私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

朝のホットライン (1981)

該当番組画像募集


夜のヒットスタジオでの暗転(詳細は上部中央検索窓でヒットスタジオを検索して下さい)以来、
放送界からはほぼ完全に干されていた前田武彦に、或る時、
ばばこういち、矢崎泰久と言った顔触れが声を掛け、テレビ朝日で
前武を激励するという企画を実現させたと、前武の著書にあります。
そこでやりたい仕事を聞かれた彼は、誰も予期せぬ「天気予報」という返事をしたのでした。
彼は天気予報が趣味だったらしいです。

それからそれなりの間を経て、TBSから天気予報番組への打診。
早朝のミニ天気番組『ウェザーショー』に、月三度ほどのゲストとして出演となり、
非常に小規模な場で、彼のテレビ復帰がなされたのでした。
そこでの仕事が好評だったのか、いよいよ本格復帰の場がやってきます。
モーニングジャンボ以来、TBSの鬼門のような朝の情報ワイド番組として、
『朝のホットライン』スタート。てんやわんやによるハリカのCMが懐かしい(笑)。
その中の天気予報コーナーで、前田勤めるお天気マンが解説。

本当に久しぶりの本格レギュラー、しかも帯とあって、前田の喜びも一入でした。
「おはようございます。お天気マンの前田武彦です」と第一声を放った時、
あれだけのキャリアの彼にして、胸が熱くなったと記しております。
そこで彼が放った天気予報は、それまでの天気予報への先入観を覆すもの。
それはそうでしょう。
あれだけトークで名を売った人間が、天気予報のコーナーだけを務めるなど、
当時はもちろん考えられない事でしたし、今まででもそう例は無いでしょう。

それ故、非常に目を惹いたし、楽しかった。
この番組の全体像を記憶していない人でも、なんか前武が天気予報やってたのは覚えている
という人は相当数いると思われます。他ならぬワタクシも、そんな感じです。
中には、うらぶれた仕事をしていると言っていた人もいたようです。
たしかに、前武以前の天気予報官は、あまり注目されない仕事ではありました。
しかし彼の仕事は流石なもので、充分、適度にショーアップされておりましたし、
実際問題、人気も有ったと思われます。
朝の情報ワイドで敗退続きだったTBSにして、ズームイン朝に迫る視聴率を獲得。
前田武彦の貢献度甚大である事、当時ご覧だった方なら納得戴けると思います。

彼は船が好きで、それ故に気象予報に興味を持ったのでしょう。
だから自分で、次は天気予報の仕事をやってみたいと言ったのだし、
前記のような揶揄をする人に対して、俺は好きでやってるんだと怒りが湧いたと言います。
そうして番組は長期放送となってゆき、前田の仕事も段々と幅が広がっていきました。
生活困窮から車よりも大事にしていた船を手放したものの、
また小さいながらもヨットを購入できるまでになったのです。
しかし、復帰してみたテレビの世界は、自分がバリバリやっていた頃には考えられない、
非常識が罷り通っていた事を嘆いてもいます。
ま、テレビ黎明期から活躍した人で、バブル前後からのテレビの腐れぶりを
嘆かない人間など、自分の事しか考えない輩くらいでしょうが。

今回の前田氏の訃報は、ワタクシには非常にショックな事でした。
と言うのは、夜のヒットスタジオの稿で書いたように、
氏は2013年には、自伝の続編を書いてくれたはずなのです。
あと、たった2年じゃないか。
まだまだ聞きたい人も聞きたい事も山ほどあるのに、
時間だけが過ぎてゆくのがもどかしい。
ワタクシが料理でも得意だったら、そういう飲み屋でもやって同好者を集めるんですけどね。
引退した制作者やテレビ好きが集える店。
年金を貰えるようになったら是非やってみたいと思ってましたが、
それまでできるだけ多くの皆さんが、できれば元気でいて戴きたいです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
バンザイドンキー
前武さんと言えば、70年代中頃にニチロ(今は同業のマルハと経営統合)の冷凍食品のCMに出演されていました。
もしかしたら北海道ローカルだったかもしれませんが、ニチロの冷食で「バンザイドンキー」というぬいぐるみが当たる、というプレゼントセールのCMでした。
この当時は何とも思わなかったのですが、今にして思えば「ニチロ(日魯)→ロシア(旧ソ連)→共産党(政権)→バンザイ(事件)→前武」という連想から起用されたのではないか、とつい勘ぐってしまうのですが、深読みのしすぎでしょうか?
2011/08/13(土) 11:36:29 | URL | うみがめ
いつの間に
どうも、ごぶさたです。

そういえば、かなり昔にごいんきょさんが報道番組の繋がりで記事を書こうとしたときにこの番組をリクエストした覚えがあるのですが…

そういえば、確かにマエタケさん、
この番組のお天気コーナーと科学のコーナー(お天気に引き続いてやっていた)で知った部分が強いかも知れませんね。
むしろ巨泉さんと並ぶほどの司会者であり放送作家であるということはのちになって知った位ですから…
でも、確かに面白かったコーナーだったと思います。

この番組、2名の静岡県絡みの人物がおりましたが、それはまた別の機会に…
(男性の司会者とスポーツコーナー担当の方)

ハリカのCMもやたらとよく見たなあ~(記事にもあるので以下略)
2011/08/14(日) 22:45:55 | URL | yig
ザ・お天気マン
 たしかこんなコーナー名だったかと記憶しています。
 私も前武さんといえば、この番組のイメージしか浮かびません。
 全盛期を代表する「夜ヒット」「ゲバゲバ」「お昼のゴールデンショー」は私が産まれる前後のことですので・・・。
 ちなみに「ゲバゲバ」「お昼のゴールデン~」は当時の北海道では放送されていません。(どちらもSTVで放送されるべきだったが、当時火曜日はフジの番組をネットする日で、昼枠は日テレのニュースとお昼のワイドショーをネットしていた。クロスネットの悪い例のひとつ?一概には言えないけど)
 ただ当時の新聞テレビ欄には必ずと言っていいほど彼の名前が出ていた、と言っても過言ではないでしょうか。実際縮刷版を見てそう思いました。
 件のお天気、BGMに流れていた
 ♪ポロロロン ポロロロン ポロロロロロロロンロンロン
というメロディーが今でも頭の中をよぎります。(すみません、私にはこのように聞こえていました(^_^;))
 あのころの朝の情報番組は、なんかゆったりとした、まったりとした雰囲気が出ていましたね~。今主流の情報・ニュースを詰め込むせわしないスタイルとはえらい違いです。
 
2011/08/15(月) 16:03:34 | URL | 北国の人
ザ・スポーツマン
ちょうど、北国さんが
「ザ・お天気マン」を出してきましたのでそれ絡みで。

このコーナーをやっていたのは
「大沼啓延」(おおぬまひろのぶ)
さんという方がやっておりました。
確か元々はディレクターだったか、他の裏方だったかの方でスポーツコーナーに大抜擢(と言ってもいいでしょうね?)されております。
ただ、今のスポーツキャスターと違ってちゃんと伝えるべきことはしっかりと伝えていましたね。

ちなみに、今は静岡朝日テレビにて
「とびっきり静岡」という番組で
長いことキャスターをやっております。

以上、「静岡がらみの方」その1でした。
2011/08/15(月) 23:11:36 | URL | yig
思いつくままに
うみがめさんがおっしゃった「バンザイドンキー」のCMは、
首都圏でもオンエアされていました。
と言うのも、あの頃(1974年)、「ロバ」というあだ名の友達がおりまして、
この「バンザイドンキー」がCMに登場するや否や、彼のあだ名が
「ドンキー」に変わってしまった…というエピソードがあったからです(…まあ、
大したエピソードではありませんが)。
ちなみにこのCMは、バンザイドンキーが「バンザ~イ」と両手をあげると、
すかさず前武さんが「こら、調子に乗るんじゃない!」とたしなめて、
ドンキーがへこむ…といった内容だったと記憶しています。

北国の人さんが書かれた、ザ・お天気マンのテーマ
「♪ポロロロン ポロロロン ポロロロロロロロンロンロン」ですが、
29年前、私はこのテーマ曲に見事にハマってしまいました。
当時、TBSに電話して曲名を尋ねたところ、
「あの曲は、クスコのLP『デザートアイランド』に収録されている
“アルカトラズ”です。レコードはユピテルで、番号はYD25-0003です」と、
丁寧に教えてもらいました。
当然のことながら、速攻(?)でレコードを買い求めた…のでありました。

おじゃましました。
2011/08/17(水) 21:20:25 | URL | (ハンドル未記入)
失礼致しました。
↑すぐ上の書きこみは、私めでございます。
失礼いたしました。
2011/08/17(水) 21:22:52 | URL | 甚六
元祖お天気おじさん
前武さんは、今でいう石原良純さんや森田正光さん(気象予報士です。映画監督は森田芳光)、木原実さんのような存在の先駆けのような人ですね。

後に人気お天気おじさんとなる、故・福井敏雄さんも、お天気おじさんとしては先輩ですが(気象予報士の制度が始まる前にお天気の仕事を引退していたため、生涯気象予報士ではありませんでした)、タレント的な人気者になったのは、やはり前武さんの影響があったのかもしれないですね。
2011/08/18(木) 22:26:06 | URL | 10000k
お天気マンのテーマ
お天気マンのテーマは、CUSCOというバンドの「アルカトラズ」というんですね。

YouTubeで調べてみたら、けっこうありました。

以前からあったみたいですが、やはり、前武さんが亡くなってからコメントが増えているみたいです。

当時はなんとなくきいていただけですが、よくきいてみると、当時流行していたフュージョンっぽいサウンド(しいていえばややテクノ寄り)ですね。

かなり長いこと、お天気マンのテーマとして流れていたみたいですね。

「朝のホットライン」は、当時の裏番組の「ズームイン!朝」に比べて、ずいぶんのんびりした(いい意味で、ズームインほど力[りき]んでない)番組づくりだったような気がします。
2011/08/21(日) 09:03:51 | URL | 10000k
● うみがめさん
最初、そんなん有ったっけ?と思ってましたが、有りましたね。
関東でもやってました。
間違いなくバンザイ事件を逆手に取ってるCMですけど、ロシア云々はどうなんだろう(笑)。
連想はしますけどね。


● yigさん
報道番組特集の時、いっぱいリクエストくれましたよね。
忘れてませんが、そのために書いたわけではないです。って当たり前か。
そう言えば、夜ヒット降板後にテレビの記憶が始まっている人にとって、
この番組や笑アップのマエタケさんが最初って事になるわけですか。

ザ・お天気マンと、ザ・スポーツマンが呼び物だったかな。
まだ現役とは凄いです。
その2も待ってますよ(笑)。


● 北国さん
BGM、たしかに弾んでました。
今の情報番組、後継は朝ズバになるんでしょうけど、たしかに効率的ですよね。
効率を取るか、雰囲気を取るかって事になるんでしょうかね。
万事効率しか考えないのも窮屈ですし、バランスというか、
それぞれに分担した役割があればいいんだろうと思いますが。


● 甚六さん
ですね。ワタクシも甚六さんに言われて、あらためて考え直してみて思い出しました。
「調子に乗るんじゃない」とやって、正面向いてにこやかに笑ってましたね。
おそらく関口宏事務所に移って、新しい道を模索し始めた頃だったんでしょうか。

天気コーナーに関しても、甚六さんのコメントでまざまざ甦りました。
たしかにワタクシも、そのBGMが始まるとワクワクしたものです。
たしか前武さんのおしゃべりは普通にやっていて、予報に入るとBGMが始まるんですね。
お天気マンのコーナーになると、早く音楽始まらないかと落ち着かなかったです(笑)。
レコードは、好評を受けシングルカットもされてます。前武さんも写ってますね。


● 10000kさん
まだ気象予報士の資格もできる前で、たしかに元祖のような人とも言えますけど、
あれだけの大スターが天気予報のコーナーだけを受け持ったという例は、まだ他に無いでしょう。
失礼ながら、良純さんだの森田さんだのを同列には並べられないと思います。
森田さんとか福井さんとかは、本職なんでしょうしね。
良純さんはタレントとして比較すると、あまりに小物すぎますよ(笑)。

当時、テクノ入った音楽がけっこう流行っていて、テレビ音楽でもよく使われました。
ズームインは横の流れ、ホットラインは縦の流れという印象です。
2011/08/26(金) 05:17:19 | URL | ごいんきょ
ハリカの陰で・・・
 この番組のスポンサーCMでもう一つ連想するのが日本交通公社(現在のJTB)です。
 斎藤ゆう子さんが出ていましたが、ネットの世界ではまず取り上げられてません。ハリカ同様月~金ベルトで流れてたのに。
 ひとつ記憶にあるのは、斎藤さんが三日月と星のおもちゃを手にして
 「月、月。(好き、好き。)あなたの愛が星。(欲しい。)」
というセリフのあったハネムーンのCMです。
 交通公社のCM「ザ・お天気マン」の開始直前に必ず流れてたんだけどなぁ…。

2013/11/24(日) 17:37:01 | URL | 北国の人
いやあ、まったく覚えてないですねえ。
あまり印象に残るタレントさんでもなかったしなあ。
2013/11/25(月) 02:32:34 | URL | ごいんきょ
静岡県絡みその2
だいぶ間が空いてしまいましたが
静岡県絡みの方その2。

この番組で司会をやっていた
荻島正己(おぎしままさみ)さんは
直前までSBS静岡放送でアナウンサーをやっていて、ラジオのDJもやっていました。

また、その時のラジオ番組のアナウンサーやディレクターなどと
「ケッタウェイズ」なるバンドを組んで活動していたこともありましたね。

そんなこんなで、つい最近まで
地元のニュースとかDJなどをやってた方が急に全国ネットで司会やってる
、という感覚からこの時期はこちらのほうをよく見ていましたね。

そういえば、つい最近なのですが
荻島真一さんと荻島正己さんとが
従兄弟であることを知って
へえ~と思った次第でありますが。

ホットライン降板後も色々とラジオ等をやっていたみたいですが最近は
あまり聞かないですなあ…。

余談ですが、同時期にSBSで荻島さんと一緒にDJやっていた國本良博さんは
定年して、”スポーツマン”大沼さん
の裏番組でリポーターをやってますね。

更に大沼さんの番組で
「アダモステ」さん(説明略)
がリポートやってたのを見ましたが
今やってるかどうかはちょっと不明…(苦笑)。

2014/01/24(金) 23:45:49 | URL | yig
荻島正己さんねえ。
画像を見て顔は覚えてましたが、名前はまったく記憶してなかったなあ(苦笑)。

その後は、なんと草野さんがやってたんですね。
言われてみればそんな気もするけど、こちらも記憶から欠落。
どうもお天気マンのコーナーを最大の楽しみとしていたようです。
2014/01/26(日) 03:07:34 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。