昭和テレビ大全集 私的昭和テレビ大全集
昭和のテレビについてなんでも語るブログ

Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月光仮面 (1958)

該当番組画像募集

とうとう川内康範さんがお亡くなりになりました。
当然のように月光仮面の登場です。



まあこれだけの番組、散々あちこちで康範先生自らも含め、多々語られており、
オンエアで見ていないワタクシなんぞがこんな辺鄙なブログで語る必要も
今更無いと言えば無いのですが、それはいつもながらなので置いておいて、
解説みたいな事をすると焼き直しばかりになってしまうので、
ワタクシ個人の感想など交えながら、追悼がてら先生個人についても、
個人的に思うことなど綴ってみようかと思います。

ワタクシが最初に見た月光仮面は、1972年のリメイクアニメ版でした。
それについてはまたその作品を語るときに細かく語ることにしまして、
その当時はまだ子供ですので、オリジナル版は知りません。
主題歌は、オリジナル版を三沢郷が軽快に曲を変えたアニメ版のを、
わりと好んで聴き、歌っておりました。
その後、昭和50年ですか、始まって間もないぴったしカンカンで、
フィルム問題として月光仮面のシーンが使われ、その時に、
月光仮面というのはかなり昔に白黒実写版が最初にあったこと、
主題歌は歌詞こそ同じだけど、曲は古臭い、弾んでない歌だったこと、
等々を知り、ちょっとしたショックを受けるわけです。

その後、一場面だけならちょくちょく見られる機会も有りましたが、
本編1話まるごと見られる機会はなかなか有りませんでした。
ビデオが普及した頃も、なぜかテレビ版はソフト化されず、
ワタクシは映画にはほとんど興味が無いので(笑)、それは借りず、
なんでこれだけの有名名作がソフト化されないのか憤慨していたわけです。
そんなワタクシのような人間を取り巻く状況を大きく変えてくれたのは
なんと言ってもCS放送でした。
そしてCS局がいろんなコンテンツを開拓していくと、
テープメディア時代には開拓されなかった様々な番組が、
LD、DVDのディスクメディアソフト化によっても開拓されていきました。
実写月光仮面は、そんなこんなのLD化の際に見たと思います。

その時に買ったのはマンモスコング編でした。
テレビ探偵団だったかなんだったかで一場面を見たときの衝撃。
最初の国産テレビ映画で、既に最初の「怪獣」が登場していたのですから。
マンモスコングは巨大なゴリラ。
ただ、実写版ではゴリラの面影はまったく無くて、でもその代わり
非常にグロテスクな面相で、白黒画面も相まって、不気味さの極みでした。
そんな面妖なコングが、実に巨大という設定で、道や建物を破壊する。
当時の事とてミニチュアの出来など特撮面は、正直低レベルですが、
コングの不気味さはそれを補って余りあるものでした。
おそらく当時の子供たちは、とても怖かったに違いありません。

そんなシーンを見た時の衝撃を忘れられず買った、マンモスコング編LD。
なぜか放送当時のOPが無いのが非常に不満でしたが。
実際には、コングが建物を壊すシーンに武田薬品のマークが映るという、
例のタケダタケダのタケダコールのOPではなかったようです。
しかし、武田鉄矢がこの番組を回顧する際、必ず、
タケダコールと一緒に思い出すと語っておりますので、
コング編の後あたりなんでしょうか、例のタケダコールが、
月光仮面当時から有ったのは確かなようです。
マンモスコング編の後の回は大抵OP残っているのですが、
いずれにしてもタケダコール部分は残っていないようですけど。

先に国産初のテレビ映画と書き、そのような解説をされる事が
非常に多い本作品ですけど、実際には、前番組の「ぽんぽこ物語」というのが
真の初国産テレビ映画のようで、それが初のタケダアワー作品でもあるのでしょう。
ただ、こちらは不評だったようで、すぐ1クールで打ち切り。
続けて制作されたこの番組は、国産テレビ映画、タケダ提供作、
その両面で絶対に成功が期待される中での企画だったわけです。
特に当時は、アメリカドラマが雨後の筍のごとく持て囃され、
外貨準備高等を考えた国策的にも、国産テレビドラマの発展が急務でした。
後に川内氏の政界での発言力も増した背景には、
国産テレビ映画発展の礎を築いたという事もあるんでしょうか。

和製スーパーマン月光仮面は、特撮技術費も捻出できない状況のため
空は飛ばず、オートバイで移動するという身近さ(笑)。
それが「月光仮面のおじさん」という呼び名にも繋がるわけですが、
当時の大瀬さんはおそらく20代。
当時の20代は今とは比べものにならんくらい大人として見られてました。
特撮を伴うような派手な活躍は出来ないため、立ち回りも肉弾的。
しかしそれら設定は後年、当時はこの番組の制作を蹴ったという
東映によって、ちゃっかり仮面ライダーとして大きく開花。
もって和製実写ヒーローの元祖とする事に、異を挟む人はいないでしょう。

ワタクシにとっての川内作品は、既述のレインボーマンをおいて他にないのですが、
テレビ史における位置は、比べものにならないほど、
この月光仮面の占める部分は絶大なものでありましょう。
前記のように歴代政権に大きく関わったとも言われ、
最晩年は森進一との騒動で世を賑わす等、作詞・劇作などの
クリエイティブな部分以外でも名を知らしめた人でした。
その森氏との確執については、両者の関係を全く知らない人が
表面だけ捉えてあれこれ言っても詮ない事です。
川内氏は嫌がらせであんな事をする人物ではないからで、
その辺は騒動の最中、両者を知るような立場の人間ほど、
森氏に反省を促す弁を表明していたのでもわかります。
では、森進一が歌うおふくろさんや花と蝶はもう聞けないのでしょうか。
これに対する回答と解決策は、森氏の胸の中にしか存在しないわけです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
にせもの?
子供の頃、月光仮面のキャラクター筆入れを使っていました。
絵のデザインから考えて、恐らくこの実写版が元になっていたのでしょう。
しかしそれは、我々の世代になじみの深いアニメ版とは微妙にキャラクターデザインが違うものでした。
そのせいか、周りからは「それ、にせものじゃないのか?」とよく言われたのを思い出しました。
2008/04/11(金) 17:24:45 | URL | うみがめ
思い出すこと
川内康範さんのご冥福をお祈りします。

幼い頃月光仮面を観てとても不安でした。
悪者を取り囲むおまわりさん達が月光仮面が到着するまで何もできないでいたからです。
月光仮面がいなかったらどうなるのだろう、月光仮面がいてくれて本当によかったと。
でも不安はその先にありました。
私のいる本当の世界にはおまわりさんはいるけれど、月光仮面はいない。
もし悪者がいたらどうすればいいのだろうと。
お話しの世界と現実の世界が混濁して不安な日々でした。

風呂敷を使って月光仮面ごっこをするときに、自分で結ぶと結び目が大きくなり、風呂敷が首に巻きついて全然月光仮面ではなくなってしまいました。
そこでいつも母に頼んで、風呂敷の角をちょっと摘んだ小さな結び目を作ってもらいました。
そうすると本物の月光仮面のマントのようでした。
2008/04/11(金) 19:44:33 | URL | モデラート
きのう歌ったカラオケは
奥村チヨの嘘でもいいから,川内先生の詩でしたねー。たまぁにぃはあたーまをー,なでなでしってぇんねー。
私にとっての月光仮面は,モップスの歌ってるバージョンでしょうか。鈴木ヒロミツも亡くなって,あーかなしいかな・・・。
2008/04/11(金) 19:50:38 | URL | いくちゃん
川内康範先生といえば
うなみにとっては「ダイヤモンドアイ」「コンドールマン」「レインボーマン」そして水原弘さんの「君こそ我が命」ですっ。ウルトラマン以降の特撮においてうしおそうじさんと双璧をなす唯一無二の方でした。
うなみの弟が「正義を愛するもの月光仮面」のアルマイトのおべんと箱を使っていたのをよく覚えています。ごいんきょ様も書いておられましたがOPの音楽も好きでしたよ。オリジナルの子供の声よりもかっこいい感じで軽快さは失われたけれど今でも好きでカラオケで歌っちゃいます。
2008/04/11(金) 22:07:50 | URL | 南 うなみ
元祖ヒーロー物
HNに反してばかりの私です(笑)。
本来ならかなり後に(というよりつい最近)放送されたテレ東ギャグアニメ「ご存知!月光仮面くん」を取り上げるべきなんでしょうが、やっぱり私も日テレアニメの方が強く印象に残っております(笑)。
でオリジナル版なんですが、かなり有名な話で私も幾たびか言及したりした事なんですけど、このテレビ映画は最初「鞍馬天狗」として企画されたものだったんですね。
ところが時代劇のセットを組める予算もなければ、企画した宣弘社も撮影機すら抑えていない状況だったんですよ。
勿論スタッフも居なければ、役者も一人も確保していないという状態で・・・・・・・。
そんな事もあって前作に続いて脚本を頼まれた川内さんがあちこちの映画会社等を回って
撮影助手とかに誘いを掛けてスタッフを確保し、大部屋俳優に声を掛けて役者を確保し(大瀬さんもそんな大部屋俳優の一人で芸名も川内さん自ら付けたといいます)、古い機材を集めて何とか撮影体制を整えたりとかなり苦労された様です。
で当初企画した「鞍馬天狗」も低予算のため同じコンセプトでそのまま現代劇に置き換えようという話になって、「月光仮面」の誕生と相成った訳です。この月光仮面の主要スタッフが後に東映に招かれて撮影した映画が「大忍術映画ワタリ」で、そもそもはこれをテレビ映画として始める予定だったのが原作者の白土さんに拒否されて代わりに用意したのが「仮面の忍者赤影」なんですね。
でその主要スタッフが後に毎日放送からの要請で企画したのが・・・・・・・・・・・。
もう言うまでも無いでしょう(笑)。
2008/04/11(金) 22:18:06 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
♪つきの光を背に受けて~
とこのエンディングなれどももし彼の後期の作品のレインボーマンやコンドールマンのようにコミックソングみたいなのも聴きたかったかも
次マジな話として我が国のヒーロー草創期とアメコミのそれと比較すると黄金バットはスーパーマンでこの作品はバットマンみたいな風かも

にしてもポンポコ物語がブレイクしていたら我が国のヒーローはどうなっていたのやら
2008/04/11(金) 22:20:51 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● うみがめさん
アニメ化の際に関連商品もいくつか出たわけですが、
実写版の記憶で展開しちゃった商品もあるんでしょうね(笑)。

● モデラートさん
女の子も月光仮面ごっこやってたんですか。
すると琴姫様ごっことかもやったのかな。
不安についてはワタクシも似たような事は感じましたよ。
現実に怪獣はいないわけだけど、もし発見されたらどうなるんだろうと。
ウルトラマンは現実にはいないわけですからね。

● いくちゃんちゃん
嘘でもいいから、なかなか通な選曲ですね。
赤塚不二夫先生のぶっかれダンという漫画で、
買い物の品を忘れないように「ぶり、ぶり、ぶり」と呟きながら出かけて、
町中でその歌が流れて、「たまには私をダキダキしてーね~」って聴いて、
繰り返しが「ダキ、ダキ、ダキ」に変わっちゃって、
魚屋さんで「ダキください」って言っちゃうシーンがやたらおかしかったですが。
「ダキなんて魚はねえよ」って魚屋さんが困っちゃうのね。
モップスを聴いた世代ですか。
あの替え歌もきちんと許可されたんでしょうかね。

● うなみさん
君こそ我が命ですかあ。
ワタクシもよく覚えてますが、なかなか古いですね(笑)。
ワタクシもアニメ月光仮面の何か持っていたんですけどね。

● TXの無いテレビなんて・・・さん
鞍馬天狗ねえ。そう言えば雰囲気が多少似通ってますね。
それにしても予算不足はかなりのものだったんですよね。

● ガッツさん
たしかアニメ版のEDがそれだったような。
実写版にEDって有ったんですかね?
現存するソフトには収録されていないと思いますが。
2008/04/12(土) 07:00:45 | URL | ごいんきょ
月光仮面は誰でしょう
当時、私はアニメ版以前に実写版が存在した事は知っていたんですが、それでもテレビ「欽ちゃんのドンとやってみよう」の『レコード大作戦』で月光仮面の主題歌が使われる時、実写版の方の歌が流れるのに違和感を感じていましたね。「欽ちゃん(スタッフ)にとっての『月光仮面』はそっちかもしれないけど、今は違うんだよ。投稿者が考えていたのもそれじゃないよ」と。
でもいま考えれば、実写版の方の主題歌を使ったのは当然ですよね。
2008/04/12(土) 09:25:31 | URL | 石毛零号
宣弘社と伊上勝氏
伊上勝氏と言えば「仮面ライダー」のメインライターで、彼が亡くなったときにはプロデューサーの平山亨氏が「俺の気持ちとしては「これで仮面ライダーは終了した」という思いだ」と述べられた程の方なんですが、そんな彼は元々宣弘社社員で「月光仮面」の放送当時企画課に在籍していた(確か既に課長だったみたいです)方だと知った時にはさすがに驚きましたね。
「月光仮面」の成功に刺激された様に日テレで始まった「流星王子」の企画と同時に(おそらく人手不足の為と思われるが(笑))原作・脚本も担当した事が脚本家になった切っ掛けだった様ですけど。
「人間何が天職かは分からない」という教訓を得ましたね。
ちなみに東京12チャンネルでも「プレイガール」で非常にお世話になりました。

改めて調べ直したんですが、「ぽんぽこ物語」の失敗でタケダがスポンサーから降りそうになったのを引き留める為に広告代理店の社長自ら「今度は我が社自身でプロダクションを立ち上げて本格的なテレビ映画をやるから」と言った一言が切っ掛けだったみたいですね(笑)。で最初は「医者を題材にした映画にしましょうか?」(おそらくタケダが製薬会社だったからだと思われる)ともおっしゃっていたらしいんですが、タケダ側の反応が今一つで、その後の話し合いの結果、活劇をやろう、となったみたいです。
で、言い出した以上後に引けなくなりプロダクションを立ち上げ、宣弘社の殆どの社員がかり出されていたとも(笑)。その頃入社された阿久悠さんの生前の話では「僕は映像関係の仕事がしたかったから宣弘社に入ったんだけど、まさか入社初日に「おい!絵コンテ書けるか?」と言われて絵コンテを描かされるとは(笑)」という状態だった様です(笑)。
ただもう忙殺という言葉がぴったりだったんでしょうけど、一方で皆そんな状態が楽しかったんだろうなぁ。。。。。。。。。とも思えてならないんですよねぇ。
宣弘社自身が日本の高度経済成長期を体現していた会社だったという訳でしょうね。



2008/04/12(土) 15:21:37 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
宣弘企画
● 石毛さん
投稿者の年齢によりますけど、投稿者も実写版を想起していた可能性も高いですよね。
まあそれはどうあれ、アニメ版の月光仮面はさほどの知名度とはとても思えず、
スタッフの措置は当然だったでしょうね。

● TXの無いテレビなんて・・・さん
伊上さんといい阿久さんといい、宣弘社には本業の枠にとらわれない
社風と人材が有って、たまたま時代と状況がそれにマッチしたという事でしょうね。
特に後段の部分など、今は宣弘企画となっている同社の公式サイトにも記事が有ります。
http://www.senkokikaku.com/
川内先生への大瀬さんと現社長の追悼文も有りますね。
それにしても来年は月光仮面50周年だったんですが…
2008/04/12(土) 23:17:03 | URL | ごいんきょ
月光仮面の歌
熱血王ガッツィンガーさんの書かれている「月の光を背に受けて~」という歌は、実写版の中で月光仮面が登場する時に自分で歌いながら出てくる歌のことではないでしょうか。
私も月光仮面をちゃんと見たのは72年版のアニメが最初なんですが、昔10インチぐらいの白黒テレビで見たのも少しだけ記憶にあります。マンモスコング(たしか東京タワーに登ってた?)と、この歌は覚えています。といってもメロディーが難しくて自分では歌えないんですが。
道路にシルエットが見えて、この歌が聞こえてくると谷貫一が「あっ、月光仮面の歌だ!」と言っていた場面がありました。
2008/04/14(月) 17:15:10 | URL | あぶもんもん
本来は、その歌の方が主題歌になるはずだったかと思います。
タイトルも「月光仮面の歌」ですよね。
それが主題歌はよく知られる「月光仮面は誰でしょう」になった代わりに、
月光仮面が自分で歌うアピールソングになったですね。
後期のOPでも冒頭はこの歌の一節で始まります。
この番組にEDというのは無かったと思うんですよね。
後のタケダアワー作品でもED無しが通常ですし。
それからアニメ版のEDはOP同様、同じ歌詞でメロディーが違うものだったですかね。
2008/04/15(火) 05:08:58 | URL | ごいんきょ
OPは
月光仮面の再放映は
昭和41年に初めて再放送されたそうです。
ただし、第二部からです。
その際、第二部、第三部は第四部用OPの画像にテロップのみ入れ替えて放送してるとの事

ちなみにワンコインシリーズの第二部は初回放送版OPが収録されています。
2008/05/26(月) 00:56:51 | URL | はに丸
以前コメントくれた事が有るはに丸さんでしょうか。
昭和41年ですか。
それでも結構なブランクですから、当時の人は懐かしかったでしょうね。
第二部、第三部のOPが差し替えられたのは
おそらく提供表示がらみだと思うのですが、
ワンコインのものにはそこら辺も収録されてるんでしょうか?
それとも、レーザー版でも収録されていた、海外版のやつかな?
2008/05/28(水) 07:04:15 | URL | ごいんきょ
 月光仮面は、人気があり、学校でよく漫画を書きました。マンモスコングなど、不気味さで秀逸でしたが、月光仮面は何故か打ち切られました。噂では、当時、月光仮面のまねをして塀の上から飛び降りて怪我をする子が続出し、中止に至ったという話です。本当に、元祖、ヒーローですね。当時の子はマントの代わりに、風呂敷を首に巻いていました。まぼろし探偵では、マスクを自作というところでしょうか。
2008/06/16(月) 17:40:45 | URL | 団塊世代
マンモスコングはやっぱり怖かったでしょ?
いま見ても怖いもの。

女の子だったモデラートさんも月光仮面ごっこをやったと言いますからね。
やはり風呂敷で。
風呂敷を普通に使っていた時代(笑)。
今また買い物かごや風呂敷が見直されそう。
2008/06/19(木) 00:46:36 | URL | ごいんきょ
月光仮面の歌
月光仮面の登場前にテーマソングのように流れる「月光仮面の歌」。三船浩が朗々と歌い上げるこの歌は、いつも1小節「♪月の光を背に受けて~♪」だけで、フルコーラスで歌われるのを聞いた人はいなかったと思います。そこで、川内康範原作の「小説月光仮面」の中に歌詞が載っていたのを見つけましたので、その歌詞を書いておきます。

「♪月の光を 背に受けて
  仮面にかくした このこころ
  風がふくなら ふくがよい
  雨がふるなら ふるがよい
  愛と正義の ためならば
  なんでおしかろ この命
  わが名は月光 月光仮面♪」
2008/09/10(水) 00:13:09 | URL | 漫中老
月光仮面のモデルは極真カラテ創始者で、極真会館初代総裁の故・大山倍達です!
2008/09/13(土) 01:46:47 | URL | ドラゴン
前の方のコメントで、来年50周年とか書いちゃいましたが、
今年が月光仮面50周年だったんですね。
なんか因縁です。

● 漫中老さん
旧版ではまるまる流れる機会は無かったんですか。

● ドラゴンさん
川内先生なり大山さんなりの言及が有ったんでしょうか?
2008/10/17(金) 06:51:52 | URL | ごいんきょ
大山さんがモデルという話について
言及自体は大山さんの方が常日頃仰っていた様で、一方の川内さんも米国占領当時、大山さんが米軍兵士・MP相手に徒手で臨み追っ払ったという話を聞き付け現場に駆け付けたりと大山さんの姿を追いかけていた事を認めたそうです。
只月光仮面というヒーローのキャラクター造型面に影響を与えたというよりはエピソード面での影響と思われます。
キャラクター造型にまで影響を与えたのは「鉄腕アトム」の方だとお伺いしていますし
私自身もその様に思います。手塚先生はあちこちで米軍兵士・MP相手に徒手で叩きのめした大山さんを思い浮かべながら鉄腕アトムの造型をしたと聞いてはおります。
ただこの辺については正直確信を持った話としては確認し切れていないんですよねぇ。
月光仮面・鉄腕アトム共々大山さんサイドからの話ばかりで作者サイドからの話の方が今一つ確認し切れていない点で・・・。
2008/10/17(金) 22:57:21 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
今一度確認作業を行っていますが・・・
「月光仮面」「鉄腕アトム」共にどうも大山さん近辺からの話としてしか出て来ませんね。
エピソード面での影響はあったのでしょうが、私個人の考えとしては身体一つで顔も出している状態で徒手で闘ったとされる大山さんを月光仮面のモデルとするのは正直無理があり過ぎる様にも思いますが。月光仮面は顔等を隠しマフラーも巻いた状態で手にはピストルも持っていた訳ですし。
こういう話は逆に大山さんのイメージを損ねる話のようにも私は思えるのですが・・・。

2008/10/17(金) 23:21:24 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
手塚先生、川内先生、大山さん、皆さんお亡くなりになってからこういう話が出てくるって、どうなんでしょう。
剣道の発祥は韓国だという説を思い出しました。
2008/10/19(日) 21:13:23 | URL | ごいんきょ
スピード感
昭和の終わり近く、もう25年以上前だと思いますが、懐かし番組特集で月光仮面の一部を見たことがあります。その時たしか道路にシルエットが見えて、最後の部分を歌いながら月光仮面(姿は見えない)が歩いていました。
 げ~っこ~~ げ~っこ~~ げ~っこ~~か~め~ん~~
だったように覚えていますが、正しい歌詞として出ている(わが名は月光~)のとは違うので、私の思い違いだと思います。いち早く谷幹一が「あっ月光仮面の歌だ」と気づいてあげていましたが、それを見た時、同じシーンを子供の頃に見たことを思い出しました。改めて見たら、なにか家路をたどる疲れたサラリーマンが歌謡曲を口ずさんでる雰囲気で、ホッとする感じでした。
その懐かし番組で見た記憶ですが、サタンの爪ってスローモーだったんですね。
 おれは、  パラダイ、王国の、  秘宝を、   ねらう、     サタンの、   つめだ・・・
て感じで、子供にも年寄りにも外人にも解りやすく区切ってしゃべっていました。アクションものんびりしていたし。幼児番組の着ぐるみキャラと共通する物があるのは、やっぱり着ぐるみかぶってるせいだったんでしょうか。それとも、あれ以上セリフやアクションを速くすると視聴者がついてこられなかった・・・わけはないですよねやっぱり。
2008/10/20(月) 16:40:21 | URL | あぶもんもん
挿入歌

同じ大瀬康一主演、宣弘社製作のテレビ映画「隠密剣士」ではボニー・ジャックスの歌う演歌調の挿入歌「江戸の隠密渡り鳥」は、主人公の秋草新太郎が街道を歩くシーンなどにフルコーラスで聞かせていましたが、月光仮面の歌の場合は、登場前にどこからともなく歌が聞こえてきて、敵味方とも「あっ。月光仮面だ」「どこだ」とかの会話がかぶさって、歌詞が聞き取れないままに、月光仮面の登場となり、私が覚えている限りではフルコーラスをじっくりと聞かせることはなかったと思います。
2008/10/21(火) 00:01:09 | URL | 漫中老
● あぶさん
昭和30年代の実写ヒーロー物は、全体的にゆったりしてますね。
子供が聞き取りやすいようにしてたというのもあるのかな。

● 漫中老さん
主人公が音楽ならしながら出てきて、
悪役が「どこだ」とうろたえる。
ワタクシが好きだったキカイダーの原型がここに(笑)。
2008/10/21(火) 05:10:57 | URL | ごいんきょ
HONDAのバイク
HONDAのバイクに乗っていたのを憶えています。
のんびりしていたのかもしれませんが、子供心に鷹の爪は怖かった記憶があります。
2013/12/11(水) 18:25:20 | URL | 昔の子供
月光仮面のは、ドリームC70というらしいですね。
ホンダのカブは本当に名車でした。
ご多分に漏れず中国に仕事を任せてしまったために、
今や過去の栄光もボロボロという感じです、ワタクシの中では。
2013/12/11(水) 21:04:30 | URL | ごいんきょ
当時の東京の様子が良く分かる
使っている車は左ハンドルの外車だから、当時はまだ日本の自動車産業が未熟だったんだ。ジープも米軍仕様の左ハンドルだしね。幽霊党の逆襲で最終回に月光仮面が舗装してない道路を疾走している場面で、オート三輪が止まっていて、そのオッサンが月光仮面の疾走を見ていた場面が面白い。
サタンの爪で首領が道路で仮面を取る時、背景で東京タワーが建設途中だったのが映っていた。
懐かしいな。
2014/10/17(金) 20:26:10 | URL | 中年親父
ですよね。
この頃のロケを見ると、いちいち懐かしい感じになって(笑)。
舗装されていない道を知っている世代も、かなり田舎の子くらいになってそう。
2014/10/18(土) 19:47:55 | URL | ごいんきょ
ロケ地
どこかのサイトで松戸市までとしか判明しなかったとありましたが、その後だれも投稿しないので、元地元民として書きます。オープニング、劇中のシーンで何もない造成中の道路は常盤平団地、けやき通りを走行、オープニングの最後に拳銃を撃つところは当時金ケ作駅(現常盤平駅)に向かって来たけやき通りです。道路とカーブは今もそのまま、八柱駅(若い人には分からないかも)の近くを通るシーンは今は無きガソリンスタンド前の県道、常磐線金町駅近くの江戸川鉄橋下(C57けん引列車?が上を通る)の区道と葛飾神社近くのシーンが覚えているところです。60歳以上の方、地元の方でないとわからないかも。松戸市か商店街でももっと宣伝してもよいかも。常盤平団地は高齢化、孤独死ばかり知られてしまいました。
2015/01/31(土) 10:37:02 | URL | 武内文平
懐かしいですね
武内文平様、常盤平駅と八柱駅は、高校が松戸だったので帰りに周辺に時々行きましたが、月光仮面のロケ地でもあったとは。

月光仮面は73年のアニメ版を見ていたのでそちらの印象が強いですが、実写版は「ぴったしカンカン」のモニターで往年のオープニングが流れてそれから月光仮面の格好をしたレポーターが街頭インタビューをするシーンで見たくらいです。

月光仮面はアニメ版のボニージャックスが歌う主題歌もいいけど、やはり初代のあの主題歌ですよね!
ただ、鉄道好きの僕は初代の主題歌を聴く度に、往年の寝台特急「月光」の写真が強烈に浮かびます。
2015/01/31(土) 22:31:09 | URL | リオ
● 武内文平さん
へー。
ロケ地巡りが好きな人には、かなりのお宝情報かも。


● リオさん
月光なんて電車が有ったのですか。
2015/02/01(日) 06:02:07 | URL | ごいんきょ
そうなんです
67年10月から75年3月の新幹線博多開業まで運転されていた列車でした。
2015/02/01(日) 07:13:19 | URL | リオ
今なら呼び出し音に月光仮面流すんでしょうけどね。
2015/02/08(日) 07:34:35 | URL | ごいんきょ
巨匠 小川寛興先生を偲んで
緊急報告 小川寛興先生ご逝去に伴い、心よりお悔やみを申し上げます。
思い起こせば30数年前、何かと無礼なお手紙やお電話を差し上げ、御多忙の中本当に丁寧な対応を頂き、その交わした一つ一つの会話は終生忘れられません。御礼にと、当時手元に在る限りの音源をコピーしたテープに、小川先生は本当に喜ばれ、場末のファンとしてこんな嬉しい事は無かった。小川寛興先生は、元々オペラ歌手の道を志、素晴らしいバリトンのお声を持ちながらも果たせず、当時の大家「服部良一氏の内弟子となり、作曲と管弦楽法」を学び、指揮界のベテラン「森正さんに指揮法を学ぶ」と言う、超エリートの音楽教育を受けられました。
もちろん、声楽家を目指す為の勉強は個人的なされていたのですが、素晴らしいメロディーメーカーとしての資質はこうした凄い師匠の皆様方の影響でしょう。特筆なのは「作曲、編曲に共に堪能」と。単なるメロディーメーカーでは決して無かった点。更に「アレンジャー」としても、キングレコード等での多数の編曲作品を聴くにつけ、素晴らしい才能実力を持つ方と認識させられました。それは「月光仮面 さよならはダンスの後で おはなはん」この3曲を聴いただけで不滅の方と解ります。まずメロディーラインが平板では無く、大きく動きうねりが感じられる」点。具体的には「月光仮面の歌=三船浩 まさにこの曲はオペラのアリアそのもの」であり、下手な歌い手には絶対に歌えない難曲です。此処には、挫折はしたかもしれないが、かつてオペラ歌手を志した小川寛興先生の「ひとつの答え」が確かに存在しましたね。その証拠に小川先生は過去「カラーの幻想 日本の城」と言ったシンフォニーやシンフォニックスィートを作曲され、国際的な音楽祭等にもNHKの委嘱により参加もされています。つまり師匠の服部良一氏が指導を受けたメッテル氏が元々西洋クラシック音楽界の血を濃く受け継ぐ方であり、その師匠の孫弟子と言う方が、小川先生としたら、何ら不思議では無い。アレンジャーとしても、オーケストレーションの使い方動かし方が実に巧みで、確かに現代の最新の流行においては、正直古くなってしまったり違和感が感じられる部分はありますしかし、何より基本に忠実である事(例えば弦がハーモニーの時は管はモノフォニック、その逆も真なり)とか、現代の様に突拍子も無い事を平然とやる様な事は決して無かったと。これはやはり大家の伊福部昭先生が「ある意味理屈や理論を無視して、全く独自のドロ臭い土俗的な絶対に真似出来ないサウンドを生み出したが、実はあまりにクセが多くて参考にはなり難かった」のも事実でしたから。小川先生にはこうした経緯はありませんでしたから。やはりこういう点が「クラシックの基礎と素養を身につけ、これこれこれがこういう理屈だからこうなるんだ」と言う、つまり本当の基礎が解っていなければ出来なかった音楽 これを創られたのです。正直独学の方やこの辺が怪しい方は、在る意味突拍子も無い事をしでかしてたまたまそれが良い結果となる事もありますが、実は優れたメロディーメーカーとサウンドメーカーの両立は大変難しいのですねこういう怪しい方は、、、また驚くのは「曲の使い回しが感じられず、正体を掴ませ難い」と。つまり「あっこの曲は誰それだっ」と直ぐに作家の正体がばれてしまう方も多い中、そういうネタバレが本当にほぼ無かった?と言うのが小川寛興先生の凄さでした。晩年はシャンソンの作曲等をなされ、ライブ等で発表されておられましたね。また「自作はほぼ必ず自分で指揮をとり、他者に任せる場合も必ず立ち会って監修する」事でも有名でした。こうして自分の作品に責任を持ち、確かな音楽理論に裏付けられた「寛興節」は、今後も永久に語り継がれ、歌い継がれ、演奏されていきます。小川寛興先生から頂戴したお手紙、お年賀状、永久保存してあります。合掌
2017/07/21(金) 16:40:30 | URL | よしたかくん
続 大家「小川寛興先生の足跡」
拝啓 改めまして大家「小川寛興先生の足跡」を偲びます。小川寛興先生と言えばまず「テレビジョンヒーロー物=月光仮面、七色仮面、実写の鉄腕アトム(BGM)、ハリマオ、ジャガーの眼、隠密剣士」等などが上げられますが、実は「ママはライバル、花のピュンピュン丸」等のコミカルなドラマやアニメもお得意でした。更には正統的作品群その中でも傑作とされるのが「東映 徳川女絵巻」でした。このシリーズはそれ以前「渡辺岳夫先生の大傑作 大奥=チェンバロを全面にヒューチャーした傑作」が在り、小川先生は相当に意識しておられました。そして12弦琴を使ったあの名曲を生み出されました。またあまり知られませんが「なべおさみ主演の青春太閤記今にみておれ」のBGMが大傑作なのです。これは先生ご自身が会心の作と評する仮面の忍者赤影のBGMに匹敵する程の楽しく人懐っこいメロディーとアレンジは、コミカルなドラマをいやが上にも盛り上げ、素晴らしい効果を演出しました。自分はすっかりほれ込み、テレビ音声からBGMを引き出して編集し聴き狂いました。また何と言っても「細腕シリーズ=細腕繁盛記 細腕一代記(坂口良子)」が傑作で、ドラマのテーマを憎い程に掴んだマイナーのメロディーは、強く我々の義理人情に訴えかけてくるのですが泣けてくる程の出来栄えでした。ここでマンドリンとチェンバロ、ハープのコラボが実現しました。更にちょっと毛色の変わった曲として「紅ツバメお雪」これは一聴すると小川先生の曲には聴こえません。女性ソロヴォーカルを前に出し、意外性を狙った憎い曲でしたね。しかし小川先生の曲なのです。更にとどめは「梅之助の遠山の金さん」です。此処で小川先生は自己初の「デュオグループに全曲ユニゾンで歌わせ、しかもバッキングはツインギター、ベース、笛、尺八」だけ、、、、これがまた物凄く斬新で。何でもスポンサーには?だったようですが結果は大成功でした。更にBGMでは「金さんがもろ肌脱いで刺青見せるシーン=ミーっラソラっシーっ」てなファンファーレはその後の金さんドラマの中でも最高のブリッジでした。この他「ありがとう=作曲相良直美 のアレンジ担当」でも相良直美の素人っぽい曲にリズムとブラスを強調したノーストリングス(弦無し)で、素晴らしいアレンジを施して下さいました。この曲はサビでかなり間延びしており、アレンジに相当助けられていましたね。此処で、数十年前、小川寛興先生にインタビューした際の記録から、お話して差し支えない部分を列記いたします。 まず「作曲編曲の際、ピアノを使用されます?=自分はピアノは使わない。使うとしたら、音を確認する程度」と。これは勉強すると解りますが、特に歌物の場合にピアノで弾いた曲が必ずしも肉声で良いか?と言うのは解らないからです。SSW等はギターを使います。 「詩が先ですか?曲が先ですか?=さよならはダンスの後で、虹色の湖などは曲が先に出来ました」と。「デビュー作ぽんぽこ物語について=何分相当昔なので記憶が無いが、全て生放送で自分がピアノ一台で穴の開いた部分に即興でブリッジをかけた」と。「日劇で当時、マダム貞奴等の作曲や指揮をしていたが、飛んでくるケーブルをジャンプしながら指揮をしていた」と。「赤影などで、イントロの頭などが微妙に違う事がありますがこの理由は?=スコアが違う訳では無くピックアップの相違だからその場で変えたのでしょう」と。「当時の録音のご苦労は?=何せ予算が無くて楽士が集められずに苦労した。月光仮面などはせいぜい5人。しかし知恵を出し周波数の広い楽器で幅を出し、極力音が薄くならぬようにした。中にはフルートを細工して(詳細不明)和楽器に近づけたりした(和楽器は金が高くつくので) 「鉄腕アトム=実写、アニメ=共にBGMは自分だが、残念ながら記憶が曖昧。ただ増田克幸と言う人は未知で、テーマのメロディーを書いた人かもしれない」と。「アレンジを担当される場合、原曲とのメロディへーの誤差がありますが?=自分は担当ディレクターが用意した譜面で編曲する。時に困ることがある。またオリジナルは極力聴かない、せいぜいテンポの確認程度」と。この他「月光仮面、ジャガーの眼、赤影」等は当時としてもかなりイントロが長く魅力的だが、それだけで音楽になってしまう事など、色々お話頂きました。先生の音楽の魅力はまず「当時としては、意外な程に臭く無く、都会的」だったと。これは水戸黄門の木下忠司先生の創られたBGMがどちらかと言うと「土臭く、強く日本人を意識させるメロディー」なのに対して、小川先生は「赤影のBGM含め、かなりハリウッド的と言いますか洋楽の要素を取り入れた=和洋折衷の素晴らしさ」がビンビン感じられます。其処には、カネやタイコの和楽器だけで無く、日本人の和の心を西洋の楽器とサウンドでブレンドさせ、決して古臭さを感じさせないサウンドに仕上げてしまったのが凄い処でしょう。これは「伝七、遠山、などのBGM」でもはっきりと聴く事ができます。本当に大変な大家を失ってしまいました。もはやこれだけの巨匠は現れないかも知れません。結論として「師匠が凄いとお弟子も凄い」と。しかし何より、当時の服部良一氏の「歌をやめて俺に弟子入りしろ」と勧めた際、小川先生の才能実力を見抜き、全く独自の内弟子教育で小川先生を育てた師匠服部良一氏、と言う方も、思えば凄い方でした。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 敬具
2017/07/22(土) 12:45:14 | URL | よしたかくん
タケダコールとオープニング
「月光仮面」の放映当時、私は某大手電機メーカーの社員寮に両親と住んでおりました。
いくつもの棟がありまして、その真ん中に集会所みたいのがありまして、
そこにテレビが寄付されたんです。おそらく社員寮の住人どころか、
この地域で一番早いテレビ受像機だったと思います。
 そこで初めて見たのが「月光仮面」でした。「バラダイ王国秘宝」編の最後の方でした。
続いて「マンモスコング」編。これは、まず都会の夜景が映し出され、
真ん中あたりにガードがありまして、一見普通の都会の夜景。
すると突然右手の方から巨大なコングが、グォーグォーと鳴き声を上げて登場。
そして、コングの前のガードに電車が走ってきて、その電車をコングがガシッとつかんで電車を投げつけます。
怪獣ものの定番シーンですね。そしてコングのアップ。
そしてコングは目の前のガードを手前に蹴とばします。
 この時、画面はややアッフ気味になっていて、ガートがカメラの前にドカンと倒れこみ、
一瞬画面は真っ暗に。そして、カットは道路を走っている月光仮面に代わり、
その上に連続テレビ映画 月光仮面の文字が入ります。
続いてマンモスコングの巻がはいります。いゃー、この場面のコングは怖かった。
昼間ではなく、夜の場面にしたのも効果を上げたのでしょう。
この最初にコングが現れたとき、ガードの前で鳴き声ををあげながら少し立ち止まります。
このとき提供武田製薬の文字がコングの上に白く入りました。一番最初に見た番組でしたから、
印象に残っています。続いて「幽霊党の逆襲」編になると、提供がどこに入っていたか記憶にありません。
ただ、この後の「その復讐に手を出すな」編では、例の~タケダ、タケダ、タケダー~の歌がありました。
これは記憶にあります。するとタケダコールは幽霊党の逆襲編から入っていた可能性が高いと思われます。
傍証としては、昭和41年に月光仮面がTBSで久々に再放送されます。
この時にはバラダイ王国の秘宝、マンモスコング編のOPのタイトル部分の映像が
差し替えられていたのです。あのコングが登場するOPがもう一回見たかったのですが…。
幽霊党編のOPの画像の上に、バラダイ、コング編のタイトル文字が入っていたのです。
バラダイ、コング編のときには、まだ作られてもいない幽霊党の画像がなぜ入る?
と思わずツッコミを入れたくなりました。しかも、バラダイ王国秘宝のサブタイトルを
バラダイ王国の秘「密」と字を間違えてるし…。ちゃんとタイトルくらい入れてほしいです。
少し前にCSで再放送された時も「密」のままだった…!! 
で、再放送のとき、なんでOPを替えたのか…と考えると、提供武田製薬の文字が
OPの画面の中にキッチリ入り込んでいるため、作り直したのではないでしょうか?
昭和41年の再放送のとき、提供は武田ではなかったですから。
 まぁ、CSだったらそのまま流しそうですが…。
 ともあれ、タケダコールの最初の画像は、例のタケダのマークの看板の空撮ではなく、
地上から看板を写して徐々にアップにしていくものだと記憶しています。
おなじみの空撮になるのは、「月光仮面」の後番組の「豹の眼」の途中からだと思います。
2018/01/31(水) 15:58:31 | URL | 0011ソロ
0011ソロ様のご訪問を歓迎いたします。
拝啓 よろしくお願いいたします。
0011ソロ様は、どうやら自分より年長の方で、しかも「月光仮面をリアルタイムで観ておられた」と言う貴重な証言と確かな記憶力、これは大変な方が訪問していただきぜひぜひ当時の様子をお聞かせ下さい。

この「月光仮面 マンモスコングの巻のオープニングはまさにご記憶の通り」でしたね。これは、もう30数年前当時20代後半の自分がめぐり合った運命のビデオ業者の某氏 から買った数百巻のビデオテープの中の「おまけ映像」に確かに入っていたのです。この某ビデオ業者は「おまけ」が多く入っており例えば?「ナショナルキッドの簡易テレシネ版 少年ケニアの大映映画版 7000曲創った男山下毅雄 コメットさんの今週の歌特集 宇宙快速線簡易テレシネ版 とか何とか」膨大な量でした。この「マンモスコングのオープニング」もまず間違い無く簡易テレシネ上がりで、まず画面が粗くモーターがシンクロしていないのか?一部画面がフリッカーやジッターしていました。内容は0011ソロ様の通りで、白黒が馬鹿に怖かった、、、、当然武田マークも入っており、当時どうしてこんな映像が?とかなりいぶかしんだのでした。ご承知の通りこのマンモスコングこそ「ウルトラQやアゴン、マリンコングの更に以前、国産初のモンスター」なのですが、記録では時代劇の猛優と言われた高木新平さんオリジナルで、ご本人が中に入られての大熱演でしたね。とにかくビルのミニチュアが出火している場面等はまずテレビとしては初めての試みでありそのわりには良く出来ていました。月光仮面のバイクは、移動の際に「下にレールが敷いてあり、その上を玩具?ミニチュアの月光仮面のバイクが走っていた」のが愛嬌でした。

自分は本放映当時1歳であり、その後の再放送で月光仮面を知る事となりますが、リアルタイムでの記憶となりますとやはり「少年ジェット、七色仮面」あたりからになってしまいます。此処で、0011ソロ様の「当時のオリジナルスポンサーのネーム露出」ですが、例えば「東映ビデオなどのナショナルキッドは、スポンサーのナショナルがそのまま露出」されますが、「アニメの少年忍者風のフジ丸」等は、主題歌の最後が「藤沢薬品に繋がる」のですがビデオ化の際はカット=フェードアウトされていましたね。此処を以前東映ビデオの重役の方にお尋ねした所「やはり当時のスポンサーの意向も矢、残されていた素材の都合もある」と。当時はご承知の様に「うちのママは世界一=味の素 名犬ラッシー=ミツワ石鹸 ジャングル大帝進めレオ=サンヨー電気」等など、スポンサーコールと密接にリンクしておりました。その後数十年後に各地のUHFやローカルで再放送の際、まず必ずカットされておりましたね。これは実は時代劇等も同じであり、明らかにその後直されていたのが確認できるカット=スタッフやキャスティングロール等はどうもスポンサーがらみの様です。まぁ再放送の際は必ず別のスポンサーがいるわけですから、同義的にも義理人情からも無理でしょうね。CS等では別の思考がある様ですが。
0011ソロ様の様に、本当に当時の本物のリアルタイムでのご記憶を持つ方は本当に少なく貴重です。ぜひぜひこのごいんきょ様のサイトで知る限り事をお話下さいませんか。期待しております。 敬具
2018/02/03(土) 12:20:02 | URL | よしたかくん
やはり♪武田武田武田~のインパクトは
イントロ部分の壮大さも加えると公共放送の開始と終了時の君が代と互角かそれ以上の感覚があったっけな

タケダアワーというテレビ草創期での元祖ヒーロー枠のオープニングだったという面が主な要因だとしてもならぱ何故ストレッチマンというストーリー性ゼロに限り無く近い作品以外に公共放送で海外からの作品も含め推理物を除くと勧善懲悪のヒーローものを思い出せないであろうかという疑問がわいてしまうんだけど?(ちなみにサンダーバードは悪役が出てくるが戦闘物ではないし大河以外の時代劇で今の大岡越前なんかはリメイク物でオリジナルとは言い難いし)
2018/02/03(土) 15:45:07 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● よしたかくんさん
 またテレビ音楽の巨星が流れましたねえ。
 小川寛興さんの来歴から代表作から、ちょっとした伝記のような超力作コメントでした。
 ピュンピュン丸は作品も一番好きなギャグアニメですが、音楽も大好きで、CDは何度も繰り返し聞いてますねえ。
 あとは『赤影』でかかっていた「白影のテーマ」。

 更にドラマに限らず我が生涯最大の傾倒作品だった『細うで繁盛記』も小川さんでした。
 う~む。
 非常に身近な音楽だったなあ、ワタクシにとって。
 ああ、確かにハープ有りますねえ。
 あれだけ純和風なドラマにハープを使うという発想も凄いですが、まったく違和感ありませんでした。
 西洋琴みたいな感じで、和風にも合うのかもしれませんね。

 あれ? ぽんぽこ物語って、日本初のテレビ映画なんじゃなかったでしたっけ?
 音響だけは生で入れていたという事ですかね。それも意外なテレビ史です。
 主題歌は有ったんですかね。月光仮面の10分当時にも主題歌が有ったのかどうか。

 
● 0011ソロさん
 その時代を知る人も段々と貴重になってきまして、ぜひ色々と書き残して戴きたいです。
 できれば直で当時のお話を色々と伺いたいくらいですが。(可能でしたらメールお願いします)

 マンモスコングは、後から見たワタクシでも怖いですよ。
 当時、それも子供が見たら相当こわかったかと。

 お~。タケダコールの入った時期を証言して下さる方が、ついに。
 やはりマンモスコング編では、まだ無かったんですよね。
 ご指摘のコング編OPは地下で出回ってましたが、ワタクシはどこかにやってしまいました。
 いまだにソフト収録されないところを見ると、例によって地下ソフト化した何者かが死蔵しているのかと。由々しき話です。
 
 ああ、そうですね。OPを作りかえたのは武田の社名が入っていたからかもしれません。
 そして、その再放送の時に、元のバラダイ編OPは処分されてしまったのでしょう。

 タケダ空撮が豹の眼からではないかというのも、実に貴重な証言でした。


● ガッツさん
 あ~。言われればNHKの「君が代」に雰囲気が近い。
 それだけスポンサー様のご威光が輝いていた時代ですな。
 昔の製薬会社は、わりと重厚志向だったというのが有るんじゃないですか。
 塩野義なんかも重々しくやってましたしね。
2018/02/27(火) 22:25:46 | URL | ごいんきょ
あの頃の月光仮面
  「月光仮面」についての追加のきわめて個人的な書き込みです。
 「月光仮面」は最初は10分の帯番組として放送しているらしい…。
らしい…と言うのは、何しろ私を含めて「月光仮面」を見ていたのは、放送開始当時
周りに誰もいなかった。つまり、その当時にテレビを持っている家庭など、
少なくとも私のクラスでは、いやおそらく学校でもだ~れもいなかった訳です。
何かの番組で、この「月光仮面」が放送開始になるや大人気で、銭湯から
子供の姿が消えた…なんて泉麻人が言ってましたけど、この放送開始当時は誰も
テレビなんて持っていないのだから、そんなことある訳がないですね。
この泉サン、テレビ放送初期のころについては、かなり間違いが多いです。
 テレビを持っていない時代はどうだったかと言うと、娯楽の中心はラジオだったんです。
今ではまったく無くなってしまいましたが、当時はラジオドラマがいっぱい
放送されていたんです。少年少女向けドラマってのも当然ありまして「赤胴鈴之助」
「まぼろし探偵」はラジオの方が早かった。その当時で一番に人気があったのは
「少年探偵団」でしょうか。
 そうしたら、テレビ放送なるものが始まったのです。しばらく経つと
「月光仮面」という番組が始まって、それがとっても面白いらしい…。
などとウワサになりますが、なにしろ実物を見た人間がいないのだから、
なんとも判断のしようがない。
 「月光仮面」を見たいよう…!! と、皆思っていたのです。
 で、なんでそのウサを晴らしていたかと言うと、まんが雑誌の「少年クラブ」に
連載していたまんが版「月光仮面」(まんが・桑田次郎)を見ては、テレビでは 
どんなんだろうとあれこれ想像していたのです。ですから第1部の「どくろ仮面」編の
ストーリーは、まんが版の記憶しかありません。
 この最初のまんが版の蛇足を二つ。まず「原作 川内康範」となっていますが、
ふりがなふってあって「かわうち としやす」となっていました。
「かわうち こうはん」ではありませんでした。一緒に並んでいる「まんが 桑田次郎」の
方には、ふりがなが無かったので「としやす」と読ませたかったんでしょうね。
また、あおり文句として「ラジオ東京テレビ」にて大好評放送中、とあり、
子供心にラジオなの?テレビなの?と不思議に思っていました。
 「月光仮面」は、後の昭和47年にアニメ化されますが、その放映に合わせて
「別冊少年キング」に桑田次郎がまんが連載をしました。第1部の話を
描き直していたのですが、その時のサブタイトルが「HOジョー発爆弾の巻」と
なっていました。H2OではなくHO、蒸発ではなくジョー発とわざわざしている
のですから、第1部のサブタイトルはこれが正しいのかもしれません。
 あれから随分と年月が経ちましたが、未だに10分帯番組時代の「月光仮面」を
リアルタイムで見ていた人と会ったことがありません。私にとって「月光仮面」第1部と
「ジャングル大帝」を初回からカラーで見ていた人とは、永遠に会えないようです。
 そして第2部「バラダイ王国の秘宝」編から30分番組になり、毎週日曜日の
午後7;00から放送。それでも、まだ見ることができません。
それからしばらくたったころ、住んでいた社員寮の集会場にテレビが1台寄付され、
やっとテレビなるものを見ることができました。
 で、日曜日の夜に初めて見た番組が「月光仮面」でした。「バラダイ王国の秘宝」編が
あと3回で終了という時でした。まんがの「月光仮面」を読んでいましたから、
話の流れはすぐ分かります。
 そして「マンモスコング」編が始まりました。いやー、興奮しましたね。
夢中になりましたね。なんたって月光仮面がかっこいい!! いちいちかっこつけて
登場するのがいい!! 悪人をバッバッタと投げ倒すのがいい!! そしてなにより
オートバイに乗っている姿がいい!!! …まぁ今、冷静に見たらそうでもないんですが…。
いや、かなり安っぽいですよね!?
 ともあれそのほか、祝十郎探偵がとっても大人で理知的に見えた!! そのうえ、
マンモスコングがとっても怖かった。
 マンモスコングがらみで、話が少しそれます。
私は「ゴジラ」を封切り時に映画館で見ています。あのゴジラシリーズの第1作です。
私がまだ小学校に入る前で、母親に連れて行かれたのです。ただ母親は、
まだまだ子供だった私にゴジラを見せに行く自覚は無かったと思います。
なぜなら、母親の目的はゴジラでは無く、一緒に上映されていた作品だったと
思うからです。
 ところが、この「ゴジラ」、私にとってそりゃもうメチャメチャ怖かった。
余りの怖さに泣く事さえもできず、本当に歯をガチガチ鳴らしていました。
まだ小学校にすら入っていない子供に、なんてものを見せるんでしょう。
おかげで一緒に見たはずの作品、な~んにも覚えておりません。
 そして、私の映画の原点は「ゴジラ」となったのでした。
以後、特撮ものに目がなくなりました。
 すいません、横道が長くなりました。そんなガキがテレビで初めて見たのが
「月光仮面」の「マンモスコング」編。そりゃもうトチ狂う訳です。
 ただ、マンモスコング自体の出来は良かったけれど、特撮全体のの出来としては
余り良い方ではなかった。コングが東京を襲うシーンでは、民家は木造だから全体が
燃えても良いのだけれど、どう見たってコンクリート製のビルまでぼうぼうと燃えていた。
模型のビル全体を紙で作っていたんですね。またコングが海から上陸する場所が、
いつも同じ所だった。セットがひとつだけだったのですが、見ている側からすると
いつも同じ場所に出てくるなら、なんでここを見張っておかないのだと不思議に
思っていました。子供にこんな疑問を抱かせてはいけません。
コングと月光仮面が対決するシーンでは、地面にレールの溝があってそこをオートバンに
乗った月光仮面の模型がトコトコと動いていました。さすがにこのシーンには笑ったなぁ…。
 …などなど、細かい点では突っ込み処が満載なんですが、これよりひどい特撮番組なんか
いっぱいあったので、この製作費も十分出ない時代にあっては頑張っていたと思います。
 私にとって、この時代の特撮ワーストワンは「宇宙Gメン」。この番組の
キャッチフレーズが「日本初の本格的特撮番組」と銘打って始めたんです。期待しますよね。
で、初回を楽しみにして見たらまさに「なんじゃこりゃ~~!!」。
宇宙が主な舞台だから宇宙船、宇宙ステーションが出てくるのですが、糸が見えるわ、
吊るされているので宇宙船がユラユラと揺れるわ、造詣が安っぽいわ…などなどで、
もはや特撮がギャグレベル。ドラマ部分も脚本が悪いわ、テンポが悪いわ、
セットはチャチいわ…。そしてトドメは肝心の主人公が野暮ったいことこの上無い!!
 普通、この手の番組は最低でも13回ほど放送されるのですが、7~8回でいきなり終了
してしまいました。以後、1回も再放送された覚えがありません。
よっぽど視聴率が悪かったんでしょうね。あの評判の悪い実写版「鉄人28号」より
ひどいと断言したら、そのひどさを想像していただけるでしょうか? 
ですが、なにしろこの番組、「月光仮面」第1部なみに見ていた人がいないのです。
この作品を見ていたという人に会ったのは、今までたった一人です。
番組放映時、もうテレビがかなり普及していた頃だと考えると、この少なさは異常です。
 ごいんきょさんも、さすがにこんな作品まで書き込みなさるとは思えません。
どなたか「宇宙Gメン」を見ていた!! という方はいらっしゃいませんか? 
あれはひどかった!!…と話題を共有したいものです。話がずれてますね。
ずれてますが、どなたかいらっしゃいませんか?
 どうも「月光仮面」については思い入れが強いので、長く書き込みそうです。以後の
「幽霊党の逆襲」「その復讐に手を出すな」編については稿を改めます。
  
2018/03/26(月) 11:47:31 | URL | 0011ソロ
0011ソロ様 ムーンライトマスク&宇宙Gメン
拝啓 よろしくお願いいたします。
このムーンライトマスク=月光仮面ってぇ自分が1歳の時ですから残念ながらリアルタイムでは観られていません。間違いなく後年おそらく夕方の再放送でしたね。しかしながら「第一部の記憶」がすっかり飛んでいます。おそらくは10分枠番組は再放送時でも本当にオンエアされていたのか?

此処で、後年自分が「宣弘社の田村正蔵プロデューサー、CALの西村俊一」等にインタヴューした記録からですが、当初企画の小林美樹さんは「東映に製作を丸投げする予定」だったそうですが、10分枠とは言え当時の金額でも10万円では「一体どうやったらこんな金額で出来るのか?」と一蹴されたと。当然宣弘社でも「抜く」から、金額は? 更に安くなりますね。

此処で蛇足ながら、自分がバブルの頃に「大好きだったTVS当時のテレビ埼玉に、深夜枠の10分間を買い上げて自分の番組を放映したい」と提案した事がありました。この時に示されたTVSの深夜料金が、一回でも10万円と。しかも「提供スポンサー名義が、よしたかくんでは絶対に駄目」と。何故なら「選挙に出るかもしれないし放送法により個人名提供は出来ない」と。しかしまぁ自分も若かったせいか無謀でした馬鹿でしたアホでした。

話を戻しますとこの「月光仮面」は、全て「誰が主役脇役をやっても通用するように、だからマスクやターバンで顔を隠していた」と言われます。例えば? どくろ仮面などは宣弘社の社員もエキストラし、家族も協力したらしいと。当時からニュース撮影用のゼンマイ式キャメラ=フィルモ 1カット28秒程度しか回らない撮影機材、だからこそあのテンポの速いカットが撮れたっと言うよりもそれしか出来なかったと。音楽のために集められるミュージシャンは若干5人程度、、
しかしスタッフは平均年齢30代、主演の大瀬康一さんが若干21歳。
たちまち人気となり、後年大瀬康一さんへのインタビューで(旧ユピテル座談会) では「道端での着替えや、凄く透けるタイツ、しかもモッコリが目立ちサポーターさえ着けない事もあり、凄く恥ずかしい思いもしたが、撮影後に銀座のクラブで飲み明かして直ぐに撮影、、、物凄い給料をもらっていたと言われます。更に当時の宣弘社には「深田公之=後の阿久悠」が在籍し、とうとう脚本を書かせてもらえなんだとぼやいたり。まぁ若さと無謀さと勢いでムンムンしていたと回想されていましたね。つまりこれは「明治維新のときの新政府 と同じような極めて革新的な梁山泊?の様な存在ではなかったでしょうか?

「宇宙Gメン」 実は当時のテレビ番組表で放映されていた事は知ってはいたのですが、、リアルタイムで観た記憶がありません。これは、あまりにマイナーの番組でありしかも途中打ち切りとなってしまった(この製作元の会社は、どうもこうしたトラブルがかなり多かった)ので余計でしたね。
後年、夢中で各社取材等行った中で、この「日本電波映画=大和企画=大和新社=エクラン」ほど難しかった会社は無かったですね。大社長の松本常保氏は、、、、ちょっと此処では書けないです。ごいんきょ様にご迷惑がかかりますので。これはピープロの鷺巣社長からまぁとことんお話を聞いたので自分しか知らない事もありましょうが、ご勘弁下さい。しかしこの会社は当時非常に大きく「特撮には熱心であり、何と自前撮影所には特撮プールも存在していた」のです。この「宇宙Gメン」をその後全話見たのですが、当時の再発売元は「TFC=東宝ファミリークラブ=津久田とか言う親父の会社」で、スーパージャイアンツ等を通販で売っていた、正直印象の? 会社でした。この時も何か色々あった様ですが、、、不思議と「オープニングやエンディングの部分が切られている?フィルム自体が存在しないのか?つまりスタッフもキャストも解らなかったりのです。音楽=BGMは、その後「九九の歌」等を造った小倉也寸志さんで、なかなか良く出来ていたと思いますし、特撮もミニチュア含めてかなり良く出来ていたと自分は思います。
何せバックに居たスタッフ連中が、鳥居塚さんとか凄い人が居ましたからね。ストーリー的にはつまらないかもしれないが、自分は面白かったですね。当時「アゴン、琴姫、矢車、ジャングルプリンス、白獅子仮面」等など数々の特撮を創り、SFモンスター作戦等初手から製作打ち切り等の悲劇も多かった旧日本電映ですが、少なくても我々特撮ファンの心に永く残る名作を多数残してくれた事実は確かです。
ピープロの鷺巣社長も、「まぁマグマ大使の頃には自宅に乗り込まれたり、大橋文典氏の事では東急エージェンシーとのトラブルだらけで本当に参ったが、やる気と技術は確かにあった」と言っておられた会社です。

その後のどしつっこい取材やインタビューで、そのほとんど全ての資産を引き継いだ会社を発見し、その社長にインタビューし何かと教えていただいたのですが、、、大変な方でおられたらしく「後で汗が止まらなかった」ですが、若かったからこそ出来たと。
おそまつでございました。 敬具
2018/03/28(水) 15:09:11 | URL | よしたかくん
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ