私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ことばのプリズム (1985)

該当番組画像募集



こ・ト・バ・の・ぷ・り・ズ・む

こんな平仮名片仮名ごちゃ混ぜみたいな機械チックな発音で始まっていた、
TBS夜8時直前の月~金帯番組。
ほとんど、その奇態なタイトルコールで印象に残っていますね。
タイトルコールに続いて、毎日漢字一文字がサブタイトルとして提示されます。
象形文字だけが対象だったのかな? それとも無理矢理だったのか、
毎回それっぽい絵から漢字へと変化する、手描きモーフィングアニメで始まってました。
大体、NHKの連想ゲームを一通り見て、最終得点発表をする頃にチャンネルひねると、
この番組のタイトルに遭遇する感じで、チャンネル止めてましたっけ。
NHKは番組案内やってましたからね。

タイトルからすると、漢字や言葉に関する蘊蓄でもありそうな感じで、
ワタクシもむしろそれを楽しみに見ていたのに、
毎回内容は、その漢字から連想される何かの映像なんですよね。
伝わりづらくて申し訳無いんですが(笑)。
その事に関する蘊蓄は有ったりもするんですけど、字そのものは掘り下げず。
よく考えてみると、プリズムってのは光を屈折させて光線の向きを替えたりするわけですね。
この番組も、漢字から連想される事柄に話題を進めて行く、という感じだったんでしょう。
それにしても、毎日毎日様々な事柄に関する映像を、よく撮り貯めたなあと今にして思います。

提供はSONYでした。
丁度この時期、ソニーは劣勢になったビデオ戦争を盛り返すべく、
ベータのハイバンド化に着手し、フラッグシップたる名機・SL-HF900を世に出しました。
想像するに、それをプッシュするためのゴールデン確保だったような。
このハイバンドベータはマニア層に非常なるインパクトを与え、
もしやベータ巻き返しなるかの幻想を抱かせてくれたものです。
が、ほどなくVHSはHQという間に合わせ高画質化で追随(笑)。
加えて、リアルタイムカウンターやインデックス頭出しなど、
ベータがVHSよりも秀でていた部分も、新ローディング方式を開発して実現。
瞬く間にハイバンドベータのインパクトも薄れ、ビデオ戦争の大勢が決したのでありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この番組、7:58からの2分間の番組でしたね。確か関東ローカルだったと思います。私は「テレパル」の紹介記事を、指をくわえて見てるだけでした。
その後放送番組供給センターの番組として各地で放送されております。
2009/05/05(火) 19:29:56 | URL | かじか
新聞発表では、54分とか55分とかのスタートじゃなかったかな。
関東ローカルだったんですか。
2009/05/06(水) 10:20:33 | URL | ごいんきょ
3~4歳のころの安達祐実が出てましたね。
2009/05/07(木) 15:12:47 | URL | (ハンドル未記入)
動画サイトに有りますね。
よくまあ見つけたなと思うんですよ(笑)。
2009/05/08(金) 07:16:04 | URL | ごいんきょ
ベータといえば…
驚いたのが、最近聞いたラジオのインタビューだったんですが、
未だにVHSに負け惜しみ言ってるんですよ、ソニーの元技術者が。

ビクターはビクターで、コスト面も含めあくまでコンシューマー用として
合理的・良心的でバランスの取れたものを目指してVHSを完成させており、
元ソニーの人のバッチバチな感じを伝え聞いて戸惑ってましたね。
2017/01/28(土) 10:23:10 | URL | くろねき
たしかに画質はβが良かったわけですが、2時間抑えなかったのが災いしましたね。
技術者のみならず、β派だった人間はみな有ると思いますよ、納得いかないものが(笑)。
2017/01/29(日) 07:05:42 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ