私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ドンピシャ!!ガンガン (1981)

該当番組画像募集


半ドンの土曜お昼、帰ってくると『笑って!笑って!!60分』に
チャンネルを合わせていれば良かった頃、有りました。
しかし、どんな番組にも寿命は有ります。
サザエさんだって、いつかは終わる時が来るように。
…… 来ますかね(苦笑)。
ま、それはともかく、関東人の土曜半ドンを支えた笑って!笑って!!の後番組は、
MANZAIブームでグーンと躍進してきたツービートを司会に据えた、この番組でした。
あれだけの実績ある番組の後釜に、ブーム乗りたての漫才師を使う。
なかなか勇気ある選択とは思いますが、案の定、寿命は短かったです。
ですが、ワタクシはけっこう好きな番組だったんですよね。

内容は、前半がお笑いドンピシャテスト、後半がカラオケドンピシャマッチ。
後半のカラオケは正直、ワタクシは気入れて見てなかったのですが、
前半のドンピシャテストはいつも楽しみにしてました。
これは、ゲストが出す問題を、その時と同じシチュエーションを
解答者が演じながら答えるという、実演クイズ番組といいますか。
例えば、私が車を運転中に見たある物に向って言った言葉はなんでしょう?
なんて問題をゲストが出したとしますと、車のセットが有り、そこに解答者が順に行って、
その時の情況を演じながらその身になって演じながら答えるというわけです。
解答者は浅丘雪路、夏純子、宮尾すすむ、それに大島渚。
おそらくこの番組での共演が縁で、戦場のメリークリスマスが実現したんじゃないかな。
なんかビートたけしが、映画に出ろと言われてるみたいな事もこの番組で言ってたような。

大島渚はその時まで、それほどバラエティで見た気がしないんですよね。
この頃、テレビ朝日のザ・テレビ演芸でオーディションコーナーの審査員になり、
その職責からか、バラエティ番組でも見かけるようになりました。
単純に糊口を凌ぐためだったのかもしれませんが(苦笑)。
特にたけしとは、おそらくこの番組から始まる縁は、年々深まっていきました。
ちなみに、テレビ演芸の司会だった横山やすしも、こちらの番組にも出ていたようです。
やすしとたけしも繋がり深かったですからね。
堅物イメージだった大島が、まるでコントばりに実演回答する様は、
意外な可愛さと砕けた実像を伝えてくれたものです。

そして、そんな解答者達が少し的外れなヘンテコな回答をすると、
司会のたけしがにべもなく、「とっとと帰って下さい」と解答者席に押し出すのが、
当時は本当におかしかったんですよね(笑)。
だって、解答者にそんな口をきく司会者なんて絶対に有り得なかったし、
相手があの堅物イメージの大島渚なんですから。
たけしに毒ガス吐かれて苦笑いで解答者席に戻る大島がまた可愛かったんだ(笑)。
その後、とんねるずやダウンタウンなどでこの手のキャラは蔓延。
以後はどいつもこいつも失礼司会をギャグにして、正直辟易しております。
ああいうのは外連であって、外連を王道にしたらイカンのですよ。

解答者には視聴者代表も一人加わっていたと思います。
そして正答すると、女性ジングルで「ドンピシャドンピシャドンピシャドンピシャ」
というファンファーレ?といいますか、効果音が鳴り響くんですね。
その時の画面は、破裂吹き出しでドンピシャと書かれたマークが、
引きになったりアップになったりしていたと思います。
カラオケの方は、毎週チャンピオンに三人が挑戦する勝ち抜き形式で、
審査員の細川隆一郎が、あの調子でコメントしてました。
しかも、審査委員長がかの遠藤実。カラオケ番組の先駆けのような番組でした。
あと、アシスタントみたいな感じでドンピシャ軍団というのが数人いて、
外見だけは漫才師中ではズバ抜けて可愛かったくるみ・みるくもいました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
土日はツービート
6年も続いた「笑って笑って60分」も「晩年」には観なくなっていたのか、後番組のこの番組を観た記憶はありません。同時期にスタートした、日曜午後の「ツービートの笑ってゴマかせ」はよく憶えているんですが(たけしお気に入りの比企理恵が出てましたね)。
2009/05/07(木) 10:36:43 | URL | 石毛零号
ワタクシも笑っての晩年は見てなかったと思うのですが、
ツービートの司会って事で興味が湧いたんだと思います。
それにしてもWeb上での記述があまりに少なくてビックリです。
2009/05/08(金) 07:11:57 | URL | ごいんきょ
ツービート
ドンピシャドンピシャドンピシャ
と、いうジングル使ってた
番組だと思うのだが。

笑ってゴマかせも覚えてる。
2009/05/09(土) 23:29:17 | URL | 梅吉
本文でも書いているように、ドンピシャドンピシャドンピシャドンピシャと
4回繰り返されるジングルだったと思います。

2009/05/19(火) 07:07:36 | URL | ごいんきょ
当時土曜の昼12時と言えば日テレがお笑いスター誕生、テレ朝が独占女の60分で安定した人気を稼いでた時間帯だったからいかにツービートと言えど相当苦戦したことと思います それにしてもクイズコーナーだけだったらゴールデンでも通用したかも
2013/03/11(月) 23:44:31 | URL | 鉄ドン
うーん、どうかなあ。
ワタクシは土曜昼だったから見たけど、あれが夜7時とかだったら見てないかも(笑)。
2013/03/13(水) 06:40:31 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ