私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

キイハンター (1968)

キイハンター(モノクロ)キイハンター(カラー)
- 名番組は主題歌も名主題歌である -

子供の時分からのワタクシの持論に、この番組も当て嵌まりましょう。
あの、いかにもスリリングなアクションドラマが始まるよー
との囁きにも似たテーマソングに引き寄せられ(笑)、
ワケが解らないドラマなぞ見る気にならない子供達をも巻き込み、
「全員集合の後はキイハンター」という黄金のラインナップが、
当時は貴重であったホリデー前日の土曜夜に煌めいていました。
まあ、キイハンターそのものは、全員集合の人気が最高潮の頃に
放送終了を迎えましたが、以後のアイフル大作戦、
バーディ大作戦、Gメン75という流れも、
みな同じ匂いの作品でしたからね。
中で最長寿はGメンなのですが、初代キイハンターも
なかなか隅に置けず、1968年4月6日から73年4月7日までの
丸々5年、262回という長寿を誇りました。
ちなみにこのテーマソング、アニソン大家となった
菊池俊輔作曲というのは、マニヤには常識なんでしょう。

子供から見て、スジは全くわかりませんでした(笑)。
ただなんとなくエッチィのと(笑)、何よりもアクション、
あのハードボイルドな雰囲気、それらがとても刺激的でした。
で、ただいま放送映画出版からその昔出された資料を眺めつつ、
記憶を補いながら記述しているわけですけれども、
基本知識としてこんな解説が有ります。

キイハンターとは?
このグループの呼び名としてTBSが造った新造語である。
キイとは解決の手がかりであり、その手がかりに躍り掛かる
ハンターたちの意味である。
そしてまたキイはシークレットに通じ、秘密のハンター、
つまり公の官憲が扱えない事件をその痕跡すら残さず
解決する事件の密猟者たちの意味である。

そうですよ。誰も気にした事ないでしょ?(笑)
他にも基本的な事を列記してみますね。

キャップこと黒木鉄也(丹波哲郎)。
外事局諜報員だった彼は、上司の命よりも敵の女スパイを選んだ。
ここいら丹波哲郎の人間像となんとなくダブりますが(笑)、
彼は堅苦しい組織を離れ、自由気ままの身となる。
しかし生来の冒険好きである黒木の周りには似た者が集まり、
或る時ジュネーブ諜報員・津川に協力し、国際事件を解決する。
かつての同僚津川は、国際警察特別室特殊スタッフという
制約の無い形での協力関係を結ぶ。

というお話だったらしいです。
皆さん、こんな設定知らなかったでしょ。
で実際、知らなくてもまるで問題が無い設定ですね(笑)。
要するにキイハンターと呼ばれていた彼らは、
なんでもないんですね。警察でも、探偵ですらもない。
何も知らずにいつから見ても楽しめたから、
そんな設定誰も気にしなかったでしょうし、
そして、そこら辺も狙いに入っていたと思われます。
単純明快。 娯楽の王道、キイハンター。

映画007に出て箔が付いていた丹波を中心に、
元NHKアナでありながら、なにげに妖艶さを振りまいた野際陽子。
この番組を縁にその野際と結ばれ、そして離れた(苦笑)、
アクション俳優の始祖・千葉真一。
この三人は、特にこの番組の成功に欠かせなかったでしょう。
提供は、大屋政子夫人も懐かしい帝人でしたから、
野際陽子というと帝人のファッションを思い出してしまうのは、
きっとワタクシだけでしょうね(苦笑)。
EDでは、OPテーマに詞がついたものを野際が歌ってましたが、
最初は丹波哲郎とのデュエットでレコーディングしてたそうで、
どうしても丹波の方がつられてしまって、断念したようです。
千葉真一が歌うバージョンもレコード化されているようです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ソニン
こんばんみー

千葉真一のアクションは衝撃的でしたねー
それ以前は、子供ながらにも、全くひどい物と感じていました。

で、ソニンさんはソニーの横槍でサリンさんになってしまうのでしょうか?
2005/06/01(水) 17:03:55 | URL | きの字
ソニー千葉
こんばんもー。
って、これを書いている今は朝ですが。

キイハンターはアクションドラマの元祖と言えますか。
それ以前は、日本人でそんなアクションをこなせる人間もあまりいませんでしたね。

ソニー千葉って芸名は、破棄してかえって良かったんじゃないですか(笑)。
2005/06/02(木) 06:56:35 | URL | ごいんきょ
いやぁ、ついつい…
 懐かしさと「丹波さん追悼」で、つい古いスレに書き込んでしまいました。
 まず、丹波さん・・・昨年来からご病気がちだったんですねぇ。随分お痩せになって、気になっていました。この番組以降「ボス=丹波哲郎」というのが一応定番になっていましたよね(アイフルはちと違いますが・・・伏線はあったような)。丹波さんが出るだけで、番組の「格」がグっと上がって見えました。まさに大物だったと思います。とにかく、心からご冥福をお祈りします。これからは「大霊界」で魂を導いてほしいです。
 そして、千葉さん!日本で本格的なアクションを魅せられる最初のスターだった気がします。憧れていたなぁ。 ですから、その週のメインの主役が、例えば吹雪さん(川口浩さん)だったりすると、子供心にテンションが下がってしまった記憶がありますw
 それから…この番組の前の番組も薄っすら記憶があります。「平四郎危機一発」。石坂浩二さん、宝田明さん主演の、アクション(?)もの。探偵でしたっけ? カッコイイ、スポーツカーと傘でフェンシング!というとこだけ妙に印象深いです。失礼しました。
2006/09/26(火) 20:35:14 | URL | おやじバンザイ
大霊界へ
追悼のお言葉、実に有り難う御座います。
その育ちからも来るものなんでしょうが、スケール大きかったですね。
今は少しでもおかしい部分があると大多数で群がって叩くようになっており、
勝さんとかこういう人は、もう出てこないでしょう。
芸能人にステータスが出来てしまったのも大きいのですが。

ワタクシは霊界なんて有るとは思いませんが、
丹波さんに「観たんだから仕方ない」と言われれば、
「ああ、そりゃしゃーない、しゃーない」という他ありません(笑)。
でも基本的に、自称霊能者がテレビで活動するのには反対です。

川口隊長も水曜スペシャルでは頑張りましたけどね。
千葉御大には敵わないかあ。

平四郎危機一発、NECOで放送始まりましたね。
本当に凄い時代ですわ。
出だしの気球のシーン、なんとなく覚えがありました。
時代を超えてカッコいい番組でしたね。
2006/09/27(水) 02:16:10 | URL | ごいんきょ
見たい!
「キイハンター」は、土曜の9時、必ず見てました。テーマ音楽が頭にこびりついています。やはり、千葉真一(風間)のかっこよさに尽きるでしょう。よく真似をしましたよ。木の上から、飛び降りたりして。島ちゃんとユミちゃんのコンビも懐かしいですね。野際さんもその当時30歳をすぎていたと思いますが、ミニスカートで頑張ってましたよね。今では30歳すぎても、年とは言われませんが、この当時は結構、年のことを言われていたような気がします。

この番組は東映チャンネルに加入しないと見られないのでしょうか。もう何十年も見ておらず、頭の中で幻化しており、是非見たいドラマです。

丹波哲郎さんが亡くなられましたね。ご冥福をお祈りします。
葬儀の際は、「Gメン75」の音楽を流す予定とか言われておりますが、私は「キイハンター」にして欲しかった。「Gメンシリーズ」は、ほとんど、見ていないんです。

「平四郎危機一発」は、「キイハンター」の前番組ですよね。宝田さんの時は、確かに見ていたと思うので、今回の放送は、実に楽しみです。
2006/09/27(水) 20:11:25 | URL | ブロンソン
東映チャンネル
あの当時はネコも杓子もミニスカートになる前でしたからね。
そのすぐ後に、40だろうが50だろうが、
おばさんでも医学的に女性なら、それこそ誰でも着るようになるんですが。

丹波さんの例の帽子を棺に入れちゃうそうですが、やはり日本人の悪い部分かなと。
燃やしちゃったらそれまでですよ。
残しておけば、何百年もファンが偲べるんですよ。
俳優殿堂が無いのも歴史を重んじない日本らしいんですが、
将来的にはテレビの殿堂を作らなければいけませんし、
そこに飾ってファンを喜ばせるべきだとワタクシは思います。
丹波さん自身がそれを望んでいたならそれは仕方ありませんが。

NECOはご覧になれるという事はケーブルに加入してらっしゃるのかな?
すると、東映チャンネルは観られないか、
観られても別料金になると思います。
月1600円ですから決して安くはないですけどね。
キイハンターはまだ白黒版ですから、ご決断はお早めの方が。
2006/09/27(水) 23:53:31 | URL | ごいんきょ
懐かしいぃぃぃ!
懐かしいのを、追っかける連中が集まってきたので、じゃあ自分の下らないブログでも、記事を書こうじゃないですか?っていうことで、書き始めました。
可愛い魔女系を書き終わったら、丹波さんの訃報!
それじゃ、次は近藤照夫シリーズしかないので(笑)、いろいろ人のサイトを読み漁ってるのでした。
名曲=名番組は必然ですね。また、遊びに来ます♪
2006/10/10(火) 15:16:18 | URL | sakura kituneo 通称:杜の狐
ようこそ
URL欄を書き間違えているようですよ。正しいアドレスは↓ですよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakura_kituneo/

で、そちらにもお邪魔したんですが、Yahoo!ブログは閉鎖的ですねえ。
当方のURLも書き込めない?し、TBしたんだけど受け付けないみたいです。
そちらの設定なのかな?
ワタクシもテスト的に使ってて、もう一つ昭和テレビ関連のブログ開設をどこにするか迷ってるんですが、
Yahoo!はやっぱやめておこうかな(笑)。

閲覧はなんら問題なく出来ますので(笑)、たまに拝見します。
2006/10/10(火) 21:29:51 | URL | ごいんきょ
写真
1968年当時、キーハンターのロケが近くでありましたが、近所の写真館の主人が写真を撮りまくり後日その写真を販売していました。お店にはかなり収益があったものと思われます。今では考えられない時代ですね。
2007/12/30(日) 22:32:11 | URL | トラベラー
うーむ。
それは完全に著作権・肖像権侵害(笑)。
2007/12/31(月) 01:54:01 | URL | ごいんきょ
DVDが発売だそうです
 6月に、わずか20話収録ながら、DVD-BOXが発売されるようです。
2008/02/14(木) 01:05:02 | URL | 自由人大佐
全話となるとかなりの枚数になって、需要が有るか微妙ですもんね。
2008/02/14(木) 02:30:30 | URL | ごいんきょ
NOIR
このブログを読まれてる方の中に、2001年のノワールというアニメをご存知の方がいるかどうかわかりませんが、その第3話を見るとキイハンターの曲が頭によみがえるんです。まんま「あの日愛した人の墓に花を手向ける朝」という感じで。
キイハンターの中で「油壺」という神奈川県の地名が出てきたんですが、子供の耳にはなんだか怖い地名に聞こえました。行くと帰ってこられないような(笑)
2008/02/14(木) 03:00:18 | URL | あぶもんもん
キイハンターのテーマは、何かの曲を元にパクッたものだと、
菊池先生が語っているのを何かで読んだ気がします。
ワタクシは、スパイ大作戦のテーマじゃないかなと思ってるんですけどね。

油壺に落ちたら出てこれません。
んな馬鹿な(笑)。
2008/02/15(金) 05:32:57 | URL | ごいんきょ
大きな目と小さな布
ザ・ガードマンは大人のドラマなので我が家では何となく見てはいけないような無言の取り決めがありましたが(笑)、キーハンターは家族で楽しめる感じでした。
ナポレオンソロのころからスパイものが大好きだったので、毎週楽しみに観ていました。


テーマが流れるときの映像で、大きな目のある壁面が映るのですが、それを新宿の地下で発見したときは、すごく嬉しかったです。
今もあるのかしら・・。

野際陽子さんがダンサーになってスパイするという場面で、劇場の支配人が野際さんにこれだけ着けて舞台に出てと言って渡したのが、ハンカチを半分にしたくらいの三角巾?。
野際さんがその小さな布を手にして、一体どこにつければいいのみたいな顔をしたところでCMにいく、というが私の覚えている唯一のちょっとエッチな場面です(笑)。
2008/02/28(木) 07:57:31 | URL | モデラート
ん~、ラムール
モデラートさん<

手許にあるカラー版OP(71-72年ごろ?)を見てみましたが、大きな目はわかりませんでした。。もしかして、時期によって多少のバージョン違いがあるのかもしれないですね。

大人っぽいのに、たしかにエッチな要素は皆無なドラマでしたね。意外にファミリー向けだったのかとも思います。

ぼくにとっては、野際さんが歌うED冒頭の『ん~、ラムール』が(なんだか...、と思いつつも)妙に妖しく聞こえました(笑)

ごいんきょさん<
金管楽器が全面に出ているところ以外は、スパイ大作戦のテーマとは似てないですねえ...。

あぶもんもんさん<
油壺マリンパークとかそういう観光地ロケは昔はなんだか多かった気がしますね。プレイガールとか(笑)。
2008/02/29(金) 00:15:25 | URL | nardo
テーマ曲の元ネタ
 私は「ダイアモンド・ヘッド」(by ベンチャーズ)が、メロディの雰囲気が似ていると思います。

 自分のブログにも書きましたが、私は勝手に「ジェームズ・ボンドのテーマ」「ウルトラQのテーマ」と、この「非情のライセンス」を、エレキギターによる'60年代3大テーマと位置付けております(^o^)
2008/02/29(金) 01:32:33 | URL | 自由人大佐
んー。
野際さんの妖艶さにエッチっぽさを勝手に感じていただけかもしれない。
でも、後番組のバーディだと思ったけど、かなりどぎついエロ描写あった筈です。

● モデラートさん
そんなシーン有りましたね。
ワタクシもその回はきっと見ました。

● nardoさん
キイハンターと聞くと必ず紀伊半島を連想するのですが(笑)、
実際このドラマも紀伊半島に行ったこと無かったかな。
無いか(笑)。

● 大佐殿
でも、たしかスタッフから何か聞かせられて、
それをベースに作ったような事が書いてあったように思うんですよ。
脈絡無くベンチャーズからってのは辻褄合わない気がします。
ウルトラQの方はミステリーゾーンがベースで確定だと思いますけどね。
2008/02/29(金) 03:49:41 | URL | ごいんきょ
新宿の目
モデラートさんがおっしゃっているのはこれでしょうか。
http://sakaue.vis.ne.jp/shinjyuku/sansaku/topic2003.5.20.html

私は、この目を見つけたときになんとも懐かしいような気分になったのですが、もしかしたらキイハンターに映っていたのを覚えていたのかもしれませんね。
2008/02/29(金) 14:00:01 | URL | ダイアナ・シールズ
記憶の目
nardoさん、
調べて下さったのですか、ありがとうございます。
仰るように時期によって違うのかもしれませんね。
EDはどうでしょう(笑)。

ダイアナ・シールズさん、
新宿の目を拝見しました。
大きな目の形、色、場所(たぶん)、それから通路に対して斜めの壁面、まさにこれです。
ただ、私が昔に見たのは、目の周りの壁面がもう少しごちゃごちゃしていて、目の光がこんなにキラキラしていませんでした。
地下道が綺麗になるときに作品も手直しされたのでしょうか。
またまた私のぼんやりの記憶の疑問に答えてくださって、ありがとうございました。

2008/02/29(金) 23:33:27 | URL | モデラート
目の思い出
モデラートさん
写真の上に映っている蛍光灯が妙に明るいので、たぶん写真の具合で目もかなり明るくキラキラ見えているのだと思います。実際はこんなに光っているような感じはしなかったと思います。

大学時代、バイトでテレビショッピングの電話受付(の受注メモチェック)をしたのですが、そのときに担当者と待ち合わせたのがここでした。「新宿の目の前で」と言われて「何ですか?それ?」と聞きなおしました。その時点で既にキイハンターから10年くらいたっていました…。
2008/03/01(土) 01:24:46 | URL | ダイアナ・シールズ
ジョージ田辺
覚えている名前で、ジョージ田辺というスパイか何かを故・大辻伺郎が演じていました。白と黒のコンビの靴を履いていたような気がします。
しろとくろのコ~ンビ、
しろとくろのコ~ンビ、と、
キイハンターのメンバーの一人が
歌うように言っていました。
2008/03/01(土) 06:16:23 | URL | あぶもんもん
● モデラートさん
憧れのモデラートさんのため(笑)、ワタクシもチェックしてみます。

● ダイアナさん
ありがとう、解決シル頭巾(笑)

● あぶもんもんさん
ハーフっぽい名前の怪しげなキャラって当時よく出てましたね(笑)。
2008/03/01(土) 07:10:33 | URL | ごいんきょ
これで民放全局制覇!
テーマ曲はベンチャーズ系でも「10番街の殺人」の方が近いように思いますけどね。
2008/04/01(火) 13:27:42 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
きっと正解
実はワタクシ、あるテーマを聞いた時に、瞬間的に、これがキイハンターの元だなと閃いた事があります。
が、この記事を書いている時にさんざん思い巡らせても思い出せず、
ちょっと思いつきでスパイ大作戦の名を出しました。
ワタクシは似ている部分が有ると思いますが、実は本当にワタクシが元だと思った曲とも違うのです。
本当に、いつもいつも適当ですみません(苦笑)。

さて、そのテーマ曲ですが、『グリーンホーネット』です。
ワタクシはこれこそ正解だろうと睨んでおりますが。
2008/04/02(水) 19:06:00 | URL | ごいんきょ
最初に見たカラー版
カラーテレビで最初に見たキイハンターに大辻司郎さんが出ていたのを思い出しました。昭和46年頃で、どんな役かは思い出せません。カラーは、きれいだなあと思いましたね。あと有名になる前の悪役一辺倒の室田日出男さんとか丹波又三郎と言う人もよくでていたのを憶えてます。丹波というのはニワと読むようですね。丹波哲郎と同じ苗字なのでよく憶えています。またウルトラシリーズの桜井浩子さんがメンバーの誰かを誘惑するような役で出ていたのも憶えていますが子供ごころにドッキリしました。ユミちゃんこと大川栄子さんは、これ以降あまり見ないですが、今思うと実に可愛い人でしたがどうしてるのでしょうか。
2010/02/09(火) 03:08:18 | URL | ブロンソン
大辻さんって、けっこう何度も出てたんじゃないかな。室田さんも。
桜井さんが東映のこれに出てましたか。
大川さんは、きっと家庭に入ったんじゃないでしょうかね。
2010/02/11(木) 11:29:11 | URL | ごいんきょ
大川栄子さんもやってくる
お久しぶりです。以前よく来ていた「石毛零号」です。本当はこんなことを書いちゃいけないのでしょうが、ちょっとだけ宣伝させて下さい。不適切なら削除して下さい(出来れば明後日以降に)。
12月1日(日)、東京銀座で「走れ!ケー100 40周年記念パーティー」が開かれます。キャスト、スタッフ、ファンが集まる「大オフ会」ですが、今回の目玉は大野しげひささんと大川栄子さんの出席。ケー100ファンだけでなく、キイハンターファンも大川さんと交流するチャンスです。詳しくは「発車!オーライ 走れ!ケー100」で検索して下さい。そのサイトで参加申し込みが出来ます(締め切りは確か明日まで)。

管理人様、こんな宣伝に利用して申し訳ありません。重ね重ねお詫び申し上げます。
2013/11/07(木) 14:30:50 | URL | 石毛零号
お久しぶりです。
今、埋没コメント発掘をやっているのですが、
石毛さんの埋没コメントが非常に多くて申し訳無いと思ってたとこなんですよ。
いろいろ有力な情報を頂いていたのにね。

ここは昭和テレビに関することなら、或る程度自由に使って下さって結構ですよ。
宣伝、大歓迎です。
ワタクシもツイッターで流しますね。
2013/11/07(木) 18:43:20 | URL | ごいんきょ
寛大な配慮、感謝です
ご協力ありがとうございます。おかげさまで、一応は「最低人員確保」がクリア出来たようです。

最近は(個人的な事情で)忙しく、こちらに訪れる事が出来なかったのですが、また寄らせていただきますね。どうぞよろしく。
2013/11/13(水) 08:36:09 | URL | 石毛零号
キイハンターの悪女役は
やはり原良子さんですね。
本当にこの人の悪女は最高。
こんな悪女なら殺されてもいいよ。
2014/01/13(月) 22:43:35 | URL | 一視聴者
● 石毛さん
石毛さんも貴重なお話を沢山ご存知ですからね。
随分と助けて戴いております。


● 一視聴者さん
へえ~。初めて聞く視点です。
悪女かあ。
でも、野際さんもそういう雰囲気は持ってますよね。
2014/01/14(火) 23:50:01 | URL | ごいんきょ
キイハンターが始まると
キイハンターの本放映当時、私はまだ幼稚園~小2という年齢。
土曜の夜、「全員集合」(一時期はクレージーキャッツの「8時だヨ!出発進行」)が終わり、キイハンターのOPが始まると寝るのが1週間の終わりでした。
小3に上がって「アイフル大作戦」からは本編も視ていたんですが…。
という訳で、当時はあのOPテーマ曲に歌詞があるとは全く知りませんでした。
後年フジの物まね特番で森口博子さんが野際陽子さんの物まねでこの曲を歌った時に「歌詞があったんだ!」と驚き、更に2番に入った時に野際さんご本人が登場した時のインパクトは未だに憶えています。
2014/02/15(土) 12:42:08 | URL | 成田無頼庵
そうなんですよ。
しかも初期設定では、丹波さんとの二重唱だったと言いますよ(笑)。
でも、丹波さん、あまり歌が得意ではなさそうですもんね。
それで、結局は駄目になったようですが。
収録までは臨んだらしいですよ。

ちなみに丹波さんは、昭和三十年代にはミュージカルドラマにも出た事あるみたいです。
なんと無謀な(苦笑)。
2014/02/17(月) 00:26:05 | URL | ごいんきょ
第何回かは忘れたが 堀井永子さんの殺し屋がゾクゾクしたのがあった
悪の組織で何かは思い出せないが、陸から離れた孤島で何か大掛かりな計画していて陸地で大勢の人夫を募集して島で働かせていた。作業が終わったので何も知らない人夫達に大金を渡して島から帰す時、人夫達を運ぶモーターボートの運転席にサングラスをした美人が一人座っていた。何も知らない人夫達が後部座席に続々と乗り込むと女性はモーターボートを走らせた。大金を貰って喜ぶ男達。「今日はたっぷり楽しむぞ」嬉しさ一杯。やがて広い海原にモーターボートがくると女性はボートを止めサングラスを外してニッコリと後ろの男達に向く。手にはピストルが握られていた。女性は島で作業した人夫の口封じの為の殺し屋。驚愕してボートから飛び降り様とする人夫達は次々と女性の拳銃の餌食に。全員が殺されて海に投げ出されると女性はニッコリ笑って再びサングラスをしてモーターボートを走らせて元の島へ。
女性のモーターボートが島へ着く頃、残っていた人夫達は島での組織の実態を知って泳いで逃げている最中。女性のモーターボートが近づいてきた時、男達は助けてくれると喜んだが、女性は拳銃で泳いでいる男を射殺。他の男達は逃げ様と必死に泳いだが所詮モーターボートに勝てる訳がなく、女性はモーターボートで男達を追いかけては男達を次々と射殺。
これは凄かったなあ。1回の中でこんなに男を殺しまくる女は多分無かったと思う。この女殺し屋は誰なのかと思って最後の役者の字幕を見たら堀井永子さんだった。
2014/10/04(土) 15:44:14 | URL | 中年エム
堀井永子さんは、しばしばこの番組に出ていたようですが、
第175回「真夏の海底黄金大作戦」でしょうかね。
どうも、財宝発掘に絡んだ話だったようで、
その秘密を守るためだったんでしょうね。
2014/10/06(月) 06:44:40 | URL | ごいんきょ
Byごいんきょさんの指摘通り、真夏の海底黄金大作戦でした
島に潜入したキイハンターが知り合いになった男が女性が運転するモーターボートに他の作業員と一緒に乗って帰ろうとした時「止めろ!殺されるぞ」と言って引き止めた時、殺されるとしても、この女性は男達を運んで行くだけで、その場所に別の男の殺し屋達が待機しているのかと思った。
まさか海の上でこの女性一人が口封じの為に次々と男達を射殺するとは。
…快感。
2014/10/06(月) 16:35:48 | URL | 中年エム
たまに女性連続殺人犯とか捕まりますが、騙されないように(笑)。
2014/10/06(月) 22:51:42 | URL | ごいんきょ
キイハンターは悪女で持っていた
悪女で良かったのは原良子さん。鼻筋が通った美人で上から目線の冷酷な姿が最高。
こんな女性が拳銃を持ってオイラを捕らえに来たら、俺は喜んで両手を出して手錠を掛けられて拷問されたいよ。
2014/10/07(火) 20:25:44 | URL | 一視聴者
昭和30年代末から、テレビの中でも悪女というのが描写されるようになってきて、
けっこう人気を呼び始めたんですよね。
『孤独の賭け』の小川真由美さんあたりが元祖だと思いますけど。
そして小川さんは、『キイハンター』の後番組『アイフル大作戦』で、この枠にも登場しました。
たしかに悪女枠でしたね、そこまで。
2014/10/08(水) 07:07:41 | URL | ごいんきょ
次回予告
丹波さんがやってた役の「黒木」と「Gメン75」に登場する「黒木警視」って、同一人物なんですか。あるいはパラレルワールド的扱いなんでしょうか。
 さて、この番組の次回予告、ナレーターは芥川さんでしたっけ「・・・キーハンター、次の赤いシグナルは・・」というのが決まり文句なんですが、カラー放送になったとたん「・・・キーハンター、次のカラーシグナルは・・」と言うのです。これにカラー1回目の放送で気づいた私は何か大発見をした気分でした。
 大川栄子さんて、今見ると、すごくかわいいですね。当時は、あまり感じてなかったなー。惜しいことをしました。
2014/11/17(月) 23:54:08 | URL | みのモンタナ
世界はまったく違うのですけど、元からの視聴者への遊び心ではあるんでしょうね。
当時、カラー放送になるという事は特記すべき事ですもんね。
でも、それをカラーテレビで見ていたならかなり恵まれた方かと思います(笑)。
2014/11/18(火) 03:57:20 | URL | ごいんきょ
懐かしのキイハンター
「キイハンター」放映時は小学校高学年から中学生くらいでした。毎週楽しみでしたが、ストーリーを理解していたかというと分かっていなかったような(笑)。ノリのいい音楽と全体的なカッコよさを楽しんでいたように思います。CS放送を見て「こんな感じだったのか」と。荒唐無稽なストーリーとアクションが楽しい。
中学生の頃、私が住んでいた街でロケがあり、CS放送でその時の回のを見ることができて懐かしさいっぱい。
悪女役の原良子さん、ヒョウ柄のコートなど70年代ファッションが素敵でかっこいい。
2015/10/13(火) 15:32:59 | URL | ルッコラ
話の筋なんて、有って無きが如しでしたからね(笑)。
いつ見ても楽しめるし、いつ見なくなっても変化は無い。
まさしく痛快娯楽作品です。

いいなあ、皆さん、ロケの思い出がお有りで。
都南端ではそんな思い出、皆無です(苦笑)。
2015/10/18(日) 12:40:25 | URL | ごいんきょ
キイハンタ-第175回真夏の海底黄金大作戦
この堀井永子さんの演じる女殺し屋を原良子さんがやってたら? 考えただけで、身震いゾクゾク。
2017/04/20(木) 23:12:59 | URL | 回顧趣味
新参者にいご無礼を
拝啓 皆様盛り上がっている中失礼致します。「原良子さん」を覚えてくれていた方々が多いのは本当に嬉しい。彼女物凄い美人でスタイルが抜群でした。キーハンターの中には彼女のオールヌードもあり、忘れられない絶世のイイ女でした。今の女たちよりも昔の女たちの方が実はずっと良かったと。「北川ミサ」なんてぇ美女もいましたね。当時「野際陽子さんも大川栄子さんも皆ミニスカで本当に可愛かった」のですから。そういえば「松岡きっこさん」なんかも黒髪ロングでお世話になりました(何が?) この路線は以後「アイフル、バーディー、そしてGメン」にとどめを刺しますが、正直Gメンは抵抗が大きかった。それは「キーハンター、アイフル、バーディーの3作」は、シリアス&コミカル路線であり、時々とんでもなくはちゃめちゃで、エッチで、どうしようも無いのが面白かった。例えば「フーセンのトラ、むかっ腹のたつ、お国のタメ」なんてぇふざけた名前の登場人物や「息度まり、鼻津まり、立度まり」とか。まぁ色々ありましたねぇ。音楽は共通して「菊池俊輔さん」でしたが、この方の音楽は、誰が聴いても一聴して直ぐに解るという程の「特徴、クセ」があります。これはメロディ、アレンジともに共通です。この4作品ではBGMがかなり共通と言うか使い回しが多く、中には「恋の風車 ふうしゃ」なんてぇ歌物がありましたね。まさにもろに日本人好みの3拍子からいきなり4拍子に変化するマイナーの曲でしたね。個人的にはバーディー大作戦のテーマが好きでしたが。Gメンは沖縄返還とかレイプ事件とか、かなり重いテーマを扱い、コミカル路線が無くなってしまったのが惜しい。やはり自分の記憶では「キーハンター、アイフル、バーディー」こそが青春時代の甘酸っぱい思い出として心に残ります。
2017/04/21(金) 21:51:06 | URL | よしたかくん
オールヌードなんて有ったんですか。
それは見逃しているかも。
2017/05/03(水) 16:19:01 | URL | ごいんきょ
原良子様のファンの皆様へ
拝啓 そんなとんでもねぇシーン、在ったのですねぇ。本名「原田良子」当時の芸能人辞典に様々な情報が載っており、保管して在りますが、、、結婚したかった数少ない女性でしたね。あれほど整った美人、スタイルの抜群さ、例を見ないイイ女でした。お元気ならば70を超えておられますが、お元気ですか良子さん? 敬具
2017/05/03(水) 22:49:42 | URL | よしたかくん
第38話「西に向かって大追跡」
私が小学生の頃、地元でロケがありました。当時放送は見ましたが、もう一度見たくなり以前から映像を探しています。DVDセットには、予告編が収録されていましたが本編はありませんでした。今年の1月からCS放送の東映チャンネルで放映することを知り、録画を頼んでいましたが、なぜか電子番組表のとおり1/17に放送されなくて撮れていませんでした。2回も放送したのに1回目の時に確認したら撮れているとのことでしたので安心していましたので残念でした。第38話の「西に向かって大追跡」ロケ地は岡山県久米郡柵原町(現在美咲町)の柵原鉱山と片上鉄道のアクションが特徴です。千葉真一氏のダイナマイトの爆発シーンで崖地から飛び降りるシーンは後にカラー化され毎回のオープニングの映像でも使われることになりました。
2017/05/14(日) 01:11:36 | URL | パピちゃん
ああ、DVDは全話収録ではないんですね。
キイハンターは話数が多いですからねえ。

大事な番組ほど何故か様々な事が起きて録れないって現象は、ワタクシも悩まされた事が有ります(笑)。
ロケの時の思い出は何かお有りでしょうか。
2017/06/06(火) 23:19:07 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 東映ビデオより、6月21日にあの『キイハンター』のDVDが発売されるそうです!(^o^)/  今回はベストセレクションだそうで、白黒版1枚、カラー版4枚の、計20話が収められるようです。  あのワクワクする菊池俊輔氏のテーマ曲! 私は個人的に「ジェームズ・ボン?...
2008/02/14(木) 22:22:24 | 失われた時を求めて
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。