私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



美味しんぼ (1988)

該当番組画像募集



昭和末期というべき時代、世紀末を思わせる狂乱のバブル景気が日本を襲い、
それによって日本の姿は大きく変質していまいました。
そんなバブルな世の中に起こった美食ブームの先鞭を付けたのが本作で、
原作漫画の方はワタクシも全巻買っております。
食いしん坊から取ったそのタイトルはなかなか印象的です。
タイトルというものも、その作品の大きな一部なんですね。

この漫画はただの美食漫画と違い、食に関する考察を深く掘り下げている部分も有って、
ワタクシはそこ故に読んでおります。
一話一話のお話自体はステレオタイプで安直な話が多いのですが、
食に関する事象を様々詰め込みつつ話を構築しているので、
その辺は仕方ないところでしょう。

北大路魯山人をモデルにしたとも言われる美術家・海原雄山の息子、山岡士郎は、
母の病死は雄山による虐待によるものと思い込み、
父に反発して勘当同然の身で東西新聞に入社。
東西新聞が創立100年を記念して手がける「究極のメニュー」作成事業に、
父譲りの食通ぶりを見込まれて抜擢されるが、
やがて父はライバル新聞社による「至高のメニュー」事業に加担してきて、
父子による骨肉の争いは、文化的事業としての食対決へと舞台を広げていく…
って感じのあらすじなんですが。

海原雄山ってのも、漫画だけで読んでいた頃は「うなばら」と読んでましたけどね。
千里万里が悪い(笑)。
アニメでは「かいばら」と呼んでいたのが新発見でした。
そんな雄山と士郎の対決は、間違いなく巨人の星の影響甚大(笑)。
とてつもなく巨大な父親に向かっていく息子と、
それを全力で叩き潰そうとしつつも、息子の成長が微かに嬉しくもある父。
雄山の声は絶対に加藤精三になると思ったんだけどね(笑)。
それじゃさすがに巨人の星のまんまか。
士郎も古谷徹だったら面白かったのに(笑)。
日テレ系だし、それでも良かった気もしますがね。

原作の方では捕鯨反対運動に反旗を翻したり、狂牛病を始めとした
食の安全問題にも真っ向から取り組んでおり、情報源の一つとしても面白いです。
今や公僕たる官僚ですら、日本人の安全よりも大国に阿る事を優先する時代。
消費者の方も気をつけなければいけないのは確かです。
しかし、偽装問題の時に新聞連中がそのように言っていたのは許せません。
消費者が賢い判断をするためにこそ、偽装は撲滅しなければいけないわけで、
偽装されていたら正当な判断を下せないわけですから。
偽装業者を庇う政治家、官僚、マスコミ、全て一般日本人の敵です。
本当に輸入物と国産物に差が無いのであれば、堂々と表示して品質をアピールすれば良いのです。
今ブランドとなっている数々の食品も、過去のアピール努力によってその地位を築いているのですから。
そもそも原産地に対しても偽装表示など無礼でしょう。

それともう一つ、この漫画でワタクシが学んだ事は、
料理という行為がいかに尊いものであるかという事ですね。
それは、食材への尊崇の念と、相手への思慮という、二つが込められているという事です。
これらが無いものは、料理ではなく、単なる餌という事になるでしょう。
農水省は、日本人には餌を撒いていればいいと考えていた事になります。
食は営みの根本ですから、お偉方の目が今、日本人よりも大国に向いているのが顕著にわかるのです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
みていろ海原雄山
漫画でもたしか連載始まって少ししてからわざわざ「かいばら」とルビが振ってあったような気がします。それはそれとして、私はアニメの方は一度も見ていないんですが、アニメが始まった頃ビッグコミック・スピリッツにホイチョイ・プロが連載していた「気まぐれコンセプト」に、ごいんきょさんと同じような趣旨のネタが披露されていました。いわく、アニメの主題歌がホニャホニャムードで拍子抜けしてしまった、期待していたのはこんな歌詞、として、梶原一騎ばりの歌詞がたしか二番まで出ていました。
 こんな泣かせることせんといてほしいわぁ
なんてセリフが入っていたり、うまく作ってありました。最後は「見ていろ海原雄山 究極・至高の対決は 先に出した方が必ず負け」
ごいんきょさんは「男組」世代ではないのですか。私は漫画「美味しんぼ」をどうしても「男組」と重ねて読んでしまいがちでした。飛雄馬vs一徹じゃなくて、剛次vs影の総理です。
にしても、原作は連載初期にキャラ設定も絵柄もぐんぐん変わりましたね。アニメでも士郎は初めあんな容貌・言動だったんでしょうか。大原社主の初登場時なんてまるでヤクザですよね。雄山も初期には、その後の雄山なら考えられないようなポカで士郎に一本とられたりしているし、フランス料理の店にワサビ醤油を持ち込む目立ちたがりの意地悪じいさんみたいに描かれていました。
漫画は、最後は古谷三敏の「減点パパ」みたいになるんじゃないかと思って読んでいました。
2008/11/12(水) 17:28:37 | URL | あぶもんもん
男組はサンデーで見てましたよ。
読んではいませんでしたが(笑)。
影の総理は、人類は兄弟の先生ソックリで、
いいのだろうかと思ったと当時の友人が言っておりました。

原作は、長期連載になるにつれて各人の幅が広がっていきました。
漫画そのものが、当初はありきたりな料理漫画路線だったと思うのですが、
親子対決になっていくにつれ、内容も深まりました。
相手を糾弾するには、その本質を突かなければいけなくなる。
登場人物に核心を突かせ合うようしているうちに、
キャラクターと一緒に原作者自身も成長していったのでしょうね。
2008/11/14(金) 20:09:50 | URL | ごいんきょ
もしも雄山の声が加藤精三だったら言ってほしかったセリフ
「大根切りじゃ」

そうすると中川が伴宙太の声で「ぅおーぅ、だ、大根ぎりーィ」 そのほか
「だぁーーぅ(あの声の部分は台本にどう書いてあったんでしょう。昔から知りたいと思っています)、士郎ぼっちゃまも坊っちゃまなら、先生も先生じゃあーい」
雄山にふさわしい声は、他に丹波哲郎や外山高士も思い浮かびましたが、「うわあっはっはっ」を考えると加藤精三に並ぶ人はいないですね。雄山にも、もっと文語の講談調で喋ってほしかった。「老いたりといえどもこの雄山、まだまだ士郎ごときに負けることなど有りえませぬわい」とか。
原作の内容はたしかに深まっていきましたが、絵の方はちょっと残念な気がします。料理漫画なのに箸を持つ手が上手く描けていないのはどうも。アニメではデッサンどうだったんでしょう。
影の総理の顔って、全篇で一度だけ、最終話のほとんどラストの1コマで初めて描かれてました。どんな顔にするか、ずっと迷ってたんでしょうね。笹やんに似てたのは故意でも偶然でもなく、避けられないことだったんじゃないでしょうか。
2008/11/15(土) 02:04:24 | URL | あぶもんもん
美味信徒とも言うべき
この作品の超熱狂的マニアが近くに居りそいつが何かにつけてこの作品からのうんちくを広めるもんだからそいつにツッコミ入れる為にマン喫等で俺っちも読破した経験あり
愛読者であろうごいんきょ殿には悪いがこの春にサドンデスみたいに一段落したのはこのまま連載があるなら我が国の食糧自給率改善という難題さえ扱わざるを得なくなるかも知れずそうなる前に終えたのではなかろうかと思うのだがもしかして

誤解の無いように申し上げるがこの作品の良さもきちんと認めている面もあり実践してうまかったレシピもあった事も報告しておこうかな

PSもし巨人の星通りのキャストならゆう子役は白石氏かな
2008/11/15(土) 15:09:18 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● あぶさん
>だぁーーぅ(あの声の部分は台本にどう書いてあったんでしょう。昔から知りたいと思っています)
いや、そりゃ台本には無いでしょう。
昔から知りたいっていうのがおかしかったですが(笑)。

>料理漫画なのに箸を持つ手が上手く描けていないのはどうも。
うーん、なかなかシビアなご意見ですな(苦笑)。
ワタクシは頑張ってる方だなと思いますが。
料理を漫画で表現するのって難しいだろうと。


● ガッツさん
タイトルは「おいしんと」と読むわけですね(笑)。
他人の受け売りのまま知識を垂れ流すのはちょっとねえ。
やはり自分のものとして咀嚼してから吹聴しないと。

自給率も政策と外交姿勢次第で改善できそうな情勢です。
かなり国産信奉が広まってきていますからね。

位置としては、ゆう子は美奈さん役の人になるのかな。
白石さんは、士郎の同僚のうるさいおばさんって感じ?
あんたしっかりしなさいよ、って感じで(笑)。
2008/11/16(日) 12:37:09 | URL | ごいんきょ
かいばらゆうざん
美味しんぼの山岡士朗のような
グータラ男にはなりたくないが
山岡のような食通のようななりたいとは思う。

何かというとかいばらゆうざんが
イヤミ言うシーンが見てる
僕にとってはああいうおっさん
にはなりたくないと感じた。
こういうシーンは見てる僕も緊張
したのを今も覚えている。 
 
2008/11/16(日) 15:16:12 | URL | 梅吉 
雄山は美術家なので、気難しいとこも出しておくという事なんでしょう。
しかし、仕事は超一級という設定です。
昔の日本にはそんな偏屈な人、結構いたと思います。
2008/11/16(日) 23:01:43 | URL | ごいんきょ
しつこくキャスティングで失礼します
団社長が井上真樹夫(花形満)、これはどなたも異存ないのではないでしょうか。私としては大原社主に川上哲治こと中村正、あるいは谷村部長が中村正で大原社主は「奥様は魔女」のお隣さん塩見竜介(伴宙太の親父)、などを当てたいです。白石冬美は、出番は少ないけど士郎の母親がいいんじゃないでしょうか。おチヨは士郎を陰で見守ってはいますが、明子というよりサザエさん(よし子ちゃん)に近いですし。
ところで、この漫画、女性から見てどうなんでしょう。ほとんどの場合、女は無教養で取り柄もなく、控えめなことが唯一の美点、男の活躍を陰から見つめるだけ、という描き方をされてる気がするんですが。女が活躍するときはいつも「女だてらに」「女ながらナカナカ」という感じで。
「トンカツ慕情」という回で、貧乏青年だった頃にトンカツ屋の主人に助けられ、後にアメリカで一旗揚げて帰国してトンカツ屋と再会するんですが、トンカツ屋主人といつも並んで出ている奥さんの方は徹頭徹尾無視されているのが異様に映りました。
2008/11/17(月) 21:42:52 | URL | あぶもんもん
この漫画のもう一人の主人公はゆう子なんですけどね。
ワタクシは、よく言われる男女平等なんて欺瞞的だと思ってますけど、
この作者はむしろそっち方面の思想をお持ちでしょうし、
特に女性蔑視だとは思いません。
2008/11/18(火) 03:45:17 | URL | ごいんきょ
もんもん殿へレス
まずキャストの点から俺っちとしては追加案としては中松警部を伴やボヤッキーの八奈見氏でもよろしかったかもとも思うのだが

それとこの作品の男女観が幾分保守的か懐古的に思える事に関しても確かに極vs至の際に審査員にゲスト以外に女人が居ないという点等に見受けられるもののお局二人の暴れ方やゆう子が家族以外から只の一度も呼び捨てされた事がないという面からしてもそうでもないという事も解るのでは

psこの作品での典型的な終わり方は最後に誰かがキレて報復するというパターンだがそれだけ見てると何やらギャグ物みたいで可愛くさえあるかも
2008/11/22(土) 13:02:49 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
>もんもん殿
893屋さんじゃないんだから(笑)。

原作者の雁屋哲さんは、極左とも称されるほどの左翼思想をお持ちです。
『男組』で影の総理を笹川御大に見立てたのも、そんな背景が有るかと思いますね。
しかし、日本文化の尊重が作品で繰り返し触れられていたり、安直な革新思想ではない点で、
むしろ昨今の改革連呼の自称保守よりは、ワタクシは取っ付き易いです。

話自体はステレオタイプな「まんが」なんですよね。
2008/11/24(月) 04:13:47 | URL | ごいんきょ
話を振っておいて言い訳がましいですが
私自身は、この作品全体に女性蔑視が見える、と言いたいわけではありません。ただ、上に書いたような「出てくる女はたいてい無教養で男についていくだけ」といった意見を女性から聞いたので、一般に女性はどう受け取っているんだろうと思いました。男の私にはわからんです。
私は昔から涙腺がゆるいので、落語や講談から来ているような、お涙ちょうだいのストーリー展開がむしろ好きなくらいです。

クジラ論議が盛んな頃、雁屋哲と太田竜が週刊ポスト上でケンカ腰の対談をしていました。太田竜が右よりに見えるほど雁屋哲の舌鋒は鋭かったですが、土俵が小学館の雑誌ですから、太田竜もいい災難だったでしょう。敵陣に乗り込んだ勇気は偉いというか。
極左は極右と等しくなると言いますから、極左で保守、一貫していていいと思います。

>熱血王 ガッツィンガーさん
なるほど。八奈見乗児、中川じゃなくて中松警部でもいいですね。すると中川には小林清志か若山弦蔵でしょうか。ドロンジョ様が黙ってらっしゃらないでしょうから、おユキの声で仁木まり子、富井副部長は怪物くん(白黒)のドラキュラの大竹宏とか田の中勇あたりがイメージが合います。

ところで富井副部長って、トミイという名前といい、風貌(とくに鼻)といい、雁屋哲の友だちのアメリカ人あたりがモデルじゃないかとばかり思っていたんですが、どこかで、そうじゃないという話を読んだような気がします。真相はどうなんでしょう。
2008/11/26(水) 01:29:40 | URL | あぶもんもん
由緒正しい言葉
原作漫画の中で時々、今は聞かれなくなった日本語を使っていたような気がします。
栗田ゆう子が「私たちはざっかけない人間ですから」とか言う場面がありました。栃木県では、よく言えば「気取らない」、悪く言えば「いい加減」な奴のことを「あいつはザッカケだから」などと言うんですが、方言だと思っていました。漫画で使われていたので辞書を見たらちゃんと載っていて驚いた覚えがあります。
2008/11/27(木) 04:57:42 | URL | あぶもんもん
だから、ステレオタイプな「まんが」だという事です。
話にあまり関係ない人物の描写は極力省いているだけで、
女性が重要な登場人物の場合、その女性はきちんと能動的な行動をしています。
女ってのはすぐに感情的に批判しますね。
なんて書いたら袋だたきにされると思いますが(笑)。

女性が活躍していて女だてらにとか批判する人物がいたとしても、
それはあくまでも周りの人物で、現状描写に過ぎに過ぎないのではないでしょうか。
それに対する主役たちのフォローの言葉も有るはずですし。

日本においては極左と極右は究極的には一致し得ないんですけどね。
そういう意味では、アメリカが天皇を利用しようとしたのは非常に的を射ていたと思います。
しかし、特に冷戦崩壊後のアメリカは、旧ソ連に変わって
伝統文化破壊勢力の筆頭として世界中で大活躍。
ヨーロッパも含めて世界中で反米気運を高めていて、いかがなものかと思いますね。
オバマ一代では変えられないでしょうし。

雁屋さんってオーストラリア移住者ですよね。
仮に外人がモデルとしたら、オーストラリア人って事になるんでしょう。
冨井という苗字そのものは普通に日本人にありますし、意味は無いんじゃないかな。

時々、普段の読書や他の漫画では見かけない言葉が出てきます。
さすが左翼闘士と言うべきか(笑)、それなりに読書もしていたんでしょうね。
漫画も悪くないですが、そればかりだと教養の無さが露呈して、大人になって恥をかきそうです。
少なくとも一国の総理を目指すような人には、心掛けて欲しいです(苦笑)。
2008/11/29(土) 02:54:37 | URL | ごいんきょ
初めまして
こんばんは、貴ブログは以前より拝見しておりましたが、コメントは初めてです。
私、1986年(昭和61年)生まれのギリギリ昭和世代の者でして、
こちらに参加するのもおこがましいのですが、珍しく私の生まれた後の番組ですし、
何より記事最後の>この記事を読んでくださった方へ 以下の文章の内容に甘えまして、
思い切ってコメントさせていただきます。

美味しんぼ放送当時の私は幼かったのですが、これは結構夢中になって見てました。
(幼少期のテレビの思い出ってのも結構あったりします。一生懸命見てたんでしょう。)
元々、うちの父が原作のファンらしく、家には原作漫画の単行本が置いてありまして
(しかも1~5巻は表紙の色が違う初版本)馴染みがありましたし、
何やら他のアニメとは違う独特の大人な雰囲気に、夢中になって見てました。
オープニングのネオンサイン煌めく夜の街は都会的でカッコよく感じましたし、
何より本編の重厚な感じが見ていてたまりませんでした。
ギャグっぽい要素って殆ど無かったですよね。(CM前のちっちゃい山岡ぐらい)

まぁ味がどうとか、政治、社会情勢がどうとかといった話は理解できないことの方が
多かったのですが(当たり前ですが)、和食だとか家庭の味だとかといった話は、幼心に
「大事に食べないとなぁ」などと思ったものです。
また、印象深いのは「吉野の箸」についての話ですね。
要するに箸を使うことの文化、礼儀としての深さを説いた話なのですが、これを見たのをきっかけに
箸の使い方や、有難みなんかをかなり気にするようになりました。
今考えると、影響され過ぎなんじゃないかって気もしますが(笑)。

最後に小ネタを一つ。原作やアニメで幾度と無く出てきた「化学調味料」という単語ですが、
これ、今ではテレビでは使っちゃいけないようになっているみたいですね。
最近、テレビ大阪(ローカル局)で美味しんぼの再放送をやっていたのですが、
化学調味料の「化学」の部分が音消しになっていて、ただの「調味料」になっていました。
それじゃ意味が変わっちゃうじゃないか。
美味しんぼに影響されたのか否か分かりませんが、私は味の素って買って使ったこと無いです。
良いのか悪いのか・・・。

それでは長くなりましたが、失礼致します。また付いて行けそうな話題があったら、コメントさせて下さい。
2008/12/03(水) 19:43:36 | URL | うぐいす君
初めまして。
若い方のご来場は大歓迎です。
若さのエキスを吸えそうだし。
なんて爺臭いコメントしておいて(笑)、
原作単行本の1~5で色違いは初版だけなんですか?
ワタクシも金地じゃないのを持ってますし、その後も帯付きで残しているのが結構あって、
そのうちオクでさばく予定です(笑)。

吉野の箸、有りましたね。
左翼左翼と一口に言わず、日本文化を大事にする部分は認めたいと思います。

化学調味料の問題も非常にデリケートな話です。
テレビでも出版でも、それなりに影響が大きいですからね。
かくいう当地も、味の素さんは良質な昭和番組を多数提供されましたし、
一刀両断に斬るというのも心が痛みます(笑)。
他でのコメントでも書きましたが、
我が両親はおしんこにまで味の素を振りかけていたほどで(笑)、
ワタクシも幼少期は真似をしておりました。
特に味が変わるとも、旨いとも感じませんでしたが。
むしろ醤油だけの方が好きでした。
これも個人の好みだと思います。

科学的加工食物を否定するのも難しい現状ですよね。
ワタクシも今ではなるたけ無添加の国産品を選ぶようにしていますが、
それでも完全無添加の食品だけを得るのは無理です。
ならば、そこそこ美味しくて、体に著しい影響が無く、
70以上まで健康に生きられるようなものであれば、
納得する他は無いだろうなという感じです。
2008/12/07(日) 23:52:04 | URL | ごいんきょ
おしんこに味の素
うちの祖母(今年80歳)もやってました。私にはやはり、何が変わるのか分からなかったのですが。
よくある、「病人にただの白い粉渡したら、薬だと思い込んで回復した」って話に近いものがあるのかも知れません。或いは本当に味が変わっているのなら、それこそ科学的根拠があるんでしょうけれど。(美味しんぼで、たまに味を科学的に分析する話があったけど、あれは読んでて辛かった・・・)
味の素さんの提供番組というと、ごめんなさい、「ごちそうさま」ぐらいしか思い浮かばないのですが、こちらも取り扱って頂けるのを密かに期待しております。
2008/12/08(月) 21:18:25 | URL | うぐいす君
祖父母も
自分の家の畑でとれたキュウリやナスを昔からのやり方で美味しく漬けて、醤油をかけて仕上げに味の素でした。なんか甘くなるような気がしました。単に気の問題でしょうかね。
小皿の醤油にももちろん味の素。めざしにかけたのは吾妻ひでお(関係ありませんが)
昔は「味の素食べると頭が良くなる」と信じて、幼児の口にスプーンで入れて飲ませた親もいるようです。これは実話です。
私は社会科で重化学工業のコンビナートが夢の未来を開くと教わった世代ですから、「化学」調味料に何のマイナスイメージも無いんですが、ある人もいるでしょうね。味の素にどういう害があるかというのは、何度も聞いたんですが、結局思い出せません。
20年ぐらい前、醤油に高い発癌性と発表されたことがありましたが、もみ消されたのか、誤報だったのか、その後は聞かなくなりました。
陳建民はNHKで「これ、秘密の味」と言って味の素を入れてましたね。


2008/12/08(月) 22:45:15 | URL | あぶもんもん
● うぐいす君君
おしんこに味の素、やっている家庭は多かったみたいですよね。
その起源はなんなんだろう?
味の素提供は多いですよ。
ちょっと思いつくのでも、ホイホイミュージックスクールとか、九ちゃんとか有ります。

● あぶさん
そうですね。やや甘みを感じるくらいでした。
旨いとは思わなかったです。
おしんこに合っているとも思わなかったし、どういう起源なんだか。
化学調味料という言葉に夢すら感じた時代も有ったでしょうね。
2008/12/09(火) 07:20:54 | URL | ごいんきょ
タイ製のかっぱえびせんを食べてみました
タイという国は原材料明記がきびしく、しかも重量比の高い順に記載しなければならないので、日本のソースなど、実は砂糖が一番多く含まれていることが一発でバレてしまいます。
タイ製の食料品は信頼がおけるらしいです。その延長線上で、化学調味料も禁止しているんじゃないかと思います。
で、たまたまですが、タイのかっぱえびせんを食べてみました。ところが、まずい。化学調味料が入っていないとだめですね。やめられちゃう止まっちゃう。五本ぐらいで、もういいや、という感じでした。
2008/12/25(木) 06:36:04 | URL | あぶもんもん
味の素
でも、邪道だと思う。
味をうまくするために
ごまかしてる感じがするもの。

むしろ化学調味料を使わない
調味料のおいしさ
自然な味に自然のおいしさ 
そういうのに親しまないと
いけない気がする。

美味しんぼで化学調味料
使ってるシーン見ないもの。
山岡の料理に対する信念
料理に対する愛情や心意気が
伝わるアニメ、マンガだと思うね。
  
2008/12/26(金) 00:33:30 | URL | 梅吉
● あぶさん
世界を股にかけるあぶさんですが。
タイにまで進出されてますか。

● 梅吉さん
高級料理店で使うのは反則だと思いますが、個人宅では仕方ないでしょうね。
それを言ったらすべてのインスタントが邪道で、
カレーなんてスパイスの調合からやらないといけなくなりそうです(笑)。
ワタクシは、味噌汁くらいはきちんと出汁から自分で取ってますけどね。
2008/12/26(金) 06:55:25 | URL | ごいんきょ
味の素
確か、味の素は舌の感覚を麻痺
させるし、味が皆同じになると
いうようなことを言ってましたよ。

美味しんぼも味の素には
否定的だったみたいですが。
こういう理由だったんですね。
昔は、私もフライドポテトや枝豆 
納豆に目玉焼きに卵焼きやオムレツ漬物にギョーザの下味にやきとりにうどん、そば、ラーメン、うなぎに  
お吸い物に味の素    
入れてましたけど。  
いまは塩あるいはしょうゆ
だけです。
天日塩や粗塩などマイルドな味の
塩が主流ですしこういう塩が大好物
なので。

味の素って自然になれてる味だから
多くの人は今も使うんだろうね。 
  
2008/12/28(日) 00:48:49 | URL | 梅吉
味が似たり寄ったりになるというのはあるのかな。
味の素はどうかしりませんが、コンビニ弁当(特に某社)とかファミレスの食事とかは食べられなくなりました。
絶対に不自然な物質が不自然な量、使われていると思います。
なるだけ自然なものを食べるようにしていると、
そういう味(と言うか気持ち悪さというか)は感じるようになりますね。
フライドポテトなどは不飽和脂肪酸と呼ばれるものですか。
マーガリンなどにも使われている、一部外国で使用禁止の物質ですね。
たしかこれについては原作でもまだ扱われてないんじゃないかな?
2008/12/29(月) 07:39:00 | URL | ごいんきょ
士郎役の井上氏
皆星飛雄馬役の古谷氏の方が贔屓と見つつも彼とてキャンディキャンディのアンソニーみたいなヒロインの相手役や2代目島村ジョー役とかガンダムから派生したリアルロボ作品のダグラムでは士郎みたいな親子対決の展開も経験しているので古谷氏の方が的確とはやし立てるのも何なのでは無かろうかな
ちなみに今あげた作品と役はいずれも美味しんぼ以前の物でその他顕著な例としてはzガンダムでの敵役のジェリド中尉役でも彼は有名である

そうそうちなみにあの旭化成も昔味の素的な物が出ていたという事は御存知かな
見つけにくくはあるがyoutubeとwiki双方にも証拠はある
2009/01/13(火) 22:11:26 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
>あの旭化成も昔味の素的な物が出ていた

もしかしたら旭味という名前の調味料のことですか?
私は知らないのですが、アサヒスーパードライが出た時、一口飲んだうちの親が「かつての自社製品アサヒアジを入れたのではないか」と疑っていましたが、アサヒビールと旭フーズは提携していたわけでもなさそうなので、どうも勇み足の濡れ衣だったようです。
昭和30年代に、味の素を摂ると頭が良くなるという迷信が流行ったことがあるらしく、おかげで私も物心つく前に味の素そのものをスプーンで口に入れて文字通り「食べ」させられていたらしいです。以前のコメントに書いたのは実は自分の話でした。
そのせいか、私は化学調味料の味方です。現在は、ひとつ健康な食生活とやらを体験して化けの皮を剥いでやろうと、自分ではいっさい使わないんですが、たまに外食でいかにもそれらしい味に出会うと感激しています。自分では鰹節のものすごい濃縮出しをとって使ったりするのですが、結局これって化学調味料を自分で作ってるようなものではないかと。
母の実家ではよくタケダの「いの一番」を使っていましたが、もしかしてイノシン酸(鰹節の旨味のもと)との語呂合わせから来ていたんでしょうか。
2009/01/13(火) 23:16:59 | URL | あぶもんもん
ミタス 満たす  味足す  
旭味だけでなくおそらくこういう意味合いのミタスという品も出ていたとyoutubeにて判明した
恐らく味の素でのハイミーみたいな存在で又モノクロの映像であるのでスタ千草創期にやっていたと思われる
 
なおyoutubeではcmの歴史3と検索すればすぐに当たるかも
2009/01/14(水) 22:23:33 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
無化調
ごいんきょさん、みなさん
最近は無化調
つまり化学調味料無添加の
ラーメン屋さんがたくさん
あるみたいですよ。

だしもスープも具の味付けも
味を一切ごまかさず
素材、スープの本当の
うまみを生かした
ラーメンがまさしく
本当の美味しいラーメン
と、いうことに    
ラーメン屋の連中は
気が付いたんでしょう。

エスビー食品が出してる
エスビーおでんの素も  
ユウキ食品と、いう食品会社の 
中華料理用の調味料も
化学調味料無添加のものもありますから。
それだけ素材と本物の味を
極めよう、本物の味にこだわる
と、いう考え方、信念を
抱いたのでしょうね。

もしかするとこれも
美味しんぼ効果なのかも。  
  
2009/01/17(土) 23:42:48 | URL | 梅吉
● ガッツさん
ミタスありましたね。
ミタスミタスと言いました。まる!
っていうCMじゃなかったかな? 別のとゴッチャになってるかな。

● あぶさん
味の素を食べると頭が良くなるという風聞は有りましたね。
逆に、悪い噂もいっぱい流されました。
味の素の工場が非常に悪臭を放つんですよね。
だもんで、髪の毛を溶かして作ってるとか、営業妨害気味の噂も流れました。
人工出汁もあったかいうちは風味も利いてますが、冷めると素性を暴露します。
それに、うかつに合わせ出汁を作れませんしね。
複合的で複雑な味作りをしたければ、素人は天然素材を使う以外に無いでしょう。
手軽に味を作りたければ人工物でいいと思いますし、使い分けの問題だと思います。

● 梅吉さん
味覚もたしかにとても大事な要素ですが、それ以前に不自然な食品は、
不自然な結果をもたらすというのが一番怖い部分です。
草食動物である牛に肉骨粉を食べさせて育てても肉の味に影響は無さそうですが、
それが狂牛病を蔓延させたと言われるような。
2009/01/19(月) 07:15:56 | URL | ごいんきょ
古い話
フランス料理にワサビ醤油は魯山人のエピソードだそうですね。
魯山人をモデルにした雄山のキャラクター作りの上で出てきた話なんでしょうけど、たまに単行本を読み返したりするとこのあたりの雄山はコワイ。
2009/04/05(日) 06:21:46 | URL | にょろちゃん
ははあ。なるほど。
当初はこんな超長期連載になるとは思ってないでしょうから、
雄山の設定もいろいろと甘かったと思われます。
2009/04/05(日) 21:32:30 | URL | ごいんきょ
コラボ
北斗の拳の方にしようかとも思いましたが、こちらに書かせていただきます。久々に大笑いしたもので。
http://www.youtube.com/watch?v=SC4YttOxLF4
実際は、両アニメで重なってる声優はいないんじゃないかと思いますが。ラオウの顔で則巻千兵衛のセリフ、海原雄三のセリフでブラック魔王の顔も見たいところです。
2013/12/07(土) 01:50:04 | URL | あぶもんもん
ああ、こういうの好きですね、ワタクシも(笑)。
2013/12/09(月) 00:10:16 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ