私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



中一時代 (1976)

該当番組画像募集



私が読んでた中一時代
  今あなたの 中一時代~


と、まだあどけなかった頃の百恵ちゃんが歌っていたんですよ。
一方の桜田淳子は学研の中一コースをCMしてたんですが、
そちらのCMはよく覚えておりません。
歌が旺文社ほど歌い易くなかったかも。
時代、コース、その他の学習雑誌CMをご記憶の方、コメントお待ちしております。

ワタクシは百恵派でありまして、時代派でありましたから、
堂々と淳子派の奴に勝ち誇っておりましたですね。
だって、そいつも旺文社・時代派だったんだから(笑)。
「お前、淳子好きなんだからコース読めよ(笑)」
なんて、よくからかいましたっけねえ。

ワタクシはいわゆる学習雑誌は、小学館の小学一年生から六年生まで買い続けてたのですが、
なぜか中学になると小学館のは無くなって、旺文社の時代か学研のコースになったんですね。
今では高三用の蛍雪時代以外は無くなってるんですか?
なんだか淋しい感じです。
けっこう親に内緒で性の事とか書いてあって、そういう楽しみも有ったな(笑)。

百恵ちゃんは、冒頭の歌を歌った後、年間予約すると万年筆をあげますという告知をしてました。
万年筆に大人の佇まいを感じて憧れたあの頃。
今では小学生でも腕時計は通り越して、ケータイを操る世の中。
そういう大人への階段を上る楽しみすら、大人がどんどん奪ってます。
年間予約というのは、申込書を本屋さんに持って行くだけ。
あとは発売日に買いに行くだけという、性善説に基づく契約となってました。

だから周りの人間はみな、万年筆だけ貰って遅くとも三ヶ月くらいでやめてました。
ワタクシは小学生時代から学習雑誌を購読してましたし、
周りのそういう行動を苦々しく思いましたから、ちゃんと年間買い続けました。
しかし所詮はオマケの万年筆ですから、すぐに使えなくなったし、
そもそもまともに使う機会なんて当時から無かったんですがね(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
万年筆・・・
わたくしは苦い思い出がありやす。
それは今となってはどっちが先が忘れましたが、
多分時代を年間予約したあと万年筆もらい、
どうしてもコースのおまけも欲しくて、
なんとコース年間予約しちまいました。
なぜか商店街に本屋がふたつあって、三軒くらいしか離れなかったんですね。
で、時代のほうは『小学○年生』からお世話になってる同級生の家の本屋。
あとからのはあまり入ったことない本屋。
親に内緒で申し込んだんだから
えらい怒られて。
確かコースのほうは『ジギー』っていうアメリカマンガのキャラのなにかをもらったんだと記憶してます。
でも、まあ一応勉強の本だからってことで、
一年間マンガは買わないという約束で両方読んでました。
万年筆確かに超軽くて銀色?ぽくて
字がかけなくなりました。
でも欲しかったんだよな・・・。

そうそう『13歳の男の子って?
女の子って?』みたいなありましたですぜ。

ただ、今小五のこどもが読んでる
『小学五年生』はもっとリアルでいろいろな名称もバッチリ。
こりゃまだちょっと読ませたくないなあと・・・
女の子の質問コーナーなんか・・・
おっと、これくらでやめておきます(笑)
2009/04/08(水) 23:48:51 | URL | くりお
万年筆
私はコースを買っていました。
当時、時代は山口百恵、コースは森昌子。
年間予約してもらった万年筆。
万年筆=大人と思ったものです。
しかし卒業記念のサイン張書いてたら万年筆の先がポキッw
手に入って数時間で見事に破損・・・・・・苦い思い出です。
2009/04/09(木) 08:17:44 | URL | 緑のおばさん
中一時代
こんにちは。
私は書店で時代とコースの両方を買ったら、万年筆があまっていたようで、予約しなくてももらうことができました。しかし万年筆なんか使わないんですよね。笑
その後これらの雑誌でBCLと出会い、ソニーのスカイセンサーを買いました。
百恵ちゃんは旺文社のカセットLLのCMもやっていましたね。
2009/04/09(木) 10:09:09 | URL | ふらた
中一時代に進路をとれ
確かそのようなキャッチコピーでしたね。
因みに私も「時代」派でした。
私のログ記事「中学生の必読誌」(カテゴリ「カメディア・ルーム」)にもその辺の話が出ていますので、よろしかったらご高覧下さい。
2009/04/09(木) 13:51:10 | URL | うみがめ
コースはピンク・レディーもやってた
♪見せてあっげるーわ,ちらっちらー,ちゅーいちコースよ,ちらっちらー。
2009/04/09(木) 19:16:43 | URL | いくちゃん
● くりおさん
両方貰ってた人もいたのかあ。
この記事の年は、コースも万年筆だった気がするんですけどね。
やはり万年筆は実情に沿わないと感じたんでしょう、
後年になるにつれ、景品もどんどん変わったようです。
性教育を隠れ蓑にした、売らんかな企画ありましたね(笑)。
小五は早いな。売春小学生でも増やしたいのかな。

● 緑のおばさんさん
淳子さんの前は昌子さんだったのかな。
それはよく覚えてないです。
テレビCMもやってたのかな。
やはりすぐダメになりますよね(苦笑)。

● ふらたさん
余ってたんですか。
そう。どうせ使う機会なんて無いんですよね(苦笑)。
カセットLLのCM、百恵さんもやってましたっけ!?
ちなみに、カセットLLも既述でございます。

● うみがめさん
ほー、そのコピーには聞き覚えないですな。

● いくちゃんちゃん
言われればピンクもやってた気はしますが、歌は覚え無いすねー。
なんと刺激的な(笑)。
2009/04/10(金) 00:13:40 | URL | ごいんきょ
惰性で購読
自分も「小学一年生」~「小学六年生」、「中一時代」~「中三時代」を定期購読していました。「中学時代」になると勉強ページが多くなり、マンガが2~3本しかなく、それがつまらなかったですね。尤も「時代」は勉学志向が強かったらしく、「コース」の方は比較的柔らかい内容だったらしいですが。
2009/04/10(金) 09:28:57 | URL | 石毛零号
コースです
私の時は、確か小学校6年生の卒業を間近にしたころ、学校で中一コース・時代の斡旋があって、理由は全く覚えてませんがコースを選びました。後悔はしていません。ただ、一時「時代」に小説「絶唱」が掲載されていて、これが結構せくしーな感じで評判になって、これだけ友達に借りて読んでいた覚えがあります。なつかしい~なぁ。
2009/04/10(金) 12:43:09 | URL | 心は少年
手塚漫画
小学生のときは科学と学習、ほかに子供の科学を買ってもらっていましたが、中学以降は学習雑誌と縁が切れてしまいました。
私の好きな手塚漫画「シャミー1000」とか「ユフラテの樹」「日本発狂」などもコースに連載されていたらしいです。調べたら、古くは「フィルムは生きている」「ベニスの商人」「夜明け城」「アリと巨人」などの名作もコースに載った由。「時代」の方にもいくつか描いていますが、なぜかコースの方が多いようです。
手塚ファンというわけでもない友人が、お姉さんの買っていたコースで「ユフラテの樹」を読んだというのを聞き、うらやましく思ったのを思い出しました。
2009/04/10(金) 23:10:23 | URL | あぶもんもん
● 石毛さん
そうそう。どうせ勉強ページなんか読まないすからね(苦笑)。

● 心は少年さん
えー。学校で斡旋するなんて考えられません。
今なら問題になるかも。
絶唱って、舟木さんが歌ってた頃でしょうか?
やっぱりときめくのはエロですよね(笑)。

● あぶさん
ほー、手塚先生がねえ。コースの事情はまったくわからないですな。
時代の方には、ワタクシの好きな関谷ひさし先生とか書かれてたと思います。
2009/04/12(日) 04:20:43 | URL | ごいんきょ
掲載漫画
古い事に関する記憶はいい方なんですが、何故か(自分が読んだ)「中一時代」('75)に掲載されていた漫画が思い出せません。手塚漫画だったような気がするんですが。
でも中二、中三の時は憶えています。「オッス!杉山くん」。「ど根性ガエル」の吉沢やすみ先生が描くギャグ漫画でした。主人公・杉山くんの顔は、まんま「梅さん」でしたw
2009/04/12(日) 19:21:54 | URL | 石毛零号
オッス!杉山くんて覚えあるなあ。
単行本で読んだのかな。
図書館で読んだのかも。
2009/04/14(火) 00:16:38 | URL | ごいんきょ
手塚マンガ
コースか時代のどっちか忘れましたが「ひとでの秘密」という巨大ひとで型のエイリアン(当時この言葉はなかった)が人間の背中に張り付いて支配するという作品がありました。
あの頃は結構マンガが載っていて楽しかったですね。

♪わたしが読んでた中一時代♪
百恵が歌ってましたね。

万年筆プレゼントは定番でした。
今から考えると万年筆なんて使ってる奴なんか同級生には誰一人として居なかったのに、何でこんなんが景品だったんでしょうかね?

後にラジオになったように記憶してますが。
2009/04/14(火) 15:43:17 | URL | わい
うーん、その漫画、後にだろうけど読んだような。
あぶさんの話からしてコースの方でしょうね。
70年代までは、鉛筆以外の文具を使うのは中学生以上、
てな前提が有ったと思いますね。
と言うか、小学生はとにかく鉛筆以外使っちゃダメという感じだったかと。
ボールペンすら普段からまったく使わなかったですね。
そこら辺から、成長の証しての万年筆ですかね。
実際、その頃の大人は万年筆を使っている人もまだ結構いました。
万年筆がいよいよ通じなくなってからは、いろんな景品になったようですね。
2009/04/16(木) 00:01:36 | URL | ごいんきょ
早見優のラジオ
私のときは携帯型ラジオをもらいました。

「時代」は白いラジオ、「コース」は黒いラジオ。
白い方が欲しかったので、中一時代を年間予約したのですが
家に帰って聴いてみても全然音がしないのです。
書店に持っていったら、本の予約はそのままで
黒い方と変えてくれて本当にありがたかったです。
こちらはちゃんと受信でき、布団の中で深夜放送を聴くなどして
長い間お世話になりました。
小学生のころから、ずっとラジオが欲しくてたまらなかった
私のお宝でしたね~。

もちろんテレビも欲しかったですよ。
それも携帯型の小さいタイプが欲しかったのです。
布団の中で見られますからね(笑)
2009/04/20(月) 01:27:28 | URL | みゅう
我々の後の世代はラジオというのはネットで知りました。
しかし、どちらもラジオだったんですか。
それで講座を聴くという建前なんでしょうね(苦笑)。
ああ。布団の中で見られるっていうのは盲点だった。
それでベルトクイズのラテカセ人気がわかった(笑)。
2009/04/21(火) 00:30:43 | URL | ごいんきょ
私の時代は
「♪中一時代チラッチラー」って
ピンクレディがCMやってました。
あ、私は「コース」にしましたが
やはり周囲でも
時代派とコース派がいました。
2009/05/05(火) 19:10:39 | URL | かじか
中一コースよチラッチラも思い出しました。
いくちゃんちゃんが書いてくれたように、中一コースの方ですね。
チラッチラ♪と言いながら、コースを顔の横に出したり引っ込めたりするんですね。
2009/05/06(水) 10:16:51 | URL | ごいんきょ
学研のbomb
が創刊されてからこのcmが無くなったのかも

今もしakbとかももクロとかがコースの㎝をしたとしてそれと混同されるか兼ねてるとかと思われたりしたらやばいので
2013/05/25(土) 22:22:49 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
誘惑の付録
別冊付録で教科書別の答えの出ている虎の巻がついていました。最初は宿題とかの答え合わせに使っていましたが、そのうち誘惑に負けて、答えをまる写しにするようになりました。自業自得なんですが、成績はもちろん急降下。後に教育困難校へ進学する要因となりました。
2013/05/26(日) 00:12:40 | URL | とらお
>掲載漫画
今さらですが・・・
私が読んでいたのは1976年で『走れ!クロノス』でしたが、1975年というと『ぐうたろう千一夜』でしょうか?

『ひとでの秘密』は1973年、『時代』のほうですね。
私は後に再録されたものを読みました。
2013/05/27(月) 19:58:25 | URL | esme
● ガッツさん
どうだろう。たまたまでしょうけどね。


● とらおさん
いやあ。こういう雑誌できちんと勉強している人がいたなんて。
ワタクシは、漫画しか読んでなかったです(苦笑)。


● esmeさん
走れクロノスって聞いた覚えありますねえ。
ワタクシも読んでいたかも。
なにしろ、関谷ひさしさんの漫画が好きでした。
2013/12/29(日) 23:50:27 | URL | ごいんきょ
「中一時代」か「コース」か忘れましたが'70頃に掲載されていた漫画で、藤木輝美先生の「ウルフ君」というのが確かあったと思うのですが・・、記憶があっていますでしょうか?
ウルフ君は狼を模したキャラで、当時新鮮だったもので、期になりまして。
2014/06/10(火) 23:35:43 | URL | (ハンドル未記入)
検索したところ、今のところ記述者はいませんね。
さあ、ご存知のあなた。
いま書けば世界で最初の男になれる(笑)。
2014/06/11(水) 02:23:06 | URL | ごいんきょ
ラジオにも驚き
小6の夏休み、「中一時代」だったか「コース」だったかを一冊、(黒のミニラジオが一緒だったので、みゅうさんのコメントを拝見するとコースだったのでしょう)を本屋さんにもらいました。近所の、配達もしてくれた本屋さんで、本屋さんに本をもらってびっくりでしたが(宣伝でも)、「これがあの中一時代(コース?)か!」と思いました。
ラジオはちゃんと聞けました。テレビでは榊原郁恵さんがコマーシャルしてました。(♪ちゅういーち・じだ・い♪)
新学期、「夏休みに本屋さんに中一時代とラジオをもらった」はわりと話題でした。
2014/06/11(水) 11:24:21 | URL | kyoko
昭和60年頃のCMキャラ
は、岡田有希子さんだったと思います。(コースと混同してますが…。)学業成績優秀だった彼女にピッタリの仕事だったと思います。もし同じ事務所の早見優さんのように進学を許されてなおかつ芸能活動を続けていたら嫌みのないインテリキャラでQさま。とかに出演していかも。
2014/06/12(木) 22:58:31 | URL | とらお
● kyokoさん
郁恵さんという事は、やや後の世代ですね。
その頃には、万年筆も時代遅れになっていたのでしょう。
本をくれたのですか?いいなあ。
本屋さんに行ったらいきなりくれたのでしょうか。
おそらく、その地域の本屋さんだけの話だと思いますけどね。


● とらおさん
岡田有希子さんもやってましたかね。
おそらくコースの方ですか。
つまり、「時代」はホリプロ、「コース」はサンミュージックのアイドルが継承していったという事なんでしょう。
2014/06/13(金) 00:30:00 | URL | ごいんきょ
確か・・
確かあれは朝寝坊して起きたら、「中一時代」(かコースだったか)とラジオが家にあって、「?」と思ったら母が「本屋さんが持ってきた、(予約してね、と)配っているのだろう」みたいな事を言ったと思います。
わりと厚みのある雑誌だな、と思いました。(ラジオというオマケはなんだか大人っつぽい)
新学期、登校してみるとそういうクラスメートはわりといました。
ここら地域だけの話だと思います。
2014/06/13(金) 15:57:48 | URL | kyoko
・・新刊ではなくたぶん何月号か前のだったですが・・
2014/06/13(金) 16:20:15 | URL | kyoko
ああ。売れ残りのを販促でくれたのですね。
なかなか商売熱心な本屋さんだ(笑)。
2014/06/13(金) 23:15:23 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ