私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



CITY HUNTER (1987)

CITY HUNTER(1987)シティーハンター



原作は週刊少年ジャンプで長期連載されたので、
そちらを読んでいた人は結構いると思います。
アニメの方は、視聴率的には突出してはいなかったでしょうが、
コアな人気を誇ったと見え、パート3まで作られました。
明らかにルパン三世のテイストを取り入れた作品ですが、
そこいらもオリジナルを踏襲してますね(苦笑)。

冴羽りょうって名前がカッコいいじゃないですか。
りょうがパソコンで入力できないのが悔しいですが(苦笑)。
燎で左側がけものへんですね。
その昔コミックスのあとがきで読者の人が指摘してましたが、
「狩り。特に夜の狩り」を表す字らしいです。
事実だとすれば、最高のネーミングと言えるでしょう。
字面も音も良く、意味も適合している。そうは無い例です。
冷越豪とは大違いだ(笑)。

ワタクシは原作がまあまあ好きだったので第一回は軽く見ました。
冴羽が悪人をスイープし、音楽が流れ始めます。
物語のエンディングと思われるのですが、番組はいかにも
もう終わるよという差し迫った流れになっているのに、
音楽はまだイントロの最中。

おいおい。イントロの部分で番組を終わらせちゃうの?
という違和感を感じながら見ているうちに、
冴羽が決めセリフを言って話が終わってしまいます。
音楽は中途半端なイントロの途中。
へ? こんな作りアリなの? と訝しがるワタクシをよそに、
場面が切り替わり、番組ED画面と思われる映像になり、
なんだか妙にカッコいい歌がそのまま流されたのでした。

ガーン!という衝撃。

これぞ『火サス形式』と呼ばれる、余韻を引きずるエンディング手法。
しかしながら、アニメ作品ではおそらく本邦初の試みで、
しかも火サスも見ていなかったワタクシはより一層ぶったまげました。
カッチョいい~~~。
冴羽は以後、あからさまに人を殺さなくなりますが、
この第一話は内容もなかなか良くできていました。
こういう作品を児童向けにすること自体、少々無理があるかと。
最初から青年誌に連載し、実写ドラマ化すべき作品だったでしょう。

そしてこのカッコいい~~EDテーマこそ、
TMネットワーク、そして小室哲哉の存在を世に知らしめた
『 Get Wild 』だったのです。
作品世界にもぴったりマッチしていたこの曲は当然ヒットし、
以後TMネットワークは時代の寵児とすらなったのは説明不要でしょう。

提供はいろいろ変遷したと思いますが、外資チョコレート会社の
m&m の名前が、アニメーターのいたずらか、
画面の片隅に出ていた回があって、この当時としては
もう珍しい手法だったので、なんか印象に残ってます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
モッ…
記事を拝読して放送当日を思い出しちゃいました~。

私、コレはアニメの第1話を見た翌日にソッコー本屋にダッシュしました。
そんで、「モッ…」の描写にはビックラこきました(笑)。

もうこの記事の通りデスッ!
EDの伴奏から軽~く劇中に流れる所がシビれましたァー! 
それだけカッコの良いアニメでしたワ、コレ。

ちなみに、あの「リョウ」の感じがPCでは出ないと言うのは、こちらで初めて知りました。漢和辞典で調べました所、まさに意味は「夜の狩り」だそうです。でも、「中国の西南地方に住む少数民族の名前」と云う事で、本当の意味は“夜に行われる獣の狩り”だと思いマス。しっかし、北条先生も良い名前付けるなァ(笑)。
2005/07/04(月) 23:24:56 | URL | RTV局長
モッコリ
モッコリですか。なんだったんでしょうね、アレ?(苦笑)
明らかに作品世界から浮いてる描写でしたけど。
助平さを表すのにも、もう少しスマートにできたであろうに…。

「りょう」はどうなんでしょうね。
チラと見た感じでは探し出せなかったんですけど、
出し方知ってる詳しい人がいたら教えて下さい。
「猟」とかにしないで、「夜の狩り」という字を使ったのはセンスの良さというか、
よくまあ調べたものですね。
2005/07/05(火) 07:24:07 | URL | ごいんきょ
冴羽
考えてみると、冴羽ってのも「スイーパー」から取ったんでしょうね。
悪人退治をスイーパーと言い出したのは、同じジャンプで連載されていた
『クライム・スイーパー』という漫画が元祖ではなかったかと。
たしか原作はあの武論尊でしたが、逆井五郎の絵が好きでした。
しかし人気はあまり芳しくなかったようで一旦休止。
しばらくして第二部が始まった時は、『ピンク!パンチ!雅(みやび)』という、
聞くからに砕けたタイトルに変貌しましたっけ(笑)。
しかしタイトルほど内容はピンクでなく(これこれ
あっけなく終わりましたけど、当作はその内容を軽くパクッたんでしょうね、きっと。
2005/07/05(火) 20:17:15 | URL | ごいんきょ
浅田飴
のど飴の「パッション」っていう製品が、毎回チラッと画面に出ていたのを覚えています。ていうか、毎回探したりしてました。番組合間に流れる浅田飴のCFに永○輔さんが出ていたような記憶が・・・。
2005/09/29(木) 21:45:19 | URL | かずや
起き抜けに飲んでも効かない薬はなーんだ?
朝ダーメ → あさだあめ → 浅田飴

…… こんな感じのクイズが流行った時代があったんですが…
それにしても、浅田飴が出てましたっけ!?
うーん、それは覚えてないですねー。
当時は気がついてたかもしれないので、見れば思い出すでしょうが。

永さんっつーのもかなり古くないすか?
「咳・声・喉に浅田飴」ですよね。
それってバロム・1とかの時代じゃないですか?(笑)

それとも、かなりのロングランだったから CITY HUNTER でもやってましたかねー。
この番組でのパッションのCMは、現代風のBGMに乗ったダンサブルなCMだったような。
ビデオ見返せばわかりますけど、ちょっとだけ面倒くさいです。ごめんなさい(苦笑)。
いずれ見返したときに報告しますね。
2005/10/02(日) 15:46:24 | URL | ごいんきょ
記事読んですごくまた見たくなりました。
パート2かな?ドンチュドンチュノー!っていうED曲も好きでした。
それにしてもみなさんすごく細かいところまで覚えていらっしゃいますね。すごい!
2006/06/08(木) 09:41:50 | URL | はに丸
いいかげん魔
パート2以降はほとんど見てないんですが、そのED曲よくわからにですねぇ。
パート3のOP、ランニング・ホライズンくらいはわかるんですが。

画面の中にスポンサー商品を出すという手法は、
一社提供時代じゃなくなって廃れてしまったんですよね。
だから一層目に付いたというのはあると思いますよ。
2006/06/08(木) 21:20:18 | URL | ごいんきょ
パート2のED曲は・・・
和製プリンスこと、岡村靖幸のSuper Girl ですね。

今にして思うと、小比類巻かほるとか
カッコイイ歌い手さんの起用が多かったアニメだと思います。

でも一番は、Get Wildですね!
2008/05/21(水) 10:31:33 | URL | 秋鈴
ああ。岡村さんでしたか。
すべてEPICソニーのアーティストですね。
当時は大江千里さん、渡辺美里さんも擁していたという、
ちょっと考えられないくらいススんだレーベルでした。
和製ポップスのルネッサンス。
2008/05/23(金) 07:11:42 | URL | ごいんきょ
 漢字変換が出来るようになりました。時代が追いついてきたようです(笑)。
 私はキャッツ・アイ(アニメ)のファンでした。
原作を知る前に見て感激し、かなり録画したはずです。盗み方とか、ルパンを意識してるのかな、と思いました。といっても第一回は見逃しており、最初に見たのは「夜間飛行は危険な香り」でした。ゲランの香水「夜間飛行」(泪)と「ミツコ」(浅谷光子)が出てきたのでどんな香りかと試してみましたが、泪にも浅谷クンにもちょっと甘すぎる香りかな、と思いました。
 アニメ版はキャラデザが素晴らしく、北条司の原作に近かったと思います。色も青が基調のトーンで、作品にマッチしてました。杏里の歌う ED も、三姉妹のエアロビクスという当時は最新のスタイルでカッコよかったし。
 シティーハンターのアニメは、北条司の絵柄とちょっと違うようで、アニメはあまり見ませんでした。キャッツで北条司にハマっていたので、シティーハンター(原作)には第一話からシビれており、ジャンプで毎週読んだ上に単行本も買いそろえた覚えがあります。暗視スコープ着用の敵を照明弾で倒すなど、当時はまだ新しかったですね。主要キャラがそれぞれ魅力的で、特に海坊主はカッコ良かったです。
 「モッコリ」は、当時、小堺一機が宇津井健をネタにしていたのが影響してるでしょうね。私の意見では、モッコリがないと獠ちゃんじゃないという感じ。獠ちゃんは、ロッキーから来てるんでしょうが、「新宿の種馬」ですもんね。モッコリには段階があって、最高級が「てんこもりっ」
です。私は縁がなくなって久しいですが(泪)。
2012/04/22(日) 15:47:08 | URL | あぶもんもん
そういえば
 海外で実写版が作られた最初のアニメでしょうか。ジャッキー・チェンは好きですし、
おとぼけキャラの獠ちゃんにもピッタリなんですが、始末屋としての獠のキャラにイマイチだったかなと思います。
2012/04/23(月) 13:30:36 | URL | あぶもんもん
冴羽獠
ホントだ。かなり苦しそうだけど(笑)。
当時もきちんと探せば有ったのかな。

まだまだモッコリ縁が無くなる年じゃないでしょうに。
いろいろ有効策は知っていますが、そういう場所じゃないからなあ(笑)。
勿論、バイアグラとかの邪道ではありません。

どうなんでしょうね。
そう言えばそうなんでしょうか。
大雑把なアメハム気質で日本のアニメをいじくって欲しくないんですけどね。
まあ基本、アニメの実写化は難しいですが。
2012/04/23(月) 22:14:27 | URL | ごいんきょ
必殺ハンマー!
シティハンターはよく見てましたね。神谷明さんの二枚目半ぶり、玄田哲章さんの渋みのある海坊主、でもなんといっても井倉一恵さんの槇村香さんが最高でしたね!時には恋人のような感じ、時には兄貴に甘える妹のような感じ・・・ですが、遼が美女を見てモッコりした時に出すハンマー!あの時の香さんは、夜叉といってもおかしくない位の感じでしたね!確か原作では100屯バージョンの他煩悩退散バージョンもたったはずです。後、少し話題に上がった浅田飴のパッション、出ていたのは仙道敦子さんでしたね!目が印象的でした。
2014/09/26(金) 23:56:49 | URL | かむい
100tハンマーね。
ギャグ漫画ですよね(笑)。
海坊主は体が凄いんだ。
パッションは仙道敦子さんでしたか。
彼女が歌っているレコードも有るんですよね。
2014/09/28(日) 09:30:35 | URL | ごいんきょ
懐かしい!!
当時、冴羽リョウは理想の男性でした。
2015/06/27(土) 21:41:39 | URL | ひろ23
「ひろふみ」さんってお読みするのかな?
まあアメリカでは同性婚も認められましたし、どちらでも良いのでしょうが(笑)。
2015/07/01(水) 23:13:56 | URL | ごいんきょ
再放送で観てた組です。
TMネットワーク(というか小室哲哉?)といえば
「ニュースプラス1」の曲も担当してましたね。

どっちのシーズンだったか、最終回の100万トンハンマーと、
モッコリパワーで喫茶店の梁を折ったのは妙に覚えてますね(笑)。
2017/01/24(火) 01:00:04 | URL | くろねき
これの最終回はネットのアレで見ましたが(笑)、
異常に格好良かったなあ。
3になるのかな。
2017/01/26(木) 21:57:00 | URL | ごいんきょ
> 火サス形式
TBSテレビ「マツコの知らない世界」でアニソンを取り上げていましたが、
出演した有識者曰わく、実際に火サスをヒントにした演出だったそうです。
2017/07/04(火) 22:04:54 | URL | くろねき
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ズキュ―ン!おっと、局長のコルトパイソンがまた火を吹いちまったゼ(フッ)。…ってコトで、やって来ました 「シティーハンター」は1987年4月6日~1988年3月28日に読売テレビ(日本テレビ系列)で放映された北条司先生による少年マンガ原作。「キャッツ・アイ」に続き北条作品の
2005/07/05(火) 12:13:22 | ◎レトロテレビ放送局◎
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ