私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

たみちゃん (1984)

該当番組画像募集
元々は、『ザ・コント55号』として始まった番組でした。
コント55号がウン年ぶりにコントをやる番組として大々的に喧伝され、
往事の55号によるコント番組の有名どころは欠かさずに見、
当時も萩本の視聴率マジックにどっぷりハマッていたワタクシは、
ワクワクしながらその日を待ち焦がれ、チャンネルを合わせたものでした。
雰囲気としては公開生放送のようだった放送冒頭、
例の笑いで坂上二郎が登場してきた時には、得も言われぬ感激があったものです。

しかし、いかんせん、もはや55号のコントも時代から外れたもの。
特別番組ならいざ知らず、これを毎週毎週やるのはキツそうだな、
というのが率直な感想で、爆笑また爆笑というパワーではなくなっていた。
それを如実に反映していたのが坂上の疲労困憊な様子で、
最後の方はなんだかゼーゼー言っていたように思います。
まあ、昔からそんなコントではあったんだけどね(笑)。

そもそもは、欽ちゃんのどこまでやるのの方に坂上がしばしばゲストで出て、
そこで絡んでるうちに、お互い焼けぼっくいに火が付いちゃったんでしょう。
その流れでのテレビ朝日での番組となったんでしょうが、
火曜水曜と続けて萩本のコントを流すというのも、ちょっと冒険でした。
最初からだったかどうかは忘れましたが、舞台はおそば屋さん。
初めの頃は勿論、ほとんど店主の萩本と客の坂上がやり合って、
途中からゲストも交わってくるって感じの構成だったんですがね。

そこの店員の女の子が、なんとも純朴で可愛かったんですよ。
それで、萩本はじめみんなにいじられるようになっているうちに、
なんといつの間にやら、番組名が「たみちゃん」になっちゃってた(苦笑)。
当時の記憶では、坂上がとにかく疲れると音を上げていたように思います。
そこで、かわいくて無垢な素材の店員、たみちゃんの方にスポットを当て、
番組も路線変更していったんでしょうけどね。
坂上は完全に脇に回る感じになり、店主の萩本とたみちゃんのやり取り、
ゲストとの絡みがメインとなりました。

改題当初のゲストに和田アキ子が登場した際、どういう流れかは忘れましたが、
彼女がこの番組の新主題歌、『君が野に咲くバラなら』を歌いました。
♪ タミー、君は野ばらよ~ と和田が優しく語りかける歌は、
和田のキャラクターとしても、コント番組主題歌としても違和感ありまくりで、
なんなんだろうこの流れはと、当初から見ていたワタクシは面喰らい続け。
あげくは更に路線変更して、『わがまま気ままベストワン』という別番組となり、
たみちゃんまでが脇に行ってしまうという迷走ぶり。
その頃には当然、55号は影も形も無い状態です(苦笑)。

そんな完全な失敗枠でしたが(笑)、一つだけ、面白いやり取りを覚えています。
そば屋の客としてやってきた竹中直人。
当時はザ・テレビ演芸などで笑いながら怒る人などやってる頃で、
いきなり声のトーンを変えたり、まあ奇人キャラでした。
今もそうかもしれませんが(笑)。
そういう感じでツッコむ萩本に対し、「失敬だな、君は!」と
やり返したのもなかなか斬新で、この返しは今では定番までなってますけど、
注文する時にひょうきんな声で、「かけそばうどん頂戴」と言ったのが可笑しくてね。

そば屋の品書きで、「かけ」の下に「うどん」と「そば」を小さく併記してるやつね。
たしかにワタクシも昔から、かけそばうどんと読んだりしてたんですよ(笑)。
欽ちゃんが爆笑しながら、「かけそばうどんじゃないよ(笑)」と言ってたけど、
やっぱり55号のコント番組という事で、アドリブ重視だった感じですね。
だからゲストのキャラクターもかなり重要だったけど、
芸達者な竹中は、こういう形式でもメイン以上に笑いを取れていたっけ。

たみちゃんこと野崎たみ子は、メインに据えられてすぐにレコードデビュー。
最後の大物と称された(笑)谷山浩子作曲の、『うさぎ』を歌ってました。
この頃は谷山もオールナイトニッポン第二部で不動の人気を誇っていて、
この歌に関する話題も少しだけ出てましたけど、あんま深くなかったな(笑)。
結局、最後の大物であり続けた谷山だったけど(苦笑)、
エーザイとか明治マインクネッケのCMソングは好きだったなあ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
小倉久寛さん
私、この番組で初めて小倉さんを認識しました。
おそば屋さんの常連さんって感じで登場されてましたけど、一般人っぽくて、この人いったい誰なんだろぉ~!?って思いました。
和田さんはゴッド姉ちゃんっていうイメージだったから、欽ちゃんのこういうほのぼのした番組に出るというのがとても意外でした。
2009/10/30(金) 09:46:23 | URL | ななお
たみちゃん
知人が某都内の女子校で一緒だった(たしか途中で転校したとか)と言ってたので、覚えてます。
「うさぎ」はなかなか良い曲だけど、谷山浩子の不思議ちゃんっぽい世界に、なかなか合うアイドルっていないかも。
ま、「土曜日のタマネギ」の斉藤由貴は、ともかく。
たしか、あの番組に今は泣き三木助が、二つ目の時の“小きん”で出てたような。
声優でブレイクする前の、日高のりこと絡んでる役まわりだったような。
「達ちゃん」
ではなく
「小きんさん」
とあの声で呼んでいたような。
2009/11/02(月) 21:14:41 | URL | 桃
間が空いて申し訳無いと思いつつも、
今は昔の常連さんに返信できる嬉しさも有ったり(苦笑)。


● ななおさん
たしか、金管楽器を吹くんだか吹けないんだかやってなかったでしたっけ。
華はいまだに無いですけどね(笑)。
和田さんは、フジの「欽ちゃんのドンとやってみよう!」でも覚えてます。
どちらでも自分の曲を誉めてましたね(笑)。


● 桃さん
たみちゃん可愛かったけど、なんか普通の幸せを掴んで欲しいなって子だったな(笑)。
そうそう。三木助さん出てたんですよ。
だからあんな事になった時には驚きました。
2014/03/24(月) 06:42:53 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。