私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



2時のワイドショー (1979)

該当番組画像募集

つるるつるるつるるつるるつんっ

にっじっのワイドショー たらたたん
にっじっのワイドショー たらたたん
2時のやーすらぎ ワァイドショー

たらたつたらたたん

にっじっのワイドショー たらたたん
にっじっのワイドショー たらたたん
2時のワイドショー 2時の夢 たーらたーらら

ルールールールー ルルールールールール~
ルルールールールール~ ルールール~

つーちゃーつーちゃーちゃ

にっじっのワイドショー たらたたん
にっじっのワイドショー たらたたん
にっじっのワイドショー たーた 2時の夢~

つるるつるるつるるつるるちゃ~ん




てな具合で依然と以前と変わらぬスタイルでお送りしているわけですが。
おばかは死ななきゃ直らないので当然と言えば当然の流れ。
テーマソングを知らない人、特に初めてここを読んだ方などは、
この人、頭大丈夫なんだろうかと思われる事でしょう。
その疑問は概ね正しいのですが(笑)、しかしながら
当時見ていた人は、すんなりとテーマを再現しながら読めるはずなんです。
浪速のモーツァルトとの勇名を恣にする関西の誇るテレビ作曲家・キダタロー。
彼の作品の中でも、プロポーズ大作戦と並んでワタクシが好きなものです。

そんなこんなで、これは大阪よみうりテレビ制作の、
文字通り読んだままの、2時のワイドショー番組でした(笑)。
それまで午後のワイドショーと言えば、フジが開拓した
3時台が花形だったわけですが、この番組はその前の2時台を開拓。
1時台、2時台は、何故かワイドショー番組が根付かなかったのですが、
この番組はそこそこの成功を収めたようで、割と長く続きました。
何故かと書きましたけど、主婦が片付けや昼寝に忙しい時間帯なんでしょうか(笑)。


その日のスタジオをカメラが一瞥しながらのテーマソングが終わると、
司会の奥田博之が挨拶を始め、その日のテーマを紹介。
ウィキペディアによると、初代司会はノック・上岡コンビだったんですね。
うーん、それも見たかったのですが、関東で始まった際には、
既に奥田司会の体制だったはずです。
テーマは曜日ごとに違うのですが、特に覚えているのが火曜日の夫婦110番。
視聴者の主婦から送られてくる夫婦間のトラブルをスタジオで生再現し、
数名のゲストがあれこれアドバイスするというもの。
ミヤコ蝶々が夫婦善哉を彷彿とさせる辛口アドバイスをしておりましたっけ。

この夫婦110番でワタクシがよく覚えているのが、福富太郎の暴言。
その回は、たしか見合い結婚だかなんだかで、夫婦間交渉が一度も無い話。
何度か交渉を求める夫と、それを拒む妻のやり取りがスタジオで再現され、
「それじゃあ俺たちは一緒にいる意味が無いな」と夫が言って、
結局は別れようかどうしようかという話だったかな?
キャバレー王として名を馳せた福富、この時のコメントが秀逸。
「大体ああいう男ってモテないんだよね、太ってて」。
おいおい。
そりゃ番組で用意した再現用のタレントだろーが(笑)。
しかも、そのコメントは勿論その個人も侮辱しているけど、
あまねく太った男性全般を侮辱してもいるという構図(笑)。


あと、木曜は心霊特集のようなものをやってたかな?
その道では有名な放送作家・新倉イワオが我が物顔でデタラメ…
まあ本人は本気で言ってるんでしょうけど、ワタクシから見れば
デタラメ三昧を振りまいておりましたですね。
上岡司会当時だったら絶対に有り得ない企画(笑)。
この企画でよく覚えているのが、織田無道のデタラメな解説ぶり。
当時まだテレビに出始めだった織田無道、後にとんねるずのバラエティ等で
デタラメぶりをギャグにもするんですけど、この頃は時代的にも
まだああいう人間を真面目に見る人が多かったし、
ワタクシは本当にロクでもない企画だと思いながら見てたんですけど、
特に酷かったのが次のような回。

下駄箱に木目の模様が有って、それが宇宙人の顔に見えると言う投稿。
写真ももちろん送られてきていて、ワタクシが見るとべつにただの木目。
気にする人には顔に見えない事もないんだろうけど、
そういうのって家中の汚れとか模様でよく有るわけですよ。
それを視聴者は、あくまでも例えとして、宇宙人の顔に見えると言ったんでしょう。
そしてコメントを求められた織田無道、言うにことかいてこう宣った。
「これは宇宙人の霊です」。
おいおい(笑)。
お前らは素人が言ったまんまかい(苦笑)。
この時のワタクシは、こういう自称霊能力者商売人のいい加減さを
抜き放った刀身で突き付けられたような憤りと、
そうした義憤をも通り越す呆れによる笑いとがゴッチャになった、
非常に複雑な想いで画面を見ておりましたですね(笑)。

義憤というのは、こういう連中というのは、
こうして思いこみで悩んでいる人の言っている事に
そのまま適当に受け答えして、結構な金をパクッてるんだろうなという、
その手口をありのまま見せつけられた感じがしたからです。
ワタクシはそれを笑いとして見られたけど、当人は本当に悩んでいたんでしょう。
それが来てから家に悪い事ばかり起こるとかいう相談だったと思います。
でもね。きっと誰だって、人生そうそう良い事なんて無いですよ。
まともな大人になれば、むしろどちらかと言えばツライ事が多いはず。
それを方角が悪いかにが悪いと何かのせいにして、根本的な解決ができますかね。
と、相談者もいないのにワタクシが回答者になってもしょうがないんですが(笑)、
この時の織田は、この板は持っていても大丈夫とか言ったのかな。
よく覚えてませんが、なんか善霊のようなコメントをしたように思います。
要するに、ただの木目だから祟りも何も無い事は、
織田もよくわかってたんでしょう(笑)。
昨今、スピリチュアルとか名前を変えたこういうデタラメ三昧で
たらふく飯を食ってる醜悪なデブや、占い師風情のくせに
やたら高慢な婆さんが、まるで人格者のように扱われたりと、
こうした連中をテレビ界は跋扈させておりますが、
それは放送法にも明確に違反しているし、それ以前の問題なのでやめなさい
と言っても通じないから、ワタクシはもうテレビなどどうでもいいんですけどね。
そんな番組をレギュラーでゴールデンで幾つも流しているなんて、
日本人こそ未開民族だわなあと思うのですが、それはまた別の話。


番組は大きく前半・後半が有って、それらは前半のメインコーナー。
それが終わると後半は小コーナーっぽい企画で、これも曜日ごとに異なりました。
記憶に残るのが、浜村純の映画解説と、神田川料理道場。
映画解説の曜日は忘れたけど、水曜だったかな。
バックに流れる新着フィルムの名シーンに、
浜村がべらべらと早口で実況解説を付け続けるというコーナー。
まだ関東では名が知られてなかった頃で、この番組で関東人に
浜村純のキャラクターが浸透したと思います。
関西弁としては綺麗なしゃべりだなあと思いましたね。
覚えているのが、ノー・マーシーという映画。
「ノー・マーシー。非情の愛。ノーマーシー。これでわかるのか。
 ノーマーシーというタイトル。何が言いたいんでしょう」
みたいな事を、普通の映画解説に隠すように(笑)、それとなく混ぜてました。
物凄い早口で紹介するコーナーだったので、解説の途中、
一文二文くらい何か言っても、聞き流す人も多そうだからね(笑)。
往年の洋画は、それだけで名画の雰囲気を醸し出すような、
練り込まれた邦題が付けられていたものでした。
それが何も考えず、原題そのままで公開するようになった始めの頃で、
浜村はそういう風潮にやんわりと釘を差したんでしょう。


神田川料理道場は、たしか木曜日。
カ○ラの神田川、カ○ラの神田川と関西では声をかけられて憤慨しきりらしい
神田川ですけど(笑)、ワタクシは見ていて気付かなかったんですけどね。
こちらもわりと上品な関西弁で、それまでテレビに出てきた料理解説者の中では
傑出してテレビ向きというか、タレント性の強かった料理人でした。
特に面白い話をしていたわけではないけど、軽いダジャレのような事は
しょっちゅう言っていて、まあ主婦向け番組に相応しい人物でしたね。
神田川を中心に奥田はじめスタジオの連中が、
キッチンカウンターのようなセットを介して視聴者に向かい、
軽口を叩き合いながら料理をするというコーナー。
日テレ系では少し前の時間にごちそうさまが有って、ちょっとかぶる感じなのに、
二つの風合いが違っていたので、その辺はそれほど感じなかったですね。
料理を作り終わり試食も済むと、全員でカメラの方を向いて締めの言葉。
「○○も、ちょっと工夫でこの旨さ。神田川料理道場でした」
と神田川が挨拶してコーナーは終わりました。


提供でよく覚えているのが、P&G。
プロクターアンドギャンブルサンホーム。
どっからどこまでなんだ、お前と(笑)。
プロクターとギャブルサンホームだと思ってたんですよね、当時。
まあ人の名前だろうと。
しかしプロクターはなんとなくわかるが、ギャンブルサンホームって
ずいぶん長い名前になっちゃうしなあと(笑)。正体不明の会社でしたね。
昔、日拓ホームフライヤーズって球団が有りましてね。
ワタクシは日拓という会社が持っている、ホームフライヤーズという
名前の球団だとばかり思っていたんですが(笑)。
太平洋クラブライオンズも悩んだしね。
クラブライオンズ?じゃ、さすがにおかしいなと、それは思いましたが(笑)。
まあ、関係ない事で締めてしまうスタイルも相変わらずという事です(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
バンザイ!!
再開おめでとうございます。

毎日、チェックしておりました。

毎日 楽しみにしています。
2007/12/14(金) 09:37:51 | URL | キリン児
復活第1弾が
「2時のワイドショー」とは……

かなりのヒットです。

私が大学生のころ(90年前後)は
午後の授業がないときにはよく見ていました。
特に木曜日が面白かった。

「嫁姑110番」
新聞のラテ欄のタイトルも凄かった(「姑の頭をスイカで殴る鬼嫁」など)が、どうみても嫌味にみえる再現ドラマでの鬼嫁(鬼姑の場合もあり)や、ミヤコ蝶々さんにタジタジにされる森たけしアナ、等、見出すとかなりハマル内容でした。
ちなみに、夫婦の相談は大抵番組の半ばぐらいにやっていました。

そして後半は「神田川料理道場」。
本文の内容通りなのでここでは省きますが、あれ以降いろいろな番組やcmで神田川さんをよく見かけます。

ちなみに、私が見ていた頃の司会は
・羽川英樹アナ
・星由里子さん
でした。

最後にスポンサーですが、私めはP&Gよりも以下のスポンサーのほうが印象大です。

①自然派のサラヤ(ヤシノ実洗剤)
②ハヤシ株式会社
(ペットフードはドギーマン)
③日本文化センター
(とうきょうぜろさ~ん、にまるまるの、にににに~)
2007/12/14(金) 23:47:25 | URL | yig
● キリン児さん
再開コメント第一号は誰かというのも結構興味あったのですが、
昭和テレビブログに相応しい名前の方で良かったです。
麒麟児とかいた頃は大相撲も華でした。


● yigさん
間がかなり空きましたが、一応、今は報道・情報番組特集なんですよね(笑)。
BBSの方で戴いたリクエスト、なるべく多く実現させようとはしております。

夫婦110番は嫁姑110番になったんでしたっけ?
そう。鬼嫁ブームが有りましたよね(笑)。

羽川さんはよく覚えているのですが、星さんは印象薄いです。
たしか奥田さん司会の頃、ゲストで出ていたのを見た気はします。
夫君の花登筐氏と一緒で、花登さんの照れた顔がゴツくてね(笑)。
ちょうど麻雀名人を連覇して間もなくの頃で、
最近はプロとやる機会が多いので負けてばかりなんですよ
なんて事を、ゴツい照れ笑いで語っていたのを覚えてます。

書かれたスポンサー、ワタクシはよく覚えてません。
そうだった気もしますけど。
日本文化センターは、やたらと午後の時間帯で見かけるので、
どの番組のスポンサーかって回想しづらいんですよね(笑)。
2007/12/15(土) 00:47:59 | URL | ごいんきょ
上沼恵美子・浜村淳 コンビ
1979年5月放送の録音テープの一部が残っておりまして、
それは司会が上沼恵美子・浜村淳コンビでした。
あとキダタローさんも出てらっしゃいます。
(関東地区、日本テレビの放送です)
番組開始直後の放送だったんですね。

最後に視聴者からのハガキを1枚選んで電話をして電話に出たら何かプレゼントがもらえる…というようなコーナーがありました。
2007/12/15(土) 21:42:33 | URL | ダイアナ・シールズ
わーい。再開ですね!おめでとうございます。
休止の理由に私がからんでなければいいが、と密かに不安です。もしそうでしたらこっそりメールをくださいね。

さて、関西ではけっこう昼下がりに独自のワイド番組やってたのですが、関東を含めた全国ネットというとこの「2時のワイドショー」だけだったと思います。いつぞや、TVブロスか何かのテレビ雑誌で誰かが、間違ってTBSの「ニューヨーク恋物語」の再放送を見てたら音声だけ日テレにしてしまっていて関西系オバチャンのしゃべりが音声で流れてた、とネタにされてたことがありましたよ。ああいうしゃべりって関東の人には衝撃だからよけい印象的だったのでしょうね。
さて、私には特段興味がない番組でしたが、私が山陰に行った頃は系列の日本海テレビが、TBS系の山陰放送と共に、2時台を朝日系12時台の番組の遅れネット枠に充てていたため、2時のワイドショーは見られませんでした。そのため、岐阜県の実家で録画して山陰に持っていった覚えがあります。そのときの映像が残っているので、私のVTRでは今でも2時ワイドが見られます。司会は奥田さんだったか羽川さんだったか・・・。
羽川さんは今はテレショップやKBS京都等で活躍しておいでのようですね。
2007/12/15(土) 22:41:06 | URL | かじか
まずね、2時のワイドショーなんて番組でここまで語るページ、
おそらくは世界でここだけだと思うのです(笑)。
そして、そんなとこにこんな濃い返しが続々と来るのですからねー。
そうそう滅多な事ではやめられませんよ。


● ダイアナさん
なんでそんな音声があるのか非常に謎なのですが(笑)。
来年には、資料的に検証するもっと濃い会員制ページを作る予定ですので、
そこにアップして戴けると助かりますけど…
ずっと前に乞われた欽ドンの音声は、そこで流す予定です。
忘れてません(笑)。

キダタローさんを最初に見たのは、確かにこの番組かもしれない。
浜村さんは司会だったんですか。
そう言えば羽川さんも、奥田体制の頃から出てましたよね。
プレゼントコーナー、なんとなく覚えてます。
ラジオでそういう企画が多かった名残でしょうね。

● かじかさん
休止については、あまりに突然でその理由に戸惑った人が多いでしょうね。
べつに誰のせいでもなく、ワタクシ側の問題です。
特に、参加して間もなくで休止にされた方は、
自分に原因があるのかな?と訝しがった人もいるかもしれないですね。
ワタクシは他人に左右されるほどヤワではないので(笑)、
その辺はご安心戴きたく思います。

関東では昼ワイドが絶滅したと話題になりましたが、
関西では今も健在なんですよね。
大阪のおばちゃんの相手に欠かせない存在なのかな(笑)。

2時のワイドショー録画してますか。これまたなんで(笑)。
奥田時代ならけっこう貴重ですよね。
見つかったらこれも上の場所に投稿して欲しいです。
2007/12/16(日) 10:11:28 | URL | ごいんきょ
同じタイトルだけど
 同じタイトルでも、北海道(STV=日テレ系)ではまったく違う内容の番組が放送されていました。
 生活情報を中心としたメインコーナー(今みたいにVTR取材ものではなく、スタジオでのトークが中心)、デパート協力のテレビショッピング、視聴者プレゼントという流れでした。STVでの第1回目は、横井庄一さん夫妻をゲストに招いていたそうです。(ちなみに、1973年1月スタート。読売テレビよりも早く始まっています。)
 司会は代々STVの男女アナウンサーコンビが務めていました。
 スタート時こそ同じ「2時のワイドショー」というタイトルだったけど、その後「2時ワイド」「青春奥さん」「ちょっと和久井の2時ですよ」と司会者の交代とともに変わっていきました。
 同時間帯のライバル、HBC(TBS系)の「パック2」(1972年5月スタート。以前、OPがユーチューブにあがっていた)に長く視聴率で負けていたものの、晩年は追い越すことが出来たようです。
 余談ですが、新年第1回目の放送(だいたい1月の8~9日ごろが多かった)は「アナウンサー対抗かくし芸大会」を放送しており、冬休みのちょっとした楽しみでした。
 1993年9月、夕方のワイド番組「どさんこワイド」の放送時間拡大により、20年の歴史に幕を閉じました。時を同じくしてHBCの「パック2」も終了し、夕方のワイド番組戦争が本格的に始まりました。
 そういえば、「ザ・ワイド」に替わってこの秋から「ミヤネ屋」という読売テレビ制作のワイドショーが放送されています。
 
 
2007/12/16(日) 22:30:52 | URL | 北国の人
あまりにもそのまんまのタイトルですもんね(笑)。
どこで有ってもおかしくないタイトルです。
北海道ローカルの方の2時のワイドショーも、
わかる方はここで語っちゃって下さい。
きっと北国の人さんが相手してくれるので。
勝手にアテにしてますが(笑)。
2007/12/17(月) 00:20:48 | URL | ごいんきょ
再開ありがとうございます
 再開おめでとうございます。というか、再開していただいてありがとうございます。妙なクセで休止中なのをわかっていても「お気に入り」をクリックしてしまいましたが、これからは晴れてクリックできます。今後ともマイペースでお願いいたします。

 関西も一時は関西テレビ以外の主要3局(関テレは朝10時台でした)が当たり前のように2時にワイドショー組んでました。MBSやABCのワイドショーも8局とかそれくらいの微妙な数だけネットして放送してたかと思います。鬼嫁系の再現ドラマはMBSの「ワイドYOU」なんかでもやってました。小さい頃だったので訳わかんないまま見てたような。そういえばこの番組、「2時のワイドショー」とは逆に一見「心霊写真」というような写真を科学的に否定する企画なんかもあったように記憶してます。

 関西も一時は昼のワイドショーがなくなりかけてたんですが、夕方の大型ローカルワイドのブームに合わせてABCが「ワイドABCDE-す」で先陣を切り、後追いのMBS「ちちんぷいぷい」が逆転し、これに…と4局あわせて大混戦の様相を呈してます。ちなみに、「ちちんぷいぷい」が大ヒットになったおかげで、「ちちんぷいぷい」の焼き直しと思しき情報番組が一時MBSでボコボコとできたほどです。選挙特番までこれですから(少し前のTBSの選挙特番で久米宏がアンカーをを務めて話題になりましたが、関西地区はほとんどが「ちちんぷいぷい」風のMBSローカルが中心で見れなかったというほど)。東京からのネット受けをやめて自社製作に戻す時間帯もありますし。ま、さすがに今は基本的に報道系のワイドショーで鬼嫁をやる局はないですけどね(笑)。

>来年には、資料的に検証するもっと濃い会員制ページ
その構想に興味あり…ですね。
2007/12/21(金) 20:55:54 | URL | 通勤急行
こちらでは2時ワイドってのはあまり一般的ではなかったです。
だから、2時のワイドショーはほとんど無競争で見てましたね。

本文中で、新倉イワオ氏が怪奇特集に出ていたように書いてますけど、
同じ日テレ系ではあっても、お昼のワイドショーの方だったですかね。
このブログもデタラメ三昧です(苦笑)。
新倉氏がワイドショー番組でデタラメ三昧吹聴していた事は間違い有りませんが。

心霊写真を解明する企画というのは、こちらではほとんど見た事ありません。
わずかに、何回かそんな企画は有りましたが、心霊写真を心霊写真として紹介する
馬鹿げた企画が圧倒的に大量に制作されてました。

ちちんぷいぷいってのが今の関西ワイドの主流なんですか。

資料版は、休止前も細々とやってたんですよ(笑)。
2007/12/22(土) 04:45:55 | URL | ごいんきょ
MBS+12チャンネル=・・・?
 昭和40年代後半「奥さん!2時です」というワイドショーが、毎日放送と東京12チャンネルの曜日別持ち回り制作で放送されていました。
 手元にある新聞広告のコピー(昭和47年4月10日付北海道新聞。HTB(テレ朝系)でこの番組が始まった日です)によると、
 毎日放送は月~水曜、12チャンネルは木・金曜の製作を担当しており、司会陣は
 毎日放送 藤本永治
    (月) 桂 三枝
    (火) 笑福亭仁鶴
    (水) 森乃福郎
 12チャンネル 木暮実千代・三笑亭夢楽・菅沢芳恵 という面々でした。(司会者や担当曜日は時期により異なると思われます)
 ちなみに4月10日の放送は三笑亭夢楽さんが札幌から生中継を行ったそうです。(「春たけなわ北から南から」というタイトルで、札幌-大阪-福岡を結んでの多元中継を行った)番組終了後には札幌地下街でオークションを行いました。(日用品をはじめ、札幌オリンピックに関係した品物を多数集めて行います、との表記がありました)
 また、番組開始前週にはこれまた札幌地下街で連日レモンを配るキャンペーンを行ったとか。どうせならりんごやみかんの方がいいなぁ、と個人的に思いました。(f^^;)
 努力のかいもむなしく、北海道では2年で打ち切りとなりました。ほかの地域ではいわゆる「腸捻転解消」まで放送されていたようです。
   
2007/12/23(日) 20:49:56 | URL | 北国の人
なんとなくそんなタイトルが有った気もしますが、
見た事が有るかどうかまではまだ思い出せません。
12チャンネルは、そういう番組をわりと多く放送してましたね。
午前中のときめきプレヌーンとかリビング4とか。
2007/12/24(月) 04:12:47 | URL | ごいんきょ
べたな歌がリフレイン~
関西人なもんで、ごいんきょ様のカキコとともに歌っちゃいましたよ。♪2時の夢~ キダ先生の作曲だったのですね。キダ先生の歌では「花の新婚カンピューター」の歌が好きでしたね。♪ルールッルカンピュータ~ 小染兄様が司会をしておられた「夫婦でドンピシャ」もたしかキダせんせいでしたよね。馴染みやすいメロディ関西のバラエティワイドショーには欠かせませんでしたね。
あんまり内容は覚えていないのですが、我が家では4chのスタジオ2時やABCのプラスαとか見ていたような気がします。
皆さんのカキコを見ていると少し前の関西ラジオ局のパーソナリティてんこ盛りってかんじですね。
うなみの中で2時のワイドショーといえば羽川さんの顔がうかんできますね。
2007/12/24(月) 23:35:04 | URL | 南 うなみ
キダさんのメロディーって、なんか優しいというか、柔らかいですね。
羽川さんは奥田さん当時はアシスト的な存在でした。
2007/12/25(火) 07:50:29 | URL | ごいんきょ
大阪では
上に出ている「奥さま!2時です」→「こんにちは2時」(MBS)が大きな切っ掛けとなったのか「プラスα」(ABC)とか関西ローカル(大抵は後に関西発複数局ネットまで発展した)の2時台ワイドショー番組の系譜が途切る事無く続いていて、「2時のワイドショー」はそんな中で全国ネットとして放送された関西発のワイドショーですね。
在阪局が2時台にワイドショーをやったのは
12時台~1時台と3時台が全国枠に押さえられている中で2時台がどの系列でもローカル枠となっていた(地方局ではこの2時台にアフタヌーンショーを放送するケースも多かった)事で番組製作能力がある在阪局は地方局からの番販も視野に入れながら自前でワイドショー番組を製作したのでしょうね。
2007/12/26(水) 22:18:14 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
ああなるほどね。
見るべき2時台の関東番組が無かったというより、
そこはローカル枠で解放されていたんですね。
2007/12/27(木) 03:26:28 | URL | ごいんきょ
南うなみさん。キダ先生の歌は15年ほど前に2枚組のCDにまとめられました。私も持ってますが、おっしゃるカンピュータや2時のワイドショー、果ては「日清焼きそば」や「かに道楽」までいろいろ入ってますよ。キダ先生のお言葉まで入ってます(2トラック)。
「ぷらすα」は東海地方でもネットされており、次の「こんな時α」「ビバ・レディー」などずっとネット枠でした。CBCのMBSからのネットが「レインボー」だけだったのとは対照的です。しかし1990年頃、突然「こんにちは2時」のネットに変わりました。関西から関東に寝返った名古屋テレビは小早川秀秋でしょうか?
2008/01/07(月) 01:11:44 | URL | かじか
そう。2枚組CDになっていて、今やオークションではかなりのプレミア物です。
ワタクシも少し前に手放したのですが、水濡れジャンク品だったのに、
五千円を超える値段が付きました。
健常なら1万円前後の値段だと思います。
2時のワイドショー入ってたかな。
また聞きたくなってしまった(笑)。
2008/01/07(月) 02:47:36 | URL | ごいんきょ
うちにもある(笑)
かじかさまこんばんはです。
キダ先生のCDうちにもありますよ。
発売当初買わなくていいかと思い友人にカセットにダビングしてもらって聞いていたのですがやはり後年欲しくなり買いました。いいですよね。この前のカキコのあと聞きたくなって聞き直しましたよ。
プラスαといえば朝日放送の乾さんが司会でしたね。♪ランララララララプラスαラランランランララ~懐かしいです。乾アナは定年後朝日放送の横のホテルプラザの社長になられましたがちょうどそのときにホテルプラザが潰れてしまいとっても可愛そうでした。普通の大阪のおっちゃんて感じでABCの看板アナやったのにね室長にまでなったのに。ABCの番組というとホテルプラザでの宿泊(新婚さんいらっしゃいとか)ホテルプラザでの食事(ノックは無用とか)がプレゼントで付いていましたね。ノック師匠がホテルプラザベルベディアーのディナー券というのをいいにくそうに言っておられた声を思い出しました。
2008/01/07(月) 22:15:51 | URL | 南 うなみ
さすが当ブログの常連達。
そんなマニアックなCDを当たり前のように語る(笑)。
たしかにワタクシもまた聞きたくなりました。
もし価格が落ち着いたら買おうかな。
プラスαについてはワタクシはわかりませんが、
詳しいお話ありがとうございます。
2008/01/08(火) 07:10:08 | URL | ごいんきょ
STVバージョンでの生CM
 STVでは「江戸むらさき」でもふれたとおり桃屋の生CMをやっていましたが、一時期「アデランス」も生CMを流していました。
 昭和50年代前半、まだ女性向け製品は出ていなかったはずなので、男性向けの製品を紹介していました。
 社員と思われる男性が自ら頭頂部にかつらを装着するもので、幼心にものすごい衝撃を覚えました。
 装着するときに出ていた「パチパチ」という音(止め金?)も記憶に残っています。まさに体を張っているな~、と思わずにはいられませんでした。
2008/01/27(日) 00:00:01 | URL | 北国の人
アデランスの生コマとは(笑)。
モデル料もそれほどじゃないでしょうにねぇ~。
2008/01/27(日) 00:08:34 | URL | ごいんきょ
関西の平日ワイドショー
遅れましたが、再開おめでとうございます。
「夜ヒット」管理人の「resistance-k」こと「K&Y」でございます。

関西の平日ワイドショーといいますと、確か朝日放送系・毎日放送系でもながらくやっていましたよね。私が住んでる東海地方でも「2時のワイドショー」以外にも朝日放送の「ワイドショー・プラスα」とか「晴れときどきたかじん」なども同時ネットされていたらしい(ただ、子供の頃なので全く印象がない、というか、「たかじん」の番組は途中でネットを打ち切られていたかも)です。

関西の平日ワイドショーというとキーワードは「主婦第一主義・吉本もしくは松竹の中堅芸人・コテコテ感」でしょうかね。
2時のワイドショーはその最たるもので、レギュラーには巨人・阪神やいくよくるよ、坂田利夫なんかもいて、何となくほかの同種番組よりもにぎやかさが特出していた感があります。

やはりこの番組の全盛期は奥田博之が司会をやっていた時代、ということになるんでしょうかね。自分もまだ小さかった頃なのに、なぜか彼の司会している姿は未だに印象に残っています。ラジオ関西の人気パーソナリティーだったというだけあって、話術はとてつもなく軽快。これといって、特徴的な声質とか癖があるわけでもなかったはずなんですが、なんというか、番組のカラーと妙にマッチしていたんですよね。
2008/02/10(日) 14:58:38 | URL | K&Y
あと・・・
あと、既に既出であれば大変申しわけございませんが、(私が知ってる範囲では)

・浜村淳の映画解説→金曜
・夫婦(嫁姑?)110番→木曜だった記憶が・・・。

木曜は特に夫婦110番のネタを1・2題ほど→神田川(「料理もちょっと工夫でこの美味さ!」とかいうフレーズを毎週言っていたような)という流れが王道だったと思います。
このコーナーというと、ミヤコ蝶々先生と時折再現ドラマにも頼りない旦那役で登場する落語家の桂春之輔の掛け合い(というよりほぼ蝶々先生が春之輔をたじたじにさせるような毒舌を吐きまくっていた)とか、相談者の嫁もしくは姑の一方のイビリ方とかが相当に露骨で酷かった(これもある意味じゃあ関西テイスト全開の象徴か?)という点でしょうかね。これだけでもかなり内容濃すぎですねえ(汗)。そりゃ小さい頃に見ていたらいつまでも印象に残って忘れられないはずだわ(笑)・・・。
2008/02/10(日) 15:09:34 | URL | K&Y
ワイドショープラスαとかたかじんさんのは記憶に無いんですよね。
そうそう。
2時のワイドショーには巨人・阪神さんやいくよくるよさんもよく出てたかな。
奥田さんは妙に番組に合ってた気が。
ただ、この番組のあと見なくなりましたけど。

夫婦110番は木曜でしたっけ?
浜村さんの映画解説は、そう、金曜でしょうね。週末という事で。
そうそう。春さんね(笑)。いたなあ(笑)。

神田川料理道場は、観客を道場破りに見立てて、
客席に「たのもー」と唱和させてましたっけ。
すると「どーれ」と神田川さんが返して、
神田川料理道場、私が師範の神田川俊郎ですとコーナーが始まるんですね。

そして番組最後には、日テレ系列お得意の視聴者プレゼントコーナー。
アクリルボックスに入れられた葉書の山から、
奥田さん達が何枚か当選者を抜き出してました。
2008/02/10(日) 19:07:44 | URL | ごいんきょ
どこかで書いたような気がするんだけど
 P&Gサンホームは、毎度おなじみウィキペディアによると
 日本サンホーム社(旭電化、第一工業製薬、両社の家庭用品部門とミツワ石鹸が母体となって設立された家庭用品メーカー)に、伊藤忠商事とアメリカのP&G社が出資して出来た会社だそうです。
 ちなみにミツワ石鹸は、P&G社による日本サンホーム買収に反対して経営から離脱したとか。
つまり、
P&G+日本サンホーム(伊藤忠商事も含む)=P&Gサンホーム、
ということになります。
 その後アメリカ本社の完全子会社となり、さらにはいくつかの関連会社を統合して
「P&Gファーイースト」という社名になり、現在は「P&Gジャパン」という社名になっています。
 そういえば私が使っている「液体ミューズ」、いつの間にかプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンという社名表記になっていてちょっと驚きました。
 この間までは、マックスファクターだったのに・・・。
 
2008/03/06(木) 00:41:22 | URL | 北国の人
すみません、書いてました(^^;)
 「つくしんぼ」の所でも同じこと書いてました・・・。
 某掲示板じゃないけど、逝ってきます・・・。
2008/03/06(木) 00:48:25 | URL | 北国の人
500近いスレ全部読む人、ましてそのコメント全てを読む人なんてまずいませんから、
それぞれに書いて頂ければそれはそれで意味が有ります。
なんでP&Gは単体で乗り込んで来なかったんですかね。
障壁が有ったのかな。
2008/03/06(木) 18:21:37 | URL | ごいんきょ
「2時のワイドショー」に潰された「ワイドショー”今”」
「2時のワイドショー」の犠牲になってしまった、全身番組「ワイドショー今」のほうが、放送内容が本当に関西サロン風味が濃くて、さらにジーンと来る番組内容であり今現在でも忘れる事が出来ません。
司会は日替わりにて、浜村淳・キダタロー・野坂昭如(ソッ、ソッ、ソックラデスカ、プラトンか~♪、でお馴染みですが。)らが担当して居りました。
特に、当番組のエンディングコーナーにて(視聴者2万円プレゼントクイズ)にて、電話にて視聴者にクイズを出題して、視聴者が不正解ならば、ハゲタカの様な、羽がついた不正解の字が画面のうえのほうに向って羽ばたいて行く、テロップの表現のしかたが、腹をかかえて笑ってしまうほど、おもしろかったでした。
テーマ・エンディング曲も大変ジーンと来るムード音楽でした。
尚、日本テレビ及び全国ネット番組
ではなく、中京テレビから福岡テレビにかけてと、宮城テレビにて同時ネットして於りました。
尚、各ネット局のローカルセールス
番組でした。
岐阜・山田より。
2008/06/05(木) 23:35:53 | URL | (ハンドル未記入)
ほっほー。前身番組があったのですか。
キダ先生はたしか2時のワイドショーでもたまに出てましたね。
浜村さんは金曜映画解説をやってましたので、ワタクシは長いこと、
てっきり映画評論家とばかり思ってました。

視聴者二万円プレゼントクイズ!
有りましたね!
たしか2時のワイドショーでも有ったように思います。
2008/06/08(日) 00:34:46 | URL | ごいんきょ
嫁姑シリーズ
なによりこのコーナーが    
印象に残ってる。
嫁姑シリーズですが。

どれもヤラセだと思いますけど
凍死しろと姑を外に放り出す
鬼嫁と、いうサブタイトルが
印象に残ってる。 
2008/07/09(水) 13:59:15 | URL | 梅吉
いやー、梅吉さん。
あなたは世間の地獄をご存知ない(笑)。
世の中には実際に、地獄のような家庭内情が有ったりするのですよ。
ワタクシは何例も見聞しております。
2008/07/15(火) 07:11:41 | URL | ごいんきょ
「2時のワイドショー」視聴者プレゼント
2時のワイドショーの最後にプレゼントコーナーでプラスチックの箱の中から葉書を選んで当選者に電話をかけて、番組の当初は大きな箱に葉書が、ぱらぱらと入っていた。何回目でも、当選者はこれで3回目です
とか5回目の当たりです。それと
浜村淳さんは、いつも「それでは
黄金のハサミを入れましょう」と
言われていたのでどんなハサミかな
?~とても懐かしい。

2009/02/01(日) 21:47:12 | URL | 大阪の人
あ。本文で書き忘れてますね。
書き始める前はその事も書こうと思っていて、てっきり書いたと思っていたのですが、
いま見返してみると触れ忘れてました。
そうそう。
日本テレビ系お得意の、アクリルボックスいっぱいの葉書から
出演者が手を突っ込んで当選者を選び出すスタイルのエンディングでした。
黄金のハサミというのもなんの事かよくわかりませんです。
それが終わると明日の予告を奥田さんがさらっとしゃべって番組が終わりました。

初期は葉書が少なかったから一人で何回も引いてもらえたという事でしょうか?

2009/02/02(月) 00:35:10 | URL | ごいんきょ
2時のワイドショー♪
なつかしいでーす♪

2時のワイドショーっていつも
見てました。

先日息子となぜか2時のワイドショーの話題になり こんな夜更けに
キーボードで検索したら!
何と出た1
驚きです!嬉しい!
今夜 初コメントです。

ホントに2時のワイドショー大好きでした。
アシスタントの武原英子さんはベテラン女優さんでしたがとても初々しくて素敵でした。

心霊特集も楽しみでした。
確か京都のお寺のお坊さんが写真を
見てコメントしてましたね。ムドウさんではなく。

神田川さんの料理道場も大好きでした。ああ~なつかしー。

大阪キタ新地の神田川さんのお店!
あの当時お店の前は通ったことは
あったけど、はいったことはない!

私 2時の~♪ワイドショー♪って
テーマソング今も覚えてまーす♪

ごいんきょさんてホントよくご存知ですね~♪
2009/05/10(日) 02:31:01 | URL | かこ
初コメントありがとうございます。
またいつでもどこでも気が向いた時に書いて下さいね。

武原英子さんも懐かしいな。
にしきのあきらさんの奥さんとして認識してましたけど、
いま検索したら、なんとお亡くなりだったんですね。
まだまだお若かったのになあ。

心霊特集は夏の定番でした。
織田無道の心霊写真鑑定はよく覚えてますけど、
他に坊さんが鑑定してましたかね。

神田川さんのお店をご存知とは大阪の方ですか。
商売上手な方と思います。

あのテーマソングは見た人ならみんな歌えますよね。
ワタクシだけがよく知っているわけじゃないと思いますよ。
かこさんもまだまだ思い出せる事がきっと有るはず。
思い出しましたらまたいつでもお越し下さい。
2009/05/19(火) 07:20:16 | URL | ごいんきょ
2時のワイドショー♪
2時のワイドショー♪
ホントなつかしいデス!

ごいんきょさん ご返答ありがとうございます。

はい!私は大阪生まれです~

神田川さんのお店は大阪梅田にあるので大阪では有名です。

もっと他に梅田以外の所にもきっとあるんでしょうけど。

アシスタントの武原英子さん。そうですね~にしきのさんと結婚してお亡くなりになられて。。。。。

お子さんもいらしたんですよね。

心霊写真の京都のお坊さんも
すでにお亡くなりになられてるそうです。

ホントに随分年月がたちましたね。。。

私は奥田さん武原さんコンビしか
強い印象がないです。

奥田さんは今どうされてるんでしょうかねえ~

最近は神田川さんもあまりテレビで
みかけませんね。

関西ではご活躍されているんでしょうね。

私は今、関東に住んでますがやはり

大阪♪やっぱ好きやねん♪でーす。

ではまた おじゃましますう~

 かこ



2009/06/24(水) 10:19:45 | URL | かこ
中森明菜の実の姉が出演
「2時のワイドショー」は
1986年に自宅に専用アンテナと
ブースターをつけたおかげで
テレビ新潟・NT21・新潟放送が
観れるようになったので、偶然テレ
ビ新潟で観たのが始まりでした。
(新潟放送は以前は映りが悪かった
この番組はタレントの結婚式や
スキャンダルをよくとりあげて
いましたが、一番記憶に残っている
内容は中森明菜が自殺未遂事件を
起こして、そのことについて
中森明菜の実の姉が初めてマスコミ
の前に登場し、胸中を語ると言う
内容でした。
スリガラスみたいな物で上半身は
隠され、音声も変えてあった
みたいでしたが、ずい分傷心しきっ
ている感じが伝わってきました。
2013/02/26(火) 19:47:49 | URL | くも
書き忘れてましたけど、本文で書いた福富さんの暴言は、
理の当然として一般視聴者から抗議の電話が有ったようで(笑)、少ししてから福富さんが謝ってました。
「太ってる人が全員モテないって言ったわけじゃないんで。ごめんなさい(苦笑)」って感じでした。

この機会についでに、もう少し思いだした事を書いておきます。
パーティー会場とかで、スターのファッションチェックもよくやってました。
それから、ミヤコ蝶々さんの弟子でしょうけどミヤ蝶美・蝶子という漫才師が登場した際、
状況は忘れたけどテニスルックで正座で台車に乗って押されて何故か登場してきて、
お股のとこから白い布がチラと見えており、それをモニターで確認して、手で押さえておりましたら、
レツゴー三匹だったかな、「パンチラも有ります」と茶々を入れてました。
それはスコチラであって断じてパンチラではない!と憤りました。知り合いが(笑)。


● くもさん
そう。結婚式会場にもよく潜り込んで、スターのファッションチェックしてましたね。
あら。この番組って、90年代までやってたんですか。
そこまでは見てなかったなあ。
2013/03/04(月) 02:08:19 | URL | ごいんきょ
この番組を調べてみたら1992年
まで続いていたみたいですね。
中森明菜が自殺未遂事件を起こし
たのは、1989年7月
平成元年の頃でした。
スターのファッションチェックは
1986年に初来日した、故イギ
リス前皇太子妃ダイアナさんと
チャールズ皇太子のロイヤルカッ
プルの特集もとりあげています。
話はかわりますが、新潟日報の
番組欄で「2時のワイドショー」
のコーナーをみると、
「姑に熱湯をかける鬼嫁」みたい
なタイトルで、びっくりしました。
視聴者から寄せられる実体験に
基づいた夫婦110番という
番組内ドラマですが、ミヤコ蝶々
さんがコメンテーターで出演して
いました、福富さんもいたような。
ちなみに同じ日本テレビ系の北日本
放送の2時台は、「西遊記」や
「吉宗評判記・暴れん坊将軍」など
ドラマの再放送をやっていました。


2013/03/04(月) 22:12:46 | URL | くも
そうですね。
鬼嫁という言葉も、婦人誌やこの番組で認知された言葉でした。
最近はあまり聞かれなくなったような?
でも、確かにいるんですよねえ、鬼嫁(苦笑)。
2013/03/11(月) 00:11:51 | URL | ごいんきょ
2時のロードショー
見たい映画をやらないときは、こっちを見てました。アシスタントの吉本真由美さん目当てで。ある時、健康体操の紹介時にレオタード姿で登場した吉本さんを見たときは本当に得した気分でした。ごいんきょさまには全然興味の無いことでございましょうが・・。
2014/08/26(火) 14:21:23 | URL | hey
えー。それは覚えてないな。
うーん、見たかった。
全然興味は無いのですが、そういう回は珍しいので。

よくワタクシが興味が無いとお判りですね。
かなりの当ブログ通とお見受けしました(笑)。
2014/08/30(土) 06:11:47 | URL | ごいんきょ
ミケネコ学生時代の夏休みの定番
学校が夏休みなると、ミケネコは毎日というくらい見ていました。
特に、木曜日にやっていた「夫婦110番」を見ていて、パートに出ていた母が帰って来たときに、必ず番組内容を教えていました・・・(*^_^*)
この頃から結婚というのは本当に苦労するんだなって思います・・・('_')

P&Gがスポンサーだったのは本当に現在に通じるんですね・・・(*^_^*)
P&Gって今は、ジョイとかパンテーンシリーズが主流だけど、ミケネコ小学生から中学生時代、あるいは物心ついた頃でしょうか?(*^_^*)
「♪毛糸洗いはモノゲンユニ」
今は、ボールドおしゃれ着洗剤になりましたが、ミケネコ家では大事な洋服を洗う時に使っています・・・(*^_^*)
モノゲンユニは母が大事な洋服を手洗いするときに必ず使っていて粉タイプを使っていて箱に羊の絵が書いてありました・・・(*^_^*)
その羊の絵はおめめがなくて可愛そうだったので油性ペンでおめめを書いた事ありますね・・・(*^_^*)
2014/10/22(水) 01:32:50 | URL | みけねこ
お母さん、そこまで夫婦110番の内容を知りたかったのですか(笑)。
そして、っみけねこさんも苦労しているのですか(苦笑)。

モノゲンユニは、ワタクシにとっては第一工業製薬ですけど、P&Gでもやっていたのですね。
そうそう羊ね。
あ、本当に眼が無い。当時は気にしなかったな。
優しい女の子だったんですねえ。
苦労しているなんて、可哀想だ(笑)。
2014/10/24(金) 00:00:20 | URL | ごいんきょ
2時のワイドショーじゃないかもしれないけど
どの番組の司会者か覚えていないが子供の頃の話で、戦時中田舎に疎開し母親と借家に住んでいた。
借家の近くに鉄道が通っていて、自殺か事故かは不明だが轢死体が放置されていた。
戦時中の混乱期で、供養する人もいなかったらしい。ある雨の日、外を眺めていると借家の空き部屋に青白い顔をした見知らぬ人物がスーッと消えて行った。
導かれるようにその部屋に入ると異様な臭いを発する大きな箱が置いてあった。
怖々箱の蓋を開けるとバラバラの轢死体が入っていた。って言うこえぇ体験談を話してた。
2014/11/13(木) 22:05:13 | URL | 記憶違いかな?
2時のワイドショーでは、怪談話は有りましたっけ?
心霊写真はよく覚えてますけど。
目撃談のような話は、むしろ12時からの『お昼のワイドショー』夏休み企画で、
新倉イワオ氏を挟んでよくやっていた気が(笑)。
2014/11/13(木) 22:52:29 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ