私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



タカラ リカちゃん (1967)

リカちゃん

皆様、新年明けましてお目度とう御座います。
昨年は非常に多くの方のご参加と、数々のご協力を賜り、
お礼の申しようも御座いません。
にもかかわらず半年もの中断、それもいきなりの… (^▽^;
お詫びの申しようも御座いません。
にもかかわらず、再開早々のご参加と暖かいお言葉の数々、
そして変わらぬ数々のご協力、実にお礼の申しようも御座いません。

さて、本年の抱負ですが、
まずは休止せずになんとかやり遂げたいです(笑)。
これは実は、もしかしたらまた数ヶ月休止する可能性も有ります。
FC2の方で、全体的なコメント受付禁止機能を付けてくれれば、
閲覧だけはできるようにしたいし、したかったのですが。

次に、新しい展開も少しずつ始めていきたいです。
幾つか頭の中には有るのですが、まずはテレビ番組以外の、
昭和を振り返るブログを、この正月休み中にスタートさせたいです。
当ブログの姉妹ブログとなりますね。
後は、もう少し時間的な余裕が出来たら、旧資料版のような
会員だけ閲覧可能な昭和テレビサイトを作る予定です。

しかし、何よりも心掛けたいのは、いいかげん魔の脱却ですね(苦笑)。
いいかげん魔。
ご存知でない方のために改めて説明しますと、
当方の小学生時代、ごく一部で流行っていた言い回しです。
逆から読むと… ってヤツでして。小学生だからね。
と言いながら、中年になって、世界に向けてこんな事を、
それも新年早々書き込んでるわけですが(笑)。
とにかく、つくづく己のいいかげん魔ぶりに呆れておる次第です。
本当は、このリカちゃんの記事は、昨年早々にやる予定だったんですよ。
去年はリカちゃんの40周年でしたのでね。
それが、やるやると言ってるうちに休止になってしまい、
その事が頭にあったからこそ、キリの悪い年末になっての再開だったのに、
とうとう大晦日まで記事に出来ず。

で、大晦日中になんとかと思いながらパソコンの前に座ったのに、
いつの間にやらウトウト…
気が付きゃもう年は明けていて、いろんな番組も見られないし、
これじゃ精神衛生にいいわきゃないです。
わかっちゃいるのに、いつもこんな怠惰な姿勢。
今年は、少しでもきちんと、立てた予定通り行動したいのですが、
考えてみればこんな事を思いながら40年余生きてきているわけで、
今更変えられない可能性が高いのですが、
三歩進んで二歩下がるって感じで、ワンツーパンチでやっていきたいです。
休まないで歩きたいですね(笑)。


などどダラダラと意味も無い事を読ませてしまって申し訳ありません。
んなこんなでリカちゃんなんですけど、
本当は30周年の時に出されたCM集を見ながら、
きちんとやっていきたかったんですけど、
引っ越しのゴタゴタで探すのが面倒なので、
記憶だけに頼ってやっていく事にしました。
ウン。
新年一発目からいいかげん魔ぶり全開だな(苦笑)。


ワタクシが覚えているCMで一番古いのは、
♪ リカちゃんリカちゃんリーカちゃん というCMソングで始まって、
子供達がリカちゃんハウス?を手提げながら野原に集まるCM。
そこでリカちゃんハウスを開いてリカちゃんを出し合って遊ぶ。
なんか男の子もいたような気がしますが。
それまでタカラと言えば、なんと言ってもダッコちゃんだったわけですが。
ダッコちゃん。
ダッコちゃんと言いながら、実は腕にしがみついている人形。
ちっともダッコじゃない気がしますがそれは置いといて(笑)、
べつに見た目に愛くるしいわけでもないのに何故あんなに流行ったのか、
本当にブームというのは時として理解不能です。

そんなタカラが、自社開発キャラクターとして新たに出したリカちゃん。
女の子の人形ってよくわかりませんが、それまで着せ替え人形と言えば
バービーとかの外国モノって感じだったんでしょうか。
国産のキャラクター着せ替え人形の嚆矢がリカちゃんだったように思います。
まあ着せ替え人形なんて男の子の手にかかっては、
パンツずらして中を確認されるだけの存在でしかないんですけどね。
うーん…
相変わらず正直すぎるブログだ(笑)。
こんな赤裸々な事を書くブログも、そうは多く有りますまい。
しかし、男の子はきっとみんな、やったやったと思っているでしょう。
ワタクシ一人が傑出したヘンタイさんってわけじゃないと思うので、
そこは宜しくお願いしますよ、女性ファンの方々(笑)。
当時の男の子が着せ替え人形とどう接したかを後世に伝えるという、
文化的使命のために敢えて汚名を着る献身的ブログです(笑)。

そのCMはリカちゃんハウスのCMだと思いましたから、
リカちゃんが出来て、もうすぐに持ち運び用のハウスが出来たんですね。
と言うか今ウィキペディアを見てみたら、
そもそもハウスの方が企画が先だったと。
つまり、同時に発売してたんですね。
という事は、あのCMも第一弾CMだったわけだ。
他に、リカちゃん単体のCMもちゃんと有って、
そちらが本当の第一弾CMとなるんでしょうが、
どちらもその30周年の時に出されたビデオには収録されています。


翌年にはCMもカラーになり、リカちゃんトリオが早々に登場。
♪ リカちゃんトリオは仲良しだからー(私いずみよ)
  どこへ行くにもリカちゃんトリオ~(僕わたる)
ってヤツですね。このCMはキョーレツに印象に残っています。
やっぱり歌が良かったですね。
あと、合いの手の自己紹介。
わたる君の取り合いでドロドロしないんだろうかなどと、
汚れた大人になった今では考えてしまいます(笑)。


更に翌年にはママが登場。
♪ リカちゃんのママは素敵なママ~ ってCMでした。
パパはどうしたんだパパは。けしからん!
でも実際、女の子ってファザコン気味になったりするんだろうから、
ママよりもパパの方が需要ありそうな気がしますけど、どうなんでしょう。
それともママ役になって、リカちゃんに注意したりして遊んでたのかな。
なるほどね。


しばらくするとリカちゃんもブローアップし、歩けるように。
磁石でスタンドに立たせて押すと、歩くように動くようになります。
♪ 立って 歩いて ニューリカちゃーん
でもCMを見ると、なんか無様な歩き方なんだよな。
いや、べつにケチをつけてるわけではありません(笑)。
歩かせられるというのは人形遊びでは画期的だったのかな。
男の子の遊ぶ人形では、そういうものは無かったような。


という事で、リカちゃんも41周年目に入るという事で、
記念して書かせて戴きました(苦笑)。
リカちゃん周りの人物も、ハウスのような舞台設定も、
その後も次から次へと新製品が投入されていきましたね。
まあその辺は、女性陣にフォローして戴けると助かります。
覚えているCMと、実際の商品と、そして両者の差など(笑)、
教えて戴けると助かりますです。
という具合で、新年一発目の記事からあなたまかせの、
あなたまかせの男になっているブログでございました。
本年も宜しくお願い致します。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

って、新年早々、ワタシが食いつきたくネタですなぁ(^_^;)
リカちゃん、リアルタイムですね。
リカちゃん電話(GIジョー電話、サイボーグ1号電話もありました)に楽しんだ世代だし。声は杉山佳寿子さんだったかな?
お金持ちの子は、リカちゃんハウス(パッケージにはかの牧美也子*松本零士妻の絵が描かれてました)とかリカちゃんマンションを持ってまして。
ビンボー(?)なワタシは、リカちゃん一体抱えて、そういう家で遊んでました。誰かの弟が持ってたGIジョーと結婚させたことも(従軍花嫁か?)。
「なかよし」だかには、連載マンガもありました。
マグネットで動くようになってたから、登場した変身パットちゃんという無理矢理、お面で変身させるという謎のキャラも登場。
その頃、スチュワーデスのリエお姉さんというのもいたんですが…。双子と三つ子の妹弟が登場するようになってから、なかったものにされてます(?)
2008/01/01(火) 12:12:37 | URL | 桃
やったやった(^o^)/
 「昭和を振り返るブログ」ですかぁ。楽しみにしています。

 リカちゃんといえば、同級生のTちゃんちが床屋なのですが、順番を待っている間に呼ばれて、強制的に相手をさせられた記憶が‥‥。その子は「ワタルくん」は持っていなくて、女の子の人形役をさせられました。ママゴトをやるのもツライのに、人形遊びなんて‥‥。何が面白いんだろう‥‥。って、男の子は怪獣ソフビで遊んでいたんですがネ。

 「タカラ」は私の前の職場に近い、葛飾区宝町の町工場から大きくなった会社です。もちろん「きのぼりウィンキー」(ダッコちゃん)のヒットによって儲けたのでしょう。
 現在は、同じく葛飾区立石にあるトミーと合併してしまったのが寂しいですネ。一時は「ビールサーバー」や「バウリンガル」なんていうヒット商品を立て続けに出して、飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに‥‥。

 今年もよろしくお願いします。
2008/01/01(火) 14:45:42 | URL | 自由人大佐
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

♪スカァ~レット、スカァ~レット、わたしのスカ~レットちゃん!
…てなCMソング(まんまやん?)の「スカーレットちゃん」というのがいましたね。メーカーはわからないなあ。たぶん、リカちゃんよりリーズナブルだったと思います。私が買ってもらったのはこちらでした。リカちゃんのような豪華なものじゃなかったけど持ち運ぶための「ハウス」もありましたね。妹がいたような気がします。私は買わなかったけど。
あ、でもリカちゃん電話はよくかけたなあ。GIジョーにも。
その後、それよりさらに廉価版のチューリップから生まれたチューリーちゃんというのも出ました。

>昭和を振り返るブログ
わたしも楽しみです!
デアゴなんとかというところが出している週刊誌もあるけど、ここでワイワイ「いいかげん魔」で盛り上がる方が面白いものね。
2008/01/01(火) 19:52:23 | URL | オンデン1970
リカちゃん40周年、
ごいんきょ様、皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。休止開けからお邪魔しておりますが、ホントにここは楽しいですね(^^)。

さて、リカちゃん...本題からは多少ずれますが、昨年は「リカちゃん40周年」ということで、彼女が(『香山リカ(22)』という設定で)ある自動車メーカーの広報部に長期研修中...という連携企画が続いていて、リカちゃんによるいろんな取材のリポートがタカラトミーの公式「おもちゃブログ」に連載されています。

http://www.takaratomy.co.jp/products/toysblog/

ワタクシ、このタイアップ先の会社の広報部(正式には広報・CSR部)におります(爆)。あ、でもリカちゃんがぼくの職場に常駐しているということはありません。念のため(笑)。

参考URL(スクロールすると下のほうにリカちゃんがいます)
http://blog.nissan.co.jp/SKYLINE/archives/2007/04/midtown.html#more

...というわけで、奇妙な縁を感じた次第です。

「立って、歩いて...」のCMは、映像の記憶はまったくないものの、「懐かしのCMソング大全(3)」に入っているので、しょっちゅう聴いています(^^;)1973年前後でしょう...かね。
2008/01/01(火) 20:59:25 | URL | nardo
貧乏人だったもので…
今年もよろしくお願いします。
リカちゃん人形、ほんとうはリアル世代だったはずなのにうなみん家は典型的な中産階級下だったので初代リカちゃんは買ってもらえませんでした。うなみがはじめて手にしたのは「レディリカ」でしたね。たった一着買ってもらったお着替えはエンゼルハットにつなぎのホットパンツでした。(時代やね)♪なんだか胸が震えるの…という哀愁ぽいCMソング。しかもサビは♪わたしはもう大人…ですからね。ハウスなんてもちろん買ってもらえるはず無くそうめんの箱に小学館の学習雑誌の付録を切り取って貼り付けたおかぁはんの手作りハウスでした。
2代目リカちゃんはひょんなことから叔父の婚約者の方が手みやげに持ってきて下さったものでした。そのときにロッキングチェアーとTVとスタンドの家具セットをいただいたのですがTVのはめ込みの紙の似顔絵が「中尾ミエ&伊東ゆかり」だったのを覚えています。子供心にどうして真理ちゃん(天地真理)じゃないのと思いましたよ。まるで同時期にいとこに買ってもらったデートゲーム(タカラ)のデート相手が秀樹ではなく西郷輝彦だったように微妙な違和感を感じました。
同級生の金持ちのお嬢が2代目リカちゃんのお友達の「変身パットちゃん」を買ってもらっていましたね。これもCMソングがあったはずですが思い出せません。
前にも書いた気がしますがわたるくんは買ってもらえなかったので家のリカちゃんのボーイフレンドはマスクを取ったトラパンツの伊達直人くんと変身忍者嵐の衣装をつけていない透明すけすけの「サイボーグ1号」でした。(笑)
2008/01/01(火) 23:31:17 | URL | 南 うなみ
貧乏自慢!(涙)
今年もよろしくお願いします。

私こそリアル初代リカちゃん世代であります。が、我が家はおもちゃなぞ買う余裕はなく、一体も買ってもらえませんでした。よって親戚の家や友だちの家で一方的に遊ばせてもらった思い出だけです。
自分が親になり、ようやく念願のリカちゃんを買えたのですが、今の子はあまり喜びませんね~。すぐに飽きてしまっていましたよ。

歩くようになったのは、やはりすごいなあと思いましたね。

パンツはよく脱がせました。いえ、股関節がどう作られているのかって結構気になったんですよ。今は動だか知りませんが、バービーとリカちゃんはまったく異なるつくりでびっくりした記憶があります。そういえば今家にあるリカちゃんの股関節はチェックしてませんでした(笑)。
2008/01/02(水) 01:15:28 | URL | ダイアナ・シールズ
女性常連陣のご協力に感謝です。
ちぃと微妙な描写も有ったのに、やはりこんなブログに常駐してくださる皆さんは懐が広い(笑)。
そして皆さん、ワタクシ同様そこそこ貧乏でロクに買ってもらえない境遇だったのですね(苦笑)。


● 桃さん
ああそうそう。リカちゃん電話の話も忘れちゃいけない。
タカラはそういう地道な事もやってたんですね。
「私リカちゃん」で始まって、身の回りの様子をリカちゃんが
とうとうとしゃべり続けるやつね。
会話ができないので最初はちょっと拍子抜けでした。
うん。たしかにいま思えば、杉山さんっぽい。
同じタカラのGIジョーでも同様のダイヤルが有りましたけど、
変身サイボーグでも有ったのかな? ワタクシは知りません。

リカちゃんマンションなんて有ったんですか。
ハウスを持っている子はお金持ちで、普通の子は単体だけ。
それを持ってハウスのある子のとこに遊びに行く。
サンダーバードやタイガーマスクの場合と同様の構造ですね。

ハウスのパッケージは牧さんの絵でしたか。
少女漫画で活躍してたのかな。
ワタクシはレディースコミックの先駆けのようなものしか知りません。
女性週刊誌によく描いていたような。

変身パットちゃん有りましたね。
♪ なんとかかかんとかパットちゃん
のこいのこさんっぽいCMソング。
髪の毛が針金かなんかでできていて、ヘアスタイルを決められるのも無かったかな。

スチュワーデスのリエって有りましたけど、双子と三つ子までいたんですか。
リカちゃんのママもあんな顔してお盛んなんだなあ(笑)。


● 大佐殿
昭和のキーワードを、テレビを中心に振り返るって感じになると思います。
リカちゃん遊びに誘われてたんですか。モテモテだったんですね(笑)。

タカラって、宝町にあったからタカラですか。初めて知りました。
ダッコちゃんって、木登りウインキーって言うんですか?
それまた初耳です。誰がダッコちゃんなんて言い始めたのだろう?


● オンデンさん
そうそう。中嶋製作所のスカーレットちゃんが少し前に有ったんですね。
魔法使いサリー本放送は見ていましたが、CMは覚えておりません。
スカーレットちゃんにもハウスが有ったんですか。
うーむ。するとウィキペディアにある解説にも闇の部分が有るな。
チューリーちゃんって、リカちゃんファミリーですか?
まったく聞いた事ないです。


● nardoさん
うぅわ~。リカちゃん電話ならぬリカちゃんWebが有ったんだ。
まったく同じノリなのが笑える(笑)。
日産さんにお勤めですか。
こんな場末のブログとはいえ、広報活動とは職務に忠実な(笑)。
しかし日産さんもスミに置けないなあ。
>なお、今回、日産自動車の特別研修プログラムに参加中の
>タカラトミー 広報・IR部の「リカちゃん」こと「香山リカ」さんも、現場入りしていました。
だって。笑った(笑)。
こういうのも nardo さんが考えてるんですかね。

ニューリカちゃんはそうですね、その頃だと思います。
CM集にはちゃんと年代も入ってるんですけど、そのうち探しときます。


● うなみさん
レディーリカってのも有りましたね。
なんかヤンキーっぽい響きですが(笑)。

手作りハウスの話、泣けます(苦笑)。
でも、今の子には味わえないお母さんの思い出ですね。
真理ちゃんの時代にナベプロ三人娘って…
なんというアナクロ(笑)。
ヒデキの時代に西郷さんがデート相手のゲームも有ったんですか。
版権料の問題なのかな。昭和だなあ(笑)。

あれー。女性でありながらタイガーや変身サイボーグ持ってましたか。
サイボーグはワタクシですら買えなかったのにィ。


● ダイアナさん
ふーむ。
子供に買うのを口実に、自分の購買欲を満たす。ありがちです(笑)。
今はもっと受動的に楽しませてくれる遊びが溢れてますからね。
創意工夫して遊ぶなんて、面倒でやってられないかもしれないです。
段階を踏んで与えられればいいんでしょうけどね。

そりゃパンツも脱がせるでしょうけど、そこに性的興味や興奮を覚えるかどうか。
女の子でもそんな感覚はやっぱり有るのかな。
まあ書きづらいでしょうからそんな事はどうでもいいです。
こんな事を書ける人間はかなり特殊です(笑)。
2008/01/02(水) 05:08:05 | URL | ごいんきょ
いやいや(^^;
ごいんきょ様、レスありがとうございますm(__)m

リカちゃんブログは、ワタクシが書いてないですって(笑)。ちゃんとタカラトミーの社員さんが書いていらっしゃいます。

リカちゃんをイベントなどに登場させる場合、もっと細かくいうと、リカちゃんの『影ナレーション』声を担当される声優さんのような方がいて、スクリプトや記事を書くライターさんのような方がいて、あとはスタイリストやヘアメイクさんみたいな担当の方がいたかな、ちょっとうろ覚えですが…、複数体制でされています。

ただ、何をどうやって取材するかは日産のマーケティングを中心にいろんな部署がタカラトミーさんと絡んでいる…というような次第です。

そんなふうにして『人間扱い』されているリカちゃんがしゃべったり、等身大の人間と会話したりするのって…(男だからかもですが)なんというか、とってもシュールです(^^;
2008/01/02(水) 18:28:46 | URL | nardo
(ネタつながりで)「アケオメ」
本当はリカちゃんについて書かなければいけないんですが、まずはここに食いつかせて下さい。「いいかげん魔」。
うわっはっは、初めて聞いた、そんな言葉。ウチの地元で流行っていたのは「竹村達也」とか「ロイくん、ピンポン頼めよ」でしたね。全国的に有名なのは「米押しダルマ」でしょうか。脱線ご容赦(^^ゞ
2008/01/03(木) 09:20:09 | URL | 石毛零号
日本のアイドル・・・じゃないの!?
リカちゃんで気に入らなかったのは、フランス人とのハーフだという事ですね。当初、パパは登場せずイメージキャラだった訳だし、当時の女の子にとって「フランス」というのは憧れだったのかもしれないけど、日本を代表するドールアイドルの半分が外国人なんて、何か寂しい・・・・・いえ別に国粋主義者ではないんですけどね。
それでもパパがいない時はまだ良かった。パパ・ピエールの登場後、祖母・エレーヌや祖父・アルベール、更には従兄のシャルルとエスカレート。そのくせ母・織江の家系は全く不明・・・そりゃないよ。
2008/01/03(木) 12:55:43 | URL | 石毛零号
運命の再会
お姉さんなのに、唐突に後から登場したリエちゃん。何故だかご存じですか。
スチュワーデスのリエは、パリ行きの機内で気分を悪くした女生徒遭遇。その女性に名前と父親の職業を訊かれ、答えるとその女性は「リエ、私がママよ」と(笑)。ママは、リエのほくろの位置で「もしかしたら」(笑)と声をかけたのだとか。
ちなみにリエとママが離れ離れになっていたのは、リエはパパとフランスで暮らしていたからだとか。だとするとママとパパは不仲で別居?。その後の復帰は復縁?。何かややっこしい設定です。
2008/01/03(木) 13:10:49 | URL | 石毛零号
訂正を兼ねて、もう一ネタ
「女生徒」じゃなくて「女性と」です(^^ゞ
「レディリカ」ってのは、香山リカとは別人だそうですね。フランス人とのハーフって設定は一緒だけど、高校一年生の北原理香という娘だそうです。
2008/01/03(木) 13:17:04 | URL | 石毛零号(いしげれいごう)
● nardoさん
いやいや(^^;
リカちゃんブログはリカちゃんが書いてるのはわかってます。
中の人などいません(笑)。
そうではなくて、日産の方の引用部分の記述がおかしかったんですよ。
それを nardo さんが書いたのかなと。


● 石毛さん
コメントに締め切りは無いのだから、慌てずまとめて投稿して下さいね。
しかし、竹村達也は懐かしい(笑)。
ウチの方でも言ってましたよ。
その他はまったくの初耳です。

ハーフ設定に関しては、まあ、仕方ないのかも。
今ですら白人コンプレックスから抜け出せてませんし、
まして当時の日本人のコンプレックスは本当に酷かったですからね。
ママは織江って言うんですか(笑)。
リエの設定はなんで知ったのでしょう?
まさにスチュワーデス物語ですね(笑)。

レディーリカに関してはその通りですね。
きっとお嬢様系だけでなく、ヤンキーっぽい子も取り込もうとしたのでは(笑)。
2008/01/03(木) 21:08:58 | URL | ごいんきょ
ピチピチリカちゃん
というのも、いっときいました。
小麦色なんです。
リエ姉さん、初期の頃に人形もあったんですけど、パパ&ママの年齢設定がいきなり下がった時点で、なかったことになったような。
ママって、織江さんで、繊維関係…デザイナーなんですよね。
2008/01/04(金) 00:11:35 | URL | 桃
関連人形情報
「チューリー」はマテル社(国際マテル社)から発売された、バービーのお友達(日本人の設定)人形でした。日本国内専売人形だそうです。
日本のアイドルドールはリカちゃんが断トツで有名ですが、トミーが発売した「ユッコちゃん」というのもあったようです。合併して「タカラトミー」になった事だし、リカちゃんのお友達として復活しないかな。
2008/01/04(金) 01:35:39 | URL | 石毛零号
リカちゃん電話のおもひで
あったねぇ~。
リカちゃんやGIジョーの電話サービス。
当時、クラスでは紫ババァのような噂話から、リカちゃんと話ができるってのが評判になってさ。
電話番号を入手したんだよ。
でも、当時の電話は黒い設置電話。
うちには厳しい爺ちゃんもいたもんだから、電話掛けるのも大変だった。
お袋が買い物、爺ちゃんがトイレに行ってる隙にかけたんだけど、つながらなくて…。
学校では、続々とリカちゃんと話したことが話題になっていくし…。
結局、リカちゃんとは話せずじまい。
でもJIジョーにはつながった!
話ができると思ったら、戦場の真っただ中で、一方的に報告されたんだ。
途中で切っちゃったのを覚えてるよ。
ちなみにパンツ脱がしは、オイラもやったよ!
何も無いに決まってるジャン!
でも、チ●○ンもってる男の性ダナ、うん。
2008/01/04(金) 09:43:54 | URL | ハナユビ
そういやライバルのバンダイには
女児向けの匹敵し得るオリジナルキャラは当時から今に至るまで未だ現れてないといえるんだわな
もし出ていたらおもろい雰囲気が今に至るまで続いていたかも知れんのに
ちなみに当時のバンダイの主な女児向けの商品は当時のアイドルが主なモチーフのそう「ポピーちゃん」がメインであったと記憶しておりこれももし現在まで続いてたら面白かったかも
2008/01/04(金) 11:00:07 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
コレクターであります(*^^*)
ごいんきょ様、そして皆様、少々遅ればせながら明けましておめでとうございます&今年もどうぞヨロシクお願いいたします!!

実はワタクシ、今頃になって昔遊んだリカちゃんグッズをオークションで探しては買い集めてる次第です
やはり少女時代を昭和で過ごした女子にとっては、リカちゃんはおもちゃ界では一番の憧れでありました。
そして桃さんがGIジョーと結婚させたのと同様、私も他の色んな人形とコラボさせて楽しんでいました。
4歳も年下の妹にさんざん笑われたのが、どこかの毛糸会社のマスコットの「スキー坊や」をリカちゃんの子供にさせて遊んだ事です。まぬけです。。。

今のリカちゃんは金髪にピアスと、とても小学生とは思えないハイカラぶりですね(頭も小さくなってる!)
2代目リカちゃん世代としては、やっぱり昔のモデルの方が可愛く思えるんですけど、どうなのかなあ・・・
2008/01/04(金) 19:52:25 | URL | カピバラ
ポピーちゃん
ガッツインガー様のカキコで思い出しました。♪アグネスみたいなポピーちゃん~♪真理ちゃんみたいなポピーちゃん~「とびだせ真理ちゃん」とかの間にCMしていて猛烈に欲しかったです。
リカちゃんより一回り大きかったような記憶がありますね。「ポピーちゃん」という名前でなかよしで提携マンガの連載があったのを読んだ記憶があります。もちろんお金持ちの友人姉妹の家で(笑)
2代目リカちゃんよりは少し後の時代のような気がします…
同時期に亀マークの中島製作所から「ロコたん」という人形が発売されていましたね。♪そばかすロコたんおしゃまさんおかしなおかしな子~そばかすの人形で髪の毛がズラなんですよね(爆笑)お洋服はジーンズとかTシャツとかホットパンツとかちょっとサイケなイメージでしたね。
カピパラ様の書いておられる「スキー坊や」はスキー毛糸のマスコットですよ。うなみの実家にもおかぁはんが「編み屋」をやっていたのでたくさんありましたよ。人形遊びってお家にある人形各種を無理矢理家族にしたりするんですよね。我が家の人形遊びのリカちゃんの弟はナショナルの「ナルちゃん」人形でした。
2008/01/04(金) 22:12:41 | URL | 南 うなみ
ポピーちゃんのマンガ
よくぞ、思い出させていただきました。
「なかよし」に出てましたね。
芸能人が実名で出てきた気がします。
♪アグネスみたいなポピーちゃん
…ってのもありました。
リンリンランランもあったような。

おはなしマーガレットちゃん、チューリーちゃん、ロコたん、チーちゃんetc.…人形のCMずいぶんありましたねぇ。
2008/01/04(金) 22:21:13 | URL | 桃
ポピーちゃん
桃さん「ポピーちゃん」のマンガは原作、名木田恵子 作画、原ちえ子だったとネットに書いていました。毎月読み切り1年間続いたそうです。名木田さんといえばキャンディキャンディの原作者ですね。

おはなしマーガレットちゃん。でっかい抱きタイプのお人形ですね。紐を引っ張ったらおしゃべりする人形でお腹の中にレコードタイプのミニディスクが入っていてとりかえられるンですよね。うなみが知っているのは「わたしマーガレットよ」「おねいちゃま一緒に遊びましょう」「このお花きれいね」というタイプでした。今はさすがにこのタイプの人形は売っていないですね。需要がないのか…。流通で社員をしていた20年くらい前でもこのタイプの人形を買わはるのは国の弟や妹におもちゃを送る近くの○○新地の「じゃぱゆきさん」くらいでしたからね。すべてはポポちゃんになっちゃったのかもね。昔のように小学生になっても人形遊びするなんてないんですよキット。
2008/01/05(土) 21:22:11 | URL | 南 うなみ
● 桃さん
ピチピチリカって言うんでしたっけ。
クロンボリカって無かったかな?
パパとママの年齢設定が下がった…
ますますヤンキーっぽいな(笑)。
服飾関係だから織江っつーのもどうかと(笑)。


アグネスみたいなポピーちゃんってのだけはかろうじて思い出しますが、
他の人形CMはまるで記憶に無いんですよねえ。
リンリンランランは歌のままの展開だったんですね。


● 石毛さん
バービーにもお友達があったんですか。
トミーのユッコちゃんなんて初耳だなあ。


● ハナユビさん
なんかリカちゃんもGIジョーも、何故かダイヤルを知ってるヤツがいたんですよね。
家族がいる時にはまず掛けられなかったです。
当時は親もそこそこ厳しかったし、経済的な事もありましたしね。
小学生で携帯電話を持つ今とは隔世の感が有ります。
GIジョーはそんな感じでしたね。
「GIジョーだ。今戦場にいる」みたいな感じで。
リカちゃん電話の内容はどんなだったかな。
或る程度定期的に内容も変わったんですけどね。


● ガッツさん
バンダイはポピーちゃんですか。
それも知らないなあ。


● カピバラさん
ハンドルといい、なんかカワイイ雰囲気のカピバラさんですが(笑)、
なんとリカちゃんコレクターでしたか。
どのくらいの相場なんだろうなあ。
スキー坊やってのも興味ありますね。どこの会社なんだろう。
当時からリカちゃんって金髪じゃなかったですか?


● うなみさん
おぉ。これは貴重な証言を数々。
真理ちゃんシリーズ、ワタクシはそれほど見てなかったのでねえ。
するとドレミ真理ちゃんのブリジストンも提供してたのかな。
真理ちゃんシリーズは昭和50年より少し前ですから、
二代目リカちゃんより前か、同時期だと思うんですが。
…二代目リカとかいうと、いよいよヤンキーっぽい(笑)。

中嶋製作所のロコたんってのも初耳です。CMもまったく記憶に無いです。
女子モノはあんまり興味持たなかったからかな。

あ。スキー毛糸って聞いた事ある。
ナショナルの人形はナルちゃんって言うんですか。
なんか、やんごとなきお名前と拝します(笑)。
しかし、よくリカちゃんと家族という発想に…(笑)。

キャンディの原作者ってそんな名前でしたっけ?
あ。おはなしマーガレットちゃんってなんか覚えてる。
そうそう。お腹にミニレコードを収納していて、紐を引っ張ると再生するのね。
あの、回転と共に巻き戻されて紐が短くなっていく様子がカッコ悪かったんだ(笑)。
んーむ、懐かしい(笑)。

やっぱり今の子は人形遊びしないんだあ。
女の子がお人形さん相手にしとやかにままごとしてる図は、
なかなか可愛くて風情が有ったんですけどねえ。
2008/01/06(日) 05:09:31 | URL | ごいんきょ
ごいんきょさん、こんにちは。札幌は子どもの学校の冬休みが長く、ようやく母の日常が戻ってきました。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、リカちゃん。待っていました。
幼稚園の頃、リカちゃんトリオをサンタさんにお願いしたのに、クリスマスの朝、リカちゃんだけしか枕元になくて泣いたこと、以前どこかに書きましたが…。その時の父の、淋しそうに出勤していく背中を、今も思い出します。あぁ、もっと喜べば良かったなぁ。

リカちゃんの電話番号は、今でもすらすら言えます。街を歩いていて、もし知らない誰かに電話番号教えて、なんて言われたら、この番号を教えるとイイ、なんて、どこで読んだのかしら。『ぴあ』だったかな。

ちなみに、着せ替えで遊んだことはあまり記憶にないんですけど、何故か、髪型を変えたい衝動をどうしても抑えられず、はさみで切っちゃったんですよね…。見るも無惨なばっさばさの髪型になっちゃいました。
妹も同じ血が流れているので、きっと同じ衝動が湧き上がるのではないか、と懸念し、決してリカちゃんの髪の毛を切らないように、と、実物を見せて注意したにもかかわらず、やはり、同じようなリカちゃんが、もう一体…。

その後、娘にはリカちゃんやプール付きのハウスを買って自分の購買欲を満たしたのはもちろんですが、髪の毛を切ったりしないよう、「カットちゃん」という、ヘアカットして遊ぶお人形を、別に買い与えました。
2008/01/18(金) 17:23:08 | URL | 秋桜
ああそれそれ。その話。
お父さんの気持ちになって涙が出てきそうになる話です(苦笑)。
でも、みんな子供の頃はそういう残酷な事を平気で言ってましたね。
ワタクシも、今でも後悔している言葉、結構ありますよ。
本人はすっかり忘れているでしょうが(笑)。
まあ、そういう傷を背負わせる事によって成長の一つの糧を与えていると思えば、
それも親が果たした役割の一つという事で納得して戴いて(笑)。

リカちゃん電話をぴあで覚えた?
たしか秋桜さんはワタクシとほぼ同世代だと思ったので、
かなり大きくなってから知ったのですかね。

髪にハサミを入れる…
気持ちはわかりますが、なんと勿体ない(苦笑)。
そんなニーズからヘアスタイルを変える人形も出来たんですね。
しかし妹さん…(笑)。
2008/01/19(土) 06:48:16 | URL | ごいんきょ
リカちゃん電話
>リカちゃん電話をぴあで覚えた?

いえいえ。
「ナンパされたときにはリカちゃん電話の番号を教えるとイイ」ということを、ぴあのはみだしで見て、「使える!」と思った、というコトです。実際に使ったかどうかは、忘れてしまいました。
もちろん、番号は、小学生の頃から知っていましたよ。
何故か、あの頃、公衆電話で、117とか、177とか、リカちゃん電話とか、かけて遊んでいました。淋しい子どもだったのかもしれません。

>たしか秋桜さんはワタクシとほぼ同世代だと思ったので、

きゃっ。世代、ですか。
自分の娘に教えようとしたときには、東京の電話番号の桁数が変わっていて、既にかけられなかった、そういう世代です。

>しかし妹さん…(笑)。

彼女は、ついに、自分の髪の毛も「こんなにとれたよ~」って、切ってしまいましたから。幼稚園の頃ですけど。
…などと、妹のことを色々、調子に乗ってこちらでおしゃべりしているので、
本人にばれやないかとヒヤヒヤしています。
2008/02/08(金) 23:37:50 | URL | 秋桜
ああ。そんなテク有りましたね(笑)。
117とか177も、一度はやってみるでしょう。
べつに寂しさを紛らそうとしてなくても(苦笑)。

妹さんは、まさかこんなとこ覗いてないでしょう。
でも、ぜひ勧めてあげて下さい(笑)。
2008/02/09(土) 04:09:04 | URL | ごいんきょ
「リカちゃんのなかよし病院」
ごいんきょさんコンニチハ。

子供のころおねだりして買ってもらった「リカちゃんのなかよし病院」、実際遊んでみるとずいぶんCMと違うなあ…とガッカリした記憶があります(笑)
診察室にテレビ画面のようなものがついていて、そこに「かぜ」とか映る仕様になっていたのですが、イマイチハッキリと映らないんです。
CMのはいわゆる「画面ははめ込み合成です」だったわけですね。
聴診器が磁石になっていて、それを画面にくっつけると内側に入っている「診断の画面」がビョンとくっついてきて表示されたように見えるという仕掛けでした。
でも待合室の窓口や薬瓶などの付属品には大満足でしたので、結果的にはかなり楽しく遊びました。

当時持っていたのはリカちゃんのお友達「ひとみちゃん」「バービー(後にジェニーに名前が変わりました)」、そして「ラセーヌの星」のお人形でした。

実は今でもお人形で遊んでいたりします(照)
昔よりも今のほうが小物が充実していてヤミツキに…
2008/02/11(月) 16:02:55 | URL | みゅう
いやあ、男子にはブラックボックスのリカちゃんの世界を
随分と詳しく解説して戴いて助かります。
男子用の超合金などもそうでしたが、CMでの印象と実際の玩具のギャップには
随分と当時の子供たちも泣かされたものです(苦笑)。

今でも遊んでますか。
永遠の少女ですね(笑)。
2008/02/12(火) 02:18:04 | URL | ごいんきょ
あの頃。。。
まだ、父の会社が存在した頃でした、我が家に初代リカちゃんと赤いリカちゃんハウスがやってきたのは。私と妹はそれぞれちょっと髪の色の違うリカちゃんを与えられました。私は栗毛色のリカちゃんで、妹のは金色に近い茶髪。髪質の感じまで違う気がしました。それまで遊んでいたバービーちゃんはお化粧が濃くて怖い顔だったので、スカーレットとタミーと共に私たちのお人形ワールドの主役になりました。それから、数々のお洋服と靴、かばんのセット、ダイニングセット、お店屋さんセットなどを集めてかなり遊んだ記憶があります。そして最後にはやはりショートカットにしてしまい。。。あんなに大事にしていたのに一体いつ手放したのやら。大分あとになって髪の長さが帰られる「ミス・ロングヘアー」というのも妹とおそろいで買ってもらいましたが、イマイチだったような気がいたします。社会人になってからも懐かしさについ、「リカちゃん電話」をオフィスからかけてみたり。(すみません!)今も当時のダイニングセットの小物(食器類など多数)とレストランのカレーライス、トンカツ、お刺身などを持っています。子供達には時々貸し出していますが、返却時に失くしていないか厳しいチェックをいれています。だってワタシの宝物ですから。
2008/06/02(月) 15:37:20 | URL | みよ
え。
リカちゃんって髪の色に違いが有ったんですか。
バービーちゃんというか、彫りの深い顔って、子供は怖く感じる時ありますよね。
ワタクシは叔父さんの顔を指さして泣いてしまった事が有り(苦笑)、
後年、とても悪い事をしたと後悔したものです。

女性は髪を切る遊びしたくなっちゃうもんなんですかね(苦笑)。
男の子にはそういう性向は皆無でした。
後年、髪切り人形が登場したのは、そういう子が非常に多かったからでしょうね。

親子二代で遊べるなんて、なんと素晴らしい玩具でしょう。
そこまでいくと、もう家宝ですね。
2008/06/03(火) 07:04:07 | URL | ごいんきょ
イエスノー・ミニー
人形にはまったく興味がありませんでしたが、イエスノー・ミニーは TVCM を見て欲しくなり、しかし自分で買うのは恥ずかしいので親に買ってもらいました。ところが欲しかったのとは別のタイプだった(3~4タイプありました)のでちょっとガッカリしたのを覚えています。
2009/02/18(水) 18:23:31 | URL | あぶもんもん
ツクダが出していたやつですね。
どんなCMだったんだろう。
2009/02/19(木) 06:41:11 | URL | ごいんきょ
今日5月3日は
勿論学者の方ではない香山リカのバースデーとして扱われていると某ワイドショーとタカラトミー公式サイトにて言われていた
昭和42年のこの日からのお披露目なのでそうなったのだそうで設定の年齢は永遠の11歳だそうである

でももしその年に11歳という事は計算すると今年53歳となり下手すると孫の顔が拝めている年齢かな

ps 学者の方の彼女ももしかして同じバースデーかも
2010/05/03(月) 14:32:04 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ユニークなイベント
1972年に母親と隣町に
あったおもちゃ屋に、子供の水遊び
用のビニールプールを買いに行った
ところ、そのおもちゃ屋の店先で
リカちゃん&仮面ライダーの
着ぐるみショーの様なユニークな
客寄せイベントをやっていました。
子供心に、こんな事やっちゃって
いいんだろうか?と
疑問に思いましたが、おもちゃ屋が
企業や原作者に断りもなく、無許可
で勝手に企画・開催したのでしょう
ここに限らず、あの時代は特に
地方などでは、似たような変なイベントが行われていたと思います。




2012/06/24(日) 21:49:20 | URL | くも
● ガッツさん
あの人、タカラさんにきちんと版権料払ってるんですかね?(笑)


● くもさん
んーと、それってオリジナルの着ぐるみって事なんですかね?
玩具屋さん手作りの?(笑)
そうでないなら、きっときちんとした興業屋さんに頼んでたと思われますが。
いずれにせよ、男の子女の子、両方を取り込もうという意思満々ですね(笑)。
2012/06/25(月) 00:34:30 | URL | ごいんきょ
ユニークな着ぐるみイベントですが
サイン会と握手会もやっていたのを
思い出しました。
たぶんきちんとした興行屋さんが
やっていたと思いますが、仮面ライ
ダーは割と本物っぽかったですが、
リカちゃんはちょっとねって
感じでした。
上のほうで南うなみさんが「なか
よし」の漫画版ポピーちゃんの
作画は原ちえこさんと書かれて
いますが、1977年ころに
峡塚のんさんの「あいLOVE
ポピーちゃん」と言う漫画を
「なかよし」で連載されていた
のを憶えています、けっこう
面白い現実ばなれした内容で
好きでした、当時は人気があった
みたいです。
おそらく、原ちえこさんの続編
だと思いますが・・・。








2012/06/25(月) 16:27:04 | URL | くも
リカちゃんは、ちょっとねって感じになるでしょうね。
しかも、おそらく中は男なんだろうし(笑)。

リカちゃんは漫画化されなかったんだろうか。
2012/06/26(火) 06:56:49 | URL | ごいんきょ
昭和の幸福
我が家は自他共に認めるビンボー家庭でしたが、リカちゃんに関してだけは何故か充実してましたね。
2人姉妹だったせいもありますが、リカちゃんも初代(姉用)と二代目(私用)を揃え、友達のいずみちゃん、はるみちゃん、双子の妹マキちゃん&ミキちゃん、ハウスも大きいのを2つ、ダイニングセットと、今となっては親の経済観念を疑います(^ ^)
が、さすがに着替えの服までは買って貰えず、洋裁の心得があった母が折々に作ってくれました。しっかり型紙までとって。
人形の洋服を母に作ってもらうのは、その後買ったモンチッチ、マドモアゼル・ジュジュでも続いて、抱き人形だったマドモアゼル・ジュジュに至っては、私とお揃いで作ってくれたりもしました。
思い返すと、随分いい子供時代を送っていたことに驚くばかりです。
当時はビンボーへの不満ばかり渦巻いていたんですが(^ ^)
懐かしさのあまり取り留めがなく自分語りになってしまい、申し訳ございません。
今の子供の大半が得られいないであろう幸せを自慢したくなりました(^ ^)
2016/04/01(金) 10:41:19 | URL | にゃも
お母さん、服飾関係の興味がお有りだったのでしょう?
だから着せ替え人形も充実させてくれたんだと思いますよ。
娘もそういう方面に興味を持ってくれたら嬉しいとか、
更に掘り返せば、自分も興味あったんでしょうね(笑)。
大体、親というのはどちらかが自分の趣味を子供に投影しがちかと。

既成の人形にとどまらず、お手製の物を足してあげるというのは最高ですね。
年を経る事に、その思いが伝わってくるのではないですか。
今の子供だって、いくら貧困だろうとそういうものは与えられるはずなのですが。
2016/04/12(火) 21:42:21 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ