私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

サウンドロフト (1984)

該当番組画像募集



「丸井 サウンドロフト」
という女声で始まっていた、深夜の若者向け音楽情報番組。

この頃、日本はバブル景気突入前夜で、経済的には一番良かった頃。
と言いますか、日本という国が第二次大戦後、一番高みにあった頃でしょう。
直後、プラザ合意により日本は、アメリカを中心とする白人社会共通の経済敵国と認定され、
仕組まれた狂乱のバブル景気を経て、経済も文化も道徳も、全てが目茶苦茶になるわけですが。
それは置いておきまして、その直前期であるこの番組開始当時は、
まだ日本経済も落ち着きが有り、経済的発展の自信を深めつつありました。
生活レベルが少しずつ向上していくにつれ、消費意欲も増えていき、
それを満たすために、それまで日本人が忌み嫌っていた借金による売買、
月賦・ローンというものがどんどん普通に行われるようになりました。

丸井はクレジットという言葉でそれまでの月賦屋イメージを脱却。
消費意欲を増していく日本の消費者に、資金を供給して益々成長していく事になります。
そして、日本人の生活レベルと、それに付随した意識の向上を見て取り、
よりセンスアップした展開を積極的に行い、それまでイメージされた丸井像とはかけ離れた、
おしゃれなイメージを植え付けるのに成功していきます。
その大きな役割を担ったのが、なんと言ってもテレビメディアでした。
「01 01 丸井はみーんな駅のそば」などという安直なCMは昔の事。
しゃれた感じの、センスあるCMを次々と流し、イメージチェンジ。
のみならず、提供するテレビ番組も、おしゃれな感じのものに替えていきました。

その昔は、ほぼ全局で夜のスポーツニュースを提供していたのですが、
それらを局毎に違うタイトルでありながら、どれも若者向けの
センスを重視した情報番組へと代替わりさせていきました。
その先駆けとなったのが、フジテレビでやっていた、この番組でした。
利発な感じのする、キャスター然とした岡部マリが鎮座し、
品のある語り口で音楽情報や丸井の情報をテキパキ読み上げる。
そのバックには、最新の洋楽クリップが流れ続けているという絵です。

当時はまだCSのような専門局も有りませんし、ビデオもようやく普及し始めくらいで、
洋楽クリップもいつでもどこでも見られるという代物ではありませんでしたから、
こういう番組は最新音楽情報も知りたい若者には受け入れやすかったのです。
余計な編集やくだらない意見が繰り広げられないので、
番組全体のイメージが落ち着きとセンスの有るものとして認知されていたと思います。
前後の番組に挟まれて、番組そのものがCMという印象も有りましたが(笑)、
いずれにせよ、番組・CM両面で、丸井のイメージアップを担っていたのは確かでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
懐かしい!
たいへんご無沙汰しております、nardoです。

丸井サウンドロフト、かなり懐かしいです…。

当時高校生だった自分が、フィル・コリンズの『ワン・モア・ナイト(1985年)』の渋~いビデオクリップを最初にみたのは、たしかこの番組でした。

岡部マリさんも賢くてきれいな人でしたね。その後かなり有名になっていったのにはちょっと驚きましたが…、もしかしたら当時から有名だったのかもしれません(^^;

2009/05/14(木) 22:04:31 | URL | nardo
ドイツ風にナルドさんと読むのか、英語風にナ~ドさんと読むのかいつも迷うnardoさんですが(笑)。
岡部さんはこの番組で名前が知られたと思います。
ビデオクリップ目当ての人には、彼女のしゃべりは邪魔に感じたりしたんじゃないかな(笑)。
2009/05/23(土) 07:00:00 | URL | ごいんきょ
丸井は当時、キー局のスポーツニュースが終わった後の10分番組を軒並み提供していたそうですね。私が東京に来た1992年にもその残滓がありました。
で、この番組は静岡でもネットしてたんですよね。当時、中部版のテレパルだと静岡の番組が見られたので、「なんで名古屋の局で放送せず静岡で?」と思ったもんです。丸井が静岡にあったから、と知ったのはずっと後です。
なおテレパルは1985年秋に中部版を創刊し、東海地方と静岡が見られるようになったのですが、その前は関東の番組を載せ、東海地方でネットされてる番組に星マークがつけてあったんですよ。おかげで関東の番組を知る重要な情報源でした。その5年くらい前は、中日新聞(我が家では購読してませんでした)にSBSとけんみんテレビ(現・静岡朝日テレビ)の番組表が載ってた時期がありますけどね。
2009/05/31(日) 20:10:12 | URL | かじか
FMのおねいさん
岡部マリさんもナイトスクープの秘書では飽き足らなかったのか選挙なんかに出て人生狂っちゃいましたね。番組は違いますが小牧ユカさんとか山口美江さんとってもおしゃれな感じでした。未だにFMのおねいさんは彼女たちの流れを汲んだしゃべりのスタイルではないでしょうか。
2012/09/12(水) 20:12:01 | URL | とらお
● かじかさん
うーむ。
かなり間が空いてしまったので、非常に懐かしい名前の人にレスする事に(苦笑)。
ああ。丸井は中部には無かったのですね。
関東の番組を知る情報源にしようとする人は少数派だろうから(笑)、中部版が出来て何よりでした。


● とらおさん
選挙出ましたっけ。
タレント候補はハナから無視してるので、橋下大先生みたく始終騒ぎ立ててる人じゃないと視界に入らないです。
と言うか、マスコミが取り上げすぎるんですよね。彼を。
大阪だけならまあ苦々しく見てればそれで良かったのですが、
そんなだから思い上がって、とうとう全国展開。
まあ、日本も破滅の後でなければ再生できないかもしれませんから、歓迎しようかな(苦笑)。
タレント候補も、本人の人生が狂うだけなら、まだ罪も浅めです。
2012/09/15(土) 02:33:14 | URL | ごいんきょ
丸井サウンドロフト
丸井サウンドロフト、懐かしいですね。岡部まりさん[当時は岡部マリさん]がMCでしたね。提供読みの声も、岡部ささんでしたね。「丸井サウンドロフト。赤いカードの丸井がお送りします。」「赤いカードの丸井がお送りしました。」てな感じ。
2013/02/25(月) 12:47:03 | URL | マスダっち
そうそう。完全一人MCでしたkらね。
2013/03/04(月) 01:20:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。