私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



サザエさん (1965)

該当番組画像募集



サーザエーさん サーザエさん サザーエさーんてどんな人?
そーりゃもー美人で そりゃもー! しーとやかーでー
ほがらか過ぎて上品で 親孝行で親切で
ランランランでパッパッパ パッパッパでランランラン
ランランランでパッパッパ パッパッパでランランラン
「カツオ! ワカメ! 待て-! (ポカ)
 あら私とした事がお恥ずかしい。 オホホホホ…」
そそっかしいのが玉に瑕 消え入りそうにうなだれて
モジモジ真っ赤な モジモジ真っ赤な サーザエさん~~~


フジ三太郎をやったので、続けて朝日新聞連載つながりでこれをやろうと思います。
そのうちやろう、いつかやろうと思っていた、思い出あるサザエさん。
もちのろんで、アニメなどではない、実写版の方です。
誰じゃー! 「星野知子ね、見た見た」などと言っておるたわけは。
実写サザエさんと言えば江利チエミ。これしか有りません。
元々は昭和31年に映画として誕生しているのだから、かなりの年季です。
このシリーズは結構な人気だったようで、続編もいくつか作られました。
更に、昭和40年とかなり年が進んでからテレビ化されたのが、本稿で扱うものです。
当時はそれだけ、サザエさんと言えばもう、江利チエミだったのです。

やはりOPが忘れられませんね。
冒頭の歌は、幼少時からことある毎に口ずさんできました。
親しみ易く覚え易く歌い易く、番組を歌っていて、できれば主役が歌っている。
これぞテレビ主題歌の王道じゃないですか。
この主題歌は聞くからにもう喜劇。リズムがもう喜劇主題歌。
更には画面も滑稽で、線画のような単調な絵の背景や体に、
顔だけ実写をはめ込んだアニメーションでした。
だから顔が不自然なバランスで大きくて、それが子供心に見ているだけで面白かった。

そんなサザエさんが箒を左右に部屋を掃除していると、
カツオとワカメがなんかいたずらしていて、一目散に追っかける。
縁側から庭に駆け下りて、垣根を飛び出てそのまま外へ。
後ろを向いているカツオ発見と思って箒でポカリとやると、
振り向いたのはよそのお爺さんで、プンプン怒ってる。
そこでサザエさん、照れ笑いでオホホホホ…となっているわけです。
この辺の小芝居がかったセリフも好きでしたね。
最後の部分は、サザエさんが両手を揉みながらモジモジして終わりでした。
意地悪ばあさんの実写版主題歌も、青島幸男の歌い方が小芝居がかってて好きだった。
この二作品は昭和史に堂々と残るギャグ漫画の実写ドラマ化作品です。

ところが、長谷川町子関係はなぜだか病的なくらいに著作権にナーバス。
資料的な本・ビデオにすら長谷川作品だけがアニメ画像・動画を掲載されないなど、
文化的観点からワタクシは非常に由々しき問題だと思っているのですが、
これまた何故か、近年次々と繰り出される封印作品紹介本からすらも封印状態(笑)。
そんなこんなでこの二作品も、いまーだにCS放送もソフト化も、
微塵も動きが無いように見えるのであります。
あー。もう一度おぼろげな記憶の実写サザエさん、意地悪ばあさんが見たい。
何がこれらを世に出す妨げとなっているのでしょう?

江利の他のキャストも忘れられません。
マスオの川崎敬三は、例によって人の良さそうな感じでやってたし、
フネの清川虹子も良かったですが、彼女は映画や舞台でもフネをやり続けてますね。
そしてワカメの上原ゆかり。
どうです。配役並べてるだけでまた見たくなってくるじゃありませんか。
この原作この顔触れの30分ドラマなのに、意地悪ばあさん同様、
当初は夜の9時頃から放送していた大人だけ対象のドラマでした。
しかしこれまた意地悪ばあさんと同じく、後に7時台に移ったんじゃないかな。
提供はヤクルト本社でした。
当時はヤクルトですら、やや贅沢品って感じの風情で、
たまーに口に出来ると、つかの間の贅沢感が有りましたね。
本当につかの間なんだけど(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
家族揃って
家族皆で観ていました。
主題歌もとっても懐かしいというか、今でも知らぬ間に口ずさんでいたりします。
ごいんきょさんが書かれた歌詞を読んでいると、江利チエミさんの歌声が聞こえてくるようです。

川崎敬三さんがアフタヌーンショーの司会をしたときも、我が家ではマスオさんが司会をしていると話していました。
波平さんは森川信さんでしたね。
素晴らしい出演者の方々で本当に楽しい番組でした。

内容は殆ど覚えていないのですが、家族揃って笑って観たことは覚えています。
2009/04/08(水) 21:57:05 | URL | モデラート
波平
男はつらいよ・初代おいちゃんの森川信でしたね。カツオの顔は残念ながら思い出せません。
記憶に残っている場面は、卓袱台で夕飯を待っているカツオと波平。カツオが「は~ら減った、は~ら減った」と節をつけて騒ぎ始めると、はじめ波平はカツオを叱っているんですが、しまいに波平も乗せられて、箸で茶碗を叩きながら「め~しま~だか」。暖簾をくぐってきたフネが「まあ何ですかお父さんまで」。
いい時代でした。
2009/04/08(水) 22:00:34 | URL | あぶもんもん
>モデラートさん
口ずさみますよね!
箒を使う時は知らないうちに口をついて出ますし、そうでなければ頭の中でかかりっぱなしです。
2009/04/08(水) 22:05:37 | URL | あぶもんもん
江利チエミ
といえば私はサザエさんのイメージしかなくて歌手だということは後で知りました。
星野知子もありでしたが江利チエミですねー。
2009/04/09(木) 08:13:42 | URL | (ハンドル未記入)
Re・江利チエミ
すいません上の投稿は私です。
2009/04/09(木) 08:18:52 | URL | 緑のおばさん
再放送で観ました
この作品、VTRで撮られていたのですが、ご存知の通り当時のビデオテープは、いったん放送に使われたら上書きされることが当たり前でした。
しかし、なぜかこの作品については夕方5時台の再放送で観た記憶があるのです。
と言っても当時私はまだ幼かったことから、話の内容はおろか、出演者さえ(江利さん以外は)覚えていませんでした。この記事を読んで、実はそうそうたるメンバーがお出になられていたのだな、とただただ驚くばかりです。
2009/04/09(木) 14:10:12 | URL | うみがめ
サザエさん
エリチエミのサザエさん
見たことないな。
星野知子のサザエさんはあるけど。

パロディでサザエボン
と、いうのがあるけど
アレは面白いね。
2009/04/09(木) 14:14:17 | URL | 梅吉
● モデラートさん
森川信さんと言われても他の人ほどピンと来ないんですよね。

● あぶさん
おいちゃんと言われてもまだわからない(笑)。
カツオが箸で茶碗たたくのは有った気がするなー。
いずれにせよ、昭和テレビではよく見た光景でした。
ワタクシも「♪ 腹減った 飯をくれ」とやった事ありますね(笑)。

● 緑のおばさんさん
ああ、当時はもう、歌手としては人気も下り坂でしたもんね。

● うみがめさん
ワタクシも再放送ですね。
とても夜九時に見られる年ではなかったです(笑)。
OPは間違いなく現存していると思います。
後に何かの特番で、そのOP画面をバックに江利さんが歌っております。

● 梅吉さん
サザエボンってたしかアウトですよね(笑)。
2009/04/10(金) 00:01:17 | URL | ごいんきょ
アクセント
唐突ですが、皆さんは「サザエさん」をどういうアクセントで読みますか?
私はサを高く「サリーちゃん」のように読みますが、高橋留美子がインタビューでサを低く「ドラえもん」のように発音していたので、もしかしたら業界ではそう読んでいるのかと思いました。
私も記憶にあるのは再放送です。私が見たのは昭和40年代後半、5時より少し早かったように思います。
2009/04/10(金) 22:33:44 | URL | あぶもんもん
関東人は冒頭にアクセントを置くと思います。
40年代後半になんかやってましたか?
じゃあ残ってる可能性も有りそうな。
2009/04/12(日) 04:25:28 | URL | ごいんきょ
それよりも・・・
しかし、ごいんきょさん。
大昔の番組のことを、
このとおり資料もない番組についても、
本当によく覚えてますね。
おかげさまで私らも郷愁にひたれるというものです。

私は家族で8ミリ映画を撮って遊ぶ回とか、
マスオさんが区役所の土木課勤務で、
どこかの銭湯の井戸水が出なくなったので、
地中にもぐって調査するというので、
サザエさんが心配する回というのが、
印象に残ってます。



>あぶもんもんさん

高橋留美子がインタビューに答えてたっていう映像をごらんになったというのも、
なかなか得難い体験ですねぇ。
2009/04/13(月) 11:23:38 | URL | 葉っぱ
連続投稿すみません
「サ」が低かったのは訛りだったかも・・・・・・
高橋留美子はたしか新潟の出身ですからね。


ごいんきょさま
横レス失礼しました。
2009/04/13(月) 11:28:43 | URL | 葉っぱ
この歌、OPは好きでしたからね。
当時からずっと何度も歌ってるので、覚えてるというか、
ワタクシとともに有り続けているのです(笑)。
そんなのより、具体的な話の方がはるかに貴重ですよね。
二つともちょっと思い出せませんが。
2009/04/14(火) 00:51:09 | URL | ごいんきょ
>葉っぱさん
(ごいんきょさん、サザエさんから離れてすみません。テレビには関係しているので・・・)
なるほど。方言かも知れませんね。
何の番組だったか記憶にありませんが、うる星やつらが連載中の頃で、あたるもラムも進級しないことについて「まあサザエさんの世界ですから」と言っていました。
2009/04/15(水) 00:17:40 | URL | あぶもんもん
江利氏のサザエさんは
前にも書いた通り名古屋の中日劇場での何年かの間夏場恒例の演目であった

ちなみに一昨年ぐらいのニュースでこの作品の遥か前のもしかしたら20年代かも知れないエノケン風のノリのサザエさんの映像が見つかった事も覚えている
2009/08/30(日) 23:15:26 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
覚えてる場面
家族全員で遠足だかなにかで出かけるんだけど、波平さん(森川信さん)がまだ家の中にいるのに、鍵をかけて出かけちゃう(笑)っていうのが妙に印象に残ってます。
波平さんが必死で玄関の戸をこじ開けようとしている場面が目に浮かびます。
2009/09/16(水) 18:30:04 | URL | ななお
ワカメさん号
姉妹社が著作権に神経質なのは、立川バスの「サザエさん事件」が関係してるのかな?
2009/12/19(土) 21:10:24 | URL | 石毛零号
opテーマはマンボ調
なのでもしかして正式なタイトルはサザエのマンボだったりして

ちなみに江利氏とダークダックスとのボーカルでサザエの独身時代の恋愛等を歌った歌も存在し今のところユーチューブでも聴ける
2011/09/23(金) 22:51:23 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
例によって、かなり間が空いてますのをお詫びします。


● ガッツさん
江利さんのような、本格的に歌えて笑わせられる人は貴重でした。
これまた、今の芸NO人には見当たらなそう。


● ななおさん
読んでても可笑しいですね(笑)。
あと、マスオさんのお母さんが遊びに来た回も有りました。


● 石毛さん
と言うか、著作権にうるさい人だからあの件が問題になったんだと思いますけど。
まあ、たしかに商売で勝手に使うのは非常識ですよね。
ただ、単純に子供を喜ばせようとはしてたんだろうし、いろいろ世知辛いとは思います。


● ガッツさん
残念ながら、既にアウトのようです(苦笑)。
2011/10/10(月) 19:06:49 | URL | ごいんきょ
サザエさんについて。
ごいんきょさん、お邪魔致します(^^)「サザエさん」ですか…1965年は、まだ私は生まれていなくて…1971年生まれの私はアニメの「サザエさん」なら少し語れますが。1981年にフジテレビ系のホームドラマスペシャルで「サザエさん」を放送されていましたよね、アレはよく覚えています。確かサザエさん役が女優の星野知子さんで、マスオ役が小野寺 昭さん、波平役が小林亜星さん、フネ役が乙羽信子さんでした。そのホームドラマスペシャル「サザエさん」の主題歌で、星野知子さんが歌っていた「DOMO DOMOコンチェルト」が今でも大好きですね。
2013/12/09(月) 16:12:41 | URL | マスダっち
原作の単行本
母親が原作の大ファンでした。姉妹社版の単行本全巻や(68巻だったかな?)よりぬきサザエさんetc…。家族みんなで良く読んでました。数年前に子供のリクエストで古書店で朝日新聞社の文庫版45巻を全巻揃えましたが、文庫化の際にカットされた作品が結構ありました。記憶にあるのは精神病院の実名を出している作品。当時、母親に「松沢病院って何?」と聞いた事があります。母親は東京暮らしの経験があったので解説してくれましたが、地方の人は何だか解らなかったのでは?今、アニメでやったら大ウケなんですが。
2013/12/09(月) 20:59:31 | URL | とらお
● マスダっちさん
よくご存知ですね、DOMODOMOコンチェルト。
当時発売されたレコードでは、星野さんがサザエさん姿でジャケットに写ってます。
星野さんの歌唱は珍しいですね。


● とらおさん
いやあ、松沢病院はさすがにダメでしょう(苦笑)。
当時だって、載せた編集者はメクラだと思いますよ。
2013/12/11(水) 20:05:34 | URL | ごいんきょ
その他にも
その他、傷痍軍人、乞食がカット。一方、ヤミ屋はセーフでした。フネさん、サザエさんが玄関口で堂々とヤミ屋のおばさんからお米を買ってました。朝日新聞の線引きが良く解りません。
2013/12/12(木) 07:50:34 | URL | とらお
それだけ日常の光景だったのでしょう。
賭けマージャンとか普通に漫画になってますしね。
2013/12/15(日) 21:09:57 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ