私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ハクション大魔王 (1969)

該当番組画像募集
ハ ハ ハ ハックションッ

くしゃみをすると壺から大魔王が出てきて、
魔法でカンちゃんを助けてくれるというギャグアニメ。
アラジンと魔法のランプをモチーフにしたと思われるも、
その魔王の姿がいかにも間が抜けていて、一見して判るギャグアニメでした。
カンちゃんが困ると、紙をよじって紙縒のようにし、鼻の中に入れたり、
あるいは胡椒をパッパッと顔の周りで撒き散らしたりして、
わざとクシャミをしてハクション大魔王を呼び出し、無理難題を言いつける。
考えてみたら、ドラえもんの原型のような作品でした。
胡椒を振り掛けると本当にクシャミが出るのか試したかったんですが、
当時、そんなに洋胡椒を置いている家は無かったんじゃないですかね。
少なくとも我が家には無かったので、実践不可能でした。

番長格のゲジゴンや、やたら噛みついてくるブル公などから
カンちゃんを助けるべく魔法を使う時、魔王は小さなガマ口を手にし、
本当の手のように動く不思議なマジックハンドを中から取り出すと、
アラビンドビン ハゲチャ ビ~~ン と呪文を唱えます。
すると凄まじい稲妻が何度も飛び交い、いつの間にやら魔法が効いている。
ただこの魔法、結構あやしいもので、どこか間が抜けた結果になったりして、
カンちゃんが魔王を責めるというパターンだったかな。
ずいぶん自分勝手な、嫌なガキだなと見てました(笑)。
そのくらい、大人である魔王に対してワガママ三昧のカンちゃんでしたが、
悪魔くんの稿で書いたような、当時の子供達の溜飲を下げる目的が有ったんでしょう。
ただ、悪魔くんは世のため人のためにメフィストをこき使ってたけど、
カンちゃんは全て自分のためで、そこが不快感に繋がってました。

カンちゃんのキャラクターに些か不快感を抱きつつも、
大魔王を演じている大平透の好演で、このアニメそのものはワタクシも好きで、
更に回が進んでから、場面転換とかCM前などに登場するようになった、
愛川欽也の演じた「それからどしたの」と言う謎のキャラクターも好きでしたね。
「それからどったの」「それからそれから? コマーシャル」など、
要所要所で脈絡なく転換を促す線画の二等身ヒゲオヤジで、
釣りしてたり、いろんなパターンで登場してました。
なんと言いますか、この二大声優で八割方もってた漫画って気がします。
魔王は魔王で、「オロロンオロロン」と泣いたり、「~でごじゃるよ」だの、
今でも忘れられない独特なセリフが多かったし。
OPでも歌われてるけど、数字が苦手でね。
算数の宿題を頼まれたりしたら、ジンマシンが出て体中カイカイカイになっちゃう。

そんなこの番組を見ていて、不思議な事が一つ有りました。
エンディングで、わけのわからない小さな女の子が活躍する絵が流れ、
その歌詞も皆目意味がわからなかったんですね。
♪ アクビ娘と人が言う アクビ娘は素敵な子
なんて歌ってるんですけど、そんなキャラは出ていない。
姿形を見るに魔王と同じ魔法使いなんだろうけど、
それがどういう存在なのかまったく説明が無いし、謎。
しばらくその疑問が解決する事は有りませんでした。
そして本当に結構してから、ようやく本編にアクビが登場して、
やっとこさ全ての謎が解けた気がしたものです。

アクビは魔王の娘だったかな。魔王はクシャミで出てくるのですが、
その名の通りアクビをすると出てくる子で、声が本当にかわいくってねえ。
当時ワタクシはもちろん子供ですけど、カワイイ声だと思ってましたから。
ハリスの風のアー坊の声と、このアクビの声は、ワタクシの忘れじの声ですね。
ただ声はカワイイんだけど、こちらもなかなかワガママな娘で、
タンバリンをシャンシャンと叩いて魔法をかけるんだけど、
けっこう周りを困らせる魔法が多かったような。
魔法使いサリーで言うポロンみたいな役だったと思います。
魔王の事を「おとたま」と呼んでたから、やっぱり娘ですね。

それからしばらくした或る日、いつも通り「ハ ハ ハックション」
とガマ口がクシャミをするOPが始まったと思ったら、
次の瞬間には花が咲くアニメとなって、アクビ娘の歌が始まったのには驚きました。
えーっ! これってエンディングじゃねえのかよ。
当時のワタクシはエンディングなんて言葉は使ってないと思いますけど、
OPとEDが入れ替わったのには、ちょっとばかり驚きましたね。
だって、タイトルは「ハクション大魔王」。
でも、かかってる歌は「アクビ娘」(笑)。
どっちが主役だよっていう感じで、アクビの声は好きだったけど
キャラクターはそんな好きじゃなかったんで、けっこう不満でした。
いい歌だけど、OPで使うには番組カラーにも合ってない気がしたし。

まあ番組に合ってるか合ってないかはともかく、
OPは勿論、EDも本当に好きな歌で、特にアクビ娘の歌は、
大人になってからも時々思い出しては口ずさんだりしてましたね。
うーん… やっぱりハクション大魔王の歌の方もよく歌ってたな(笑)。
 男勝りで 色白で 知恵が回って明るくてーェ
堀江美都子の歌い方がまた、とても愛嬌が有ってねえ。
横浜市12才とかクレジットされてたんだっけな。
素人がこんな番組の歌を歌ってるんだと、ちょっと不思議な気がしました。

このOP・EDのみならず、当時のタツノコプロ作品のほとんどを作詞していたのが、
日本コロムビア専属作詞家で毎日新聞記者だった、丘 灯至夫。
アニメソングと言えば、その昔は朝日ソノラマのソノシートか、
日本コロムビアのレコードと相場が決まっておりました。
当時のワタクシはそんな事はまったく考えの範疇に無い事ですけど、
丘の名はいろんなアニメのオープニングやエンディングで目にしていて、
自然に名前の漢字を覚えてしまうほどでしたね。
ただ、読み方が子供の頃はまったくわからなかったので、
感じで漢字で覚えておりました。

提供は、タツノコ作品ではお馴染みの森永。
誰もいないと思っていても どこかでどこかでエンゼルは
というテーマソングのCMがよく流れていた時分ですね。
そして12チャンネルの『まんがのくに』で放送された際には、
マルシンフーズによるハンバーグのCMが忘れられないものでした。
♪ マールシン マールシン ハンバアグ~
番組中では、大魔王の大好物がハンバーグなんですよね。
カンちゃんが頼みを聞いて貰いたい時、ハンバーグで釣るんですけど、
その数もハンパじゃなかったんだよなあ。
何十個ものハンバーグを一口でぺろりと平らげてたっけ(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
アクビちゃんとカンちゃん
 一昨日、ディズニーの『アラジン』をちょうど見たばかりで、私のブログの方でも『サザエさん』を扱ったばかりです。
 これは前にも書いた気がしますが、「アクビちゃん」は貴家堂子さん、「カンちゃん」は加藤みどりさん。そう! 「サザエさん」と「タラちゃん」親子と同じ声優さんなんですネ。

 ちなみに『ハクション大魔王』と『サザエさん』は同じ8チャンネルで同じ日(昭和44年10月5日)に始まっています。6:00から7:00まで、同じ声優さんの番組が続いていたんですネェ。

 魔王が食べるハンバーグ、手が大きいから小さく見えますが、あれが美味しそうに感じました。

 「コショーでクシャミ」は、私は実験したことがあります。痛くて堪らないですヨ。クシャミなんか出ませんでした^^;

 魔王が出て来る「壷」も印象深いです。あの壷、クレーンゲームの景品としてぬいぐるみにもなったことがあります。フツーに一輪挿しとして使ってもイイので、陶器でもプラスチックでもガラスでもいいので、商品化されないかなぁ‥‥。

 ごいんきょさんも書かれている通り、魔王のセリフでは「~でごじゃるよ」は印象的で、特に「カンちゃん、ダメでごじゃるよ」というのがミョーに記憶に残っているでごじゃるよ。
2009/11/26(木) 00:48:58 | URL | 自由人大佐
よばれてとびでてジャジャジャジャーン
・・・アクビちゃん、タラちゃんの人で、CM前のあのキャラは愛川欽也だったんですね。
鬼太郎、オバQ、バカボンみたくリメイクされてない(と思うけど)のに、未だにキャラクターがいろんなところに使われてる希有な作品ですね。
当時幼稚園児だったボクは、サザエさんに加え7時半からのムーミンと共に楽しみにしてました。
2009/11/26(木) 10:29:43 | URL | naokiman
ハクション大魔王といえば
アラビン、ドビン、ハゲチャビ~ンですね。小生、中学生時代にはテスト前夜の寝床に入ったら必ずこの呪文を唱えて、明日のテストで良い点が取れますように!!!と祈ったものです。
それからあくび娘のテーマは、小生の中で、心に残るエンディングタイトルの第4位にランクされています。ちなみに1位:タイガーマスク、2位:宇宙戦艦ヤマト、3位:ルパンⅢ世、5位:魔法使いサリーとしています。
それからどったの?
2009/11/26(木) 12:44:26 | URL | 心は少年
~の話
 他のテレビまんがは「~の巻」という伝統的なエピソードタイトルでしたが、この番組だけ「~の話 ハックション」で、新しさを感じたものでした。
 アクビちゃんには萌えていた覚えがあります。図工の時間にも壺の絵を描いて、へたっぴながら壺の上にアクビちゃんを描きました。おとたまと言うのが可愛かった。
 最終回には泣きました。ブル公まで別れをいやがってましたね。
2009/11/26(木) 19:22:37 | URL | あぶもんもん
今で言うならオヤジギャグでしょうか
魔王がときどき「あのね,おっさん,わしゃ,かーなわんよ」とかね,ほかの芸能人の決めぜりふを使ったりしていました。
野球拳もやってたな。
顔を取られる話のときは怖かったなー。
最終回は泣いたなー。「アクビ,本当は,カンチャンのことが好きだったのよ」だったかな。
2009/11/26(木) 21:54:55 | URL | いくちゃん
ハンバーグ
TVで見ていたとき、ハンバーグがコロッケにしか見えませんでした。
でも、めっちゃ美味しそうに食べていた記憶は刷り込まれています。
EDのアクビ娘のうた、ミッチがレコーディングの際にしゃっくりあげて歌ってくれとお願いされたとかCDのライナーノートに載っていました。ほんまに可愛い歌い方で大好きな歌です。
2009/11/26(木) 22:21:55 | URL | 南 うなみ
OP
 私も OP も ED も好きで、今でも CD でよく聴いてますが、OP って G メン 75 の嶋崎由理だったんですね。サビの「ハクショ~~ン゛」のとこなんか都はるみバリのうなりをきかせてますし、「御主人さまァよ~~~ン」なんかも演歌の大物歌手って感じです。
 ハクション大魔王の笑い声を思い出そうとするとグズラになってしまうんですが、同じブホホホでしたっけ。
 ハイチャラバ~イはさすがに流行らせようとする奴は学校にいなかったかな。

 白状すると私は最初シャザーンと混同していて、少年漫画雑誌でどっちだったかの「放映開始」という広告を見て「ずいぶん絵が変わったな」と思っていました。(^^;;
2009/11/28(土) 01:07:59 | URL | あぶもんもん
何故かくも数字が苦手なのか
考えた果てに一つに当時の高度経済発展に警鐘として「何事も算盤や損得勘定では解らない事がある」とでも語りたかったのかオバQでの犬とかでなく抽象的で無形なものが苦手な新たなキャラが描きたかったのか深く考えるとそれこそ蕁麻疹ができるかも

でもホントどうなんだろうか
2009/11/29(日) 15:55:13 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
大人の都合で
本放送の時の(も?)スポンサーが「マルシンハンバーグ」でしたね。
有名な話で、うなみさんも書かれているけど、アニメ制作開始時は「好物はコロッケ」という設定だったんですよね。それがスポンサーに合わせて「好物はハンバーグ」に変更され、放送時は最初からそういう設定だったんですが、(制作済みの第1話での)画面では「揚げた」り「色が黄土色」だったり、どうみてもコロッケでした。
2009/12/01(火) 11:42:06 | URL | 石毛零号
再放送の定番
この番組、本放送の4年後に東京12のゴールデンタイムで再放送されて以来、同局をはじめ各地の地方局で繰り返し再放送されました。
比較的最近でも栃木テレビで、しかもゴールデン編成されていたとのことで、「ごめんね、ごめんね~」の漫才コンビによってネタにされたほどです。
2009/12/10(木) 14:05:18 | URL | うみがめ
これぞ「エバーグリーンアニメ」?
うみがめさんの御指摘通り、「再放送の定番」ですね。ここまで来ると、もはや「エバーグリーンアニメ」と呼びたくなりますよ。
「あまり時代や世相に左右されていない内容」ということが、テレビ局にとって「使いやすい素材」なのかも知れません。現在も、TOKYO MXでオンエアされています。

そのネタの中で唯一、世相を反映していたのが、一家揃って「万国博」見物に行く話でした。たしかパパさんの仕事がらみで…と思いますが、魔王お得意のドタバタの末、パパさんの面目も保たれてめでたし、めでたし…だったと思います。

そのパパさんの声を担当されていた、田の中勇さんが天国に旅立たれました。
田の中さんの御霊が、いく久しく安らかでありますことをお祈り申し上げます。
合掌。
2010/02/13(土) 16:33:13 | URL | 甚六
時事ネタはその他にも
魔王がピンポンパンの体操の兄さんとして運動不足のパパに運動させようとした話や魔王とブルとが野球拳で対決したという話も覚えている

今思えばもしボカンシリーズ放送時に野球拳が流行って無くて残念とも思ったりして
2010/02/14(日) 14:34:53 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● 大佐殿
なんででしょうかね。同一コンビの声優による複数番組の役柄コンビというのが有るのは?
これもこのブログをやるようになって発見した事ですけど、理由が解明できません。
ハクションとサザエさんの場合は、スケジュール調整し易かったからかな。

ワタクシが見ていた当時は、ハンバーグというのがどういう料理かよくわかりませんでした。
我が母世代の女性は、そんな西洋料理を母親から教わっていませんからね。
我が家ではハンバーグなんてものが出てきたのは、インスタントができてからですから、かなり後年の事となります。
同様に、『ポパイ』でウインピーがよく口にしていた「ハンバーガー」というのも、
なんの事かまったく想像できませんでした。
マクドナルドのCMが普通に見られるようなるのは、これもかなり先の事でした。

ワタクシ、後で思い出しましたけど、少し大きくなってからワザワザそのためにSBのコショーを買ったんだった(笑)。
あの、四角錐に近い形状のやつ。
そして、クシャミなんかはまったく出ず、しかも使い道もわからず、完全に無駄遣いでした(笑)。

壺が大佐殿のツボですか。あれは魔王が出ようとする時に、回ったり踊ったりするんですよね。
そして出てくる時に、ベートーベンの運命冒頭「ジャジャジャジャーン」のメロディーで出てくるんですね。
だから「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」という登場のセリフとなるわけです。


● naokimanさん
愛川さんはあの頃、タツノコの作品によく出ていたんですよ。
ニャンコ先生があまりにも有名だぞな、もしかして。
ハクション大魔王、残念ながら近年になって、アクビを主役にリメイクされています。
が、知名度が高いのは本家版が何度も再放送されている事に拠りますけどね。


● 心は少年さん
テスト前の呪文ですか。それはそれは。
魔法使いサリーとは、「いたずらのうた」の事ですかね。「魔法のマンボ」かな。
ワタクシは、とても好きな歌に順位なんて付けきれないです。
でもまあEDに限れば、アクビ娘の歌はけっこう上位かな。


● あぶさん
「ハックション」の部分は付け足しですけどね(笑)。
アクビの声は本当に可愛かったなあ。
ワタクシは、あの最終回は好きじゃなかったです。
本当はもっと辛辣に書きたいくらいですね(笑)。

嶋崎さんは『ちびっこのどじまん』出身で、『みなしごハッチ』とこれが代表作でした。
グズラも魔王も大平透さんですからね。ついでにカバトットのカバも。
シャザーンとは混同しないなあ、普通(苦笑)。


● いくちゃんちゃん
「あのねおっさん、わしゃかなわんよ」は、日本映画初期に活躍したコメディアン、
高勢實乘さんが使っていたギャグなんですよね。
ずっと後年、そのシーンを見た時は少し驚きました。
大平さんが好きな人だったのかな。


● うなみはん
皆さん、ハンバーグわかってたんですか?
我が家くらいだったのか、ハンバーグ作ってなかったの(笑)。
あの歌い方は、間違いなく「ひょっこりひょうたん島」の前川陽子さんを意識して、その様にやらせたんでしょう。


● ガッツさん
おー。なんか珍しく講釈されてるじゃないですか。が、
>当時の高度経済発展に警鐘として「何事も算盤や損得勘定では解らない事がある」とでも語りたかったのか
そんなわけないでしょうに(苦笑)。単に弱点は作りたかったんでしょうけど、
算数が苦手な子供が多いから共感持たれると思ったんじゃないですか。


● 石毛さん
本文でも書きましたが、本放送は森永の提供でしたし、マルシンは再放送でスポンサーの一つだった事が有ります(関東)。
アニメージュのフジテレビ特集号でも、提供欄は「森永製菓」としか書いてないです。
マルシンは「まんがのくに」だったか、東京12チャンネルでこの番組を放送した時、
間違いなくスポンサーでしたよ。でも、言っては悪いけど、そのクラスの企業でした。
まして本放送当時、森永と肩を並べて提供する格だったんでしょうか。非情に疑問です。
誰かの記憶の混同、事実誤認が、さも事実のように広まってるだけでしょう。

元は明らかにコロッケですよね、あれ。
ワタクシも見ていて、コロッケと見ていました。
途中からハンバーグハンバーグ言い出すんですけど、その本当の理由は不明です。
当時の制作の誰かの気まぐれに過ぎないんでしょうけど、ハンバーグって、
まだそんなに一般的な食べ物だったとは思えないんですよね。
憧れの食べ物という事で、視聴者に飢餓感を与えたかったんでしょうか。


● うみがめさん
その時だったかなー、マルシンがスポンサーだったの。
昭和48年頃ですか、うん、間違いないでしょうね。確かにその頃でした。


● 甚六さん
ど根性ガエル、天才バカボンと並ぶ、三大常緑動画ですか。
魔法ものって寿命長いですね、洋の東西問わず。
万博は当時、外せないネタですからね。
そう言えばパパさんは田の中さんですか。目玉親父より低めの声でしたね。


● ガッツさん
野球拳もやってましたね、魔王。
ボカンシリーズには、ワザワザ野球拳なんか要らないじゃないですか(笑)。
2010/02/22(月) 23:19:01 | URL | ごいんきょ
お久しぶりです。
つい最近「大魔王」の実写版が斜陽のフジテレビにてOAされ、観ませんでしたが魔王が関ジャニ∞の村上信五だったとか。また実写版ジャニーズかと(呆)マツコデラックスか石塚英彦あたりが適役なのに(笑)。あとカンちゃんのお父さんが温水洋一。これは適役です(笑)
2013/11/30(土) 23:38:01 | URL | ナベチン
本当に、忍者ハットリくんも目茶苦茶にされたし、
旧作ものとは関わって欲しくないんですが。
どんどん新しい作品に出て、どんどんテレビの人気を落として欲しいです(笑)。
ジャニーズ系も、カマキャラ連中も。
2013/12/01(日) 11:49:11 | URL | ごいんきょ
おはようハクション大魔王
朝の情報番組「ZIP」の1分アニメが、4月から、ハクション大魔王をパロディにした「おはようハクション大魔王」になりました。

でも、魔王を見てビックリ!?。まるでゆるキャラです。

時代の違いや、朝からあの顔はアクが強すぎるというのもあるけど、それにしてもナンだかなぁといいたくなります。

また、前二作のガッチャマン、マジンガーZは、戦闘アニメとギャグのギャップが面白かったけど、ハクション大魔王はもともとがギャグアニメなので、意外性が弱く、面白味も半減です。

それにしても、昭和時代は、早朝にアニメを放送してるのも珍しくなかったけど、今は遠距離通勤と情報化時代で、朝4時台からニュース激戦区です。

時代の流れを感じます。
2014/04/11(金) 23:51:08 | URL | 10000k
ギャグ漫画だったハクション大魔王を、更にSDギャグにした感じですね。
でも、実写でジャニーズにやられるより数億倍ましだし、それなりに面白かったです。
ま、竜の子が儲かればなんでもいいんですけど。
2014/04/13(日) 15:04:59 | URL | ごいんきょ
ハイチャラバーイ!
「って魔王!どこいくんだよ~!」
「おとたまー!アクビをおいていかないでー!」
「それからど~したのっ!」
「いや、ど~したのっておじさんも向こうにいっちゃたんでしょ。アクビとぼくはこれからもこっちでサザエとタラオで頑張るから魔王のことをヨロシクたのむよっ!」
「・・・コマーシャル、どうぞっ。」
2016/04/17(日) 12:11:25 | URL | hey&カンちゃん’s
さようなら……おとたま
おとたま(大平透さん)、4月12日に86に歳でお亡くなりになられたそうですね。さようなら……おとたま(泣)
2016/04/18(月) 10:44:06 | URL | マスダっち1971
長く愛されたタツノコアニメ
大平さんの訃報は、すごく残念です。タツノコプロの作品では大魔王、南部博士、ベルトサタンなど、忘れることができません。ご冥福をお祈りします。

2年前にワイドショー番組「ZIP」でパロディ版が放送されるなど、タツノコプロのギャグアニメの中でも「ハクション大魔王」は世代を超えて愛されただけに、残念です。
2016/04/29(金) 10:03:15 | URL | すーぱーぺるる
大平透さんもね、それなりのお年でしたからやむを得ない部分もございますが、
どんどんテレビ創生期を知る方がいなくなっていくのに焦燥感を覚えています。
2016/04/29(金) 11:50:32 | URL | ごいんきょ
加藤みどりさんと貴家堂子(さすが・たかこ)さん
加藤みどりさんと貴家堂子(さすが・たかこ)さんについてです。「ハクション大魔王」では……加藤みどりさんがカンちゃん役を、貴家堂子さんがアクビちゃん役をされていましたよね!!
2016/05/01(日) 11:02:44 | URL | マスダっち1971
サザエさんとタラちゃんですが、なるほど、言われればそうですね。
ワタクシはこれまでまったく意識してませんでした。
何故か同じ声優同志での組合せ配役って結構ありますね。
2016/05/02(月) 06:55:29 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ