私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

サウンドブレイク (1977)

該当番組画像募集
日立、サウンド ブレイク。

流れるように軽い女声ナレーションで読み上げるタイトルコール。
まだ11時台の番組を深夜番組と言っていた頃に始まり、
ぼちぼち番組らしい番組も無くなってきたなという流れの最初。
この後、映画やドラマなどの再放映ものを垂れ流し、
歌う天気予報だのミッドナイト歌謡などで放送終了するまで、
きちんと作られた番組らしい番組が流れなくなるグダグダタイムとなるのです。
徹夜麻雀してるとですな、こういう主張も存在感も無い番組がいいんですね。

あすの朝刊の稿でも書きましたけど、昭和の真夜中は静かだった。
もう、徹マンやるのにうってつけでね。
そんな観点しか無いんかっつー話ですが(笑)。
でも、基本は仲間との会話を楽しみつつ、外界との繋がりをどこか持っていたい
という感覚でテレビを付けっ放しにしておりますので、
熱中して見てしまうような番組は、かえって邪魔なんですね、あの時間帯。
このサウンドブレイクは、正にそうした我らによく馴染んだ番組でした。
東京12チャンネル平日夜11時台の帯番組でしたね。

番組そのものはBGVのはしりのようなもので、主として洋楽をバックに、
海だの夜景だのをダラダラ流し続けるという感じだったと思います。
洒落臭い解説だの小五月蠅い司会だの一切無し。
冒頭に日立のCMが流れ、日立サウンドブレイクとコールされ、
後は音楽が流れるだけという、テレビジュークボックス感覚でした。
十分番組なので、おそらく2曲やっていたんだと思います。
似た感じの番組に、丸井サウンドロフトが有りまして、こちらは既述ですけど、
あれは岡部マリのパーソナリティが出ていて、テレビDJ感覚でしたね。

下調べも兼ねて試みに検索してみると、こんなブログが上位に有りました。
http://blog.goo.ne.jp/get_better4u/e/f258bc9ae683b84288cb1de19166d34b

ほっほー。なかなか感じが良いブログで、書き手の人柄が偲ばれます。
うちとも対象がダブる部分も多そうなブログですね。
失われた時を…  あら。大佐さんのブログじゃねえの(笑)。
そこで紹介されている動画のCMは、他の番組でにせよ覚えている人は多いでしょうが、
ワタクシは、正直なんと言っているのかまったくわからなかったんですよね。
あの頃のゴダイゴの歌詞ってそんな感じのばっかだったんですが。
What Did You Do For Tomorrow と言ってたんですか。
うーん。耳の痛い歌詞だなあ。徹マンしながら見てる我々に言ってたのかな?(笑)
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
あら、ビックリ!
 TBをありがとうございます。

 記事を読ませていただいたら、ウチのブログに言及していただいて、重ね重ねありがとうございます。で、ついでに「『科学』と『学習』の休刊」なんて衝撃的なニュースまで知ってしまいました‥‥(T_T)

 『サウンドブレイク』は心地よい番組だったと思います。ごいんきょさんの記事にもあるように、たしかに熱心に見るというよりも、何となく流して見ることが多かったですネ。でも、時々ミョーにハマる映像や気に入った歌が流れるので、侮れない番組です。

 「What Did You Do For Tomorrow」はその後どうしても聴きたくて、『CMソング・グラフィティ』というゴダイゴのCDを買ってしまいました。ところがですネェ、CMに流れているのが全てなんですネ。2番というものが無いんです。まぁ、キレイなステレオ音声で聴けるのは嬉しいですが。
2009/12/05(土) 19:02:19 | URL | 自由人大佐
サウンドブレイク…だったんだ!
ずうっとこの日立提供の音楽番組のタイトルが思い出せなかったのですっきりしました。まだMTVのなかった時代に全くのオリジナルイメージ映像に乗っかった数々の名曲と出会いました。
Stones「Angie」やO.N.John「Long and Winding Road」等メジャー処からBabies「Everytime I Think Of You」Nigel Olsson「Dancing Shoes」Tom Waits「(曲目思い出せない)」等は正にこの番組で知った名曲でした。

2010/04/13(火) 20:09:38 | URL | John Lemmon
懐かしい番組です
私も最近 突然思い出した番組です。 ところで とても良い曲でタイトルが 思い出せないのがあるのですが・・・
海の中を イルカが泳いでいる 映像の時に 流れていた曲が 知りたいのですが・・・?
2011/09/29(木) 01:31:17 | URL | den
例によって、かなり間が空いてますのをお詫びします。


● 大佐殿
ああいう心地良い番組、民放ではもう壊滅状態なんでしょうか。
一社提供じゃないと難しいでしょうし。
CMソンググラフィティはアナログで入手しました。
おそらくシングルカットを考えなかったからなんでしょうね。
贅沢な時代でした。


● John Lemmonさん
あれ? カリスマ有名人の名前をそのまま拝借してる。と思ったら、棒が多めだったんですね(笑)。
悲しみのアンジーとかやってたなあ、そう言えば。
その辺が、後に雨後の筍の如く湧いて出たMTVものと一線を画してますね。


● denさん
うーん、たまたま偶然が作用しないと、判明しないでしょうねえ。
映像と曲は特に関連性が無かったと思いますので。
2011/10/10(月) 18:26:58 | URL | ごいんきょ
ゴダイゴのCM
HITACHI sound breakのカウキャッチャー(番組前CM)で流れていたゴダイゴのCMは、ザ・ベストテンでもよく流れてました。

日立は、一社提供番組では、企業広告が多いです(今の「世界ふしぎ発見」についても同じことがいえます)。

商品CMでは、当時の家電メーカーではすべてにあった別ブランドのオーディオのCMが中心で、日立はLo-D(ローディー)というブランドでした。

で、前述のゴダイゴのCMのあとで、「HITACHI sound break)))」というタイトルコール。

エコーがかかった女性の声がいかにも'70年代的です。

音楽のバックには、曲自体のPVではなく、曲とは関係ない風景で、いわゆるイメージ映像ですが、MTVが今ほど一般的でなかった当時としては、これでも一生懸命だったのかもしれないです。

例によって、YouTubeにもこの番組の映像がありますが、ゴダイゴのCMからタイトルコールの後で、わずかにきこえた曲は、ブルース・スプリングスティーンの「明日なき暴走-Born to run」。

佐野元春のデビュー曲「アンジェリーナ」が、もろ「明日なき暴走」のパクリというのは有名ですが、ミスチルの「シーソーゲーム」のイントロも、「明日なき暴走」に似ています。

それにしても、当時は23時台でもちょっと妖しい雰囲気が漂ってたんですね。
2011/10/24(月) 00:44:41 | URL | 10000k
巨大企業の一社提供(厳密に言えば一社ではないのですが)で企業広告が多いのは、
グループ各社を紹介する意図が有るからでしょう。
あとは日産も有りましたね。三菱も有ったかな。
佐野さん凄いなあ。パクリというか、コピーですよね(笑)。
当時23時台と言えば深夜番組と呼んでましたよね。
2011/10/30(日) 23:56:31 | URL | ごいんきょ
den様
はじめまして。

イルカが海の中を・・・というのはハーブアルパートのビヨンドっていう曲ではないでしょうか?

日立サウンドブレイクはとても懐かしいです。東急東横線のガード下を白塗りにパフォーマーがよたよた歩いて音楽がart of noiseの回の映像など是非みたいのですが。

著作権・個人情報の問題をクリアするには難しい課題が多そうですが。
2012/08/25(土) 09:30:30 | URL | おかのむぎ
はじめまして。
おお~。きちんと偶然が作用して、ご存知の方が現れて下さった。
それにしてもよくご記憶で。
2012/08/26(日) 05:08:39 | URL | ごいんきょ
新体操・・・ムフッ
いや別にいやらし目線で見ていたわけでなく(ごいんきょと一緒で)山崎浩子さんが出ていたわけですよ。イメージビデオ風に白いレオタに身を包んでレッスンスタジオの様な所で舞っておられました。BGM?映像に集中しすぎて憶えてません。
しかし東京12チャンネルは素敵な番組が多かった。他局がやらない・扱わない様なプログラムをやっている、それがまた当時ちゃらちゃらした学生だった小生にピタッとはまるものが多かった、Do!SportsしかりSORPやザ・テレビジョンなど。海外への憧れを懐く学生心をくすぐりました。ごいんきょ様がおっしゃる通りに再放送権を譲渡されて垂れ流し~なんて事もありますが、なんか憎めません。まんがのくにで外国の息吹を与えてくれ、青年期にもしっかりとそのツボを押し続けてくれる。なんかかゆい所に手の届くチャンネルって感じです。テレ東の大橋アナが言ってました「うちの局は、他局を落ちた者が集まる落ちこぼれ集団です。根性だったら負けません!」みたいなことを。そのとき一緒に出演していた田原総一朗氏がディレクター時代に手がけたドキュメンタリーを紹介していましたが、12チャンネルの原点を見た感じがしました。12~7になりましたが、原点を重んじ番組制作を頑張って頂きたいと思います。も~どこでも見られるような雛壇セット・歌やコントなどコーナー割りも無いのにバラエティと称する番組がラテ欄を占拠していてはいかんです、ラテ欄も不要な見出しがダラダラ長すぎます。なんでナイター中継にドラマみたいな見出しが必要なんでしょう?と、こちらもダラダラ長くなってしまいましたのでこの辺で。
2014/09/23(火) 17:44:24 | URL | hey
へえ。有名人が出たBGVなんか有ったんですか。
そういう番組ではないので珍しい感じです。
凄い12チャンネル押しですけど、解りますよ。
今でも、最もテレビっぽいテレビに近いのは12チャンネル…
ではなくなったのが惜しいですが(笑)。
2014/09/28(日) 08:28:02 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。