私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



水もれ甲介 (1974)

該当番組画像募集

信じられないですよね、石立鉄男さんが亡くなったというのは。
ご本人もまったく死を意識しないままの突然死だったようですが。
相当のヘビースモーカーだったらしく、煙草に殺された感じがします。
ワタクシも彼のシリーズは何度も何度も観ましたし、
そんなわけで、ちょっと予定を変えて、石立さん追悼の意で
この番組の記事を書こうと思います。

水もれ~ 甲介~ 水もれ~ 甲介~

という歌が懐かしい石立ユニオン日テレドラマの一つ。
気になる嫁さんもパパと呼ばないでも雑居時代も既述で、
あとわりと有名どこはこの甲介あたりまででしょうか。
きまぐれシリーズの頃には、石立パワーもかなり落ちてたように思います。
この甲介あたりまでのこの路線は、本当に主題歌が良くてね。
ただ、気になる嫁さんでは歌詞が無かったし、
パパと呼ばないででは、ドラマとなんの関係が有るの?って歌詞だったし、
雑居時代では、春夏秋冬の言葉だけが辻褄合わせでちりばめられている感じで、
この甲介でようやく、本当に主題歌らしい主題歌になったなと思いました。
もっとも、よく聞いてみると、水漏れ甲介って部分以外は
普通の歌詞なんだね、これも(笑)。

物語の舞台は、水道工事の三ツ森工業所。
そこの長男が石立演じる甲介で、三ツ森甲介が水漏れ甲介に変じている次第。
家出していた彼は、親父のいまわの際に呼ばれ、
そこで自分と弟とが実の息子でない事を初めて明かされる。
彼らの下にはやや年の離れた可愛い妹がおり、
その微妙な人間関係の機微を、コメディとペーソスでくるんだ、
いつも通りのテイストで綴った作品でした。
次男は後年、やや怪人キャラで名を挙げた原田大二郎。
長女はたしか、浅田飴のCMで大ブレイクした子だったと思いますが…
「と、日記には書いておこう」ってCMで、傘をさしていた憧れの女の子役。
違いましたっけ?

いまわの際に親父に、店を頼むって直々に頼まれて、
それまで反発していた甲介も、性根を入れ替えて水道屋に身を入れようと
家に戻ってくるのを、今更という感じで弟や妹は最初見ているんですね。
物語当初は、この弟や妹との軋轢が徐々に解消されていくのがドラマの核でした。
池中玄太の開始当初にちょっと近いかな。
甲介は水道屋始めたばかりでもあるけど、そもそも以前から技術が無いので、
いつも失敗して水道漏れさせてましたっけ。だから三ツ森甲介ならぬ水漏れ甲介。
妹のチャミーは、そんな甲介兄ちゃんはやや馬鹿にしていて、
次男にべったりなんですけどね。だんだん甲介にも好意を寄せていくけど。
で、そんな次男とチャミーが実は血が繋がっていないってのが第2の核で、
そこら辺でちょっと微妙なドラマが有ったように記憶してます。
甲介も血は繋がってないけど、更に年が離れていたのでやや冷静だったような。
でも、次男の方はそれを知って、結構チャミーに本気になるんじゃなかったかな?
ドロドロし始めた感じになって、ワタクシは見なくなったように思います(笑)。

提供は、大正製薬、グリコ、キリンシーグラム、沢の鶴でした。
キリンシーグラムと沢の鶴って、どちらもお酒の会社だと思うんですけど、
こういう相乗りがあるんですね。
洋酒と清酒だから競合しないって双方納得してたんでしょうか。
なんか面白いです。沢~の鶴♪
雑居時代までは水曜8時だったこの路線ですが、この番組は日曜8時。
つまり、日テレ青春シリーズ枠と石立シリーズ枠の歴史的融合が図られたのですね。
その背景はどんな事情かはよくわかりませんけど、
双方がマンネリ気味だった状況に通風を考えたんだろうと思います。

石立鉄男はこの後、TBSの大映ドラマの方で脇役として存在感を発揮。
CMでも、エースコックのわかめラーメンとか有りましたけど、
その知名度活躍度から改めて思えば、CMはむしろ少なかったですね。
それにしても享年64は若過ぎではないかと。
自分が子供の頃に活躍していた人たちがいなくなるというのは、
どんどん自分の順番が近づいているという事で(苦笑)、
いろんな寂しさ侘びしさが去来します。
こういう人たちは、自分だけの体ではないという事を、
もう少し考えてご自愛戴きたいなと、改めて思いました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
石立鉄男さん
が亡くなったなんて、信じられません。
私も石立さんを最後にテレビで観たのは、今春テレビ東京の「俳優座養成所同期会」でした。細川俊之さんたちと一緒にとても楽しそうに養成所時代を語っていらっしゃいました。声に少し力が無いように感じたのですが、年月がたったのだなぁと思っていました。

私が初めて石立鉄男さんを観たのは、「花いちもんめ」というドラマで、5人兄弟の中に岩下志麻さん演じる異母妹がやってくるという話しでした。
石立さんは確か、3男で寡黙でニヒルで冷たい感じの役でした。5人の中では最後まで妹に心を開かなかったような。

その後、「奥さまは18歳」「気になる嫁さん」「パパと呼ばないで」などを観ましたが、初め、あまりのギャップに同じ石立さんとは思えませんでした。
というか、他でも「花いちもんめ」のことはあまり語られていないようなので、あの時の石立鉄男さんは幻だったのかしらなんて気もしてきてしまいます。

「気になる嫁さん」「パパと呼ばないで」は夕方の再放送で観ていました。石立鉄男さんというとあの頃の夕方の空気を思い出します。

ご冥福をお祈りいたします。
2007/06/03(日) 21:13:47 | URL | モデラート
夕方の再放送
>モデラートさん
…小学校から帰ってきて、自分の家か友達の家で、決まったように見てましたね。
そうそう、あの頃住んでた街や空気も思い出しますね。

20年くらい前に、「若者たち」という60年代の映画(もともとはTVドラマ)のリバイバル上映をみました。
石立さんの役は被爆というつらい経験を抱える青年。
これまでTVで見た日テレ系ホームドラマや、「夜明けの刑事」等の刑事役のイメージとのギャップに驚きました。
この方、元文学座のようですね。
もともと演技派だったのでしょう。
2007/06/03(日) 23:20:23 | URL | 桃
ですよね、確か・・・
 「と、日記には書いておこう。♪龍角散トローチ」
 「水もれ甲介」いやー懐かしい!!!母が好きでねーこれが・・・
 ちなみに、日テレ石立鉄男ユニオン映画シリーズは「おひかえあそばせ」’71→「気になる嫁さん」’71→「パパと呼ばないで」’72→「雑居時代」’73
→「水もれ甲介」’74→「おふくろさん」’75→「気まぐれ天使」’76→「気まぐれ本格派」’77だそうで(vapレコードの「E(I)CDTコメディドラマソングブック」より)
俳優座出身で演技派ですか!!!TBS&大映テレビの「夜明けの刑事」と「噂の刑事ちゃん」じゃイメージ真逆ですよね。
 そんな石立さんに対して「原田(小丹波)大二郎」さんは、当時、「白い牙(藤岡弘、主演・NTV’74)」のヒロイン「鳥居恵子」さんと「ハウスバーモントカレー」のCMキャラクターだったとか(秀樹じゃないのかよー)原田さんって青春スターだったのねん。翌年TBSの「Gメン’75」で大ブレイクしてますね、1年足らずで殉職するんですが・・・・・
 確か、お母さん役は「赤木春恵←漢字失念」だったと思います。今じゃ「幸楽」の鬼姑になってしまいましたけど。
 残念ながらOPのアニメは憶えているものの、ストーリーはあまり憶えてません。「あ、龍角散トローチのお姉さんだ」とチャミを見て思っていたことは憶えていますが。
 と、いうことで、石立鉄男氏に合掌。  
2007/06/03(日) 23:56:05 | URL | 三船主任+α
鉄道公安官
ええと、私も「水もれ甲介」と関係ないのですが・・・
 私が印象に残ってる石立さんは「鉄道公安官」(テレビ朝日)です。鉄道ファンだったからなのですが・・・。あのチリチリパーマが妙に役柄にマッチしてました(同じことがトミーとマツにもいえますが)。最終回で視聴者に挨拶してましたっけ。
 あと彼の出てたエースコックのわかめラーメンのCMも印象的でした。カメラ目線になると彼は3枚目なんですよね。
2007/06/04(月) 00:58:32 | URL | かじか
♪ホームタウンまで切符をちょうだい
かじか様初めまして。
 僕も好きでした「鉄道公安官」。
 特にタイトルにあるエンディングテーマ「ホームタウン急行」byサーカス、が大好きで、2・3年前中古レコード屋でgetしました。
所長が三橋(十津川警部)達也で、石立さんが部下でしたね。後年放送された「さすらい刑事旅情編」よりも面白かったです。ただ、真裏が黄門様だったので、あまり長続きしませんでしたね。
 追伸:「お前は何処のわかめじゃ?」、あら「水もれ甲介」と関係無いですね。失礼。
2007/06/04(月) 01:45:01 | URL | 三船主任+α
石立さんの番組がアクセスランキングトップ5を独占してますね。
こんな事はもちろん初めてです。
ビートルズ並みの偉業… かどうかはともかく、
改めて皆さんに思い出をくれていた人だと痛感します。


● モデラートさん
モデラートさんも例の特番をご覧でしたか。
ワタクシは最近、とんとテレビを見ないからなあ。
近年は芸能界の仕事も減っていたようで、発声もしてなかったんでしょうね。
声帯も筋肉だと言いますが。

花いちもんめ、我が家も多分見てましたが、とても思い出せません。
これももう一度みたいドラマだなあ。
1985年の内容の全く違う同名映画にも岩下さんが出ていて紛らわしいんですけど、
ドラマの当時は、かわいい異母妹の役だったんですよね。
石立さんが出ていたという資料はワタクシも見つけられません。
当時はペーペーだったからでしょうね。
花いちもんめ自体も完全にテレビ史の闇に消えているドラマだし。


● 桃さん
うん、モデラートさんは小学生じゃなかったろうけどね。
………(^_^; あなた、ワタクシにこれを言わせて
ワタクシとモデラートさんを喧嘩させたいんじゃないですか?(笑)
石立さんは元々はかなりシリアスな役を演じていたんではないかと思います。
やはり泣かせる演技よりは笑わせる演技の方がはるかに難しいと思うし、
それだけ石立さんは地力が有ったんだと思いますよ。


● 三船主任+αさん
あ。龍角散トローチだったっけ(苦笑)。
日テレとTBSで主に活躍しましたけど、TBSは脇が多かったですかね。
原田さんがバーモントカレーやってたのは覚えてないです。
お母さんは赤城さんですか。じゃあ逆縁をしてしまったわけですね……
鉄道公安官については、前にもEDの話が出た事あります。


● かじかさん
そうか。テレ朝ではそれが有りましたっけ。
2007/06/04(月) 06:31:59 | URL | ごいんきょ
チャミー
まだ答が出ていないようなので一応書いておきますが、チャミー役は村地弘美チャンですね。
2007/06/04(月) 19:40:39 | URL | 石毛零号
フォローすみません。
思い出せなかったので彼女だけ名前書いてなかったです(笑)。
2007/06/05(火) 04:45:32 | URL | ごいんきょ
三ツ森工業所
東京に出てきたばかりのころ、
都電に乗って訪ねたことがあります。
本当にある水道工事業者さんで、
今にも甲介やチャミーらの顔ぶれが中から出てきそうな雰囲気の場所でした。
今も、あの頃のままでしょうかねぇ…。
2008/05/01(木) 02:14:38 | URL | 葉っぱ
え?
本当に三ツ森工業所という水道屋さんが有ったのですか(苦笑)。
その場所でロケしていたという事なのかな?
2008/05/01(木) 07:13:36 | URL | ごいんきょ
説明不足ですね
実際のその水道屋さんの名前はもちろん違いますが、
「三ツ森工業所」前のシーンは、
ほとんどこのお宅の前で撮影されてましたよ。
都電荒川線沿線の、味わい深いたたずまいの一角です。
2008/05/01(木) 09:40:42 | URL | 葉っぱ
ああ。ロケ地という事ですね。
いかにも街の工務店ってとこでしたね。
壊れた水道管が敷地に有ったかな。
それが象徴的にも見えました。
2008/05/06(火) 06:37:01 | URL | ごいんきょ
あの水道屋さんは、移転してしまいました。
残念ながらあのロケで使われた水道屋さんの建物は、都営荒川線脇の沿道整備のため、なくなってしまいました。
水道店前のシーンでよく出てくる建物の横のあのガード(都電荒川線でただ一箇所しかない)はまだありますが、そのうち通れなくなるらしいです。
都電鬼子母神駅の後ろの喫茶店もなくなってしまいました。
唯一鬼子母神本堂だけは昔のままですが・・・・
2008/05/31(土) 10:58:39 | URL | (ハンドル未記入)
ナポレオンソロの稿で話題になった鬼子母神(笑)。
さすがにそれは畏れ多いんでしょうが、その他のものは着々変わっていきますか。
それも仕方ないんでしょうけどね。
映像で当時が偲べるだけまだいいですよ。
ウチの近所なんかテレビなんぞついぞ来ませんでしたから、
ワタクシの幼少時の原風景は、本当に記憶の闇の中です。
2008/06/01(日) 20:20:39 | URL | ごいんきょ
夕日ヶ丘3号館
昭和40年代後半だったか忘れましたが、八千草薫さん主演の団地ドラマだと記憶してます。日本も高度成長期時代で団地もブームで新築ラッシュで活気あるいい時代で懐かしく
いまでもテーマソングを口ずさみます。
2008/07/07(月) 19:10:02 | URL | リュウ
今、団地を振り返る動きもあるようですけどね。
2008/07/11(金) 07:01:31 | URL | ごいんきょ
残念
上京して(ほぼ)最初にやった東京見物は、
ユニオン映画作品のロケ地めぐりでした。
「気になる嫁さん」の砧と、
「パパと呼ばないで」の佃島、
それと鬼子母神駅前です。
あの水道屋さん、なくなってしまいましたか?
裸電球がともるいいたたずまいでしたが・・・残念です。
佃島のお米屋さんもなくなりましたし、
砧の“清水家”は、持ち主は同じ方ですが、建物は立て替えになって久しいようです。
虚構の物語の舞台は、
私たちの心の中にしか生き続けないのですね。
2008/07/12(土) 23:47:50 | URL | 葉っぱ
佃島って出てきたなあ、そう言えば。
劇中の米屋さんは、本当に佃島の米屋さんだったんですか。
金八の学校を残そうという動きも有ったようだけど、どうなったんだろう。
2008/07/24(木) 04:47:37 | URL | ごいんきょ
ロケセットでしたよ
ユニオン映画のドラマは、
主人公の家の外観や玄関先での場面などは、
実際の家屋や商店を使わせて貰うケースが主だったようですね。
佃島の米屋さん、昔ながらの懐かしいお店でした。
冨士真奈美さんの魚屋さんは健在です(2007年現在)。周囲に大型マンションが増えて雰囲気はすっかり変わってしまいましたが・・・地元の方と言葉を交わす機会がありましたが、当時のこと、いまだによく覚えていらしたので感動しました。
・・・あ、でもこの話題は「パパと呼ばないで」スレッド向きですね。

「水もれ甲介」の鬼子母神の境内は今も変わりません。都電荒川線の沿線は、半日歩いてると、まるで二昔前の虚構の世界に迷い込んだような、いい旅になりそうですよ。
2008/07/30(水) 10:08:07 | URL | (ハンドル未記入)
佃島、首都高や電車から見る風景は、高層マンションの街って感じになってますが…
でも川沿いは微妙にチラホラ雰囲気が残ってそうですけどね。

鬼子母神あたりは変わってませんか。
荒川辺りは日本遺産として残すべきかもしれませんね。
2008/10/13(月) 23:31:36 | URL | ごいんきょ
お金がないので。。。
こんばんは。 水もれ甲介、DVDを購入して全部見ました。川口晶は全25話のうち、10話くらいしか出ていませんでしたが、とても面白くて、最終話を見終わった後、これで終わりなんだなと寂しい気持ちになりました。 さて、次なる一手ですが、NECOチャンネルなどを見る環境を整えるためのお金がないので、しばらくはyou tube でいろんな懐かしいものを見ようと思います。さっそく見てみましたが、良かったのは、Gメン75で、がんばれドラゴンの人(倉田保昭?)が香港ムキムキマン?と戦う動画でした。それからブルースリーとチャックノリスが戦う動画を見て、最後はなぜかジャーキーチェンの酔拳を見てました。。。
2009/01/13(火) 23:50:10 | URL | ハリーは詩人
この番組にも晶さん出てたんですね。
そんな印象あまり無いんですが。
2009/01/20(火) 07:07:54 | URL | ごいんきょ
チャミーもおばあちゃん
大阪に住む弟が「パパと呼ばないで」がCSでやっていてもう終わったと聞いて残念。今は気になる嫁さんだそうで。石立鉄男つながりでこのサイトに来ました。チャミー役の村地弘美さんは引退して囲碁のプロ棋士小林覚さんと結婚し、確かもう
孫がいるはずです。
2009/01/28(水) 10:22:16 | URL | titan
うわー…
なんか嬉しいような、聞きたくないような話ですね(苦笑)。
2009/01/31(土) 12:10:10 | URL | ごいんきょ
レンタルDVDがあるんですネ
 『水もれ甲介』って、レンタル商品があるんですネ。今度借りようっと!
2009/01/31(土) 23:28:16 | URL | 自由人大佐
問題は店にあるかどうかですけどね。
2009/02/01(日) 07:38:17 | URL | ごいんきょ
TSUTAYAなら
ありますよたぶん。
つか、
今手元にTSUTAYAから借りた5~8があります。
1~4はもう見ました。
懐かしかったです。
「水もれ甲介」放送中には、
まだこの世に影も形もなかった妻が、
石立鉄男さんの魅力にけっこうハマってますよ。

妻「テルとチャーミーはこれからどうなるの?」
私「チャーミーじゃないの、チャミーだよ」

こんな会話してます。
2009/03/23(月) 22:20:25 | URL | 葉っぱ
ほお。随分と若い奥さまで羨ましい(笑)。
チャーミーじゃ食器洗剤ですよね(笑)。
2009/03/29(日) 09:15:14 | URL | ごいんきょ
再訪問
先日その女房とふたり、
ロケ地巡りで鬼子母神界隈へ行きました。
たしかに、昔来たときとはすっかり様子が変わってしまっていて、
案内できなくなっていました。

さびしかったです。

2009/04/13(月) 11:43:56 | URL | 葉っぱ
鬼子母神そのものはあまり変わってないんじゃないでしょうか。
周りは、そら変わったでしょうねえ。
仕方ないんでしょうが。
2009/04/14(火) 00:53:01 | URL | ごいんきょ
エンディングテーマが大好きで。。。。。
エンディング曲の
"はいてたジーンズが短くて
あの子のに声をかけそびれたのさ"
が今でもよく覚えています。
曲名など知っていたら教えてください。
2009/06/21(日) 16:07:25 | URL | 十頭の犀
はじめまして
ケーブルテレビに加入し、このドラマを偶然見て石立ドラマの虜になってしまいました。
このドラマ、最後まで相当面白かったのでDVD-BOXも買ってしまいました。
チャミーはかわいいし、テルも甲介もスラッとしてて70年代ファッションが似合っててカッコいいですよね。
2010/04/14(水) 02:06:23 | URL | まる
石立シリーズ
十頭の犀さんへ

確か「はいてたジーンズが短くて あの子に声をかけそびれたのさ
   好きなレコードも聞き飽きて 街で会ったあの子は 電話にも出ない(中略)
   そんな午後ならば そんな午後ならば まぁ聞けよ俺の話を 誰も知らないでっかい夢だから」
って感じの歌でしたよね。あれは水漏れ甲介じゃなく『きまぐれ天使』じゃなかったでしょうか。題名も「きまぐれ天使」のはずです。


おいらもあの歌大好きで、よくカラオケで歌います(笑)


石立鉄男のあのドラマシリーズ大好きで、再放送になっても何度も見ました。
石立さん、大原麗子さん亡くなられて、いよいよ昭和が遠ざかった、終わったなと言う寂しい思いに切なくなりました。
2010/04/20(火) 16:12:41 | URL | (ハンドル未記入)
わかめラーメンのCMや大映ドラマしか知らないのに大好きな俳優さんでした。
リアルタイムで石立さん主演ドラマを見た人は格別の思い入れがあったと思います。
2011/06/15(水) 19:30:57 | URL | 玉
● 十頭の犀さん
どなたか書かれておられますが、それは『気まぐれ天使』の主題歌ですね。
やはり石立さん主演のドラマでした。


● まるさん
堅調な人気を誇る石立ドラマにしては、この番組のDVDって激安なんですよね。
ワタクシも、つい買ってしまいました。


● 未記入さん
ありがとうございました。
いい歌ですよね、本当に。


● 玉さん
後年は、TBS大映ドラマでの活躍も記憶に残りますね。
主演ドラマもいいけど、脇で活躍したドラマも、どれも忘れ難いですよ。
2013/12/23(月) 09:34:56 | URL | ごいんきょ
テーマ曲
「水もれ甲介」のテーマ曲ってさ、シンガーズ・スリーが歌っていたんだよね!?伊集加代子さん(現・伊集加代さん)がいたコーラスグループですよ。
2015/01/16(金) 18:42:22 | URL | マスダっち1971
そうです。
この当時、結構テレビから聞けた美しい歌声ですね。
今、こうした歌声が流れてるんでしょうか。
2015/01/18(日) 17:35:30 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶
拝啓 よろしくお願いいたします。
主役の「石立鉄男さん」って中学1年の頃から知っていて、実はファンだったのですが、理由は「ハード硬派もソフト軟派も両方出来る得がたい大スターと。例えば「パパと呼ばないで からの一連の日テレユニオン映画物では軟派、事件狩り、夜明けの刑事等の大映テレビ物では硬派」など、どちらをやらせても文句のつけようの無い物凄い演技で忘れられません。ただ非常に不思議なのは。ある時期から、ぱったりと姿を消し、かなりの脇役に甘んじてしまう時期が続き、遂に主役に返り咲く事無かった悲劇の人でした。何故なのだろうかと?これほど上手くフレキシブルな役者は何処にいるのか?と。残念でしたね。この「水漏れ甲介」には忘れられないのが「チャミー村地弘美さん」でした。龍角散CMで知った彼女は、後にNHK少ドラはじめ数々のドラマでその美貌を拝見し、何時の間にやらマルベル堂でプロマイドを大量に買っていましたね。同時には「いけだももこ」さんも好きでしたが。この「水漏れ甲介」では結構ドキっとするシーン等もあり、楽しみでしたね。彼女こそ本当の美少女だと、、、、お世話になりました。
また印象に残るのが「選曲」でした。この選曲者の「鈴木清司」は、特徴と言うか、まぁこズルイ点=素材の使いまわしが非常に多い。この「水漏れ甲介」と選曲リンクしているのがわかっているだけでも「大江戸捜査網、女紅之介参る、元祖天才バカボン、気まぐれ天使、雑居時代」等などで、具体的には「ショッキングブリッヂ=パコっ、ズドゥーーン、ポロポロポロポロ、ジャンジャン、ポロリンコンっ」てな具合の曲と言うかSE?が使いまわされていましたね。これはもう個性と言うより「盗用、パクリ、グータラものぐさ」です。例えば?「元祖天才バカボン等は、こんな選曲の為に他の番組と記憶が混同され、違う印象すら与えてしまう」と。非常に危険で駄目な仕事です。少なくても雰囲気にはマッチしていない。おそらくは「各番組作曲家が作曲したものでは無く、鈴木が個人的に作った物」と推測できます。多分自己ライブラリーから適当に抜き出すのでしょうが、とてもプロの仕事では無いですね。誰も気付かないし誰も何も言わないが、自分は数十年前から疑問でした。しかし「水漏れ甲介」選曲云々はどうでもよいが、とっても良い良心的ドラマとして長く記憶に残りますね。石立鉄男さんへ合掌 敬具
2017/05/24(水) 13:42:44 | URL | よしたかくん
わあかめすきすきぴちぴちい♪
> どちらをやらせても文句のつけようの無い物凄い演技で忘れられません

俳優座出身という実力がものを言ったのかもしれませんね。

さて、石立鉄男さんといえば「伝説」。
先頃亡くなった渡瀬恒彦さんもそうですが、この人も
その腕っ節の強さでいろんな話が残っているようですね。
社会的円満さとか社交性は薄いタイプだったようで、
ひと財産築いたはずが全てギャンブルに溶かされていたなんて話もあるようです。

仕事でもそんな部分が悪い形で出てしまうことがあったようですね。
もしかしたら「湘南物語」(1989年)の撮影での遅刻で揉めて途中降板したというのも
主演級から退いたきっかけのひとつだったんでしょうか。
ドッグブリーダーとしても一流だったそうですし、
芸能界への執着もあまり無かったのかもしれませんね。

ってか「ダイヤトーン・たてコン」って石立さんのテレビCMあったんだ。
三菱電機が作ってしまった“うす形”(カタログ表記より)のシステムコンポですが
(もっとも当時はソニー・ファルコンなど
類似コンセプトの商品がありはしたようですが)、
確かに石立さんのイメージにはピッタリかも。
2017/05/24(水) 23:40:56 | URL | くろねき
私は67年生まれ、雑司ヶ谷に住んでてこのドラマを夢中になって見てました。

鬼子母神とか懐かしいなあ
2017/09/17(日) 13:49:19 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ