私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



チャージマン研! (1973)

該当番組画像募集

ザ・テレビ欄という本を、当ブログ上部のアマゾンリンクで紹介しています。
これは編集の方からわざわざ紹介依頼のメールを戴いたからなのですが、
当ブログの趣旨として商品広告記事もおかしいという事で、
アマゾンリンクならと納得してもらったためです。
当ブログなんてさほどアクセス数も無いし、影響力も微々たるものですが、
それでも数人の方がこちらから購入して下さったようで、
なんだかこちらまでありがたい思いです(笑)。
なお、紹介料は今のところ、会員制の方のサーバー代の一部に充てております。

勿論、ワタクシ自身も購入しました。
その後、ワタクシにはどうでもいい平成版と(笑)、
ワタクシの渇望していた草創期版と次々続刊され、すべて購入済みです。
献本のお話までして戴いたのですが、とても先様の採算に合うはずがないので
それは丁重にお断りしておいて、本当に良かったと思います(笑)。
まあ一日のアクセス数が万単位になればそういう話も有り得るでしょうけど、
今の時点では当ブログにはさほどの影響力は有りません。

ただ、一定の層に一定の知名度を上げる効果はゼロでもないでしょうから、
昭和のテレビに関する品をこんな所でも紹介して欲しい方は、お気軽にご相談下さい。
きちんとしたものであれば同人誌などの非商業ものでも紹介しますし、
価格が折り合えばワタクシもきっと購入すると思います。
日計アクセス万未満のうちは、広告料なんぞ戴く気も有りません。

で、なんで唐突にそんな話からかと言いますと、ワタクシ、
このザ・テレビ欄をつらづら眺めながらネタになる番組を探す事が増えたのですが、
毎年4月と10月の各一週ずつ全曜日を採録しているこの本で、
大抵の番組名は目に入ってくるんですね。
ところがこのチャージマン研!
いや、べつにワタクシがリキ入れてるわけではなくて、
何故か固有名詞だけなのに!を付けた番組タイトルなんでして(笑)、
まあこの番組の放送期間が7月から9月だったために、
その本で確認しようとしても空振りしてしまったというだけの話なんですが。

この番組、当時はまったく気付きませんでした。
うーん、見ていてもおかしくない時間帯だったんだけどなー。
一部分すら見た記憶が無いし、タイトルも後年知ったんですよね。
でも、それだけマイナーな作品として逆に興味が湧いていたので、
オークションで廉価に出品されていたのを取り敢えず購入してはいたんです。
でも、なかなか見る気にならないでいたのが或る時、
たまたまニコニコ動画をぶらぶら眺めている時に、
チャージマン研のいわゆるMADが多く作られてるのに気付きまして。

なんでこんな作品がこんなにいじられているんだろうと思い、
その元となっている回が見つかったので見てみたらば…
なんとまあブッとんだ話(笑)。
それでハマって手持ちのDVDを見返すと、
全体がなんとも言えぬいい風情の作品なんですなあ(笑)。
本来ワタクシは、真面目にやっている一部分を切り取って笑いにする手段は、
非常に嫌っているやり方であります。
でもこの作品は、笑いの対象でもスポット当たっただけ恵まれてるでしょう(笑)。

たった十分番組、それもほんの3ヶ月足らずの期間だけの放送で、
時間帯は夕方5時台。予算なんか有るはずがありません。
だから動かない。
とにかく、TVアニメが電気紙芝居と言われた時代も終わりつつあった
その時期としては、破格に、画期的に(笑)、動かない。
でもまあ、それは予算が少ないアニメではまだ散見されていたものの、
これは音も出ない。
効果音が無い(笑)。
爆発しても、建造物が倒れても、無音なのです。
これは気持ち悪いものなのだと発見がありました(笑)。

その他にもいろいろ、制作状況の劣悪さに起因するチープさに溢れていて、
それは仕方無いと言えば無いんですけど、よくTBSで放送してたなと。
12チャンネルならわかるんですけどね(笑)。
ただ、そんな事だけでは、昔のアニメではまま見られること。
この作品の真骨頂は、ストーリー展開にこそ有ります。
一話わずか十分で完結。
しかも、絵を減らすためにだろうけど、毎日きちんとOPとEDまで有る(笑)。
実質放送時間5分前後で、一応SFヒーローアニメを一話完結させる、
これって、どう考えても無謀だと思うんですよ(苦笑)。

なんで当時よく有った週一話完結にしなかったのかわかりませんが、
とにかくそのような放送形態のため、展開がスピーディー……
いや、言葉を飾っちゃいけない(笑)、強引と言いますか、やっつけと言いますか(苦笑)。
ジュラル星人がなんらかの作戦をやってくるのを、特に論理性もなく研が見抜き、
変身するや光線銃だけで簡単にやっつけてしまう。
でも、光線銃使うだけなら大袈裟に変身する必要も無いんじゃないだろうか(笑)。
光速エスパーの強化服のような感じのコスチュームなのかな。
どちらにしても、あまり変身の必要性の無い戦いぶりですが(笑)。

中で最高傑作と誰もが認めるのが、『頭の中にダイナマイト』。
タイトルを一見して、「ハア!?」って感じ(苦笑)。
正常な感覚では付けられないようなこのタイトル、
中のお話が最初から最後まであまねく凄い。
ここまで笑いを意識せずに作って、ここまで笑わせてしまう作品(笑)。
悪に爆弾を埋め込まれた博士を敵機にぶつけて爆破させるという、
子供番組史上類例を見ないヒーローの戦法に、
きっとあなたも爆笑を禁じ得ないでしょう(笑)。

ああ、一部とは言えネタバレさせてしまった…
ボルガ博士、お許し下さい(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
その他のファンキーな要素として
この作品は第一話でのヒーロー誕生のプロセスを経ずにヒーローが現れている(nack制作の別の作品アストロガンガーには描かれていたが)事やopテーマの歌詞がまるでモノクロ時代かと錯覚する程渋めである事更に「けん」の字がナオコと続いてしまう事を連想させてしまう点等挙げたら他にも有りそうな感じである

ちなみに何故10分番組なのかというと東海では何故か別の局でやっていたもののウルトラファイトの後枠のtbsでオンエアしていたからなのだそうである
2009/10/31(土) 15:04:19 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ついに出た(笑)
チャージマン研!、ついに出ましたか(笑)
この作品ほど動画共有サイトの登場によって改めて知られるようになった旧作アニメは無いんじゃないでしょうか。
言われているように、月曜~金曜の本編が5分強というチープなTVアニメなんて、毎日長時間放送されているテレビじゃそのまま埋もれて消えていくのも必然だったのかもしれません。
しかし、YouTubeやニコニコ動画の登場で、「5分強でサクッと見れる」というのが逆に武器になって、「だったら見てみよう」という気にさせる魔力になったと思うんですよ。
そして本編の狂気にあてられてハマると(笑)

ナックというアニメスタジオは低予算・低クオリティでアニメファンにはかつて(悪い意味で)有名な所でして、全体に滲み出る野暮ったさがすごい特徴的な所でした。

でも、何か憎めないんですよ。

80年代のガンダムブームの頃にも、未だにマジンガーZもどきのもっさりしたデザインのロボットを永井豪氏のダイナミックプロに発注までして「ゴーバリアン」っていうアニメをやってしまう(笑)
しかも、同じく当時大人気だった「うる星やつら」の裏番組で(笑)
まあ、「個性」という点では他を寄せ付けないものが確かにあったスタジオです。

>よくTBSで放送してたなと。
>12チャンネルならわかるんですけどね(笑)。
例外作品もありますが、ナック制作のテレビアニメは、チャー研の少し後に発表された「ダメおやじ」以降はほぼ12チャンネル~テレビ東京を中心にTVアニメを制作していきます。
しかも、「ダメおやじ」は12チャンネル初のオリジナル新作アニメだそうで。
現在キー局の中では圧倒的な番組数を誇る「アニメ王国」のテレビ東京もナック制作のチープなアニメから出発したと考えると、いろいろ感慨深いものがあります。
2009/11/01(日) 07:52:46 | URL | おっさんみたいな若者
この頃が最も多くのコメントを頂いたままになっている時期ですね。
失礼しました。


● ガッツさん
そうそう。枠も短いですし、無駄な描写が無いんですよね。
敵が何かして、すぐ見破って、すぐ変身して、すぐやっつける。
1話で完結させようっていうのが無理ありすぎなんです(笑)。


● おっさんみたいな若者さん
普通だったら、後から回顧される番組ではないですよね、絶対(笑)。
ナックの作品は、たしかに独特の空気ありましたよ。
低予算臭ぷんぷんと言いますか(笑)。
だから、東京12チャンネルこそが相応しい局だったと思うんですがね(笑)。
ああ、ゴーバリアンもナックですか。らしくないなあ(笑)。
そう。ダメおやじは12チャン初のアニメでした。
楽しみにして第一回から見てましたし、よく覚えてます。
既述スレも有りますよ。
2014/02/05(水) 05:40:59 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ