私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



てなもんや一本槍 (1968)

該当番組画像募集



「俺がこんなに強いのも、当たり前だのクラッカー」
で始まり、一世を風靡した前作、てなもんや三度笠。
後番組は、一大ブランドとなった「てなもんや」を冠したこの番組。
但し、この番組は三度笠演出の澤田隆治が降板しているためか、
まったく指向性の異なる番組となってました。
前作は公開コメディーでしたが、こちらはVTR収録の、ほとんどドラマ。
勿論お笑いの要素が無いわけではないのですが、無いわけではないというくらいで、
基本は普通にドラマが進み、時々の台詞回しなどでギャグが挟まれる感じ。
放送ライブラリに一本収録されてまして、そこで大変貴重な映像を見る事が出来ます。

藤田まことは足軽役で、乱世をのし上がろうとたくましく生きる男。
但し、織田信長も二役で演じてました。
しかも、この両者が同時に画面に映ったりします。
当時からそんな映像処理が出来ていたのも驚きですが、
こんなコメディーもどきでそこまで凝った映像をやっていたのも驚きです(笑)。
仲間の白木みのるも二役で同時に出たりしました。
前作のようにゲストが出る回も有りますが、毎週毎週違ったゲストが出たり、
まして持ち歌を披露するようなバラエティ色はまったくといっていいほど無い。
これでは前作のファンは脱落しそうに思いますが、二年ほども続き、
しかも後継番組も有るのですから、それなりに人気は有ったんでしょうか。
我が家は三度笠までしか見ておりませんでしたが。

冒頭、藤田がクラッカーの代わりにサロンパスを顔の横に出し、
「貼っていいのはサロンパス」みたいな口上を述べて始まるのは同じです。
しかし、中身が著しく違いすぎる。
なにしろ、劇中で斬られたり突かれたりする人間は、
だらだらと真っ赤な血(と見せるもの)を流して死んでいくのです。
死んでからもギャグをやったりはせず、一度死んだ人間は、
普通の時代劇のように、そこにきちんと倒れたままです。
カラーテレビが普及期に入っていたのでそういう演出だったんでしょうが、
悪趣味といいますか、よく抗議とか来なかったなと思いますね。

また、明らかにスタジオVTR収録なのに、笑い声が入っているのはご愛敬で(笑)、
森蘭丸役のピーターが画面に出ると、この被せた声がうるさいうるさい(笑)。
「ピーター! キャ~! ピーター!!」と、黄色い大声援が常に飛びます。
でも、よく聞くと何人もが声を出してるわけじゃないんだよな(笑)。
光秀の謀反により本能寺が攻め込まれ、蘭丸が殺される時になると、
この声の黄色さが一際まっ黄っ黄に(笑)。
このピーターの蘭丸も、真っ赤な血をブシューッと吹き出して倒れ、
当時の大ヒット『夜と朝のあいだに』を歌うシーンなど無し。
当時、歌手がゲスト出演すると大抵の番組では歌を披露してました。
例外は作り込みドラマ(それすら歌うシーンが有る場合が多かった)ですが、
そういう面から言っても、この番組は決してバラエティーではなく、
ドラマの範疇に入れるべき作品と思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
サロンシップでコメントしたついでに
この番組の主題歌を何故かよく覚えています。アニメによるオープニング映像と共に流れていたのですが、確かこんな歌でした。

男一匹やるぞと決めて
立てた誓いは嘘じゃない
雨が降ろうが嵐が吹こうが
負けずくじけず一本槍で
人生街道まっしぐら

最後に「それー!!」という雄叫びが入るのですが、なるほど、これはコメディの範疇を超えてますね。
2009/05/20(水) 13:25:00 | URL | うみがめ
谷しげるさん
木下藤吉郎を吉本の谷しげるさんが演じられて、登場のとき(退場のときも?)、「よいしょ、あ、忙し、あ、忙し」って走っていくのが面白くて、よく真似してたなぁ~。
前田犬千代が原哲男さんで、犬千代じゃなくて「前田カバ千代」って呼ばれてましたよね(笑)
2009/09/16(水) 18:20:07 | URL | ななお
● うみがめさん
おー。これは貴重な主題歌情報。
放送ライブラリでは無かったですね。
終盤は省かれていたのか、現存素材の事情か、
著作権の問題か、判然としませんが。

● ななおさん
「あ急がし」とか、セリフ・動作の一部でギャグは有るんですけどね。
ストーリー性は三度笠時代よりかなり強まりました。
谷さんもカバ千代も、唐沢さんの日記で記述が有りますね。
http://www.tobunken.com/diary/diary20020825000000.html
一本槍もけっこう見ていた人多そうですね。
2009/10/07(水) 00:26:33 | URL | ごいんきょ
なぞが解けました
こんばんは。お邪魔します。
藤田まことさんが急逝され、
私が最初に思い出したのは、
必殺でも、はぐれ刑事でもなく、
「てなもんや三度笠」で織田信長の本能寺での最後のシーンでした。
幼稚園児だったに、そこだけ強烈に覚えていまして。。。勘違いかと思い調べておりました。
「てなもんや一本槍」という番組だったんですね。
感謝です。
2010/02/20(土) 02:26:44 | URL | green-rain
こんばんは。
文中で、ほとんどコメディーではなかったと書いてますけど、
それはおそらく、クライマックスである本能寺の回だけだったかもしれません。
だからその回には、うみがめさんが書かれたOPも流さなかったんでしょう。

OPはアニメと言うより、『三度笠』と同じ感じの止め絵での出演者紹介だったはずです。

これらは、その後に『てなもんや二刀流』を見て、そう思いました。
そちらではそのようになっているので、間のこの番組だけが異質だったとは思えませんので。
2010/02/21(日) 20:16:27 | URL | ごいんきょ
ああ懐かしの一本槍
てなもんや一本槍か。懐かしいですよね。特に、「本能寺の変」は印象的でした。私が思うに今まで、数々の、この事件を描いたドラマがありますが、この一本槍の本能寺に勝るものはなかった。特に蘭丸と信長の最後は、泣けたのは、一本槍だけでした。
2010/09/14(火) 01:01:08 | URL | スカイライダー
サンスターもスポンサーでした
1968年1月放送の「てなもんや一本槍」の音声と静止画ですが、YouTubeにありました。

この時は、いしだあゆみさんがゲストの回で、投稿した方は、いしだあゆみさんのファンらしく、他にも、いしだあゆみさんがゲストで出ていた歌番組やバラエティ番組を、音声とその回の写真で多く投稿されてます。

その番組の写真の中で、「提供・サンスターシオノギ」というテロップがありました。

一本槍は久光製薬がスポンサーだったと書いてありますが、サンスターがスポンサーだった時期もあったんですね。

なお、サンスターシオノギというのは、当時、サンスターは塩野義製薬と販売提携していて、サンスター製品は塩野義製薬によってプロモーションしていました。

でも、前田のクラッカーやサロンパスなら劇中CMも想像つきますが、サンスターの歯磨では、劇中CM は想像つかないです。
2011/11/05(土) 11:01:57 | URL | 10000k
♪一本槍でー♪
これも覚えていたつもりでしたが、かなりの部分、忘れていました。

ヒロインの、おみよちゃんをコメットさんがやっていて、まことさんが手を握られるとファンファーレと共に舞台を走り回ってました。

斬られると血飛沫を上げていた記憶が全くないんですよね。
(うちはまだ白黒でしたので印象にのこってないのかも)
三度笠同様、スタジオ収録のコメディとしか。

当時、少年サンデーに同タイトルでマンガ化作品が連載されていました。
OPと同じ、つのだじろうさん作でした。

余談ですが、映画「てなもんや お化け道中」 を観る機会が1987年頃ありました。
幸いなことに劇場で。
底抜けに明るくて面白かったです。
ゲスト出演されていた近衛十四朗さんのチャンバラが見事でしたよ。
2011/11/11(金) 16:26:57 | URL | わい
● スカイライダーさん
結構、藤田さんの演技が本格的なんですよね。


● 10000kさん
ブルーライトヨコハマの前ですからね。
かなり特別なファンの方か、もしかすると親族の方なのかも。
翌年のあの曲での大ヒットは格別な思いが有ったでしょう。
それにしても、見事な記録ぶりで、保存の必要性を痛感します。
提供はサンスターで出てますね。その後サロンパスになったんでしょう。
時代劇とは言ってもコメディーですし、普通に登場人物がサンスターで歯を磨いていたと思います。


● わいさん
三度笠は公開収録でした。
血飛沫に関しては、その回だけの事かもしれません。
サンデーに載っていたとはねえ。かなり意外ですが。
映画も数本作られてますよね。
2011/11/13(日) 14:45:15 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ