私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



木枯し紋次郎 (1972)

該当番組画像募集

さあ。アニメ特集も一段落させまして、今回からはしばらく、時代劇を扱おうと思います。
当ブログ対象者が子供の頃までは、ごく当たり前にブラウン管で見られた時代劇。
プラスチックなどの玩具の日本刀でチャンバラをして遊んだのも、
おそらく昭和30年代生まれが最後の世代となるのでしょう。
なぜ時代劇が減ってしまったのか。
時代劇再興のためのヒントはどこに有るのか。
そんな事もこの特集のうちに触れられれば最高ですが、ワタクシなんぞにはそこまでは不可能で(笑)、
もしかするとコメントを頂いているうちにその辺まで行けるかなという淡い期待と共に進めて参りたいと思います。


いわゆる70年安保闘争は、60年安保と違いなし崩し的な更新で呆気なく収束。
その直前まで左翼活動に向けられていた若者のエネルギーも急速に萎み、
時代は個人主義へとその歩を進めて行く事となります。
自分達だけのちっぽけな幸せを追求する、四畳半フォークの世界。
そんな世相を表したとされた時代劇ヒーローが、この紋次郎でした。
宿場で起こる揉め事の数々。
いわくありげで腕の立ちそうな紋次郎に縋る町人。
それまでの時代劇の主人公であれば、例えば謝礼目当てで有ったとしても、
腕に物を言わせて不埒者を追い払うなり、成敗してしまうのが常。
ところがこの紋次郎は、か細い声でボソボソと、
「あっしには関わりのねえこって」と、にべも無く立ち去ってしまう。
そこいらが、当世風若者(笑)を代表しているとされ、
そんな当時の若者はシラケ世代と呼ばれてましたっけ。

ワタクシは当時まだまだ子供で、この番組は十時からでしたので、
その存在は新聞の特集記事で知ったのだと思います。
なにしろ誰の策略かは知らねど、騒がれました。
もっとも、話題になりやすい番組でも有りましたが。
その頃、十時の番組で見ていたものと言えば、
すぐに思い出すのは夜のヒットスタジオくらい。
しかし、新聞記事に刺激され、流行に乗り遅れまいと(苦笑)、
父親に紋次郎を見ようと提案したのでした。
彼がそれまで何を見ていたかは忘れましたが、時代劇好きの彼とて、
この提案にはあっさりと同調。
たしか木曜だったと思いますが、早速その週から見始めました。

時代劇らしからぬ流麗なギターイントロから、上条恒彦が歌い上げる
あの主題歌のカッコ良さは、たしかに革命的なものを感じました。
ワクワクしながら本編へ。
ところが、この紋次郎。ニヒルでクールなのでキャラに乏しい。
故に、進行が子供には非常に退屈でありました。
当時、完全週休一日の肉体労働者である我が父は、十時には床に就き、
十一時には完全消灯していた感じで、紋次郎も家族全員が床の中で、
テレビだけが灯る薄暗い部屋でしたので、子供は睡魔との格闘。
コックリコックリしつつ、全編を見ぬうちに夢の中というのがパターンでした。

世間が言うほど面白くない!
とは思いましたが、結末を見れないのも不満で、何度か挑戦して見られた回も有ります。
結局は斬り合いをする羽目になってしまう紋次郎。
所詮この世は、人と関わらずに生きてはいけないという事なのでしょうか、
意に反し不埒者どもを片付けてしまった際に、彼の胸中を表すかのような
木枯らしがヒュゥ~と音を立てて通り過ぎていき、
口にくわえた長楊枝をプッと吹いて地面に突き刺すシーンが決めでした。
これも、先のセリフともども爆発的に流行りました。
楊枝、棒、枝、とにかく口に咥えて粋がったあの頃(笑)。
野球漫画ドカベンの岩鬼も、この紋次郎の影響で葉っぱを咥えたんでしょう。

「木枯らし紋次郎。
 上州新田郡(ごおり)三日月村の貧しい農家に産まれたと言う。
 十歳のとき故郷(くに)を捨て、その後一家は離散したと伝えられる。
 天涯孤独の紋次郎がなぜ無宿渡世の道に入ったかは、定かでは無い」
時代劇ではお馴染みの芥川隆行のナレーションが流れる中、
OPで見られるような山をバックにした原っぱを独り歩く紋次郎の姿で、
番組は終わるのでありました。
ずっと後年、上州というのが群馬県の事で、新田郡(ぐん)という地名を知った時には、
本当に有った地方なんだーと、木枯らし紋次郎のナレーションを思い出して驚いたものです。
まあ、三日月村というのはたぶん無かったんでしょうけどね(笑)。
今はテーマパークのようなものとしては作られているようですが。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
可愛い紋次郎
「みんなのうた」で北風小僧の寒太郎を観たときに、あら、可愛い木枯らし紋次郎と思いました(笑)。楊枝はくわえていませんが。

私の父も時代劇が大好きだったので木枯し紋次郎もついてはいましたが、あまり熱心に観ている風もなかったのは、他の時代劇と雰囲気が違っていたのと時間帯が遅かったせいだったのかもしれません。
2009/02/08(日) 22:54:31 | URL | モデラート
合羽からげて三度笠スタイルですね。
いわゆる股旅姿。
都はるみさんも、なぜかはるみの三度笠なんて歌をその姿で歌ってたなあ。
ひばりさんでも有ったし、昭和40年代までは股旅姿もテレビや映画で馴染み有りましたね。
そう言えば十時からの時代劇は暗い内容が多い気が。
2009/02/08(日) 23:36:07 | URL | ごいんきょ
放送曜日は土曜日です
毎週土曜日の10時30分からの1時間番組だった様です。
放送曜日については間違いないです。
ABC製作の「驚き桃の木20世紀」の「木枯らし紋次郎」を取り上げた回で山内ディレクター自ら
「裏の紋次郎に対抗するには徹頭徹尾紋次郎を裏返しした時代劇しか無いと思って、ちょうど池波さん書き始めていた梅安や池波さんが梅安以前に書かれておった闇の殺し屋物に目を付けたんですわ」
と必殺仕掛人を始めた切っ掛けを語られていましたから。

2009/02/09(月) 14:09:18 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
私は見ていませんでしたが
母がちょっと中村敦夫を気に入っていたらしく、「あっしには関わりのないことでなんて言いながら結局舞い戻って来ちゃうんだよね~」などと批判しながら見ていました。あ、同級生の女の子(ルパンと謎の円盤 UFO とくにストレイカー司令官が好きだった)も好きで見ていたのを覚えています。
提供はタイヤメーカーでしたっけ?
上條恒彦って、この歌や「出発の歌」、スペース1999の日本版EDなどからの印象でカッコいい歌を歌う人だとしか知らなかったんですが、後年なにかのドラマ(向田邦子?)で「鯨」と渾名される男を演じていました。どうして鯨かというと、酒に酔うと杯でも何でも傍にあるものをバリバリ食べてしまうからで、役者として鬼気迫る面を見ました。
中村敦夫も、人類は麺類でちがう面を見せてくれました。Wiki を見ると 95 年頃から政治活動をしていたみたいに見えますが、紋次郎の少し後あたりから無所属で選挙には出ていませんでしたっけ。私にはなんの関わりもありませんけれど。
2009/02/09(月) 20:31:57 | URL | あぶもんもん
あっしには関わりの無いことでござんす
 コメントのタイトルは洒落にもなりませんが、この番組は見たことがござんせん(^^ゞ
ただ、焼き鳥の串なんかで意味もわからずにマネはしていました。何で知ってたんだろ?

 「敦夫さんの意見も聞いとくれ」なんてことで、今は無き(? まだある?)某英会話学校のCMに出演されていましたネ。たしか中村敦夫さんは語学に堪能だそうで。

 議員をお辞めになってから、昨年の『CHANGE』というドラマで議員役をなさっていました。敦夫さんの心中やいかに?

 「時代劇の再興」ですか‥‥。私もプラ刀でチャンバラをした口(『赤影』や『どろろ』の影響)ですが、今は見ませんねぇ。話題になっている『必殺』も見たいと思いません。
現在の時代劇は、定番モノに頼ってしまい、話の筋が読めてしまうのが難点でしょう。新機軸の「推理モノ」なんかが登場すると面白いのかもしれません。
でも、新しい視聴者層を取り込むのも難しいのでしょうネ。「時代劇」というだけでチャンネルを合わせてくれる人が少ないでしょうし‥‥。現在の主な視聴者層の方々には、新機軸のドラマは受け入れられにくいかもしれませんし‥‥。
さらに、時代劇は衣装・小道具・ロケなどに現代劇以上に制作費がかかるそうですから、新機軸のドラマはフツーの現代劇になってしまうでしょう。
「時代劇再興」は難題山積ですネ。何とか魅力あるキャスト、先の読めない脚本、たしかな演出による新番組が1つでもつくられて話題になれば、二匹目のドジョウを狙ってブームが起きるかもしれませんが、可能性は低いですネェ‥‥。
2009/02/09(月) 23:33:15 | URL | 自由人大佐
● TXさん
本当だ。土曜で、しかも10時半からですね。
幼少時の記憶なんて本当にアテになりません。
まして、前番組が浮世絵女ねずみ小僧。
これは既述のように、我が家では既に見ておりました。
という事は、紋次郎も親父はおそらく見ていたんでしょうね。
ワタクシは女ねずみ小僧も見たり寝たりだったんでしょうし、
だから後番組だという明確な記憶が無いんでしょう。

● あぶさん
提供はさすがに覚えてないな-。
この頃になると複数だし、あまり番組との関連性も無いんでねー。
ヨコハマタイヤあたりでしょうか。
上條さんはどうしても出発の歌のイメージが強いですね。
中村さんは都知事選に出馬してたような気がしましたが、いつのまにか参議院議員やってたんですね。
地球発とかいう番組をやったあたりから政治色を出しましたね。

● 大佐殿
おそらく周りがみんなやっていたのと、テレビでもいたるとこでネタやってたからでしょう。
制作費ねえ。それと、ロケ地の問題も非常に大きいでしょうね。
昭和40年代までならちらほら残っていたような木造の風景も、
今やほとんどがコンクリートとアスファルト、金属などで汚れているでしょうし。
まずは金をかけられる映画から充実させていくほか無いかもしれないですね。
2009/02/12(木) 00:53:20 | URL | ごいんきょ
メインキャラがたった一人
で後は毎回のゲストキャラのみみたいな作品は古今東西ジャンルを問わず珍しい作品でその意味からも顕著な作品であったのかも
ある程度長編的な作品で無ければ不可能であろうしそれでも誰かが思いつかねば実現せなんだであろうしいやはやホントに関心関心
そいでも俺っちとしては正業は仮の姿で真の姿は悪の掃除屋という裏の必殺系の方にクールさが感じられるんだけどな

ンー時代劇再構築か
新聞の広告とか見てもマゲ物の小説の新作なんかが目立つのでそれらさえ衰退したと感じられたら憂慮すべき事かも知れず今はそこまでは行き着いてないのでは

にしてもアニメの時にエイトマンをリクエストし損ねたので改めてしつつマゲ物なら山下サウンドも聴けた大岡越前というのは如何かな
2009/02/14(土) 13:40:03 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
紋次郎まんじゅう
っていうのが、その頃ありました。
父の実家は、上州の新田郡近辺で…書道のセンセイあたりにお中元お歳暮代わりなのか
「これを持っていきなさい」
と、言われるのが、何故か妙にはずかしくてイヤでした。
たしか長い楊枝がおまけについてるような、ふつ~の温泉まんじゅうだった気がします。
今なら面白がってたんだろうけど。
2009/02/15(日) 19:26:54 | URL | 桃
● ガッツさん
ああ、そうですね。
大体は主人公を取り巻く存在が作られて、場を賑やかしますもんね。
それが無いから本当に退屈だった(笑)。
猫目小僧とか、やはり旅する主人公じゃないと成立しないですね。
必殺はクールを通り越してますけど、番組全体を覆う空気は決してクールとかニヒルではないですよね。
テレビ時代劇は潰滅的でしょう。
もっとも現代劇すら潰滅的なんでしょうけど。
大岡越前は既述ですぜ。

● 桃さん
おや、お久しぶり。
ここでもさすがのお菓子ネタとは。
当時から紋次郎饅頭なんて有ったんですか。
長楊枝のオマケは面白いですね。
2009/02/16(月) 00:42:29 | URL | ごいんきょ
あっしにはかかわりのねえことでござんす
セリフがキザっぽくなくて
良いんですよね。

上条恒彦の誰かが風の中も 
かっこ良い歌ですよね。
時代劇のテーマらしくないなんていうことは個人的にはどうでもよい
くらいかっこ良い曲です。

木枯し紋次郎と、いえば
中村敦夫と誰かが風の中で
なんですよ。
トヨタ自動車のコマーシャルソングにも使われた曲ですからね。
納得の曲です。 
2009/02/26(木) 14:53:38 | URL | 梅吉
OPは、曲調も映像も、明らかにウエスタンを意識していると思います。
と言うか、番組世界そのものがそんな感じなのかも。
トヨタのCMソングになってましたっけ。
2009/02/28(土) 07:13:17 | URL | ごいんきょ
昭和40年代
このブログで好きなのが、当時の個々の思い出話。
自分が番組を見てなくても(知らなくても)、それにまつわる話を読み、想像したりして楽しんでます。ブラウン管だけが灯った真っ暗な部屋で寝床に入って見ている姿とかね。
チャンバラといえば。自分が小学2年生の時、学芸会で時代劇をやりました。刀を父に、(なぜか)褌を母に作ってもらい、浴衣を着て演じました。んー、やはりいい時代だったのかな。
番組と関係なくてすみません・・・謝罪してすみません
2009/03/06(金) 11:25:17 | URL | naokiman
ワタクシは皆さんのそういうコメントが好物なんですがね。
ワタクシの方でもそんなコメントができる時はそうしてますが、
お目障りでなければ幸いです。

学芸会の思い出もいいですね。
そうそう。ここは謝罪禁止ブログなんですよ(笑)。
2009/03/07(土) 07:07:10 | URL | ごいんきょ
木枯し紋次郎
ごいんきょさんこんにちは。
木枯し紋次郎ですが、豪華女優がたくさん出ていますよね。一番好きなのは大原麗子さんが出る、水田での決闘シーンです。あれは確か市川昆監督作でしたよね。レトロな映像美は忘れられないです。好きな作品の一つです。
2009/03/07(土) 18:20:09 | URL | 青月星友
青月星友さん、こんにちは。
大原麗子さんも出てますね。
市川監督回も有りますが、大原さんの回は違うみたいです。
対決シーンの描写も印象的でしたね。
2009/03/24(火) 07:06:56 | URL | ごいんきょ
真似出来ないけど憧れます
初めまして。リアルタイムで観ておりました。
子ども心にも紋次郎のかっこよさに
すっかり惚れ込んでいました。
原作も買って、一人部屋に閉じこもって読みふけっていた昔が懐かしいです。
最近DVDも買いまして、また作品のすばらしさを感じております。
紋次郎の生き方は、決して真似ができませんが、ストイックな美学には憧れます。
無口な紋次郎だけに、口にするセリフには含蓄があり、毎回かっこいいと思っていました。いつか機会があれば、こんなセリフを言ってみたいと願っているのですが、そんなシチュエーションはなかなかありません。

2009/03/25(水) 18:57:28 | URL | お夕
笹沢佐保先生の原作までお読みとは、生半可じゃないですね。
敦夫さんの風貌がまた、紋次郎のキャラと本当に違和感ありませんでした。
2009/03/29(日) 09:41:43 | URL | ごいんきょ
もう1度見たいけど
紋次郎役の中村敦夫さんも
いまは国会議員だから。
かつてのように
また、俳優に戻って
あっしにはかかわりのねえ
ことでござんす
を、見たいものですが。
もう1度、木枯し紋次郎を
リバイバルで見たい
と、思うのは私だけではないはず。  
2009/03/29(日) 15:00:14 | URL | 梅吉
タレントが政治家の登竜門みたいになってしまっているのも、
現在の形での民主主義の弊害の一つですね。
2009/04/01(水) 05:14:38 | URL | ごいんきょ
江口洋介が紋次郎に?!
今度、5月1日に江口洋介主演の「木枯し紋次郎」が放映されます。
リアルタイムで観ていたファンにとっては、うれしいような悲しいような…。
比べられるのは仕方ないでしょうが、よく踏み切ったなあといった感じです。
さてどんな出来になっているやら…。

2009/04/03(金) 19:28:29 | URL | 独白
リメイクは仕方ないんでしょうけどね。
ワタクシは例によって見ません。
あっしには関わりのねえことでござんす(笑)。
2009/04/03(金) 23:28:59 | URL | ごいんきょ
紋次郎の良さをこわしてないか。  
江口洋介が紋次郎なんて
ファンをバカにしている。

中村敦夫以外にありえない。
それは寅さんが渥美清氏
以外にありえない
と、いうことと同じこと。
2009/04/05(日) 01:36:53 | URL | 梅吉
寅さんはオリジナルでしたけど、これは原作ありますんでねえ。
今後も作られていくのは仕方ないんじゃないかな。
ワタクシのように見ない事です(笑)。
そうすればあまり腹も立ちません。
2009/04/05(日) 21:28:59 | URL | ごいんきょ
そんな物は食い物じゃない
舞台(出身地)が上州(群馬県)のせいか、紋次郎は「コンニャクが嫌い」という設定だったらしいですね。ボクもコンニャクが大嫌いなので、紋次郎には親しみを覚えます。
2009/12/19(土) 11:23:42 | URL | 石毛零号
主題歌が好き
上條恒彦が唄う「だれかが風の中で」主題歌と、タイトルバックがピッタリしてて好きでした。
youtubeで見つけて、ipodに入れて楽しんでいます。
2010/03/17(水) 01:33:29 | URL | サハラ
● 石毛さん
そんな設定ありましたっけ。
こんにゃくが食べ物っぽくないというのはわかるんですが、
美味くもないけど不味くもない、有っても無くてもいい食べ物でしかないです、ワタクシにとって。
嫌いな人は食感が嫌なんでしょうか。プルプルしていて(笑)。


● サハラさん
いまだに歌っちゃいますもん、そらで。
   >  <
♪ ど~こかで~
ってな感じで抑揚つけて(笑)。
2013/12/27(金) 00:32:18 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ