私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



せんみつ 湯原 ドット30 (1974)

該当番組画像募集



「みんな忘れた古い歌」
「誰も知らない新しい歌」
「30曲ドットまとめてお送りする」
「せんみつ!」
「湯原!」
ドット30~!

せんだみつおと湯原昌幸が交互にコールした後、全員で叫ぶありがちOP(笑)。
当時全盛のせんだみつおと、なぜだか唐突に湯原昌幸がメインを張った音楽バラエティでした。
当初はTBS日曜夕方6時からだったのですが、すぐにタイトルの頭に「新」を付けて、
木曜の7時に移動しました。ワタクシはこちらを見ていましたが、内容はおそらく同じはずです。
その内容は、30分間の間に、なんと30曲を紹介するというもの。
つまり、番組は正味30分無いわけですから、一曲あたま数十秒平均ですね。
とにかくまあ忙しかったというか、慌ただしかった印象が有ります。
次から次と矢継ぎ早に出演者が入れ替わり立ち替わり。猛烈なテンポでした。

普通に歌う歌も有りますが、大抵はオチがついてます。
例えば、麻丘めぐみの私の彼は左ききを歌った後、
私の彼も左ききなのよーとみんなに紹介して、出てきたのはせんだの丹下左膳とか(笑)。
スレスレと言いますか、今ならちょっとテレビじゃ難しいかな。
入れ替わり立ち替わりでやってたんで、出演者も30分番組にしてはけっこう多かったです。
ずうとるびが二人に次ぐ位置で出てたかな。
あとキャンディーズとかリンリンランランとか、しのづかまゆみ、林寛子なんかも出てました。

忘れてはならないのは戸田恵子。
当時はバラエティ演歌アイドル歌手という風情だったようで、あゆ朱美と名乗ってました。
番組中、ドサクサに紛れてと言いますか、サントリーのCMソングを歌ったり。
てなわけで、少なくとも木曜時代の提供はサントリーでした。
フルーツエードのクルクルストローが懐かしいです。
あれ、けっこう欲しかったんだよなあ。
番組中でもCMソングを歌いながら、クルクルとあゆ朱美が吸ってたんですね。

この番組でせんだの力を借りながら、湯原はバラエティ分野を開拓。
雨のバラードの大ヒット以来鳴かず飛ばずだったのが、仕事の幅をグンと広げたのでした。
その辺の感謝からか、せんだには『高原の二人』という曲を提供。
発売前後、せんだはぎんざNOWなどで積極的に披露しておりました。
歌唱力はハッキリと言って、まったく有りませんでしたがね(苦笑)。
でも曲は悪くなかったし、せんだ人気も全盛だったのに、何故かセールスは伸びず。
本人の自虐ネタへと堕してしまった悲しい曲でもあります(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
内容も覚えていないのに
なぜか歌える♪せんみ~つ湯原のドット30~(鉄腕アトム替え歌)
2009/05/08(金) 20:14:42 | URL | 南 うなみ
おー、鉄腕アトムの主題歌ね。

始まるよ ラララ 見てるかな
行くぞ ドット 時間の限り
スタジオ越えて 君のそばへ
せんみつ 湯原だ ドット30
2009/05/09(土) 07:12:39 | URL | ごいんきょ
せんだ湯原 
このコンビ
よくCMで共演したり
うわさのチャンネルや
初期のドリフ大爆笑に
出てましたよね。
最高に面白かったのを覚えています。

この番組の内容って
後のタモリのボキャブラ天国
に受け継がれてと、いうか
この番組の模倣っぽい
感じの番組になってたような
気がするのですが。

覚えてるネタ

ミキランスー→アデランスー
アヒルの決闘→真昼の決闘 
  
2009/05/10(日) 00:19:57 | URL | 梅吉 
最終回は更にすさまじかった
30分番組で30曲というだけでもすごいのですが、その最終回ではなんと、100曲紹介するという荒業に挑戦してました。(勿論、通常の尺で)
ええ、それこそ殆んどの曲はワンフレーズだけでしたよ。
2009/05/13(水) 23:55:12 | URL | うみがめ
● 梅吉さん
当時なぜかいくつかの番組でコンビを組んでいて、
お笑いグループみたいな感じだったですね。
せんださんも一人よりやり易かったんでしょうか。
ミキランス~♪有ったなあ。

● うみがめさん
あー、言われればそんな回が有った気が。
ほとんど番組の体を為してなかったですね(笑)。
2009/05/19(火) 07:10:11 | URL | ごいんきょ
一カメラマンより
楽しかったよー。
一スタッフより。
もう一度やりたいなー
スタッフは健在だよー
スポンサーに、だれかなって下さい
2011/04/17(日) 14:45:00 | URL | のっこ
カメラマンさんですか。
できれば当時のお話などコメントして戴ければ尚うれしでしたが。
せんださん、湯原さん、高田先生、みなバリバリの現役ですもんね。
2011/04/23(土) 00:53:54 | URL | ごいんきょ
 燃えよドラゴンズー替え歌
1番せんだは、短足で、2番湯原は
腹が出て・・・目立ちたがりは、ずうとるび ・・・当日の出演者を、歌ったこの曲を、なぜか思い出してしまう^^
2012/08/14(火) 22:49:41 | URL | y.n
そんなの有りましたっけねー。
燃えよ!ドラゴンズの歌は、ワタクシもハマったなー。
当時の中日は、本当に名選手が揃ってましたから。
昭和49年、中日ドラゴンズ優勝を受けてのネタですね。
2012/08/16(木) 19:25:17 | URL | ごいんきょ
腸捻転の影響で
地元では腸捻転の影響で土曜の19時台の放映でした。とにかく慌ただしい番組でしたね。あっという間の30分。出演者も多かった。画面右上に今、何曲目か表示が出ていて30曲いかない週のほうが多かった記憶があります。30曲達成すると更にエンディングでバカ騒ぎしていました。内容が内容だけに編集は殆どなかったのではないでしょうか?製作、出演者の力量が感じられます。高田先生が関わっていたというのは初耳でした。
2012/12/09(日) 08:46:30 | URL | とらお
慌ただしかったです(笑)。特に当時としては、尚更。
ああ、30曲はなんだかんだ難しいでしょうね。

ウィキペディアによると、奥山コーシン、前川宏司、田村隆といった面々もいたようです。
コント作家オールスターズって風情ですね。
2012/12/16(日) 20:54:04 | URL | ごいんきょ
ボキャブラ天国とゲバゲバテイストの番組
内容はタモリがやっていた
ボキャブラ天国とゲバゲバ
このふたつの番組を合わせたような番組という感じだね。

これもゲストは天地真理のとき。
天地真理さんはこの当時から
ファンですし
いまもファンです。  

OPはずっと同じテーマ
ではないと思うけど。
この時は鉄腕アトムと赤胴鈴之助
このふたつの替え歌
テーマにしたものが
オープニングテーマに
使われていました。

このときのネタの歌は
お祭りマンボと村田英雄の王将が
ありましたが
他のネタの歌は覚えてません。

村田英雄の王将のほうは
天地真理さんがスケバンコント
やっていて
その中で披露していた曲です。
スケバンの格好した真理ちゃん
お祭りマンボや自分の持ち歌を
歌っている真理ちゃんも
また可愛いんですよね。

 
 
 
2013/12/02(月) 10:41:56 | URL | サイドスロー
ボキャブラとゲバゲバですか。
なかなか面白い視点ですね。

♪ スケバン とぶよう~な
とでも歌ったんでしょうか(笑)。
2013/12/04(水) 01:03:55 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ