私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ドロロンえん魔くん (1973)

該当番組画像募集
永井豪原作の、妖怪退治もの。アニメはね(笑)。
デビルマンでは、アニメの方はわりと軽めなタッチでの怪物退治でしたが、
原作は大違いの、陰惨たる黙示録世界。
アニメを見てからマガジンを読んだ人間を驚愕させました(笑)。
ところがこちらは、むしろ反対。
まあアニメ版にしたって、軽めのタッチではありましたけど、
内容は鬼太郎以来の正当派妖怪退治。
ところが永井豪自ら少年サンデーに書いていた漫画は、
妖怪退治は添え物の、完全純粋たるギャグ漫画でした。

始まった時はそうじゃなかったんですよ。
怒黒という妖怪に狙われた雪子姫。
怒黒とは何者とシャッポ爺にえん魔くんが尋ねるんですね。
「強いのか、弱いのか」「そのどちらでもなーい。 物凄く強いが正解じゃ!」
怒黒の姿もおどろおどろしく描かれ、ここまではアニメ版と同じ感じだったんです。
ところが話が進むうちに、作者がデビルマンとは反対方向に暴走しだして(笑)、
永井豪の持つギャグセンスがもたげ、内容はどんどんギャグ路線に。
出番が遅れる怒黒はそのうち拗ねだす始末(笑)。
で、さんざん待たされたあげく登場してみたら、
えん魔くんにステッキで頭をこづかれただけで昇天してしまいました(苦笑)。

TVアニメは作者の暴走に付き合うわけにはいきませんから(笑)、
鬼太郎以来伝統の正当派妖怪退治譚で終始するのですが、
それもそのはずこのアニメは、枠から言っても鬼太郎の後継だったのです。
鬼太郎(カラー版)→ハゼドン→ロボット刑事→えん魔くん
という流れの、昭和40年代後期フジテレビ木曜19時枠。
水木しげる、石森章太郎、永井豪という、テレビ原作界の三巨頭作品を、
取っ替え引っ替えで流していたという、考えてみると豪華で珍しい枠でした。
ロボット刑事の稿でも書きましたけど、東鳩のCMが頭を過ぎります。
♪ キャラメールコォ~ン ホホッホホホー
♪ 東鳩 ポ・テ・コ
OP直後の第1CMは、これら東鳩CMだった記憶なんですよね。

えん魔くんの頭には、シルクハットの形で常駐しているシャッポ爺がいて、
えん魔くんに妖怪に関する知識を伝授していました。
形状と言い役割と言い、完全に目玉おやじからアイデア拝借ですね。
相棒はカッパのカパエルで、ちょっと間抜けなとこがやはりねずみ男の系譜。
そしてヒロインとして、雪女の雪子姫が目を惹きました。
アニメにもアイドル的な存在が求められるようになったはしりみたいな感じで、
超ミニの着物を着ているのがなかなかセクシーでした。
漫画の方での露出ぶりは、永井豪の面目躍如たるものでしたが(苦笑)、
さすがにテレビでは露骨なお色気は無かったんじゃないかな。

この頃はワタクシは、既にアニメから撤退しつつあった年齢で、
タイムショックの方を重点的に見ていました。
OPを見て、タイムショックに入れて、たまーにこっち見てという感じでしたが、
この作品のEDはとても好きな歌でした。
中山千夏が独特の中性的な声で歌う、妖怪にご用心。
ユーモラスな音楽と歌詞で、これは毎回楽しんで見ていました。
♪ 変な感じがしませんか 君が見ているこのテレビ 妖怪っぽくはないですか
で、♪ おいでおいでするかもしれないよ のとこで画面から手が出る絵が好きでしたね。
しばらくすると二番だかが使われるようになり、あのかど曲がる女の子編に替わりましたね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
EDがサイコー
 以前自分のブログの方で、好きなアニメ・特撮主題歌を羅列するだけという、手抜きな記事を書いたことがありました‥‥(^^ゞ
 私、アニメはEDの方が好きなんですヨ。しっとり系が多くて、番組の余韻を残すものが多いですよネ。古くは「ぼくホワイティ」「みなし児のバラード」、そして'70年代に入ってからは「キャンティのうた」「ロッキーとポリー」「ルパン三世その2」「やつらの足音のバラード」「白いテニスコートで」「冒険者たちのバラード」「ははうえさま」‥‥、そして「妖怪にご用心」!

 えん魔くんと友だちの人間の名前が思い出せません‥‥。ほとんどいてもいなくても良かったようなキャラだったでしょうか。あと、「ノラキュラ」という、カパエルよりも「ねずみ男」的なキャラもいましたネ。

 「鬼太郎」と「えん魔くん」は妖怪退治でも共通ですが、どちらも野沢雅子さんが声をあてていらっしゃいます。
2009/12/12(土) 23:53:48 | URL | 自由人大佐
ED
千夏さんの歌声がいいですよね。
千夏さんといえばじゃりん子チエのチエちゃんOPやけどこの歌も大好きです。ふらがあって、キュート。
2009/12/13(日) 22:09:26 | URL | 南 うなみ
深夜枠として今放送中
そして深夜物らしくかつて作者がこの作品をパロディ化した作品の艶美ちゃんも全裸にマントででておりけっこうかめんも少し出てきた
2011/05/04(水) 11:31:24 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● 大佐殿
かなり遅い返信で申し訳ないのですが。
好きな主題歌羅列は、たしかにやりたくなります(笑)。
でも、ワタクシはキリが無くなるのでやらないのですが。
男の子は原作にはいなかったと思いますし、重要じゃないですね(笑)。
ノラキュラさんは他の永井マンガやアニメでもしばしば見かけます。
活発な男の子と言えば大抵、野沢さんだったですね(笑)。


● うなみはん
千夏さんは元が関西子役という事ですが。
子供番組の歌声は良かったなー。
小学生の道徳、明るい仲間が忘れられません。


● ガッツさん
あらー、ほんとだ。
http://www.starchild.co.jp/special/dororon-enmakun/
深夜枠という事は、より原作ノリに近いのかな。
なんだか見たくなります(笑)。
2011/05/05(木) 23:24:56 | URL | ごいんきょ
ダラキュラ
ドラキュラの直系という由緒正しき家系から堕落した人生を歩んだ彼の名はダラキュラだったかと・・。えっ?そんな昔のコメントの揚げ足取るなって?失礼いたしました。なんか投稿するきっかけを探してたもので・・。
えん魔くんの声が最初どーしても鬼太郎とかぶって違和感ありましたが、そこはさすがの大じゃえもん!途中から完全にえん魔くんになってました。皆さん同様ED好きでしたね!壊れたセルロイド人形や自転車のベル・・絵だか写真だか分からんような背景にゴム人間みたいなのが遊んでる・・。独特の世界観に千夏さんの歌声がマッチしてました。長くなりましたのでこの辺でヒュ~ドロンっ!
2016/01/17(日) 12:13:01 | URL | hey
ダラキュラってなんだろう?
面倒なので確認しませんが(笑)。

あ。えん魔くんも鬼太郎も同じ声だったのか。
いま気がついた(笑)。
じゃあ妖怪退治もパクリじゃないって事で(笑)。

EDは、おいでーおいでーするのがなんか好きでしたよ。
2016/02/11(木) 23:21:36 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ