私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ジョニー・サイファー (1968)

該当番組画像募集



これは少し後にカバトットをやる事になる、フジテレビの夜七時前の五分帯アニメでした。
話の内容から考えて、続き物で一週間で一話という形式だったと思いますが、
短時間連続帯番組の常として、非常に再放送されにくい。
この番組も、70年代当初までは再放送も有ったと思いますが、
以後はまるきりお目にかかれない、幻の作品となってしまいました。
当時は、てっきりアメリカアニメと思っていたのですが、日米合作で、
主たる制作メンバーは日本側だったようですね。

で、一回ずつしかおそらく見ていないし、かなり昔の事ですので、
その内容はほとんど霞のようにしか覚えておりません。
怪盗プライドもそうですが、こうした作品こそ記憶を紡ぎ併せていきたいので、
当ブログの主たるコンテンツと考えております。
うちはマイナー指向です(笑)。

んでまあ、まったくアテにならない記憶だけ書き留めておきますと、
スーパーマンのようなコスチュームのアメリカナイズな主人公、
ジョニー・サイファーが、ゼロ次元の力を利用して活躍するものでした。
なんか転送装置みたいな所に通常時のジョニーが入っていくと、
男声ナレーションで「ゼロ次元の力を利用して」どうたらこうたら宣って、
ジョニーがスーパーマン然とした姿になって出てきていたような。
その時、「ジョニー・サイファー!」とエコーがかった雄叫びが入るのですね。

それからはその姿でいろんな活躍をしていたんでしょうが、
そういう事はまったく覚えていなくて、毎日だか毎週だか、
とにかく繰り返しゼロ次元を通っていたので、その部分の記憶だけが強いです。
ウルトラマンに出てきた二次元怪獣ガバドンで、
二次元とか三次元の最低限の意味は知っていたように思いますから、
ゼロ次元というのが非常に不思議な響きでね。
そんなところ通ったら無くなっちゃうんじゃねーか?と、少し怖かったです。
この番組の日本語版も、もう二度とお目にかかれない度が高いですね。
とても残念です。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
覚えているのはチッポちゃん以降だと思います
18時55分のアニメはよく見ていましたが、これはまったく知りませんでした。さっそくYouTubeで英語版を見ましたが、見たことのない絵でした。いたずら天使チッポちゃんよりも前ですね。
で、強引に振ってしまうのも恐縮なんですが、思い出したもので・・・
エジソンをもじった発明王「江地三助」(字はうろ覚え)という、レギュラーかゲストのキャラが出てきたテレビ漫画は「チッポちゃん」だったかどうか、どなたかご存じないでしょうか。これでなければ長谷川町子のサザエさんか意地悪ばあさんあたりだったかなあ、と思うんですが。
チッポちゃんで覚えているのは、準主役の男の子が本を読みながら「道路はロード、へえ~英語は逆さまになるのか」と言うのを聞きかじったチッポちゃんが外人に英語で道を聞かれてトンチンカンな答え。「ノオ~」という外人を「大野」さんの家に連れて行く、という物でした。オチは忘れました。
2008/11/22(土) 04:17:34 | URL | あぶもんもん
チッポちゃんも埋没アニメですね。
ワタクシはおそらく見なかったと思うんですが。

>「ノオ~」という外人を「大野」さんの家に連れて行く、という物でした。
これでオチになってますけどね(笑)。
2008/11/22(土) 07:23:01 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ