私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

DRAGON BALL (1986)

DRAGON BALLDRAGON BALL Zドラゴン ボール
お正月という事で景気づけに、わりと有名なヤツを連発しようと思います。
有名どこってのはね、やってもあまり面白味がないんです。
他で散々いじられてて、新しい切り口とか、新事実なんか、
そうそうあるものではないですしね。そこいらはご容赦。


このドラゴンボール、個人的には原作の最初の頃、少し読んだだけです。
なかなか面白かったと思いますが、後にあれほどの大作になるとは。
そもそも鳥山明は、その登場からして衝撃でした。
空前にして絶後の、Dr.スランプ一挙二本立てでの連載開始。
ジャンプ編集部の期待の高さが伺えましたが、それもむべなるかな。
その絵は、曰く言い難い魅力を放射していました。
ワタクシも注目しましたが、周りの連中も惹かれていました。
当然それは、日本中の読者を引き寄せたはずで、たちまち大人気に。
その後のアニメ化も成功し、全国的な認知度を得ました。

けれども、一応ギャグ漫画として連載されていたそのDr.スランプは、
そういう意味での面白さは、あまり無かったと思います。
絵を見ているだけで楽しい。
少なくともワタクシは、そんな接し方でした。
ところがこの漫画のラスト近く、ワタクシは刮目する事になります。
ガッちゃんが天使だったという正体。それはともかく、
連載開始早々に、なぜか分裂したガッちゃんに、
あんなに合点がいく理由付けがあったというのは、
それまでの鳥山のストーリー・テリングを見ていて、意外でした。

詳しくはDr.スランプの項で述べるべきなのではしょりますが、
そんなわけで、鳥山明はむしろ、ストーリー漫画の素養こそ
持っている作家なのだという事が、そのラストで開示されたのです。
その後に満を持して始まったこのドラゴン・ボールでは、
見る見るうちに、その類い希なスケールの作家性を発揮していきました。

アニメの方は、原作連載中漫画の宿命というか、
ダラダラ長ったらしくしてたんじゃないでしょうか。
最初の数回を見たきりなんで、印象的なものかもしれませんがね。
いずれにせよ、漫画もアニメも、相当なロングランとなりました。
その人気はいまだ衰えず、各種展開がされています。
いけたかし作曲の主題歌も、アニメソングの新境地を開拓しました。
アニメ版は例によって、途中からなぜだか DRAGON BALL Z と改題され、
主題歌担当は元レイジーの影山ヒロノブとなりました。

このレイジー、バリバリのアイドルポップ『赤頭巾ちゃんご用心』で
ブレイクしたのに、なぜかゴリゴリのヘヴィメタ路線に転向。
ファンを大いに困惑させたものですが、この DRAGON BALL Z での
影山の成功は、アニソンとヘヴィメタの親和性を実証したと言えましょう。
今では影山は、アニソン歌手を代表する存在とすらなっています。
ヤンヤン歌うスタジオの頃が懐かしいです(笑)。

CMでよく覚えているのが、ロート製薬のこどもVロート。
悟空自ら宣伝してましたが、かつてはアニメ作品なんて
見向きもしなかった製薬会社が大々的に商品展開してたんで、
なんか印象に残ってます。

なお、ZのあとにGTというシリーズもありますが、
こちらは原作者の関わった作品ではない様で、
主題歌も、当時ハバをきかせていたビーイングの
タイアップ汚染に浸食され、それは酷いモノでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
カ~メ~ハ~メ~波アァァ―ッ!!!
あれ!?
DB、ノーコメですか? こりゃ勿体無い。

コレも大好きでしたね。ジャンプでは約14,5Pぐらいで、他のマンガよりもページ数が短いから、アニメでは追い付かないようにオリジナルシーンが結構追加されていました。とにかく、(原作に合わせて)話を間延びさせたり、引っ張ったりで、なかなか話が進まないもんだから結構イライラして視ていましたっけ。

鳥山明先生はDBを終わらせたかったらしく、後半「最終回はもうチョット後」みたいなコメントを突然マンガに入れて、「えッ! DB終わっちゃうのかよッ!」…なんてビックリした事も。結局続きましたケド。話が進めば進む程人気マンガの王道を歩んで行くDBに、編集部も無理矢理続けさせた…って感じでしたね。だから、ダラダラと長いマンガになっちゃったんですよ。
個人的には初期のDBが一番好きでした。
2005/04/29(金) 11:33:34 | URL | RTV局長
原作連載中アニメの宿命
それは時代、ジャンルを超えて逃れようがないですね。
いにしえの『巨人の星』にしろ、『あしたのジョー』にしろ、
後年の『うる星やつら』のようなギャグ漫画にせよ、
展開のダラダラ間延びした感じはどうしても拭えませんでした。
でも『巨人の星』は、勝負の間合いに時間を使って、上手く処理してた方ですけどね。
現在のプロ野球が異常にダラダラしているのは、あのアニメの悪影響かも?(笑)

連載延長のエピソードは知っています。
ジャンプのお家芸ですからね(笑)。

カメハメハってのは、水森亜土が『みんなのうた』だっけ?
で歌ってたハメハメハ大王の歌から取ったんでしょうね。
♪ ハメハメハー ハメハメハー ハメハメハメハメハ~
2005/04/29(金) 23:31:32 | URL | ごいんきょ
郷里大輔氏 追悼
ホント昨日の報道見て目を疑わざるを得なんだ
悟空でもベジータ声でもなかったものの縁の下の力持ちとして何役もこなしておられたので
2010/01/20(水) 20:46:00 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ワタクシは存じ上げませんでしたが、自殺という話で、
ファンだった方々には更にショックだったでしょうね。
2010/01/21(木) 06:46:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。