私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

お昼のゴールデンショー (1968)

該当番組画像募集



さてさて、ワタクシのゴールデンウイークも今日で終わり、
という事で、ゴールデンなこの番組で締め括りたいと思います。
笑っていいとも!が日本のお昼の代名詞となったフジテレビ12時枠。
その前番組・笑ってる場合ですよ!もそこそこ人気でしたし、
フジのお昼はすっかりお笑いバラエティ枠となっておりますが、
その元祖とされているのがこの番組であります。
直後にテレビ界の寵児となる前田武彦、コント55号を世に出した番組、
というのがテレビ史的に最も大きな点でしょう。

内容としては、前田武彦とコント55号の三人が、歌のゲストと
お笑いのゲストを交えてウダウダやっていくバラエティーショー。
♪ ツチャララツチャララチャーラーラ という宮内国郎の軽い音楽で始まり、
番組タイトルと日時がテロップで映されるオープニング。
前田武彦がみなさんこんにちはと挨拶し、続いて登場する55号に
なんだか蘊蓄を披露すると、55号が「恐れ入りました」というのが決め。
CMを挟んで、その蘊蓄に絡んだようなコントを55号がやってました。

そして歌のゲストが一曲披露。
中村晃子が出た時などは、夜ヒットでの泣き出し事件を最大限に利用し、
二人はお互いを気に懸けてるようなやり取りを延々と続けたりしました。
この当時は、やはり同様の事件が有った小川知子なんかも同じ感じでやり取りしてたり、
事件を逆手に利用したのか、はたまた夜ヒットからして仕組まれていたのか。
前武の著書に拠れば、夜ヒットは直接的には仕組んでなかったようですが。
そこでCMが入ると、今度はフレッシュコーナーと称して、
先のゲストよりは小振りなゲストが登場。
津山洋子とのデュエットで新宿そだちをヒットさせたばかりの大木英夫が、
ソロでの曲を披露したりしました。

続いてお笑いゲストが一席披露。
更に続いて歌のゲストが二曲目を披露しCMを挟むと、
いよいよメインコーナーとも言うべき、出演者全員、
前武、55号、歌とお笑いのゲストらが総集合のコーナーとなります。
名作劇場と題して、ハムレットのような名作を題材にした一大コントをやったりしてました。
この頃は歌のゲストも普通にコントに噛んだりしてたんですよね。
それにしても毎日毎日、それなりの時間のコントを考える方もやっていた方も、
ご苦労さんでしたとしか言いようが無いです。
もっとも、そんな消耗を嫌ったからか、人気は瞬く間に沸騰した番組でしたが、
前武も55号も、その人気に乗じて週のレギュラー番組が増え出すと、
早々にこの番組から撤退、故にこの番組の人気自体も急速に萎んだのでした。

最後のコーナーが今週の歌。
たしかなぎら健壱だったかな、ピンキーとキラーズがこのコーナーに出演し、
その時『恋の季節』をフォーク曲として披露していたという話が有ったような。
他にもビリー・バンバンが『恋の花うらない』を披露したり、
時期としてはグループ・サウンズの台頭に被るように、
ピュアなサウンドのフォークソングも勃興し始めた頃でした。
番組提供は昼帯ですのでいろいろ有ったと思いますが、
確実なのはダリヤ化粧品、内外衣料、日本油脂、佼正グループ、
昭和電工・昭和アルミグループ等々でした。
佼正グループってのが謎。検索すると、なんと No results。
佼正会の事だったんでしょうか?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
恋の季節
この番組が始まった年の夏休みに毎日のように観ていた気がします。
コント55号の「帽子屋さん」のコントを初めて観たのもこの番組だったと思います。

ごいんきょさんの記事にある今週の歌でピンキーとキラーズが一週間「恋の季節」を歌ったのを覚えています。
初日の時、前田武彦さんがピンキーさんに体が大きいことをちょっとからかった風に言ったのですが、新人のピンキーさんは凄く真面目に「体が大きくて困ります」というような受け答えをして、前田さんが困ったように苦笑いをしていたという記憶があります。
一週間出演するうちに、ピンキーさんは前田さんとのやりとりがとても自然になった感じでした。

番組の提供で「フケミン」のCMがあったと思います。
コント55号が出ていて、確か欽ちゃんが「フケミンでフケみーんなとっちゃうの」と言うのだったと思います。
番組でもCMでもコント55号を観られて幸せ~と思っていました(笑)。
2009/05/06(水) 21:56:17 | URL | モデラート
帽子屋さんってどんなコントでしたっけ。
今陽子さんは、大柄なのとあの衣装で、かなりボーイッシュな感じでしたね。

おー。
フケミンはダリヤですね。
貴重なコメントでした。
2009/05/08(金) 07:00:38 | URL | ごいんきょ
夜のゴールデンショー
この番組の成功に味をしめたのか、後に平日の夜7時台前半に「夜のゴールデンショー」という帯番組が登場しました。
ただ、この時間帯は帯番組が定着する素地がなかったのか、短命に終わった記憶があります。
7時台後半の「クイズグランプリ」「スター千一夜」は長く続いたのに…
2009/05/14(木) 00:00:37 | URL | うみがめ
そんな時間帯に帯番組をやってたなんて、無謀といいますか(笑)、知らなかったです。
あまり語られないし、見ていた人は少なそうですね。
2009/05/23(土) 06:56:39 | URL | ごいんきょ
フケミン
よく見ていた番組です。当時私は小学生でした。担任の先生がこの番組が好きで給食の時、教室のテレビをつけて皆見てました。
「フケミンでフケみんーな取っちゃうの」「かっこいい」と五十五号の掛け合い漫才で皆大笑いでした。

今の先生は、こんな柔軟な事していないでしょうね。
2009/06/08(月) 21:46:29 | URL | t.sato
フケミン
よく見ていた番組です。当時私は小学生でした。担任の先生がこの番組が好きで給食の時、教室のテレビをつけて皆見てました。
「フケミンでフケみんーな取っちゃうの」「かっこいい」と五十五号の掛け合い漫才で皆大笑いでした。

今の先生は、こんな柔軟な事していないでしょうね。
2009/06/08(月) 21:46:29 | URL | t.sato
ゴールデンショー
欽ちゃん二郎さん
マエタケが司会してたり
この3人で面白いコントを披露してたのが印象に残るのですが。
 
土居まさるさん
ケーシー高峰、いまにの哲ちゃんが
司会もしてたんですね。
知らなかった。

OPテーマ
youtubeで聴けます。
 
2009/06/19(金) 23:07:03 | URL | 梅吉
生放送ならでは、というか・・
当時の若手人気スターの小柳徹さんが交通事故で亡くなったというのを、番組冒頭に中村メイコさん(レギュラーだったのか、ゲストだったのか忘れちゃったけど)が報告したのを覚えてます。
小柳徹さんって名子役で、当時はまだハタチそこそこで、「お嫁さん」とかドラマや、バラエティ(クイズ番組のような)によく出ていたタレントさんだったから本当にショックでしたね。
亡くなった後、収録済みのバラエティ番組が放送されたんだけど、それもショックだったなぁ~。
2009/09/16(水) 18:41:15 | URL | ななお
鉄仮面を覚えていますか?
有楽町・ヴィデオホールより公開生放送。
司会:前田武彦、
アシスタント:コント55号、
演奏:有馬徹とノーチェ・クバーナ。
構成:塚田茂
いやあ、懐かしいなあ…。

指揮者の有馬さんは、いつも表情一つ変えずにタクトを振るので、いつしか前武さんから「鉄仮面」のあだ名がついてしまいましたね。

CMでは「フケミン」がウケているようですが、私が覚えているのは日本油脂の「バリ」という洗剤のCMですね。母親がドロだらけの子供に「パパに見てもらいます!」と一喝すると、子供が泣き出す例のヤツですわ。

今でも忘れられないのは、55号降板の日のこと。その日は休日でも何でもない「普通の金曜日」でした。でも、どうしても55号の最後の出演が見たかった私は、その日4時間目終了後に担任のところへ行き「先生、今日は午後から母の付き添いで病院にいきますので、早退させていただきたのですが」と言って、給食も食べずに一目散に家に帰り、55号最後の「ゴールデンショー」をしっかりと目に焼き付けたのでした。
そのあとは母に付き添って…のつもりでしたが、母からは「付き添い?そんなこと、頼んでないわよ」の一言。そうです。私は小学校3年生にして、「ズル休み」ならぬ「ズル早退」に手を染めたのでありました。
しかし、小学3年生に「ズル早退」をさせるぐらい、当時のコント55号はパワーがありましたよね。

しかし、55号も前武さんもいなくなった「ゴールデンショー」は、私にとっては全くの別番組になってしまいました。
ほどなくして、我が家の昼12時台も、「ベルトクイズQ&Q」へとシフトしていったのでありました…。
2010/02/01(月) 09:46:12 | URL | 甚六
● t.satoさん
砕けた先生は、教育放送以外でもテレビを見せてくれたりしたんですよね。
授業中だとそれがいいか悪いかは難しいとこですが、
いま考えると給食時間には何か見せてくれても良かったのに。


● 梅吉さん
なんだかそれらメンバーが司会してたらしいですが、
前武&55号降板後の事を知っている人は少ないでしょう。


● ななおさん
小柳さんの訃報というのは、当時テレビを見ていた人たちには
かなり衝撃的なニュースだったようで、回顧している方をよく見かけます。
なんでこの番組でわざわざ報告したのか、生ならではのニュース性を見せたんでしょうかね。


● 甚六さん
あー、鉄仮面ですか。なんか覚えてるなあ。他の番組でも言ってたんでしょうか。
それにしてもバリは異常に懐かしい!(笑) 「パパに見てもらいます!」有ったなあ(笑)。
ズル早退ですか。ワタクシもお笑いスター誕生でよくやりましたが。
是非、目に焼き付けた内容も書いて戴きたかったです。
2010/02/05(金) 06:12:30 | URL | ごいんきょ
バリとフケミン
「お昼のゴールデンショー」という番組は、リアルタイムで見たことはありませんが、「バリ」と「フケミン」にピンときたので、コメントします。

「バリ」のCMは、テレビ探偵団などの懐かし紹介番組でもよく取り上げられます。
日本油脂(現:日油)の洗剤は、当時は日本油脂の直轄でしたが、現在はニッサン石鹸という別会社になっています。
しかし、「バリ」というネーミングは、擬音系、濁音入りカタカナ2文字という意味で(もちろん商品コンセプトも)、明らかに「ザブ」のパクリですね。
「フケミン」のCMは見たことがないですが、1968年頃の新聞広告で、コント55号が出ているのを見たことがあります。
「フケミン」のライバルは、もちろん「ミカロン」ですが、「ミカロン」も当時よくCMをやっていたのをおぼえています。
ちなみに、「フケミン」は今でも売っています。
2010/02/11(木) 07:28:28 | URL | 10000k
ザブだとザブザブ洗う感じですけど、バリだとなんか汚くなりそう(苦笑)。
フケミンはフケ見んに掛けてるんでしょうけど。
2010/02/11(木) 10:52:40 | URL | ごいんきょ
「バリ 1968 CM」で検索してここに来ました。私も(生まれる前ですが)あのCMが好きなもので^^
ここの方々はみんな昭和に青春を過ごしたんでしょうね…
2011/03/02(水) 23:14:40 | URL | 昭和に行きたい
バリって
父親の威厳というものが保たれていた頃のニュアンスがある昭和のものなれど笑いや製品の売りの効能とかは無く只しかるのみかに見える内容は暗いか怖いかに見えるかも
2011/03/06(日) 21:38:42 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
クール・ファイブ
「今週の歌」での『恋の花うらない』は、しっかりと覚えています。
おそらく、夏休み中だったと思います。
それから、内山田洋とクール・ファイブがデビューして間もない頃に、
「今週の歌」に登場しました。
その際、前武さんは「クール・ファイブ」を「グループ・ファイブ」などと、
いきなり間違えて紹介したそうです。
すでに地元長崎では名の知れたグループでしたが、
メジャーデビューして日が浅い当時においては、
これも避けて通れないエピソード…なのかも知れませんね。

おじゃましました。
2011/03/07(月) 00:37:09 | URL | 甚六
二郎さん・・・
>帽子屋さんってどんなコントでしたっけ。

確か・・帽子屋さんの二郎さんがお客さんの欽ちゃんに帽子を買ってもらうために、欽ちゃんに言われるままに、魚の真似をするというコントでした。(もしかしたら反対だったかしら・・)。

舞台の下手と上手を魚になって往復する二郎さんはへとへとでした。
「ひらめ!」とか「かれい!」とか無理な注文を出されて(笑)。
最後の方では、「くじら!」と言われて、半分笑って半分泣いているような二郎さんでした。

そのコントを母も観ていて、涙を流して笑っていました。
思い返すと、クレージーキャッツやドリフターズのコントを母が観ていたという記憶が私には無いのですが、コント55号のコントはよく観て笑っていた気がします。

二郎さんがNHKの音楽番組に出演されたのを初めて観たときはびっくりしました。
立川清登さんの「世界の音楽」か、芥川也寸志さんの「音楽の広場」だったと思います。


あの息が上がって笑っているような泣いているような一生懸命の二郎さんの可笑しさが忘れられません。
2011/03/18(金) 22:55:51 | URL | モデラート
● 昭和に行きたいさん
テレビが若かった頃に過ごせたというのは貴重な体験だと思いますけど、
今はインターネットでそういう体験の渦中に有ると思いますよ。


● ガッツさん
ですねえ。父親の威厳。
でも、「パパ」なんですよね。
あの頃の放送媒体は好んでパパ・ママを使ってましたけど、
やはりアメリカ様に諂っていたんでしょうなあ。


● 甚六さん
クール・ファイブ、長崎は今日も雨だったは衝撃的でした。
グループ5ですか(苦笑)。
ビデオが残っていない今では、貴重な証言です。


● モデラートさん
帽子屋コントというものも、魚の真似も、よく覚えてます。
大体、筋組は同じなんですよね、55号のコントは。
クレージーと違って構成が単純だから、老若男女だれでも楽しめる。
しかも、ドリフのように子供寄りの内容では無いというところでしょう。
二郎さんは元々が歌手志望ですからね。
だからヒット曲が出た時には、真底紅白に出たかったろうと思います。
2011/03/23(水) 01:00:16 | URL | ごいんきょ
追悼、前田武彦さん
前田武彦さんが、鬼籍に旅立たれました。
報道では『ゲバゲバ90分』や『夜のヒットスタジオ』等が紹介されていますが、
私にとっては、前武さん=『お昼のゴールデンショー』でした。

昭和テレビの担い手を偲びつつ…合掌。
2011/08/06(土) 09:51:01 | URL | 甚六
おっしゃるとおり
合掌
2011/08/06(土) 10:03:42 | URL | いくちゃん
ワタクシにとっては夜ヒット以外のなにものでもないですが、
お昼のゴールデンショーはぜひ見たかったです。
せめて残しておいて欲しかった。
2011/08/11(木) 22:26:03 | URL | ごいんきょ
写真と音声あります
またまたいしだあゆみさん関係ですが、この番組も、YouTubeに、当時の音声と写真があります。

特筆すべきは、1969年1月14日放送分で、冒頭に番組ロゴと、フライングで録音された、矢島正明さんのナレーションによるセイコーの時報CMが入ってます。

また、1969年2月17日放送分では、現在は禁止された、番組本編中のスーパーインポーズCMが入っていて、「昭和アルミの自動ドア」という、一般ユーザーだったら買いそうもないもののCMが出ているというのが時代を感じさせます。

でも、番組中にスポンサーのCMのテロップが出てくるというのは、昭和40年代にはよく見たことがあります。

また、この日の放送の最後には、「提供・メナード化粧品」というテロップがありました。

冒頭のごいんきょさんの説明にはありませんでしたが、お昼の番組だけに、スポンサーも出入りが激しかったんでしょうね。
2011/12/03(土) 23:01:19 | URL | 10000k
消去されたのかな。見つかりませんが。
自動ドア、お昼休みの放送ですからね、会社でみんなで見てるという計算でしょう。
2011/12/04(日) 21:02:27 | URL | ごいんきょ
すいません、訂正です
自動ドアのCMが出ていたのは、1969年「2月19日」放送分でした。

14分ぐらいと長いのですが(これでも相当カットしてあるとおもいます)、終わり近くにCMが出ます。

なるほど、会社の昼休みで見ていることを考えると、自動ドアのCMというのもありですね。

また、高度成長のまっただ中の建設ラッシュや、自動ドアというシステムが普及しはじめた頃だというのも背景にあるとおもいます。
2011/12/05(月) 00:40:33 | URL | 10000k
どちらにしても見つからないです。19680701は有りますが。
2011/12/18(日) 07:46:02 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。