私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



電子鳥人Uバード (1971)

該当番組画像募集Birdman
the Garaxy trio



UUU UUU Uバード~
「消えてもらいます」
パワーをぶち込め敵をめがけて そらゆくぞ
挑戦受けたら電子光線 お返しだ
赤く赤く赤く うなる翼
燃える燃える燃える 太陽のある限り
宇宙の平和を守るため 羽ばたけ電子鳥人Uバード~


いま思えば、主題歌はあのフォーリーブスだったわけです。
バリバリの現役アイドルがアニメ主題歌を歌うなど、当時はかなりの異例。
「消えてもらいます」が内容の割りに、やたら爽やかに聞こえたのがおかしかった。
おりもさんかな。
これは、羽で自由自在に空を飛ぶ鳥人が、世界平和のために悪者と戦うお話。
両手の拳固から出すビームが武器でした。
制作はかの、ハンナ&バーベラ。
と来れば勿論、日本語版制作は高桑慎一郎。
だから、悪役が声優の悪ノリで方言ぶっかましてたりするので、
緊張感というものが基本無く、どこかギャグタッチみたいに見てました。
おそらく原語で聞いたらヒーロー物以外のなにものでもないんでしょうけどね。

あの羽は高僧から貰った物のようですが、そんな回を見たかなあ。
例によって再放送は何度もしてましたが、もしかしたら第一回はいつも見逃してたのかも。
相棒が、二番の歌詞にも出てくるスーパーコンドル。
このUバード、多くのアメリカアニメと違って、度々ピンチに陥ります。
簡単に敵に捕らわれたりした時に、このスパコンさんが助けに来てくれる。
「クワーッ!」と叫びながら大空を翔るその姿、正に第二の主役(笑)。
コンドルさんが鋭いくちばしでロープを切ってあげると、
今度こそはUバードさんの出番となります。
太陽に向かって胸を張り、太陽エネルギーを受けて体力回復。
OPの「燃える燃える燃える太陽のある限り」の部分では、
この太陽が映されるシーンを使っておりました。

一回30分3話構成で、最初と3本目がUバード。
2本目は、銀河トリオという作品で、これも忘れられません。

ギラギラ ギンギラギンギンギン 銀河トリオの出発(でっぱつ)だ
ビラビラ ビンビラビンビンビン 指令が来たど! スタートだ
宇宙のどこかで不気味な笑い 怪人怪物怪獣怪鳥
悪い奴らよみんな出てコイコイコイ
デッカイ拳固でガッツガッツガッツとやっつける、のだ
銀河イレブン正義を載せて 今日もゆくゆく宇宙の彼方

これは、宇宙船に乗って宇宙空間を旅する男二人、女一人のトリオの物語。
こちらも原語はバリバリのスペースアドベンチャーなんだろうけど、
これまた高桑演出、声優悪ノリ全開でした。
特に拳骨が大きくなるガッツマンは、ガッツガッツと塀でもなんでも壊してしまう。
宇宙忍者ゴームズのガンロックといつもキャラがかぶって困ります(苦笑)。
ちなみに、ビデオ化されたハンナ・バーベラ主題歌集に収録されたものでは、
テロップが当時のままではなく、後年に再度付け足したものとなってます。
当時は、テロップでは「出発」と表示されて、
そこだけ上に小さく「でっぱつ」とルビが振られていたと思うんですよね。
(ん?これででっぱつとも読むんだ?)と疑問に感じた記憶が有ります。
しかし改めて考えるに、なんでワザワザでっぱつなんて歌ったんだろう(笑)。

そして銀河トリオが終わり、もう一本のUバードも終わるとエンディング。
ハンナ・バーベラ作品には、ソフトには収録されてない当時ものエンディングが多く、
これもおそらくその類いだったはず。
たしかこの番組のエンディングは、Uバードの二番だけを歌ってたと思うんですよね。
それにしても前番組は先日やったばかりのムッシュバラバラ、
後番組がドラドラ子猫とチャカチャカ娘とは、つくづくNET高桑枠は凄かったなあと。
また、日本語版の人気を不動としている要素の決して小さくない一つに、
日本版主題歌の良さが有ると思いますが、このUバードもチキチキマシンでお馴染み、
橋場清ラインの小気味よさが非常に堪らなかったです。
今でもたまに口ずさみたくなりますよ。
「消えてもらいます」は、歌よりも更にひときわ声を小さくしますが(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
でっぱつ
友人が昔「♪銀河トリオのでっぱつだ」と唄っていたら、母親に「『しゅっぱつ』でしょ」と指摘されたらしい。まあ、それが普通の人の感覚ですよね。
「でっぱつ」ってのは現実に使う事がある言葉だけど、辞書とかには出てないね。正式な言葉なんだろうか?
2009/05/03(日) 00:13:41 | URL | 石毛零号
でっぱつって使いますか?
ワタクシはこの番組以外で聞いたこと無いんですよ。
2009/05/04(月) 01:04:58 | URL | ごいんきょ
私も聞いたことはあります
マジンガーZで懲りて、不確かなことは断言しないようにしたいと思いますが(^^;)・・・
このアニメのテロップは覚えていませんが、当時またはそれ以前から、テレビや身近な人が使うのを聞いたように思います。
漫才やコメディアンが元かも知れません。他にも「気分ソーケツ」(爽快)のようにわざと間違った読み方をしたり、「好きくない」のように文法をいじってみたりとか。
「発熱」を逆にして「ネッパツ」と言っているのも聞いたように思います。
2009/05/04(月) 16:31:26 | URL | あぶもんもん
気になって検索したら
「伊賀の親爺」さんという方のブログに、「デッパツ」のことが書いてありました。その昔、軍隊で下士官だった上司が使っていたとか。
 知らない方のブログなので URL を貼るのは控えますが、「正しく優しい心」という名前のブログで、2007 年 9 月の記事です。
 軍隊では「完遂」をカンツイと読んだなどと聞いたことがありますが、これもその一つだったんでしょうか。
 石毛零号さんのご友人のお母さんと違って、うちは母もフザケて使ったことがあるような気がします。
 YouTube に今upされているOPには「デッパツ」と歌詞が出ています。
http://www.youtube.com/watch?v=W9VoM4If7U4
2009/05/05(火) 01:39:13 | URL | あぶもんもん
ははあ、軍隊で使われてたのかな。
それなら銀河トリオで使うのもわかりますね。

YouTubeのやつは例の後年作ですから、
歌詞もなんかおかしいんですよね。
銀河銀河ギンギラギンギンギンとか
ビームだビームだビンビラビンビンビンとか、
あの冒頭部は、どう聞いてもワタクシの書いた方が合ってるような。
そう思って検索したら、やはり歌詞サイトではワタクシの方で出てます。
当時も銀河銀河とかビームだビームだなんてテロップが出てたら、
ワタクシはそう歌ってると思うのですが、そんな歌詞はあのテロップで初めて聞きましたし。

でっぱつの部分は、記事中で書いたように、
漢字で「出発」と書いて上に「でっぱつ」とルビが振られてました。
これは印象に残ってるんで、確かだと思うんですよね。
2009/05/05(火) 08:08:58 | URL | ごいんきょ
 ハンナ・バーベラ日本語版主題歌集というCDのライナーノーツに高桑慎一郎のインタビューが載っているんですが、「ケンケン世代へメッセージはありますか」の問いに、真面目な忠告で答えています。以下、抜粋します。
「何もせずに批判するよりも、まず飛び込んでいってから批判する。ケンケンもとりあえず飛んでプロペラを一生懸命回してから、ブラック魔王に言った。飛び込んでもみないで、見てるだけで批判するのは、人生おもしろくない。・・(中略)・・今の若い人は、一瞬にして隣の人がいなくなるという経験がない。日本に帰ったら何をしようか、と今の今まで話していた仲間が、ちょっと煙草に火をつけようとうつむいた次の瞬間には鉄砲の玉にあたっていなくなっているんですよ。そういう感覚分からないでしょう。この悲しみと、同じ瞬間に「あ、自分は生きている」ということが、笑いとともに人生を感じるんです。」
 長い引用ですみません。あまりビックリしたのと感動とでつい。
 検索しても高桑氏の生年月日、戦争体験などはわかりませんでした。銀河トリオの歌は島田葉二という人の作詞なので直接は関係ないでしょうが、このころの作り手は、やはりまだ戦争をしっかりと引きずっていたようです。
 ライナーノーツの歌詞はごいんきょさんの書かれた通りですが、ただし出発にルビまではついていません。

2009/05/06(水) 19:49:59 | URL | あぶもんもん
Uバードの画像
http://i291.photobucket.com/albums/ll314/mjsjobs/JPG_LENS_bm_classic1.jpg

落ちてましたよ。アップしておいてください。
バードマンだったんですね・・・
2009/05/07(木) 02:55:21 | URL | undo
● あぶさん
そのCDは昔持ってたんですが、金に困って売りました(笑)。
なので、前後の繋がりが判らないのでコメントは控えます。

● undoさん
アップとは、このブログのどこかにという事でしょうか。
注意書きでも書いておりますように、ここでは情報以外の拾い物は使わない事にしてるんですよ。
URLアクセスで見られますもんね。
下にいるのがスパコンさんですね(笑)。
2009/05/08(金) 06:55:59 | URL | ごいんきょ
失礼いたしました。
いきなり、不躾に投稿してしまいまして、失礼いたしました。
該当番組画像募集というのが目に入って、
それでは探してみようかとググったところ、すぐに発見してしまったので、投稿した次第です。
ほんとに、ご挨拶も無しに、すみません。

とても懐かしいブログで、いちいち興味のあるものばかりです。
Uバードから、宇宙怪人ゴーストなんてのも
思い出してしまいました。

あ、そうそう、Uバードとは関係ないので
叱られそうですが、アメリカのアニメで、口だけが実写の人間のものを使っている、
なんだか気持ち悪いのがあったのですが、
失念してしまって思い出せません。
確か、潜水艦が舞台だったように記憶しております。
タイトルだけでも思い出せたら・・・

お気に障りましたら、スルーしてください。
なにとぞご容赦をm(__)m
2009/05/09(土) 03:10:58 | URL | undo
あ。ここはワタクシやブログに対する謝罪コメントは不要ですよ。
挨拶も、してくれてもいいですし、基本的にはしてくれなくてもいいのです。
馴れ合いが主目的ではなく、情報を残す事が主目的ですからね。

ああ、画像募集だけじゃちょっとわかりづらいですかね。
そのうち改めます。
わざわざありがとうございました。
もしご自身でお持ちの何か有りましたら宜しくお願いします(笑)。

口だけ実写って、なんだっけなあ。
と思って調べたら、冒険王クラッチかな?
http://ppgcom.gooside.com/sands/clutchcargo.html
でも、他にもそういうアニメって有ったと思うんですよね。
2009/05/09(土) 07:34:00 | URL | ごいんきょ
オレも見た事ある
上記のサイトに「宇宙ライダー・エンゼル」って作品も紹介されてるけど、自分が観ていたのはそっちだと思います。口だけリアルに動いて、なんか気持ち悪かったあ。
2009/05/09(土) 13:40:25 | URL | 石毛零号
またまた関係ないことでお邪魔します。

そのページに載っている「キャプテン・ファドム」と「宇宙ライダー・エンゼル」に違いありません。

スッキリしました。ありがとうございます。
2009/05/09(土) 23:10:14 | URL | (ハンドル未記入)
宇宙ライダーエンゼルも、一時はわりと再放送されてましたからね。
あの唇のキモさはネットでも伝説化しています。
2009/05/16(土) 07:24:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ