13(日) 14:58:24 | URL | ごいんきょ
当時から日系人の経営するスーパー
マーケットなどにけっこうでまわっ
ていたのかもしれませんね。
1979年頃、「赤毛のアンの
お菓子ノート」と言う、イラストと
美味しそうなお菓子の作り方が
掲載された本を買いました。
その中に、レアチーズケーキの
作り方が書いてあって、材料に
グラハムクラッカーと言うのが
ありましたが、普通のクラッカーと
違いケーキ用に向いているそうです
何か、グラハム・カー氏と関わりが
あるのでしょうか?
もしかしたら番組がらみで、製品
開発に関わっていたのかも。
2014/04/15(火) 23:28:30 | URL | くも
なんだか、グラハム粉というのがあるみたいで、それで作ったクラッカーらしいですよ。
この番組で使ったら面白かったのに(笑)。
2014/04/16(水) 07:12:23 | URL | ごいんきょ
お腹がへったよ日曜日!
最果ての地にて、日曜の午前中ニッスイ提供の「マチャアキ海をゆく」とマルハ提供のこの番組を見ていたら、誰だってお腹がへってくるじゃあ~りませんかお母さん!終盤自作のご馳走をペロリとやるカー氏のアップを毎回恨めしく見ておりました。声は浦野さんも大野さんもよかったけど、落ち着いているけどとぼけた感じの黒沢さんがあってる感じがしました。ラストの日本版のレシピ紹介コーナーでもジョーク交えてやってたよな~スティーヴ!
2014/10/18(土) 14:18:28 | URL | hey
日本版のレシピ紹介って、フリップ字幕を映すエンディングのやつですね。
そう言えば有りましたねー。
音楽は日本版主題曲。
あれって、なんて曲なんだろう。
2014/10/18(土) 19:54:11 | URL | ごいんきょ
脳天気な音楽の正体
CBSでやっていたスマザーズブラザーズコメディアワーという番組テーマらしいです。日本ではOAないですよね?コロンボのテーマといい番組のテーマと思い込んでいる曲が他にもありそうですね。スティーヴに調べといてもらおっと。先の赤塚先生もなんかやってたりして。
2014/10/20(月) 15:32:35 | URL | hey
いやあ、これ、けっこう長いこと気にはなっていたのです。
お陰で気分晴れやか(笑)。
2014/10/23(木) 23:10:46 | URL | ごいんきょ
吹き替え舞台裏話です
http://www.fukikaeru.com/?p=1779
↑というサイトを教わりました。感慨深い話が載っています。オリジナルの日本人を馬鹿にしたギャグというのも聞いてみたい気がします。
2015/12/29(火) 19:59:47 | URL | あぶもんもん
たしかに。
でも言語も選択できるのでしょうから、外国経験豊富なあぶさんなら楽しめるのではないですか?
2016/02/28(日) 23:25:03 | URL | ごいんきょ
この番組で知った食材、香料等
この番組で知った物はタラゴン、セージ、ブーケガルニ、カイエンヌペッパー等がありますが和食ではあまり聞きなれないものかもしれません。私がキッチンに立つとうさちゃん(クックルンのイチゴちゃん)のまねをして調理をします。
2017/03/15(水) 17:54:30 | URL | クッキーモンスター
スティーヴの正体
番組のエンドロールで
"STUDIO DIRECTOR
STEVE WATTS"
というテロップがあるので
たぶんこの人のことじゃないかと
2017/03/16(木) 15:33:02 | URL | 野鼠小僧
● クッキーモンスターさん
色々と当時では聞き慣れない言葉が多かったです。
なのに、よくご記憶で。


● 野鼠小僧さん
スティーブ・ワッツさんですか。
ディレクターなんですね。
スタッフ弄りも、やはり向こうの方が先駆けていたんですねえ。
2017/03/22(水) 06:46:17 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。