私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



こども世界ニュース (1962)

該当番組画像募集



当時のNETの番組表では『こども世界ニュース』と記されていますが、
実際のタイトルは『世界こどもニュース』じゃなかったですかね?
テレビ朝日がまだNETと呼ばれていた時代、夕方の子供番組再放送枠に挟まれた
18時7分あたりの半端な時間(笑)、この番組は中途半端に有りました。
だから、前後の再放送子供番組を楽しみに見ていた人も多いでしょうが故、
この番組を成り行きで見ていた人も少なくないと思われます。
しかし、そこは成り行き番組の儚さ。
今日、わざわざこの番組を振り返ろうとする人間など、そうはおりますまい。
だがワタクシは逃がさない。
あなたのその記憶、このブログにビルト・イン!!

オープニングはアニメーションで、両極がカットされたメルカトル図法の世界地図?
が展開されて、鳩やら何やらがいろいろ現れてくる、カラー鮮やかなものだったと思います。
音楽も有ったんですが。さすがに忘れちゃいましたねー。
タイトルコールは無かったと思います。
短い番組ですので、OPに続いてすぐ本編。
中身は、タイトルのまま、世界中の子供達にまつわるニュース映像を流していたと思います。
ニュースと言っても事件性が有るものではなくて、ほのぼのした日常の風景とか、
ちょっとしたイベントの様子とかが流されていたと思います。
特に記憶が残るのが、オランダの民族衣装を着た少女が出ていたシーン。
チューリップ満開の映像と共に、これぞオランダというステレオタイプな映像(笑)。
特になんという紹介もしてなかったと思うんですよね。
ただ、オランダの風景と少女を紹介していただけだと思います。

まだ海外旅行などが夢のまた夢の時代。
こうしたなんの変哲もない映像の寄せ集めでも充分需要が有ったわけですが、
かなり長い間放送されていたと思います。
元々はNETが教育テレビとしてスタートしたなごりとも言える番組でしたが、
テレビ朝日へと社名変更し、ネットチェンジなどの激動を経て方針も大きく転換。
昭和30年代からひっそりと続いていたこの番組も、その役割を静かに終えたのでした。
提供は、当初はバンホーテン。
ココア長嶋バンホーテン♪のはるか以前からCMやっていたとは気付きませんでした。
それから様々なスポンサーが週単位や日替わりなど、時代によって変遷しましたが、
記憶に残るのがピカちゃん健在時の東京電力。
僕、カミナリのピカちゃんですで始まるそのCMも既述ですので、
興味がお有りの方はそちらの記事をご覧下さい。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「こども世界ニュース」だったと思う
この番組は昭和54年の3月いっぱいまで続いたようですね。最後の方は二ヶ国語放送でした。
OPは(アニメの)気球が飛んできて、風船の部分がくるくる回っていたような。
音楽も憶えていますが、文字では表現しようがないですねぇ。
2009/04/05(日) 00:49:43 | URL | 石毛零号
あ、そうそう。
二ヶ国語放送が導入された時、この番組もそうだったかな。
OPアニメはその通り!
気球でしたね。地図はNNNニュースだな、
風船のクルクルとあちらのクルクルが記憶の中でダブりました。
白黒当時から気球アニメだったのかな。
2009/04/05(日) 21:27:26 | URL | ごいんきょ
NHK のこどもニュースとこんがらがってます
ごいんきょさんの書かれた世界地図も、子供向けのニュースの OP として記憶にあるんですが・・・。ただし私の頭に浮かぶのは「舟形多円錐図法」(というらしいです・・ネットでにわか仕込み)の世界地図です。これです↓
http://atlas.cdx.jp/projection/prj28.htm
これの前で気球が・・・というのはくどい絵ですね。NHK の OP は虹だったでしょうか。
音楽は、薄皮一枚へだてて記憶の向こうにあります。石毛零号さん以上に文字では表現できないし、楽器が何であるかも特定できません。ただ、みんなのうた(キンコキンコ)と、スポーツショー行進曲を連想するんですが、似ていたんでしょうか。
2009/04/07(火) 00:11:16 | URL | あぶもんもん
NHKの方は本当にニュースバリューの有るやつをやってたんですよね。
2009/04/08(水) 00:19:15 | URL | ごいんきょ
音楽は「コッペリア」
「世界の子供ニュース」というタイトルかと思ってました。

ニュースの最初に流れていたのは、バレエ組曲「コッペリア」という曲でした。
2009/09/06(日) 23:22:38 | URL | お皿
テーマ曲
「コッペリア」のマズルカとメンデルスゾーンの「イタリア」が民放のニュース番組のテーマに流れていたと記憶していたのですが、何のニュースだか分からずにいました。
お皿さんのコメントを読んで、「コッペリア」の方はこの番組だと知り、すっきりしました。
2009/09/09(水) 00:28:42 | URL | モデラート
ここでも非常に貴重な情報をほっぽらかしにしていて申し訳無いですねえ。


● お皿さん
いやー、言われればこれだったような。
いやあ、本当にネット時代でどれほどの目ウロ情報と巡り会ったか。


● モデラートさん
マズルカで件作句して、おぉ!正にこれ!と判りました。
音楽に詳しい人は昔からわかってたのかあ。
イタリアについては、結構いろんな番組で使ってたかもしれません。
主なのは日テレの読売新聞ニュースだったかな。
2013/12/29(日) 23:23:37 | URL | ごいんきょ
通りすがり
なつかしいです。コッペリアのマズルカ。
同じように、記憶に残っているNETの番組としては、夕方五時か六時前に数分程度やっていた「東京の空の下」という番組があります。ヘリから東京の空の下を空撮しながら移動するという、それだけの退屈な番組でした。「今日は世田谷区等々力○丁目から・・・」というナレーションが流れていたように思いますが、知っている場所ならともかくも、知らん場所を見ていても何が面白いのかさっぱりわからない番組でした。今のように文字放送もない時代ですし、番組欄も埋草番組の説明に数行もつかえるわけもなく、その日にならないと、どこを飛んでいるのかわからなかったように思います。あれは自分だけの幻の番組だったのだろうかと思います。
2014/05/27(火) 01:18:11 | URL | (ハンドル未記入)
本当にね。
あれも映像は残っているでしょうから、なんとか流して欲しいですが、
それはかなり難度高そうなので、音楽だけでも再度耳に出来たのは嬉しかったです。

東京の空の下、既述です。
上部中央検索窓をご利用下さい。
2014/05/27(火) 01:44:21 | URL | ごいんきょ
こども世界ニュースとコッペリア
子供の頃のおぼろげな記憶でいつも大好きで見ていたニュースの始まりに流れた音楽。何だか知りたいけど判らない頭から離れない。それがコッペリアであることを知ったのは、数年前に熊川氏が率いるKバレエ団に英国ロイヤルバレエを引退した吉田都さんがほんの2.3年在籍されて主役を舞った「コッペリア」を観に行った時、オーケストラから最初に流れた曲を聴いた瞬間でした。50年来のモヤモヤが溶けて全身鳥肌。そして今このblogで番組名がこども世界ニュースであることを確認させていただきました。感謝感謝です。
2016/05/22(日) 11:44:10 | URL | Happy
ね。
ワタクシもこの番組始め、そういう経験を何度もさせて貰いました。
ネット時代になって目からウロコの情報を、どれだけ頂いたかわかりません。
インターネットも所詮は道具ですからね。
道具の使い方が下手なくせに、そしてその恩恵を散々受けてはいるくせに、
悪い部分ばかりを殊更喧伝している旧媒体の連中は本当に見苦しいです。
2016/05/22(日) 13:56:03 | URL | ごいんきょ
NHK版こどもニュース
スレ違いなのですが、スレ建て依頼スレに書くのも何かちょっと大仰なので、とりあえず「子供ニュース」つながりで、こちらをお借りさせて頂きます。

確か1963年4月放送開始、夕方5時40分から5分間の平日帯番組で、これが終わると「チロリン村」(ひょうたん島)。建前として全国の公立小学校を残らず取材して廻り、各学校の日常や面白い話題を毎日2校ずつ紹介するものでした。後年できた同局の同名の番組とはまったくコンセプトから異なるものだったと記憶します。

いつ終わったか定かでないのですが、ウチの学校も確か2回は登場したと思いますので、もし本当にすべての小学校は網羅したのなら、少なくとも2周はしたことになりますが、早々変わったネタが転がっていた訳ではないでしょうから、実際はどうだったかは不明です。

個人的には内容よりむしろBGMが印象的で、多分10曲以上は使いまわしていたのではないかと思いますが、題名不明の曲を含めて4~5曲は今でも不意に頭に浮んできます。「バラの蕾」(オーストリア民謡)などは特によく使われていました。どなたか詳しく覚えておいでのご老体はおいででしょうか。
2016/10/23(日) 00:01:11 | URL | 権兵衛
なるほど。たしかにその時期、月曜から日曜までの毎日、五分間放送されてますね。
内容に関してはNHK年鑑にすら出てませんので、非常に貴重なお話でした。
それにしても、月~日の本当に毎日放送する番組が有ったんですよね、昔は。
2016/10/26(水) 05:44:12 | URL | ごいんきょ
訂正
ごいんきょさま

大変申し訳ありません。放送時期についてウロ覚えで、例の通りよく調べもせずに投稿したため、またスカタンをやってしまいました。NHKクロニクルで確認しましたので謹んで訂正させて頂きます。

NHK版こどもニュースの放送開始は、正確には1959年4月7日で、ただし、当初は週一回火曜のみ、夜6時7分から15分まで、8分間でした。その後、曜日が月曜に変わり、平日5日間放送されるようになったのは1961年4月から。さらに、翌62年からは日曜にも放送されるようになり、この間、時間帯も多少動いたものの、何と1978年3月まで、足掛け20年の長寿番組となりました(67年からはまた平日放送に戻る)。なお、63年まではその他に日曜朝に10分間、「週刊こどもニュース」として、その週のセレクトされた内容を再放送していたようです。そういえば朝の方は、学齢前でしたが何かうっすらと覚えがある気がします。

ただ、草創期の59年当時の週一回時代のコンセプトと放送形式が後年のものと同じだったかどうか、さすがに記憶がないため確認はできません。また、言い訳になりますが、この種のものは小学校卒業と同時に番組も「卒業」してしまうが普通なので、70年代も引き続き放送されていたことについては、まったく視野の外でした。最後に、トリヴィアルになりますが、記憶しているBGMで「バラの蕾」としたのは「ばらのしげみ」(Rosenstock,独・シュヴァーベン民謡)の誤りでしたので、こちらも併せて訂正させて頂きます。もう、完全にボケがきています。BGMには他に曲名が分かるものでは「ハイケンスのセレナーデ」も使われていたように思います。長文深謝。
2016/10/26(水) 08:27:33 | URL | 権兵衛
ほー、NHKクロニクルなんてものが出来ていたのですね。
しかし、例によって「クロニクル」の意味を微妙に誤認している感じが。
あれじゃあ、ただのデータベースでんがな。

ワタクシも年鑑を持ってはいますが、ちょっと面倒臭いので(笑)、細かい確認はお任せします(笑)。
古い年鑑は報道・情報番組をおざなりにしているので、載ってませんし。

ただ、昭和38年度年鑑には、ラジオ第一放送の番組としてしか出ていません。
そこでご指摘の38年4月7日のテレビ欄を見てみたら、確かに『こどもニュース』の枠が有ります。
NHK年鑑ですら、かなり長い間まともに扱わなかったために、情報がきちんと載っていないのです。

ハイケンスのセレナーデを調べたら、なんと懐かしい(笑)。
ブルトレのチャイム音のアレですね。
そう言えば、昔はテレビでも使っていたような。
「ばらのしげみ」に関しては、まったく出て来ません。
2016/10/30(日) 05:06:48 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ