私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



これが青春だ (1966)

これが青春だ(1966)



邦衛つき 夏木がこねた青春餅 座りしままに食うはゴリさん

少しだけ若い方… ま、言い換えれば少しだけお年の方ですが(笑)、
には、太陽にほえろ!のゴリさんとして有名な竜雷太。
海老名みどりの旦那ではありません(笑)。
しかして彼は、この『これが青春だ』、更には
続く『でっかい青春』で主役を演じ、元々は教師役の代表でした。
『青春とはなんだ』は第一作で見逃した人もいるためか、
むしろこちらの方が元祖的に扱われる事も多い気がします。

でも申し訳ないんですけど、ワタクシはあまり好きではないんです。
前作は夏木陽介のキャラもそうですが、作品全体がカラッとしてました。
しかしこれは、後の青春ドラマのパターンを作ってしまったというか、
なんかジメジメした印象です。作品の風合いも説教臭いしね。
しかし当時の日本の風土には、より合っていたと言えるかもしれません。
だからこそ、元祖『浅春とはなんだ』よりも多く扱われてきたのでしょう。

しかしながら、その主題歌は秀逸でした。
前作同様いずみたく担当のその主題歌は、当時まだまだ幼かった
ワタクシも記憶に残しているほど、優れた出来映えでした。
♪ 大きな空にはしごをかけて 真っ赤な太陽その手でつかもう
これだけ青雲の志を高らかに掲げる歌が今日ありえるのでしょうか。
ただね。出ている生徒はみんな老けてたなー(苦笑)。
それが脇でチラチラするくらいならいいんだけど、
その週のメイン生徒だったりすると、ハッキリ言って興醒めです。
岡田可愛が救いだったかと。すみません、趣味丸出しで(笑)。

第一作『青春とはなんだ』は大正製薬の一社提供でしたが、
この作品から明治製菓が提供に加わり、以後第一期青春路線は
この二社提供体制で継続されていく事になります。
当時、アニメ鉄腕アトムで子供をガッチリとらえた明治ですから、
この作品枠で若者向けの商品をアピールする狙いだったんでしょう。
♪ チョッコレイト チョッコレイト チョコレートは 明治
このテーマソングも断続的に長く使われておりますね。
でも、中森明菜が歌ってたのが最後だったかな?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
脇役
このシリーズに出てくる生徒役で、三枚目ののっぽとチビのコンビがいました。この二人が非常に印象に残っています。のっぽ役の人は、後に湿布のCMに出ていたのを覚えています。今更名前が分かっても仕方ないかもしれませんが。
2011/08/04(木) 16:22:07 | URL | けむだし
木村豊幸さん&矢野間啓治さんの、凸凹コンビですね。
第一作、『青春とはなんだ』以来のご両人でした。
ちょくちょく姿は見ましたよね。
2011/08/11(木) 23:05:33 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ