私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



星雲仮面マシンマン (1984)

該当番組画像募集


これはタイトルから想像できるように子供向けヒーロードラマですが、
1984年という事で、ワタクシは既に視聴対象ではありませんでした、本来。
本来と書いたのは、何故だか大ざっぱには見ていたからです。
なぜ大ざっぱにでも見ていたかと言いますと、実はこれ、
毎週金曜の夕方、お笑いマンガ道場の次の30分でやっていたんですね。
ワタクシ、お笑いマンガ道場は好きで毎週見ておりましたし、
いずれはそちらこそ記事にしたい番組ですけど、そんな流れで、
この番組も見るともなしに見ていたという事なのです。

ただまあ、ありきたりのヒーロー物だったら、まず見てなかったと思います。
見るともなしと言いながら、チラリホラリと見ていたのは、
これがちょっと面白いヒーロー物だったからですね。
まず目に付いたのが、我が懐かしの死神博士。
仮面ライダーで不気味な悪の幹部を演じた天本英世がまた悪役で出ており、
懐かしいというほどではないにしても、多少興味を惹きました。
ところが、この彼が演じる悪役は、往年のショッカーのような
日本、ひいては世界征服など企んでいない。
彼の目的は、子供を泣かす事なのです(苦笑)。

子供なんてちょっと手をひねりゃ泣くでしょうに(苦笑)。
でも、一人や二人の子供が泣いても彼は満足できないんでしょう。
日本中の子供達を嘆かせるべく、そこは往年のショッカーのような、
用意周到の各種計画・作戦を実行するのです。
なんと馬鹿馬鹿しい(苦笑)。
ハア? なんじゃこりゃ?
と、呆れながらもついつい見てしまうんですね。
まあ、ゴレンジャー、ズバットなどのイロモノ的ヒーロー物、
略してイーローもの路線と言いますか。
我ながら上手いネーミングだな(笑)。
よし。早速商標登録しておこう(笑)。

もう一つ目を惹いたのが、カタルシスウエーブ。
倒れた悪人に向けてマシンマンが手をかざすと、光線のようなものが
そこから悪人の体全体を包み込み、その後はその者は善人になってしまうのです。
その際、ナレーションで名称と効能の説明が毎度されるのも面白かったし。
宗教の伝説的奇跡からヒントを得たんでしょうが、なるほど、
殺してしまうよりは子供向け作品としてアリな必殺技な気もして、
この新機軸には些か感心しました。
ただまあ、有無を言わさず思想を替えてしまうわけですから、
それも実は或る意味恐怖なんですけどね。
まあ対象が幼児とかその辺でしょうから、そこいらは単純でいいかと思います。

更に、番組最後には、はじめて物語をパクッたとしか思えない(笑)、
視聴者からの葉書にマシンマン役の俳優が答えるコーナーが。
これもヒーロー物としては目新しかったんじゃないかな。
いかにもお兄さんって感じで、妙に馴れ馴れしいというか、
気さくな感じで応答してるのが可笑しかったですね。
じゃ、また見てくれよな!
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
これの記事とは
てっきり今までの過去ログを読む限りでは守備範囲外と思いきや想定外であった
それでこの作品に関しては書かれた通り子等がキーワードの物語でありその当時のヤマトのデスラーの声でお馴染みのこれまた怪優でもであられた伊武雅刀氏のコミソン「子供達を責めないで」での歌詞のまんまの事を天本氏が第一話で台詞として述べていて「我が組織の力なら世界征服もたやすい」と述べた部下の言葉も無視したと記憶している
又この作品の特異性故に当時のふぁんろーど等でも賛否が戦わされていたとも覚えている

ちなみにこの作品の同年の東映戦隊のバイオマンもこの物語と同じく地球のマッドサイエンティストvs宇宙からの救いの手という設定であったもののそちらのストーリーはしっかりしたもので又シリーズ初の女子メンバー複数というのも話題で対照的と感じていたっけ
2009/08/09(日) 16:08:30 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
見てました
ご無沙汰しております。

子供の頃は何となく見ていただけでしたけど、
戦隊、メタルヒーロー(今の仮面ライダーの枠)以外のヒーローを
東映が作ってくれたことに感謝したいと思っています。
「兄弟拳バイクロッサー」もまた然りです。

大野雄二さん作曲の主題歌は名曲ですね。
2009/09/07(月) 22:36:22 | URL | MAKO_SIG
● ガッツさん
ええ。決して守備範囲ではないんですが、1イニングくらいなら誤魔化せる程度には守れます。
ですよね。絶対にあの歌が発想の元になってますよね(笑)。
バイオマンの方は、完璧な守備範囲外です(苦笑)。


● MAKO_SIG
更にご無沙汰してしまい申し訳無いです。
そうですね。ちょっとはぐれた位置に有るんですね。
そして大野雄二さんがこの手の番組主題歌を担当というのも、珍しい気が。
2014/01/29(水) 23:15:21 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ