私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



シルエットクイズ (1954)

該当番組画像募集



テレビの開局と同時に、クイズ・ゲーム番組は有りました。
NHKのジェスチャーがその嚆矢とされますが、
民放第一号である日本テレビでは、ジェスチャークイズというのをやってました。
こちらについてはあまり語られませんが、要は、ただのパクリ番組だったのでしょう(笑)。
しかし、それから少しして始まった、このシルエットクイズは、
日テレオリジナルで、しかもジェスチャー同様、テレビという媒体の特性を活かそうという、
初期制作者の思いが結実したものだったと思います。
ずっと後年、アップダウンクイズの1コーナーとして名前が有名になりましたが、
元々は単独番組として有ったもので、しかも、当時は民放最長寿を誇る人気番組でした。

内容は、アップダウンクイズでの形式とは多少違っていたようで、
映画や物語の主人公に扮した姿を投射していたようですね。
レギュラー解答者は、宮田重雄、望月優子、十朱久雄らでしたが、
例によってこの番組も、毎回ゲスト解答者が来ておりました。
中山マサ、浅沼稲次郎、なんとチャールトン・ヘストンまで、
非常に多彩な面々だったようで、あのテレビ叩きの急先鋒だった大宅壮一も、
ごく初期にはゲスト解答者席に座った事があるようです。
最初期にはスポンサーの無い、サスプロと呼ばれる自主制作だったようですが、
ほどなく三菱電機がスポンサーになって、しばらくやっていたようです。

そして昭和31年1月、この番組に一大転機が訪れます。
スポンサーが花王石鹸となり、それに伴い、番組タイトルが変更。
花王ワンダフルクイズと、スポンサー名と商品名のダブルパンチという、
なかなか珍しい商業タイトルとなったのでした。
このワンダフルクイズとなってからも5年余り続きましたが、
昭和36年に放送終了、後番組も花王のゲーム番組でした。
想像するに、おそらく番組の人気はそれほどは落ちてなかったんでしょうが、
ワンダフル以外にプッシュしたい製品が出てきたというスポンサー事情だったのでしょう。
いまだに現役の花王ワンダフル。
番組人気は落とさないが、汚れはよく落とします。
なんでCMしとんねん(苦笑)。

この番組がテレビ史上で外せないのは、これまで述べてきたような事柄以外に、
初のCMガールを生み出した番組だというのがあります。
その名も小林久子。
番組末期には数々誕生していたコマーシャルタレントも、
開局当時は勿論そんな存在はおらず、希望者もいなかったといいます。
そこで、大正力の鶴の一声か、セ・リーグ事務所に勤めていた彼女に、
なんとか泣きついてやってもらったというのです。
生CMで、まだ円筒状だったワンダフルを手に持ち、CMコメントをやっていたその姿は、
後の数々の番組で繰り広げられた番組中生コマの先駆けだったのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
教えてください!
はじめまして、森妻です。
とても面白く拝見しました。
そして思ったのです「このお方なら私の疑問に答えてくださるのでは?」と…。

実はですね、アメリカで1950年から67年までやっていたクイズ番組でWhat's My Line?(私の職業はなんでしょう?)というクイズがありました。登場した人の職業をあてるべく、パネリストが質問をする、という番組です。

登場する人々は一般の人も出ますが、スターなども登場し、その場合パネリストは目隠しをして尋問を行う、というものです。

とても人気のあった番組で、他国でも同じ趣旨の番組を作ったようなのですが、57年あたりにどうやら日本でも出たらしいのです。

イギリスなどでは同じような仕組みで放送していたようなので、参考までに本家の動画のリンクを↓

http://www.youtube.com/watch?v=5kvuQJeyrS8

日本で本当にあったのでしょうか?近いものがありましたら、お教えくださいませ。

よろしくお願いします。
2009/05/12(火) 15:17:35 | URL | 森妻
アップダウンクイズ?
アップダウンクイズ
で、シルエットクイズ
と、いうのがありますが。
この番組からヒントを
頂いたのでしょうか。

それにしても
こういう番組があったわけね。
こういう番組があったとはね。
2009/05/15(金) 14:47:17 | URL | 梅吉
アップダウンクイズに出ました
こんにちは!

5問正解で5.000円とロート製薬の
詰合せをもらいました。

予選と面接があったような・・
テレビに出た、最初でした。
2009/05/15(金) 17:50:06 | URL | aonosato
● 森妻さん
はじめまして。
おそらく『ほんものは誰だ』じゃないですか?
こちらは問題人物の方が、マントを羽織ったりしてましたし、
職業を当てる場合よりも、特技などを当てる場合が多かったと思いますが。
他には思いつかないです。

● 梅吉さん
どうなんでしょうねえ。
ただ、シルエットクイズという名称は、
この番組が有ったのでみんな知っていたと思います。

● aonosatoさん
こんにちは!
あらー。また出場経験者の方が来てくれましたか。
すみません。アップダウンクイズスレはまだ無いんですよね。
そのうち必ず書きますので、気長にまた来て下さい。
2009/05/23(土) 07:15:59 | URL | ごいんきょ
金田正一さん
この番組の内容のことじゃないんですけど、金田さんの「やってるで!」っていう著書の中に、当時国鉄スワローズのエースだった金田さんと最初の奥さま・榎本美佐江さん(当時の人気歌手)との出会いが「シルエットクイズ」だったという記述がありました。
野球選手(スポーツ選手?)と芸能人(もしくは女子アナ)が番組を通して出会うって言うのは昔からあったんですね。
2009/10/14(水) 11:29:41 | URL | ななお
「やったるで!」でした。
「やってるで!」って書いてしまって赤面です!
金田正一さんの著書は「やったるで!」でした、ごめんなさい。
2009/10/14(水) 15:18:29 | URL | ななお
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ