私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

これが青春だ (1966)

これが青春だ(1966)



邦衛つき 夏木がこねた青春餅 座りしままに食うはゴリさん

少しだけ若い方… ま、言い換えれば少しだけお年の方ですが(笑)、
には、太陽にほえろ!のゴリさんとして有名な竜雷太。
海老名みどりの旦那ではありません(笑)。
しかして彼は、この『これが青春だ』、更には
続く『でっかい青春』で主役を演じ、元々は教師役の代表でした。
『青春とはなんだ』は第一作で見逃した人もいるためか、
むしろこちらの方が元祖的に扱われる事も多い気がします。

でも申し訳ないんですけど、ワタクシはあまり好きではないんです。
前作は夏木陽介のキャラもそうですが、作品全体がカラッとしてました。
しかしこれは、後の青春ドラマのパターンを作ってしまったというか、
なんかジメジメした印象です。作品の風合いも説教臭いしね。
しかし当時の日本の風土には、より合っていたと言えるかもしれません。
だからこそ、元祖『浅春とはなんだ』よりも多く扱われてきたのでしょう。

しかしながら、その主題歌は秀逸でした。
前作同様いずみたく担当のその主題歌は、当時まだまだ幼かった
ワタクシも記憶に残しているほど、優れた出来映えでした。
♪ 大きな空にはしごをかけて 真っ赤な太陽その手でつかもう
これだけ青雲の志を高らかに掲げる歌が今日ありえるのでしょうか。
ただね。出ている生徒はみんな老けてたなー(苦笑)。
それが脇でチラチラするくらいならいいんだけど、
その週のメイン生徒だったりすると、ハッキリ言って興醒めです。
岡田可愛が救いだったかと。すみません、趣味丸出しで(笑)。

第一作『青春とはなんだ』は大正製薬の一社提供でしたが、
この作品から明治製菓が提供に加わり、以後第一期青春路線は
この二社提供体制で継続されていく事になります。
当時、アニメ鉄腕アトムで子供をガッチリとらえた明治ですから、
この作品枠で若者向けの商品をアピールする狙いだったんでしょう。
♪ チョッコレイト チョッコレイト チョコレートは 明治
このテーマソングも断続的に長く使われておりますね。
でも、中森明菜が歌ってたのが最後だったかな?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
脇役
このシリーズに出てくる生徒役で、三枚目ののっぽとチビのコンビがいました。この二人が非常に印象に残っています。のっぽ役の人は、後に湿布のCMに出ていたのを覚えています。今更名前が分かっても仕方ないかもしれませんが。
2011/08/04(木) 16:22:07 | URL | けむだし
木村豊幸さん&矢野間啓治さんの、凸凹コンビですね。
第一作、『青春とはなんだ』以来のご両人でした。
ちょくちょく姿は見ましたよね。
2011/08/11(木) 23:05:33 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶を
拝啓 よろしくお願いいたします。何故かあまり盛り上がらないのが非常に残念です。記憶では「雷先生怪談?」と言うストーリーが忘れられません。これはこういうストーリーで=「テストか受験でライバルを蹴落とそうとする一生徒が、ライバルの自宅庭に深夜お化け?の滑降して忍び込み、ライバル生徒を脅かす。と言っても只じっと外から中を見ているだけと言う不気味?さ。この為にライバル生徒はノイローゼになってくる。代わって例の劣等生たちは、女の子にモテタイあまりにお化け屋敷騒動を企画。凸凹コンビを幽霊に仕立てて深夜、女の子と二人廃屋に出かけるが、案の定凸凹コンビの幽霊が出てきて女の子は怖がって男子生徒の首っ玉にしがみ付く。喜びニヤケまくる男子生徒。たまたまこの噂を聞きつけた教師(名古屋章)がそんなにイイ女の幽霊ならぜひ会いたいと、わざわざ浴衣着て廃屋にのこのこやって来た。お化けさん出て来なさいよっと言ったら物凄いのが出てきて教師は気絶。翌日首謀者生徒たちは雷先生に全員呼び出されて大目玉。凸凹コンビの幽霊実演に大笑い 恨めしやぁー。こらっ何処に行くっ? 裏の飯屋へ 」なんてぇ忘れられませんね。こういうのを皆様やごいんきょ様は「絵空事」とおっしゃる。しかしよくよく考えれば世の中なんてぇ絵空事と違いますか? かつてゴジラ映画の音楽を担当された「伊福部昭先生」は、円谷英二監督から「ゴジラなんてぇ元々デタラメなんだから音楽もデタラメ書きゃいいんだ」と言われたとか。何かここらへんに深い意味が隠されていそうですね。また「いずみたくさんの音楽 テーマ曲」がまた非常に印象深い。如何ですか皆様? まず楽器編成が「生ツインギター、大幅に削減省略したパーカッション(カスタネット、ハイハット等)ハーモニカ、クラシック風混声コーラス」と言う何とも不思議で個性的な編成は、当時非常に斬新でした。いずみたくさんの青春物は、とにかくブラスやパーカッションを派手にぶち上げる単純明快ノーテンキのあっけらかん音楽が得意でしたから意外でした。これが良かったのですね。敬具
2017/04/24(月) 15:34:50 | URL | よしたかくん
ワタクシが第一作の『青春とはなんだ』押しなんで、この番組が好きな人は書きづらいのかな。
或いは、みんなが第一作の方に思いが有ったり。

主題歌は、ワタクシは第一作のが好きですが、この主題歌も歌いやすくていいですね。
2017/05/06(土) 00:52:04 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。